« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

新幹線グッヅをいただいた

この前の東海オフミで、がすやさんからいただいた新幹線グッヅ。

Shin

700系、ドクターイエロー、N700系のうちわとファスナーマスコット、山梨リニアの液晶クリーナー。

マニアな心をくすぐられる品ばかり(笑)

がすやさん、ありがとう (^o^/~~

| | コメント (2)

2006年9月28日 (木)

幼稚園のお誕生日会を見に行く

今日は次男の幼稚園で9月生まれの子の誕生日会があり、仕事を休んで見に行った。

息子は朝からハイテンション。
自分のためにオヤジが幼稚園に来てくれるというのが嬉しいらしい。

朝、幼稚園バスへの送り出しも
「お母さんは来なくていい」
なんて言うもんだから、私一人で送ります。

集合場所ではやはり、他のお母さんたちから「奥さんどうかしたんですか?」と心配されましたが、事情を説明すると「そりゃ楽でいいかも。ハハハ・・・」なんて。

誕生日会では、朝のハイテンションはどこへやら。
むちゃくちゃ緊張している。
本番に弱いタイプなのかもしれません。親に似て・・・(^_^;

Barth

帰ってきてから撮ったビデオを見せると、ガチガチの自分を見て恥かしかったみたい(笑)

| | コメント (0)

2006年9月27日 (水)

今日のお昼は生姜焼きとクリームコロッケセット 『洋食寅八軒』@東京・上野

今日のお昼は、上野駅アトレにある『洋食寅八軒』で、ポーク生姜焼き&クリームコロッケセットでした。
Lunch

クリーミーなコロッケと柔らかな生姜焼きはもちろん、洋食屋には欠かせないスパゲティもとてもおいしくてGOOD。

店員さんの接客もとても丁寧で、お皿に乗った料理がちゃんと正面に向いていないといって修正してくれるほど。
正面を向いていないといっても、言われなければわからないくらい、ほんとちょっとだけ。

ただ、ランチにしてはいいお値段だったけど、それだけのことはあるかもね。


洋食寅八軒 アトレ上野店
東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野2F
アクセス: JR上野駅コンコース アトレ上野2F
営業時間: 11:00~23:00 (定休なし)
TEL: 03-5826-5829

| | コメント (0)

2006年9月26日 (火)

成田行きの飛行機はただいま燃料補給中

今日は東京へ出張。

只今、伊丹空港で成田行きの飛行機を待ってます。

成田行きといってもこれから海外に行くのではありません。
成田空港から近くの客先へ行くために、わざわざ羽田から陸路を行くより、成田へ降りたほうが便利で安いんです。

ただ、ロビーで待っている客は、いかにもこれから国際線へ乗り継ぐ人ばかりですが・・・

これから乗る飛行機は、今、燃料を入れてます。
Ja602j

「東京」出張といっても都内だけで済むことはまずなくて、正確には「関東」出張と言った方がいいのかも。

本日は、午前中茨城県下総地区で仕事して、昼から千葉の稲毛区へ行き、夕方都内へ戻り打合せ、晩は取引先の方と食事して、大宮で泊り。

明日も午前中さいたま市内、午後は都内で打合せ2件。

ハードなスケジュールが待ってます(汗)

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

SPDシューズ購入&ペダル装着

シマノのwebサイトでチェックしたショップへ、SPDシューズを見に行った。

やはりフィッティングサンプルが置いてあるだけに品揃えは豊富。
店員さんに声を掛け、狙いのシューズ(SH-MT20D)を見せてもらいます。

ただのスニーカーにしか見えないところがいいと思ってたんですが、改めて見てみるとちょっと地味かも。
それに、MT20Dはヒモ靴なので、もしヒモが解けるとチェーンに絡まることがあり、危ないそうです。

確かにそうかもしれない・・・
それでサイクルシューズはヒモ靴が少ないのか!

という訳で、他のシューズをいろいろと見せてもらった結果、ヒモ靴に保護用のバンドがついたSH-FN20を買いました。
Spd03

歩きやすくコツコツといわないので、ちょっと寄り道した時でも大丈夫。

サイズは、普段27cmの靴を履いていますが、28.5cm相当でなければキツかった。
まさか1.5cmも大きめのサイズになろうとは・・・
フィッティングしといて良かった!

