« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月

2004年4月21日 (水)

あの幸楽のカップラーメンは至って普通

先日、スーパーへ買い物に行った時のこと。

インスタントラーメンの売り場に、あの「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽ラーメンが置いてありました。
Koraku

おっ、これは珍しい!
あの有名な幸楽のラーメンではありませんか!

ラーメン、ギョーザ、シュウマイ、チャーハンであれだけの従業員を雇い、なおかつ東大受験のために勉強中の息子まで出前に借り出さなければならないほど繁盛しているお店のラーメンとありゃ、買わない理由はありません。

売り場にあった醤油味とタンメンの2種類とも買ってみました。

フタを開けてみる。
醤油味はオーソドックスなもので、特筆するようなところはなし。
インスタントにしてはチャーシューが分厚いかなと思ったけど、半分以上が真っ白の脂身なので差し引きゼロ。

タンメンの方もこれといった特徴はなし。
見た目は両方とも非常にシンプルだけど、すこぶるウマイのだろう。
さもなければ、あんなに人気店であるはずがない。
ラーメンは味で勝負なのだ!

お湯を注いで4分待つ。
しかし、私のジャストタイムは3分50秒。
ん、このフレーズなんかのCMであったっけ?

てなことで、出来上がったラーメンを食してみます。

まずは醤油味から。

・・・・・

ん~ 普通の醤油ラーメン・・・
マズくはないけど、ウマくもない。ごくごく普通。
コメントのしようもない。

気を取り直してタンメンを。

・・・・・・・・・・・・

普通のタンメン(滝汗)
しかも先に食べた醤油味の方がまだウマい。

これでは聖子にイヤミの一つも言われるゾ!

どちらもサッポロ一番 そのまんま、てな感じでした。
橋田壽賀子はこのラーメンの味まで脚本したんでしょうか?
もしかして、これが橋田先生のお好みの味なのかも。

次は、ぜひとも「おかくら」の日本料理に期待しよう!

| | コメント (0)

2004年4月20日 (火)

お葬式での出来事

今日、お葬式に参列してきました。

といっても、組合関係でお付き合いのある方のお父様が亡くなられたので、ご本人の顔も名前も知らない、ぶっちゃけて言うと義理での参列。

あまりこういう席での面白い話をするもんじゃないのですが、あえて今日の出来事を書きます。

葬儀は集会場みたいなところで行なわれたんですが、我々一般参列者は当然後ろの方に座ります。
私の斜め前には20歳位の若い青年が座っていました。
ハタチそこそこでは葬儀に参列した経験が少ないのは当然ですが、その彼は決して悲しみにうちひしがれているわけではなく、どことなく緊張しているようでした。

読経中、彼はずっと数珠を両手にかけて手を合わしてます。
焼香が前から順番に回ってきて、その彼の番に。

普通ならここで左手に数珠を持ち右手で香をつまみますが、彼は数珠を両手にかけたまま両手で香をつまもうとしています。
(笑いこらえ度15%、まだ安全域)

次に両手でつまんだ香を、そのまま目の高さまで持って行き・・・
(笑いこらえ度30%、ちょっと頬が上がってしまう)

両手で香を香炉に落とそうとしましたが、数珠の房が香炉の中に入っているじゃないですか!
(笑いこらえ度50%、鼻の穴が大きく開く)

香炉へ香を落とし合掌しようとしますが、香炉から少し発煙が!
(笑いこらえ度70%、吹き出しそう)

彼は深々と合掌した後、両手で次の人へ焼香を渡しました。

香炉から出された房の先端は、少々短くなっております!
何とか数珠の炎上は免れたようです。
(笑いこらえるの限界、吹き出す寸前!)

私の所に焼香が回ってきた時には、私の目は真っ赤に潤んでいました。
決して悲しいからではなく、笑いをこらえるのに必死で涙目に・・・

重々しい雰囲気の中では、面白さが倍増してしまいます。

私は、彼が数珠の房が短くなったことに気が付いているのかを確かめる術もなく、その場を後にしたのでした。

| | コメント (0)

2004年4月14日 (水)

オロナミンC と思いきや、また!

以前、黄色いドラッグストアでオロナミンCのバッタモンがありましたが、また新手のバッタモンが登場しました!!






その名は・・・







Cos01

コスモミンC


これも、ラベルのデザイン、色使い、文字のフォント、瓶のブツブツ感とそっくりに出来てます。

Cos02

やはり外見だけではなく、味、色、香りまで同じでした。

しかも、『ミンナミンC』と同じ会社だョ!

Cos03_2 

ちなみに値段は、ミンナミンCと同じく、オロナミンCより10円安かった。

| | コメント (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »