« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

姪っ子の結婚式でバージンロードを歩く

今日は姪っ子の結婚式でした。

普通なら親族の中の一人になるだけですが、ちょっと訳あって、新婦と一緒にバージンロードを歩くことに!(どんな訳かはご想像にお任せします)

10073101_2

息子二人の我が家ですが、まさかバージンロード歩くとは夢にも思わんかったヨ!

一応、事前に予行演習をしたけど、実際、本番になると、まさかの練習とは違う展開。
新郎のところまで行ったら握手して、新郎・新婦の手を両手で握って一言祝いの言葉を掛けるはずでした。

が!

新郎のところまで行くと、新郎がひざまずきプロポーズしよる。
全参列者のカメラが向けられるので、私は慌てて邪魔にならないところへ。

打ち合わせと違うじゃないかよー!(笑)

まあ盛り上がったし、ええか。

姪っ子とは小さい時からずっと一緒にいたこともありウルっときてたけど、必死でガマンしてました。
でも、新婦からの手紙を読み始めで決壊。

いや~ 泣いたねぇ。

モーニングも生まれて初めて着たし、四十前にして貴重な経験をさせてもらいました。

| | コメント (3)

2010年7月30日 (金)

イタリア風ラーメンはいかが? 『五大力』@豊中・東豊中町

イタリアンなラーメンで人気のラーメン店、『五大力』

2年ぶりに行ってみました。
Gtirk11
今回は息子と一緒に。

ここのラーメンは透き通ったコンソメスープがベース。
2年前に初めて行った時、かなりビックリでした(記事はこちら

息子はお初だけに、無難に熟玉らーめん(醤油)で。730円也。
Gtirk14
「無難に」といってもコンソメスープなので全然無難じゃないけど。
麺にもほんのり味が付いていて、さっぱり平らげることができます。

私はというと、テーブルに置いてあったこのPOPが目に入り・・・
Gtirk12
なんじゃこりゃ?!

冷たいらーめん2010
じゃがいもとエビの冷製クリームスープ
エビ・タコ・イカのマリネ


でも、なんかウマそうなので注文してみました。

マーレ 880円也
Gtirk13
エビ・タコ・イカにトマトと・・・ 葉っぱ(笑)
何の葉っぱかわからなかったんで(^_^;)
スープの冷たいジュレが添えられ、ほんのり味が効いてます。

これをつけ汁に浸けて食べますが、ちょっとつけ汁の味が濃かったので、つけ汁を麺の方へ全部かけていただきました。

もう、ラーメンの域を超えた美味。
まるで冷製スープパスタを食べてるようですが、麺がパスタじゃなくラーメン。
まさにイタリアンラーメン。

この夏、超オススメですよ!!



麺家 五大力(ごだいりき) 東豊中本店
大阪府豊中市東豊中町 5-30-25
営業時間: 
11:00~24:00(月曜定休・平日15:00~17:00休み)
TEL: 06-6857-5559

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

7月度運営委員会

昨日は中学校でPTA運営委員会でした。

先月の運営委員会は近所の居酒屋でしたが、今月はまじめに?学校で。
ただ、PTA室はエアコンがないので暑い。
そこで、校長先生と交渉し、今回はクーラーの効いた校長室で会議することに。

主な議題は、8月にするペンキ塗りと9月の草刈りについて。

ウチの中学校では、毎年夏休みの間にPTAが校舎のペンキ塗りをします。
今年は渡り廊下4箇所。
ざっくり寸法測ったら、14平米×4面、28平米×4面、合計168平米。

ペンキどれくらい要るんかねぇ?(笑)

さらに9月には、これまた毎年恒例の校内の草刈り。
保護者と生徒と一緒になって草刈りします。

会議の後、この前のたまごせんの決算。
最終的に利益は30,960円ありました。
利益率55.5%、ざっと計算通り。

この儲けで、PTA室にウインドクーラーを付けることになりました。
これで真夏の活動も少しはマシになるでしょう。
一応、校長からもOKもらったけど、「壊れたらPTAで直してね」と念を押されたりして。

ようやく1学期が終わった訳ですが、2学期はいろんな行事が目白押し。
ゴールはまだまだ向こうですが、メンバーに恵まれたおかげで楽しくやってけるでしょう。

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

かなーり寂しい展望ロビー 大阪駅前第3ビル

大阪駅前にはたくさん高層ビルが建ってます。

高層ビルといえば最上階に下界を眺める展望ロビーがありますが、知る人ぞ知る展望ロビーへ行ってみました。

今でこそ大阪駅前には高層ビルが増えてるけど数十年前までは数えるほどしかなく、当時からある有名どころと言えばマルビル。

それと、大阪駅前第3ビル。
D3btnb02

地上34階建のこのビルが建った1979年当時、西日本一の高さを誇る”超高層ビル”でしたが・・・
D3btnb01
今では、もっと高いビルが乱立してる。
これも時代の流れか・・・

第3ビルの展望フロアは32階と33階。
D3btnb03

エレベーターで33階へ。
D3btnb04


エレベーターホールから薄暗く天井の低いフロアーを歩くと、展望ロビーが広がって!






D3btnb05

しょぼ!(笑)



とは言うもののここは地上33階、一応眺めはいい・・・
D3btnb06

けど、隣にはもっと高いビルも・・・
D3btnb07

展望ロビーのすぐ後ろに32階へ下りる階段。
D3btnb08

階段を降りると、32階にも展望ロビーがあり・・・






D3btnb09

天井低っ!(笑)

しかも狭いし暗いし。


これでもかつては西日本一の展望フロアとして賑わってたかもしれないけど、今や訪れる人はおりません。

このフロアも高級料理店が入居してるけど、空き店舗もちらほら。
地下や地上に近いところはまだマシですが、てっぺんのフロアは寂れた感満点。

それでも夜景はきれいだろうから、カップルで来るにはいいのかも?!

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

あっさりだけどコク深い醤油ラーメン 『満風麺』@花園町

地下鉄四つ橋線花園町駅、国道26号線沿いにあるラーメン屋『満風麺』。

Mnpmn01
この界隈では有名店らしいので行ってみました。

無難に醤油ラーメン(600円)にしようと思ったけど、思わず『ラーメン・チャーハン・キムチセット』を注文。850円也
Mnpmn02
一見あっさりしてる醤油ラーメンですが、コクがあってウマイ。
具の種類も多くていい感じ。

そこへ運ばれてきたるやチャーハン。
Mnpmn03
セットだと小チャーハンになるけど、これでも十分なくらいのボリューム。
普通の一人前だとガッツリ食えるかも。
しっかりした味でウマイ。

注文して待ってる間、ふと壁のポスターが目に入る。
Mnpmn04
なぬ、鶏かわぎょうざ?!
手羽先ぎょうざは知ってるけど、鶏かわのぎょうざって初めて見た。
なんかウマそうじゃあ~りませんか!
思わず追加注文(笑)

おまちどうさま~ 鶏かわぎょうざ、380円也。
Mnpmn05
まさに餃子の皮が鶏かわになってカラっと揚がってますが、鶏かわはカリカリではなくしっかりジューシー。
一口たべるとかわの脂の風味が広がります。

あんもぎっしり。
Mnpmn06
具材はよくわからなかったけど、にんにくは抑えられてます。

行ったときは1階のカウンター席は満席で、2階のテーブル席も半分埋まってました。
さすが、人気店なのがよくわかる。



満風麺
大阪市西成区花園南1-6-16
営業時間: 18:00~翌2:00(月曜定休)
アクセス
: 地下鉄四つ橋線花園町駅3-B出口から国道26号線を南下徒歩1分
TEL: 06-6661-3349

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

小学校の祭りでおばけ屋敷

昨日、ウチの小学校でPTA主催のお祭りがありました。

10072501

おやじ達は先週からおばけ屋敷を作ってましたが、いよいよ本番。

中にはリアクションの薄いクソガキお子さんもいたけど、だいたいこちらが期待してる反応をしてもらい成果上々。

おばけ屋敷の行列に並んだはいいけれど、いざ入る時に恐くなって入れなかったりとか、入ったけど最初の部屋で恐くてリタイアする子も多かったり。


うゎー


ギャー


の悲鳴で、ますますヒートアップ。
おやじ達もだんだん乗っていき、最初よりもだんだん演出が恐くなってきたりして!

こ~わ~い~

と号泣しながらおばけ屋敷から出てくる子どもを見ると、やりがいもありますな(笑)

でも、昨日も猛暑日。
閉め切ったおばけ屋敷は暑いのなんの。
みんな汗ダクで二時間頑張りました。

中で子どもたちのリアクションを見てると、だいたい3パターンに分かれる感じ。
まずは素直に恐がって声に出すタイプ。
このタイプが多いとうれしいですね。

恐いけど声に出さないタイプも。
一見、冷めたようにも見えるけど、実はずごく警戒してたり。
このタイプは固くこぶしを握ってます。

あとは、受身だと恐いので、自ら声を掛けてくるタイプ。
「誰?誰のお父さん?」とか聞いてきたり、意外と多かったのは「こんにちは~ こんにちは~」と挨拶してきたり。

恐さのあまり攻撃してくる子どもはおりませんでした。


二時間頑張ったら営業終わり。
1週間かけて作ったおばけ屋敷も30分で撤収完了。
なんだか淋しい気もしたり。

5年ぶりにウチの小学校で復活したおばけ屋敷は好評でしたが、来年もするとなるとおばけをもう一度作り直さなアカンし、ちょっと大変かも。

一応来年は、巨大スマートボールしたら?と提案しときました。

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

小粋なスペインバル 『コンテンタ』@豊中・桜塚

阪急豊中駅から国道176号を南へ、消防本部の近くにあるスペイン料理の店 『コンテンタ』。
Kntnt04

会社帰りにちょっと寄り道。
暑いときにはやっぱコレやね!
Kntnt01

アテは小皿料理の盛り合わせ。
Kntnt02
どれもおいしいけれど、中でもトルティージャがお気に入り。

スペインのビール、エストレージャ・ガリシア。
Kntnt03
ガリシアの星って意味だそうで。
ホップの風味が効いていてちょっぴり苦味のあるビール。

お酒はもちろんのこと、料理がウマいとついつい足が向いちゃうね。
色々味わいたいけどメニューが豊富なので、かな~り通わないと!
日替わりメニューもあり、毎日twitterでお知らせ、なう

また、予約をすれば本格鴨料理も食べられるので、いっぺん試してみたいなぁ。

情熱の国スペインと言いますが、落ち着いた雰囲気で一人でも気軽に行けるお店です。



小皿料理 コンテンタ
大阪府豊中市北桜塚2-3-9
営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:00)日曜定休
WEB: http://www.ne.jp/asahi/bar/contenta/
TEL: 06-6841-1656

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

小山バウムをもらう

家に帰るとおいしそうなものが置いてありました。
kymbum01
Oh!小山バウム!
嫁さんが知り合いからもらったらしい。

なんか辞書みたいな箱やな~
kymbum02


辞書を開けたらバウムがコンニチハ~
kymbum03

しっとりした生地でほどよい甘さ。
Kymbum04
生地がきめ細かくやわらか~いので、全然パサパサもっさり感はありません。

小山ロールも有名ですが、栗が苦手な私はバウムクーヘンの方がいいなぁ。

ごちそさまー

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

とろけるチャーシューのしあわせラーメン 『白馬童子』@豊中・桜塚

国道176号線、豊中市役所から少し北へ行ったところにあるラーメン屋、『白馬童子』
Hkbdsr01

しあわせラーメン、700円也。
Hkbdsr02
運ばれてきたラーメンには、のりに”幸せ来訪”って書いてある。
名前が『しあわせラーメン』だけに?
分厚いチャーシューはとろっとろに煮込まれていて、口の中でとろけちゃう。
細麺はゆで具合のリクエストが出来るので、かためでオーダー。
スープはとんこつしょうゆのコクのある濃いめの味。

入口脇にキムチバーもあるので、待ってる間もキムチや漬物をつまんでりゃ苦にならず。
ファミリーでも行けそうなイイ感じのお店でした。

店の横にコインパーキングもあり、40分以内なら駐車料金もいただけるそうで。
Hkbdsr03
人気のラーメン屋は迷惑駐車も多いけど、これなら堂々とクルマで行けるね。



白馬童子(はくばどうじ) 桜塚店
豊中市北桜塚1-5-29
TEL: 06-6855-3525

| | コメント (0)

2010年7月22日 (木)

おばけ屋敷製作中

今度の日曜日に息子の小学校でお祭りがあるんですが、そこでおやじの会でおばけ屋敷をすることになり、目下おばけの製作中。

この前の3連休と平日の晩にコツコツと仕上げ、ハード面はほとんど完成。
あとは演出かな。

ウチの小学校では5年前まで地域も含めたお祭りがあり、おやじの会のおばけ屋敷は名物になってました。

おやじが作るおばけ屋敷といえば、かぶりもんをして「うゎー!」とおどかすだけかと思いきや、センサーを通してコンプレッサのエアで生首を飛ばすとか、ドライアイスを噴射するとか、それらの機械を動かすプログラムまで組んでおり、手作りの域を超えた仕掛けで、当時入会したてだった私もビックリ!
なんせ、会場となる教室を採寸してCADで図面まで引いてたし。

噂を聞きつけた近所の小学校からも視察団が来たけど、みんな「とてもマネできません」と言って帰るぐらい。

訳あってそのお祭りが取りやめになり、おばけ屋敷もしてなかったんですが、今年、5年ぶりに復活。

といっても、当時を知る人は私を含め2、3人しかおらず、製図屋も内装屋もプログラマーもすでにいないので、まさに手作り・手探りの状態からの再出発。

幸いにして、以前作ったおばけ達が誰も寄り付かない校舎奥の倉庫に眠っており、これを使っておばけ屋敷を作ることに。
まさに、過去の遺産さまさまです。

その当時、私が作ったマスコット達をちょっとご紹介w

これはミイラ男。
Obke001
角材で骨格を作りダンボールで肉付けをして、包帯がわりにトイレットペーパーをぐるぐる巻きに。
身長は約2mありますが、一応自立します。
さらに肩の関節と腕を可動式にしてるので、いろんなポーズが出来たり。
この辺は理系のA型のこだわり(笑)
ただ、顔面が破損してたので、とりあえず面を被せて応急処置。

写真を撮るために明るくしてますが、実際は真っ暗なところで照明を当てて演出。
Obke003_2
100均で売ってる白色LEDライトに赤いセロハンを巻くと紫っぽい光になり、この光をトイレットペーパーに当てるとちょっと蛍光っぽくいい感じで光ります。

これは、ドラキュラの面に目玉を入れて光るように。
Obke002
ピン球(卓球の玉)を半分に切り、白色LEDを仕込んでます。
3Vの乾電池で発光。
黒目は黒い紙を貼ってあり、ちょっと目を充血させた感じに。

以前はセンサーで人が寄ってきたら光るようにしてたけど、今回はそれも無理なので光らせたままに。

こんな感じで着々と鋭意製作中!
きっと楽しい?おばけ屋敷になってくれるでしょう。

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

関東鉄道竜ヶ崎線は地域の足として活躍中

関東鉄道・常総線に続き、竜ヶ崎線にも乗ってみました。

竜ヶ崎線は、JR常磐線佐貫駅から竜ヶ崎駅までを結ぶ全長4.5kmの盲腸線。
現存ずる盲腸線といえば参拝者輸送が多いところ、竜ヶ崎線は茨城県龍ヶ崎市をかすめるように走るJR常磐線と龍ヶ崎市中心部を結ぶ通勤・通学路線として活躍中。

ちなみに鉄道は『竜ヶ崎』、市町村名は『龍ヶ崎』を使ってるらしい。

JR佐貫駅から案内板に従って歩くと、真新しい駅ビル1階が関東鉄道佐貫駅。
Ktrgs01

券売機とPASMO簡易改札機の奥にホーム。
Ktrgs02

ホームにはキハ2000形が入線中。
Ktrgs03
行先幕は『竜ヶ崎-佐貫』の固定。
ワンマンの単編成ですが、夕刻の車内は乗客でいっぱい。

佐貫を出発して7分で終点竜ヶ崎に到着。
Ktrgs05
全線単線ですが行き違いができる設備がないので、1本の列車が行って帰るピストン運行。

竜ヶ崎線は、竜ヶ崎に向かって右側にしかホームがないため、竜ヶ崎側の運転室は右側に設置。
Ktrgs07

半室構造なので、左側から前面展望が楽しめたり。
Ktrgs04

ちなみに、佐貫側の運転室は左側の半室。
Ktrgs08
Ktrgs09

竜ヶ崎駅は市内中心部にあるだけに、結構な賑わい。
Ktrgs06
写真では閑散としてるようですが・・・

乗客はすでに列車に乗り込んじゃったあとでした。
Ktrgs11
乗ってきた列車でまた引き返す。
佐貫行きも家路に向かうサラリーマンでかなりの混雑。

単線の盲腸線、単編成ワンマン、列車交換も出来ない地方ローカル線の要素がふんだんに盛り込まれてるけど、他の地方ローカル線と違ったところは、往復とも乗客が多くて座れなかったこと。

生活の足となっている様子がよ~く感じ取れる路線でした。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

関東鉄道常総線でキハ100形に遭遇

仕事で、茨城県は下妻へ行ったときのこと。

秋葉原からつくばエクスプレスと関東鉄道常総線を乗り継ぎ、1時間半ほどを掛け下妻駅に到着。

この区間は単線で下妻駅で列車交換が出来るのですが、行き違いの列車を見ると朱色の列車が止まってました。
Kntkh1013
左の白い車両は私が乗ってきた列車で、向こうの朱色のは・・・


ハッ!


旧国鉄キハ30改め、キハ101じゃあーりませんか!

Kntkh1011
1966年製なので今年で44才。
切妻型の前面にブタ鼻ライト、外吊り式の両開きドアが特徴。
朱色の『首都圏色』の単色ボディーカラーもいい雰囲気。

前面の行先幕は水海道のりかえ取手行ですが、側面サボは水海道行き。
Kntkh1012
このサボも昭和感満点。

ちなみにこの『水海道』ってずっと「みずかいどう」と読むと思ってたら、実は「みかいどう」だったんですね。
Kntkh1014

今はまだ現役のキハ101ですが、新車のキハ5000形が登場し、引退するのも時間の問題か?
機会があればぜひ乗ってみたいなぁ。

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

近所の小学校の祭りでたまごせん屋出店

昨日、近所の小学校のお祭りでお店を出しました。

と、書くと、いつものポン菓子?と言われそうですが、今回はたまごせん屋。
10071801
メンバーは、今、中学校で一緒にPTAをしてる運営委員のみなさん。

PTAの役員や運営委員には珍しく?春のスタートからすいぶんとノリのいいメンバーですが、とうとう祭りの出店までしてしまうほどに(笑)

決してPTAの仕事ではなく、あくまで有志での出店。

祭りの最中、歴代の会長さんをはじめ諸先輩方と話をしたんですが、みなさん「今年の人たちは楽しそうやね」と言うてます。

祭りでは、たこせんにソースと青のりをちょちょいと振って50円で売る店は多いけど、我々はたこせんにたまごを乗せ、ソースに天かす、マヨネーズをかけて100円。
10071802
ボリューム満点のたまごせんなので、これ1枚で結構おなかが満たされます。
これで100円なら、お買い得かと。

最初の構想ではタマゴ400個を用意するつもりでしたが、それが540個になり、当日の買出しで急遽570個まで追加し、少し余らせるくらいに準備。

夕方3時に開店した頃はまだ日が高く暑いのでぼちぼちの売れ行きでしたが、日が沈む頃から行列が絶えなくなり、570個のタマゴを全て売りつくし。

売り上げは55750円。
ラスト1枚は謝恩価格の50円で売ったので。
最初の試作分や隣近所のお店への差し入れ、保存用サンプルなどで12枚のロスが出てますが、予定では40枚分のロスを見込んでたので、十分想定内に収まってます。

材料費のみの原価率は約39%、これに場所代を入れると原価率は約45%。
タマゴの値段が高く想定より原価率が上がってしまったけど、まあ上出来ですわな。

一応、今回のたまごせんのレシピをメモっとくと・・・

たこせん: 1箱200枚入1890円、3箱、5670円
タマゴ: 1パック169円、57パック、9633円
お好み焼きソース: 1.8L入298円、6本、1788円
マヨネーズ: 1kg318円、5本、1590円
天かす: 1kg398円、5袋、1990円
キャノーラ油: 1本298円、1本

たこせんは割れることを考え、タマゴより少し多めに用意。
最初からたこせんを余らせるつもりでしたが、ロスは数枚に収まりました。

お好みソースは1.8Lをちょうど5本使いきり、1本余る。
マヨネーズはジャスト5kgを使いきり、1滴も残らないくらい。
最後は切れるんじゃないかと思いかける量を調整したので、あと1kgあれば余裕だったかな。

天かすは5kgじゃ完全に不足で、後半かける量をセーブしたけど追加で買い出すことに。
あと2~3kg(合計7~8kg)は買うべき。

キャノーラ油は、サラダ油と値段が同じだったからチョイスしただけで、あえてキャノーラ油を選んだ理由はありません。

目玉焼きの黄身をつぶして焼いてたこせんの上に乗せ、そこへソースを塗り、天かす、マヨネーズをかけて完成。
先にソースを塗ってたまごを乗せると、たまごがすべり落ちるかも。

今回出店をしたら、意外な経歴を持つママさんがいることが発覚。
昔、たこ焼き屋でバイトしてたとか、新幹線の車内販売とか、社員食堂の調理員とか・・・
どうりでみんな手馴れてる訳だ!

こちらが何も言わなくても自然と持ち場、役割が分かれ、テキパキ動いてくれる。
私は、「会長さん、ソース補充お願い!」「天かす!」「お茶!」とか、完全に裏方で補助役(笑)

何ともパワフルで頼もしい面々が揃いも揃った今年のPTA運営委員だなぁ~と実感した次第です。

| | コメント (0)

2010年7月18日 (日)

アットホームな地域密着の居酒屋 『彩さい』@豊中・春日町

先日、PTA会長会があり、市内の中学校へ。
一応まじめな会議の後、この日のメインイベント、懇親会へ(笑)

学校から歩くこと10分ほどのところにある居酒屋、『彩さい』。
Sai01
こじんまりしたお店ではありますがアットホームな雰囲気で、地元の常連さんたちの憩いの場になってるみたい。

今回は幹事さんの顔で?、会費4000円でもりだくさんの料理とドリンク飲み放題に。
Sai02
食べきれないほどの料理で大満足。
どの料理もおいしくて、ウチの近所にもあったらええのにな~



彩さい
大阪府豊中市春日町2-1-9
アクセス: 阪急バス宮山バス停すぐ
営業時間17:00~23:00
TEL: 06-6841-5380

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

デミグラスソースのパスタ 『横濱たちばな亭』@新横浜駅

JR新横浜駅、新幹線コンコースに直結してるキュービックプラザ。
その3Fにある洋食店、『横濱たちばな亭』。
Tcbnt01
洋食屋ではありますが、バーのような雰囲気も。

オムライスもウマそうだったけど、今回はデミグラスビーフパスタ。
890円也。
Tcbnt02
パスタにデミグラスソースとは、有りそでなかった組み合わせ。
今まで、ハンバーグに添えられてるスパゲティにデミソースが付いちゃったやつなら食べたことあったけど、これがメインとなるとお初。

味は想像通りにウマい!
温泉たまごがいいアクセントになってる。

これは家でもしたいなぁ。



横濱たちばな亭 キュービックプラザ新横浜店
横浜市港北区新横浜2-100-45
新横浜駅 キュービックプラザ新横浜3階
営業時間: 9:00~21:00
TEL: 045-472-4757

| | コメント (0)

2010年7月16日 (金)

中国語検定を受験した

去年の6月から中国語講座へ通うようになり、一年が過ぎました。

ここらで自分の実力を測ってみようと思い、去る6月27日、コソ~っと中国語検定を受けてみました。
Chsj01
講座の同級生や先生にも一切言わずに(笑)

受験したのは一番下の準4級と、その一つ上の4級。
Chsj02
まあ、取っ掛かりにはちょうどいいレベル。

準4級は、特に試験勉強しなくても受かる自信はありました。
今回の目標は4級合格だったんですが、準4級は保険ってことで。

検定受験はあくまで到達度を測るためであって、検定に合格することが中国語学習の目的ではないので、4級の受験勉強も特にはせず、前日に参考書をひと通りやっただけ。

しかし・・・

もっと早めにやっとけば良かった、と思ったり・・・(汗)

試験当日、午前に準4級。
こちらは日々の勉強のおかげで楽勝。

はっきり言って簡単すぎるぜ、保険にもならないよ!
な~んて思ったり。

試験開始後、ある程度時間が経ったところで、退室が許可されます。
試験官からの
「出来た方は退室しても構いません」
の言葉と同時に退室。

午後からは4級。
午前の調子でちょちょいとやってしまお!
と思ったら、愕然。

む、むつかしい・・・(滝汗)

結局、試験終了15分前まで掛かってしもた。

受験後、検定協会のサイトで解答がアップされてたので自己採点してみたところ、準4級は92点。
合格点は60点なので間違いなく受かってるけど、しょうもないミスもあったり。

問題は4級。
直近の過去問をやっとけば良かったのに参考書しかしなかったもんだから、参考書と出題形式が違っていて、ここでつまずいた!(>_<)

リスニング問題、質問文が予め印刷されていると思ってたら、質問自体もリスニングしなければならず・・・
へたすりゃ全滅かも。

ところが自己採点したところ、リスニングが90点、筆記が68点。
あれ、リスニング出来てるやん。
合格基準点はそれぞれ60点だからリスニングはいいけど、筆記がやばい。
まあ、受かってくれたらいいなぁ。




で、いよいよ合否通知が届きました。





結果は・・・






Chsj03
両方とも合格!\(^o^)/

4級の得点を見たら、リスニング90点、筆記80点。
Chsj04

あれ、自己採点よりかなりいいやん!

あまりにも違いすぎるのでもう一度自己採点したら、筆記の自己採点が間違ってた。
まあ、受かってりゃそれでええわ!

社会的には何の価値もない4級ですが、それでも受かってるとうれしいもんです。

一応、客観的に履修度がわかったけど、最終的な目標の『6才の子どもレベル』になれるよう、これからも日々精進しましょ。

| | コメント (2)

2010年7月15日 (木)

極太こってりラーメン 『ぽっぽっ屋』のつけ麺@東京・小伝馬町

東京へ行くと、なぜか立ち寄りたくなるラーメン屋『ぽっぽっ屋』。
Ptpty100701
違う店を開拓しようとも思ったけど、やっぱりここのラーメンが食べたくなってしまった。

これまではずっとラーメンを注文してたけど、今回はつけ麺ならぬ、『つけらーめん』をオーダー。800円也。
Ptpty100702
麺・スープともあつ&あつ。

行きたくなる理由は、たぶんこの極太麺。
Ptpty100703
お箸ぐらい太さの麺。
こってりスープを絡まってウマイ!

こんな食べごたえのあるラーメンは他にないもんね。



ぽっぽっ屋 本店
東京都中央区日本橋小伝馬町16-12
営業時間: (昼)11:00~15:00、(夜)17:30~21:00 (土曜は昼のみ、日祝休み)
TEL: 03-3666-2151

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

中国から修学旅行生がやってきた

先週、息子の中学校に、中国・四川省の成都から中国人初中生(中学生)が修学旅行にやってきました。

私もどんな様子なのか見たいな、と思い、PTA会長の立場を利用して学校へ行くことに。

15才の初中生約30名と先生5名のご一行。
Sxlx01
あ、写真がぼやけてるのは、今年度から校内で撮った写真の扱いに制約が出来てしまったので。

修学旅行生は一年生のクラスに分かれ、日本の中学生と一緒に授業を受けます。
Sxlx03

私が学校へ行くとすでに授業が始まってました。
教頭先生に案内してもらいながら授業の様子を見てると、なんだかもひとつ馴染んでない感じ。

その中で、美術の授業をしてるクラスへ行くと、かなり先生が困ってます。

「現代アートの野外彫刻のデッサンをしようとしてるけど、うまく伝わってなくて・・・」


と言うので、中国人初中生に聞いてみた。

にぃ~はぉ!
ねぇねぇ、君たち野外彫刻って知ってる?


よくわからない。

中国にはそんな彫刻ないの?

ん~石はあるけど・・・(笑)

やはり美術は文化が色濃く出るから、なかなか難しいのかも。
しゃーないんで、何でもいいから何か書いてもらうことに。

富士山知ってる?

知ってる知ってる、有名だよ!

中国の有名な山って何があるの?

恒山とか。

富士山と恒山、どっちが高い?

そんなん知らんわ、ははは!

ってな感じで、この四人組と仲良くなっちゃいました。
Sxlx02
あ、写真がぼやけてるのは上記の通り。

彼女たちは日本人の友達を作りたいから、授業じゃなくて交流がしたいらしい。
教頭先生から授業の後に交流会をするのを聞いてたのでそのことを伝えると、えらい喜んでました。

交流会もクラスごとに分かれてやります。
どこのクラスでも中国語で自己紹介とかしようとするけど、イマイチ伝わってない様子でキョトンとしてる中国人初中生。

彼らに
何言ってるかわかった?
と聞いてみたら、みんな

少し・・・

どうやら、日本人が自己紹介をしてることはわかるけど、日本語の読みで言われてもよくわからないので漢字で教えて欲しいらしい。

そこで、
名前を書いて見せてあげて
と伝えると、なんとか自己紹介は成しえたみたい。

一応、先方のご一行に通訳がいたけどとても人数が足りるわけでもなく、知らないうちに私も通訳に。

でも、単に通訳じゃなく、一緒になって交流を楽しんだ感じ。

先生から通訳してくれと頼まれることもあったけど、そこは「先生、彼ら英語はバッチリ通じますよ!」と言って半分拒否(笑)
さすが英語の先生はすらすら話してたけど、発音は絶対中国人初中生の方がウマイ!

てか、先生のそのしゃべりで通じる?
と思うこともあったり。

中国人初中生も明るく社交的な子もいれば、おとなしい子もいて、それぞれのタイプで話す内容を変えるのがちょっと大変だったかな。

交流会のあとは掃除も一緒にやってます。

先出の仲良くなった四人組のクラスへ行くと、クラス中の生徒とメアド交換してる。

友だち探しどうだった?

と聞いたら、

バッチリバッチリ!

だって。

でも、今は掃除の時間だから掃除せなアカンよ!

と言うと、一応掃除しようとする素振りは見せつつ、やっぱりメアド交換してました。

初中生が授業や交流会をしてる間、同行の中国人の先生は、うちの校長が学校の中を案内してました。
ま、通訳はこっちに付くわな。

中国人先生が、
日本の学生はずいぶん大きいカバンを持ってるんですね。
と言うので、私は思わず
見た目は大きいけど軽いよ!
と言うてしまいました。

実際にカバンを持ってもらったら・・・
あらホント、軽い。
中国人の学生のカバンはもっと重たいよ!

だって(笑)

先生達に「日本の中学校はどうですか?」と聞いてみたら、最初は「とても大きくてきれいで、生徒達も元気でいいですね」といった社交辞令的な答えでした。

そこで、一歩踏み込んで日本の教育事情的なことを聞いてみたら、やはり向こうの人もゆとり教育のことを知ってるみたい。

ゆとり教育のことを中国語では『軽松教育』といい、学習時間が少なく教科書も薄っぺらいことなどよくご存知のようで。

成都の学校に日本人の学生もいるそうです。
なぜ彼らが日本人学校じゃなく中国の学校に通うのかを聞いてみたら、現地の日本人曰く、
『日本の学校はゆとり教育、一方、中国人は朝から晩まで勉強して厳しい教育を受けている。そのうち日本人は中国人についていけなくなる。もし中国の学校で落ちこぼれたら、日本人学校へ転校する』
ということらしい。

島国にいてるとわからないけど、先入観抜きで考えると一理あるかも。

お別れのとき、日本人も中国人もなんか名残惜しい感じ。
もうちょい時間があれば良かったのにね。

もしかすると、なんだかんだで私が一番楽しんだのかも(笑)

ちゃっかりおみやげももらっちゃったし!
Coacpand01
中国らしいパンダのキーホルダー。
キーホルダーの台紙に『Fashion Jewelry』と書いてある。
このキーホルダーでJewelryと言わしめてしまうところも中国らしい。

中国出張がきっかけで中国語を勉強しはじめた訳ですが、日本でも十分中国語を使う機会はあるなぁ。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

パソコンの電源を入れて画面が青くなると焦る

今日、パソコンの電源を入れると・・・






Pc0809

ブルー画面に(汗)


メッセージを見ると、どうやら増設してるHDDが引っかかってるみたい。


約1時間のスキャンディスクの後、正常に立ち上がりました。


パソコン立ち上げて画面が青くなると焦るわ・・・

その後、あわててバックアップしたのは言うまでもありません。

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

婚姻届の証人になる

婚姻届を書きました。




Kintdk01

といっても、証人を頼まれたんですが。


一応、予備を含めて2枚。
(モザイクだらけですいません)


婚姻届の記入例を見ると、たいてい記入例の名前は『○○太郎』とか『△△花子』となるところ、なんか妙にリアルな名前。
Kintdk02
住所も実際にありそうやし。
あ、↑は記入例の写真なので!


十数年前、自分が届け出たことを思い出してみると・・・





覚えてない(汗)




もちろん、いつ出したかは覚えてますよ!


こんなん書いてくれと頼まれるようになり、ちょびっと歳を感じたりして。

| | コメント (0)

2010年7月11日 (日)

岩手銘菓といえばこれ! さいとう製菓の『かもめの玉子』

この前、近所のスーパーへ買い物に行った時のこと。

このスーパーではたまに、全国のご当地銘菓の催しがあります。

ちょうどこの日もその催しが開催されてたんですが、そこで見つけたのがこれ。
岩手名物、さいとう製菓謹製『かもめの玉子』
Kmmnt01

がっちりマンデーで紹介されてた時に一度試してみたいなぁと思ってたんですが、なかなか岩手へ行く機会がなく叶いませんでした。

それが、まさか近所のスーパーで叶うとは。

見た目は読んで字のごとく、玉子。
Kmmnt02
本物の鴎(カモメ)の卵を知らないのでどれだけリアルなのかはワカリマセンが、大きさは鶏の卵より小さく、うずら卵より大きい。

中身は黄身あんがぎっしり詰まっていて、それをホワイトチョコでコーティング。
Kmmnt03

ホワイトチョコの風味は意外ですが、まあ想像通りの甘さ。
美味しいけれど、何個もガッつくほどではないかな。

一度試してみるのはいいかも。


メーカーHP:さいとう製菓
http://www.saitoseika.co.jp/

| | コメント (0)

2010年7月10日 (土)

一般人は降りられない駅へ 鶴見線に乗る~その3~

鶴見線 その2からのつづき


大川支線に乗ったあと、浅野駅で降りて海芝浦支線へ。

浅野駅も周辺の工場からの通勤客で賑わってます。
Trmsn303

海芝浦方面へのホームは、支線へ分岐するカーブの途中にあり、ここも懐かしい国鉄仕様の駅名票が残っている。
Trmsn304

そこへ急カーブで車輪を鳴らしながら、電車が入線。
Trmsn305

ただ、ホームが急カーブ上にあるので、電車とホームとの間に10cm以上隙間があるところも。
Trmsn306

浅野を出ると、次は新芝浦。
新芝浦には東芝の工場の正面玄関があり、部外者が駅を出られるのはここまで。

新芝浦を出て、終点の海芝浦に着いたのはいいけれど・・・
Trmsn307
一般客は、この駅から出ることができません。

なぜなら、手前の新芝浦から東芝の工場の敷地内なので、守衛室から先へは入場お断り。
Trmsn310

改札は出られないけど片道きっぷでは戻ることも出来ないので、守衛室前の券売機で帰りのきっぷをお買い求めくださいませ。
Trmsn309

ホームを出ると改札はなく、工場の守衛室。
Trmsn311

私はSuicaだったので、簡易改札機で出場と入場にタッチしましたが、記念にきっぷも買うときました。
Trmsn317

海芝浦駅は、ホームのすぐ横が海。
Trmsn308
釣りが出来そうなくらいの至近距離。

眺めもいいので、夜景を見に来るカップルもいるらしい。
あいにくこの日は梅雨の曇天だったので、そこそこの眺め。
Trmsn313

改札を出られない代わりに、構内の『海芝公園』が開放されてます。
Trmsn312
デートスポットにいいけれど、終電を逃すと帰れなくなる危険も。

こんな珍しい駅だからか、関東の駅百選に認定されているらしい。
Trmsn314
だからどうなん?
と言われればそれまでだけど・・・

ちょうど訪れた時間は帰宅時間と重なったため、海芝浦から乗ってくる通勤客でごった返していて、電車から降りる部外者の私は疎外感満点。

その後もどんどん工場から出てくる関係者が電車に乗り込んでいく。
残念ながら海を眺めながらゆっくり佇むことは出来ませんでした。

そんな工業地帯を走る鶴見線は独特の雰囲気があり、また、昭和の繁栄と平成の衰退の様子も垣間見える路線でした。

| | コメント (2)

2010年7月 9日 (金)

日中は列車が来ない駅へ 鶴見線に乗る~その2~

鶴見線 その1からのつづき


扇町から鶴見へ戻ったあと、次は支線へ向かうことに。
鶴見線は本線の他に2つの支線があります。
573pxtsurumi_line_2
(引用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c6/Tsurumi_line.PNG


再び鶴見駅。
乗り換え改札の向こうが鶴見線。
Trmsn202
Trmsn201

大川行きの205系。
Trmsn203
大川行きの電車は朝夕のみの運行で、日中8時間は運行しません。
特に土日は1日3往復しかなく、完全な工場通勤用の路線。

本線からの分岐となる浅野駅で乗客の大半を降ろしたあと、車内には私ともう一人。
スーツを着た彼は一眼レフを持ってたので、恐らく同志かと。

終点・大川に到着。
Trmsn204
大川で降りるのは同志二人だけですが、ホームには勤務を終え家路を急ぐ通勤客で溢れかえってます。

大川支線は1996年まで車長の短い戦前生まれの車両が走ってましたが、その後103系に置き換えられるとホームの長さが足りなくなったため、継ぎ足されています。
Trmsn205
向こう側に伸びるホームの色が白い部分が継ぎ足し箇所。

大川駅の駅舎は、なんだか今にも朽ち果てそうな感じ。
Trmsn206
この駅名の由来は、人の名前だとか。

駅を出ると細い踏切があり、そこから電車を撮影。
Trmsn207
駅に並行して、かつて貨物列車が使っていた線路が敷かれてますが、今は貨物は廃止され雑草が生い茂った状態。
踏切だったところも、今はもう列車は通らないので『通路』に。

写真に見切れて写ってるのは、一眼レフを持ってやって来た同志。
私は踏切・・・ いや、通路上から撮ったんですが、彼は線路内に入って撮ってやがった。
いくら使われていない部分にせよ、電車が走る線路内へ立ち入るのはNGだろ。

さて、乗ってきた電車で戻ります。
大川を出発する頃には、つり革もほぼ埋まるほどの混雑に。

次の安善でもわんさと乗ってきて、山手線に匹敵する混みよう。

私は鶴見には戻らず、途中の浅野で下車。
Trmsn301

乗ってきた満員電車をお見送り。
Trmsn302_2

ここから海芝浦支線へ乗り継ぎます。


つづきはその3へ

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

工業地帯のローカル線 鶴見線に乗る~その1~

JR南武支線乗車記からのつづき


JR鶴見線に乗るため、JR南武支線で浜川崎へ。
浜川崎では南武支線と鶴見線とは道を隔てているので、一旦改札外へ出て乗り換え。

浜川崎駅の鶴見線のりば。
Trmsn101_2

ここからホームへは、橋を渡らなければなりません。
Trmsn102
線路に沿った駐輪場の自転車を見ると、この駅の利用者はそこそこあるのかも。

橋を渡る階段下に置かれているきっぷ回収箱が、唯一の改札らしい設備。
階段を上がったところに、券売機と簡易Suica改札機があります。
Trmsn103

本来、浜川崎での乗り換えではSuicaをタッチしません。
Nmbsn08_2
タッチすると、運賃計算が打ち切られて清算されてしまい、再度ここからの運賃が掛かかります。

しか~し
ワタシは南武線改札を出るときにSuicaをタッチ!
再度、鶴見線に乗るためにタッチしようとすると・・・


ピー
という警報音とともに、エラーメッセージが!
Trmsn104
出場される駅または最寄の友人駅で
当駅での乗り継ぎをお申し出ください


たぶん、駅員に申し出て乗り継ぎの処理をするんでしょうが、鶴見線は鶴見以外全て無人駅なので申し出るのもメンドクサイ。

そこで、券売機で扇町までのきっぷを購入。
Trmsn105
これで文句ないだろう。
おかげで130円余分に掛かったけど、レアなエラーメッセージを見られた。

浜川崎から扇町方面へは、日中、最長で2時間に1本。
Trmsn106
朝夕通勤時間帯は本数が増え、まさに工場勤務者のための路線。

やって来たるや、3両編成の205系の改造車(1100番台)。
Trmsn107
元埼京線や山手線で走ってた中間車両に運転台を後付け。

ここで降りる乗客もありますが、扇町まで行く乗客も結構いてる。
浜川崎を出ると急な右カーブで、車輪を鳴らしながらゆっくり走行。

浜川崎から4分で、終点・扇町に到着。
Trmsn108
扇町駅は無人駅ですが改札の横手にJR貨物の詰所があり、ヘルメットを被った職員が改札の横で見張ってます。

改札前には乗客がSuicaをタッチするために列が出来ているところ、私はきっぷを買ってるので列の横から改札を通ろうとすると、職員の睨みが利いてくる。

きっぷを回収箱へ入れ、堂々と改札を出た。
Trmsn109
駅の外へ出たけど特に見るものはないので、来た電車に再び乗車。
今度はSuicaをタッチして。

扇町の次は、昭和駅。
Trmsn110
昭和電工の正門脇にあるので昭和駅。

ここから一旦、鶴見まで戻ります。
Trmsn111

鶴見線は鶴見以外は全て無人駅なので、電車に乗ってきた乗客はここで改札&検札。
Trmsn112

鶴見線本線の乗車は済んだので、次は支線へGO!


つづきはその2へ

| | コメント (0)

2010年7月 7日 (水)

工業地帯のローカル線へ向かう支線 JR南武線・南武支線

首都圏にあるJRローカル線の中で、異彩を放っているのが鶴見線。
工業地帯へのアクセス線という性格上、独特の運行形態と雰囲気を持ってます。

そんな鶴見線を訪ねてみました。

鶴見線は、鶴見~扇町間の本線と、本線の途中から分かれるように海芝浦支線と大川支線があります。
573pxtsurumi_line
(引用元:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c6/Tsurumi_line.PNG


普通、鶴見線に乗るときは、鶴見駅をスタートとするのが一般的。


が!


今回、鶴見駅以外から鶴見線に乗ることにし、南武線の尻手(しって)から鶴見線の浜川崎へ向かいます。

地図を見ると、鶴見から扇町へ向かう途中の浜川崎で、南武線と乗り換えが出来そうな感じ。

大きな地図で見る

まずは南武線の尻手へ。
1・2番線は川崎発着の本線で、浜川崎へ向かう南武支線は3番線。
駅名票も支線仕様に。
Nmbsn01

この3番線の先は行き止まり。
Nmbsn02
線路脇の南武支線用0キロポストが目立つ。

日中はローカル線らしく、1時間に1~2本のダイヤ。
Nmbsn03

そこへ2両編成の205系の改造車(1000番台)が入線。
Nmbsn04
元々中間車だったものに、運転台を後付けした車両。

尻手を出発したときは立っている乗客もいましたが、次の八丁畷で大半が下車。
終点、浜川崎まで通して乗ったのは10人ほど。

尻手から7分で終点浜川崎に到着。
駅を見渡すと、周りは貨物用の線路ばかり。
Nmbsn05
駅の先には操車場があり、工業地帯の雰囲気満点。

浜川崎の駅名票は、つつじ&その他植物で埋もれてしまってる。
Nmbsn06

こちら側の終端も行き止まり。
Nmbsn07_2

浜川崎で南武支線と鶴見線の乗り換えには一旦改札を出て道路を渡らなければならないけど、出場したことにはなりません。

簡易Suica改札機しか置いていない無人駅なので、きっぷを持ってたらそのままスルーして構わないのですが、Suicaで乗り換える時はタッチしないで出てくださいと案内されてます。
Nmbsn08
もしタッチすると、ここで一旦運賃が引かれてしまい、鶴見線に乗り換えると再度浜川崎からの運賃が引かれます。

凡人はここで素直にタッチしないところでしょうが、少々根性がひねくれているワタクシ、ここでタッチを敢行!
Nmbsn09

浜川崎駅の南武支線のりば。
Nmbsn10

鶴見線は道路の向こう側。
Nmbsn11

道を渡るとすぐに鶴見線のりば。
Trmsn101

ここから鶴見線に乗り換えます。


つづきは鶴見線 その1へ

| | コメント (0)

2010年7月 6日 (火)

東京メトロ千代田線の引き込み線 ~北綾瀬支線~

東京メトロ千代田線は、渋谷区・代々木上原から足立区・綾瀬を結ぶ東京の大動脈のひとつ。
都心から綾瀬を越えて、JR常磐線へも相互乗り入れしています。

千代田線車内の路線図を見ると、綾瀬からピロっと曲がって北綾瀬の行き止まりまで行けるようにも見えるけど・・・
Cydsn03
実際には都心方面からは綾瀬止まりかJRへ乗り入れる列車しかなく、北綾瀬には乗り換えなしでは行けません。

綾瀬-北綾瀬間は、千代田線の車両基地への引き込み線を利用した支線で、地図で見るとひょろひょろ~っとほつれた糸みたい。


大きな地図で見る

この路線も1駅だけの枝線で、通称『北綾瀬支線』。
ちゅー訳で、ちょいと乗ってみることに。

千代田線で綾瀬駅へ。
Cydsn01
駅名票には、綾瀬の次はJR常磐線の亀有になっており、北綾瀬ではありません。

北綾瀬へ行くには、一旦ホームを降りて0番線へ。
Cydsn02

東改札口手前の階段を上がります。
Cydsn04

0番線ホームの駅名票は、綾瀬の次は北綾瀬。
Cydsn05

北綾瀬支線の車両は、やや古めかしい3両編成の5000系。
1967年製のアルミ車体。
Cydsn06
ワンマン運行のためホームドアも設置。

北綾瀬支線のホームは行き止まり。
Cydsn08

ラインデリアじゃなく扇風機なのがいい感じ。
Cydsn07

綾瀬を出た電車は、座席が程よく埋まるほどの乗客。
カーブだらけでフランジを鳴らしながら走ってます。
綾瀬~北綾瀬間2.1kmを4分で結んでいるので、平均時速30km強。

北綾瀬に到着。
Cydsn09

北綾瀬駅を出ると、目の前は環状七号。
Cydsn10
ここから環七を西へ5kmほど行くと、同じ枝線の東武大師線・大師前駅があるのは何かの因果か偶然か?

北綾瀬支線は車両基地への引き込み線を利用しているので、北綾瀬の先もまだ線路が続き車両基地へ通じてます。
Cydsn11
車両基地への引き込み線といえば、新幹線の博多南線みたい。

ぼんやり眺めてたら、小田急の車両が出てきたよ!
Cydsn12

ちょうど環七を跨ぐ手前あたりで止まったと思ったら・・・
Cydsn13

列車を出してきた運転士が線路脇の小屋へ入り、別の運転士が乗り込みます。
Cydsn14

この北綾瀬支線も、行った列車がまた帰ってくるピストン輸送。
でも、枝線ながらそこそこの乗客はあるみたい。
北綾瀬支線にしろ東武大師線にしろ都内のローカル線と思ってたら、そんなにローカルでもなかったような。

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

東京都内の単線に乗ってみた ~東武大師線~

東京都足立区。
東武伊勢崎線西新井駅から西新井大師へのアクセス線が東武大師線。

参拝者輸送を目的とした路線には盲腸線が多いですが、東武大師線もしかり。
ただ、ここは盲腸線というよりも『枝線』と言った方がいいくらい、本線から1駅だけちょろりと飛び出したような路線。
地図で見るとよくわかる。


大きな地図で見る

元々は延伸して東武東上線へ接続する計画だったらしいのですが、その計画も途中で中止に。
そんな東武大師線に乗ってみました。

まずは東武伊勢崎線で西新井へ。
Tbdis01

ホームの階段を上がると、大師線への乗換口。
但しそこには、同じ東武線への乗り換えなのに改札機が。
Tbdis02

乗換口には、こんな案内がされています。
Tbdis19
大師前駅には改札がございません。
きっぷはこちらで回収となります。


乗り換えの電車に乗る前に改札があり、きっぷを回収されてしまいます。
乗客は、きっぷを持たぬまま電車に乗る仕組み。
Suicaをタッチしたら、ここで引き落とされます。

大師線のホームには駅名票はなく、代わりに『大師線のりば』の看板が。
Tbdis05

電車は2両編成のワンマン運行。
Tbdis03

10人足らずの客を乗せ出発。
Tbdis04

西新井を出ると単線の線路をトロトロ走り、2分後、終点の大師前に到着。
Tbdis07_2
駅間は1kmなので、スピードが上がりきる前に着いちゃう感じ。

ただ、大師前のホームはやけに広い。
Tbdis08
休日は参拝客で賑わうのかな?

線路はここで行き止まり。
Tbdis13

高架のホームから地上階へ降りると改札らしき囲いがありますが、ここはスルーで。
Tbdis09_2

大師前駅のすぐ隣に西新井大師があり、アクセス性抜群。
Tbdis11
今回は参拝しないでとんぼ返り。

ここではきっぷは売ってないので、そのまま乗車。
Tbdis10

さっき通った改札を再びスルー。
Tbdis12

ホームへ上がると、電車を待つ客が結構いてます。
時刻表を見ると、ラッシュ用ダイヤはないものの、日中でも10分おきに出ているところを見るとそれなりに利用者はあるのかも。
Tbdis14
10分間隔とはいえ、基本的に1編成の電車が行って帰ってくるピストン輸送。
乗務する運転士は、1日何往復するんでしょうか?

ワンマン運行だけあって、安全対策のためセンサーが設置されており・・・
Tbdis15

頭の上にセンサーがずらーっと並んでます。
ホームドアほど費用が掛からないみたい。
Tbdis16

西新井へ戻ってくると、伊勢崎線への乗換口の前にきっぷ売り場があります。
Tbdis18
ここだけ見るとこれから電車に乗るみたいですが、すでに電車に乗ったあと。

電車に乗ってから大師前からのきっぷを購入。
Tbdis17
つまり、西新井駅にあるのは乗換口じゃなく大師前駅の改札で、大師線そのものが改札の外にある感じ。
1駅しかない枝線だから成せる技。

東京都内にありながら単線の枝線に乗れる、なかなか面白い大師線でした。

| | コメント (0)

2010年7月 4日 (日)

早くも経営統合失敗が露呈している? ゆうパックの混乱

ニュースにも取り上げられてますが、日通のペリカン便と統合したゆうパックで、荷物が時間通りに届かないなどの配達遅延が起こっている。

ゆうパック集配に遅れ ペリカン便と統合で混乱
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070301000301.html


7/2の夕方、神奈川県から自宅に送ったゆうパック。
配達希望時間を指定出来るので、翌日午前中着で送りました。
Ypac01
午前中配達のシール貼られていますが、届いたのは夕方5時。

しかも、荷札に付箋が貼られていて、そこにはビックリすることが書かれている!
Ypac02

宅配便統合による遅延ゆうパック
このゆうパックは宅配便統合による混乱で遅延しました
配達の際お客様にお詫びを申し上げて配達してください。



配達が遅れた理由が事業統合による混乱って

どんな理由やねん!

荷札には
『交通事情等によりご希望の配達日・時間帯に添えない場合もあります』
と書かれています。
Ypac03

確かに、交通事情とか悪天候などで予定通りに荷物が運べないこともあるでしょう。
それなら仕方がないと思います。

しかし、事業統合による混乱が、交通事情に含まれるのかどうか、甚だ疑問。

しかも、お詫びの一言もなく、何もなかったかのように印鑑要求されました。

ニュース記事によると、統合して荷物量が増えたためそれに対応できなかったとか。
統合後の荷物扱い量、統合するまでわからなかったのか?
呑気な話だねぇ、おっかさん。


かの政権与党。
郵政民営化は見直すが国営に戻す訳ではないと言いながら、直接的にせよ間接的にせよ、実質は赤字を税金で補填することになるだろう。
中途半端な改革の挙句、元の鞘に戻そうとしてもうまくいくはずもない。

一部の政治家や特定郵便局長の利権を守ることを引き換えに、国民はそのツケを回されようとしている。
もはや国民の「お荷物」となっているのではないか?

ペリカンを食ったリス、猫と飛脚に逃げられし。あなかしこ。

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

現在最古参の300系新幹線 J20編成に乗る

今回、東京からの帰りもぷらっとこだま。
10070207
2月に続いて、帰りは新横浜から。
往復ともこだま。所要時間合計8時間(笑)

こだま683号。最終の新大阪行。
10021914

帰りもグリーン車でしたが、ぷらっと席以外も埋まっててさすが週末って感じ。
10070206
ねずみの国の袋を持った家族連れも多く、ガキんちょが騒ぐ騒ぐ。
ウチでは絶対ありえへん。
騒いだら最後、どうなるかは判ってるので!
一応、親父の威厳あります(笑)

今回の車両は300系。
10070204
順次廃車が進んでいる300系、ここ数年で全滅してしまうかも。

しかも、J20編成。
10070203
J20編成は1993年デビューで、今、現存する300系の中で最も古い編成。
でも、今年中に廃車になるとかならないとか。

300系新幹線は、私も座席シートの開発に携わっただけに思い入れがある車両。
この普通車の座席のシート生地・・・
701

反物のまま、まだ持ってます(笑)
10070209

ぷらっとに付いてくるドリンクチケットは、ビールと交換。
新横浜駅構内の『駅パオ』で、えびシュウマイと肉シュウマイを調達。
10070210
ビール飲んで、崎陽軒のシウマイ弁当を食べてひと眠り。

梅雨時期の出張はジメジメ&雨降りがたまらんけど、この出張中雨が降らなかったのが幸いでした。

| | コメント (0)

2010年7月 2日 (金)

関西ではほとんど聞かない 『おつかまりください』

関西人が東京へ行って「東京に来たな~」と感じるのが、エスカレータの立ち位置とアクセントの違い。

まあアクセントについては関西人に限らず、標準語以外の言葉を喋る人はみんな当てはまる訳ですが。

アクセントはさておき、言葉の使い方に違いを感じることも。

例えば、電車やバスに乗っていて、乗客に注意を促すアナウンス。

関西では、
発車します、ご注意ください
とか
危険ですのでつり革、手すりをお持ちください
と言います。

ところが東京では、
発車します、おつかまりください
とか
危ないですからつり革、手すりにおつかまりください
と言うてます。

はじめて聞いた時、思わずツッコんでしまった。


おつかまりくださいって!


アナウンスだけでなく、文字もしかり。
地下鉄の車内とか
10070104

エスカレータの手すりとか
10070108

おつかまりください
って、言うてることはわかるけど、関西では耳にしないせいか、な~んか変な感じがするのは私だけでしょうか?

みなさんちゃんとつかまってね!

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

横浜の中華街で中国語の練習

今年も7月になりました。
1年の半分が終わってしまい、後半戦しゅっぱ~つ!(いかりや風)

このフレーズ、毎年7月1日になると書いてるような気がする。

昨日は、新しい仕事の打ち合わせの後、客先のO社長が運転するAudi A8 クワトロで横浜中華街へ。
10070106

O社長の行きつけ、『順海閣』という中華料理店。

店に入るとO社長は顔パスで指定席に。
メニューも見ずに「おいしいもの持ってきて」と言うだけ。
す、すげ!

中国で食べたような味の中華料理に日本ではなかなか巡り合うことがないけど、この店は本場の味に近いと思う。
でもやっぱり、本場と同じという訳にはいかないみたい。

ただ、お値段もそれなりに。

「おそくじさん、何か好きなもの頼んでよ」
と言われて渡されたメニュー。
結構お腹もふくれてきてたのでスープでも頂こうかな、と思ったら、玉子スープでも1800円って(汗)
でもさすが、値段は高いけどスープの風味がちゃんと中国の味がしてウマかった。

店員さんも中国人ばかりで、仕事そっちのけで会話の練習。

O社長曰く、
あの店員、中国の北の方出身だよ
というので、聞いてみることに。

你从哪儿来的?(どちらから来たんですか?)

广东(広東)


社長、ぜんぜん違いまっせ!(笑)


你是哪里人?(あなたはどこの人?)

日本的关西人!(日本の関西人!)

こういうお店なら、ヘタっぴな中国語でも聞いてくれるからうれしいな。

その後、ついつい注文も中国語でやってしまい、他のみなさんは出て来るまで何を頼んだかわからなくなってしまい・・・
す、すいません(^_^;)

中国語の同級生で中国へ行こう!という話で盛り上がってますが、まずは日本で実践テストを受けてから!とか言うたら顰蹙買うかな?
(って、言うてるやん!笑)

それにしても、こういうお店で顔利きになって、メニューも値段も見ずに注文出来るようになってみたいです。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »