« 福岡に来たら、やっぱり中洲の屋台でラーメンだよね | トップページ | ワールドカップ塗装の効果は? »

2006年7月27日 (木)

YS-11乗り納め

我が国唯一の国産旅客機、YS-11。

今はJACの定期便で使われているYS-11ですが、この9月末で引退することが決まっており、日本の空から消えることになります。

かつて、近距離路線ではYS-11がたくさん飛んでいましたが、当時はうるさい、せまい、揺れる、ということで好きではありませんでした。
しかし、なくなるとなると寂しいもんで、なくなる前に乗っておこうと何とも日本人的な思いにかられ、仕事のスケジュールを調整してYS-11に乗りました。(YS-11に乗るために仕事をスケジュールしたというのが正しい)

機体には「ありがとう日本の翼 YS-11」と引退塗装されており、また、機内では「搭乗証明書」をもらいました。

2494

乗客のうち、年配の方と航空ファンが半分くらいだったかな。

もうYS-11に乗ることはないでしょう。
いい記念になりました。

|

« 福岡に来たら、やっぱり中洲の屋台でラーメンだよね | トップページ | ワールドカップ塗装の効果は? »

乗り物@飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡に来たら、やっぱり中洲の屋台でラーメンだよね | トップページ | ワールドカップ塗装の効果は? »