« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004年5月26日 (水)

ラーメン屋のおしながき

昨日、とあるラーメン屋に入ったときのこと。

注文してラーメンが出てくるまでの間、ボーっとテーブルの上を見てると、メニューにちょっと違和感を覚えました。

Wakayama

ごくごく自然に置かれていたので、全く気付きませんでした。

ただ、この違和感の原因は何だろうと?よ~く見てみると・・・



!!



これ、MENU じゃなくて NENU って書いてあるよ!

店の中を見渡すと、すべてのおしながきがNENUでした(笑)

| | コメント (0)

2004年5月16日 (日)

ものさし

日本女子バレーのアテネオリンピック出場が決まりました。

韓国、イタリアなどの強豪に勝ち手にしたもので、見ていて非常に気持ちがいい。
これからはオリンピックでベンチ入りする選手選びがし烈を極めそうですが、本人も周りも納得の行く選考をして欲しいね。

先のマラソンの代表選考ではいろいろと物議がありましたが、週刊誌によると、いまだに陸連に高橋落選に対する投書があるという。

これは、きちんとした「ものさし」が示されなかったために起こったものでしょう。
日々努力を重ねている本人が納得できる基準を明確にすることが重要で、それがモチベーションにつながっていく。

これはなにもスポーツに限ったことではなく、サラリーマンでも同じこと。
今流行の成果主義、能力主義といった人事制度も、大半は「ものさし」が示されないまま行なわれていることが多いという。

「ものさし」を決めるのも簡単ではないが、やはり何か基準になるものがないと、ベクトル合わせが出来ないと思う。

| | コメント (0)

2004年5月 9日 (日)

呼び出されて献血をする

昨日、赤十字から電話で献血のお願いをされ、今日、行ってきました。

約束どおり朝一に献血ルームへ行くと、「おそくじ様ですか?」とお待ちかねだったみたい。

既に4、5人が受付を済ませ検査待ちしてましたが、それをフッ飛ばしてすぐに検査、5分後、検査結果が出ると献血開始。

献血中テーブルを見ると、献血依頼の用紙が置いてありました。
どうやら今日献血した血は午後に血液センターへ運ばれて検査、明日の午後に病院へ運びすぐに手術に使われるようです。

手術を受けるのはB型の男性らしいのですが、私はA型。
血液型違うのに輸血してええの?と聞いたら、輸血するのは白血球なので、白血球の型が合う人から輸血するんですよ、と教えてくれました。

必要量を採取し、献血終了。
いつも頂く記念品の他に、もうひとつ記念品をいただきました。

献血した後の使い道がはっきりすると、人のためにええことしたなぁ~と実感しますね。

| | コメント (0)

2004年5月 8日 (土)

献血の呼び出しを受ける

今日、赤十字血液センターから電話があり、私の血が至急に必要なのでいつ献血できるかと尋ねられました。

私は「献血登録者証」を持ってます。
登録をするとどんな情報がストックされるのかは知りませんが、少なくとも私がどんな血液を持っているかは把握しているみたい。
その情報に基づいて必要な血液の持ち主をスクリーニングした結果、私が選ばれたようです。

残念ながら今日は仕事なので明日なら行ける旨を告げると、「何時頃おみえになられますか?」と聞かれます。
かなり切羽詰まってるんでしょうか、ここまで頼りにされては仕方ないので、朝一番で行くことに。

「いつものように受付すればいいんですか?」と聞くと、「血液センターの○○(電話主の名前)から電話があったことを伝えて下さい。わかるようにしておきます。」とのこと。

まさか明日献血ルームに行ったら、注射器抱えて待ってたりして?(笑)

それにしてもなぜ私が選ばれたんでしょう?
自分がどんな血を持っているのか気になるぞ。
心当たりといえば、サイトメガロウイルスに感染していないことぐらい(サイトメガロウイルスについては、他のサイトを参照くだされ)。

さて、明日はどうなるんでしょう?

| | コメント (0)

2004年5月 7日 (金)

あまりにもバレバレな怪しい電話

今日、会社にこんな電話がありました。

男:「ゼンニックウです。
 実は特割20でチケットをご予約頂いたんですが、私のミスでお名前をど忘れしてしまいました。お名前を確認したいのですが、特割20をご利用なので20歳代の独身の方だと思うんですが、お名前を2,3人挙げて頂きましたら思い出すと思うので、心当たりのお名前を言ってもらえませんでしょうか?」


思わず名前を言いかけましたが、もし全日空なら予約で名前を聞き漏らす訳はない。
名前を聞き出すにはあまりにも幼稚すぎる手口なので、ちょっくらとぼけて相手することに。

私:「はぁ~ちょっとわかりませんが・・・」

男:「おとなしい感じの声の方だったんですけど、お名前わかりませんでしょうか?独身の方なんです。」


私:「独身ですか? え~っと・・・」

男:「適当に何人か名前を挙げていただければ思い出します」

私:「たかぎぃ、なかもとぉ、かとう、しむらぁ、そんで~ いかり・・・」

男:「
ガチャン!

電話切りやがった!

その後、念のため全日空へメールを送ったら、
特割20はございません。ご連絡ありがとうございました。
と、返信がありました。

同僚にこのことを話すと「俺ならたぶん引っかかる」だって。
皆さんもお気を付け下さいませ。

| | コメント (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »