« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011年 大晦日

いよいよ2011年も今日でおしまい。

今年は、これまでになくバタバタした年だった。

振り返るのもしんどいくらいなので、あまり振り返らないようにしよう。

振り返ってもあまりココには書けなかったりして。

去年布石を打ち始めた来るべき四十代に向けての土台作りは、予定よりも若干早いペースで進められてる感じ。

4年後にはステージアップ出来るようにがんばろう。

連P会長は予想以上に大変ですが、これも自分自身の修行と思って乗り切る覚悟です。

今年も多くのアクセスをいただき、ありがとうございます。

ほな、ガキの使いを見ながら年を越そう。

| | コメント (0)

2011年12月30日 (金)

iPhone4S+b-mobileに買い替え

去年、iPod touchでアップルデビューしてから、iPadとともにかなり便利に使ってます。

特に、仕事用とプライベート用の別々のGoogleカレンダーを一緒にスケジュール管理できるのはイイ!

ただ最近、ちょっと不便に感じるようになってきた。

というのは、iPod touchでネット接続するには、モバイルWi-Fiをいちいち立ち上げなければならないこと。

街中ではWimaxを使って、Wimaxが入らないところではe-mobileを使うというなかなかのモバイルネット環境ではありましたが、最近はイーモバさえ入らないところへ行くことも多々あります。

また、東海道新幹線では、ドコモ携帯は通じてアンテナ3本でトンネルでも電波は入るけど、イーモバはトンネル区間では使えません。

そこで、iPod touchからiPhone4Sに買い換えることに。

最近では 「iPhone買ってん」 と言うと、

ソフトバンク?とれともau?

と聞かれますが、チョイスしたのはこれ↓


Iphone01
NTT DOCOMO

iPhoneのアクティベート画面でドコモ電波を拾ってるでしょ?

実は、香港の友人に買ってきてもらったSIMフリーのiPhone4S。
香港のアップルストアで買ってもらった純正品。

SIMはb-mobileを使ってるので、ドコモの電波が使えます。

さらに日本版iPhoneでは使えないテザリングを試してみた。
iPod touchでiPhoneを通じネットにつないでみると・・・
Iphone02
使い物にならないくらい、遅い!つД`)

今回使ってるSIMは、b-mobileの1GB定額。データ通信専用。
Iphone03
30日間もしくはデータ通信量が1GBになるまで使えて、3,480円。
いわば、プリペイドSIMみたいな。

b-mobileのSIMがどんなもんか試してみるため、ひとまず30日/1GB分を買ってみた。

中身はドコモのmicroSIMが入っているので、これをiPhoneに挿す。
Iphone04

このSIMを使うにあたり、一番の疑問が1GBでどれくらい使えるかということ。

一応、b-mobileのホームページには目安は書いてありますが、実際に使ってみないとわからないからね。

使用量はb-mobileのサイトで確認できますが、実際に使ったところ15日で200MB使いました。

YouTubeを見るときはWi-Fiを使ったので、容量の大きいものといえばGoogleマップかな。

もしかするとインターネットラジオとかskypeを使ったらもっと通信量増えるかもしれないけど、基本、メールとスケジュールなので、30日で1GBを使い切ることはないかな。

これでいちいちWi-Fiの電源を入れなくても済むので、なんとも楽チン♪

ただ、外から見ただけではドコモiPhoneだということがわからないけど・・・

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

日本一の急勾配、高尾山ケーブルカーに乗る

東京都心から電車で1時間ほどで行ける高尾山。

近場で登山が楽しめるとあって人気の登山スポットで、世界一の登山者数だとか。

そんな登山者の足として活躍してる、高尾登山電鉄のケーブルカーに乗ってみました。

新宿から京王線に乗り約50分で高尾山口駅。
Takaocble01

そこから徒歩5分ほどでケーブルカーのりば、清滝駅に到着。
Takaocble02

高尾山へは、ケーブルカーとリフトの2種類の方法がある。
Takaocble03

しかし、12月のこの日、ケータイの温度計が示す気温は4℃。
Takaocble04



こんな日にリフトに乗るなんて、ありえへん!


考える間もなくケーブルカーに乗ります。

ってか、ケーブルカーに乗りに来たんだし。


ちょっとリフトのりばをのぞいてみたら、天候不順で運休してた。
Takaocble05

切符売り場を見たら、ケーブルカーもリフトも料金は同じ。
Takaocble06

ケーブルカー往復で900円。
Takaocble07

ほどなくやってきたケーブルカー、「あおば」。
Takaocble08

どこのケーブルカーも麓側の駅では勾配が緩いので車内に入ると前につんのめったようになりますが、ここ高尾ケーブルカーは群を抜くほどの前傾さ。
Takaocble09
高尾ケーブルカーは、日本で最も急勾配なケーブルカー。
その分、麓での前傾具合も他よりきつくしてあって、山を登るとちょうどよくなる・・・


と、思ったら、このあと想像を越える出来事が!


車内は階段状になってますが、前につんのめった状態で階段登ると、まるでマジックハウスにいてるような感じ。
Takaocble10

この車両は平成20年に入ったもので、まだ新しい。
Takaocble11

傾斜具合を見るために、飲みかけのいろはすを窓枠に置いてみた。
Takaocble12
写真右側が山側で、縦の窓枠にくっつけてペットボトルを置きます。
中身が水なので水面が見にくいですが、前傾具合がわかるかと。

標高201メートルの清滝駅を出発。
Takaocble13

今回私は車両最後部に座り、後ろを見ながら登ることに。
Takaocble14

清滝駅を出発しトンネルをくぐると、急に傾斜がきつくなる。
Takaocble15
この時点でもレールの曲がり具合がすごいんですが、最急勾配の高尾ケーブルではこんなのまだまだ序の口。

中間地点で「もみじ」とすれ違い。
Takaocble16

線路脇に勾配標が出てくると、さらに傾斜角度が増してくる。
Takaocble17

この時点でいろはすの水面は水平からやや後傾気味に。
Takaocble18
しかし、ペットボトルはまだ縦の窓枠に接したまま。

ケーブルカーが進むにつれ、さらに傾斜がきつくなる。
Takaocble19


すると、なんということでしょう!(ビフォーアフター風)


窓枠に置いたペットボトルがずるずると動き始めたじゃないですか!
Takaocble20

そのままペットボトルは窓枠を滑っていく。
Takaocble21

ここでさらに、イスに置いてたカバンがボテッ!と床に転がり落ちる。

麓側を向いて座ってると足を踏ん張ってないと前へ倒れそうになるくらいに傾いてるし!(;゜0゜)

ペットボトルが滑ってカバンが落ちて体が転げそうになりあせったのか、ちょうど最急勾配なところを見逃してしまうという失態。

すぐにトンネルに入ってしまい線路を撮れなかったので、ペットボトルを撮ってみた。
Takaocble22
水面の傾き、わかるかな?
水じゃなくてお茶の方が良かったかも。

トンネルを抜けると標高472メートル、高尾山駅に到着。
Takaocble24

トンネルの中でレールが傾斜していて、まるでジェットコースターみたい。
Takaocble23

麓の清滝駅ではあれだけ前傾してたのに、高尾山駅ではほぼ水平に。
Takaocble25

ケーブルカーは上から見ると愛嬌がある。
Takaocble26

高尾山駅を出ると、登山客ばっかり。
Takaocble27
そりゃ、サラリーマンはおらんわな。

改札を見ると誰も待ってなかったので、すぐ戻ることに。

切符に鋏が入ります。
Takaocble28
行きと帰りで2つ鋏が入ってますが、どっちが行きか帰りか忘れちゃった(;;;´Д`)

帰りも最後尾、山側に陣取り後ろを見ながら山下り。

高尾山駅を出発するとすぐにトンネル。
レールの曲がり具合はやっぱりジェットコースター。
Takaocble29
手すりにもたれかかってないと倒れそう。

トンネルを抜けると、そこは608パーミルの最急勾配ポイント。
Takaocble30
線路両側に 『日本一の急勾配 31度14分』 の看板があったとは、登ったときは気づかなかったよ。

日本一の急勾配ではありますが、高低差日本一は叡山ケーブル だったり(記事)

高尾ケーブルカーの高低差は271mで、かつ最緩勾配が105パーミル(約6度)とケーブルカーでは緩い方なので、最初はボチボチだけど途中からの伸び率がものすごく、まるで up な感じ。

商売繁盛のげん担ぎにオススメ。

下から順番に見ると、勾配の変化がよくわかる。
清滝駅近くは比較的緩い勾配。
Takaocble35

そして急に角度がきつくなって・・・
Takaocble36

中間地点を越えるとさらに角度が増し・・・
Takaocble32

最後にもうひと踏ん張り角度がアップ!
Takaocble31
売り上げ倍増!みたいな。

それにしても前傾してたと思ったら後ろにひっくり返りそうになったりして、傾斜の変化がすごく面白い。
実は、もう一度乗ろうかと思ったくらい(笑)

並行してるリフトは、暖かくなってから乗ろうかな。

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

人気の濃厚豚骨魚介つけ麺 『麺処 ほん田』@東京ラーメンストリート

東京駅八重洲口南口地下1階、東京ラーメンストリート。

最近、ここへの出没率高いです(笑)

この日も相変わらず六厘舎は大行列でしたが、今回私は『麺処 ほん田』へ。
Trmshond01
東十条にある本店はいつも人気で行列必至ですが、東京駅では六厘舎の行列に圧倒され気味。

しかーし、店先に貼られた、あの大勝軒の山岸氏と肩を組んだ写真を見ると、ツウじゃなくてもそこそこのラーメン好きなら入りたくなるってもんだ。
Trmshond02

濃厚豚骨魚介味玉つけ麺(醤油)。850円也。
Trmshond03
麺は200g or 300gが選べます。

中太の麺は丸くてまるでパスタみたい。
名前の通り、魚介の風味のしょうゆスープ。すんげー濃厚。

人気店なので仕方がないのでしょうか、カウンター席の間隔が狭く、イスも動かせないのでカバンを置く場所に困った次第。

東京駅の八重洲口の場所柄、ビジネスマンが立ち寄ることが多いと思うんですが、一番汚れてるであろうカウンター下の足元の床にカバンを置かなければならなかったのは残念。

特に冬は脱いだコートの置き場に困るかも。



麺処 ほん田 東京駅一番街店
東京駅八重洲南口地下1階
営業時間: 11:00~22:30(LO.22:00)
TEL: 03-3286-2388

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

外から見るとカフェっぽくない人気のカフェ 『BUFF STOCK YARD KITCHEN』@大阪・箕面

大阪箕面の繊維街、船場の一角にある『BUFF STOCK YARD』。

外から見ただけでは、船場の街にある普通の会社みたい。
Buffstkyard01
一応、基本はビンテージ家具や雑貨のお店らしい。

ところがお昼時になると、ランチメニューの看板が立ちます。
Buffstkyard02

本日のメニューを見ると、どれもおいしそうなランチメニューじゃあーりませんか!
Buffstkyard10_2

実は倉庫を改装した建物の1Fは、地元で人気のカフェ『BUFF STOCK YARD KITCHEN』。
Buffstkyard09

12時少し前に行ったらまだ空席がありましたが、12時を過ぎたら一瞬で満席に。
Buffstkyard03

これは おさかなランチ。1000円也。
Buffstkyard04
ごはんは五穀米。

この日のおさかなランチは、何かの生姜の煮付け。
何の魚か聞いたけど、忘れちゃった(^^;
Buffstkyard05
箸を入れるとすっと身がほぐれ、すごいやさしい味付けでおいしい。

おにくランチはカレー南蛮。1000円也。
Buffstkyard06
カレー風味なのに鶏の甘みもあり、さらに自家製のタルタルソースと絡めるとすんげーウマい!

まあ、量的には1000円にしては若干物足りない感もありますが、味は十分価値がある。
食後にコーヒーはオレンジジュースも付くのでいいんじゃないかと。

昼12時になると、ベーグルが焼きあがってきます。
Buffstkyard07
このベーグルも人気で、すぐに売り切れるとか。

ついでにベーグルも買ってみた。
Buffstkyard08
もっちもちの食感でほんのり生地の風味もあり、これまたおいしい!
ベーグルだけを買いに来る人も多いとか。

箕面船場界隈はおしゃれなカフェが軒を連ねてるエリアですが、その中でも人気のお店。

個人的には禁煙なのがすごくイイ!



BUFF STOCK YARD KITCHEN
大阪府箕面市船場東2-4-3
営業時間: 11:30~23:00(不定休)
       ランチ 11:30~15:00(LO.14:00)
       カフェ 15:00~23:00
       ディナー 18:00~23:00
TEL: 072-726-7145

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

東京限定のチョコスイーツ コロンバンの『焼きショコラ』@東京駅

東京駅、エキナカのお土産屋さんの東京銘品館。

毎回ここを通るたびに限定スイーツを求める行列が出来てるんですが、今回もまたあるやんか!
Yakchcr01

コロンバンの原宿焼きショコラ。12個入1,050円也。
Yakchcr02

しっとりな生地にサクっとしたクランチが入っていて、気持ちいい食感。
Yakchcr03
チョコの風味は強いけど甘さは控えめ。
コーヒーを飲みながら食べると、すんげーおいすぃー♪

東京地区限定ですが、通販でも買えますよ。



コロンバンのサイト
http://www.colombin.co.jp/
通販サイト
https://www.colombin.co.jp/scb/shop/shop.cgi?id=2&kid=0

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

房総半島から三浦半島まで東京湾フェリーに乗る

千葉県は南房総から神奈川県・横須賀へ向かうには、陸路JRで東京湾をぐるーっと迂回するのも大変だし、バスでアクアラインを渡っても結構時間が掛かってしまいます。

そこで今回、鋸山の麓、浜金谷から東京湾フェリーで久里浜へ向かうことに。
Tyowfry00
房総半島から東京湾の入口、浦賀水道を三浦半島へ渡ります。

房総半島も君津あたりから南へ行くとかなり故郷チックな雰囲気になり、海岸沿いには漁師町もちらほら。

小雨が降るなかJR内房線で浜金谷へ向かっていると、地元のご婦人たちの会話が聞こえる。

それによると、金谷では小雨のことを「しゃーしゃー雨」と言うらしい。

まあ、それはさておき、浜金谷駅に到着。
Tyowfry02

ホームに立つと、目の前に鋸山の断崖がそびえ立つ。
Tyowfry03
ゴツゴツした岩肌を見てると、鋸山と呼ばれるのがわかる。
この鋸山へ登るロープウェーがあるので、行ってみることに。


と、思ったら、浜金谷駅改札の案内板にこう書かれてた・・・


鋸山ロープウェー 定期検査の為運転休止
Tyowfry04
残念!orz

今回は寄り道せずにフェリーのりばへ向かいます。

駅を出るとすぐにフェリーのりばへの道順が書かれてあるので、迷うことはないかと。
Tyowfry05
案内の通り徒歩8分ほどで金谷港に到着。

この日は前日夜から風が強く、気温も急に下がったせいか、風で巻き上げられた海水が湯気のように立ちのぼる。
Tyowfry06
海面が煙で覆われていて、漁船がまるで幽霊船に見えたり。

久里浜からのフェリーがやって来ました。
Tyowfry07
フェリーも水面から浮いてるみたい。

金谷から久里浜までの乗船券を買います。700円也。
Tyowfry08

久里浜行きの船は、かなや丸。
Tyowfry09
乗船口から客室に入ったところに座席が並んでますが、さらに階段をあがり上層階へ行った方が眺めはいい。

階段をあがるとホールになっており売店もある。
Tyowfry10

船尾側はソファーが並んでいてラウンジ風。
Tyowfry12

船首側は前方が眺められる座席。
Tyowfry13

さらにデッキの階段をあがると、操舵室とグリーン室。
Tyowfry14
グリーン室は3000円で1室まるごと貸し切るシステム。
20人まで入れるそうですが、独り占めもOK。

甲板にもイスとテーブルがありますが、さすがに寒いので誰もいない。
Tyowfry16

いよいよ金谷港を出港!
Tyowfry15

携帯GPSを見ると、浦賀水道も中ほどにさしかかるところ。
Tyowfry18

でも、まだ海面は水煙に覆われてる。
Tyowfry17

海が晴れてきた頃、久里浜から金谷へ向かう『しらはま丸』とすれ違い。
Tyowfry19

金谷港を発って約40分、火力発電所が大きく見えてくると久里浜港に到着。
Tyowfry20
原子力発電ができない以上、火力発電に頼らざるを得ない今日のこの頃。

最底部の車両甲板だけでなく上層にも車両が積めるみたいで、桟橋もクルマが通れるように。
Tyowfry21

接岸の様子は何度見ても面白い。
Tyowfry22
息のあった連係プレーで接岸します。

徒歩の客は一足先に下船でき、桟橋から車両を下ろす様子が見られる。
Tyowfry23

金谷港ではフェリーの全景が見えなかったので、ここでチェック。
Tyowfry24

久里浜港からバスで京急久里浜駅へ。
Tyowfry25

この日は平日の日中ということもあってか乗客は少なめでしたが、国道16号線の海上区間にもなっているので乗用車やトラックの利用もあり、休日には房総半島へのゴルフ客も多いらしい。

45分ほどの船旅でしたが、船に乗ると優雅な気分になるのでいいもんですね。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

いまだキハ30とタブレットが活躍してるJR久留里線に乗る

房総半島を走る鉄道は、首都圏でありながら昭和の雰囲気も色濃く残っており、中でも国鉄時代のディーゼルカーが走る非電化のローカル路線はかなり魅力的。

非電化路線のうち小湊鉄道(記事)いすみ鉄道(記事)はすでに乗りましたが、残るJR久留里線に乗ってみました。

JR久留里線は、JR内房線・木更津駅から房総半島の中ほどにある上総亀山(かずさかめやま)を結ぶローカル線。

千葉県内のJR路線では唯一の非電化路線で、しかも国鉄時代のディーゼルカーが現役で活躍中。

木更津発の始発列車に乗ります。
Krurir03

久留里線ホームには3両編成の列車が停車中。
うち、上総亀山側の1両は国鉄色に復元されたキハ30-100。
Krurir25
キハ30形は都市近郊非電化路線の通勤形車両として造られ、前面は切妻型でブタ鼻ライト。

何と言っても外観上の特徴は、外吊り式の両開きドア。
Krurir18
通常の戸袋式ではなく、ドアは車体側面のレールから吊り下げられており、車両限界に触れないようドア下部が薄くなっている。

ドアの内側には開閉用の溝がある。
Krurir08

図太いディーゼルエンジン音を響かせ、木更津駅を出発。
Krurir39

久留里線は全線単線なので対向列車との行き違いがありますが、未だにタブレットが使われている数少ない路線。

木更津駅を出た列車は横田駅で対向列車を待ちますが、ここで最初のタブレット交換。Krurir05

先着したこちら側の列車から駅員がタブレット受け取ると、反対側のホームへ。

対向列車がやって来てタブレットを交換し発車を見送ると、対向列車から受け取ったタブレットを持ってホームを走り、こちら側の運転士にタブレットを渡す。
Krurir06
久留里線に来たのも、このタブレット交換が見たくて。

次に対向列車と行き違いをするのは久留里駅。
ホームの長さは十分あるようですが、タブレット交換をしやすくするためなのか、互いの列車の運転席の位置が構内踏切に接するように停車。
Krurir14

そのせいで、3両編成の最後尾の車両がホームからはみ出てしまいドアカット。
Krurir13
もっと前に止まればドアカットせずに済むのにね。

久留里でほとんどの乗客が降り、さらに山を登ると終点上総亀山駅に到着。
Krurir16

上総亀山の駅舎を出てみたけど、なーんにもない。
Krurir17

木更津までの切符を買って再び車内へ。
Krurir26

上総亀山駅のホームは2両分の長さしかないので、3両編成で到着した列車はまず先頭2両のドアを開けて乗客を降ろし、ドアを閉めて最後尾の車両がホームに入る位置まで前進。
Krurir20

今度は木更津側2両のドアを開けて乗車扱い。
Krurir19

ここでキハ30形の車内を観察。
Krurir07
通勤型車両なのでロングシート。
青いシートモケットの色褪せ感がイイ!

半自動時のドア開閉ボタン。
Krurir21
小さい開閉ボタンや操作方法を書いたプレートの字体に、昭和の高度成長時代の雰囲気を感じる。

外側の開閉ボタンは通常はドア横にありますが、外吊り式だとドアが開いたらボタンが隠れてしまうので、ドア本体にボタンが付いてる。
Krurir28

ドア横の窓には 手をださぬよう と注意書き。
Krurir27

なぜなら、窓の外に開いたドアが来るのであぶないのです。
Krurir24

ドアの上部に手すりがあるけど、何に使うんだろう?
Krurir23

運転席はアナログ感たっぷり。
Krurir09
『タブレット再度確認』の注意書きは久留里線ならでは。

運転席頭上の扇風機には、国鉄のJNRマークが!
Krurir10

ただ、客室内の扇風機はJR東日本に変わってる。
Krurir11

でも、扇風機のスイッチは健在。
Krurir22

キハ30形に併結してるキハ38形。久留里線色。
Krurir29

側面戸袋部には久留里線のマーク入り。
Krurir38

キハ38形は一般的な戸袋式ドア。
Krurir31
Krurir33

ドア開閉スイッチも少し新し目。
Krurir34

キハ38形もロングシートですが、駅のベンチみたいなバケットタイプ。
Krurir32

トイレもあるけど今は使えません。
Krurir36

『便所使用知らせ灯』はそのままで、プレートだけが撤去されている。
Krurir37
知らせ灯の下の四角く変色しているところがプレート跡でしょう。

↓かつてはこんな感じで『便所使用知らせ灯』のプレートがあったはず。
10090972
これは183系のもの。

トイレの前だけボックス席。
Krurir35
ボックス席も片持ちのバケットタイプ。

運転席を覗くと、NTTドコモの携帯電話が。
Krurir30
久留里線は列車無線が整備されておらず、乗務員への連絡は専ら携帯電話で。

再び木更津へ戻り乗客を降ろすと、タブレットを肩に引っかけた駅員(助役さん?)がドアを閉める。
Krurir40

キハ30とキハ38が切り離され・・・
Krurir41

キハ30だけ回送されて行く。
Krurir42
残された2両編成キハ38が、次の列車として再び上総亀山行きに。

その次の列車は、4両編成のキハ37形。
Krurir43
前面窓枠があったりライト位置が上にあるので、同じ久留里線色でもキハ38形とは違う印象。

こちらは片開き2扉車。
Krurir44

まるで国鉄時代のディーゼルカーを動態保存しているような久留里線ですが、平成24年からE130形と置き換えられる予定で、さらに閉塞方式が変わるのでタブレットも使われなくなるらしい。

昭和の名残を感じるなら今のうちですよ!

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

校長から原稿書きを頼まれる

実は、夏休みに入った頃、中学校の校長から

ちょっとお願いがあるんですが・・・

と電話があった。

小学校の校長からはしょっちゅうお願いされてるけど、中学校の校長からはあんまり言われたことがない。

何事かと話を聞きに伺うと、原稿を書いてくれと言う。

何の原稿かといえば、府下の公立中学校の先生たちの教育研究会っちゅーのがあって、定期的に発行している『中学の広場』という冊子のPTAのページを埋めてくれとのこと。
Cgzc02

テーマは
「いのち」「人」を大切にする心を育む学校づくり。
 
Cgzc03







ハードル高すぎるやろ!








校長曰く、PTAの活動内容を1500字で書いてくれたらいいということなので、これならひと安心・・・








安心じゃない!(ToT)







しかも、学校関係の文書には独特の漢字とひらがなの使い方があって、これが何とも難しい。
Cgzc04
例えば、
子供 はダメで 子ども

子供達
こどもたち

ともだち友達

出来る
できる

などなど、他にも盛りだくさん。

以前、小学校のPTAをした時にはこのへんの使いまわしはちょっと気にしたけど、今の中学校ではほとんどスルーやけどね。

中学校でPTAをして、いきなり配布プリントに 『保護者の皆様』 って書いてあったので 「これマズいんじゃないですか?」と聞いてみたら、「どこか?」って言われたし。

皆様みなさま って書けってことになってたので。


そんでもって夏休みの間に原稿書いて、バッチリ1500字にしてやりました。

Cgzc01


で、原稿のことを半分忘れかけてた頃、校長から、この前の原稿のゲラがあがってきたので、校正をして送り返すように言われる。

Cgzc11


自分の書いた原稿のゲラを見て、

我ながらよく書けてるやん!


と思ったり(笑)

冊子が完成したらもらえるみたいなので、記念にとっとこーっと。

| | コメント (0)

2011年12月22日 (木)

2学期の学校評議委員会

先日、学校評議委員会がありました。

学校評議委員会の詳しいことは、前回の記事をどうぞ。

場所は中学校の校長室。
11031801

学校評議委員会は毎学期末にあり、今回は2学期の学校の様子について校長から説明。

先日のオープンスクールで評議委員の方も普段の授業の様子をご覧になったらしく、そのときの感想なんかもあり。

授業中に立ち歩く生徒がいたみたいでいろいろご意見がありましたが、そもそも小学校なんて授業中にトイレに行きたくなったら行き放題だし、中学生になったからいきなりそうなったとも限らない。

それを言うと、なんと中学校の校長が一番驚いてるし。

そこで、
小学校の参観に行くとすんごーくガヤついてますよ。
いっぺんご覧になったらいかがですか?

と、言うておきました(笑)

小学校の授業を見に行くときは、予告せずにいきなり行った方がいいかもね!

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

12月度中学校ブロック会長会

昨日、12月の中学校ブロック会長会がありました。

今月の会場校の校長室。
11122001

今月は特に議題はなくて、私から連絡事項を少々。

この春からずっと訴え続けてきた市町村PTAと府PTAとの関わりについて、府P役員会で府Pはどうあるべきかについて話し合いが行われることになった。

ま、今年度は無理としても、来年度から少しずつでもいいので変わってくれたら。

あと、個人情報の取り扱いについてお願い。

この時期、どこの学校でも来年のPTAの人選に取り掛かってますが、その時の名簿の管理に注意してくださいと。

原則として、情報を校外へ持ち出さないようにすべきでしょうな。

ところで、ブロック各校の選出の様子を聞いてみると、すでに次の会長が決まったところが3校、今年に続き来年もするところが2校でした。

ウチは来年1月の選出会で決めます。

すんなり決まってくれたらいいなぁ。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

プッチンプリンをストローで吸うとかなりウマーイ!

以前、テレビで

『プッチンプリンを細いストローで吸うとウマい!』

と聞いたので、実験してみた。


発売以来変わらぬ人気、江崎グリコ謹製プッチンプリン。
Pcpstr01
プリンといえばプッチンプリンと言われるほど、プリンの中のプリン。

プッチンして皿に出すと、ぷるぷるのカラメルがおいしそう。
Pcpstr02
普段ならはじめにカラメル部だけを食べちゃうところ、今回は実験のためガマン。

ここで取り出したるや、ストロー!
Pcpstr03
細ければ細いほどいいらしい。
そこで今回は、赤ちゃん用ドリンクに付いてたストローを使用。

プッチンしたプリンにブッ刺す。
Pcpstr04

吸ってみると・・・


ジュルジュルジュル!


あかん、空気が入ってうまく吸われへん。


そこで、2個目はプッチンせずに容器に入れたままストローをさして吸ってみる。
Pcpstr05

ん?!






ウマーーーい!






なめらかさが出て、甘さの深みが増す感じ。

普通に食べるより、ストローで吸った方がかなりウマい!

これは超オススメ。

しかも、容器ごといくと最後にカラメルが出てくるので、”最後のお楽しみ”みたいな。


プッチンプリンはのみものです!

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

急勾配&急カーブが続く 明知鉄道に乗る

JRで恵那駅まで来たあとは、明知鉄道に乗り換え。

明知鉄道は元国鉄明知線を引き継いだ第三セクター。
他の地方ローカル線と同様、苦しい経営が続いているようです。

JR恵那駅の隣が明知鉄道恵那駅。
Akcrw02

JRのホームから直接明知鉄道へ乗り換えもできる。
Akcrw03

恵那から明知鉄道の終点明智までの切符を買ったら、なんと硬券。
Akcrw04
硬券というだけでテンション上がるわー(笑)

やって来たのはアケチ13、アケチ10形ディーゼルカー。
Akcrw06
地方ローカル線のベストセラー、LE-DCシリーズ。
前面窓が側面まで回りこんでおり、このアケチ10形は以降のLE-DC車の標準的なモデルとなった。

平成11年、今はもう鉄道から撤退した富士重工製。
Akcrw07

車内はドア付近がロングシート、中央部がクロスシート。
Akcrw08
運転士は見るからに若く、運転指導員らしき乗務員が付いて指導してる。

20人弱の客を乗せ、恵那を出発。
Akcrw09

一番前でかぶりつくのも恥ずかしいので、車両最後尾から眺めます。
恵那を出るとしばらくはJRと併走しますが、JRと線路はつながってないみたい。
Akcrw10
JRの線路から離れると、急勾配とカーブが続く。

エンジンはずっと唸ってますが、音の割りにスピードは全然出ない。
運転室のスピードメーターを見ると、時速40キロを出すのが精一杯。
Akcrw14

整理券発行機の調子が悪いのか、走行中に乗務員が機械を開けて調整。
Akcrw13

「風」

と書かれた風警報機?みたいなものもあったり。
Akcrw15

恵那から二つ目の駅、飯沼に到着。
Akcrw16

この駅は急勾配に作られた駅で、その勾配の角度は33パーミルと普通の鉄道駅の中では日本一の急勾配の駅。
Akcrw17
ホームには『勾配日本一の駅』の看板も。
本来はこのような急勾配の途中に駅の設置は認められてませんが、特例として認められたとか。

ただ、ケーブルカーに比べると緩いし、見た目にはあまり急勾配には感じないところがツラい。
Akcrw18

飯沼を過ぎてしばらく走り、トンネルを出たところにようやく勾配票が。
Akcrw19
角度33パーミル
最後尾から見てるので、下り傾斜33パーミルは上り傾斜。

阿木駅構内には、倉庫代わりにされた古い車両が。
Akcrw21

その後もずっと急勾配と右へ左へのカーブが続く。
Akcrw22
まさに峠を越えてる感じ。

極楽駅に到着。
Akcrw24
名前が名前だけに、げんかつぎに利用されてるとか。

岩村駅に到着すると乗客はほとんど降りてしまい、残るは私らだけ。Akcrw26

ここで列車交換。
対向列車は2両編成の急行大正ロマン号。
Akcrw27
前の車両はLE-DCですが、後ろの肌色の車両はアケチ6形、LE-Car。
バスベースの車体なので、屋根が薄いのが特徴的。

岩村駅を出ると、再び急勾配&急カーブの峠越え。
勾配票がそれをものがたる。
Akcrw31
Akcrw32

野志駅は先ほどの飯沼駅の次に急勾配な駅。
Akcrw33
30パーミルの勾配に設置された駅は日本で二番目に急な駅。
「のし」と聞いて、思わず (^_^)ノシ のAAを思い出したりして(笑)。

恵那を出発して約50分、終点明智に到着。
Akcrw34
明知鉄道明知線の終点は明智町にある明智駅。
「知」と「智」の文字が違っててややこしい。

駅の向こうに車両基地。
Akcrw35

明智駅は建て替えされたのか改装されたのか、木の素材感を前面に出した木製。

Akcrw36
駅舎入口脇の郵便ポストがなつかしい。
ただ、このポストだとエクスパックは入らんな。

明智光秀公ゆかりの地
、と書かれた石碑がある。
Akcrw37

他にも興味深いことがふんだんにありましたが、マニアック過ぎるのでここでは割愛。

日本一急勾配な駅があると思ったら二番目もあって、楽しいローカル線でした。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

名古屋からセントラルライナーに乗って恵那へ

今日は岐阜県の親戚のところへ行きました。

いつも岐阜へはクルマで行ってましたが、最近は遠くまで運転するのが面倒臭くなってしまい、今回は二人で行くこともあってクルマを置いていくことに。

最初は名古屋まで高速バスに乗るつもりでしたが、なんとバスは満席。

しゃーないんで新幹線で名古屋へ。
11121801
新幹線もなかなか混んでましたが、EX予約で席を確保。

のぞみ220号はN700系、Z58編成。
11121802
普段、新幹線には平日にしか乗らないので、殺伐とした雰囲気のビジネス客ばかりですが、休日に乗ると行楽客が多くなり、客層が変わると雰囲気もガラっと変わる。

うわぁ~新幹線だぁ~

という客も多い。

名古屋からは中央線に乗り換え。
11121803

悪名高き?セントラルライナーに乗る。
11121804

セントラルライナー専用の313系8000番台。
11121806
セントラルライナーの評判が悪い最大の原因は、名古屋-多治見間は乗車整理券として310円必要なこと。

ホームの券売機で乗車整理券を買うと、座席も指定される。
11121809

座席は無料の快速と同じ転換クロスシート。
11121807

指定された席に座ると、名古屋行きのセントラルライナー2号として走ってた時の乗車整理券が放置されたまま。
11121810
しかも、美乃坂本駅発行の手書きのタイプ。

310円支払った割には車両のグレードは高くなく、せいぜいドア付近についたてがある程度。
11121811
快速に比べ多治見までの停車駅が少ないとはいえ、多治見から先は各駅に止まるので、310円支払った割に所要時間の短縮効果は少ない。

さらに、元々乗車券だけで乗れる快速列車の1本を特別料金が必要なセントラルライナーに置き換えられたため、時間帯によっては乗らざるを得ないようになってしまった。

そこが「ぼったくり電車」と呼ばれる所以。

名古屋から54分で恵那に到着。
11121812

ここで、親戚のところへ行く前にちょっと寄り道することに。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

ピリ辛濃厚味噌つけ麺 『むつみ屋』@東京ラーメンストリート

東京駅八重洲口南口地下1階、東京ラーメンストリート。

最近、東京からの帰りに立ち寄ってますが、今回はみそラーメンの店 『むつみ屋』。
Trsmtmy01

実は私はラーメンは好きだけど、みそラーメンはちょっと・・・

そんなヤツがみそラーメンの店へ行ってなに食うねん!

とおっしゃるのはごもっとも。

みそラーメンはダメでもつけ麺ならイケるんじゃないかと思い、暴れん坊味噌つけ麺をオーダー。850円也。
Trsmtmy05

麺を湯がくのに10分ほどかかって出てきた。
Trsmtmy02
文字通り、超濃厚なスープ。
濃厚過ぎてとろみが出ており、スープというよりつけだれと言った方がいいかも。
予想以上に辛みもあって坦々麺みたいな味わいですが、坦々麺よりもみそ感が多め。

麺は平たい太麺。
Trsmtmy03
素材にこだわった御殿場の『ジャンジャン軒』と同じ、北海道産小麦「春よ恋」だけを使った麺。
歯ごたえのあるもっちり感の強い食感。

このつけ麺を頼むと無料で小ライスが付いてきましたが、残ったスープに入れて絡めるのがオススメだとか。
Trsmtmy04
スープ割もいいけど、ごはんを混ぜて食べてもおいしい。

レジで精算後、お土産にとんこつ醤油ラーメン(1人前)をもらった。
Trsmtmy06
どうやら東京八重洲店限定らしい。
ラーメン食べに行ってラーメンをもらったのは初めてかも(笑)



らーめん むつみ屋 東京八重洲店
東京駅八重洲南口地下1階
営業時間: 11:00~22:30(LO.22:00)
TEL: 03-5220-6558

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

ご当地B級グルメみしまコロッケを食べに行く 『駒井精肉店』@静岡・三島

富士宮焼きそば、浜松餃子、静岡おでんなど、ご当地B級グルメの宝庫、静岡県。

そんな静岡B級グルメで売り出し中の みしまコロッケ を食べてみました。

JR東海道線三島駅、南口。
Miskrke01
三島駅には新幹線側の北口と在来線側の南口がありますが、駅に北口と南口とを結ぶ自由通路がないため、北口と南口を行き来するには大きく迂回して15分ほど歩くか、140円の入場券を買って構内を通るしかありません。

このトラップにハマってしまう人は決して少なくないのではないかと。私を含め。
三島駅の入場券収入の9割は”通行料”なんじゃ?と思うくらい。

南口を出ると目の前にバスターミナルがある。

今回乗るのは5番のりばから出発する、沼津登山東海バス N57 玉沢行き。
Miskrke02
このバスで三嶋大社前の次、東小学校まで行く。
たぶん、5番のりばから出るバスはみんな東小学校へ行けると思いますが、念のため運転手さんに確認を。

東小学校バス停を降りてすぐのところにある『駒井精肉店』
Miskrke03
やっぱりコロッケといえばお肉屋さんのコロッケですわな!

この駒井精肉店は、以前スマステのB級グルメ特集でもみしまコロッケの店として取り上げられたことがある。
Miskrke04

店の奥が揚げ物のコーナー。
Miskrke05
陳列ケースが雲って、よく見えない。。。

今回買ったのがこの2つ。
右:みしまコロッケ 80円
左:みしまコロッケスペシャル 130円
Miskrke06

まずは、ノーマルなみしまコロッケから。
Miskrke07
素朴なじゃがいもの風味が広がり、こしょうの味はほとんどない。
挽き肉も少な目で、すんごいシンプルな味わい。

次にスペシャルなみしまコロッケ。
Miskrke08
持った瞬間、すんげー重たい。
こんな重たいコロッケ、今まで見たことも食ったこともない。

ぎゅうぎゅうに詰まった中身はなんと、じゃがいもに薄くスライスされた豚肉が乗っかってる!
スライス肉がそのまま入っていてボリューム満点。

コロッケからミンチじゃない肉が出てくるなんて初めてかも。

まさにスペシャル!

両方ともおいしく食べました。

コロッケ買いに、わざわざバスに乗って来た甲斐があったな。



駒井精肉店
静岡県三島市日の出町1-25
営業時間: 8:00~19:00(日曜定休)
TEL: 055-975-3006

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

4年ぶりの地下鉄教室に参加した

これは去る10月の話なんですが、小学校区の地域子ども教室で地下鉄教室があり、次男坊を連れて参加してきた。

この地下鉄教室は3回目ですが、今回はなんと4年ぶりの開催。

前回の地下鉄教室のことは未だ鮮明に覚えてるのでそんな年月が経ってるとは微塵も思ってなかったけど、前回一緒に参加した長男がすでに中三になってることを考えると、やっぱりそうなのか。

鉄道に興味のない長男はさすがに行かないと言うので、同じく鉄道に興味のない次男坊を無理やり連れて行った次第。

私が鉄道好きなことは小学校の校長センセも知ってるので、直々にお誘いももらってたし。

講師は前回と同様、大阪市交通局の方に来ていただく。
Chktskyst01
私のことも覚えてたみたい。

まずは、リニアモーターの実験。

普通のモーターは軸があって、トルクを発生させて回転運動をするのに対し、リニアモーターは軸がなく直線運動をする”リニア” なモーター。

リニアモーターと聞くと、つい磁石の力で浮いて高速で走るものを想像しがちですが、浮くか浮かないかは関係ありません。

アルミで出来た1円玉を立て、倒れないように両側に割り箸を置いてレールにします。
Chktskyst02
この1円玉に触れないよう磁石を素早く動かすと、あら不思議?!
1円玉が動くじゃないですか!

この原理を使った手作りの円盤を見せていただく。

磁石が付いた円筒があり、これをクルクル回すとアルミ製の大きな円盤が回りだすというもの。
円筒と円盤は数ミリのすき間があり接触していないのにも関わらず、円筒が回転するとつられて円盤が回る。

この現象を日本で始めて地下鉄に応用したのが、地下鉄鶴見緑地線。

線路の真ん中にアルミ板が敷かれているのはリニアモーターの証。


次の話は、車内乗車位置表示プレートの話。

大阪の地下鉄に乗ると、ドアに現在位置を示すプレートが貼られています。
Chktskyst07
このプレートは、目の不自由な方のために 「今、何両編成の何号車のどのドアにいるのか」という情報が簡単にわかるようにしたもので、このプレートが考案された過程をご苦労された様子も交え教えていただいた。

実はこのプレートが考案される前から、車両位置やドア番号の表示はあった。

この表示とは、例えば4号車の3番ドアなら『4-3』と書かれている。

しかしこれを見ても、自分がどこにいるのかわからない。

乗った電車が何両編成の前から何番目の車両で、その車両にドアがいくつあって、車両のどの位置にいるのかが特定できないのです。

目の不自由な方は、予めどの車両のどのあたりに階段がある、というように駅の構造を覚えています。

しかし、『4号車の3番ドア』や『4-3』とだけ書かれてあっても、その電車が4両編成なら一番端の車両ですが8両編成なら真ん中あたりだし、3扉車なら端っこのドアですが4扉車なら端じゃないし、そもそも1号車が先頭なのか最後尾なのかすらわからない。

そこでまず考え出されたのが、号車とドア番号を点字で表示し、さらに何両編成の何番目で、いくつある扉の前から何番目なのかをわかるようにした。

これがその現物。
Chktskyst04
横に並んだ丸凸が編成両数で、現在位置(車両)に上下に丸凸が並ぶ。
下の立て凸が車両のドア数で、横凸が車両のドア位置。

これを健常者にも理解できるようにしたものがこれ。
Chktskyst05
プレートの色は、「目にいい」という何かよくわからない理由で緑にしたそうですが、ここで次なる問題が。

全盲の人だけでなく、弱視の人も同じ悩みがあったらしい。

ただ、プレートの色が緑だと見えにくいそうで、ならばどの色が一番見やすいのかを確かめるため、いろんな色のプレートが作られた。
Chktskyst06
これを盲学校や視覚障害者団体の方に見てもらい検証した結果、今のスタイルになったそうです。

当初、大阪市交通局はこのプレートを平成16年度になってから取り付ける予定でしたがが、なんとこのプレートのことを聞きつけた横浜市が、平成16年2月、すなわち平成15年度末に設置することにしたらしい。

そこで大阪市は、せっかく自分たちで考案したプレートなのに日本初になれないのはもったいない、ということで、急遽平成15年の12月に取り付けた。

これがその案内。
Chktskyst03_3

日付が大事!
Chktskyst08

この車両位置の表示方法は言葉を使っていないので、世界共通で利用できるとか。

今回の地下鉄教室は子どもたちには少々退屈だったかもしれませんが、大人は非常に興味深い内容でした。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

素材のウマさが引き出たしょうゆラーメン 『ジャンジャン軒』@静岡・御殿場

JR御殿場線御殿場駅前にあるラーメン店、『ジャンジャン軒』。
Gtbjanjant01

はじめは普通のしょうゆラーメンでも食べようと思ったんですが、食券の券売機の文字を見た瞬間ワンタンも食べたくなり、こちらをチョイス。

正油ワンタン。750円也。
Gtbjanjant02
ワンタンは肉とえびが同居していて、えびワンタンと肉ワンタンの両方の味が楽しめる。

鶏がらベースのしょうゆスープはものすごくあっさりしてますが、なんか不思議なウマさ。

細いストレートの麺は、鼻から抜ける風味がいい。

店内のPOPによると、北海道産小麦「春よ恋」だけを使い、塩とかん水だけで練り上げた麺らしい。

国産小麦なので、輸入小麦では必ず使われている防虫剤は使われていないとか。

確かに素朴ながらも風味がおいしい。

まるで、”すっぴんできれいなおねいさん” みたいな。



新・御殿場ラーメン ジャンジャン軒
静岡県御殿場市新橋1898-3
JR御殿場駅富士山口1F
営業時間: 11:00~翌3:00(日曜は0:00まで)
TEL: 0550-83-3833

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

今どきのガラケーは温湿度計付き! ケータイ買い換える docomo F-09C

今まで使ってたケータイ、ドコモのF04B。
F04b03
画面とキーユニットが分離して、なかなか面白かった。
電話しながら画面を操作もできるし、カメラの遠隔操作もできたり。

ところが1年半ほど使った頃から画面とキーユニットの接続が悪くなったのか、キーの操作がおぼつかなくなってくる。

ボタンを押してもノーリアクションなことが度々。

また、メールの着信音やバイブが作動しないこともあったり。

最近はスマートフォン全盛ですが、今のスマホでは私が求める機能は全て網羅されていないので、買い替えるとすれば普通のケータイ、いわゆるガラケー。

ところが、これから先も携帯キャリアはスマホ押しで、高機能タイプのケータイは今後なくなっていく運命。

今、特に欲しい機種はなかったけど、”フツーノフォン”が売られているうちに買い替えることに。

セパレートタイプのF-04B(左)から、防水横モーションのF-09C(右)へ。
F09b07

同じFのスライドタイプだけに、見た目はあまり変わらない。
F09b01

厚みは19.8mm~15.8mmと若干厚めですが、それでも前の機種よりは薄く軽くなった。
F09b03

指紋認証は感度、精度ともに問題ない。
F09b05

最近のケータイって、温湿度計が付いてるのにビックリ!
F09b06
この温湿度計が意外に便利。

さっぶー 今何度やろ(((>_<)))?


ってな時に手軽に気温がわかるのはイイ!

3D対応のディスプレイもすごい。
プリインストールのiモーション、ホントに飛び出してるように見えるよ!

値段はFOMA機種変で59,800円。
ポイントを使って45,000円に。

スマホよりも高いけど、スマホじゃ今使ってる機能のうちいくらか諦めなければならないし、特にアプリがスマホに対応してないものが多いので、スマホへ買い替えることはありません。

ただ、ケータイじゃなく、今使ってるiPod touchをスマホにするのはアリかも。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

イタリアン風味にもなる油そば 『大原家』@神奈川・大船

湘南モノレール大船駅すぐのところにあるラーメン店、『大原家』。
Oharayarm01_2

濃厚とんこつスープの横浜家系ラーメンですが、今回は汁なしラーメンの油そばをオーダー。750円也。
Oharayarm02
チャーシューの切れ端とキャベツがたっぷりトッピングされ、そこへ生タマゴが乗っけられてB級感満点。
さらに麺大盛りも無料。

もっちりした平太麺に、タレとタマゴの風味が合わさってウマい!
Oharayarm03

油そばを注文すると、パルメザンチーズとラー油が出てくる。
Oharayarm04

パルメザンチースを振りかけてみると・・・


何ということでしょう!(ビフォーアフター風)


ラーメンにチーズの風味が加わり、イタリアンに大変身!


これは違った感じで、またおいすぃー!


次にラー油をかけてみると・・・


ま、これはそのままラー油の味がプラスされるだけかな。


最初はそのまま食べて、後半にパルメザンチーズをかけるのがオススメです。



大原家
神奈川県鎌倉市大船1-11-20
営業時間: 11:00~22:00(日曜定休)
TEL: 0467-45-4604

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

皆既月食を観察

昨日12月10日は皆既月食でした。

子どもの頃は図鑑も持ってたしプラネタリウムにもよく行ったけど、その後すっかり夜空を見上げることはなくなってしまった。

大人になった今でも星空観察はしないけど、昨日の晩、たまたま空を見上げるときれいに月が見え、時間的にも無理せず起きてなくてもよかったので、ちょこっと追いかけてみることに。

10日午後7時ごろ、東の空に見えた月。
Mc121001_2
まだ丸く光ってる。

写真は一眼みたいないいカメラではなく、普段使ってる胸ポケットに入るサイズのデジカメで撮影。

↑の写真はおまかせオートモードで撮ったんですが、これだとカメラは明るくしようとするので露出オーバーに。

午後10時前から月が欠けはじめ、午後10時15分頃にはほぼ半分隠れる。
Mc121003
ちなみに↑はカメラの設定をいじって撮ってみた。
フォーカスと測光モードをスポット、EV-2.0、画像サイズ16M、光学ズーム×3.8で撮影。

午後10時36分、3/4ほどに。
Mc121004

午後10時54分、もう少しで全部隠れる!
Mc121005

午後11時10分には地球の影に隠れて赤い月に。
Mc121006

日付も変わって12月11日午前0時30分、再び月が照らされてくる。
Mc121007

午前1時10分には半分以上顔を出し・・・
Mc121008

午前2時には再び丸いお月さま。
Mc121009

空には雲も出てましたが、ちょうど月にはかからずに観察することができた。

いい天体ショーを楽しませてもらったヨ!

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX を見に行く

今日封切りされた 『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGAMAX』を見に行きました。

仮面ライダー生誕40周年記念映画の最後の作品。


と言われている。


今までの流れを見ていると、一応生誕40周年シリーズは終わるけど、また新たなシリーズが始まるような気が・・・(汗)

そうやって、どんどん売り上げに貢献せざるを得ないようになってしまうんですな。

パンフレットも定番となってしまった、通常版とDVD付きの二本立て。
11121001

DVD付きの表紙は、開くとオーズとフォーゼが1枚の写真に入る。
11121002

入場者特典、フォーゼとオーズのガンバライドカード。
11121008

グッツも買わずにはいられなくなってしまった。
父は定番クリアファイル。
11121003
フォーゼとオーズ&ダブルの2枚入り。

反対側はフォーゼ・エレキステイツとファイヤーステイツ、そして劇場版限定のロケットステイツと、伝説の7人ライダー。
11121004

子どもたちは、長男が缶バッチ、次男がストラップ。
11121009
ストラップは、TV版最終回で割れたアンクのコアメダルと、映司の明日のパンツが付いてる。

レジの横に置いてあったスポーツ報知、仮面ライダー40周年特別号。
11121005
ついこれも買うてもた・・・

映画の半券をゲームセンターへ持っていくと、シールがもらえる。
11121006

さらにメダルも。
11121007
まるでセルメダル。

私と長男が遊び終わた頃、次男坊はまだ遊んでる。
しかも、最初にもらったメダルより増えとるし。

おまえ、どんだけ欲望あんねん!


みたいな(笑)

今回の映画を見て、やっぱりダブルはカッコええわ!と思ったり。

オーズもなかなか良かったし。

フォーゼはサブライダーの振りもあったし、今後の展開に期待だな。

| | コメント (2)

2011年12月 9日 (金)

たぶん今年最後の東京出張

先週に続いて東京出張。
今回も往復新幹線で。

行きは新大阪6:37発、のぞみ206号。
11120802

EX早割を使ってグリーン車で。
11120801

N700系、Z61編成。
11120803

朝、大阪から東へ向かうときにはできるだけ進行方向左側の山側に座るんですが、今回は残念ながら海側の座席。
11120806
海側だと朝日がうっとうしいので。
ただ、この日は曇時々小雨の天気だったので、陽が当たることはなかった。

新幹線で東京へ向かう途中、静岡県は富士川を渡るあたりで、進行方向左側に富士山が見えます。
11120805

新幹線は富士山より南側を通るので、当然、富士山は左から。
11120807

ところが、進行方向右側からも富士山が見えるところがあります。
11120804
(ピントが合ってないので見にくいかも)
これは静岡の手前、安倍川を渡る直前で海側に富士山が見える。

ちょうど新幹線がこの辺りで北へ進むので、東側にある富士山が右に見える、っちゅー訳ですな。
11120808
右に富士山が見えるので、通称『右富士』
(そのままやん!笑)

右富士が見えるのは時間にして数十秒ぐらいなので、チェックしたい方は見逃さぬよう。


そして今日は、ひかり527号で帰ります。
11120902
先週乗ったのと同じ。

やっぱりEX早割でグリーン車。
11120901

このひかりには、N700系が充当されます。Z24編成。
11120903

出張帰りの至福のひととき。
11120904
東京駅の寿司屋で買ったにぎり寿司。
しかも特上♪

東京駅の八重洲口の地下にある立ち食い寿司『魚がし日本一』では、特上にぎりが1,380円。
それでいて注文してからにぎってくれて、ネタもイイ!

駅弁のちょっとした幕の内弁当でも1,000円することを考えると、こっちの方がお買い得。
ビールのアテにもなるし。

ところで車内放送で言ってたんですが、この列車のどこかの車両でサービス向上のためのアンケート調査をするらしい。

どの号車かわからないけど、8号車ではなかったみたい。

静岡の手前で調査員とおぼしき人が前から歩いてきたので、7号車より前だったのかも。

さて、ビール飲んでお腹もいっぱいになりそろそろ眠くなってきたので、オヤスミzzz

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

大人気、ご当地あんぱん サンエトワールの『成田あんぱん』@京成成田駅

京成成田駅、改札を入ったところの5番線ホームにあるパン屋さん、『サンエトワール』。
Nrtanpan00
よくこの店の前を通るんですが、何気に店を見ると入口にちょっと気になるPOPが。


大人気 成田あんぱん

Nrtanpan01
なぬ、成田あんぱん?
大人気やって?!

ちょうど小腹も空いてきた頃だし、ちょっと見てみよう。

店に入ると、ありました!
Nrtanpan02
成田あんぱん、160円。

しかも、人気No.1

ちなみにNo.2はカレーパンでした。

そんなに人気なら、いっちょ買ってみよう!
Nrtanpan03
思いっきり   の焼き印が押された成田あんぱん。

中を割ってみると、つぶあんと一緒にホイップクリームが入ってる!
Nrtanpan05
もっちりした生地と甘さ控えめのあん、それにふわっふわのホイップクリームの食感が合わさって、すこぶるウマい!

これはもはやあんぱんではなく、スイーツですな。
大人気なのも納得。



サンエトワール 京成成田店
千葉県成田市花崎町814  京成成田駅構内
TEL: 0476-24-7210

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

特製まぜそばはまさにジャンク?! 『ジャンクガレッジ』@東京ラーメンストリート

東京駅の新名所、八重洲口南口地下1階にある東京ラーメンストリート。

六厘舎をはじめ行列必至の人気ラーメンが軒を連ね、どの店に入ろうか悩むこと間違いなし。

そんな中、汁なしラーメン「まぜそば」で有名なジャンクガレッジに行ってみた。
Trmsjnggrg01

普通のまぜそばもいいけれど、食券の券売機最上段左のゴールデンポジションにあった特製まぜそばをチョイス。
Trmsjnggrg02

麺を茹でるのに7分掛かるそうなのでちょっと待てやってきた、特製まぜそば(並)、アブラのせ。950円也。
Trmsjnggrg03
まぜそばに、エビ辛マヨネーズ、辛味、そしてベビースターラーメンがトッピングされて特製まぜそばにグレードアップ。

無料でチーズ、ニンニク、アブラもトッピングできる。

ラーメンの具にベビースターラーメンという、ラーメン on ラーメンなジャンク感満点なところがステキ。

麺はもっちり感がいい中太平めん。
Trmsjnggrg04

全体をガッとまぜてから食べてみると、ちょっと辛味が強い気もするけどウマーい!

並でも結構ボリュームがあるので、調子こいて大にするとキツいかもよ。



ジャンクガレッジ
東京駅八重洲南口地下1階
営業時間: 11:00~22:30(LO.22:00)
TEL: 03-3286-0167

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

大月から特急かいじで新宿へ

静岡県は御殿場から東京都内へ向かうのに、河口湖を経由するという乗り鉄的ちい散歩をしながら、富士急行で大月までやってきました。

大月からは”ベタ”にJR中央線に乗ります。
Jrlepkaiji02

ここから都内へ直通する快速電車もありますが、E233系で1時間半座ってるのはちょっとツラい。
グリーン車があればいいけれど、残念ながら中央線快速にはグリーン車はない。

そんな私に残された選択肢は、特急に乗る!

もっと早く決心してたらえきねっとで予約してたんですが、次の特急が出発するまであと5分程しかなかったので券売機で指定券を購入。
Jrlepkaiji05
最初は自由席でもいいかな、と思ったんですが、券売機の座席表から席を指定すると結構混んでる様子。

すでにイス取りゲームに参加する気力のないヘタレ野郎状態なので、迷わず指定席へ。

指定席も窓側はほとんど埋まっていて、結局、最後尾の11号車の窓際席が取れた。

かいじ120号、新宿行き。
Jrlepkaiji01

特急かいじはE257系。
Jrlepkaiji03
ホームの屋根は最後尾の車両まで届いてないので、小雨降る中いそいそと乗車。

シートはJR東日本の在来線特急でよくあるタイプ。
Jrlepkaiji06
座り心地はいい。

背もたれのリクライニングだけでなく、座面も前方にスライドできる。
Jrlepkaiji07

大月から高尾まではカーブやトンネルが続く山岳路線で、携帯の電波も入りづらいですが、高尾から関東平野を突き進むと都会の風景が広がる。

大月を出て56分で新宿に到着。
Jrlepkaiji10

乗ってきた列車はここで回送に。
Jrlepkaiji08
LED式の正面表示器も、JR東日本らしい。

向かいのホームには、竜王行きのかいじ119号が停車中。
Jrlepkaiji09

ここからさらに都心へ向かいますが、もうこの時点で結構へろへろ。

充分乗り鉄的ちい散歩を満喫しました(笑)

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

富士急行に乗って富士山へ

御殿場から富士山の裾野を通り、富士急行の河口湖駅にやってきました(記事

河口湖駅はロッジ風の駅舎で、中に土産物店や喫茶店もある。
Fjkgtbkwg08_2

駅前広場の脇には富士急行の前身、富士山麓電気鉄道時代の車両『モ1形』が静態保存されている。
Fjkrw01
Fjkrw02

河口湖駅から210円の切符を購入。
Fjkrw03

大月行きの1000形電車が入線してますが、乗客はおらず。
Fjkrw04
元京王5000系。
改札からホームへは踏切を渡るので、真正面から撮ってみた。

基本、2両編成での運行ですが、この列車は4両編成。
Fjkrw05
青い車体の下半分に白いラインが入ってますが、ラインがせり上がり富士山のシルエットに。
さすが、富士急行って感じ。

4両編成の前半分は、リバイバル塗装の1200形。
Fjkrw06
昭和30年代の標準色なんだとか。

そこへ大月からやって来た河口湖行きの電車が到着。
Fjkrw07
こちらは昭和20年代の標準色にリバイバル塗装された1000形。

ホームの向こう側の留置線には赤白に塗られた1000形マッターホルン号と、『フジサンクン』が描かれた2000形フジサン特急。
Fjkrw08
2000形は元国鉄165系。
165系が現存してるのは珍しい。

その向こうには標準色の1200形と、駅前広場で静態保存されているモ1号と同じさび朱色に塗られた『富士登山電車』の1200形。
Fjkrw09

さらに、富士急が新造した5000形はトーマス柄。
Fjkrw10
高運転台で正面窓が小さいので、独特の表情がある。

さて、大月行きの電車に乗ります。
Fjkrw11
セミクロスシートの車内。

河口湖から2つ先の富士山へ!
Fjkrw12
路線図の富士山駅も、富士山っぽく曲がってる。

はい、電車で富士山にやってきたよ!
Fjkrw13
富士山駅はスイッチバックになっていて、ここで方向転換します。

駅名標の表と裏で次の駅が違う。
Fjkrw14

主に大月行きは3番線、河口湖行きは2番線に入り、スイッチバック。
Fjkrw15

という訳で、河口湖から先頭だったリバイバル塗装側が今度は後方に。
Fjkrw16

富士山駅を出ると、霧雨と濃霧で一面真っ白。
Fjkrw17
ほんの数十メートル先も見えないので、雄峰・富士山なんぞ見える訳ありません。

駅舎入口には大鳥居。
Fjkrw18
元々富士吉田駅でしたが、今年(2011年)7月に富士山駅に改称。

富士山から大月まで990円の切符を購入。
Fjkrw19

記念に入場券も買いました。
Fjkrw20

改札を通ると鋏が入れられますが、鋏が入った形(鋏こん)を見ると、なんと富士山の形!
Fjkrw21
これを見た瞬間、すぐさま改札の駅員さんに声を掛け

あの~ 記念に入場券に鋏を入れて欲しいんですけど・・・

と言うと、駅員さん、

硬券もありますよ

と教えてくれたので、迷わず購入!

記念台紙付きの硬券入場券。
Fjkrw22

日付と鋏を入れてもらいました。
Fjkrw24

後から気が付いたんですが、入場券のナンバーを見るとNo.03765。
Fjkrw23
あと11枚後だと、No.03776。
そう、富士山の標高と同じ数字。

でも番号目当てに1760円払ってゲットしたいかどうか、やや微妙。

そこまで富士山にこだわってないし・・・

誰がこのナンバーの入場券を手にしたんでしょうね。

さて、再びホームに入り大月行きの電車に乗ります。
Fjkrw25
さっき河口湖駅で見たリバイバル塗装の1000形。

大月発河口湖行きの対向電車が入ってくると、大月行きがすぐに発車。
Fjkrw26

富士山駅を発って52分で大月駅に到着。
ホームの向こうに、2000形のフジサン特急が留置されてました。
Fjkrw27
展望車になっていて、前方眺望抜群。

正面にマスコットキャラの『フジサンクン』が描かれてますが、ヘッドライトが目に見えて連結器カバーの部分があっかんべーをしてるようで愛嬌満点な表情。
Fjkrw28
『フジサン特急』とカタカナでフジサンと書くところも悪ガキっぽくてイイ!

急こう配&急カーブが続く路線の登山電車ですが、あいにく外は暗くなってしまいその様子が見えなかったのは残念。

いろんなカラーリングの車両と、なんてったって日本一の駅名?もあって、楽しい電車でした。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

御殿場から濃霧の中を河口湖へ

富士山麓の町、御殿場。

御殿場で仕事してから東京都内へ向かうんですが、さて、どのルートで行こうかな。

はじめは沼津から御殿場まで御殿場線に乗ってきたので、そのまま国府津まで御殿場線を乗覇して、東海道線で東京へ向かおうと思ってました。

が、地図をじーっと見ていて・・・ ん!

もしかして!


と思いながらネットで調べるとやっぱりあった、

河口湖行きのバス!
Fjkgtbkwg09
(青線はJR御殿場線)

しかも、ちょうど仕事が終わりそうな時間に出発する便があるし!

河口湖まで行って、富士急で大月へ出て中央線で東京へ行くことに。

これぞ出張乗り鉄族的ちい散歩。

てな訳で、JR御殿場駅。富士山口。

Fjkgtbkwg01_2

霧雨が降りすんごく冷える中、15分遅れでバスが到着。
Fjkgtbkwg02
トーマスのラッピングが施されたセレガ。

三島駅から御殿場駅を経て河口湖駅行き。
Fjkgtbkwg03
普通の路線バスもありますが、この便は高速を走る特急便。

富士急ハイランドの中にトーマスランドがあるので、トーマスバスに乗って行こう! みたいな。
Fjkgtbkwg04

外側だけでなく車内もシートやヘッドレストカバー、カーテンもトーマス柄。
Fjkgtbkwg05

時刻表では、特急便は事前予約制になってたので予約センターに電話して、「2A」席をアサインしてもらいました。

ところがバスに乗ってみると、私の席におじいちゃんが座ってるじゃないか!

運転手に言うと、

空いてるのでどこでも好きなところに座ってください

やって。

御殿場駅を出発したバスは、富士山の裾野に沿って河口湖へ向かいます。

ずっと小雨が降ってましたが、東富士五湖道路へ入ると霧が濃くなってしまい視界が遮られる。
Fjkgtbkwg06

天気が良ければいい景色なんでしょうが、一面真っ白。
Fjkgtbkwg07

御殿場を出て約45分、河口湖駅に到着。
Fjkgtbkwg08
きれいなロッジ風の駅舎。
駅前がバスターミナルになっていて、乗り換えに便利。

ここから富士急行に乗り換えます。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

工場の中を走るローカル線 岳南鉄道に乗る

JR東海道線、吉原駅。
Gkmntd00
駿河湾に面した田子の浦のほとりの吉原駅から、市街地へ伸びるのが岳南鉄道。

JR吉原駅のホームの端から岳南鉄道の吉原駅が見える。
Gkmntd02

JR側のホームから連絡橋でつながっており、改札を出なくても乗り換えOK。
Gkmntd01

連絡橋を渡るとJRの改札機があり、岳南鉄道の吉原駅に。
Gkmntd04
途中下車でも大丈夫。
きっぷを改札機に通せば、また出てきます。

一旦JRの改札を出ても行けますが、岳南鉄道の駅には外から見やすい看板がなく周りの風景にバッチリ溶け込んでしまってるので、見逃す可能性があるかも。
Gkmntd05

窓口できっぷを買うと、なんと硬券!
Gkmntd06
硬券というだけで、テンション上がるわ~(笑)

もはや何が書いてあるのかわからない看板。
Gkmntd28
恐らく、『駅長』と書かれてあると思われ。

入線してるのは7000系。
Gkmntd07
元京王3000系の中間車を改造して両運転台化。
愛嬌のある正面デザイン。

昭和48年(1973年)に製造、岳南鉄道へ譲渡された平成8年(1996年)に両運転台化改造したことを示す銘板。
Gkmntd08

後付けされた運転台は京王5000系のもの。
Gkmntd09
4眼式の正面計器をよく見ると、一般的に速度計がある一番左に回生対応の電流計があり、ブレーキシリンダー圧力計、元空気だめ&ブレーキ制動管圧力計、そして一番右側のブレーキハンドルの前に速度計がある。

明るい場所だと反射して針が見えにくいので、ガード下を通過して暗くなったタイミングを狙って撮影してみました。
Gkmntd10

吉原駅を発車。
Gkmntd13
ジャトコ前、吉原本町を経て、本吉原駅に到着。

本吉原駅に停車中、なんと運転席の列車無線から緊急地震速報が流れる。
Gkmntd11
緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください!

実はこれ、緊急地震速報が出たときの訓練でした。

思いっきり営業運転中に訓練するとは、さすが!

運転を再開し、工場の中を走ると貨物線の線路が併走しますが、カーブのレールが微妙にカクカクしてるところがイイ!
Gkmntd14

比奈駅構内の側線に、ED40型電気機関車が留置されてます。
Gkmntd15
国鉄の電気機関車はEF型が多かったので、ED型だとやっぱり短く感じる。
ガラス越しに撮ったので車内の明かりが反射してるのはご愛嬌。

次の岳南富士岡駅の側線には、ED50型電気機関車が。
Gkmntd16
昭和3年に製造された電気機関車。
ボンネットや前面窓のデザインに味がある。

こちらもガラス越しに撮ったので、車内の蛍光灯がカブってしまい残念。

ちなみに吉原駅の側線にもED40が留置されてました。
Gkmntd17

岳南富士岡駅には検修庫もある。
Gkmntd23

岳南富士岡を出てすぐの踏切は電鈴式。
Gkmntd22
警報機の×の板の上、一番てっぺんの黒いやつが電鈴式のベル。

チン、チン、チン・・・
の音色と、反対側のベルと微妙にずれていくのに萌える(笑)

後から考えたら、岳南富士岡で降りた方が楽しかったかも。

実際には次の須津駅で下車。
Gkmntd18
須津と書いて「すど」と読む。

須津駅の周りは住宅街で、見所はなーんにもありません。
Gkmntd19
なんで終点の岳南江尾まで行かなかったかというと、岳南江尾では折り返し時間が短く駅舎の外を見ようとするとすごく慌しいし、かといって次の電車まではだいぶ待たなければならない。

さらに、この日は小雨が降っていてすんげー寒いので、帰りの電車まであんまり待ちたくなかったんで。

乗ってきた電車が折り返してやってきました。
Gkmntd20

須津は無人駅なので、乗る時に整理券を取ります。
Gkmntd21
さすがに整理券は硬券ではなかった。

吉原駅に着いて、記念に硬券の切符を買うことに。
Gkmntd24
まずは岳南鉄道の本吉原まで。
日付と鋏も入れてもらいます。

そして、今や非常に珍しい、JRの切符の硬券。
Gkmntd25
吉原からJR東海の180円区間の切符。
もちろん改札機は通れません。

このJR区間の硬券ですが、地紋は私鉄共通のPJR。
Gkmntd26

ちなみに岳南鉄道区間は岳南鉄道オリジナルのGNR地紋。
Gkmntd27

マニアにとっては見所満載で、なかなか楽しい岳南鉄道でした。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

のぞみを使わず東京出張

昨日から1泊2日で東京出張・・・

と言っても、都内は通過するのみで、出張先は静岡、千葉、埼玉ですが。

行きは御殿場へ。
11120100
新幹線の指定席はEX予約で静岡まで取っておいて、乗車券はみどりの窓口で御殿場まで購入。

特急券と乗車券の区間が違うのできっぷにしましたが、つい、いつもの調子でEX-ICを改札機にタッチしてしまい、バッチリ止められてしまったのはここだけの話(笑)

新大阪6:27発、ひかり506号。
11120101

700系、C37編成。
11120102
700系で気になるのは電源の確保ですが、C37編成はちゃんとAC100Vのコンセントがあるのでひと安心。

車両最後列、背中が壁になる席を取ったので、無事電源確保。
11120106
700系なのは事前にわかるけど、どの編成が来るかは来てみないとわからないからね。

12月から、車内販売のホットコーヒーがリニューアルしたらしく、通常300円のところキャンペーン価格で200円に。
11120104
以前より酸味が強くなりあっさりした感じ。
苦くてコクのあるコーヒーが好きな私にとっては、リニューアルでむしろマイナス。

ま、これは個人の嗜好の問題だから、難しいね。

12号車のデッキには、テレカの販売機とカード式公衆電話がある。
11120105
今となっては、前世紀の遺物になっている感が否めない。
強いて使うなら、携帯電話で話すために電話ボックスに入るってか。

昭和の頃は、よく呼び出しの車内放送が掛かってたなぁ。

12号車にお乗りのおそくじ様
電話が掛かっておりますので、お近くの電話へお越しください


みたいな。

帰りは東京からではありますが、ひかりに乗ります。
11120201
ひかりなら、EX早割で14000円でグリーンに乗れるし。

東京19:33発、ひかり527号。
11120202

ひかりですが、N700系が充てられてます。Z68編成。
11120203

のぞみがデビューして来年で20年、今では開業以来のエースの座から降りてしまったひかり号。
11120204
けど、『超特急』といえば、やっぱりひかり号。

びゅわーん、びゅわーんはしる~ あおいひかりの超特急♪
じそーく にひゃーくごじゅうきろー♪


ん?!
今では270キロですな。

12月に入って急に寒くなってしまい、車内でもなんとなくひんやりする。
でも、N700系のグリーン車はシートヒーターが装備されているのであったかい、おしりだけ。
11120205

シートに埋め込まれている読書灯、今どきの車両はLEDで真っ白の光ですが、この車両は電球色(写真ではわかりにくいですが)。
11120206
最近は電球色のLEDもあるので、光源が電球なのかLEDなのかを確かめるため点滅させてみたけど、ようわからん。

今は電源があるという理由で新幹線を使う機会が増え、ビジネス客はN700系を選んで乗るようになってきました。

携帯もスマホが増えてきてますがバッテリーの減りが早いので、電源があるというのは立派な付加価値になってますな。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

どっちのカレーがお好み? 東京じゃがりこ 華麗なカレー味 VS じゃがりこ チーズカレー味

じゃがりこといえば、カリカリの食感がやみつきになりますが、今回、カレー味の限定じゃがりこ2品を食べ比べてみました。

まずは東京駅、新幹線ホームのKIOSKで売ってた東京限定スイーツ『東京じゃがりこ 華麗なカレー味』
Tykjgrk01
東京限定スペシャルパッケージ入り。

1箱に小袋8袋入りで、1000円也。
Tykjgrk02
しかもハチ公ストラップ付き。

パッケージにキリンがいてるのは、じゃがりこがキリン柄だからかな。
Tykjgrk03
カレーの味はすごく控えめで、食べた後にほんのり風味が残る感じ。

カレー味を期待して食べると若干期待を裏切られるところはありますが、カレーが強くない分たくさん食べられるので、気が付いたら止まらなくなっててクセになる。


もうひとつは、近くのスーパーで売ってた『じゃがりこ チーズカレー味』
Jglccry01
1箱125円也。
これは東京限定ではないけれど、期間限定らしい。

黄色いじゃがりこというところは同じですが、斑点の色が違ってる。
Jglccry02
こちらは名前の通り、チーズとカレーの味が前面に出てる。
けど、しつこさはない。
カレーのスパイシーさをチーズで丸くしてる感じ。

さて、どちらのじゃがりこがいいかと言うと・・・

それは人それぞれ(笑)

私と嫁さんはどちらかと言うとチーズカレー味でしたが、子どもは東京じゃがりこだったり。

まあ、どっちもおいしいのは間違いないけどね!

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »