2017年11月22日 (水)

台湾鐡道のデルタ線へ行ってみた ~その1~ 新烏日→成功→追分

台湾の鉄道は、主に日本の新幹線に相当する「高鐵」と在来線に相当する「台鐵」があり、台鐵は台湾を1周するように線路がつながっています。
171113t17
山手線も顔負けの1周1000km弱ほどの環状線。

台湾は西側が発展していて人口も多いため、ここを通る西部幹線は列車の本数も多いのですが、竹南~彰化間は海側を通る「海線」と、山側を通る「山線」が並行して通っている。
171113t18
元々は人口の多い台中を通る山側のルートでしたが、この区間は勾配がきつく貨物列車の運行に支障が出たことを受け、勾配のゆるい海側に線路を新設したという。

竹南駅で分岐して南下した海線と山線が再び彰化駅で合流するのですが、彰化駅の1駅手前に、海線の追分駅と山線の成功駅を彰化駅を経由せずに直接結ぶ成追線が通っていて、ちょうどデルタ線になっている。
171113t16
さらに成功駅はその名の通り、非常に縁起がいいとして人気の駅。

今回、台湾で鉄分を補給すべく、このデルタ線へ行ってみた。

高鐵を台中駅で降り、在来線の台鐵に乗り換えようとすると、看板にはなぜか『台鐵新烏日駅』と書かれている。
171113t01
上の路線図の写真にも書かれていますが、高鐵の台中駅と台鐵の台中駅は全く別の駅。

高鐵の台中駅開業に伴ない、これに接続するように開業した台鐵の駅が新烏日駅という。

広い通路の先に、切符売り場と改札がある。
171113t02

券売機で追分駅までの乗車券を買う。15元也。
171113t03

南下方面の2614列車、14:37発通霄行きに乗る。
171113t04
日本のJRの場合、列車の方向を表すのに東京に向かう列車が上り、逆が下りと呼んでますが、南北に長い台湾の場合、南行きが南下、北行きが北上とシンプルでわかりやすい。

自動改札機は日本と同じタイプ。
171113t22
よく見たらオムロン製だった。

ホームは意外と長く、長編成の列車でも発着できる。
171113t07

ホームにある新烏日の駅名標には、隣の駅の駅名と距離も書かれている。
171113t05

ホームから改札へ上がる階段には、高鐵台中駅の案内も。
171113t08

ホームで待っていると、日本の特急に相当する『自強號』が通過していく。
171113t09

先頭と最後尾に電気機関車を連結した”プッシュプル式”のE1000型電車。
171113t10
またの機会に乗りたいですな。

14:35、8両編成の普通列車、2614列車が到着。
171113t11
通勤タイプのEMU800型は動力分散方式の電車。

ステンレス製の車体は窓は小さめ。
171113t12

車内は戸袋部分がロングシートのセミクロスシート。
171113t13

日本のようにボックスタイプではなく、背中合わせになるような配置。
171113t14
モケットがだいぶ汚れていて、くたびれている。

2014年台湾車両製造の銘板。
171113t15

列車は定刻の14:37に新烏日駅を出発し、次の成功駅へ。

成功駅の手前で彰化方面への山線から別れ、成追線へ。

14:41 成功駅に到着。
171113t19

成功駅を発つとデルタ線に入り、山線の線路から離れ単線の成追線を進み、彰化からの海線の線路が近づいて来ると追分駅へ。


14:46 追分駅に到着。
171113t21
ここで一旦下車します。


その2へつづく

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

桃園駅から台湾高鐵に乗って台中駅へ

台湾桃園空港から桃園機場提運に乗って高鐵桃園駅にやって来た。

券売機で高鐵の切符を買おうとしたら3台しかなかったので、機場提運から降りてきたお客さんが流れてくるとすぐに列が出来てしまう。
17111331

15分後に発車する639列車で、台中まで指定席の切符を買う。
17111332
目的地は台湾南部の高雄なんですが、台中で降りて寄り道するので。

初めは商務廂(ビジネスクラス)を予約しようとしたけど満席だったので、標準廂(普通車指定席)にする。NT$540也(約2100円)

13:10発 左営行き。
17111334
ホームは地下にある。

定刻に桃園駅を発車。
17111333

切符を見ると 9B と書かれてたのでなんとなく予感はしてましたが、やっぱり3列シートの中央席。
17111335
台湾高鐵の車両は日本のJR700系新幹線をベースにしており、座席も700系とほぼ同じ。

3列シートの中央席が両端の席より少し広いのも同じ。

桃園駅発車後のアナウンス。


乗車時間36分、13:46に台中駅に到着。
17111340
台中駅は、通過線と待避線の間に仕切りがある。

一応、先頭車両へ行ってみた。
17111336

島式ホームの真ん中に黄色い×印が立ってましたが、たぶん運転士へ停止位置を示す印かと。
17111338
一応、つり下げ式の停止票もある。

列車を見送り、在来線の台鐵に乗り換えます。

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

台湾桃園空港から桃園機場提運で高鐵桃園駅へ

台湾桃園空港から、桃園機場提運に乗って高鐵桃園駅へ向かいます。

桃園空港の1F到着ロビーから、機場提運の案内板を頼ってオートスロープで地下へ行くと、すぐに桃園機場提運の機場第二航廈站へ。
17111321

自助售票の看板を辿っていくと、自動券売機があります。

券売機での切符の買い方についてはこちらの記事で。

今回、券売機行くと係員のおばちゃんが二人立っていて、どこに行くのかを聞いてくる。

「高鐵」と言うと、「35元だよ」と教えてくれ、券売機のディスプレイのボタンも押してくれる。

但し、全部中国語でしたが・・・

おばちゃんたちは桃園機場提運と書かれた服を着てたので公式なスタッフとわかったのですが、これが中国なら、全然関係のないおっさんが横から入ってきて親切に切符の買い方を教えたと思ったら、「金よこせ!」と言うてくる(記事)。

切符は紙ではなくICコイン。
Tpijchtyn11
コインが軽すぎて、自動改札機にタッチするときに落としそうになるけど。

10分ほど待って、環北行きの普通列車に乗車。

直達車は固定式クロスシートでしたが、普通車はロングシート。
17111322
空港から台北へ行く人が多いのか、普通列車しか走っていない環北方面は乗客は少なめ。

ロングシートの座席はクッションはなく、硬いプラスチック製。
17111323

12:29に発車し、しばらく地下を走行後地上へ。
17111324
雨が結構降ってます・・・

桃園空港を発ち約16分、12:45に高鐵桃園駅に到着。
17111325

ほとんどの乗客が下車し、列車を見送る。
17111326

高鐵桃園駅からは、台湾高鐵に乗り換えます。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

台湾へ出張

11月も半ば、半年ぶりに台湾へ出張。

JL813便は4月より15分ほど遅い9:25発になっていた。
17111301

カウンターで手荷物を預けると、保安検査場のファストレーンの案内をもらう。
17111302

一般の保安検査場入口横にファストレーンの入口。
17111303
今回はここから入ることにしたんですが、ほとんど並ばずに通過。

ラウンジへ行く前に搭乗口の確認。
17111304

機材はB787-8 JA825J
17111315

搭乗時刻までの間、例によってサクララウンジでカレーを食べる。
17111305
このカレーがウマいんですよね~

ついガッツリ食べてしまい機内食が食べられなくなるという罠にはまりがちなので、ごはんは極少にしておく。

この機材のビジネスクラスは、JAL SHELL FLAT NEO。
17111306
シート間隔も広く、大型モニターでマンガも読める。

B787の特徴、液晶ブラインド。
17111307
暗くすると青っぽく色が付きますが、この色目はタングステン酸だろうと思って調べてみると、確かにゲル電解質を使ったエレクトロクロミックらしい。

定刻より早い9:20にドアクローズしてプッシュバック、9:33にテイクオフ。

ベルト着用サインが消えると、ひとまずドリンクサービス。

いつもはビールを頼むのですが、なぜかこの日はシャンパーニュの気分。
17111309
おつまみから、納豆が好きな私でもクソまずかったドライ納豆がなくなり、あられミックスだけになったみたい。

機内食は和食にするか洋食にするかを考えた結果・・・
17111308

和食をチョイス。
17111310

意外にもスモークサーモンサラダ(左下)が、ピリ辛マヨ味でなかなかうまい。
17111311
もちろんふぐのたたき(右下)も美味しい。

食後のハーゲンダッツとコーヒー。
17111312

今回は見たい映画がなかったので、電子書籍で東京タラレバ娘2巻と3巻を読んでました。

台湾に近づくと厚い雲が覆っていて、どうも雨が降ってる様子。
17111313

定刻より25分早い11:15に桃園空港に着陸。
17111314
11:23にスポットイン。

イミグレではちょうど中国人ツアー客とかち合ってしまいましたが、無事入国。

| | コメント (0)

2017年11月18日 (土)

死ぬほどウマい超濃厚マンゴージュース『千疋屋総本店』@東京・日本橋

東京の日本橋へ行ったついでに、日本橋三井タワー1Fの『千疋屋総本店』へ。
Snbkymgj1701

ここで買うのは、マンゴージュース。2,700円也(8%税込)
Snbkymgj1702

インド産のマンゴーを使ったジュースですが、とにかく濃厚!
Snbkymgj1703

濃厚すぎて、栓を開けるとマンゴーが詰まって中身が出てこないほど!
Snbkymgj1704

コップに注いでも「ドック、ドック・・・」と出てくるので、もはやジュースではなくペースト。

離乳食か!と思うくらいの粘度。

そんな超濃厚のマンゴージュースを一口飲むと・・・


ウマーーーー!( ゚∀゚)  


となってしまう。

飲むというより、味わって食べるみたいな。

我が家では、「死ぬほどウマいマンゴージュース」と呼んでます。



千疋屋総本店 日本橋本店
東京都中央区日本橋室町2-1-2
日本橋三井タワー1F
営業時間: 9:00~19:00(定休なし)
TEL: 03-3241-0877

| | コメント (0)

«メジャー級の名古屋めし 味噌煮込みうどんを食べる『山本屋総本家』@名古屋