2018年9月20日 (木)

老舗和菓子店の出雲大社みやげ 俵まんぢうを買う 『俵屋』@島根・出雲市

出雲大社からの帰路、参道にあった『俵屋』でおみやげを買うことに。
Twrmnjizm01

店の看板にあるとおり、出雲大社名物、俵まんぢう。小紋箱8個入り 1,180縁也(8%税込)。
Twrmnjizm02
焼いた生地にあんこが入ったまんじゅうは全国各地によくありますが・・・

”俵まんぢう”だけに、中はお米にちなんで白あんが入ってる。
Twrmnjizm03
風味豊かで美味しいまんじゅうです。

ちなみに、出雲大社周辺のお店では”ご縁”にあやかって、値札に「円」ではなく「縁」と書かれています。



俵屋 神門店
島根県出雲市大社町杵築南771
営業時間: 8:00~18:30(定休なし)
TEL: 0853-53-4737

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

名探偵コナンに会える 『青山剛昌ふるさと館』へ行く@鳥取・北栄町

島根県から大阪へ戻る道中、山陰道を鳥取方面へ東へ走り、『青山剛昌ふるさと館』へ立ち寄ってみた。
Aoymgsfrskn01
名探偵コナンの作者、青山剛昌氏が鳥取県北栄町出身ということで開館したらしい。

コンセプトが「名探偵コナンに会える」ということで、コナン一色。

建物の前の広場には、阿笠博士が乗るビートルがあったり。
Aoymgsfrskn02

満面の笑顔で乗っていらっしゃいます。
Aoymgsfrskn03

ふるさと館入口の前にはオブジェ。
Aoymgsfrskn04

江戸川コナンと少年探偵団の仲間たち。
Aoymgsfrskn05

館内の展示スペースに入るには入館料700円(大人)がかかるんですが、時間の都合もあり今回はパス。

ショップでおみやげ用にグッツだけ買って帰ることに。

まずは江戸川コナン柄の扇子。1,620円也(8%税込)
Aoymgsfrskn06

コナン in 鳥取バージョンと、コナンいっぱいバージョンのクリアファイル。各324円也。
Aoymgsfrskn08

やはりクリアファイル好きとしては、1枚は買っておかなければ。
Aoymgsfrskn09

そして、今回一番のお気に入りのリフレクター。
Aoymgsfrskn07

犯人!

コナンを見てる人じゃないとわからないキャラ。

ふるさと館だけではなく、町内にもコナンにちなんだ建物やオブジェがあり、町をあげて盛り上げています。



青山剛昌ふるさと館
鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414
開館時間: 9:30~17:30(最終入館17:00)(定休なし)
TEL: 0858-37-5389

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

出雲市駅前で出雲そばを食べる 『奥出雲そば処 一福』@島根・出雲市

出雲市から帰る前、最後に出雲そばを食べておこうと思い、出雲市駅前にある『奥出雲そば処 一福』へ。
Icfkizmfb01

オーダーしたのは、天麩羅割子。1,500円也(8%税込)
Icfkizmfb02
割子そばと天ぷら盛合せのセット。

割子そばは出雲そばの定番スタイル、3枚の割子に薬味が別に添えられている。
Icfkizmfb03
つゆはしょう油の味わいが強く、ダシ感は少なめ。

今回のおでかけで出雲そばを3回食べましたが、一番口に合ったのは最初に食べたそばで(記事)、次にここのそばでした。



奥出雲そば処 一福 出雲一畑店
島根県出雲市駅北町4-1
営業時間: 10:00~18:30(水曜定休)
TEL: 0853-24-4206

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

再び一畑電車で電鉄出雲市駅へ

出雲大社へ参拝し、再び一畑電車に乗って出雲市駅へ戻ります。

出雲大社前駅も切符に鋏が入りますが、もちろん電鉄出雲市駅とは違う形。
180813b01

往路と同じ5000系が入線してましたが、車内に入ってみると・・・
180813b02

島根県の木材を使った「木質化改装工事」を受け、至るところで木材が使われた内装。
180813b04
ロングシートとボックスシートがあり・・・

ボックスシートは通路と座席が大きな木製の仕切りで区切られ、飛行機のビジネスクラスの間仕切りみたいな。
180813b06
中央に固定式のテーブルが設置されていて、観光客向けの内装に。

4人掛けのボックスシートの向かい側は、2人掛けのボックスシートが同じように区切られている。
180813b07
ボックスシートは間仕切りのスペースの都合なのか2+1列配置となり、ゆったりと座れる。

ただ、仕切りがあるので反対側の車窓は見えにくいけど・・・

車内の銘板を見ると、JR西日本系列の後藤工業で改造を受けています。
180813b03

出雲大社前駅を出発すると、出雲大社の大きな日の丸がはためいているのが遠くからでもよく見える。
180813b05

出雲大社前駅から11分で川跡駅に到着。
180813b08

ここで電鉄出雲市駅行きに乗り換えますが、やって来たのは最新の7000系。
180813b09

ロングシートとクロスシートが千鳥状に配置される。
180813b10

クロスシートの窓の下には、宍道湖をイメージしたようなイラストも。
180813b11

川跡駅から9分で、電鉄出雲市駅に到着。
180813b12

もし次の機会があれば、一畑電車とJRで、松江から出雲市までぐるっと1周鉄路の旅をしてみたいもんです。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

灼熱の中のスノーアイスはウマい 『&mariage』@島根・出雲

出雲大社へ参拝した帰路、再び一畑電車に乗るために出雲大社前駅へ。

最高気温38℃の命の危険すらある酷暑の中、3時間ほど歩き回ったらもうバテバテ。

肌は真っ赤に焼け、熱中症になる一歩手前ぐらいまで追い込まれ、たまらず駆け込んだのが出雲大社前駅の隣にあるカフェ、『&mariage』
Mragkgrizm01
次の電車が出るまでの間、ここで冷却することに。

オーダーしたのはスノーアイス マンゴー。600縁也(8%税込)。
Mragkgrizm03
かき氷にシロップをかける和風なものではなく、マンゴーの味がついた氷を薄く削ってふわふわ&口どけのいい食感の台湾スタイル。

冷凍半溶けのマンゴー果肉がたっぷり入っていて、氷のマンゴーの優しい甘さと冷凍マンゴーの少し酸味のある濃厚な味わいがすごく美味しい。

小粒の白玉が甘さをリセットするので、最後まで楽しめる。

そしてスノーアイス 抹茶ミルクのミルク抜き。600縁也。
Mragkgrizm02
こちらも抹茶が氷と一緒に凍っていて、ふわふわに削られる。

本来はミルクがかかってるのですが、かき氷のミルクシロップが苦手なので、ミルク抜きにしてもらった次第。

添えられているあんこも要らなかったんですが、食べてみるとウマかったり。

どちらも器の中央部が深く、意外と量もある。
Mragkgrizm04
出雲大社周辺のお店では、金額表示が「円」ではなく、ご縁の神様だけにあえて「縁」の字を使ってるところが多い。

このスノーアイスのおかげで、体を冷やすことができました。



&mariage(アンドマリアージュ)
島根県出雲市大社町杵築南1346-5
営業時間: ランチ・カフェ:11:30~17:00、ディナー:17:00~22:00(火曜定休)
TEL: 0853-25-7557

| | コメント (0)

«出雲大社に隣接する『北島国造館』と『命主社』へお参り