« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月26日 (水)

老夫婦の乗客、バスを乗り間違える

最近、名古屋への出張にはJRの高速バスを利用しています。
先日の出張で、この高速バスに乗ったときのこと。

名古屋行きの高速バスは、大阪駅を出発後、千里ニュータウン、名神茨木、名神高槻・・・と止まっていきます。

名神高槻から、七十過ぎの夫婦が乗ってきました。
この夫婦は荷物を網棚へ載せようとするのですが、なかなかうまく載せることが出来ません。
バスは車内事故防止のために客が着席するまでは動かないから、この老夫婦が座るまで発車しません。

もたもたしてたけどようやくのこと席につき、バスが発車します。

発車して間もなく、ジイさんが座席の手すりに腰を掛け、通路に半身を乗り出す形で前方を見ています。

「危ないな~ 子どもみたいなことするなよ」
と、思いながら見ていると、バスは次の大山崎に着きました。

するとこのジイさん、おもむろに運転手のところへ行くと、こう言った。

「このバス、金沢行きじゃないんですか?」

う~わ、このジイさんら、バスを間違えてやんの!

「名古屋行きですが・・・」
運転手も驚いた様子。

どうやら阪急バスの金沢行きに乗るはずだったらしい。

運転手は携帯で阪急バスに電話をしています。

「そちらの金沢行きに乗る予定のお客様が間違えてご乗車されまして・・・」
「今、大山崎のバス停に停車しているんですが、そちらのバスはどこを走っていますか」
「えっ、そしたらこのバスの前に居るんですか!」

・・・って、この老夫婦、バスに乗り遅れてるやないか!

関西圏から名神を走る高速バスでは、たいてい多賀SAで休憩を取ります。
運転手が一人だと、2時間以上連続で運転が出来ないから。

結局、多賀SAでの休憩で、金沢行きのバスが待っていてくれることになりました。

その後もこのジイさん、多賀SAまでの道中、不安だったのか半身を乗り出して座っています。

2410

多賀SAに着くと、向こうのバスの運転手が迎えに来ました。
この老夫婦、せっかくの旅行がいきなりのハプニング。

おかげでバスは15分遅れ、我々も迷惑を被ったのでした。

| | コメント (0)

2005年10月19日 (水)

地方の高校生はタチが悪い

先日、出張先で時間を潰すためにマクドナルドに入りました。

コーヒーをすすりながら辺りを見回してみると、壁に貼られたポスターが目に入る。

2409

このポスターにはこう書いてあります。

○お客様へお願い○
未成年者の喫煙は堅く、お断りします。
持ち込み商品の飲食は堅く、お断りします。
その他、客席でのお化粧・大声で騒ぐ 客席で眠る等
まわりのお客様の迷惑となる行為は禁止しております。

マクドナルドでこのようなポスターは始めて見ました。

こういうポスターが貼られているということは、ここに書かれたことは現に行なわれていると推測できます。
それも1回や2回では、こんなポスターを作る訳もないだろうから、そこそこの頻度でしょう。

まあ最初の喫煙については、正直どこでもあることなんでしょう。
2つ目の持込みは、もし持込があってもマクドナルドで商品を買った人が持参した飲み物を飲んでいるくらいなら許容範囲内でしょうが、このようなポスターに書かれているということは、そんな持込の仕方ではないと思われます。
3つ目の大声で騒ぐというところを見ると、一人で来店した客ではないないでしょう。
一人で大声で騒いでいたら、逆に恐い。

ついのところ、このポスターから伺えることは、
「何人かのグループで来店した輩が客席で大声で騒いでいた。
そのグループを見ると、タバコは吸うわ、化粧をしてるわ、中には寝てるやつもいる。
しかもカバンの中からお菓子を取り出してつまんでいる。」
という光景が思い浮かびます。

これはズバリ、高校生のことだろう!

仕事で地方へ行く時によく電車に乗りますが、下校時刻にかち合うと大変なことになります。
沿線の高校生の集団が大量に乗ってきて、車内で騒ぐわ、飲むわ、食ってるわ、床に座ってヘタすりゃタバコ吸ってるわ。
女の子は制服から私服に着替え、化粧を整えている。

もうやりたい放題、無法地帯。
特に私立高校はタチが悪い。

ローカル線ではワンマンが多いので、車掌はいません。
運転手は前を向いています。
恐らくこれが日常なのでしょう。

こんなのを見てると、都会の高校生の騒ぎようは可愛くも見えてしまいます。

| | コメント (0)

2005年10月12日 (水)

今だ大正時代と同じ方法で行なっている国勢調査

国勢調査、出しましたか?

9月末のある日、帰宅すると1枚の封筒が入ってました。
国勢調査の用紙でした。

用紙に目を通すと、世帯全員の名前からはじまり、勤務先、家の広さとかなり詳細に書くようになってます。
疲れて帰ったところで、こんなややっこしいものにすぐに回答する気にはなりません。

「なんやこれ、めんどくさいな~」

いつまでに書けばいいのか、いつ回収しに来るのかがわからなかったんで、そのまま放置していました。

そして先週の土曜、家に帰るとドアにメモが挟まってました。
どうやら国勢調査の用紙を回収しに来たみたい。
これは、出すまでしつこくやって来ることは容易に想像できます。

うっとうしいので、用紙に未記入のまま出してやることに。
一応封筒に付いている両面テープで封をしましたが、こんなテープじゃいくらでも開封できそう。

ニセ調査員に用紙を騙し取られるなんて事件も多発してるし、学校の連絡網ひとつ作れない程、個人情報保護に関心が高まっているこのご時世に、なんともお粗末な調査方法なのでしょう。

私は国勢調査に反対している訳ではありませんが、いまだに大正時代のやり方をしているようではダメだろう。

ん、まてよ。
用紙や封筒を印刷するだけでも相当な数になります。
やはりここにも利権が絡んでいるんでしょうか?

| | コメント (0)

2005年10月 5日 (水)

PTA会長をやって良かったこと

先日、小学校の運動会がありました。

運動会では例年、PTA会長の挨拶がありましたが、今年から挨拶はなくしました。
これで次の会長さんの負担も、ちょっとは減るでしょう。

PTAの会長になったと言うと、ほぼ間違いなく「大変だねぇ」と返ってきます。
まあ大変といえば大変ですが、やってやれないこともないかな。
いろんな会議に時間を取られるのが一番大変かも。

こんな大変な役職ではありますが、少なからずいいことも。
何の努力をしなくても、ご近所のママさん達と仲良くなれます。
すると、普通のオヤジでは知ることができないいろんな情報を入手できます(笑)

特に、よその家の事情はたくさん。
よくそんなこと知ってるな~と思うこと多々。
井戸端ネットワークは侮れません。

そして、各方面に知り合いが増えます。
特に地域の団体の人には、かなり顔が利くように。
うちの地元は、自治会などの地域団体の力がさほど強くなく、PTAでも対等に発言できます。

完全に村社会が出来上がっているところでは、たいていPTAは一番下っ端で、町内会には絶対に逆らえないところもありますが、幸い、うちはそうではありません。

近所に一人は居る、何かとうるさいオバハン。
嫁さんも以前、こんなオバハンから自転車置き場のことで文句を言われたそうです。
ところが今では「息子」扱い。
口うるさいオバハンも、味方になればこんな心強い人はいません!

運動会では、テント下の一番いいところに座れるので、ビデオ撮影には最適。
他の学校の会長さんとは、毎月飲み会がある・・・

とまあ、今思いつくことだけでこんなところ。

とかく敬遠されているPTA会長ですが、実際にやってみると、そんなに大変でもないんでないの?と思ったり。
「おばけ」を恐がっているのと同じかも。

私はほとんど学園祭のノリでやっています。

| | コメント (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »