2017年4月16日 (日)

名古屋駅からミュースカイで中部空港へ

名古屋市内での仕事を終え、大阪へ戻ります。

大阪からの行きはANAのSFC修行のため福岡空港を経由して中部空港へ降りましたが(記事)、帰りも再び福岡経由で戻ることに。

名古屋駅前のランドマークビルといえば、2015年に新しく建て替わった大名古屋ビルヂング
Dngybdg1704
現在の大名古屋ビルヂングは地上34階の今どきの立派なビルになってしまいましたが・・・

立て替わる前の大名古屋ビルヂングは、名古屋のランドマークとして有名でした。
Msk170431

なんといってもこの名前にインパクトがあり、一度見たら忘れないという。
Msk170432
なにがいいかってそりゃあんた、このネーミング!


大名古屋ビルヂング


名古屋の前に『大』がついていて、さらにビルディングじゃなくビルング、「チ」にてんてんなところに適度なダサさがあってステキ。

ところがこの大名古屋ビルヂング、竣工から約50年が経ち、老朽化のため建て替えられてしまいましたが、新しいビルも名前はそのまま、ビルの名前の「チ」にてんてんもそのまま引き継がれ、個人的にはすんごくうれしい。
Dngybdg17041jpg

そんな名古屋駅から中部空港へは、名鉄の空港アクセス特急、ミュースカイに乗って行くことに。
Msk170426
全車指定席なので、ミューチケットが必要です。

モニター式の発車案内は、古くから使われてます。
Msk170422

名鉄名古屋駅は上下各1線ずつしかなく、いろんな方向へ行く電車がひっきりなしに発着するのでホームの乗車位置も少しずつずれてるのですが、そうすると電車も同じように少しずつずらして停めなくてはなりません。

そこで、停止位置に表示灯があり、停止位置目標のところが光るようになっています。
Msk170423

ミュースカイ用の2000系。
Msk170424
正面中央の貫通扉のところにcentrairのロゴ入り。

ライト類を消すと、ライトの部分もブラックアウトしてカッコいい!
Msk170425

車内は新幹線N700の普通車とほとんど同じような座席。
Msk170427

背面テーブルの車内のご案内は、全車指定席だからか編成すべての案内が書かれている。
Msk170428

名古屋駅を発ち、金山、神宮前と停車したら一気に中部空港へ。
Msk170429

16:48、所要時間28分で中部空港に到着。
Msk170430

中部空港から福岡へ向かうため、ターミナルへ向かいます。

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

中部空港から名鉄特急で名古屋へ

大阪から名古屋へ出張の折、SFC修行のため福岡を経由し中部空港へ降りたあと(記事)、名鉄で名古屋駅へ向かいます。

名鉄中部空港駅からは、空港アクセス特急のミュースカイに乗ろうと思ったんですが、ちょうど出発してしまった後だったので、”普通の”特急に乗ることに。
Msk170402

乗車券だけで乗れる一般車もありますが、今回は窓口で特別車両券(360円)を買って特別車へ。
Msk170401

名鉄の特急用2200系。デザインかっこいいですね。
Msk170403

方向幕は、ある意味名鉄名物のオーロラビジョンR-STAYを装備。
Msk170408
LEDより高精細なディスプレイではありますが、いかんせん見にくいという短所もあり鉄道用ではほとんど普及しなかったという。

その名鉄も最近はLEDを使うようになったので、そのうちなくなってしまうかも。

特別車の座席は2+2列のシートですが、このシート、ほぼN700系新幹線と同じものじゃないかと。
Msk170404

背面テーブルとネットもそのまんま新幹線で、シート生地だけが違うような。
Msk170405

ただ、新幹線にはないチケットホルダーが付いてます。
Msk170406
ここにミューチケットを挟んでおくと、検札の時に車掌さんが勝手にチェックしていってくれます。

中部空港駅を出発すると、連絡橋を走り知多半島へ上陸。
Msk170407

中部空港から37分で名鉄名古屋に到着。
Msk170409
ウトウトとしてる間に着いてしまいました(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

大阪から名古屋へSFC修行 ~その2~ 福岡からスターフライヤーでセントレアへ

大阪から名古屋へSFC修行 その1からのつづき


伊丹空港から福岡空港へやってきました。

福岡からは10:05発、ANA3832便で中部空港へ。
17041231

この便はスターフライヤー運行のコードシェア便。
17041233

なので、黒い機体のエアバスA320。JA08MC
17041232

黒い革張りのシックなデザインのシート。
17041235
↑これは可動式のヘッドレストが背もたれから出っ張るようにくっついていて、ヘッドレストの左右も前に折れて包み込むようになるのですが、他の乗客と間接的に頬をくっつけ合うのはやや抵抗あったり(^_^;)

↓このシートはヘッドレストが背もたれとツライチになっているのですが、ヘッドレストの左右が起き上がるのかどうかはわかりません。
17041234

スターフライヤーは座席の間隔が広く、個人用モニターも装備されていたり豪華な座席が魅力的。
17041236

モニターはタッチパネルで、カップホルダーも便利。
17041237

USB端子があり充電もできますが、容量は小さいのでスマホの充電は時間が掛かる。
17041238

フットレストもありますが、これを使うとむしろ窮屈なので使わないかな。
17041245

シートベルトは使い込まれた感があり、表面がケバケバに毛羽立ってしまっている。
17041250

ドアクローズしましたが、私の前列、横、後列とも乗客はなく、後方は独占状態。
17041239

個人用モニターのスタート画面に、黒丸と白丸が出てくると・・・
17041241

黒丸を押すと黒い背景のメニュー画面になり・・・
17041242

白丸を押すと白い背景のメニュー画面に。
17041243
正直、選べなくてもいいような。

スターフライヤーは離陸前のビデオも独特。

今はジャズ感を出した内容。

福岡空港で搭乗を待ってる間、滑走路はRWY16で運用されていましたが、いざ自分が離陸する時には一旦滑走路を横切り、国際線ターミナル側の誘導路を進んで、逆向きのRWY34で離陸。
17041240

