« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

甘~い干し梅干しのお菓子

私は梅干しが好きです。

干し梅干しはもっと好きです。

中国で売ってる干し梅干しは、日本のものより甘~くて酸っぱさが抑えられています。

で、上海のメトロで買った干し梅干し。
Umbs01

梅干しをシロップ漬けにして、さらに砂糖を振りかけた干し梅干し。
Umbs02

中国の人って”酸っぱがりや”が多いのか、かな~り甘くなってます。

私がこれを買おうとしたら、同行の上海人Wさんが「ゲー!コレ買うの?」「酸っぱいの好きなんですね」と驚いてましたが、全然酸っぱくないゾ! 

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

ちょっと小腹が空いた時にはこれ 『沙琪瑪』

上海のメトロで買ったお菓子、『沙琪瑪』(さーちーま)。
(ご覧の環境によっては「ちー」の漢字が表示されない場合があります)
Scm01
同行していた上海人Wさんオススメのお菓子。
学生の頃よく食べてたそうです。
1パック13元でした。

小麦粉と卵を混ぜて油で揚げたもので、サクッとした食感。
ほんのり甘さがあって、きめの粗いドーナツのような感じ。
Scm02
はじめはもうちょっと甘い方がいいかな、と思ったんですが、甘さが抑えられてるがゆえに1個全部食べきれるかな、というくらいに結構ボリュームがあります。
ただ、ちょっと油っこいので、1個食べれば十分です。

そこそこ腹持ちもいいので、小腹が空いた時なんかにはいいかも。
パッケージにも、”朝食夜食にもってこいのお菓子”と書いてあったり。
Scm03
夕方、仕事しててお腹が空いた時に食べてます。

おみやげにもいいかも。

| | コメント (0)

2009年3月29日 (日)

上海のメトロでお買い物 でも・・・

上海では必ず、陸家嘴(ルージャツェイ)の正大広場で買い物をします。

今回も行こうとしたんですが、関空行きの飛行機の時間まで2時間ほどしかありません。
浦東空港からリニアで向かっても、往復するだけで1時間は掛かり、さらに正大広場は文字通り広いので、とても2時間では足りません。

やむなく正大広場は諦め、なるべくすぐに行けるスーパーはないかと同行の上海人Wさんに聞いたところ、リニアの終点、龍陽路駅の隣にメトロがあるそうです。

でも、メトロって会員制だったはず?
ということで、電話で上海人Wさんのお父さんに聞いたら、今は会員制ではなくなり誰でも買えるとのこと。

なら、急いで行こう!
ということで、リニアに乗り龍陽路(ロンヤンルー)へ。

龍陽路駅の向かいにありました、メトロ。
Metro01
漢字で『麦達龍』。
日本には進出してませんが、ドイツの会員制スーパーです。

入口で荷物を預け、店の中へ。
このスーパーはコストコみたいに週末にまとめ買いをするようなところで、飲料や食料品はパック売りのものが多く、家に買って帰ろうと思ってたポッキーも3箱パック。

適当におみやげ用のお菓子を選びレジへ。
まとめ買いをするような店でお菓子をちょっとしか持ってなかったからでしょうか、レジの列で私の前に並んでいた白人男性が順番を譲ってくれました(英語で)。

「テンキュ~テンキュ~」

と言いながら、先に清算してもらいます。

合計金額が出たところで、レジ嬢から驚くべき言葉が!


会員カードを出してください


え!?
会員制でなくなったんじゃないの?(lll゚Д゚)

うゎちゃ~
どうしよう・・・

と、ふと後ろを見ると、先ほどの白人男性が。

「すんません、一緒に買ってもらっていい?」

と頼み、なんとか買い物することができました (^_^;;;;;;;


店を出て上海人Wさんは、すぐさま電話を掛けてます。
たぶん、お父さんに正しい情報を教えてあげてるんでしょう(笑)

| | コメント (0)

2009年3月28日 (土)

上海で牛肉烏冬面を食べる

上海、虹橋空港のレストランで、『牛肉烏冬面』を食べました。

『牛肉烏冬面』って何かって?

これ、「にゅーろーうーとんみぇん」と読みます。

まず、漢字を見て、牛肉(にゅーろー)の何かってことはわかります。
あと、「面」は麺のことなので、牛肉の入った麺です。

残った「うーとん」の部分ですが、よ~く考えると・・・

うーとん


うとん


うどん・・・


てな訳で、実はこれ、肉うどんでした。

Crnu01
かな~りシンプルな肉うどんです。
しょうゆを薄めただけのような汁ですが、肉のおかげでまだマシな味。

どんぶりの横のスプーンは、れんげの代わり。

こんなスプーンでどないせいちゅーに!
と、思わずツッこんでしまいます(笑)

値段は・・・ 20元ぐらいだったかな?


このレストラン、実は日本のシャロンでした。
Crnu02
漢字で『沙龍餐庁』(シャロンレストラン)。

ただ、シャロンは一度倒産してしまい、かなりの店舗が閉鎖になりました。
今は経営が変わり再起しているようです。

虹橋空港では、ゆっくり座って食事が出来て時間がつぶせる店がここしかないんですよね。
10年ぐらい前のファミレスのような感じですが、日系だけあって日本語もそこそこ通じます。

| | コメント (0)

2009年3月27日 (金)

今まで食べた中国のお菓子の中で一番ウマイ! 瀋陽特産 『麻片軟糖』

瀋陽のスーパーで売ってた、『麻片軟糖』というお菓子。
Mapi01

シート状に固めた水飴に、ゴマをくっつけただけ。
Mapi02

この至ってシンプルなお菓子ですが、これがすこぶるウマイ!

煎りゴマの風味とほのかな水飴の甘さが口の中で絶妙なハーモニーをかもし出し、一度食べたら虜になってしまいます。

今まで中国で買ったお菓子の中では、断トツにウマイ。
あまりのウマさに、ホテルで全部食べてしまいました・・・(^_^;;

そこで、瀋陽の空港で売店をのぞいたら、同じものが売ってたのでおみやげ用に購入。
ただ、街中のスーパーでは6元(90円)ぐらいでしたが、空港では20元(300円)でした。

高すぎるやろ!

と思いつつ、あまりのうまさに買ってしまいました。

家に持って帰っても大人気。
特に子どもたちは、1枚食べたらもう止まりません。
あっという間になくなっちゃいました。

今度中国へ行ったら、ぜひこれを買わなければ!

でも、同行の上海人はこのお菓子を知らなかったし、袋にも「瀋陽特産」って書いてあるので、果たして瀋陽以外で買えるのでしょうか?

こうなったら、自分で作ってみようかな!

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

中国のテレビでは必ず反日ドラマをやっている

中国のテレビ番組は日本よりチャンネル数が多いんですが、その中で必ず抗日ドラマが流れてます。

ただ、この抗日ドラマのクオリティが低すぎて面白いので、結構見ちゃうんですよね。

テレビをつけると、雲南衛星テレビで『中国兄弟連』という抗日ドラマをやってました。

爆弾を抱えた中国人が、日本軍の戦車へ向かって行きます。
Ctv101

戦車の前まで来て、ドカーン! 自爆。
Ctv102

仲間が犠牲になり怒りがこみ上げてくる。
Ctv103

そこへ攻めてきた日本軍。
Ctv104

日本軍の指揮官。
格下の兵隊はなぜか上半身裸。
Ctv105

「小鬼子(日本人を侮辱する言い方)をやっつけろ!」
Ctv106_2

日本軍はみんなやられ、最後に指揮官だけが残り・・・
Ctv107

グサッ!
Ctv108

ウッ!
Ctv109
日本軍、部隊全滅。

と、こんな感じで日本軍をやっつけていきます。

これが一日中流れてます。
もちろん、中国政府公認。
これも愛国教育の一環でしょうか?

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

中国のポッキーは日本のポッキーよりビターな感じ

今日は江崎グリコのポッキーの話。

今や国民的人気を不動のものにしているポッキーですが、実は中国でもポッキーが売られています。
Pocky111

このポッキーはコピー品ではなく、江崎グリコの中国版正規品。
『上海江崎格力高食品有限公司』製。
Pocky119
”グリコ”は当て字で”格力高”(ガリガォ)と表記。

以前、中国版ポッキーは日本と同じ味と紹介しました(その時の記事はこちら)。

が、

今回、中国のポッキーを買って帰ったところ、それを食べた嫁さんが「味が違う!」と言うではありませんか!

「そうか?」
と思いながら改めて食べてみても、やっぱり日本のポッキーと変わらないように感じます。

そこで、急遽コンビニへポッキーを買いに走り、日本のポッキーと食べ比べをしてみました。


まず、中国品と日本品を並べてみると・・・
Pocky112
左が中国で買ったポッキー、右が近くのコンビニで買ったポッキー。
中国版ポッキーには、スナックの部分にプリッツのような”シミ”があり、昔のポッキーのような感じ。

太さも中国版の方がやや太め。
Pocky113

チョコのコーティングは、中国版の方が気持ちうすめ。
Pocky114
芯が太い分、コーティングを薄くしてもチョコの重量は変わらないのかも。
相対的には日本のものよりチョコ比率が小さくなります。

そこで、重さを量ってみました。
まず、中国版ポッキー。
Pocky115
3グラムでした。

次に日本のポッキー。
Pocky116
こちらは2グラム。
芯が細い分、軽いんでしょう。
本当は小数点1桁まで量りたかったんですが、家庭用のはかりでは無理でした。
会社のはかりなら1/10000g(100μg)まで量れるけど・・・

1箱の内容量は、中国版が60g。
Pocky118

日本のポッキーは63g。
Pocky117
本数が多いんでしょうね。

ちなみに、保存方法のところを見ると、28℃以下とあります。

ところが中国版では、27℃以下です。
Pocky120
これは単なる表記上の違いなのか、はたまた成分の違いによるものなのか?

さてさて肝心の味ですが、
日本のポッキーはミルキーで甘め、中国版ポッキーはビターで甘さ控えめ。

食べ比べてみてはじめてわかりました。
てか、食べ比べないとわからなかった私は味オンチでしょうか?

ポッキーを食べる時についついやってしまいませんか?
チョコだけねぶってから芯を食べるとか、歯でチョコを「イー」って掻き落としたりとか。

これ、中国版ポッキーのチョコの方が、口の中で溶けやすいように感じます。
チョコの軟化点が低いから、保存温度も低くなってるんでしょうか?

という訳で、以前書いた「味は日で買うのと同じです」というのは、訂正させていただきますっ!

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

上海で見た謎の"足"

今日からまたしばらく中国ネタ。

先日の出張で、浦東空港から虹橋空港へ向かう途中、高速でひどい渋滞に巻き込まれてしまいました。

渋滞中、横に走っていたワゴン車、JINBEI。
中国産ハイエースです。
Sh401

このJINBEI のリアをよく見ると、なんだか不思議な文字が書かれています。

Sh402
足がいっぱい(笑)

なんで足ばっかりなのかはワカリマセン・・・

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

福島みやげといえば、しっとり白あんの『ままどおる』

福島県のおみやげの代表格、ままどおる。

Mmdr01

福島県のおみやげ屋ならどこでも売ってる焼菓子。

Mmdr02

しっとりとした生地に白あんが包まれてます。
一見、愛媛県のポエムみたいなのかな、と思ったんですが、ポエムよりもミルクとバターの風味が効いていて、生地が手にくっつくぐらいしっとりしてます。

Mmdr09

私はちょっとバターが強い感じでしたが、嫁さんには結構ウケたようです。 

| | コメント (0)

2009年3月22日 (日)

栃木限定ヒーロー 北関東戦隊 とちぎケンジャー

宇都宮駅のおみやげ屋で見つけたストラップ。

Tcgk01

北関東戦隊 とちぎケンジャー

なんじゃこれ?!
と思わず手を伸ばしてしまいました。

Tcgk02

3人あわせて”3猿モンキーズ”
必殺技は人間ピラミッド!

Tcgk03

他に、”いちごレッド”と”なすパープル”がいて、全部で5人組。

ヒーローが「見ざる」「聞かざる」「言わざる」でどうすんねん!と、かなりイタイ雰囲気もありますが、子どもに買って帰ったら、えらい喜んでました(笑)

| | コメント (0)

2009年3月21日 (土)

スープが煮えたぎる石焼ラーメン 『石焼らーめん火山』@宇都宮・駅東口店

以前、宇都宮で食べた石焼野菜ラーメンがまた食べたくなり、行ってみた。

Kazanr31

前回はじめて行った時は度肝を抜かれましたが、2回目の今回は勝手がわかっているので安心です(笑)(前回の記事はこちら

噴火避けの紙が変わってました。
Kazanr32

石焼野菜しょうゆらーめんを注文。714円也。
まずは熱せられた石焼鍋に麺と具が入れられて出てきます。
Kazanr33
(手ぶれしてます・・・汗)

そこへスープが注がれると・・・
Kazanr34 

じゅわー
スープが一気に沸騰!
Kazanr35_2

ここで前回失敗した玉子を救出し、無事半熟玉子を確保!
2~3分後、落ち着いてきます。
Kazanr36
この煮えたぎるスープのおかげで、野菜のうまみがスープに染み出してきてとてもウマイ!
具も多いので、ラーメンというより鍋を食べてる感覚。
これは他では味わえません。

噴火避けの紙には、残ったスープにごはんを入れて食べるよう書いてありますが、ごはんの方にスープを取って食べた方が、最後の1粒まで食べられます。
Kazanr37

たま~にこの味が食べたくなるんですが、北関東以北しかお店がないんですよね・・・



石焼らーめん火山 駅東口店
栃木県宇都宮市東宿郷2-3-3
TEL:028-955-7689

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

盛りそば界のチョモランマ 『奥会津』@埼玉・久喜

埼玉県は久喜で有名なお蕎麦屋さんといえばココ、『奥会津』。
Okaiz01
逆光になる時間でした・・・

このお店、大盛りで有名だそうです。
その大盛り度合いが想像を絶するくらいで、残った分を持って帰るための袋も用意されているらしい。

店の裏にも駐車場がありますが、こちらから入るとなんだかパラダイスな雰囲気。
Okaiz02

時間は午後1時過ぎでしたが、店に入るとまだ並んでいます。
我々は4番目。
その間、メニューを見て先に注文しておきます。

普通盛り、中盛りもありますが、やはりここに来たなら大盛りを頼まない訳にはいきません。
持って帰ることを前提に、盛りそば・大盛りを注文。

我々の1つ前に並んでいたのは 九州から初めてここに来たという大食い自慢な人で、その巨漢ぶりは見るからに食いそう。
いろんな大盛り料理を制覇しているそうで、天ぷらそば・大盛りを注文してました。


さて、テーブルに通されると、よそのテーブルではすでに大盛りそばと戦っている客がいます。
さらに、厨房から出てくるそばを見て・・・!

し、しんじられん・・・

おばちゃんが腕をプルプルさせながら、そぉ~っと運んでます。


そんな盛りそばが、私の前にもそぉ~っと運ばれてきました。

はい、これがその盛りそば。











Okaiz04

なんじゃこりゃ~!

と、思わずジーパン刑事のごとく叫んでしまいました(笑)

標高は、割りばしの長さと同じくらい。
Okaiz05
これぞ、盛りそば界のチョモランマ!

さて、このチョモランマに挑戦します、スタート!clock

食べはじめて3分後、6合目ぐらいまで降りてきます。
Okaiz06

これならイケるかも?!


な~んて考えが甘かった。
開始から5分後、5合目まで降りたところでもう満腹。

麓へ行くほど裾野が広く、そばが凝縮していてなかなか減りません。
なんてったって、5合目の対角線が割りばしぐらいありますから!
Okaiz07

盛りそばもここまで食べると、だんだんお腹が冷えてきます。
この後も客先へ行かなくてはならず、無理して食べて仕事に支障があるといけません。
この日以降そばが嫌いになってしまわないよう、ここで止めました。

店内に備え付けの袋に入れて、持って帰ることに。
袋に詰めてみると、残った分だけで3~4玉分ぐらいあります。
2袋に分けて詰めました。

Okaiz08
こんな大盛りの盛りそばですが、なんとこれで735円。
他のメニューもみんな安い!

同行していた営業は、かきあげそば・普通盛り。
ただ、このかきあげが尋常でなく・・・




Okaiz09
割りばしよりもデカイかきあげ。
これはもはや かきあげではなく、ピザです!
全部食べたら胸悪くなりそう・・・

ちなみにえび天も割りばしより長く、
「こんな海老、どこで泳いどんねん!」というくらい。

先出の自称大食い男を見ると、2合目ぐらいまで減ってます。
さすが、大食い自慢なだけあるな~と思ってたら、巨大えび天2匹が効いてしまったのか、箸が進んでません。
「もう、むり」
と、大食い男がささやいてたのを口元の動きでハッキリわかりました(笑)


この大盛りそばですが、うどんもあります。
ただ、当分の間、大盛りはグループで1つだけにしてね。
Okaiz10_2


持って帰ったそばですが、翌日、温かいそばにして食べました。
Okaiz12
これでも1.5玉ぐらいあります。

麺を平らげたらまだお腹に余裕がある感じだったので、残り全部を替え玉することに。

そしたら、1杯目より多くなってしもた・・・
Okaiz14_2
持って帰った分を食べるのにも苦労するとは・・・

いや~もう想像を絶する大盛りでした。

でも、もう行かんでもええかな。



奥会津
埼玉県久喜市大字北青柳86-1
営業時間:11:00~15:00(水曜定休)
TEL:0480-22-9112

| | コメント (0)

2009年3月19日 (木)

羽根つきたいやき 『神田達磨』@東京・小川町

東京の都心、千代田区は小川町の交差点にあるたいやきのお店、『神田達磨』(かんだだるま)。
Taiy111

神田達磨は、以前行った浪花家総本店と並ぶたいやきの名店。
平日の夕方でしたが、ちょこっと並んでました。
Taiy113

ここは6つずつ金型で焼いてます。
見るからに生地は薄めであんこたっぷり。
Taiy112

出てきたたいやきを見てビックリ。
まるで餃子みたいな羽根が付いてるではありませんか!
Taiy114_2
金型の特徴をうまく使ったたいやきですね。

生地は、ベビーカステラのようにほんのり甘くしっとりしていて、しっぽの先まであんこがぎっしり。
Taiy115
あんこはもっちり感があってウマイ!
個人的には、浪花家総本店よりも神田達磨の方が好きです。
(浪花家総本店のはちょっとパサパサしているようで・・・)

今回は、JR神田駅から歩いて本店に来ましたが、東京駅に近い八重洲にもお店があるそうです。
おみやげに買うときには、八重洲店の方が便利かも。

ちなみに今年は、1909年にたいやきが生まれて100年目のミレニアムイヤーだそうです。



神田達磨 本店
東京都千代田区神田小川町2-1 日米商会ビル1階
営業時間:11:30~19:00(定休日なし)
TEL:03-6803-1704

八重洲店
東京都中央区八重洲1-6-4
営業時間:12:00~19:00(定休日なし)
TEL:03-6225-2390

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

我が息子が小学校を卒業

今日は小学校の卒業式でした。

09031801

とうとう長男も小学校を卒業。

ついこの前入学式をしたかと思ったら、あっという間に6年経ってしまった・・・

09031803

私は招待状をもらっていたので、来賓席から撮影させてもらいました。

今年は、6年生が自分たちで卒業式の内容を考えたそうで、みんなで順番にセリフを言うようなやつはなくなりました。
歌もなかなかいい歌をチョイスしていて、涙を誘います。

その後、「感謝の手紙」を読み出したら、あちこちから鼻をすする音が聞こえてきます。
ウチの嫁さんも耐えられなかったようで、目が真っ赤っ赤。
6年生も女の子数人、泣いてました。

あと3週間もすれば中学生。
これからが本格的に大変だョ・・・

| | コメント (2)

2009年3月17日 (火)

ぷらっとこだまで帰ります

今日も、福島からの乗車券で途中下車しながら仕事します。

09031701
この乗車券、東京都区内までのきっぷです。

では、東京から大阪まではどうするのかというと、実はぷらっとこだまを買ってるんでした。
09031702

ぷらっとこだまは以前、東京へ行くときに使いましたが、今回は大阪への帰りに使うことに。

グリーン車に乗れて、さらにドリンク券もついて11,500円。
但し、こだま限定。

東京から大阪までこだまだと4時間かかりますが、ゆっくりのんびり帰ります。

19:26発、こだま683号。
09031703_2

とうとうこだまでも700系が使われるようになりました。
09031704

グリーン車は当然ガラガラ。
09031705

と、思いきや、品川から20人ぐらいの団体客が乗ってきたり、ちらほら一般客もあったりで、想像以上の乗車率でした。

今日のぷらっと席には、私の他にビジネスマン風の男性がもう一人。
ただ40半ばと思しきこの男、風邪をひいてるのか花粉症なのか、ずっ~と鼻をすすりっぱなしで、もうやかましいのなんの。

じゅるじゅる~ じゅるじゅる~

じゅるじゅる~ じゅるじゅる~

静かなグリーン車で、東京からずっ~~~とこの調子。

もうちょっとでティッシュを投げつけて、

鼻かめ! ヤカマシイんじゃ!!

と、言ってしまうところでした。

花粉症なら少なくともマスクぐらいしろよ。
ええ歳こいて、みっともない。


さて、ぷらっとに付いてるドリンク券は、東京駅の売店でプレミアムモルツと交換。
大丸で買ったお惣菜「から揚げ葱まみれ」をアテに一杯。
09031706
これぞ至福の幸せ。
聞こえてくる「じゅるじゅる」さえなければ、もっと幸せ。

只今、米原駅に停車中。
最後の通過待ち。
これまで何本追い抜かされたことか。。。

| | コメント (0)

2009年3月16日 (月)

静岡県→福島県→栃木県へ出張中

今日の出張は、まず静岡県へ向かいます。

乗車券は福島まで買って途中下車。
09031602

ひかり508号は700系。
09031601

途中、のぞみの通過待ちをした静岡駅の線路。
駅がカーブの途中にあるので、待避線は平らですが本線(通過線)にはカントが付いてます。
09031603
高速で通過する駅では、見た目でもはっきりわかるくらいのカントなのが萌え~
すいません、マニア目線でした(笑)

今日は雲ひとつない天気で、三島駅のホームから見える富士山もきれい。
09031604

その後、東京へ向かうこだまの車中でお昼の駅弁。
東京に着いても、まだ道半ば。
ここから東北新幹線に乗り換えます。
09031607

福島へは、E4系MAX。
09031608

いつもは2階席が一杯なので1階席ばかりでしたが、今日は珍しく2階の指定席が取れました。
09031609
2階席だと、防音壁の上から見えるので眺めがいい。
なので、いつも2階席から埋まっちゃうんだよね。

福島で仕事の後、在来線で南下します。
09031610
ちょうど夕方だったこともあり福島を出たときには座れませんでしたが、3~4駅も過ぎればだんだん空いてきて、座れるようになります。

黒磯行きだったので、郡山でのイス取り合戦もなく快適。

最近、急に有名になった栃木県。
その県庁所在地、宇都宮に到着。
09031611

宇都宮といえば餃子の街。
でも、ウチの息子たちは、栃木といえばやはりU字工事のようです(笑)

ごめんね、ごめんね~

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

遼寧省撫順市の街の様子

この出張で初めて行った撫順の街。
ピックアップの車から見た街の様子を並べてみます。

今回、撫順での足は、許昌の時と同じオデッセイ。
うちの会社も相手の会社もホンダ系ではないので、たまたまカブったんでしょう。
Fus01

瀋陽空港から車で1時間ほどで撫順です。
瀋陽の市街地を外れると、ボロいレンガづくりの平屋の家が並んでます。
中にはドアや窓ガラスのない家もあって、アジアな雰囲気。
Fus03_2
この日は、雪ときどき大雨の天気。
ここ撫順は露天掘りの炭鉱があるせいか、地面の土、建物の屋根、道端のホコリ、すべてが黒い。
そこへ雨が降るもんだから、道端の水たまりは真っ黒。
前の車が跳ね上げる水しぶきが、フロントガラスを目隠しするようです。

遼寧省許昌市は中国の東北部に位置し、昔、満州国があったところ。
その当時建設された旧満州鉄道が、今でも走ってます。
Fus04
貨物列車を引っぱる機関車。

車はだんだんひと気のないところへ。
道路のいたるところに大穴が開いていて、右へ左へ穴を避けながら縫うように走って行きます。
凸凹を拾うたびに車はホップし、天井に頭をぶつけてしまう。
口を開けてたら舌を噛んでしまいそうになるので、歯を食いしばってました。

周りはだんだん怪しい雰囲気に。
Fus02
こんなところで襲われたら逃げようがないな。
まさか、この一角にこれから行く会社があるんかな?
地面はぐちゃぐちゃだし、車から降りたくない・・・

そんな心配をしてましたが、訪問先の会社はきれいでした。

さて翌日、ホテルの窓から外を見ると、目の前の川が凍ってました。
Fus05

しかも、その氷の上にスケートリンクらしきものが。
Fus06
前日の大荒れの天気から一変、快晴となりました。

ここ撫順は北緯42度にあり、札幌と同じくらいの緯度ですが、大陸性気候なので冬は日本より寒くなります。

この日の気温はマイナス12℃。
街中ほんのり雪化粧しており、道はガリガリに凍ってます。
Fus07
でも、車はみんなノーマルタイヤ。

スタッドレスタイヤってなに?

というような雰囲気で、あたり前のようにノーマルタイヤで走ってます。

ノーマルタイヤで事故らへんの?
と思ってたら、そこらじゅうで事故ってました。


撫順の街でよく見たのがこんな車。
Fus08
日本の軽自動車よりちょっと幅の狭いこの車。
タイヤも細くいかにも安そう。

ところが、横から見るとちょっと変でない?
Fus09
フロントタイヤが見えません。
というか、フロントフェンダーから前がない?
実はこの車、3輪車でした。

この3輪車が、そこらじゅうで走ってます。
Fus10
ちょっとスピード上げて曲がったら、すぐにコロっと倒れそう。

しかもこの3輪車、どことなくベンツのAクラスにそっくり。
タイヤを1つ減らして安くして、ベンツに似せた顔つきにしてしまうとは、いかにも中国っぽい車。

ホントはもっと街をブラブラしたかったけど、時間もなく寒かったのでやめました・・・

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

ホワイトデーのお買い物に行く

今日3月14日は、円周率3.14・・・にちなんで、「数学の日」だそうです。

しかし、街中どこへ行っても「ホワイトデー」の文字。

ということで、手作りのバレンタインチョコをくれた姪っ子に、”お返し”を買うことに。


「ホワイトデー 何がいい?」

と聞いたところ、

パンツ買って!

というので、リクエストに応え下着屋さんへ。

09031401

「どれがいいと思う?」
「これ、かわいいかな?」
「これとこれ、どっちがいい?」

と聞かれても、答えようがありません。
こんなお店に連れて行かれ、なんだか落ち着かん。

「もう、両方買うたるわ」

ということで、合計3点お買い上げ。

傍から見たら、
娘と一緒に下着を買いに来たお父さん
に見えるんでしょうね。


ちなみにここの店員さん。

「ら~っしゃ~っせぇ~」
「どぅぞ~ごら~んくださ~ぃ」

って、柳原可奈子がするショップの店員と全く同じでした(笑)

超ウケる~

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

許昌で足ツボマッサージ 『華夏良子』

許昌でお客さんと夕食のあと、中国人3人と足ツボマッサージへ行くことに。

許昌市で有名な足ツボマッサージの店、『華夏良子』
Hxlz02
華夏良子は足ツボマッサージのチェーン店だそうで、青島などにもあるそうです。

店の2階へ上がると、個室がずらりと並んでます。
ソファーベットが4つある個室に通されると、小姐が4人やって来ました。
Hxlz04

ハイ、今日の担当の小姐!
Hxlz03 

日本なら自分で靴下脱いで準備しますが、ここは中国、靴下も脱がしてくれます(笑)

まずは桶に薬草が入ったお湯を入れ、足湯から。

その間、頭のてっぺんから顔、手とマッサージしてくれますgood

足はまず垢すりから始まって、ツボ押しへ。
もっとキツくしてくれても良かったかなgoodgood

その後、プリンの器のような丸い瓶にアルコールを湿らせた綿が入っていて、ライターで火をつけます。
これを足の裏でフタをすると火が消え、熱せられた空気が減圧されて足の裏がギューーーっと瓶の中に引っぱられるんですが、これが実に気持ちイイ!

小姐4人のうち、ひとりは黙々とマッサージしてましたが、私の担当を含め3人はかなりおしゃべり大好き。
特に私の片言の日本語風中国語が大ウケで、ウケるとついついもっと笑わせたくなるのが大阪人の性。

いや~なかなか楽しいひとときだった(笑)

マッサージが終わったあと、帰りがけにおみやげをくれました。
Hxlz01 
白靴下、2足入り!

こんな純白の靴下、イラネ~

おれはミドリ電化か!

と思わずつっこんでしまいます。

| | コメント (0)

2009年3月12日 (木)

許昌のイスラム料理の店でラーメンを食べる

河南省許昌市で、地元の人おすすめのイスラム料理店に行きました。

『灯塔民族飯荘』
Xlmn01

この店の名物はラーメンだそうです。

という訳で、料理のシメにラーメン。
Xlmn02
白湯スープですが味はほのかに塩気がある程度で、ほとんどお湯。
ラー油のようなスパイスがアクセントになりますが、ただ辛いだけ。

トッピングの肉は牛と羊です。
イスラム料理店だけに、豚はありません。
この肉とスープの組み合わせはアリかも。

このラーメンの特徴は、なんといっても超極太の麺。
Xlmn03
だいたい3cm幅ぐらいあります。
まるで一反木綿みたいな麺は、食べごたえ満点。
ラーメンといっても、麺にかんすいは全然使っておらず、きしめんのような味でした。


このお店、イスラム料理店なので豚はありませんでしたが、お酒は普通のお店と同じようにありました。
信者でなければ、お酒を提供してもいいんでしょうか?
例によって、白酒(パイチュー)を飲まされましたが・・・

豚肉がない分、牛肉や羊肉は充実してました。
Xlmn04

特に、牛のアキレス腱とち○ち○はウマかった!(笑)



灯塔民族飯荘
許昌市東大街121号

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

湖南省許昌市の街の様子

今回の出張で行った河南省許昌市の街の様子をご紹介。

許昌市は四方を川に囲まれていて、ごくごくありふれた地方都市。
Xc01

市内中心部には、運河がぐるりと整備されています。
Xc02

市街地はそれなりに賑わっていますが、少し街を外れると、ただ土地が広がっているだけになります。
Xc03

中国銀行ビルが市内で最も高い建物になるんでしょうか?
Xc04
このビルの周りには、団地が並んでいます。

だいたいどの団地も、屋根にソーラー給湯器が置いてありました。
屋根のブロックがそこらじゅうめくれてる。
Xc07
これじゃ、雨漏りひどいだろうに。

許昌博物館。
Xc05
何の博物館かはワカリマセン。
許昌博物館というだけに、三国志時代のものがあったりして?

市街地から高速のインターに向かう道沿いに、変わった街灯が並んでました。
Xc06
この街灯、風力発電と太陽光発電を備えていて、自分の電力を自分で賄っています。
風車と太陽電池が一緒になった街灯は珍しい。
電力を作ろうと必死な感じもしますが、かなりエコな街灯です。

高速道路の料金所に、こんな立て札が。
Xc08
いかにも中国っぽい。

今回、許昌での足はRB1オデッセイでした。
Xc09
もちろん左ハンドル。

広州ホンダのエンブレム、以前は『広州HONDA』でしたが、最近は『広州本田』と全部漢字になっているようです。
Xc10_2 

私のクルマにも『広州HONDA』のエンブレムを付けてるんですが、オール漢字バージョンもいいかも。
Guangzhou02

ちょっと頼んでみようかな?!

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

上海リニアに乗ったけど、最高速度が抑えられてた

上海・浦東空港で国内線から国際線へ乗り継いだんですが、時間が2時間程あったので、市内へ出て買い物することに。

浦東空港からはもちろんリニアに乗ります。
なんせ、地上で時速430kmを体験できるのはここしかないからね。

市内へ出てすぐに戻ってくるので、往復のチケットを買います。
片道だと普通席50元/貴賓席(VIP席)100元ですが、往復だと80元/160元となり、20%割引に。
Smt201
ここんとこ普通席ばかりだったので、今回は久しぶりに貴賓席に乗ることにしよう。

上海リニアは当日の航空券を持っていると20%引きになるので、往復160元からさらに安くなると思ったら、バッチリ160元請求されました。

「チケット持ってたら20%割引になるんちゃうんの?」
と聞いたら、20%引きになるのは片道のみで、往復だとすでに20%引いてるからこれ以上は安くならないと言われてしまいました。

そんなに甘くはないか・・・orz

貴賓席の切符。
Smt203
日本のように紙の切符ではなく、非接触ICカード。


有人の自働改札を通ると、ホームへの降り口に乗客が並んでました。

「あれ~ホームで待てなくなったんや」
と思ってたら、ホームへの降り口も普通席と貴賓席で分けられてます。
Smt202

貴賓席は右側の通路から。
Smt205

階段の手前にロープが張られてます。
Smt206
柱にも金色の布が巻かれ、ちょっとゴージャスな雰囲気。
さすが貴賓席用の通路。

普通席は反対側から。
Smt207

しかし!

普通席側の通路は、エスカレーター完備。
Smt208
なんで普通席がエスカレーターやのに、
倍の値段払ろてるVIP席が階段やねん!


と、文句は出ないんでしょうか?


しばらくすると、普通席に並んでた人がホームへ降りて行きます。
ところが、貴賓席側の階段は、いつまで待ってもロープが外される気配がありません!

しゃ~ないんで、私もエスカレーターを降りていきました・・・
Smt209
なんだかちょっと悔しい・・・

上海リニアって、いつ見ても二足歩行ロボットみたい。
Smt204

ホームから普通車を見てると結構な乗車率のようで、今までで一番乗客が多いんじゃない?

やっぱり貴賓席にしといて良かった~、と思いながら貴賓席車に乗ってビックリ!
以前まで丸々一両貴賓席だったのが、なんと車両半分が普通席になっており、貴賓席は乗務員室側の半分だけに減らされているじゃあーりませんか!

以前は、一両すべて貴賓席でした。
Smt217
入口側半分が4人掛けのテーブル席。
奥の半分が乗務員室側に向いた座席が並んでました。

ところが、テーブル席のあったところが普通席に。
Smt211

奥の半分が4人掛け対面の貴賓席で、普通席との間はカーテンで仕切られていました。
Smt212
4人掛けの対面ですが、テーブルは設置されていません。

以前までは貴賓席は貸切状態でしたが、今回は往復とも2~3組の乗客がありました。

15時32分00秒に発車。
5秒後に時速11km。
Smt213

出発しておよそ2分で時速300kmに。
Smt214

新幹線ならここで頭打ちですが、リニアは300kmからもグイグイ加速していきます。


と、思ったら、


300kmで加速が止まっちゃいました。 なんで?

しばらく300km/hで走ったあと、減速します。
普段より1分ほど多く掛かり、龍陽路(ロンヤンルー)に到着。
Smt215

貴賓席の門番をしている服務員に、なんで300kmまでしか出さなかったのか聞いてみたら、「今日は風が強いから速度を落としている」とのこと。

え、今日風強い?

たぶん適当なこと言ってごまかしてると思ったけど、仕方ないね。
せっかく430km/hを体験しようと思ったのに、残念。

浦東空港への復路も、時速300km止まりでした。


(2010.01.31up)
最高速度は430キロに戻ってました。
記事はこちら。

| | コメント (2)

2009年3月 9日 (月)

中国で自分の携帯を使ってみた

今使っているD905は海外でも使えます。
今回、中国で初めて使ってみました。

飛行機に乗るときには携帯の電源を切ります。
上海に着いて携帯の電源を入れると、すぐに電波が入りメールが2通届きました。

まず、日本への電話の掛け方について。
Ktai03

それと、紛失、盗難の時の連絡先。
Ktai02
でも、携帯なくしちゃったら掛けられないんじゃ?

携帯の時計は、自動で現地時間になってくれます。
さらに待ち受け画面には、現地時間と日本時間の両方が表示されます。
Ktai01

通話とメールは全然問題なく出来ました。
もちろん通話代とパケ代は異様に高いですが・・・
特に普段パケホーダイを使ってると、想像以上にパケ代が掛かります。
i-mode設定で画像をオフにして、メールもデコメはしないようにしました。

GPSで現在地確認しようとすると、「海外では現在地確認が出来ない可能性がある」と注意画面が出ます。
何回かGPSで現在地確認をしましたが、☆☆☆ばかりで1度もうまくいきません。
D905は単独測位もできるので緯度・経度はわかるかな、と思ってましたが残念です。

携帯を使えば当然電池がなくなる訳ですが、海外で充電するには専用のACアダプターが要るようです。
今回はパソコンとつなぐUSBケーブルで充電したのでアダプターは持っていきませんでした。

いちいち海外用の携帯をレンタルしなくても良くなって、楽になりましたねぇ。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

中国の新聞からご紹介

中国の新聞から2、3記事をご紹介。

まずは日本のニュースにもなってるでしょう、第11回全国人民代表会議が開幕しました。
Np01
(クリックで拡大)


写真中央が胡錦濤、その向かって左が温家宝。
このトップ5人、みんなネクタイが赤いのは示し合わせなんでしょうか?

ちなみに、今回の出張で全人代に出席するという方に会いました。
ただ、「北京に拍手と万歳をしにいくだけ」と言ってたのが、中国の民衆の気持ちを示しているようで印象深かったです。
代表として会議に出席する人でさえ、形式だけの会議だということを承知の上なんでしょう。


次の記事を見てみます。
Np03
(クリックで拡大)

中国は2007年10月24日に月探査衛星「嫦娥一号」を打ち上げ、482日間、月を周回しながら観測。任務を終えた後、月に落下させることに成功したというニュース。

「我が国はさらに宇宙開発を進める」そうです。


最後は日本のニュース。
Np02
(クリックで拡大)

どっかで見たことのある顔ですが、中国でも麻生総理の不人気が報じられ、いわゆる麻生おろし"倒麻"の勢いがついているとのニュース。

この時はまだ小沢一郎の一件は起きてなかったので、自民党はボロクソに書かれてました。

おまけにもう2つ。
麻生総理の右側にある小さな記事。
上には、『日本の天皇夫婦は今年の夏にアメリカ真珠湾を訪問する』(記事直訳)とあります。

下には金正日に関する記事が書いてありますが、内容は忘れちゃいました・・・

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

瀋陽から帰国します

今回の仕事も全て終わり帰国です。

瀋陽から、まず上海へ出ます。
中国南方航空6507便、上海浦東(ぷとん)行き。
09030601
今回はじめて中国南方航空に乗ります。
東方航空に比べると評判が良くないので、どんなもんだろうと興味あったり。

上海には、主に国際線用の浦東と国内線の虹橋(ほんちゃお)の2つの空港があります。
ちょうど成田と羽田のような感じ。
国内線は虹橋行きが多いところ、この便は浦東へ飛びます。
乗り継ぎが楽チンでありがたや~

機材はMD-90。
ボーディングブリッジから操縦席が近くに見えますが、実はこの機長、携帯いじってます。
09030603

定刻より20分ほど遅れて出発。
プッシュバックされたのはいいけれど、そこから動きません。
アナウンスによると、ここでまた10分待つそうです。

窓の外にはトーバーを外された中国国際航空のA319が。
09030604
このA319もプッシュバックされてから長いこと待たされているようでした。

10分ぐらい経ったころ、ようやく滑走路へ向かってタキシング。
ところが、CAを見ると、片手をズボンのポケットに入れ自分の携帯電話をいじってます。
09030606
この時すでに非常用設備の案内を終え、電子機器の電源を切れとアナウンスしたあと。

さらにペットボトルを片手に女性のCAとしゃべりながら、何か食ってます。
09030607
こんな光景見てると、やはり評判は正しいみたい。

離陸すると、雪でほのかに白くなった山々が広がる景色。
09030608
低い山が延々と広がる風景は、日本では見れないよ。

露天掘りの炭鉱もありました。
09030609

そこへ機内食が配られます。
これも中国チックな箱。
09030610

鶏肉ときくらげの炒め物、ザーサイ、パン、パイナップルとお菓子。
09030611

味は・・・・
パイナップルが一番ウマかったかな。

離陸してから2時間ほどで浦東に到着。
沖止めでしたが、なんと後ろのドアも開けてここから降りました。
09030612
飛行機のお尻から降りたのは初めてです。 
ちょっとうれしかった(笑)

今回のMD-90。
09030613
09030614 

さすが上海は暖かい。
瀋陽から緯度で10°ほど南へ移動したことになります。
09030619

ターミナルまでバス移動の間、いろんな飛行機が見れます。
これはカタール航空のA330。
2006年アジア大会の特別塗装機。
09030615

これは香港ドラゴン航空のA330。
09030616

バスは浦東空港第2ターミナルに到着。
さすが新しいターミナルだけあって明るくてきれい。
ここからJALが発着する第1ターミナルへは、連絡通路を歩きます。

10分ぐらい歩いて、ようやくJALのカウンターに。
09030617

中国の空港では、ほぼ全員が金属探知機のゲートで引っかかり、別途身体検査を受けさせられます。日本の空港でOKな格好でも、中国ではダメです。
身体検査では、どうもベルトのバックルと腕時計に反応しているようだったので、今回、腕時計をカバンに入れて金属探知機に挑みました。
もしこれでダメなら、ホントに裸でないとあかんでしょう。

すると・・・

金属探知機は反応せず、無事通過!

はじめて身体検査なしで通れました。
なんだか勝負に勝った気分。
「ザマーミロ!」と叫びたかったです(笑)

中国では腕時計もカバンに入れた方がいいですね。

 
飛行機に乗りこみ席に座ると、すぐにCAさんが「ご搭乗ありがとうございます」と挨拶に来てくれました。

機内食は、魚と野菜の煮物、生ハムとマカロニサラダ、生野菜のサラダ、梨、チョコムースケーキ。
それと、ビール・・・(笑)
09030618
定番のそばはありません。
煮物はかなり薄味。
ずっと中華料理の濃い味に慣れてたので、余計に薄く感じたかも。
このチョコムースケーキのムースはかなりウマかった。

帰りは1時間半ほどで関空に到着。
北の国からのミサイル・・・ いやいや、"人工衛星"にも当たらず、無事帰って来れてよかった~

| | コメント (0)

2009年3月 6日 (金)

河南省・鄭州から遼寧省・瀋陽へ

鄭州(ていしゅう)での仕事を終え、次に向かうは遼寧省(りょうねいしょう)の瀋陽(しんよう)へ。
何年か前、脱北者が日本大使館へ駆け込んだ、あの瀋陽です。

鄭州新鄭空港は新しくきれいなターミナル。
09030501

中国の国内線では保安検査の前に、国際線の出国審査のような身分チェックがあり、外国人は搭乗券とパスポートを出してチェックを受けます。
搭乗券にスタンプが押され、無事通過。
中国東方航空5823便、瀋陽行きです。
09030502_2 
中国の保安検査では、ほぼ100%の人が金属探知機に引っ掛かります。
金属探知機に引っ掛かると、一人ひとり台に乗せられて身体検査を受けます。
ゲートを通る全員が身体検査を受けるので、いっそのことゲートをなくして身体検査だけでもいいのではないかと思ったり。

搭乗ロビーで待っていると、東星航空が出発するところでした。

09030708
東星航空は民間(私有)の航空会社で、格安運賃が特徴。
中国の格安運賃の飛行機って・・・ なんか怖いなぁ。

そうしているうちに瀋陽行きも搭乗が始まり、定刻の11:15に出発。
この便でも機内食が出ました。
09030503
アルミホイルでフタをした主食と、中国っぽい絵が描かれた箱が配られる。

メニューは、甘辛い鶏肉、皮をむいたきゅうりの炒め物、ごはん、ザーサイ、パン、ロールケーキ。
09030504
これはまあまあイケたかな。
全部食べました。

通路側だったので外の様子がよく見えなかったのですが、着陸する直前になっても景色が見えません。
着陸してようやく雪で大荒れだということがわかりました・・・
09030506

こんな天気の中、沖止め。
タラップを降りるとすげ~寒い。
そそくさとバスに乗り込みます。
09030505
乗ってきたエアバスA320。

中国東方航空には今まで何回か乗りましたが、比較的静かに着陸します。
日本の航空会社より上手いかも。
今回もこんな天候の中、ソフトランディングでした。

聞けば、空軍あがりのパイロットが多く、いかにスムーズに着陸するかが腕の見せどころだそうです。

| | コメント (0)

2009年3月 5日 (木)

おみやげをもらったはいいけれど、どうやって持って帰ろ?

許昌のお客さんとの打合せを終えてホテルへ向かっている途中、おみやげを用意すると言って、どことなく怪しげな建物に入りました。
09030405

照明がほとんど点いてないエントランスを入ってすぐ、小さな扉の部屋を開けると、そこは陶芸品屋。
ここ許昌は、陶芸品の名産地だそうです。
棚から床にまでずらりと陳列されています。
09030404_2

「さあ、おみやげにどれでも好きなやつを選べ!」

「えぇぇぇぇ・・・・」(;;;´Д`)ゝ

さすがにここまで来て断る訳にはいきません。
(気持ちだけで十分です、というのはここでは通じない)

てか、おみやげをくれるのはいいけれど、

どうやって持って帰んねん!

デカイわ重たいわ、まだ明日も他へ行かなあかんのに。
まさかおみやげを郵送してくれとは言われへんし。
それに、我が家にはこんな置物を置ける場所もないぞ。

仕方なく、できるだけ小さくて薄くて持って帰りやすいやつを選びました。

それは木の箱に入ってます。
09030401

見よ、この壷!

09030402
この壷には意味があって、赤いのが縁起のいい色、丸いのが何事も円満にいく、ということらしいです。
ちゃんと許昌の名工が作ったものという証明書も入ってます。

この壷の大きさの比較のため、携帯電話を置いてみると・・・

09030403 
だいたいイメージできたでしょうか?


さらに、別の方からもおみやげをいただきました(汗)
09030406
これは陶芸品ではないんですが、いかにも高そうな感じ。

箱を開けるついでに、比較のために携帯を置いてみます。
09030407
なんじゃこれ?

箱に書いてある文字を辞書で調べると、どうやらナツメの実らしい(あくまで推定)。
09030408
うわ~ いらんわ・・・

低温保存って書いてあるし。
09030409
しかも、超特級!
1.618kg入り。

おみやげくれるのはいいけれど、持って帰ることも考えて欲しかったり・・・

| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

上海から鄭州へ移動

今日はまず関空から上海へ向かいます。

不景気の影響でしょうか、いつもはチェックインカウンターや保安検査には行列が出来ていますが、今回はガラガラ。

一応、JGCカウンターでチェックインしましたが、全然並ばずにいけました。
09030302_2

ただ、事前に予約していた席が、モニターのコントローラーが壊れているとかで急遽変更。
09030303
50Gから53Gに。
中央列の50から52まで全滅だそうです。

使用機材はB767-300。
09030304

搭乗時刻までにまだ2時間弱あるんで、ラウンジで朝食。
09030301

定刻に出発したんですが、離陸の順番待ちとかで飛ぶまでに20分ほどかかりました。

離陸してベルトのサインが消えると、CAさんが挨拶に来ます。

おそくじ様、いつもご搭乗ありがとうございます
離陸までに時間が掛かってしまいましたが、上海でお乗り継ぎはございませんでしょうか?


上海で乗り継ぎするのは違いないんですが、あわよくば予約している便の1本前の便に乗ろうと企んでいるだけなので、ここは「ありません」と答えておきました。

そうこうしてるうちに機内食の時間。
09030305
うなぎともやしの煮たやつ、抹茶のそば、その他諸々。
おそばは定番メニューですね。

浦東空港には定刻から10分遅れの12:25に着きました。
ここから国内線に乗り換えるために、タクシーで虹橋空港へ向かいます。

中国では、国際線から国内線の乗り継ぐ時には3時間半あけなくてはならないので、虹橋から鄭州(ていしゅう)までの飛行機は、18:15発を予約してました。

順調に行けば、1本前の14:50発に変更しようと思ってたんですが、途中の高速が大渋滞。
結局、虹橋空港に着いたのが14:30になってしまい、1本前の便には乗れませんでした。

虹橋で3時間ほど待ちぼうけ。
09030308

飛行機が出発する頃は、もう真っ暗。
09030309

鄭州まで1時間40分のフライトです。
ちょっと雲がかかっていて水平飛行に入っても時々揺れますが、そんなこともお構いなし、機内食が出てきました!
09030310
メインは、鳥のチリソース煮と炒青菜。
これはまあイケます。
ごはんはなんとも表現しにくいですが、中国の安食堂で出てくる風味。
さらに、にがうりとにんじんのサラダは、全然味がついてません。
にがうりはただ苦いだけ。
さすがにこれは食べられなかった。

この食事の間も、ベルトのサインは消えずじまい。
鄭州には、20:10に到着しました。

ここから迎えの車に乗り、高速をさらに1時間。
三国志でも有名な、許昌に着きました。

中国は、移動だけで疲れます。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

もうすぐ出発しま~す

只今、関空のラウンジで朝ごはんを 食べてます。

09030301

ホントはビールを飲みたいところですが、自粛してます(笑)

今回の出張は初めてなところへ行くので、ネット環境がわかりません。
なので、明日からの分は予約投稿にしておいて、更新できるようでしたら差し替えます。

では、行ってきま~paper

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

かばんの中身はほとんどおみやげ

ようやく中国出張の荷造りできました。

スーツケースの中身はほとんどおみやげ。
09030201

中国出張は毎回、おみやげを運んでいるようなものです。

さあ、忘れモンはないかな?
明日早いし、はよ寝よ。

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

アコードワゴンの車検準備

すっかり忘れていたアコードの車検のため、タイヤを純正に戻します。

リフトアップは、両側からフォークリフトで持ち上げるという力技!(笑)
09030101
その後、ちゃんとウマを当てます。

ざっと点検したところ、フロントロアアームのボルトのブッシュに亀裂が入ってました。(矢印のところ)
09030102
時間がないので、車検を通したあと交換することにしよう。
その他は大丈夫そうでした。

2年ぶりに鉄チン仕様になりました。
09030103_2
タイヤ交換をすると、4穴で良かった~と思うのでした(笑)


その後、ガソリンを入れるついでに洗車してもらおうと近くのスタンドへ。
洗車のあいだ店の中で待っていると、車検のポスターが貼ってあります。
車検を通してもらうだけなら結構安かったので、一度見積りをしてもらうことに。

車検見積りをお願いすると、単に料金表を当てはめて計算するだけかと思ったら、車をリフトアップして下回りもちゃんと点検しています。
フロントロアアームのブッシュが劣化しているのも見つけました。

その他は問題なしとのことで、見積り金額は約7万5千円。

明日、ユーザー車検しようと思ってましたが、海外出張前でバタバタしてるし、自分で行っても7万円近く掛かるので、結局、ここで車検をお願いすることに。

時間をお金で買ったと思えば、妥当な金額です。
それに、車検予約をしたら今日の洗車代タダになったし。

久しぶりのユーザー車検はちょっと楽しみでもあったので、ちょっと残念だったりして。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »