2018年7月15日 (日)

カーシェアのcarecoでスマート フォーフォーBRABUSを借りてみる

カーシェアの車は基本的に小型車が多いのですが、レンタカーほどではないけれど小型車以外の車や外車もあります。

そこで今回、スマート フォーフォー BRABUSスポーツを借りてみた。
Smrtbs180701
現行型にあたる3代目スマートは、ルノー・トゥインゴをベースにしてダイムラー・ベンツが仕立てたもので、エクステリアはドイツっぽいけどインテリアはフランスぽかったり。

全長は3550mmで、軽よりちょっと長いだけ。
Smrtbs180703
後席のサイドウインドウは、外側へ少しだけ開くタイプ。

リアのデザインは、なんとなくリスっぽいような。
Smrtbs180702

テールゲートには、smartとBRABUSのエンブレムに、カーシェアのcarecoステッカーが貼ってあるところが、普通の「わ」ナンバーのレンタカーではないぞよ!と言ってるようで。
Smrtbs180704

ホイールはBRABUSスポーツ専用の17インチツインスポーク。マットグレーがカッコいい。
Smrtbs180705
フロントタイヤは185/45R17のブルーアースA。

リヤタイヤは205/40R17で、エンジンがリアに載っているRRレイアウトだからかリアの方が太い。
Smrtbs180706
リアブレーキはドラム式。

エンジンが後ろへ行ったので、フロントグリルの中に何が入ってるんだろうと思い、グリルの左右にある樹脂製のロックレバーを引っ張って・・・
Smrtbs180722

ボンネットを前へずらすようにじで開けてみると・・・
Smrtbs180723

ラジエター関係、バッテリー、ブレーキ関係がぎっしり詰まってた。
Smrtbs180724

今回初めてRR車に乗りましたが、900ccターボにしては想像以上にトルクが太く、高速道路でもリッタークラスの国産車よりよく走る。

ただ、アイドリングストップから再始動するとき、軽自動車みたいな甲高いセルの音がするのはちと残念。

足回りはさすがは欧州車、日本車みたいなふにゃふにゃ感はなく、それでいて突き上げ感もないし、真っ直ぐ走ってピシッと曲がる。

RR車はどんなハンドリングだろうと思ったら、変なオーバーステアもなく狙ったところをトレースできる。

回頭性は全長が短いせいか、上りのヘアピン以外は特に悪いとは思わなかった。

走りに関しては、さすがメルセデスという感じ。

しかーし、エクステリアのデザインや走りはいいのに、それをすべてインテリアがぶち壊し。
Smrtbs180707
ベースがルノー・トゥインゴだけにインテリアの雰囲気はフランス車っぽい。

タブレットをポン付けしたみたいなナビ画面。

200万円台の車にしてはプラスチック感丸出しでスペース効率も良くないし、走るととにかくガタピシ音がひどく、バブルの頃の輸入車に多かった独特の匂いもする。

シフトレバーとサイドブレーキレバーには、BURABUSのロゴ。
Smrtbs180709
今回初めてDCT車に乗った私、シフトレバーが運転席側に斜めになっているのが何か意味があって、もしかしたらHシフトみたいにポジションがあるのかも?などと思ってしまい、一瞬、どう動かせばいいのかわからなかったんですが・・・

シフトレバーを真上から見ると普通のAT車と同じポジション表示があり、単にシフトレバーが斜めになってるだけという。
Smrtbs180710_2
初めてのDCT車は普通に走る分にはAT車と変わらないけど、発進時や時速20km以下でのろのろ走るとちょっとギクシャクすることがある。

減速するとシフトダウンしますが、シフトダウンした時のエンジン音がMT車みたいで面白い。

タコメーターは、Aピラーの根元に付いてる。
Smrtbs180708

今やプッシュボタン式のエンジンスターターが一般的になり、銀色の棒を挿してひねってセルを回すのは懐かしい気分になる。
Smrtbs180711

この車の最大の欠点は、このシート。
Smrtbs180712
座面の縁に囲まれた実際に座る部分がフラットで革のシート表皮とクッションも硬く、今まで車を運転していて腰が痛くなったことなんてなかった私ですが、これは乗って1時間も経たないうちに腰が痛くなってくる。

これは長距離は絶対無理。

そして、ワインディングで少しペースを速めると、車はまだまだ余裕はあるのにシートのサポートが全然ダメなせいで、体が外へ持って行かれてしまう。

せっかく足回りはいいのに、シートのせいで全く楽しめない。

そんな革シートには、一応シートヒーターが付いてたり。
Smrtbs180713

ペダルは、コンパクトカーにありがちな車の中心側にオフセットしていて、アクセルペダルがかなり中央に寄っている。
Smrtbs180714
夏場、アイドリングストップするとエアコンが効かなくなりますが、自分の車やレンタカーだとガソリン節約のためガマン出来ても、料金に燃料代が入ってるカーシェアではアイドリングストップをOFFにしがち。

ヘッドライトのレベライザーも付いてる。
Smrtbs180715

ドアミラースイッチは運転席ドアにありますが、スイッチ自体が斜めに付いているせいで、クセわかるまでミラーの角度を合わせる時に思った方向に動かせなかったり。
Smrtbs180716

エアコン関係のスイッチはオシャレで使いやすいデザイン。
Smrtbs180717

後席のシートベルト警告灯も付いてるのは欧州車らしい。
Smrtbs180718

リアシートはシートバックのサポートは皆無でかなり狭いので、実質、人は乗せられないな。
Smrtbs180719

子どもか小柄な女性ならまだしも、これじゃ足が入らん。
Smrtbs180720

リアにエンジンを搭載しているので荷室の床は高く、高さ方向もあまりない。
Smrtbs180721
carecoには、ジュニアシートとお掃除セットが積んである。

カーシェアでは満タン返却はしなくてもいいのですが、返却時にガソリンが1/2を下回っていたら給油するルールがあります。

返却時にわざわざ給油しに行くと、ガソリンスタンドまで往復する時間も含めて給油に要する時間分の料金も発生してしまいますが、道すがらだと給油時間も短くて済む。
(給油すると条件を満たせば手間賃分のクーポンがもらえたりしますが)

今回も道中、ガソリンが1/2を下回ったので信号待ちのタイミングで給油。もちろんハイオク指定。
Smrtbs180725
ノズルをにぎって給油が自動で止まっても、さらに10Lぐらい入る。

期待して車を借りたものの、ヘボ過ぎるシートと内装のガタピシ音のせいで全然楽しくなく、6時間予約してたけど早々に返却。

4時間乗ってガソリン代込みで3000円しなかったので、カーシェアだと気軽にいろんな車に乗るには便利です。

200万円台で買えてしまうBRABUSですが、これは買わないな。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

鎌ヶ谷大仏へ行ってビックリ!

新京成電鉄で仕事先まで向かう途中、少し時間があったので、鎌ヶ谷大仏へ行ってみることに。

日本で唯一、駅名に「大仏」が入った鎌ヶ谷大仏駅を降りると・・・
Snksei180708

ホームにもポスターが貼ってある。
Kmgydibt18703

駅舎を出て・・・
Kmgydibt18701

踏切と反対方向へ歩いてすぐのところに・・・
Kmgydibt18702

鎌ヶ谷大仏様がいらっしゃいました。
Kmgydibt18704

この大仏様、ブロック塀に囲われた墓地の中にあり、思ってたよりもかなり小さめだったので、気付かずに一度前を通り過ぎてしまったという。
Kmgydibt18705

大仏様といえば、こんなやつとか・・・
Kmgydibt18721

こんなやつのイメージに引っ張られたようで、もうちょっと大きいと思ってた。
Kmgydibt18722

鎌ヶ谷大仏の前にある解説によると、高さは1.8m。
Kmgydibt18706

平賀源内がエレキテルを作り、アメリカ独立宣言と同じ1776年に鎌ヶ谷宿の住人が建立したらしいのですが、身分制度もあった江戸時代に仏門以外の人が大仏を建てられたんですね。
Kmgydibt18707
時間にして2分も掛からずに大仏見物を終える。

駅へ戻る途中、鎌ヶ谷大仏から道路を渡ったところにある鎌ヶ谷八幡神社へ寄ってみた。
Kmgydibt18711_2

この神社にはたくさんの神様が祀られてるらしい。
Kmgydibt18712

鳥居をくぐって由緒をひと読みして境内へ。
Kmgydibt18713

あら、なんかがら~んとしてるような。
Kmgydibt18714

神社に付き物の大きな木がありません。
Kmgydibt18715
今、植栽しているところみたい。

ご本堂と隣のお稲荷さんへお参り。
Kmgydibt18716
御利益有りますように。

こじんまりした鎌ヶ谷大仏でしたが、この街のシンボル的存在でもあります。

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

くねくね路線の新京成電鉄に乗る

仕事で千葉へ行った折、新京成電鉄に乗りました。

新京成電鉄は京成津田沼~松戸を結ぶ路線ですが、カーブの多いくねくね路線が特徴。
Snksei180714
元々は、旧日本陸軍鉄道連隊が、戦地のあらゆる土地で鉄道敷設の訓練をするために敷設した路線で、戦後、京成に払い下げられ可能な限り直線に改修されたものの、今でもその名残でカーブが多い。

特に新津田沼を挟んだ前原~京成津田沼間はほとんど直線がなく、S字カーブが延々続く。
Snksei180715
新津田沼~京成津田沼間は、今でも単線。

まずは京成津田沼駅へ。
Snksei180701

ちょうど、松戸行きの8800形が出発するところ。
Snksei180702

日中でも10分間隔なので、すぐに次の列車が来る。
Snksei180703

この8800形を含め新京成の車両はリニューアルされ塗色が白とピンクに変わりましたが、リニューアル前はこんな色でした。
Shnksdnt02

8806-1は昭和62年に製造され、平成23年に改造を受けている。
Snksei180704

運転台はツーハンドルタイプ。
Snksei180706

車両間の連結部分に扉はありません。
Snksei180705

戸袋部分には鏡も。
Snksei180712

京成津田沼駅を出発すると、大きくS字カーブを通り新津田沼駅で下車。
Snksei180707
ここでJR津田沼駅と乗り換えができることもあり、乗客の出入りが大きい。

再度新津田沼駅から乗車し、次は鎌ヶ谷大仏駅で下車。
Snksei180708

鎌ヶ谷大仏を見物しに行った後、津田沼方面へ戻ります。
Snksei180710

仕事先で2時間ほど経った後、今度は松戸方面へ。
Snksei180711
すると、さっき鎌ヶ谷大仏駅から乗った8808編成に再び乗車し・・・

終点、松戸駅へ。
Snksei180713

新京成電鉄を行ったり来たりして慌ただしかったのですが、ここからJRに乗り換えて都内へ。

東京の郊外路線で直接都心とつながっている訳ではないけれど本数も乗客も多く、地域の足として活躍している路線です。

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

コク深い醤油スープがウマいラーメン 『魅力屋』@大阪・箕面

国道171号線から阪急箕面駅へ向かうロマンチック街道沿いにあるラーメン屋、『魅力屋』
Kairkyrmmo18601
魅力屋と書いて「かいりきや」と読む京都発祥のお店。

今回は、コク旨ラーメン味玉入り(並)をオーダー。850円也(税別)。
Kairkyrmmo18602
背脂たっぷりですがギトギト感はなく、それでいてコク深い醤油スープがウマい。

細ストレート麺はかためが好きなので、バリカタでリクエスト。

不思議と定期的に食べたくなるラーメンです。



ラーメン魅力屋(かいりきや) 箕面店
大阪府箕面市牧落1-19-3
営業時間: 11:00~24:00(定休なし)
TEL: 072-725-1334

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

芸能人にも人気、『天のや』の玉子サンド@羽田空港第2ビル

羽田空港第2ターミナルの搭乗ロビーの売店で見つけたこれ。

麻布十番にある『天のや』玉子サンド。1,180円也(8%税込)。
Amnytmgsnd01
手土産に人気の玉子サンドが、空港でも売っていたので買うことに。

ふわふわでボリュームのあるだし巻き玉子のサンドですが、パンに塗られているマスタードマヨが絶妙にウマい!
Amnytmgsnd02
芸能人にも人気の差し入れのようで、一度食べたら病みつきになってしまいます。

| | コメント (0)

«スペシャルな中華料理の賞味会 『三楽』@大阪・千里阪急ホテル