« 2月14日は煮干しの日-2012- | トップページ | JR津山線の快速ことぶきで津山へ »

2012年2月15日 (水)

500系こだまで出張

岡山への出張で、500系こだまに乗ってみた。

山陽専用、新大阪駅20番線から出発するこだま747号。
12020001

都落ちして、すっかり300キロランナーの座をN700系に明け渡してしまった500系。
12020002
でも、相変わらずシャープな顔立ちはカッコイイ!

500系は近くで見るとシャープ感が際立つけど、遠くから見ると丸さが出て印象が変わる。
12020003

8両にちょん切られて出来たV9編成。
12020005
かつて、16両のエース時代はW9編成でした。

ここにもう『のぞみ』と書かれることはありません。
12020004

大きな駅だと防護柵があって人も多いけど、待避線のある駅だと柵がないし人もいないのがイイ!
12020006
真横から見ても、美しい♪

初代300キロランナーを追い越す現代の300キロランナー、九州新幹線用N700系。
12020007
東海道・山陽新幹線で全電動車なのはこの2車種のみ。

自由席はかつての普通車用の2×3列配置。
12020008

8号車の運転席側には、子供向けの運転台が設置されてます。
12020009
さすがにここに大人が座ってたら、引かれること間違いなし。

指定席はかつてのグリーン車用をデチューンしたもの。
12020010
2×2列で広々座れる。

携帯電話の普及率が90%を越え、もはや昭和の遺物となりつつある公衆電話の脇に『こだま747号』と列車名が表示されてます。
12020011

公衆電話の脇にテレカが売られてますが、そのデザインが500系のぞみ
500kk17
今や貴重な一品かも。。。

|

« 2月14日は煮干しの日-2012- | トップページ | JR津山線の快速ことぶきで津山へ »

乗り物@新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2月14日は煮干しの日-2012- | トップページ | JR津山線の快速ことぶきで津山へ »