« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ブレーキホースを変えてもブレーキの効きは変わらない

くるまのページにあるブレーキホースのことに関して、質問をいただくことがあります。

質問から察するに、ブレーキホースにタイラップを巻いたりメッシュホースに変えることで、ブレーキの効きが良くなると思っているようです。

しかし、ブレーキホースを変えても、決してブレーキの効き自体は変わりません。

ブレーキの効きを式にすると、

ブレーキの効き=ブレーキパッドの摩擦係数 × ブレーキ圧力

となり、ブレーキホースに関する要素はどこにもありません。

例えば、同じコンディションで、ブレーキホースを変えただけで時速40kmからの制動距離が短くなることは、ない。

ブレーキホースの膨張を抑えることで同じ圧力を得るためのストロークを短くすることができるので、ブレーキのフィーリングがカチっとしたものに変わります。
これで、ブレーキの効きが良くなったと錯覚してしまうんでしょう。

安全のためにブレーキホースを換えました、でもパッドはノーマル、

なんてことしても全く意味がありません。

ブレーキの効きを良くしたいのなら、摩擦係数が高いパッドへ替えなければなりません。

それに、ノーマルのブレーキホースは自動車メーカーがコストをかけて厳しい性能テストをしたものなので、信頼性もあります。
アフターパーツにノーマルを超える信頼性があるかどうか・・・?

ホースがゴムだとブレーキ圧が伝わりにくいなどと言ってるやつには、まずパスカルの原理を教えてあげましょう。

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

ソフトボールの練習試合

今日はソフトボールの練習試合でした。

奈良まで初の遠征。

公式戦ではなかなかできないサインプレーでバントやエンドランを試します。
バントでランナーを貯める作戦は使えそう。
公式戦ではいつもと違うことはどうしてもやりにくいですが、練習試合ならそれもできます。

来シーズンへ向けてレベルアップのためにコツコツ練習中~

| | コメント (0)

2006年10月28日 (土)

九州みやげのオンパレード

出張から帰ると、子どもたちが出迎えてくれます。

でも、お父さんが帰ってきたのがうれしいのではなく、お目当ては当然おみやげ(泣)

今回はいつもよりおみやげが多かったので、ここでご紹介。

まずは、博多みやげの一番のお気に入り、『博多の女(ひと)』
06102801_1  06102802

バームクーヘンの中にあんこが入ってます。
06102803
あんにバターの香りが混ざった風味が非常にウマイ。
特に次男はお気に入り。

ほんでもって、博多といって忘れてはならないのが明太子。
子どもらも大好き。少々辛くても平気みたい。
06102820

鹿児島名物はさつまあげ。
やはりそこらの惣菜屋で売ってるものより格段にウマイ。
何もつけずに食べた方がいい!
06102804
写真に撮る前に少し食べちゃった(笑)
開けたその日完食~

南九州の名産は、かるかん。
06102805_1
山芋のねばりけからくるもちもち感がいい。
十字の島津の紋が薩摩みやげのしるし。
抹茶風味の緑のかるかんがおいしい。

鹿児島といえばサツマイモ。
そのサツマイモで作ったお菓子、スイートポテト。
06102806

イモの風味が前面に出てます。
すんげ~スゥイ~ト。
06102807

いつもはこんなにたくさんお土産は買いませんが、今回は買い込んでしまいました。
おかげで帰りの荷物が重たいのなんの。
まるで観光旅行に行ったみたい。
しめて5000円ぐらいかかったんじゃないかな・・・
出張の度にこんなに土産代が掛かったんじゃ、たまったもんじゃありません。

今回だけ特別だよと、家族に言い聞かせるのでした。

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

福岡から鹿児島へ飛び、大阪へ

福岡から大阪へ戻る前に、一旦鹿児島へ寄り道。

福岡から鹿児島へ行く飛行機は、第1ターミナルから出発します。
「第1」と言うだけあって、福岡空港で最も古いターミナル。
でも、この古臭い昭和な味がいいんですよね。
06102704
特に「パタパタパタ・・・」と変わる表示器が好きです(笑)

第1ターミナルは、搭乗口が4つだけ。
待合ロビーも閑散としています。
JAC鹿児島行きの次に出発する全日空便、「福江」ってどこにあるんでしょう?
(後で調べたら、どうやら長崎の五島列島にあるらしい)
06102705

機材はSAAB340。
1+2列シートの36人乗り。
YS-11より小さなプロペラ機。
06102710_2   

SAAB340は、小さいがゆえにWEBチェックインができません。
重量配分を考えて座席を割り振らないと飛行機の重心が変わってしまうので、自由に座席を指定させてもらえないんですね。
なので、空港でチェックインしなければならず、時間ギリギリに行くといい席が当たりません。

そこでアサインされたのが非常口座席。
06102707

チェックインカウンターで
「あと残りが非常口座席しかございません」
と言われたんですが、いつものボーイング機の感覚で「非常口座席だと足元が広いしいいじゃん!」と思ってたら、小さなプロペラ機では事情が違いました。

翼の真上には違いないけど、目の前には他と同じように座席があって、足元は全然広くありません・・・
06102708_1
ご丁寧にテーブルには非常口ハッチの開け方が貼ってあります。
こうなったら、一番に逃げてやる!