さらに、「インソールを換えるとすごく良くなりますよ」と、甘い言葉を掛けられ試し履きすると、これがすこぶるよろしい!
結局インソールも購入し、シューズ代は当初の予算の2倍以上になってしまいましたが、仕方がないね。


ショップから帰る道中、SPDペダルを頼んでいた自転車屋から、ペダルが入荷したと電話がありました。
早速、自転車とシューズを持って行き、ペダルを取り付けもらいます。

シマノ、PD-M324。
Spd01
ペダルの片面は、真ん中にスキーのビンディングのようなSPDが付いてます。

もう片面はフラットになっていて、普通の靴でも乗れるようになっている。
Spd02

シューズの底にクリートを取り付け、このクリートとペダルが合体する仕掛け。
Spd04

ペダルとクリートを取り付けた後、セッティング。

まずは靴を履かないでペダルに付け、ステップインの仕方と外し方を教えてもらいます。

「つま先から金具を入れて、軽く踏み込むとロックされます。外す時はかかとを外側へ向けて下さい。」

「ふむふむ・・・」

次に実際に靴を履いて練習。

「では、さっきと同じようにペダルに入れてください。」と言われましたが、

「ほへ? どこにクリートがあるかわからへん。」

ペダルのSPDの位置は見たらわかるけど、靴底の金具の位置がどこにあるのかは見えません。

「えぇ~い 適当に入れてやれ!」とやってみたら、

「あ、これで入りました」

もう少し入ったときの感触があると思ってたので、「これで本当に入ってるの?」といった感じ。
足を上げてみるとペダルがくっついてくる。

スキーのビンディングと一緒で、開放するときのスプリングの強さを調整することができます。
弱いとすぐに外れてこげなし、強いと立ちゴケの危険性がある。

とあるサイトで、「最初はスプリングの強度を一番弱くして慣れましょう」と書いてあったんですが、聞いてみると「一番弱くするとすぐに外れて足がすくわれるから危ないですよ」とアドバイスをいただく。
実際に一番弱くしてみたけどもっと強くしても大丈夫そうだったので、中間より少し弱めに調整してもらいました。

あと、クリート位置の調整。
どうやら、私はややつま先側でペダリングしていたらしく、クリート位置を一番つま先側にしてもちょっと内ぎみのような感じがします。
まあ、シューズのクリート位置が正しい場所だろうから、これで慣れることにしよう。

これら一連の調整のために何回かステップインを繰り返しましたが、そのうちすんなりできるようになりました。


さて、今朝の通勤からSPDデビュー。

ペダルの付け外しは特に問題なし。
足がペダルに固定されているので、普通のペダルとは違って「引き脚」を使うことができます。
普通はペダルを上から下へ踏み込んでこぎますが、足が固定されているのでペダルを下から上へ引き上げるペダリングができる。
それに、「踏む」「引く」といったペダリングではなく、ペダルを「回す」感覚がわかりやすくなったと思う。

ものすごく楽に走ることができ、特に上り坂ではその差歴然。
4ストエンジンを2ストに変えたようなもんかな。

でも、今までとは違った筋肉を使っているようで、調子こいて飛ばしていると道半ばにしてスタミナ切れ・・・
太ももの内側が筋肉痛になりそうな気配。
こりゃしばらく筋力アップとスタミナが命題となるだろう。

いろんな筋肉を使うので、汗をかく量が全然違います。
会社からの帰りはずっと上りなので、家に着いたら汗が滝のように流れてる。
消費カロリー2割増ぐらいしてるかも?

とにかくガンバリマス!

|

2006年9月24日 (日)

電車はなぜ脱線しないんでしょう?

突然ですが、電車はなぜ脱線せずにカーブを曲がれるのでしょうか?

今日、小学校で「地下鉄教室」があり、息子と一緒に行ってきました。

講師は、大阪市交通局の現役の技術の方。

はじめに、大阪の地下鉄が昭和8年に開業した頃の話。
今ではあたりまえになっている、車内の「次駅案内表示装置」や、車両の連結部に転落防止のための「安全畳垣」などが、この当時すでに設置されていたそうです。

子どもにとっては少々たいくつ(大人は興味津々)な話の次に、なぜ電車は脱線しないのかの実験。
まず渡されたのが、両端を削った鉛筆と4本の割りばし。
R01 R02

割りばし2本を重ね、そこに残りの2本をレールのように並べ傾斜をつけます。
並べた割りばしをレールに、鉛筆を車輪に見立てて、割りばしの上に鉛筆を置きます(鉛筆はあえて少し斜めに置く)。
R3

