« 河南省・鄭州から遼寧省・瀋陽へ | トップページ | 中国の新聞からご紹介 »

2009年3月 7日 (土)

瀋陽から帰国します

今回の仕事も全て終わり帰国です。

瀋陽から、まず上海へ出ます。
中国南方航空6507便、上海浦東(ぷとん)行き。
09030601
今回はじめて中国南方航空に乗ります。
東方航空に比べると評判が良くないので、どんなもんだろうと興味あったり。

上海には、主に国際線用の浦東と国内線の虹橋(ほんちゃお)の2つの空港があります。
ちょうど成田と羽田のような感じ。
国内線は虹橋行きが多いところ、この便は浦東へ飛びます。
乗り継ぎが楽チンでありがたや~

機材はMD-90。
ボーディングブリッジから操縦席が近くに見えますが、実はこの機長、携帯いじってます。
09030603

定刻より20分ほど遅れて出発。
プッシュバックされたのはいいけれど、そこから動きません。
アナウンスによると、ここでまた10分待つそうです。

窓の外にはトーバーを外された中国国際航空のA319が。
09030604
このA319もプッシュバックされてから長いこと待たされているようでした。

10分ぐらい経ったころ、ようやく滑走路へ向かってタキシング。
ところが、CAを見ると、片手をズボンのポケットに入れ自分の携帯電話をいじってます。
09030606
この時すでに非常用設備の案内を終え、電子機器の電源を切れとアナウンスしたあと。

さらにペットボトルを片手に女性のCAとしゃべりながら、何か食ってます。
09030607
こんな光景見てると、やはり評判は正しいみたい。

離陸すると、雪でほのかに白くなった山々が広がる景色。
09030608
低い山が延々と広がる風景は、日本では見れないよ。

露天掘りの炭鉱もありました。
09030609

そこへ機内食が配られます。
これも中国チックな箱。
09030610

鶏肉ときくらげの炒め物、ザーサイ、パン、パイナップルとお菓子。
09030611

味は・・・・
パイナップルが一番ウマかったかな。

離陸してから2時間ほどで浦東に到着。
沖止めでしたが、なんと後ろのドアも開けてここから降りました。
09030612
飛行機のお尻から降りたのは初めてです。 
ちょっとうれしかった(笑)

今回のMD-90。
09030613
09030614 

さすが上海は暖かい。
瀋陽から緯度で10°ほど南へ移動したことになります。
09030619

ターミナルまでバス移動の間、いろんな飛行機が見れます。
これはカタール航空のA330。
2006年アジア大会の特別塗装機。
09030615

これは香港ドラゴン航空のA330。
09030616

バスは浦東空港第2ターミナルに到着。
さすが新しいターミナルだけあって明るくてきれい。
ここからJALが発着する第1ターミナルへは、連絡通路を歩きます。

10分ぐらい歩いて、ようやくJALのカウンターに。
09030617

中国の空港では、ほぼ全員が金属探知機のゲートで引っかかり、別途身体検査を受けさせられます。日本の空港でOKな格好でも、中国ではダメです。
身体検査では、どうもベルトのバックルと腕時計に反応しているようだったので、今回、腕時計をカバンに入れて金属探知機に挑みました。
もしこれでダメなら、ホントに裸でないとあかんでしょう。

すると・・・

金属探知機は反応せず、無事通過!

はじめて身体検査なしで通れました。
なんだか勝負に勝った気分。
「ザマーミロ!」と叫びたかったです(笑)

中国では腕時計もカバンに入れた方がいいですね。

 
飛行機に乗りこみ席に座ると、すぐにCAさんが「ご搭乗ありがとうございます」と挨拶に来てくれました。

機内食は、魚と野菜の煮物、生ハムとマカロニサラダ、生野菜のサラダ、梨、チョコムースケーキ。
それと、ビール・・・(笑)
09030618
定番のそばはありません。
煮物はかなり薄味。
ずっと中華料理の濃い味に慣れてたので、余計に薄く感じたかも。
このチョコムースケーキのムースはかなりウマかった。

帰りは1時間半ほどで関空に到着。
北の国からのミサイル・・・ いやいや、"人工衛星"にも当たらず、無事帰って来れてよかった~

|

« 河南省・鄭州から遼寧省・瀋陽へ | トップページ | 中国の新聞からご紹介 »

乗り物@飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河南省・鄭州から遼寧省・瀋陽へ | トップページ | 中国の新聞からご紹介 »