2018年5月19日 (土)

新幹線で横浜へ出張

横浜への出張は新幹線で!

6月末でグリーンポイントが無効になるので、今回はポイント特典を使うことに。
18051803
予約するのが遅かったので早特期限を過ぎちゃったんですけどね(^_^;)

早特じゃないので無理に朝6時台の新幹線に乗らなくてもよく、新大阪7:20発のぞみ210号。
18051801

N700系 X60編成。
18051802

過去の記録を見ると、X60編成はN700A化される前のZ60編成時代を含め初めて乗る。

普通の人にはどれも同じに見える新幹線も、オタク的には全部違うんですよね。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

妻沼聖天山の名物、聖天寿司を食べる『聖天寿し』@埼玉・熊谷

妻沼聖天山へ参拝した帰路、この妻沼の名物になっている”聖天寿司”を買おうと訪れたのが、その名もずばり『聖天寿し』
Stnzskmgy01
聖天寿司を売るお店は他にもありますが、ググってたまたま出てきた聖天寿しへ行った次第。

ちなみに、一般名称は「聖天寿司」で、ひらがなを入れた「聖天寿し」になると、この店の屋号になるらしい。

という訳で、屋号と同じ聖天寿し。一人前460円也(8%税込)
Stnzskmgy02

聖天寿司といえば長い棒状のいなり寿しですが、てっきり1個いくらで売ってるのかと思ったら、大きないなり寿し3つとかんぴょう巻4切れがセットになった一人前単位で売っている。
Stnzskmgy03

いなり寿しの長さは、だいたい割り箸の3/4程の長さ。
Stnzskmgy04

箸で持ち上げるにはかなり重たいいなり寿し、持ち上げるとあげがビロ~ンとなってしまう。
Stnzskmgy05

中は具材がなく白米だけの関東風。
Stnzskmgy06
あげが甘すぎてかなり濃いめの味付けで、関西人がよくするうどん&いなりのコンビネーションには合わないな。



聖天寿し
埼玉県熊谷市妻沼1515
営業時間: 9:00~売り切れまで(月曜定休)
TEL: 048-588-0162

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

妻沼聖天山歓喜院へお参り

埼玉県は熊谷へ行った折、『妻沼聖天山歓喜院』へ行ってみた。
Mnmstskmg01
駐車場からまっすぐ歩いて境内へ向かったんですが、どうもここから入ると境内をだいぶショートカットしてしまうらしい。

どおりで入口が寂しいなぁと思った(^_^;)

本来の境内入口にある貴惣門は、横断歩道を渡って右方向へ行かなければなりません。

やっぱり初めて行くところは予習しておいた方がいいですね。

境内入口の石灯籠から小鬼っぽいのが顔を出してますが、実際何なのかはよくわからず。
Mnmstskmg02

妻沼聖天山は治承3年(1179年)に開創されました。
Mnmstskmg03

ショートカットしてしまったので、いきなり仁王門。
Mnmstskmg04

門の左右には仁王像が「あ」「うん」の口で立ってますが、顔が怖いので写真はなし。
Mnmstskmg05

仁王門をくぐると、百度石が。
Mnmstskmg06
百度参りで何回目かを数えるんでしょうが、誰でも触れてしまうので、数が狂いそうな。

仁王門と御本殿との間には石舞台。
Mnmstskmg07
許可をもらえば石段に登って記念撮影できるとか。

御本殿は江戸中期に再建されたもので、2011年に修復工事が終わり鮮やかな彫刻もよみがえる。
Mnmstskmg08
今では国宝に指定されています。

極彩色の彫刻がたくさん施されて、かなりにぎやか。
Mnmstskmg10
Mnmstskmg11

地域密着型寺院にありがちな土俵も。
Mnmstskmg12
ここも女性は上がってはいけないんでしょうか。

弘法大師を祀る大師堂も参拝。
Mnmstskmg13

境内では地元のご婦人を中心に掃除の奉仕もされていて、憩いの場にもなっているようでした。

実は、今回妻沼聖天山へ来たのは参拝がメインではなく、他の目的があったり・・・

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

熊谷で行田のB級グルメ、フライを食べる『ふらい家源さん』@埼玉・イオン熊谷

埼玉県は行田市にある、というか、行田にしかないご当地グルメといえば、フライ!

このGW中に熊谷まで行ったついでに行田でフライを食べたいと思い、以前行ったことのあるかねつき堂(記事)へ行こうとしたら、地元の友人から「夜はやってないし、連休中は休んでるかもよ」と言われる。

またの機会にするかと今回は諦め、車で国道17号線を北上、行田を通り過ぎ熊谷へ入ったところでイオンがあったので、ここでトイレ休憩をすることに。

車を止めてイオン1Fのフードコートを見ていると、なんとフライ屋さんがあるじゃないか!( ゚∀゚)

ということで、フードコートにある『ふらい家 源さん』でフライを食べることに。
Gdflygnsink01

店頭に置いてある雑誌の記事では熊谷グルメみたいになってますが、よそ者はあまり気にしないようにしよう・・・
Gdflygnsink02

注文して数分で焼き上げられたふらい。310円也(8%税込)。
Gdflygnsink03
薄っぺらくもっちもちの生地に、ねぎと豚肉が入ったシンプルなフライ。

見た目お好み焼のようですが、大阪人からすると生地の食感はお好み焼というよりいか焼きみたいなもちもち加減。

ちなみに、大阪のいか焼きは姿焼きではないので念のため。

揚げてないのになぜフライ?

と言うのはもはやお決まりの言葉のようですが、あまり深く考えない方がおいしく食べられるかと。

「青じゃないのになぜ青信号?」みたいな。

行田にしかないと思ってたフライですが、隣町の熊谷にもありました。



ふらい家源さん
埼玉県熊谷市本石2-135
イオン熊谷店1Fフードコート
TEL: 048-599-0261

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

美味しいハンブルグステーキを食べる 『つばめグリル』@神奈川・新横浜駅

JR新横浜駅前キュービックプラザ1Fにある欧風レストラン、『つばめグリル』
Tbmglsykhm01
関東の大きな駅やお店でよく見かける人気のお店。

メインの前に、まずはロメインレタスのシーザーサラダ。910円也(税別)。
Tbmglsykhm02
普通のレタスよりも葉が大きく、お皿からはみ出るくらいなので、テーブルに運ばれた後におねぇさんが切ってくれる。

シャキシャキ食感のロメインレタスと、濃厚なスモーク風味のカリカリベーコンが美味しい。
Tbmglsykhm03
パッと見、量が少なく見えるけど、意外と十分な量。

帆立貝のクリームコロッケ。1,000円也。
Tbmglsykhm04

中は帆立がたっぷり入った濃厚なクリームがぎっしり。
Tbmglsykhm05
帆立の味わいが濃厚。

少し待って、ようやく運ばれてきたこの店の名物、つばめ風ハンブルグステーキ。1,320円也。
Tbmglsykhm07
パンパンに膨らんだアルミホイルに包まれていて・・・

ナイフでアルミを切ると・・・
Tbmglsykhm08

アルミが萎むと同時に中からいい匂いの蒸気が ぶゎー!っと出てくる。
Tbmglsykhm09

中を開けると、自家製ビーフシチューに浸ったハンブルグステーキが!
Tbmglsykhm11
この店ではハンバーグとは言わず、ハンブルグステーキと呼んでいる。

挽きたて合わせたて焼きたてというハンバーグ・・・もとい、ハンブルグステーキは、ふわっふわの食感で肉の味がすごく際立つ味わい。
Tbmglsykhm12
ビーフシチューのほろほろの牛肉も美味しい!

もう一品、自家製ベーコンで巻いたハンブルグステーキ。1,190円也。
Tbmglsykhm06
その名の通り、ベーコンで巻いたハンブルグステーキですが、つばめ風ハンブルグステーキに比べるとしっかりした食感。

ベーコンの濃厚な香りと塩気でハンブルグステーキを食べる感じ。

つばめ風ハンブルグステーキにも付いてますが、付け合わせにじゃがいもが丸ごと一個 デン! と鎮座していて、これがホッカホカでほんのり甘くて美味しい。

他にもビールに合いそうなドイツのソーセージも美味しそうだったのですが、この時は車を運転していてビールが飲めないのでやめといた。



つばめグリル キュービックプラザ新横浜店
横浜市港北区篠原町2937
キュービックプラザ新横浜1Fぐるめストリート
営業時間: 11:00~23:00(LO.22:30)
TEL: 045-474-4046

| | コメント (0)

«新東名浜松SAで浜松餃子を食べる 『石松餃子』@静岡・浜松SA