その鉛筆を転がすと・・・

R04_2

鉛筆は、割りばしから落ちそうになりますが、落ちそうになるとクルっと向きが変わり、蛇行しながら転がり続けます。
R05_2

落ちそうになるとまた向きがかわり、割りばしの上をフラフラと転がっていきます。
R06_1
結局、鉛筆は最後まで割りばしから脱線することなく、下まで転がります。

これが、電車がレールの上を走る原理。
鉛筆を削ると、削った面が円錐状になります。
両端が同じ円錐状だと、車輪がどちらかに振られると左右に円周の差が生じ、向きが勝手に変わります。
これと同じように、電車の車輪にもレールとの接地面に傾斜が付けられています。

次に割りばしを組み合わせてカーブを作り、同じように鉛筆を転がしてみました。
R07

割りばしがカーブしていても鉛筆は軌道修正を繰り返し・・・
R08_1

落ちそうになるが落ちないまま・・・
R09_1

結局、最後まで脱線せずに転がりました。
R10_1

これを踏まえたうえで、もう少しきちんとした模型を使って、電車がカーブを曲がるしくみについて教えていただきます。
R11

急カーブで、片側のレールの内側にもう1本レールが敷いてあるのを見かけますが、この補助レールによって脱線するのを防いでいます。
さらに鉄橋には、両側のレールの内側にさらに2本の補助レールがありますが、これも脱線を防ぐためにあるそうです。

大人も子どもも、「へぇ~」と関心しまくりの、非常におもしろい教室でした。

| | コメント (0)

2006年9月23日 (土)

リズム天国にハマってる

今、リズム天国にハマってます。

Rhythm01

パラッパラッパーのような、リズムに合わせてボタンを押す音ゲー。
しかし、パラッパラッパーより単純で、ほとんどがAボタン一つで済んでしまいます。

リズムに合わせてボタンを押すだけという単純明快なルールと、シュールで脱力系のイラストがなんとも面白い。

"リズムに合わせて操作する"という感覚では、なかなかうまくいきません。
体でリズムを刻んでやらないとゲームを進めていくのは難しく、ゲームによっては、画面を見ないで体で刻んだリズムのみでやった方がいいものもあったり。

48種類のゲームがあり、どれだけリズムを外さずに出来たかを3段階で評価されます。
「やりなおし」が出ると、クリアーできません。
「平凡」と「ハイレベル」でクリアーでき、「ハイレベル」でクリアーするとメダルがもらえます。

すでに、すべてのゲームをハイレベルでクリアーしメダルを全部集め、現在、全ゲームパーフェクトを目指し、日々奮闘中です。

また、どれだけリズムにノッてるのかを「ノリ感」という数値で表されます。
リズムにノッてクリアーすると数値が高くなり、リズムを外すと低くなるんですが、ただ今のノリ感は106。
Rhythm02_2

このゲームは家族全員ハマっていて、子どもも二人とも楽しんでます。
本来はもっとノリ感は高いはずなんですが、次男がやった時には必ずノリ感が下がってしまいます。
まあ、こんなことで怒っても仕方がないので、自由に遊ばせてますが(^^;

また、「リズム感チェック」という、まさにリズム感を測定してくれるゲームもあります。
ちなみに私は81.4点でした。
Rhythm03

リズムに合わない時は、たいてい少し早く刻んでいるようでした。

ここ最近、このゲームの曲が鼻について離れません(笑)

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

SMAPのコンサートのお留守番

今日は、大阪でSMAPのコンサートがあります。

去年はチケット3人当たったので子どもも私も見に行けたんですが、今年は残念なことに1人しか当たらなかったので、姪っ子と嫁さん達が見に行って、男どもはお留守番。

しゃーないから、晩飯にすしでも食いに行こか・・・

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

SPDシューズの取り寄せができない?!

昨日発注したSPDペダルとシューズのことで、今日、自転車屋から電話が掛かってきました。

どうやら、注文していたSPDシューズが入らないらしい。

くわしく聞いてみると、「SPDシューズだけ納期がいつになるのか全くわからない」ってことでした。

自転車屋から部品屋へ注文したところ、SPDペダルはOKなのにシューズだけはメーカーから仕入れることができないそうです。
何で同じメーカーなのに、ペダルはOKでシューズはダメなのかはワカリマセン。

そこで、この部品屋が別の部品屋へ手配したところ、取り寄せることはできるけど、また別の部品屋へ発注することになるので、納期がいつになるのかわからないそうです。

仲買いが別の仲買いへ注文して、その仲買いがまた別の仲買いに注文して・・・ とワケわからん!
こんなんじゃ、定価で買えるのかさえわからない。
仮に定価で買えたとしたら、いったいいくら流通マージンが乗っかっとるんじゃ!と言いたくなります。

納期がいつになるのか問い合わせても、その答えすらいつもらえるかわからず、いつ答えがもらえるかもいつのなるのかわからない・・・

あ゛ーーーええ加減にせぇ!