と、そんなこんなで出発。
福岡空港でのタキシング中、ピカチュウジェットを見ました。
06102709
写真下の方の白い物体はエンジンカバーです。
翼の真ん中なもんで・・・

飛び立ってから40分ほどで、再び鹿児島へ。
行きに見た南の島へのゲート、今度は沖永良部行きでした。
06102711

当然これには乗らずに、往路と同じMD-90で大阪へ。

伊丹に着いたのが夕方6時過ぎ。
いつも東京からの帰りは伊丹の門限直前の午後9時前なので、ちょっと雰囲気が違います。
ものすごく早く帰って来た感じ。

今回は移動が長くて少々お疲れモードな出張でした。

| | コメント (0)

特急ソニックで博多へ

今日は北九州で軽く仕事を済ませ、出張はおしまい。

帰路は福岡空港から一旦鹿児島へ飛び大阪へ戻るルートで。
戸畑から福岡空港へ向かうため、JR特急に乗り博多へ。

戸畑駅に入り、そこへちょうどやってきたのが特急ソニック。
06102701

JR九州の車両は、どれもポップな感じで面白い。
「WONDERLAND EXPRESS」なんて普通は書かないよ。
06102702

フローリング風な床と、ミッキーマウスのようなシートも変わってるね。
06102703

戸畑から40分ほどで博多に到着。

博多から地下鉄で福岡空港へ。
ここから鹿児島へ飛びます。

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

これぞ骨粉たっぷり九州ラーメン 『でったんラーメン』@北九州・戸畑

戸畑駅前にあるSATYに立ち寄り飲食店街を歩いていると、うまそうなラーメン屋がありました。

『でったんラーメン』 戸畑サティ店。
06102609
「4回ダシを入れ替え丹念に作ったスープが自慢」
の貼り紙にそそられる。

店に入ると席はほとんど埋まってます。
並ぶのは嫌だけど、ほどよい混み具合だと期待しちゃいます。

そこへ運ばれてきたのが、でったんラーメン。
06102610
おお!これだよ、こってりまったり。
細麺にとんこつ臭のこってりスープ、これぞ九州ラーメンだ!

ありがたくスープまで全部いただくと、やはりありました。
骨粉の沈殿。
06102611
やはりこの沈殿がないといけません。
ようやくうまい九州ラーメンにありつけました。


でったんラーメン 戸畑サティ店
福岡県北九州市戸畑区汐井町2-2 戸畑サティ1F
TEL:093-871-2322

| | コメント (0)

九州とんこつラーメン発祥の店 『南京千両』@福岡・久留米

福岡県は久留米に来たので、久留米ラーメンを食べようと街をブラブラ。

九州ラーメンといえば福岡の長浜ラーメンが有名ですが、久留米ラーメンは長浜ラーメンよりもさらに濃厚らしい。

地元の取引先の方に久留米のおいしいラーメン屋を教えてもらったんですが、歩いて行くにはちょっと遠い。
仕方がないのでそこらをプラプラ歩いてたら、屋台のラーメン屋がありました。
「とんこつラーメン発祥の店」と書かれてるのれんにちょっと期待。
06102606

中に入ると客はおらず本当に大丈夫かな、と不安になりましたが、他へ行くのも面倒なので席につきます。

で、これが「元祖」とんこつラーメン。
06102607
どんぶりの下に皿が敷かれてますがこってり・ギトギトしている訳ではなく、むしろあっさり・シャバシャバなスープ。
麺も九州ラーメン定番の細麺ではなくちぢれ麺。

「あれ?」
と、予想とは違う味に戸惑いながらも一応全部平らげました。

私は、ラーメンはスープも全部いただいて、どんぶりの底の絵柄を出すのが"礼儀"だと思うので、スープを飲み干します。

長浜ラーメンはどんぶりの底に骨粉の沈殿が残るので、この沈殿こそが九州ラーメンの基本かと思っていたら、ここのラーメンに沈殿はありません。
06102608

ん~・・・
こってりな九州ラーメンを想像してただけに、ちょっと残念だったかな。

今どきの九州ラーメンとはかなり違ってます。
これが本来の九州ラーメンなんでしょうかね?



南京千両
福岡県久留米市東町の明治通り 熊本ファミリー銀行前
営業時間:19:00~翌4:00 (日曜定休、雨天休み)
TEL:0942-37-7279

| | コメント (0)

戦国焼鳥『家康』@福岡・久留米

福岡県は久留米市に泊まり。

今日は車での移動が長くちょっと疲れたので、ビールでも飲もうと街に出ます。
鳥栖出身の会社の先輩から聞いていた、久留米名物の焼き鳥を試すことに。

西鉄久留米駅前には焼き鳥屋が軒を連ねてますが、足の向くまま気の向くまま適当に入ってみます。

戦国焼鳥『家康』1番街店。
06102604

メニューからいろいろ選ぶのも面倒なので、「店長おすすめコース」を注文。
06102605

焼鳥の盛り合わせが13本もあるので、串カツ屋のコースのように食べるペースに合わせて順番に出てくるんだろうと思ってたら、4~5本ずつまとめて焼きあがってきます。

こっちはビール飲みながらチビチビ食ってるもんだから、そのうち焼き鳥が冷めちゃって固くなってしまいます。
このへん、ちょっと考えて出してくれればいいのに、店長さん。

コースの中ではつくね軟骨が一番うまかった。


戦国焼鳥家康1番街店
福岡県久留米市東町34-46
TEL:0942-33-9861

| | コメント (0)

鹿児島から久留米まで車で移動 結構疲れる

鹿児島での仕事を終わらせ、九州自動車道を北上します。

九州道は鹿児島県内の山の中を通るので、海岸に近い市街地から高速に乗るまでに1時間以上かかり意外と不便。

高速に乗り休憩のため、えびのPAに立ち寄ります。

06102601

えびのPAを出ると、ようやく鹿児島県から抜け出して熊本県へ。

出発して2時間、熊本県を縦断するも、薄暮のころ宮原SAでまた休憩。
ここでようやく半分来たところ・・・

06102602

出発から4時間後、やっと目的地の久留米に到着。
06102603

乗用車での長時間移動は結構疲れます。
まあ、中国での移動に比べりゃマシですが・・・

| | コメント (0)

2006年10月25日 (水)

九州出張のため鹿児島へ

今日から九州へ出張。

鹿児島行きの機材はMD-90。
Md901

出発準備をしている様子を見ていると、コックピットの窓が開き、整備士が体を乗り出してガラスを「ハァ~」としながら拭いてます。
Md902
めがねのレンズじゃないんだから・・・(笑)

いつものボーイング機と比べ、マクドネルダグラス機はシート幅がやや広め。
Md903_1

伊丹を離陸し数分で神戸空港上空を通過。
Kobe

1時間ほどで鹿児島に到着。
ちなみに鉄路だと6時間以上掛かります。
やっぱり飛んでいくと速いですね。
Kagoshima

鹿児島空港は南の島への玄関口。
与論行きの飛行機にいつか乗ってみたいなぁ。
Foryoron

さすが南国、鹿児島。
暖かいというか暑いぐらい。

さて、今から九州を半周してきます。

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

電池はやっぱりエネループ

普段、いろんなものに乾電池を使っています。

時計、リモコン、電動ハブラシ、ひげそり、携帯の充電、自転車のライト、子どものおもちゃなどなど。
ほとんどが単3電池なので、アルカリ電池をたくさん買い込んで使っていました。

ところが、「あれ、この前電池換えたはずなのにもうなくなったん?」と、思うようなことが多く(単に記憶力が衰えただけかも?)、買い込んでいた新品の電池も少なくなるし、使用済みの電池を捨てるのも分別-ゴミ出しが少々面倒だし・・・

と、いうことが積もり積もった結果、"使い捨てない電池"eneloopを使うことにしました。

Eneloop1

以前からニッケル水素の充電池を使ってましたが、充電してしばらく置いておくと自然放電してしまうので、使おうと思ってから数時間かけて充電しなければなりません。
だいたい、使おうとしたけど使えないから電池を交換する訳で、使おうとしたときから数時間充電してからでなければ使えない電池は「使えない」。

ところが、このeneloopは充電したあと長期間放置してもほとんど減らないので、電池を交換した時に充電して置いておけば、使いたい時にすぐ使えます。
充電後長期間保存できるので、店頭で並んでいるものでも初期充電が済んでおり、買ってからすぐに使えます。
電池をまとめ買いする必要もないし、捨てる手間もかからない。
環境にもいいときたもんだ。

それに、今までの充電池は充電器が少々ブサイクでした。
ところが、eneloopの充電器はデザインもいい。
Eneloop2_1 

デカイ石鹸に見えなくもないeneloopの充電器はスライドするカバーが付けられていて、充電中の電池が隠れます。
よく考えると、今までの充電器はどれも充電中の電池が見えるようになっていたように思う。
カバーがあっても透明だったり。
電池が見えない充電器というのも、斬新なものかもしれない。

カバーを上にスライドさせると、電池がコンニチハ~
Eneloop3_1 

このeneloop、電池の減り方が乾電池とはちょっと違います。

乾電池の場合、新品の時は全開で、使ってるうちにじわじわとパワーがなくなっていき、正常に動作させるには不十分な電圧になっても完全に息途絶えることはありません。

一方eneloopでは、全開のパワーは少々乾電池よりも控えめですが、ずっとそのパワーを維持し続けます。
限界が来る直前まで同じパワーを出し、限界が来たらパタッと切れる。

これは乾電池に変わる電池として、十分使えると思います。

| | コメント (0)

2006年10月22日 (日)

最近のマイブーム 白いちじく

去年、近所の小学校のPTA会長さんに教えてもらったショットバーで初めて見た、これ。

Oka01_1

いちじくを天日干しした「白いちじく」というドライフルーツ。
ワインのツマミだそうな。

食べてみると、レーズンみたいな味。
心地よい歯ごたえで、小さなつぶつぶの種を噛む感触も気持ちいい。
低カロリーで栄養も満点。

その後、白いちじくの触感が欲しくなり、買い物ついでにワイン売り場や酒のツマミコーナーなどを見に行くけれど、なかなか売ってません。

あれから半年以上が過ぎ、半ば白いちじくのことを忘れ掛けていた頃、たまたま立ち寄ったドラッグストアーで発見!
Oka02_1

思いもよらないところで買えて喜びもひとしお。
このパックで100円。

食べてみると・・・ ん~これこれ!

あまりにも嬉しそうに食べるもんだから、嫁さんと子どもも食べてみたいと言うので試しに食べさせてみると・・・

「うげぇ!マズー」

だって(笑)

みなさんも試してみる?

| | コメント (0)

2006年10月21日 (土)

PTA役員の送別会

昨日、送別会がありました。

会社の誰かが辞める・・・ということではなく、去年のPTA副会長さんが引越すことになり、一年間苦労をともにした役員で送別会を開くことに。

実は送別会をしようと思ったとき、逆に迷惑に思われやしないかと心配でしたが、みんな快く受けてくれました。

夜に家を空けるのは子どもやご主人に悪いかなと思い、ランチでもいいからとお願いしたら、逆にみんな夜の方がいいらしく、子どもにご飯を食べさせた後ならOK~ということでした。

PTAの任期が終わっても同じ学校なので顔を合わせることは多かったけど、「去年の今頃はこんなんやったな~」とか、「実はあの時・・・」などの苦労話や、学校のこと、子どものこと、同級生の家のことなどなどいろんな話で花が咲きます。
さすが、みんないろんなこと知ってるわ!特にうわさ話は・・・

そんなこんなで話が弾み、そろそろいい頃合かなと思いふと時計を見ると、日付が変わって夜中の1時を過ぎてるではありませんか!(@o@;;;;;;;;;;;;;;;;;

ゲゲーッ!!

楽しいひとときはすぐに過ぎてしまうようで、時を忘れて話し込んでしまいました。
一軒で6時間も座ってたことになります・・・
よっぽど名残惜しかったのかね(笑)

悪いことしちゃったな~と思い「みんな大丈夫?」と聞いてみると、「ダイジョブ、ダイジョブ、ハハハハ・・・」なんて具合。
みんなパワフルだわ。

| | コメント (0)

2006年10月18日 (水)

モバイルsuicaを使ってみた

ただいま出張で宇都宮に来ています。

Utsunomiya

今回、初めてモバイルSuicaを使ってみました。
使ってみるとなんともあっけない。
使えるようにするまでのややこしさは何だったんだろう。

宇都宮といえば餃子が有名。
駅前に「餃子像」が立ってます。
Gyozazo

今日は午後からも客先へ行くので、残念ながら餃子にはありつけず・・・

いつも宇都宮までは新幹線を使いますが、今日は普通電車のグリーンを使いました。
新幹線の特急料金よりも普通電車のグリーン料金のほうが安いし。

上野で電車に飛び乗り、車内でSuicaグリーン券の購入手続きをしていると、すぐさま車掌がきっぷ拝見にやって来ます。

「ちょっと待って」
と、携帯を見せると、「あ、モバイルですか」といって去って行きました。
やっぱりモバイルSuica便利だわ。
Green1_2

携帯は自動ICロックをしているので、改札を通る前にロックを解除しなければなりません。

が、ついつい解除を忘れて携帯をタッチしてしまい、引っかかってしまうこと3度。
そろそろ学習しないと・・・(汗)

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

町内の運動会はもうクタクタ

昨日の日曜日は町内の運動会でした。

今まで準備を進めてきて、ようやく本番。
運動会当日は役割分担が決まっているので、「今日は仕事せんでもええかな~」なんて思ってたら大間違い。
事前に打ち合わせをしていたにも関わらず、細かな段取りが全然できていなかった。
急遽ハンドマイクをぶら下げ右へ左へ走り回り、なんとか競技を進行させます。

それでも「要領が悪い!」などと文句を言うオッサンがいる・・・

こっちは精一杯やっとんじゃ!文句あるならオマエがせぇ!!

と、喉元まで出掛かるところ、雰囲気をぶち壊してはいけないのでグッとがまんする。

もう精神的にクタクタ・・・

町内会では、若い人の担い手がいないと嘆いていますが、恐らく今までにも有望な若い人はいたでしょう。
でも、他の役員を含め周りの人々の言動がやる気をなくさせ、若い人が寄り付かなくなり人材不足になっているのだと思います。

私も、来年は絶対に断ってやる!

| | コメント (0)

2006年10月14日 (土)

モバイルSuicaをダウンロード

東京へ出張した時には必ずJRを利用するので、今Suicaを使ってます。

Suica_1

ところが、Suicaを使うには予め現金をチャージしておかなければなりません。
これが結構面倒で、いちいち残金を気にしないといけないし、かといって磁気式のプリペイドカードのように裏面に残金が印字されないので、改札を通った時に見ておくか、わざわざ券売機などで確認する必要があります。

残金がなくなれば、券売機に現金を突っ込んで再度チャージをします。

関西では、事前のチャージが不要で、利用した分を後払いするPiTaPaを使っているので、残金確認や入金は必要ありません。
Pitapa

PiTaPaを使っていると、余計に残額を気にしたりチャージをしたりというのが面倒なので、早くモバイルSuicaを使いたいと思ってました。
ところが、モバイルSuicaは当初、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」の会員でなければ利用できなかったので結局使えずじまい。

ところが、10月1日からビューカード以外のクレジットカードでも利用登録できるようになり、ようやくモバイルSuicaに切り換えられるようになりました。

次に来る時はモバイルだ!
ということで、この前の出張の時にSuicaの残金を全て使ってきり、カードも返してきました。

モバイルSuicaを利用するにあたりネットでいろいろとを調べていくうちに、ちょっと手放しでは喜べないことが出てきます。

その問題点とは・・・

  1. ビューカード以外でモバイルSuica利用登録をすると、年会費として1000円取られる(来年3月までは無料キャンペーンあり)
  2. モバイルSuicaを使うには、大容量アプリが2種類必要。
  3. しかも、そのアプリは削除できない。削除するには、ドコモショップでフルフォーマットしなければならず、フォーマットすれば他のICアプリも消えてしまう。

まず、モバイルSuicaを使うために年会費を払うなんてアホらしい。
でも百歩譲って、残額が手軽に確認でき、現金でチャージしなくても良く、車内でグリーン券を事前料金で買うことができる「便利料」と考えるようにした。
特に現金での入金が不要なのと、券売機でグリーン情報を登録しなくて済むのは大きなメリットです。
まあ1年目は無料だし。

年会費については決心しましたが、いざアプリをダウンロードしようとすると、次のアプリ容量の問題が出てきます。

モバイルSuicaを使うには、モバイルSuicaアプリの前に「鉄道・バス設定アプリ」をダウンロードして設定しなければなりません。
この設定アプリをダウンロードしようとすると、↓のような注意事項が出されます。
Ms01_4   
一度このアプリを設定してしまうと、他のサービスを利用するにはICカードエリアを全てフォーマットしなければならず、フォーマットをすれば当然、ICカード内のデータがすべて消えてしまいます。

また、ネットを見てると、このアプリをダウンロードしようとしたけど、携帯の容量が足らずに容量オーバーとなり、泣く泣く他のICアプリを削除したケースが多いようです。
ここで言う容量とは、ICカード内のデータ領域のことで、アプリそのものの容量ではありません。
この設定アプリは5KBあり、もともと少ないICカード内のデータ領域のほとんどを使ってしまうため、EdyやiDなど他のおサイフケータイ用のICアプリが入っていると、容量不足となるようです。

私の携帯に入っているおサイフケータイ用ICアプリは、Edy、DCMX、JAL ICポケット、AMCです。
容量不足に陥った人の場合、さらにヨドバシカメラやマツモトキヨシなどのポイントカードも多数入っているようなので、私の場合は大丈夫かなと思うんですが、もしダウンロードして容量不足となればDCMXを消すことにします。

さて、ようやくモバイルSuicaを入れる決心がつき、手順に従って、まず「鉄道・バス設定アプリ」をダウンロードします。
容量不足にはならず問題なくダウンロードできました。
Ms02

ここで、ホントに初期設定してしまっていいだろうかを考えますが・・・

ポチっとな!
Ms03

ハイ、完了!
もう後戻りできません。
削除するにはフルフォーマットのみ!
Ms04

続いて、モバイルSuicaアプリをダウンロードします。
Ms05
心配していた容量不足はなく、すんなりダウンロードできました。

ダウンロードののち、モバイルSuicaの設定をします。
「初期設定は改札の外で行ってください」というのが、ちょっと面白い。
Ms06

この設定は、名前、住所、メールアドレス、クレジットカードなどの情報を登録します。
私はすでに「えきねっと」の会員なので、Suica関連の登録のみでOKでした。

ということで、インストール完了!
これでモバイルSuicaが使えるゾ。
Ms07

結局、モバイルSuicaを使えるようになるまでに、小一時間ほど掛かりました。
とにかくダウンロード画面まで行くのに時間がかかり、大容量アプリのダウンロードにも時間がかかり、設定するにも時間がかかる。
大容量アプリをダウンロードするということは、当然パケ代もかかる。
登録作業も少々面倒で、Edyなどの他のICアプリより大変かも。

容量については何とか足りたようで、他のアプリを削除することにはなりませんでした。

来週の出張でモバイルSuicaデビューします。
ひとまず5000円分チャージしましたが、次の東京出張では、これでも2日でチャージ分がなくなるスケジュールなんだよね。

携帯なくさないように気をつけるのは当然ですが、携帯を忘れないよう気をつけないといけませんね。

| | コメント (0)

2006年10月12日 (木)

採用面接をしたけれど・・・

今日、来春の新卒採用面接をしました。

書類を見てるとそこそこいい感じではあったけど、実際に面接してみると、正直言って期待はずれ。
一番ダメだったのは、最も欲しい積極性に難があったこと。
研究職なので、日ごろの些細な変化を感じ取るような感性を求めており、それに準じて質問をしてみましたが、何ひとつ出てくるものはありませんでした。

確かに勉強はできる学生ではあったけど、勉強だけではねぇ・・・

ということで、私の判定は不合格。
あとは役員が最終的な判定をしますが、受かることはないだろう。

| | コメント (0)

2006年10月10日 (火)

町内の運動会の打合せ

今度の日曜日は、3週連続運動会のラスト、町内の運動会です。

実は私は、町内会の”体育部長”という肩書きを授かっていて、今年の運動会は私が仕切っています。
ということで、他の役員さんと打合せをしました。

まあ、中身についてはほとんど”例年どおり”なので、特に変わったところはありません。
種目ごとに景品を用意しているので、それの仕分け作業が大変。
部屋中ダンボール箱でいっぱいになります。

↓はほんの一部
Undokai01

ウチの町内会では、PTA会長=順位判定係なので、去年は順位のジャッジをしました。
ところが、判定に文句を言うオバハン達がいます。
しかも、文句を言うのは1位、2位ではなく、4位か5位かでもめていて、「ウチとこが4位や!」なんて食って掛かってくる。
4位も5位も景品は変わらんのに執拗にクレームをつけてくる。

最終的には
「じゃかましわぃ!審判に文句言うな!!」
で片付けましたが、今年も同じことが起きることは容易に想像できます・・・

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

野菜づくりの体験学習

今日は、叔父さんの畑で芋掘りをしました。

場所は、とても大阪とは思えないような自然たっぷりの山の中。
100901

趣味でやってる有機農業ではありますが家庭菜園レベルではなく、そこそこ広くて立派な畑。

我が家では、冬場は週末に必ず鍋をするので白菜をリクエストしておいたら、立派に育ってました。
こんなに食えるかな?(笑)
100902

と、そんな不安をよそに、新たに植えられた白菜もあった・・・
100903

有機野菜を作るうえでキャベツが難しいらしく、すぐに虫がついて喰われてしまいます。
100904

葉っぱの裏についた青虫の卵をコツコツと取らなければなりません。
100905

キャベツは半ば私の主食なので、がんばって作ってもらおう!

さて、子どもたちは芋掘り。
芋の頭は見えたけれど、なかなか掘り出せません。
100906

やっと掘り出したら、顔より長い芋だった!
そりゃなかなか掘れないわ。
100907
100908

ところで、このデカイ葉っぱはなんでしょう?
100909

茎の根元を切って掘り起こすと・・・
100910

芋は芋でも、小芋でした!
100911

この小芋の葉っぱ。
傘の代わりになりそうなくらいデカイ。
100912
まるでトトロやね。

他にもナスやほうれん草、チンゲン菜にかぼちゃなどなど・・・山ほど収穫して車のトランクは野菜でいっぱい。
家に帰り、小さなかぼちゃでハロウィンのおばけを作ってみた。

100913

子どもたちは普段、ほとんど自然と接する機会がなく小さな虫でも怖がってますが、こういう場所に来ると不思議と虫を怖がることもなく、大地の恵みと触れ合ってました。

また来たいと言うもんだから、休みの日は畑仕事を手伝うことになりました。
特におっとりとした性格の長男は、野菜作りが合ってるかもしれない。

| | コメント (0)

2006年10月 8日 (日)

幼稚園の運動会

今日は次男の幼稚園の運動会でした。

噂に聞いていた場所取りは、やはりすごかったらしい。
私は子どもと一緒に時間通りに登園したんですが、すでに幼稚園をぐるりと囲うように列ができてました。
聞くところによると、一番早い人は幼稚園の門が開く1時間前から並んでいたそうです。
ここはディズニーランドか!

狭い幼稚園の運動場、場所取りをしても広い場所は確保できず、また、前列は立ってはいけないので、ずっと座ってなければなりません。
かえって前列でない方がいいかもしれない。
ビデオ撮影するのに、特に不自由なことはありませんでした。

後方から撮影するにあたり、ちょっとしたテクニックを使います。
ウチのビデオは本体から液晶画面を外して、有線リモコンとして使うことができるんです。

そこで三脚にカメラをセットし、一本の脚を伸ばして一脚代わりにして、残りの2本は少しだけ脚を伸ばし脚の先をズボンのベルトに引っ掛けると、腕を伸ばすよりもはるかに高いところから楽に撮影することができます。

カメラもそれなりに固定することができ、ズームしても手ぶれしにくい。
これでバッチリ、初めての運動会を撮ることができました。

Undokai

長男の時にも思ったんですが、社会との接点がなかったガキんちょが幼稚園に入ると、こうも社会性を身につけるもんかと感心します。
家では言うこと聞かないけれど、幼稚園では号令ひとつで右へ左へ。
幼稚園の先生はすごいですね。

| | コメント (0)

2006年10月 6日 (金)

禁煙タクシー

先週の東京出張の時のこと。

夕方、少し歩いただけでもズブ濡れになってしまうほどの激しい雨に見舞われました。
そこで、徒歩10分の距離ではありましたが、タクシーに乗ることに。

このとき乗ったタクシーは、個人タクシーのティアナ。
1kmもない近距離なので少々悪いかなと思いましたが、この雨の中では諦めてもらおう。

タクシーに乗ってから気が付いたんですが、このタクシーは禁煙車でした。
車内のあらゆるところに「禁煙」のシールが貼られています。
もし愛煙家だったら、ちょっと気分を害するかも。

2003年施行の「健康増進法」では、交通機関にも受動喫煙の防止をするよう定められており、昨年、東京地裁からも「タクシーの全面禁煙化が望ましい」とする司法判断も出されています。
そのせいなのか、最近は禁煙タクシーにお目にかかる機会も増えたように思う。

しかしながら、全国のタクシー会社で禁煙車を導入しているのは、全体の1%程度のおよそ2600台らしい。
それでいて禁煙タクシーに乗る機会が増えたと感じるのは、禁煙を導入しているほとんどが東京や大阪などの都市部のタクシーだからなようです。

禁煙化率が低い一番の理由は、乗客とのイザコザを警戒しているため。
不況でタクシー離れが進み、強いことが言えないのでしょう。

禁煙化まではいかないにせよ、後部ドアにスリットが入ったバイザーを付けたタクシーもよく見かけます。
バイザーの端にワイパーゴムのようなもので外の空気が入らないようにしてあり、窓を少し開ければ走行風の負圧によって、車内の空気が強制排気されるもの。
外の空気は入らないので、窓を開けていてもバタバタと風雨が車内に吹き込んでくることはありません。
これはバイザーというより、ベンチレーターといった方がいいのかも。

密閉された車内で客がタバコを吸えば、運転手も否応なしに受動喫煙してしまう。
分煙の難しい車内でタクシー会社が考えた苦肉の策のようですが、普通の車に付けても面白いんじゃないかな。

| | コメント (0)

2006年10月 4日 (水)

鉄工所が作った地ビールが飲める店 『市岡ビール工房 地底旅行』@大阪・弁天町

最近はめっきり沈静化しましたが、以前ブームとなった地ビール。

そのブームの中で生まれた一風変わった地ビールレストランへ行きました。

大阪、弁天町にある『市岡ビール工房 地底旅行』。
0610041

何が変わっているのかというと、この地ビールレストランは鉄工所の中にあります。
0610042

この鉄工所は30年ほど前に一度破産したんですが、ここの従業員がダメ元で地面を掘ってみたら温泉が出たそうな。
その温泉を使って作ったのがこの地ビール。
温泉で作ったビールなので、”地底旅行”という訳なんですね。

実はこのビール工房へ行くのは、今回で2回目。
何年か前に初めて行ったときには、そのシチュエーションに驚いた。

ガラスは割れ、サビだらけの鉄骨とトタンでできた大きな建物には廃墟感が漂っていて、そんな工場の中に煌々と明かりが灯されたレストランがあります。
そんなギャップにちょっと感動するくらい。

しかし、今回行ってみると少々様子が変わってます。
工場建屋が風化したような廃墟感は薄まっている。

はて、何かが違うな~
と、よく見渡してみると、巨大な工場の建物が・・・ない。

正確には、入口近くに建物はあるけど、レストランの奥に続いていた工場の建物がなくなっています。
その工場跡地には今、41階建てのタワーマンションが建てられてました。

少々寂しい気分になりながらも、ちゃっかりビールはいただきます。

2種類あるビールのうち、まずはピルスナーから。
0610043

あっさりとした飲み口で、ちょっと甘みがある。
あっという間に、ピッチャーが空に (^^;

おかわりはメルツェン。
0610044

赤味がかったビールで、カラメル風味の甘さとコクのあるビール。

最後のシメに、もう一度ピルスナーのピッチャーをオーダーし終了。

工場はきれいに変わったけど、ビールの味は変わってなかった。


市岡ビール工房 地底旅行
大阪市港区南市岡3-6-26
営業時間:17:00~22:00(水曜定休)
TEL:06-6585-1050

| | コメント (0)

2006年10月 2日 (月)

今年もあと3ヶ月

今年も残すところ3ヶ月を切りました。

3年前の10月の過去ログをひも解いてみると、新幹線の品川駅開業、首都圏のディーゼル車の排ガス規制などがあった。
では今年はというと、社会保障制度の新制度がスタートする。
平たく言ってしまえば、給付は少なく、支払いは多く、といったものでしょうか。

少子化対策として、出産育児一時金が35万円に5万円ほどアップするらしい。
5万円支給を増やしたところで、どれだけの効果があるのかははなはだ疑問。
今どき出産費用を35万円で済まそうとしたら、病院での普通分娩ではまず無理。
帝王切開で保険が下りればいけるかも?

ウチの場合は、はっきりとした金額はもう忘れてしまいましたが、2人とも病院へ支払った分だけで40万円以上掛かった。
間は5年ほどありましたが、2人目の方が高くついた。

出産費用として45万円は出してもらわないと、効果は望めないように思う。

| | コメント (2)

2006年10月 1日 (日)

小学校の運動会

今日は小学校の運動会でした。
これから3週連続で運動会が続きます。

気合の入った親は、いい場所から撮影しようと早朝から場所取りをしています。
子どもと一緒に学校に向かった朝8時ごろには、すでに正面の保護者席の1列目にはレジャーシートが敷かれてました。

しかし私は、去年PTA会長をしたおかげで来賓として招待状をもらっており、真正面のテント下に設けられた来賓席から撮影できます。
PTA会長の数少ないインセンティブかな。
しかも、接待係からお茶も出してもらえたり。

なので、一般保護者席の出入りしにくい1列目を陣取る必要はなく、来賓席1列目の特等席からビデオを撮ります。

0609301

我が息子は、100m走で1着を取りました。
しかも、保護者席の嫁さんたちに向かって手を振って、ゴールテープを切るときには両手を上げてグリコスタイルをする余裕。
決して足が速い訳ではないけれど、毎年組み合わせが良くて1着を取ることができています。

息子の小学校では徒競走にしっかり順位をつけてますが、最近では運動会で順位をつけない学校もあるようです。
しかし、いくら大人が順位を付けなくても子どもの間ではやはり順位は気になるようで、1位になれなかったといって悔し泣きしている子どもも。

それが向上心を育てるのだと思う。
大人が仕組んだ予定調和の中では、何ひとつ得られるものはない。

子どもたちの競技の合間、保護者による綱引きに出ました。
これが結構ハード。
力の差が出ないようにチーム編成されているので、いざ「よ~いドン!」で綱を引っ張ると、当然のように拮抗して綱がほとんど動かない。

綱引きなんて15秒も引っ張るとバテてしまうもんで、どちらかが早くヘバってしまい、勝負が決まる。
しかも2戦先取で勝敗を決めるので、2回目なんてみんな「ハーハー」いいながら引っ張るハメに。

確実に筋肉痛になります。

今日は朝からいい天気。
テントの下とはいえ、最前列だとまともに日差しを受けてしまう。
おかげでコンガリ日焼け。
1日日光を浴びてややお疲れモード。

しかし、運動会のあと、再来週に行なわれる町内会の運動会の準備をしなければならず学校に居残り。
運動会で使う用具のチェックをします。

来週は幼稚園の運動会。
幼稚園では熾烈な場所取りがあるらしい・・・

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »