« SPDのクリート交換 | トップページ | バーベキュ~のウラ話! »

2008年9月25日 (木)

ポン菓子の新味研究

ポン菓子機を持って市内の祭りに出店していますが、おかげさまでどこへ行っても大好評。

今どきの子どもはポン菓子を知らない子が多く、「お米と砂糖で出来てるんだよ」と教えるとすごく興味を持ってくれます。

そうです、ポン菓子ばお米と砂糖で作るんです。

当然、あま~い砂糖の味。

ここでふと思いました。



もっといろんな味のポン菓子があってもいいじゃないか!



時代が変われば味も変わる。
時代に応じて味も変えなければ、21世紀の子どもたちに受け入れられなくなるかもしれません!



というのはタテマエ。

本音は、祭りでポン菓子をすると、晩ごはんがポン菓子のまかないになることがあります。
でも、あま~いポン菓子ばかりだと、ちょっと飽きてしまう・・・
他の味が食べたいのです(笑)

もひとつ言えば、以前ポン菓子仲間と飲んでた時に、子どもの頃はよくポン菓子を食べたけど大人になると甘いポン菓子は食べなくなるね、という話になりました。
それなら”柿ピー”のようにビールのつまみに大人でも食べられるようなポン菓子を作ろうではないか!

ということで、新味の研究をしてみました。


新味を作るということは、『砂糖の代わりに何で味付けをするか』ということになりますが、とりあえず思いつくままに材料を集めてみました。

まずは甘いタイプ。

一つ目、大学いものたれ
Ponsak01

二つ目、メイプルシロップ
Ponsak03

三つ目、チョコレート
Ponsak02


次に大人向け。

ドライカレーの素
Ponsak04
カレー味は本命。

もひとつ、黒こしょう
Ponsak05
せんべいやポップコーンなんかでも、黒こしょう味っておいしいもんね。
そこでポン菓子でもやってみることに。


さて、その結果は・・・ CM2のあとで!scissors



すんません・・・
とっとと結果を書きます。



まず、大学イモ味。
Ponsak06
しっとりとたれが絡んで、口に入れた瞬間、大学いもの風味が広がります。
しかし、ポン菓子なので当然イモの歯ごたえ感がなく、ちょっと物足りなさが出ちゃうかな。
やっぱりこのたれは、さつまいもで食べたいよ(笑)

でも、試食をしてもらった人の中に、「大学いもの味は好きだけど、さつまいもが口の中でもっさりする感じが嫌」という人がいて、その人は”アリ”だった。


次にメイプルシロップ味、これは”ナシ”!
味は悪くないけれど、メイプルシロップの風味が出ません。
さらにサクサク感がなくなって湿気たようになってしまいます。
まあ、よく考えるとシロップをかけてるんだから湿気て当然ですね・・・


ほんでもってチョコレート味ですが、最終的にはすこぶるウマイ!
ただ「現場でできない」という致命的な欠点があります。

湯せんでチョコレートを溶かし、そこへ味付けしてないポン菓子を加えよく絡めます。
Ponsak07
この状態、チョコが溶けてドロドロ。
当然、冷やさないといけませんが、気温が高いので氷水で冷やしてもなかなか固まってくれません。
これでは現場で作るのは無理。

これを持って帰って冷蔵庫で30分ほど冷やすと、チョコが固まります。
Ponsak08
こうすると、すごく美味しくなります。
まさに、ポン菓子で出来たクランチチョコ。

チョコ味は味の付いてないものを持って帰って作らなあきません。

ということで、甘いポン菓子で砂糖に勝るものは出来ませんでした。


次に、大人向けの新味。

まずは本命のカレー味。
無味のポン菓子に少し油を絡めてドライカレーの素をまぶします。
Ponsak09

これ、大当たりsagittariusshine
ビールと一緒にイケます。
めちゃめちゃウマイ!
試食人のウマイ率100%でした。

作るのも簡単なので現場でも出来ます。
ただ、ドライカレーの素を使うとコストが高くなってしまうのが欠点。
高くても売れるのならいいですが・・・


最後に黒こしょう味。
これ、カレー味を越えるウマさ。
これもウマイ率100%。
柿ピーのようにビールと一緒にいけて、全然飽きがきません。

味付けの基本は塩味で、そこへ黒こしょうの風味を付けていきます。
これも最初に油を少し絡めて付きをよくしてから、塩と黒こしょうで味付けします。
油を絡めないと、とてつもなくマズくなります。
油の力は想像以上ですね。
Ponsak10
おいしい塩加減のレンジ(幅)が狭いのではじめは少々さじ加減が難しいけど、要領がわかってくれば大丈夫。
現場でも楽に作れるし、コストも普通のポン菓子と同じくらいで出来ます。

これは大人にも子どもにも評判よく、一番人気でした。
何回か試作しましたが、飛ぶようになくなりました。
もしかすると普通のポン菓子より売れそうな勢いで。

ということで、次の出店では黒こしょう味を実戦投入します!

|

« SPDのクリート交換 | トップページ | バーベキュ~のウラ話! »

日常雑事」カテゴリの記事

コメント

>ポン菓子新人さん

コメントありがとうございます。
実はレシピと呼べるものはなくて、味付けしていきながら適当に加減しているのが現状なんです。
すいませんです。
作っていて感じるのは、甘くない味付けの場合は、使うお米によって微妙に加減が変わるかもしれません。

投稿: おそくじ | 2017年2月13日 (月) 17:35

初めまして。最近、ポン菓子を始めた新人です。
色々な味を試してみたいのですが、可能であれば味付けのレシピを教えて頂けないでしょうか?
メールでお願いいたします。

投稿: ポン菓子新人 | 2017年2月12日 (日) 19:28

はじめてお伺いいたしました。
ポン菓子のキーワードでたどり着きました。
いろいろと試されていておもしろかったです。
また、たくさんの場所、味を探索されておられ、そちらの方も読みふけりました。
いま、弊社ではポン菓子を探しています。特に土産物として販売できるようなものがいいと思っています。
お察しいたしますとポン菓子を作っておられるように思いますが、お仕事として作っておられるのでしょうか。また、工場をお持ちなのでしょうか。
私は、関西を中心におコメ関係の仕事をさせていただいています。
もしよろしければいろいろ教えていただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。
URLには弊社の詳細がございます。

投稿: ご縁米 | 2011年9月23日 (金) 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SPDのクリート交換 | トップページ | バーベキュ~のウラ話! »