離陸の様子を撮ってみた。


機内サービスのコーヒーはTULLY'sで、チョコレートも美味しい。
17041244

伊勢湾上空を飛んでると、前日の雨の影響からか、川から流入してきた水で海の色が変わってる。
17041246

11:18 中部空港セントレアに着陸。
17041247

初めてセントレアに降りましたが、海上空港だからか空港施設以外には何も見えず、なんだか海外の空港のような感覚。
17041248

機内BGMは、PAX JAPONICA GROOVEの「Asterism」。
17041249
モニターの右下に曲名が表示されるのも面白い。

スターフライヤーには何回か乗ってますが、いつもわくわくしてます(^^)♪

今回、大阪から福岡経由で名古屋へ飛行機で移動しました。
17041251
大阪~名古屋の移動はいろいろ試しましたが、SFC修行中でなければ絶対やらないルートです(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

大阪から名古屋へSFC修行 ~その1~ 伊丹から福岡へ

今日は名古屋へ出張なんですが、時間に余裕があるので福岡経由でSFC修行をすることに。

今回の旅路はこんな感じ。

伊丹7:05-(ANA1671)→ 福岡8:20
福岡10:05-(ANA3832)→ 中部11:25


まずは伊丹から福岡へ。
17041201

朝6:20頃に保安検査場へ行くと、一般レーンが2つしか開いていないせいか、すでに行列ができている。

上級メンバーレーンはもちろんガラガラ。

早く修行を終えたい・・・

カゴにパソコンを取り出して並んでいると、スタッフがやってきて

隣の5番、6番レーンが開きますのでそちらへお並びくださーい!

と言って、そちらへ誘導される。



ところが!



開くと言われて並んだ5番レーンは、まだ開いてない!

誘導された面々から発せられる

あれ、どうなってんの?

という空気を察したのか、誘導したスタッフが

6時半から5番、6番レーンが開きますので、そちらへどうぞー!

と言う・・・

只今の時刻、6:28
17041202

ナメとんのかゴルァ!(#-_-)凸

結局、元の列の方が早いやんけー!


と、言いたい衝動をグッとこらえる。

これ、どこかの大陸の行儀の悪い国なら、ひと悶着起こるで。

という訳で、適切な誘導にガマン強く耐えながら保安検査を抜け、バス搭乗口の9Bへ向かいます。
17041203

バス搭乗だからかこの便だけたまたまなのかはわかりませんが、羽田便などでは搭乗口の前に優先搭乗を求める人たちの長い列がドバーっとできますが、この便では誰も並ぶことなく優先搭乗が始まると、ちらほら上級メンバーが入っていきます。
17041205
優先搭乗しても結局、みんな一緒にバスで行くので時間的には全く変わらず、せいぜいバスで座れるメリットしかありません。

むしろバスで座ると、バスを降りて機内に入るのが遅れてしまうので、荷物の収納スペースを取りたいのならむしろマイナス。

一般搭乗が始まり、私もバスへ。
17041206
バスには『福岡』の表示がありますが、もちろんこのバスが福岡へ行くわけではありませんので念のため。

DHC8-Q400 JA844A
17041207

バス搭乗だと、グランドレベルで飛行機が見られていいですね。
17041208

パワーのある6枚ブレードのターボプロップエンジン。
17041209
ターボプロップのQ400、「プロペラ機」とあなどるなかれ、エンジン自体はジェット機と同じガスタービンエンジンで、そのエンジンで回すのがファンかプロップかという違い。

ただ、燃費はすこぶる良くて、ものの本によるとジャンボジェット機がスポットから滑走路まで地上を走行する分の燃料で、Q400は伊丹から高知まで飛べるらしい。

シートも窮屈ではなく、むしろ少し広いくらい。
17041210

膝が前席に当たるのがデフォな私でも、Q400では少し隙間がある。
17041211
ただ、窓際席は機体の丸みがもろに室内まで入ってきてしまい、足の置き場はちょっと窮屈。

シートポケットの安全のしおりを見ると・・・
17041213

非常口は前方2カ所、後方2カ所にありますが、緊急着水時は後方の非常口は使えないらしい。
17041214

さらに右下の図を見ると、機体が傾いたら前方1カ所のドアしか使えないみたい。
17041215
果たしてこれで、全員脱出できるんでしょうか?コワー

Q400は高翼機なので、主翼に格納されている主脚がよく見えます。
17041212
今回、あえて主脚の横の席を取り、動く様子をまじまじと観察することに。

まずは離陸滑走の様子を撮ってみた。

離陸後に伸びた主脚のショックアブソーバーを見ると、意外とストロークは短いんですね。

福岡に近づき高度を下げていくと海の中道が見えてきたので写真に収めようとした瞬間、主脚庫の扉が開き・・・
17041216

主脚が出てきました。
17041217

という訳で、着陸の様子も。


福岡空港でも沖止めバス移動でしたが、途中、ヘリ軍団が駐機していてカッコええ!
17041218
次の便への乗り継ぎに少し時間があるので、一旦外へ出て待つことに。


その2へつづく

| | コメント (0)

«名古屋から新大阪まで爆睡