« 第1回地域子ども教室 | トップページ | 安全監視員講習&第2回連P役員会 »

2005年5月22日 (日)

ANAのB777-300はJALより狭かった

最近、不祥事続きのJALに不安を覚えた訳ではないけれど、久しぶりにANAに乗ってみた。

乗った機体は777-300。
これは双発機なのにジャンボ機並の客を乗せることが出来るので、騒音問題で4発機の乗り入れが制限されている伊丹便に747の代替として増えています。

長い間JALしか乗っていなかったんですが、ANAの777-300に乗ってふと思った。

「なんでこんなに狭いんだ?」

横方向が明らかに狭く、まさにすし詰め状態。

この時は気付かなかったけど、あとで調べてみるとその理由がわかった。
JALは3-3-3の横9列なのに対し、ANAは3-4-3の10列で座席1つ多い。
機体の幅は同じだから、当然狭くなります。

不安のまま乗るのも嫌だけど、すし詰めも勘弁して欲しい。

JALのいろいろなニュースを集めると、1:29:300の法則の29はもう満たしているような気もしながら、来週のフライトはJALを予約しました。

|

« 第1回地域子ども教室 | トップページ | 安全監視員講習&第2回連P役員会 »

乗り物@飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回地域子ども教室 | トップページ | 安全監視員講習&第2回連P役員会 »