という訳で、シューズだけキャンセルしました。

通販で安くシューズを売っていることはわかってるけど、買った後のセッティングもしてもらいたかったので、値段が高くなることを承知の上で全部まとめて買うことにしたのに、これじゃあ最初から通販で買っといたら良かったヨ。

仕方がないので通販サイトへ行ってみました。

通販サイトにはレビューが載ってありますが、どうやらこのシューズは表示サイズよりもかなり小さめで、みなさんサイズが合わなくてすぐに買い換えています。
だいたい1センチぐらい大きめのサイズを買った方がいいらしい。

ジャストサイズのシューズを注文していたので、これは不幸中の幸い。
危うく、きついシューズを履くはめになるところでした。
やっぱり最初のアドバイス通り、フィッテングをして選べばよかったみたい。

シマノのサイトへ行くと、フィッテングサンプルのあるショップのリストがありました。
今度の休みにでも近くのショップへ行って、試し履きしてこよ~っと。

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

ルイガノに乗って1年経った

通勤の足、ルイガノに乗って1年が過ぎました。

Lg

最初はまたぐだけでもしんどかったけど、慣れてしまえばものすごく乗りやすい。
この1年でだいぶ脚力もついた感じ。

自転車の方は、多少キシミとネジに錆が出てますが、この値段の自転車なら仕方がないのかも。
乗り始めた当初はリムの振れが頻発したけど、最近は落ち着いたかな。

先週ぐらいから、リアタイヤの空気がじわじわと抜ける症状が出ています。
空気を入れるとちゃんと入るんですが、2~3日経つと手で押さえるとヘコむくらいに抜けてます。
パンク防止剤を入れているから一気に抜けないのかな、と思いつつ自転車屋へ。

すると、パンクではなく、バルブの虫ゴムが劣化していたようなのでこれを交換。
その後、空気の抜けは治まったみたい。


ついでに、SPDペダルに交換したいな~と思ってたので、相談してみました。

スキーのビンディングのように靴とペダルが引っかかるペダル。
どのペダルにするかはだいたい決めてあって、シマノのPD-M324にしようかなと思ってます。
SPDの入門モデルみたいなPD-M545やPD-M424も考えたんですが、ちょっとゴツくてクロスバイクには合わないようです。

SPDペダルには専用の靴が必要で、どの靴にするかは実際に履いてから選んだ方がいいらしい。
そこで、大きなショップへ見に行ってみると、靴はたくさん並んでたんですが、1種類につき1サイズしかなかったり、靴がラップで巻かれてあったりして、試し履きができませんでした。

「サイズ等スタッフにご相談下さい」と貼り紙がしてあったけど、声を掛けちゃってそこで買わなくてはならない雰囲気になっても困るので、ひとまず見本だけで選ぶことに。

歩きやすいのがいいのであまり硬くなく軽いもの、雨の日には乗らないのでメッシュ地で通気性が良さそうなもの、見た目が派手じゃないもの、あと値段も勘案して、SH-MT20Dが候補かな。

いつもの自転車屋に戻り相談すると、「最初はこのシューズでいいですよ。他のは硬いし値段も高くなるので、まずはこれで慣れましょう。」とアドバイスをいただき、ペダルとシューズを発注しました。

SPDペダルにするとかなり楽に乗れるらしいんですが、脚力がついていけるかどうかちょっと不安・・・

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

狂牛病とは、実は人間が牛肉に狂気する病気かも。

吉野家で牛丼が復活したニュース映像を見て思ふ。

そこまでして、吉牛食いたいか?

牛丼を食うために徹夜したヤツもいるそうな。
彼らが吉野家の牛丼食っても、こちらには何の迷惑もかからないので別に構わないけど。

アメリカ産牛肉の安全性については、疑問視する声が大きい。
安全性に疑問が残ったまま、アメリカの仰せのとおり政治的に決着してしまったのは周知の通り。

吉野家のサイトを見ると、お役人が発している言葉を引用し、アメリカ産牛肉は安全ですと謳っています。
かたや、すき家のサイトでは、独自にアメリカへ赴き現地調査をした結果に基づき、アメリカ産牛肉は安全ではないと言ってます。

どちらを信用するかは人それぞれで結構ですが、たとえBSE感染牛でも特定危険部位さえ取り除けば安全だと言われて、「はい、そうですか」と受け入れる人がいるもんかね?
総理大臣やアメリカ大統領たちに、BSEに感染してよだれダラダラ、足元プラプラな牛を彼らの目の前で特定危険部位を取り除いて、残った「安全な肉」をバーベキューにして食わせてやりたいね。

しかしながら、アメリカ牛肉を受け入れざるを得なかった事情もあるのでしょう。
「牛肉買わなかったら、どっかからミサイル飛んできても知らないよ」
とか、
「狂牛病を発病してもアメリカ産牛肉が原因と立証する術はないから大丈夫」
とか、
「病人増えれば医者や製薬会社も儲かり、自民党の支持団体である日本医師会にもいい思いさせられる」
とか?

まあ、牛肉だけ気にしても仕方がないくらい、危ない食品添加物が氾濫しているというのが、本当のところなのかも。
例えば、安全とされているオーストラリア産の牛肉を使って牛丼を作っても、ご飯に添加物を加えて古米にツヤを出してたり。

他にも、くず肉に添加物を混ぜてハンバーグにしたり、天然の砂糖でも、製糖する時にはたっぷり添加物を使ってます。

食品添加物は安全かどうかを調べたうえで認可されているじゃないか!
と言われそうですが、食品添加物を認可しているのも、アメリカ牛肉は安全ですと言ってるのも同じ役所なんだけどね。

「食品の安全」を掲げアメリカ産牛肉輸入に反対するのと、タバコ吸いながらディーゼル車の排ガス規制を訴えているのと本質的には同じかも。

でもやっぱり、アメリカ牛肉は食べたくないね。

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

夏休みの工作展を見てきた

地域子ども教室の会議で小学校へ行ったついでに、夏休みの工作展を見てきました。

我が自信作?! センタクバサミザウルスも堂々と飾られてます。
Obj01

と思ったら、学校の広いテーブルに置かれると、あまり堂々ともしていない・・・
家で見るのとスケールがちょっと違う。

本当に息子が作ったのは、こっちのセンタクバサミの家。
Obj02

つまようじで窓も作ってあり、テラスにあるイスもいい感じ。
これもなかなかの出来だと思う(親バカ少々)。

ところが、他にもいい作品が揃ってます。

センタクバサミザウルスが迫力で負けたのが、このひまわり。
Obj03_1
高さ約50cm。
思わず「どうやって持ってきたの?」と言ってしまう程の大きさを誇るこのひまわりは、花や葉の部分は全て紙で作られていて、枝は針金を使ってます。
カゴも紙を編んで作ってあり、見事な出来栄え。
まるで大人が作ったような・・・いや、大人でもなかなか作れないよ。
これは夏休み中かかって作ったんでしょう。

このビーズで作ったお人形も質良く仕上がってます。
Obj04

これは、からくり貯金箱。
Obj05
黄色い小鳥のところから硬貨を入れると真ん中のハートの穴に落ち、小鳥とうさぎの手がワサワサと動く。
そして下からどんぐりが落ちてくる仕掛け。
ピタゴラスイッチみたいで面白い。

これらは全て女の子の作品。
男子はどうしたのかというと、雑くてありがちなものばかりでした。

そんななか、このあやつり人形?はきれいに作ってあった。
Obj06

料理のレシピをまとめた男の子もいました(名前の部分を隠してあります)。
Obj07

メニューは、ぎょうざ、肉じゃが、特製焼肉のたれ。
Obj08
将来、有名な料理人になったときのために、残しておいてね。

こんな優れた作品を見ていると、思わず「手抜き?」と感じてしまうようなものもあり・・・
Obj09
パラシュート(笑)

今年の工作は、ひまわりのスケールにやられてしまいました。
4年生なのにみんないいもの作ってくるよ。

やはり広い学校に置いても迫力が出るような大きさが必要かも。
だとすれば、来年のせんたくばさみシリーズは何にするかな?

| | コメント (0)

2006年9月17日 (日)

今日は東海オフミ、その前に敬老の集い

今日は東海オフミ。

台風の影響で天気が心配ですが、今のところ大阪は晴れてます。

オフミへ行く前に、今日は社会福祉協議会の「敬老の集い」へちょっと顔出ししなければならず・・・

ウチの市では、毎年、敬老の日前後の日曜日に、地域のお年寄りを集めて催しものをします。
実はこれの司会も頼まれたんですが、丁重にお断りしました。

さて、そろそろ出よっかな。

| | コメント (4)

2006年9月16日 (土)

コマなし特訓中 ほとんど乗れるかな

次男坊も5才になり、ぼちぼちコマなし自転車を乗れるようにしておこうということで、現在特訓中。

まだこぎ始めがおぼつかないけど、一旦こいでしまうと乗れるようになってます。

Byc01
しかも、カメラ目線で・・・(笑)

最初はうまく乗れずにグズってたけど、

ゆるい下り坂で足を上げたままうまくバランスが取れるようになる
→おだてる
ケンケンで走りはじめ、足を上げて乗れる
→おだてる
ゆるい下りでこいでみる
→おだてる

といった感じでおだて作戦が功を奏し、だいたい乗れるようになってきた。
とにかくおだてまくり。

ちょっと挫折しそうになった時は、仲のいい友達を挙げて「練習しないと○○くんに負けるで!」と言うと、闘志みなぎってくる。

コマなし自転車の練習といえば、親が自転車の後ろを持って、動き出したらしれ~っと手を離す、ってなことをしますが、低い子どもの自転車の後ろを中腰になったまま一緒に走るのはかなりしんどい。

でも、ゆるい下り坂で、はじめはペダルをこがせずにバランスを取る練習をじっくりすれば、ペダルをこがせても最初はちょっとフラフラするけどコケることはありません。
親も一緒に走らなくてもいいので、楽に練習できます。

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

間違いFAXが迷い込む

携帯電話はもちろん、家庭の固定電話にも電話帳が装備されるようになり、メモリーを呼び出して電話を掛けることが多くなりました。

このため、間違い電話をすることはかなり減りましたが、メモリーに入っていない相手へ電話をするような時、以前より間違えてしまうことが多くなったように思います。

間違い電話を受けた経験は誰でもあると思いますが、間違いFAXはどうでしょう。
間違い電話ほど頻度は高くないけど、間違いFAXもたまにあります。

間違いFAXのタチの悪いところは、FAXは正常に送信できなかった場合、自動でリトライするところ。

ここで、間違えられた相手が電話だったら、数分おきにFAXの鳴き声を聞かされてしまう。
FAXだったら、受信メモリー機能がなければ問答無用で紙に印刷されてしまいます。
受信FAXがメモリーされる場合にはリソースの消化のみで済みますが、いずれにせよFAXは正常に送信されているため、送信した側は間違った相手に送ったことに気付かない。


我が家にも、そんな間違いFAXが届きます。

一番多いのが、パン屋さんからの器具の注文。
おそらく電話番号がFAXのメモリーに登録されているらしく、ちょくちょく注文をいただきます。
しかも即納の注文がばかり。

あいにく我が家では、厨房器具は取り扱っておりません。
さらにパン屋にとって不幸なことは、送信した相手が「間違ってますよ~」と知らせてくれるようなお人よしではなかったために、このFAXは永久に放置されます。

正しい相手に送られてないので、当然、注文したものは納品されませんが、こんなことが何回かあれば確認もするだろう。
その確認すらしないパン屋側にも責任があります。


すごかったのが、防衛庁がらみのFAX。

某一部上場会社へ宛てたFAXで、その内容が「○月○日、△△県□□演習場で、新型ミサイルの実射試験を行ないます」といった内容。
しかも、実験の概要や新型ミサイルの仕様まで書かれています。

果たしてこれを「間違いです」と送信元へ知らせてもいいんでしょうか?

「おまえは重要機密を知ってしまった。生かしてはおけん!」なんて、新型ミサイルの的にされても困るので、これも放置することにしました。

というか、こんなことFAXでやりとりしてるのが大問題でしょう。
もし私が、日本海の向こうの某国の関係者だとしたら・・・


昨日、家に帰ると、某税理士協会からFAXが届いてました。

内容は、「9月13日、当会員の○○氏が逝去されました。告別式は・・・。会員連絡網で回覧のこと」と書いてあります。
いきなり見ず知らずの人の葬式の案内をいただいても困る・・・
もちろん私は税理士ではないし、税理士の知り合いもいません。

このFAX、どうしようかと考えました。
連絡網の途中で我が家へ迷い込んだらしく、もし連絡網の最初の方で迷い込んだとすると、葬儀の案内を回したのに参列者がほとんどなかった、なんてことになると氏は浮かばれないだろうし、それを恨まれて枕もとに出てこられるのも難儀だし、緊急に知らせた方がいい内容のものだったので、「間違ってませんか?」と書き入れて、電話に記録されていた送信元の番号へ送っておきました。

後になって、この送信元の番号をググってみると、Tという税理士事務所のFAX番号でした。
通常、FAXには送信日時のヘッダーが付きますが、このヘッダーをよく見てみると、はじめに税理士協会からT税理士へFAXが送信され、次に、このT税理士から我が家へFAXされている・・・

ということは、連絡網の2件目へ回らずして途絶えてしまったことに!

さて、次はどんなFAXが来るだろう?
パン屋の注文かな・・・

| | コメント (0)

2006年9月12日 (火)

誕生日プレゼントはDS Lite

次男が誕生日を迎えました。

プレゼントは何が欲しいか聞いたところ、ニンテンドーDSがいいらしい・・・(汗)

ちょっとお値段がお高い故、「おじいちゃんに言ってみ?」と実家へ電話させ、一緒に買いに行くことに。
じいちゃんばあちゃんの、高価なものをねだられる楽しみを取っちゃ悪いから、なんて(笑)

DSといっても、当然DS Lite。

色が何色かありますが、息子が選んだのはピンク
Dsp

誰もが「男の子がなんでピンクなんだ?」と思うでしょう。

私もはじめは驚いたんですが、よくよく考えてみると、男=青、女=ピンク いうのは、常識にとらわれた大人の考えに過ぎないのかもしれない。
本人がピンクがいいといえば、たとえチ○チンが付いていてもピンクでいいのだ!

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

ソフトボールの市長杯1回戦はサヨナラ負け

今日はソフトボールの市長杯1回戦。

相手は春の市長杯、夏の大会ともにベスト8まで行ったチーム。
2回戦までは1試合10得点以上しています。

試合前の練習を見ていると、おっちゃんばかりのチームでなんですが、こういうベテラン揃いのチームは足以外はそつのないゲームをします。
ピッチャーの球速ははっきりいって遅いんですが、逆に待てないで手が出てしまいます。


さて、我が方1回の攻撃。

1番、2番が出塁して、3番が外野へヒットを打つ。
サードコーチは「回れ」の指示でホームを狙いますが、好返球でタッチアウト。
次の4番もヒットを打ち1点入ったけど、ランナーがサードコーチの制止を振り切り暴走してアウト。
その後は、相手の変化球と好守備に阻まれ得点できず・・・

ウチのピッチャーも、豪打の相手打線に満塁までいくが最後に踏ん張り、得点させません。

1-0のまま試合が進み、最終回。
我々の守備の時、突然どしゃぶりのにわか雨が襲ってきます。

審判が試合を止めるかと思いきや、タイムをかけることなく試合続行。
ウチのピッチャーはボールがすべってしまい、きわどいコースを攻められなくなる。
そればかりか、ストライクを投げるのも一苦労。
フォアボールが続き、満塁になってもまだ雨が止まず、とうとう押し出しで同点。

これ以上のフォアボールは許されなくなり、ストライクを取るために真ん中に置きにいったところを打たれてしまう。

内野ゴロでバックホーム。
一旦ミットに入った球がすべるようにわずかにこぼれてしまい、ホームイン。

結局サヨナラ負け。
雨にやられてしまったような試合でした。

相手のチームの人も、最終回まで完封されこのまま負けるかと思ってたら、雨で勝てたようなものだと振り返ってました。
でも、我々も初回の走塁ミスがなければ勝っていた・・・  かも。

まあ、「たられば」の話をしても仕方ないけど、締まった試合をしていただけに残念。


個人的には、ツーベースを含むヒット2本。
ニューバットでいい感じに打てたかな。

これで今年の公式戦は終わり。
あとは練習試合をちょこっとこなすだけ。
まだまだ課題は多いけど、デビュー1年目にしてはそこそこイケたんじゃないかな。

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

ソフトボール用バットのレビュー

4月に買った、ソフトボール用のバット「ビヨンドマックス」。
2462_2

打球部がウレタン素材で出来ていて、手で押すとへこむぐらいに柔らかなバットですが、実際に使ってみたところ打感は良くなく、打音も「ベコッ」てな感じで言うほど飛距離も出ませんでした。

その後、売っぱらいました。

その代わりに買ったのが、ミズノ「テックファイヤー」の赤。
770gのミドルバランス。
Akatec

通称「赤テック」。
白いテックファイヤー(白テック)は人気のバットで、全日本女子ソフトでも使ってます。

770gは重たいかな、と思ったんですが、案外扱いやすいです。
打感はそこそこ、飛距離もそこそこってな感じ。
普通のバットに比べ、捕球間近に1mぐらい「ちょい」と伸びるかな。
ビヨンドマックスよりは相性がいいかも。

でも、これも売っちゃいました。


ミズノに見切りをつけ次に買ったのが、ウィルソンの「EVO」。Evo 

84cm/720gのトップバランス。
ネットでの評判もよく、価格もまあまあだったので買ってみました。

今までのバットはミドルバランスばかりで、トップバランスのバットはこれがはじめて。
握った瞬間はトップバランスのせいか、720gにしては重たいかな、と思ったんですが、すんなり振り抜くことができます。

最近のバットは高反発素材で飛ばすものと、バットのしなりで飛ばすものが主流ですが、EVOはしなりで飛ばすタイプ(といってもカーボン製なんで、竹みたいに ぐにょ~ っと曲がったりはしません)。

この前の練習で使ってみたところ、ものすごくいい!
グリップは握りやすく打感もいいし、よく飛びます。

苦手としているインコース高めの球もうまく巻けてファールにならないし、そして何より、芯を喰ったときの感触と飛距離は絶品。
芯を少々外してもそこそこ飛んでくれるし、打球の勢いが違います。

明日は秋の市長杯の試合がありますが、これで打ちたいな・・・


ネットを見ていると、EVOよりもさらに飛ぶバットがあるらしい。
ルイスビルスラッガーの「カタリスト」。
アメリカで「イエローモンスター」と呼ばれているだけあって飛距離がものすごいらしく、ネット上でも大評判。
ネガティブな記述は一切ありません。

そんなすごいバットを使ってみたいところですが、いかんせん実勢価格でも約4万円なのがツライ・・・
速球に手が出せないより前に、バットに手が出せない(泣)

まあ、技術がない分、金で解決できるところは金で解決するのもありかな・・・ なんて。

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

サイトをリニューアルしましたっ!

突然ですが、サイトをリニューアルしました!

サイトを立ち上げてから、主にクルマいじりの備忘録としてみなさまに公開していました。

しかしながら、近頃はクルマをいじる時間もなく、気力もなく、更新が滞っており、どちらかというと掲示板への日々雑感がメインとなっていました。

それならばということで、ブログをメインにリニューアルすることに。

このサイトを立ち上げた当初から掲示板へ日記みたいなことを書いており、まだ「ブログ」なんて言葉が知られる前からブロクをやってたようなものだと(自分だけで)思ってたり・・・(爆)

過去ログも2002年分からありますが、全部移行させるのもしんどいので、2005年4月から2006年9月5日までの記事をこちらのブログへ移しました。
但し、移行前にみなさんから頂いたレスは移行していませんので悪しからず。

コンテンツは以前のまま利用できますが、掲示板だけ場所が変わり、左サイドバーの「BBS」と書かれたところにあります。
記事に関係のない内容などにご利用ください。
記事の内容に関係なくても、適当な記事にコメントして頂いても構いません。

みなさま、これからもご贔屓に~m(_ _)m

| | コメント (0)

2006年9月 5日 (火)

パソコンを買ったけど、長いこと寝かせてます・・・

今使ってる"Dynabook G5"のメモリがぶっ飛んで、その後なんとか復活しましたが、それ以降、動作がもっさりになってしまいました。

ということで、新しいパソコンを買いました!

7月に・・・

購入してから2ヶ月が過ぎ、newパソコンはまだ箱の中で寝ています。

Paso

箱から出してもセットアップしたり、いらんソフトを抜いて今使ってるソフトを入れたりと引越しの作業が面倒なので、なかなか手が付けられず。

せっかく今年の夏モデルを買ったのに、もう秋冬モデルが出る頃。
なら、もうちょっと待ってから買えば値段も安くなってるし、新モデルも買えただろうに・・・

ちなみに中身は、Qosmio F30。
またまたDynabookだす。

開封したらレビューします・・・

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

ラジオでラジオ体操をどうやって広めたんでしょう?

9月になり夏休みも終わりましたが、夏休みの風物詩といえばラジオ体操。

突然ですが、ラジオ体操覚えてますか?

中学の時、体育の授業でラジオ体操のテストまであったんですが、社会人になってからはあまり縁がありません。
記憶を頼りにして音楽があればできるかもしれないけど、音楽なしでは3つ目の腕を回す運動の次ぐらいでわからなくなるのではないかな。

ただし、今はソフトボール前の準備運動でやってるので、できるんだな~

ラジオ体操ってよくできていて、準備運動にはもってこい。
ちゃんとやれば、約30kcal消費するらしい。
おにぎり一口分ぐらい。

ところで、ラジオ体操ってなぜ「ラジオ」体操なんでしょう?

ググってみると、ラジオ体操は昭和3年に作られたらしい。
その頃は当然テレビなどなくて、ラジオで放送していたそうだ。
ラジオで体操を放送するって何とも荒業。

ラジオで体操をどうやって伝え広めるんだろうと疑問に思いましたが、実際には人海戦術で広めたそうです。

明日からは、仕事の前にもラジオ体操かな?
(やらないけど・・・爆)

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »