« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004年3月25日 (木)

HDD/DVDレコーダーを買う

ヨドバシカメラのポイントを全て使い、HDD/DVDレコーダーを買いました。

今、NHKの中国語講座をビデオに録画して勉強してるんですが、子供が昼間にビデオを見たあとにタイマーボタンを押してなかったり、テープが無くなってるのに気が付かなかったりして、録画に失敗したことが多々ありました。

4月になるとまた最初から番組が始まるので、今度は絶対に録画を失敗しないようにとHDDレコーダーを買おうと決めた次第です。

カタログやWEBをいろいろ見て吟味した結果、録画マニア御用達の東芝RD-XS41にしました。
(録画オタにはGRTの付いたX4が人気みたいですが・・・)

いろんなことができるのはいいけど設定だけで半日かかっちゃったし、マニュアル3冊分の使い方を覚えて使いこなせるようになるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

| | コメント (0)

2004年3月23日 (火)

個人向け国債を買う

個人向け国債を買ってみました。

定額郵便貯金を半年ごとに転がしてみみっちく利息をもらうのもいいんですが、半年ごとの手続きが結構面倒くさく、結局、何年も預けたまんまに。

置いた年数だけ利息が付いて、でも必要な時に換金出来て、欲を言えば少し利幅が多いものがいいな~なんて思ってたときに、電車の吊り広告で個人向け国債のことを知りました。

国債は、言わずと知れた国の借金。
今の日本は約500兆円の国債残高を抱えており危機的状況。

平成16年度も約36兆円を超える国債を発行することになっていて、一般会計の44%を借金で賄おうとしています。

単位が億や兆だとピンと来ないので話を例えてみると、年収500万円の人の年間支出が900万円あるのようなもの。
足りない分は借金で賄っている。
今後も年収が増える見込みはなく、支出の見直しが必要だと感じているけどなかなか手がつかない。
気が付いたら借金の総額が6000万円になったけど、元々家が良かったので、今までは何とか貸し手がありました。

こんな人に今さら誰が金を貸すでしょう?
身内でも勘弁です。
今、国債を買うのは、こんな人に金を貸すようなものかもしれません。

日本国債の格付けが下げられたことからもわかるように当然リスクはあるけれど、今回個人向け国債を買ってみようと思ったのは、普通の金融商品よりも利息がいいところ。
また、中途解約しても元本割れしません(手数料分は取られるが)。
利息は半年ごとに変動しますが、最低限0.05%は保証されています。

途中解約しても金利が下がれば手数料も少なくなるし、何年か置いておくことを前提にしているので、手数料で逆ザヤになるほど金利も上がらないだろうし。

変動金利で、いつ解約しても国が応えてくれるものと考えれば、破綻するかもしれない銀行に預けておくよりもいいかもしれません。

当然、国が破綻すればデフォルトされるリスクはありますが、もし国が破綻するようなことになれば、単に私一個人の債権が消えてなくなるだけの問題では済むはずもなく、全国民が貧乏生活を強いられることになるでしょう。

銀行に預けるにしても、結局その銀行が国債を買っているので、間接的に国債を買っているようなものです。
しかし預金者に支払われる利息は国債の利息には比べものにならないほど少なく、すべて銀行にピンハネされています。
なら、直接国債を買った方がお得かもしれません。

とはいっても、さすがに預金を全て国債につぎ込むことはしませんでしたが・・・

国債買って良かったか悪かったか、私の顔色で判断して下さい(笑)

| | コメント (0)

2004年3月17日 (水)

ポケモンジェットで東京へ

昨日、東京出張で乗った飛行機は、偶然にもポケモンジェットでした。

写真に撮って子供に自慢してやろうと思ったんですが、ボーディングブリッジからだと飛行機に近すぎて、うまく撮ることができません。
Pokemon01

かといって、遠くから機体を撮ると、たまたま隣に止まってたポケモンジェットを撮ったかもしれないと思われるのもシャクだし(まだ息子もそこまで疑い深くはないけど・・・(笑))

仕方ないので外観はあきらめ、「ポケモンジェット」というくらいだから機内のどこかにポケモンが描いてあるだろうと思ったら・・・


ない!


中は普通の飛行機とおんなじ。

仕方がないんで、羽田に着いて素直に全景を撮りました。Pokemon02

羽田までの機内で私の後ろには女の子を連れた家族が座ってたんですが、その子はしきりに「ポケモンの飛行機に乗りたい!」とグズってました。

そりゃそうだ。
ポケモンが見えるのは外からだけで、乗っちゃったらどこにもポケモンいないもんね。

| | コメント (0)

2004年3月 8日 (月)

おやじの会の飲み会は至って質素

昨日は、小学校のおやじの会の飲み会でした。

近所の居酒屋に行くと、私たちが座る隣のテーブルに校長と教頭がいらっしゃるじゃあーりませんか!

「あれ?」
と、思いよく見ると、今年度のPTA役員が打ち上げをしてました。

隣のテーブルには、刺身やら鍋やら次から次へと料理が出てくる。
それに引き換え我がテーブルは至って貧素。
「これで料理終わり?」
なーんて確認しながら飲まないといけないし(笑)

PTAのママさん達や先生とお喋りしていると、ふとしたきっかけで話がヤバイ方向に。

「再来年は会長たのんまっせ!」

・・・(汗)

これはまずい。
PTA会長の出来レースに引き込まれそう。

まあ、私自身はなったらなったで別にしゃあないかと思ってるけど、子供がどうなるのかが心配。

「おまえのオヤジ、会長やんけ~」てな看板が付くのも嫌だな。

最近はそんなことないらしいけど。

| | コメント (0)

2004年3月 7日 (日)

ガラスエッチングで車体番号を刻印する実験

クルマの盗難対策として効果がある(と言われている)ガラスエッチング。

車体番号をガラスに刻印することで、万一、車が盗まれても転売しにくくなるそうです。
もちろん100%防げる訳ではないケド。

カーショップでは、レーザー加工や研磨剤を吹きつけて刻印する方法でガラスエッチング施工をしていますが、今回、薬品を使ってDIYでガラスエッチングが出来るかどうかの実験をしてみました。


特許を見てみると、ガラスを溶かす薬品を使い、エッチングする部分のみ薬品が浸透するシートを用いてガラスに刻印する、というものがあったので、これを参考にしてみます。


フッ化水素酸などのフッ化化合物はガラスなどのケイ酸質を侵食する作用がありますが、フッ化化合物は毒性が強く法律で規制されているため、一般では取扱いが出来ません。
私は毒劇物の資格を持っているので扱えるんですけどね(笑)

フッ化水素はあまりにも毒性が強いので、こんなもんを使ったらガラスより前に人間がやられてしまいます。

もう少し毒性の弱いものはないものかと会社内を探してみたところ、ありました!(どんな会社やねん!)


今回使うのは、酸性フッ化アンモニウム。
Edg01
酸性フッ化アンモニウムはフッ化水素より毒性が弱いとはいえ劇物なので、注意して取扱います。

酸性フッ化アンモニウムは結晶状ですが、ガラスエッチングに使うためには液状にする必要があります。
しかし、濃度をどれくらいにしたらいいのかわからないので、ひとまず10%の水溶液を作って試すことにしました。

酸性フッ化アンモニウムを水に溶かすと吸熱し、水溶液の温度が下がります。
温度が下がると溶けにくくなってしまうため、湯煎で暖めながら溶かします。
もちろんガラス器具は使えません。

Edg03

10%水溶液ができたところで、実際にガラスに塗ってみます。

ガラスに水溶液をたらし、スタート。
(赤丸の箇所にたらしています)
Edg04

1分経過・・・
Edg05 
ちょっとガラスが白くなってきました。
水素ガスの臭いもしています。

3分経過・・・
Edg06
さらにガラスが白くなってきました。

5分経過・・・
Edg07
水素ガスの臭いがしなくなりました。

10分経過。
Edg08_2
ここで水溶液を拭き取り、水洗いします。

その結果、水溶液に接触していた一部のみが白くなり、かなりムラになってます。
Edg09

どうやら10%水溶液では濃度が薄いようなので、ざっとその4倍、40%水溶液を作りました。

また、液をそのまま垂らしただけでは水滴の端の部分から水分が蒸発して、だんだんと水滴の形が変わってしまいます。
これでは、狙った位置に均等にエッチングするのは難しいですね。

そこで、ティッシュペーパーを折ってガラスに置き、これに水溶液を浸透させることにしました。

折ったティッシュペーパーに水溶液を浸透させます。
Edg12

10分後、ティッシュペーパーを取り除き水洗いしてみると・・・
Edg13
適当にティッシュを折ったので気泡が入ってしまい、この気泡部分やしわの部分がムラになっていますが、ちゃんとガラスに触れていたところはきれいにエッチングされていました。

ということで、水溶液の濃度は40%にしましょう。


今度は実際に数字をガラスにエッチングしてみます。

今では見ることが少なくなりましたが、ドットプリンターのインクリボンを使いました。
ドットプリンターを使い、「CF6-0123456」と文字を紙に印刷します。

印刷されたインクリボンは文字の部分のインクが紙に転写され、ピンによってインクリボンに小さな穴が開けられますので、その部分だけ液体が通過できるようになります。

インクリボンはテンションがなくなるとしわしわになるので、軽くしわを伸ばしてからガラスに密着するように貼り付けます。
Edg14

ティッシュを分厚くするとムラになるので、2枚だけをリボンの上に置いて水溶液をしみこませました。
Edg15

10分後、ティッシュとリボンを取り除き、水洗いした結果・・・
Edg10
Edg11

きれいに文字が刻印されました!

実際に見るときれいに刻印されているんですが、写真に撮るのは難しいなぁ・・・


さてさて、ここまでやったんですが、実際に車のガラスにエッチングするかどうかは気分次第・・・(爆)


注意!
ここで使った薬品は法律で規制されているので、お分けすることはできません。

| | コメント (0)

2004年3月 4日 (木)

スピードを落とそう! なぜなら・・・

兵庫県内の某国道にあった電光掲示板。

Danger01

スピード落とそう

スピードを出すと危ないですもんね。

どこの道路にもあるスローガンです。











しばらくすると表示が変わり・・・












Danger02

「危ない」かもね


かもね~

って、危ないのか危なくないのかどっちやねん!(笑)

考えてるうちに事故しそう。

| | コメント (0)

2004年3月 3日 (水)

人のふり見て

日本人の二人に一人が携帯電話を持つ時代となり、マナー面でのトラブルも多くなりました。

身近な例では電車内での通話。
確かに他人の電話は気になるし迷惑です。

しかし、電車内ではマナーモードにしろとか電源を切れとか言われますが、誰も守ってはいません。

今日は社外の会議に出てたんですが、会議中の着信音も話の流れをブチ切るので迷惑なものです。
しかし、会議前に忘れずにマナーモードに設定する人も少ないようで、今日の会議でも華やかなメロディーが鳴り響いていました。

着信音が鳴ると、みんな一瞬 ドキっ! として自分の電話ではないことを確かめたあと、迷惑そうな顔で誰の携帯が鳴ったのか探しています。
鳴った人は恥ずかしそうにコソコソと電話を切ります。
周りの人は一応顔をしかめたものの、他人事ではありません。

「人の振り見て我が振り直せ」

みんな一斉に自分の携帯電話を取り出し、マナーモードに切り替えます。
まるで「やれやれ、最初に鳴らなくて良かったよ・・・」と思ってるみたい。

それならいっそのこと、会議が始まった直後に主催者がわざと携帯を鳴らして、マナーモードへ切り替えさせる、って方法はどうでしょ?

「人の振り見て・・・」といえば、ズボンのファスナー。
そう、俗に言う「社会の窓」!

例えば、電車内でファスナー全開の人を見つけます。

「うわ、あの人チャック全開だよ。プププ・・・」

なんて思いながらも、手は自分のズボンのファスナーに伸びていて、開いていないか確認してます。

「ファスナーよし!」

これで安心して笑えます。

そしてこれを読んだあなた!
今、ズボンを確認しましたね?(笑)

| | コメント (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »