« 東京→大阪 在来線の旅 中央本線その3 ~塩尻から名古屋~ | トップページ | たぶん大阪ほんわかテレビのロケ »

2008年7月14日 (月)

東京→大阪 在来線の旅 関西本線編

東京→大阪 在来線の旅 中央本線その1
東京→大阪 在来線の旅 中央本線その2
東京→大阪 在来線の旅 中央本線その3
の続き。


東京から9時間をかけ中央本線を走破、ようやく名古屋までたどり着きました。

せっかくここまで東海道線を使わずにきたので、ここから先も東海道線を使わず、関西本線で大阪へ向かうことに。
Chuou070

17:06発 亀山行き。
Chuou071
関西線のホームに上がると、乗車口には長~い列ができてます。

そこへ電車が入ってきたけど、2両編成なので車内はかなりの混雑。
名古屋-亀山間はワンマンカーも走ってますが、この電車は車掌も乗務。

名古屋を出てしばらくはかなりの混雑でしたが、桑名でほとんどの乗客が降りてしまったので、その後は余裕で着席。

車窓にコンビナートの煙突が見えてくると四日市。
Chuou072

工業地帯を抜けてるとだんだん人家が減っていき、いつのまにか田んぼが広がる景色に。
すごい変わりぶり。
Chuou073

18:21 亀山着。
Chuou074

ここからJR西日本エリア。
18:38発 加茂行き各駅停車は2両編成のディーゼルカー。
Chuou075
ず太いエンジン音が心地いいけど、ロングシートなので景色を眺めるには適しません。

この車両、バスのような中折れ式の扉。
Chuou076
まさにレールバス。

亀山ではロングシートが程よい間隔で埋まるくらいの乗客でしたが、伊賀上野でほとんどの乗客を吐き出し車内はガラガラ。
明るければ渓谷を眺めることができるけど、もうこの時間は暗くなってしまい外は見えません。

その後も順調に加茂へ走行。



が!



月ヶ瀬口を出て大河原へ向かっている途中、列車は急ブレーキ!

はて、何だろうと思っていると、

只今、小動物と衝突しました。
安全点検を行なうので車内でしばらくお待ちください。


とアナウンス。

運転士が線路へ降り、車両を見てます。

その間、他の乗客と一緒に後ろの窓から線路を見ると、レールの間になにやら白い物体が倒れてました!
Chuou077
犬にしてはデカイし、だいいちこんな山の中に犬はおらんでしょう。
なら、タヌキ?

運転士がそれを見に行き、無線か携帯か?話をしてます。
Chuou078

その後、倒れた物体?を線路脇にどかして再び車両点検。
10分ほど経ったころ、点検の結果異常なしということで運転再開。

20:03 8分遅れで加茂到着。
Chuou079

列車を降りて車両の前面を見ると、連結器あたりに赤いものが!
南無・・・

ここからは快速で一気に大阪へ。
20:06発 快速大阪(環状線)行き。
Chuou080

21:21 大阪到着。
Chuou084
Chuou082
上の写真は環状線ホームのですが、下は東海道線ホームの看板です(汗)


東京から中央本線、関西本線を寄り道せずに乗り継いで、およそ14時間を掛けて大阪へ。
東京、神奈川、山梨、長野、岐阜、愛知、三重、京都、奈良、大阪と10都府県を走破した在来線の旅でした。

前回の東海道線では、途中で仕事して、富士宮でやきそばを食べ、浜松で餃子を食べ歩くなど寄り道をして15時間弱だったので、東海道線を使わないルートだといかに時間が掛かるか。

普通電車、正確に言うと「乗車券だけで乗れるJR線」での長距離移動といえば青春18きっぷですが、その”18キッパー”で賑わう時期を避け、普段のその土地の様子を見れるのはいいもんです。
時期になると、へたすりゃ地元の乗客より18キッパーの方が多いなんてこともあるし。

格安移動したい人には18きっぷはいいアイテムですが、単純に在来線の鈍行旅行が好きな人は18きっぷの時期を避けた方が賢明でしょうね。

|

« 東京→大阪 在来線の旅 中央本線その3 ~塩尻から名古屋~ | トップページ | たぶん大阪ほんわかテレビのロケ »

乗り物@鉄道(JR)」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京→大阪 在来線の旅 中央本線その3 ~塩尻から名古屋~ | トップページ | たぶん大阪ほんわかテレビのロケ »