« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

広島発の大人気クリームパン 八天堂の『くりーむパン』

広島発のクリームパンとして大人気、八天堂の『くりーむパン』。
Hattendocrmp01
抹茶(左)、カスタード(奥)、チョコ(右)

近所の百貨店の特設コーナー売ってました。

私は『とろける抹茶クリーム』をチョイス。
Hattendocrmp02
ふわっふわの生地にぎっしり詰まった抹茶クリーム。
全然しつこくないので、クリームパンがあまり好きではない私でもイケる。

むしろ、クリームパンが大好きな人には物足りないかも?

ところで、八天堂と言えば、会社存亡の危機の時にあえて商品をクリームパンに絞り、他の商品は全て切り捨てる手法でよみがえったことで知られてる。

私はてっきり『クリームパン』の1商品しか売ってないのかと思ったら、いろんな味のクリームパンがあって、商品数としては複数あるんですね。

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

大阪企業家ミュージアムへ行く

大阪市の中心部、大阪産業創造館にある『大阪企業家ミュージアム』へ行ってきた。

この大阪企業家ミュージアムは・・・

説明するのがめんどくさいので、大阪企業家ミュージアムのホームページから引用すると、

大阪は、今日まで数多くの優れた企業家たちを輩出してきた。

これら企業家たちは、時代の変化と人々の暮しや社会のニーズを逸早く察知し、果敢なチャレンジ精神とたゆまぬイノベーションで、社会経済の発展や人々の生活向上に大きく貢献するとともに、自立自助の気概をもって自らの社会や街づくりを担ってきた。 「企業家精神」は、まさに「民」のまち大阪が誇る文化である。

一方、あらゆる意味で構造転換を迫られる現在は、まさに変化の時代である。変化の時代こそチャンスの時代であり、そのチャンスを生かすことが企業家の本領である。 今こそ大阪の財産であり、DNAともいえる「企業家精神」を思い起こし、変化を友として新たな時代を切り拓くべきである。

大阪企業家ミュージアムは、企業家たちの高い志、勇気、英知を後世に伝えるとともに、その気概を人々の心に触発することを通じて、企業家精神の高揚、次代を切り拓く人づくり、ひいては、活力ある社会づくりをめざすものである。

大阪企業家ミュージアムの施設理念(http://www.kigyoka.jp/about/policy.html)から引用

要は、大阪は昔から優れた民の力がみなぎっていて、有名起業に育て上げた企業家たちの痕跡を称え、これから企業家を志す人々を応援していこう!

っていう感じかな?

あ、三行で説明できたんなら別に引用せんでもよかったか・・・


で、その大阪企業家ミュージアムがあるのが、大阪産業創造館。
Sansokankm01
17階建ての立派なビル。

今、まさに起業をしようとする人を支援する組織や施設が揃ってます。

どんな組織なんだろかとインフォメーションを見てみると・・・
Sansokankm03

どうやら大阪市の外郭団体の建物らしく、なんか胡散臭ささえ感じる。
Sansokankm04

そういった先入観を持って正面の壁を見上げると、黄金のボートが空へ向かって進んでいて、その波の跡が壁一面に広がっている。
Sansokankm02
しかもこの船に乗ってるのは七福神なんだとか。

このデザインのためにこのビルを建てたんじゃないかい?
とさえ勘ぐりたくなる。

これぞまさにハコモノ行政の産物?!

このビルの地下1階が、大阪企業家ミュージアム。
Sansokankm05

今回、なんでここへ行ったかというと、この特別展示を見に行った次第。
Sansokankm06
ま、半ば業務命令みたいなもんですが・・・

大阪企業家ミュージアムに入るには、大人300円の入館料を取られます。

入口のカウンターに女性スタッフが一人いて、そこでもチケットを買えるみたいでしたが、カウンター手前の券売機でチケットを買ってくれと言う。

私の他に来館者はおらず貸切状態で懇切丁寧にチケットの買い方を説明してくれるけど、ただお金を入れてボタンを押すだけ。

マンツーマンで丁重な扱いを受けてると、なんかちょっと恥ずかしかったり。

そのチケットをスタッフに差し出すと、音声ガイド機を手渡される。

するとその先では、定年で天下ったような年配の男性が待ち構えていて、まずはフロアーマップで各ブロックごとにどんなものが展示してあるのか、これまた懇切丁寧に説明していただく。

ただ、フロアーマップを使って延々と説明されるので、少し想像力がないと何言ってるのか理解できないかも。

ってか、私の手には音声ガイド機があるんですが!


その説明がやっと終わったら、次にミニシアターみたいなところへ連れて行かれ、十数分の映画を見ろと言われる。

しかもその映画、太閤秀吉の時代から始まるらしい。


古すぎるわ!


最初のフロアーマップの説明でシビレを切らしかけてた私はたまらず


この映画、いりませんわ!


と言って、スルー(笑)

その奥に続く展示スペースへ足を運ぶ。

すると、案内係のおじさん、今度は音声ガイド機の使い方を説明する。

展示スペースは、企業家一人につき一枚のパネルと展示物が対になるように並んであり、そのパネルの下にある音声ガイドの番号をガイド機に入力すると、イヤホンを通じガイドが聞ける仕組み。

ただ、片方の耳にイヤホンをつけてガイドを聞きながらパネルの解説を読むというのは、とんでもなく頭に入って来ない!

音楽聴きながらマンガ読んでるんじゃないんだから、聞くか読むかのどちらかにしないと、目からの情報と耳からの情報が頭ん中でケンカする。

たまらずイヤホンを外し、音声ガイドは諦める。

無用の長物と化した音声ガイド機、設計が少々古いのか、最新の液晶テレビのリモコンより大きくて重たい。

そんな様子を悟ってか、案内係のおじさんが近寄ってきて

ガイド機、預かりましょか?

と声を掛けていただく。

いやいや、もう要らないので返しますとも。

ってか、ずっと私のこと見てたん?( ̄○ ̄;)


音声ガイドを返却し身軽になったところで、じっくり見させていただく。

名立たる企業家のパネルがずらり105人分。

近代から高度成長に掛けての発展ぶりを見て、それなりに楽しめるのは間違いありません。

しかし、そんな優れた民間のパワーを賞する施設が、ガッツリ『官』のハコモノにあるというのは、なんとも皮肉な話です。

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

市長、市議会議長、教育長を訪問

今日は連P役員で、市長、市議会議長、教育長をそれぞれ訪問してきました。

毎年、連P会長をはじめ役員の代表で訪問することになっており、去年は連P会長として、今年は顧問として訪問することに。

市長のところへ伺った時、パッと私の顔を見た市長から

「あ、おそくじさん、いつもお世話になってます」

と言うてもらったのは、ちょっとビックリしつつうれしかったり(笑)

去年は中学校給食が話題の中心でしたが、それも何とか道筋がついた感じ。

今年の話題は、やはり通学路の安全のこと。

望ましくは歩車分離が一番なんでしょうが、それも物理的に無理な話なので、どこで折り合いを付けるかを見極めなければならない。

ベストを求めていつまで経っても出来ないよりも、ベストではないけれどベターなところで素早く対応する方法を考えてくださいと申し入れてきました。

会談中、今年の役員は初めての経験なのでなかなか話が続かないのは仕方のないことで、それをつなぐのが私の役目。

でも、ついつい知ってる者同士で話しちゃうので、それをガマンするのが大変だったかも。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

沖縄料理の店で沖縄そばを食べる 『かじまやー』@大阪・豊中

豊中市役所前、国道176号線のスクランブル交差点を渡ったところにある沖縄料理の店 『かじまやー』。
Kajmayrm01
ずっと前から気になってたんですが、ようやく機会が出来たので行ってみることに。

看板に『沖縄そば』って書いてあるのでてっきり沖縄そば専門かと思ったら、メニューを見ると沖縄料理全般と、さらに泡盛を中心にお酒の種類も多く、むしろ居酒屋的な。

でもこの時は沖縄そばだけ食べるつもりだったので、他の沖縄料理はまたの機会に。

沖縄そば、700円也。
Kajmayrm02
一緒に紅生姜も出てきますが、私は生姜不要の”しょうがないやつ”です。
ちなみにトッピングの肉はソーキじゃないので、ソーキそばではありません。

もちろん麺は平たくて、見た目よりも噛みごたえがある。
Kajmayrm03
どん兵衛のうどんみたいな感も。
あっさりしたスープで、サクサクッっと食べられます。

味はラーメンっぽくないけど麺にはかんすいが使われてるので、そばじゃなくてラーメンの部類に入るんじゃないかな?と思ったり。

ちなみに、この店がある桜塚アルカス商店街。
なんで ”アルカス” と言うのかというと、桜塚のSAKURAを逆から読んだらARUKAS、ということらしい。



かじまやー
大阪府豊中市中桜塚2-20-10 サンリッチビル1F
営業時間: 昼 11:30~14:00、夜 17:30~24:00(日祝定休)
TEL: 06-6844-1515

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

社会福祉協議会の総会

今日は我が町の社会福祉協議会の総会がありました。

ここで私は会計監査報告をします。

厳正なる監査の結果、適正であると認めます

のセリフを言うために出席。

会計監査報告をするときに前へ出てマイクを持ちますが、来賓で来てた市役所の社協の方が私の顔を見て

あ、おそくじさん、ここでは会計監査なんや

とボソっと言ったの、ちゃんと聞こえてましたで!(笑)

どこにでもいてるなーって、思われてるかも?!

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

他とはちょっと違うケーブルカー 十国峠ケーブルカーに乗る ~その2~

十国峠ケーブルカーに乗る その1からのつづき


十国峠ケーブルカーは全長約300m、高低差約100mと、ケーブルカーにしては短くて傾斜も緩やか。
Zykokcable20_2
線路の両脇にはつつじが咲いてる中、よく見ると信号がある。

ケーブルカーの運転席は地上側にあり、車輌に乗ってる乗務員が運転をするんじゃないのに信号があるのは、意味があるのかどうか不思議。

発車時間になり信号が青になると、私を含め5人の客を乗せ出発!
Zykokcable21_2
うまく青信号が撮れなかった・・・

すぐに十国峠駅から下ってきたケーブルカーが迫ってくる。
Zykokcable22
日本のケーブルカーは、JRと同じく線路の幅が1067mmの狭軌が多いところ、ここ十国峠ケーブルは新幹線と同じ1435mmの標準軌。

標準軌のケーブルカーは、日本では妙見ケーブル(記事)とここ十国峠の二ヶ所のみ。

妙見ケーブルは親会社の阪急の影響で標準軌になったと思いますが、十国峠ケーブルは昭和31年の開業時に妙見ケーブルの設備を譲り受けて使ったため、妙見ケーブルと同じ標準軌になったとか。

妙見ケーブルの休憩所にも、十国峠ケーブルカーを説明した看板があったっけ。


線路幅が広いと、分岐部分も迫力がある。
Zykokcable23

日金号とすれ違い。
Zykokcable24
十国峠のある山が日金山なので日金号なんですな。

すれ違うと、もう目の前に十国峠駅が近づいてくる。
Zykokcable25

出発して約3分で十国峠駅に到着。
Zykokcable26
Zykokcable27

駅の真上は円形の展望フロアになってますが、外の展望台から見た方が景色はいい。
Zykokcable28
十国峠は、十国五島(伊豆・駿河・遠江・甲斐・信濃・武蔵・上総・下総・安房・相模、大島・新島・神津島・三宅島・利島)が見渡せるからこの名が付いたとか。

その名の通り360度遮るものがなく、いい眺め!
Zykokcable29
関西の人にはなじみのない、真鶴半島。

晴れの日は遠くに富士山も見えるらしい。
Zykokcable31

さっき登ってくる時に車内から見た、駅の真上の展望デッキから見下ろしてみた。
Zykokcable32jpg

十国峠駅の入り口は、なぜかここだけウエスタン風。
Zykokcable33

駅舎に入ると、味のある券売機がポツンと置かれてる。
Zykokcable34
この昭和感、たまりませんな!

マジックで手書きの返却ボタンなんか最高!(笑)
Zykokcable35

往復乗車券を持ってるので帰りのきっぷはいらないけど、記念に片道切符を買ってみた。
Zykokcable36
まるで、子ども用のくるくるスタンプで印刷したような乗車券。
ってか、原理としてはくるくるスタンプなんでしょうが、インクのムラ感とか紙のペラペラ感とか素敵。

駅に掲示している時刻表には、『不定期運転中』と書かれたボードが貼られてますが・・・
Zykokcable37

近くの壁にはきっちり発車時刻が書いてあって、全然不定期じゃないし。
Zykokcable38

登ってきた十国号で下ります。
Zykokcable39

十国峠のお願い地蔵 のヘッドマーク付き。
Zykokcable40

上にも信号があり、赤信号から・・・
Zykokcable41

青信号に変わると、出発!
Zykokcable46
今度はうまく青信号が撮れた(^_^;

帰りの乗客は私ひとりだけ。
Zykokcable42
行きも帰りも先頭にかぶりついてたので、対向の係員から

「またあのデッカいリーマンが乗ってるわ!」


とか思われてたりして。

再び十国峠登り口駅へ。
Zykokcable43

ケーブルカーの運転室は山上側の駅にある場合が多いんですが、十国峠ケーブルカーは麓側の駅にあるのも珍しい。
Zykokcable44

改札側から運転室も見えて、おもしろい!
Zykokcable45

いろんなところに他とは違った特徴があって、なかなか面白いケーブルカーでした。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

他とはちょっと違うケーブルカー 十国峠ケーブルカーに乗る ~その1~

静岡県は熱海から、箱根・芦ノ湖へ向かうドライブウェイの道中、十国峠にある『十国峠ケーブルカー』に乗ってみました。

ケーブルカーは一般的に社寺参拝者輸送、観光施設への来場者輸送や登山者輸送を目的にしていることが多く、鉄道駅と接続しているケースが多いところ、十国峠ケーブルカーは山の中のまさに峠にある路線なので、ケーブルカーに乗るにはまずバスで山へ向かいます。

JR熱海駅から箱根園行きの伊豆箱根バスに乗ります。
Zykokcable01
細くて急な坂道の多い熱海の市街地を抜けると、さらにきつい坂道が続く山道へ。

標高が上がって行くにつれどんどん急坂になり、ここをバスで走るの?と思うほどに。
Zykokcable02
国道1号の箱根越えよりすごい。

熱海駅からおよそ40分で十国峠登り口に到着。運賃620円也。
Zykokcable03
熱海駅からしばらくは乗客の入れ替えもありましたが、十国峠に着く頃には私一人に。

十国峠ドライブウェーに入ると急に視界が広がり、ドライブインが見えるとそこが十国峠登り口。
Zykokcable04

土産物屋とレストランのある建物の横にケーブルカーのりば。
Zykokcable05

平日とあってか、ケーブルカーのりばは閑散としてる。
Zykokcable06

往復乗車券、420円也。
Zykokcable07

ケーブルカーは麓から”山上駅”へ向かうのが普通ですが、ここは麓の『十国峠登り口』から『十国峠』へ向かいます。
Zykokcable15

発車待ちの『十国』号。
Zykokcable08

折戸式の扉はものすごく年代を感じる。
Zykokcable09

ドアが完全に開かないで半開きなところも味があってイイ!
Zykokcable10
ボンネット付きの八栗ケーブル(記事)でさえ、折戸はちゃんと開いてたし。

まるで工作で作ったみたいな電気式のドアエンジンも最高!
Zykokcable14

昭和31年製ということは、今年56歳!
Zykokcable11

乗務員席の手動ブレーキの形もステキ!
Zykokcable12

さらにこの黒電話、受話器を上げて横のンドルをぐるぐる回すの?!
Zykokcable13

この路線は傾斜の角度が緩やかなので、麓の駅でも床面はほぼ水平。
Zykokcable16
定員96名でつり革もありますが、これはあまり持たない方がいいかも。

というのは、つり革がぶら下がってる棒の付け根はビニールテープで固定してるし?!(笑)
Zykokcable17

『このケーブルカーは全く心配ありません』
と、改めて書かれると、かえって不安になる?
Zykokcable18

なんてったって、箱根神社の交通安全ステッカーが貼ってあるもんね!
Zykokcable19

十国峠ケーブルカーは全長約300m、高低差約100mと、ケーブルカーにしては短くて傾斜も緩やか。
Zykokcable20
線路の両脇にはつつじが咲いてる中、よく見ると信号がある。

ケーブルカーの運転席は地上側にあり、車輌に乗ってる乗務員が運転をするんじゃないのに信号があるのは、意味があるのかどうか不思議。

信号が青になったら出発!
Zykokcable21
私の他に4人の乗客とともに、十国峠駅へ向かいます。


つづきはその2へ

| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

臭くはないけど・・・ ふなずしパイを食べてみた

琵琶湖の名物料理といえば、ふなずし。

数ある琵琶湖の名産の中でも、これほど好き嫌いがはっきり分かれるものはないだろう。

腐った魚のような独特の強烈な臭気は、生半可な覚悟では食すことは出来ない。

いや、むしろふなずし側が拒んでいるかのよう。

そんなもんは食べる気もおこらない貴兄には、これはいかがでしょう。


ふなずしパイ


土産物屋にも堂々と並んでいます。
Fnzspye01

私もふなずしは熨斗付けてお断りですが、ふなずしパイなら食べてみようかな~という気に。
Fnzspye02
だって、パイでしょ?!

生き物+パイの代表格のうなぎパイだって、うなぎの骨のエキスが入っているだけでうなぎの味はしないし、ふなずしパイだってふなずしが入ってるんじゃないだろう!

と、思いつつ、個別包装の裏面に書かれた材料を読むと・・・
Fnzspye03
小麦粉、バター、ふなずし・・・


ふなずし、入ってるやん!


すでにこの時128円で1つ買ってしまったので、勇気を出して食べてみる・・・


ん~


臭くはない・・・


でも、人間の脳は不思議なもので、「ふなずしパイ」と聞くと、なんとなく臭ってる気がする・・・


うゎ、おいしーーー!!( ゚∀゚)


って感覚ではないな。


*これとは違う ふなずしパイ が石山寺などで売ってるそうですが、そちらのふなずしパイは、まさに ”ふなずしのパイ” らしい。

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

第2回PTA連合協議会役員会

今日は、第2回PTA連合協議会の役員会でした。

議題は、先月決められなかった対外役員決めと、今年度の活動計画と予算案、さらに連P総会の打ち合わせと盛りだくさんの内容。

去年の第2回役員会もかなり遅くまで掛かったんですが、今年はどうなるんかな?

対外役員は残り7枠を決めなくてはなりませんが、これを決めるのに時間が掛かってしまう。

まあ、みんな何をすればいいのかサッパリわからん中で、あて職に立候補してくれ!と言うのは酷な話ですね。

今年度の活動計画案と連P総会の打ち合わせは比較的スムーズに行ったんですが、問題は今年8月に京都で日Pの研究大会があり、府Pからその動員要請があったこと。

参加費用の一部は府Pから補助されるみたいですが、補助でまかない切れない参加費や交通費はこちらの持ち出し。

去年から、上位組織との係わりについて議論していますが、その中でわかってきたのは日Pは単Pに対して何の恩恵もないということ。

しかも日Pは幼稚園は対象外なので、各小中学校と幼稚園の会員さんから頂いた会費をそんなことに使う訳にはいかないだろうということに。

我々は予算を切り詰めてやり繰りしてる中、日Pは上納金の値上げはするし、旧態依然とした活動しかしていない。

そんな団体から何の謂れがあって、紙切れ1枚で動員をかけられなければならないのか?全く理解できない。

しかも、要請を受けた人数を100%満たすと、このための参加費と交通費が必要となり予算が不足する事態に。

ということは、我々の活動のための予算を削って、費用を捻出しなければなりません。

このような状況の中、単Pの会員のみなさんが納得するような説明が出来るんでしょうか?

そんな相談もしていると、結局終わったのは夜10時。

やっぱり去年と同じ時間になってしもた。。。

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

姫路名物、黄色い麺のそば 『えきそば」JR姫路駅

JR姫路駅在来線ホームにある立ち食いそば屋、『えきそば』。
Hmjeksb11

天ぷらえきそば。350円也。
Hmjeksb12
関西にしては醤油が濃くて黒いダシ。
シマヤだしの素に醤油を足したような味。

立ち食いそばと言うけれど、黄色い麺が特徴。
Hmjeksb13
まるで学食のラーメンみたいな。
普通のおそばの風味はありません。

好きな人は好きだけどそうでない人も結構多くて、かなり好みがはっきりしてるかも。

| | コメント (2)

2012年5月21日 (月)

最後の?中学校のPTA総会

今日は中学校のPTA総会でした。

子どもはもう中学を卒業してしまい、下はまだ小学生なので、久しぶりの中学校。

2ヶ月ぶりですが、なんか雰囲気が変わってる気もしたり。
「あれ、こんなんやったっけ?」
みたいな。

中学校は小学校と違って平日に総会をするので、新旧運営委員以外の一般会員はほとんど来ない。

でも、今日は2年生のキャンプの説明会があったせいか、例年より多め。

ま、それでも10人ぐらいで、あとの1500ほどは委任状ですが・・・

3月に全ての活動を終えて次の会長さんへ引き継いだ瞬間からスイッチがOFFになり、自分が去年何してたかかなーり忘れてる(笑)

去年の役員さんから
「議案の説明は会長さんがしてくれるんでしょ?」
と言われてもピンと来なかったんですが、結局、本番でもなんかぼやーっとした説明をしてしもた。

事業報告と決算を無事承認いただき、最後の会長あいさつも手短に?済ませ、これにて中学校のPTA会長としての全ての仕事を終えました。

2年間活動したPTA室ですが、ここへ入るのも今日で最後かな?
Ptaroom
中学校では一度運営委員をすると未来永劫永久免除権がもらえるので、次男坊が中学へ上がっても免除権を行使するつもり。

自分で言うのもなんですが、いろいろと功績を残すことが出来たと思う。

聞くところによると、今年の運営委員は”VS学校”みたいな雰囲気らしく、クラブへの全国大会出場補助なんかも上限が決められたそうで。

校長せんせ、大変ですねぇ。

「おそくじさんの時はヨカッタなぁ~」
と、想い出していただければ幸い。なーんて。

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

小学校の参観のあとPTA総会で議長をする

今日は小学校で日曜参観。

息子は授業中も親が来てるか気になってるらしく、しきりに廊下の方をチラチラ見てますが、実はその時、父はすでに教室の奥に入っていて、逆サイドからその様子を見てたり(笑)

となりの子と

「来た?」
「おらへん」


みたいなことをしゃべってるのもバッチリ。

そんな感じで気にしてて、ふと何かの拍子に逆サイドを見た瞬間にビックリ!

そこに父が立ってるじゃないか!ヾ( ̄0 ̄;ノ

となりの子に

「うゎ、こっちにおった!」

みたいな感じでいっしょに見てるし。


参観のあと、PTA総会。

2年ぶりに議長を拝命。

中学校のPTA会長をしてた2年間は気を遣っていただいたようで声が掛からなかったけど、それが終わった瞬間、早速議長を頼まれる。

今日の総会に先立ち、先日、お手紙が家に届いてました。
12052001
ま、議長ぐらいは全然構わないけどね。

そんでもって今日の総会。
出席者は70~80人ほど。

連P会長のごあいさつでは200人とか500人の前でマイクを持つこともあったので、ま、これくらいの人数では全く問題なし。

滞りなく議事進行して、無事任務を完了。

今日は議長でしたが、明日は明日で中学校のPTA総会なんですけどね。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

地域子ども教室で紙飛行機づくりをする

今日は、小学校で地域子ども教室の紙飛行機づくりの先生をしてきました。

去年に引き続き2回目(去年の様子はこちら

90分間、小学生を預かっておかなければなりませんが、去年の紙飛行機づくりはうまく行ったので、今年もその調子でイケると思ってたら・・・

前回は保護者も入れて14名しか来なかったので、今回もそんなもんかな~と思い、+αも入れて20人分ぐらいのつもりで準備。

ところがフタを開けてビックリ。

次から次へと小学生がやってくる。

開始時間になってもまだ増えて、結局30人を越えてしまう。

そんなつもりじゃなかったので、紙飛行機の型も足りないし、紙飛行機を型から切るためのハサミも足りない。

とにかく集められるだけのハサミを集め、型は予備で準備していた難易度の高いものも出し、今回が初めての子は簡単なやつ、前回も来た子は難しい方に分け、なんとかハサミを使いまわせるようにして進める。

やらせていくと、

「しんど~い」
「でけへ~ん」
「めんどくさい」


などと言う子どもが居てるけど、そこは「頑張ってやってみ」と言ってさせてみると、なんだかんだ言いながらちゃんと出来る。

「な、やればできるやろ」
と宥めながら、結局最後まで完成させちゃった。

こういう子どもを見てると、親が子どものペースにしびれを切らして手を出しちゃうんだろな、と思う。

かたや、しばらくすると飽きちゃって、放り出して遊ぶ子どもも出てくる。

「こらー、遊ばんとちゃんとせぇ!」

と注意すると、ちゃんとする。

こういう子どもを見てると、親がちゃんとしつけてないんだろな、と思う。

子どももどういう大人かを見分けて、人によって態度を変える。
ナメられたら最後、言うことは聞かない。

よく、子どもを注意するときに「こら、○○ちゃん、○○ちゃん」みたいに名前を連呼するだけの親を見かけますが、そんなんじゃ子どもは聞く訳がない。

だって名前呼ばれてるだけだもんね。

ま、そんなこんなでバタバタしたけど、なんとか無事小学生の塊の相手をすることができました。

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

きなこチョコと黒大豆の食感がクセになる 柳月の『きなチョコ黒大豆』

またまたまたまた北海道のおみやげをいただきました(^^)

柳月の『きなチョコ黒大豆』。
Kinachoko01

見た目は大豆にしてはちょっと大きく、ちょうど森永チョコボールぐらい。
Kinachoko02
まわりはきなこチョコで、中にはホントに黒大豆が入ってる。

大豆を大豆でコーティングしたみたいな。

ただ、きなこチョコの風味と黒大豆のカリっと感が絶妙で、1粒食べるとクセになる味。
気が付いたら食べすすんじゃってます(^_^;)



メーカーのサイト
柳月
http://www.ryugetsu.co.jp/online_shop/detail.php?id=24

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

富士山の御膝元で富士山のような山盛りラーメン 『G麺ふじもり』@静岡・御殿場

富士山の麓、JR御殿場駅富士山口のバスターミナル近くにあるラーメン屋 『G麺ふじもり』。
Gmfjmrrm01
G麺のGは「ガッツリ」と読むそうで、名前の通りボリューム満点のガッツリラーメン。

今回注文したのは、ふじもりラーメンの。野菜多め。780円也。
Gmfjmrrm02
ラーメン(小)でもこのボリューム。
麺が250g、普通のラーメンの1.8倍あるらしい。

富士山の麓らしく、まさに富士山のごとく野菜が盛られていて、スープがこぼれそうなくらい。
Gmfjmrrm03
ってか、テーブルが若干ななめになっているのでスープこぼれてるし。

チャーシューも食べごたえアリ。
Gmfjmrrm04

まさに”野菜を掘る”感覚で高々と盛られた野菜を食べ進んでいき、ようやく麺にたどり着く。
Gmfjmrrm05
麺は中太の平麺で、上に盛られた野菜があまりにも重たかったのか、麺が塊になってるし。

箸で麺塊をほぐしながら食べるけど、すでにここまででかなりの野菜を食べているので、さらにここから通常の1.8倍の麺を食べるのは気合が要る。

がんばって麺を処分していると、隣のテーブルに来た客がなんと 大盛 を頼みよった!

大盛はざっくり普通の2.6倍はあるんだとか。

運ばれてきた大盛ラーメンを見たら、これ頼まなくてヨカッタ!と思ったり(笑)

ちなみに普通の分量のラーメンが食べたい時は、極小を注文します。

恐らく「極小」の言葉の裏には、『ヘタレ』という意味が隠れてると思われ(笑)



G麺(ガッツリ麺)ふじもり
静岡県御殿場市新橋2008-5
営業時間:11:30~2:00
TEL: 0550-81-1134

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

しっとり生地のチョコ&抹茶のトリュフケーキ Sucre Bijiuの『ミニトリュフケーキ』

羽田空港第1ターミナル2F出発ロビーにある特選洋菓子館で売ってたこれ。
Sucre Bijiuの『ミニトリュフケーキ』。
Sucrebijiutrf01
チョコと抹茶の詰め合わせ。12個入で1575円。

ミニカップケーキの中に、とろっとろのトリュフチョコが入ってる。
Sucrebijiutrf02
チョコも抹茶も濃厚で、さらに中からチョコが出てくるという二段構え。
レンジで少し温めてもおいしいね。


メーカーのサイト
Sucre Bijiu(シュクレ・ビジュウ)
http://www.boulmich.co.jp/sb_top.html

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

新幹線の乗車編成記録

ここ数年、新幹線に乗ったときにどの編成に乗ったかわかるように編成記号の写真を撮ってますが、それを一覧表にしてみました。(一覧表へのリンク

完全に個人的なデータベースみたいなもんですが、私自身は「あ、あの時乗ったやつか!」ってな感じで役に立ってます。

こうしてまとめてみると、2度3度乗ったことのある編成があったりして、なかなかおもしろい。

今のところ2008年8月まで遡ってまとめたんですが、ぼちぼち追加していきます。

ページ右下のLINKからも飛べるようにしています。

| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

岡山の地ビール 『独歩 ピルスナー』

岡山からの帰り、JR岡山駅さんすて2階にあるスーパーで売ってた岡山の地ビール、『独歩 ピルスナー』。294円也。
Doppobeer01

250ml缶なので、缶はちょっと小さめ。
Doppobeer02

ホップの香りと苦味が効いたビール。
アルコール分、約5%。
Doppobeer03

新幹線の中だったので缶から直接飲みましたが、缶に書かれたビールの説明を読んだらグラスに注いで飲んだ方がいいのかも?!



メーカーのサイト
宮下酒造
http://www.msb.co.jp/beer.php

| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

桜の風味が上品な和菓子 『桜の舞』

熱海で買った季節限定の和菓子、『桜の舞』。
Sakrnmaiwg01
6枚入で580円・・・だったかな?

しっとりした生地でこしあんがサンドされてます。
Sakrnmaiwg02
ほのかに桜の風味が広がり、上品な味わい。

しっとりとした生地なせいか、そのままかじると湿気たように感じるので、手でひと口サイズでちぎってパクっと食べた方がいいかも。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

大船軒の『鯵と小鯛の押寿司』@熱海駅

熱海からの出張の帰り、新幹線の中で名物の駅弁を食べようとKIOSKを物色することに。

その駅弁は、東華軒の炙り金目鯛と鯵の押し寿司。

ところが、夕方になってしまったせいか、駅の売店を何軒か回ったところどこも売り切れ。

しゃーないんで、別の押し寿司を買うことに。

大船軒の『鯵と小鯛の押寿司』。980円也。
12051118

名前のまんま、酢でシメた鯵と鯛の押寿司。
12051120
身は炙ってません。

決してマズくはないけれど、かといってわざわざ買うほどとびきりウマい訳でもなく、いたって普通の押し寿司。

ウマい押し寿司は何もつけずにそのまま食べるのが一番おいしいけど、残念ながらこれは醤油をつけた方がいい。

最初に欲しかったものとは違うとはいえ期待感があっただけに、ちょっと残念。

ま、出張帰りの至福のひとときのアテにはちょうど良かったかも。
12051119

ビールと一緒に食べたら熟睡できました(^_^;)

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

700系の電源を確保して静岡へ出張

今日は静岡県へ出張。

朝5時半に家を出て、駅までちょうど半分くらい歩いたところで携帯とiPhoneを忘れてきたことに気付いて取りに帰るハプニングがありましたが、早めに家を出ていたおかげで無事新幹線には間に合う。

新大阪6:27発 ひかり506号。
12051102

700系なのでちょっとヒヤりとしましたが、C40編成だったのでひと安心。
12051103
N700系では普通車でも窓際に100V電源がありますが、700系の場合は車輌最前部と最後部の壁のみ。
しかもC25編成以降の列車だけ。

以前、700系の電源のない編成に当たってしまったことがあるので、電源が欲しいときは要注意ですな。(記事)(記事

という訳で、東京へ向かって車輌の一番後ろ、1番E席を確保。
12051101

静岡で在来線に乗り換え。
12051104

IC乗車したので一旦改札を出て、乗車券を買ってから在来線改札へ。
12051105
乗車券を通しで買うより、IC割引を使った方が安かったので。

客先をまわりながら熱海までやってきた。
12051106
ここから再び新幹線に乗って大阪まで帰ります。

熱海駅は一旦在来線改札を通らないと新幹線改札には行けないので、有人改札でICカードを見せ、『熱海駅構内通過票』をもらい中に入れてもらいます。
12051107
通過票が印刷された紙をラミネートしてますが、日付印も入ってるのにいちいちラミネートしてるんかな?と思ってスタンプをこすってみたら、ラミネートの上からスタンプが押されてた(^_^;)

新幹線改札へ向かう途中、今はなき100系新幹線を発見!
12051108
東海道新幹線からはとっくに引退したのに、こんなところに残ってた。

新幹線改札までやってきて、思わずいつものように改札機にICカードをタッチしたら、チャイムが鳴って止められる。

通過票を持ってたら、新幹線側でも有人改札を通らなければならないみたい。

係員に通過票とICカードを渡したら、改札機から出てくるタイプのICご利用票ではなく、レシートみたいなペラペラの白紙に印刷したご利用票を渡された。
12051109
帰りはEX-ICのポイントを使って、普通車の料金でグリーン車にアップグレード。
来月末で切れるポイントがあったので、慌てて使った次第。

熱海16:43発 ひかり479号。
12051110
明るいうちに帰りの新幹線に乗れるなんて、なんか変な気分(笑)
しかも岡山行きなので、寝過ごさないようにしなければ。

熱海駅は通過線がないので、ホームドアが付いてる。
12051111
ホームはカーブしているのでいくらか減速して通過するものの、それでも時速200km以上は出てるのでホームドアがないと危ないもんね。

高速でカーブを通過するためにカントが付いていて、さらに見るからに頑丈そうな補助レールも設置されてる。
11071413

そこへ700系ひかり479号がやってきた。
12051112

JR西日本所属のB13編成。
12051113

カーブとカントのせいで車体が大きく右へ傾いており、ホームとドアに軽く1段あるみたいになってるよ。
12051114

JR西日本編成のグリーン車は、読書灯スイッチが中央の肘掛け上にあるのが特徴。
12051115
新大阪へ向かって一番後ろになる16番A席を取って、壁から電源を確保。

シートバックテーブルはなく、肘掛けから出すタイプ。
12051116

グリーン車にはフットレストが付いてますが、B編成のフットレストは高さの調整が出来ないのがなんだかな~(´・_・`)
12051117
横のペダルを踏むと、フットレストごとはね上がっちゃう。

通路を挟んだ反対側には、自民党の国会議員が座ってました。

700系に乗るときは、電源を取るために壁際の席を選んで取らなければなりませぬ。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

仮面ライダースカル柄のネクタイ

ネクタイ買いました。

仮面ライダー スカルのマークが柄になったネクタイ。
Sclnct01
以前、仮面ライダーダブルが放送されてたときに発売されたんですが、気付くのが遅くて販売終了に。

その後、再び発売されると聞いて、すぐに予約した次第。

知ってる人が見たらわかるけど、知らない人にはわからないさりげなさがイイ!

ただ、これからの季節、ネクタイいらなくなるんだな~これが(^_^;)

| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

新登場の定番北海道みやげ?! YOSHIMIの『Oh!焼きとうきび』

またまた北海道のおみやげシリーズ(笑)

最近、注目されてる北海道みやげ、『Oh!焼きとうきび』。
Yktkb01
北海道みやげの代表格 『カリカリまだある?』のYOSHIMI謹製の北海道限定のお菓子。

とうもろこしのおかきで、味はまさに濃厚なとうもろこしの味。
Yktkb02
袋の中にはおかきになってないとうもろこしの粒も入ってるんですが、いい具合に水分が抜けてドライフードみたいな。
この乾燥粒も、とうもろこしの風味が凝縮されていてウマい!

おかきも粒もとうもろこしの風味がおいしいので、試しにコーンスープにクルトン代わりに入れてみた。
Yktkb03
スープのコーン風味とケンカするかな?と思いきや、ちょっと種類の違うコーンの風味なので、これはこれでアリかも。

でもやっぱり、お菓子だけで食べるのが一番ウマいのは言うまでもありません(笑)

これは北海道みやげの定番に成り上がること間違いなしだな。



YOSHIMIのサイト
http://www.yoshimi-ism.co.jp/

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

北海道で人気のチョコ 六花亭の『カラフルマンス』

北海道のおみやげをいただきました(o^-^o)

北海道の人気チョコ、六花亭の『カラフルマンス』。 Rkdcofmt01

だいたい2mm厚ぐらいのコインみたいなチョコレート。
Rkdcofmt02

抹茶、メープル、紅茶、マンゴー、ラズベリー、パッションフルーツの6種類の味が楽しめる詰め合わせ。
Rkdcofmt03
それぞれの味が濃厚に際立っていて、むしろチョコの風味は控えめ。

抹茶味はものすごーく抹茶だし、マンゴーもものすごーくマンゴー、みたいな。

あっと言う間に食べちゃいました(^^♪



六花亭のサイト
http://www.rokkatei.co.jp/

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

古い昭和の大衆食堂だけど味は抜群 『みのりや』@大阪・豊中

豊中市の南部、神崎川のほとりにある小さな大衆食堂 『みのりや』。
Minriyact01
見た目は昭和の頃の古い大衆食堂。
すでに年金をもらってるおじさんとおばさんが夫婦でやってます。

店内も古くさくてごちゃごちゃした感は否めない。
Minriyact02
4人掛けのテーブルが2つに、カウンターに3人詰めて座ったらもう満席になるくらい小さな店。

ところが、これがあなどるなかれ。

寡黙な大将の料理の腕は抜群で、安くてウマいものが揃ってる店として知る人ぞ知る食堂。

一番人気はとんかつ定食。700円也。
注文するときは、「とん定」と頼みます。
Minriyact03
700円でごはんにみそ汁、漬物がついて、なかなかのボリューム。
みそ汁のダシも他にはないウマさ。

しかもこのとんかつ、肉が柔らかくて結構分厚い。
Minriyact04
ちょっと贅沢したい時は、+350円でみそ汁を豚汁にしたり。

この時、常連客は とん定、とん汁」 とオーダーする。

昼時になると満席になることもしばしば。

そんな住宅地の中の小さな大衆食堂は、今日も常連さんで賑わってます。



大衆食堂 みのりや
大阪府豊中市豊南町南6-6-13
営業時間: 11:00頃~20:00頃(日祝定休)
TEL: 06-6333-0492

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

ソフトボール春季大会 2回戦

今日はソフトボール市長杯春季大会の2回戦でした。
12050601
ホントは先月試合の予定でしたが、雨で延期に。

今日もなんだか怪しい天気。
雷の予報もあり、少し早めに試合を始める。

今日の相手はおじさんばかりのチーム。

しかしこれがあなどるなかれ。

往年の名プレーヤーが揃った感じで、野球が体に染み付いたようなフィールディングで見事に手玉に取られることに。

なんと、1-9でコールド負けをしてしまう。

なんとも情けない・・・

今日の私は6番レフト。

ここ数試合打ててないので、クリーンアップから落とされてしまう。

それで緊張感がほぐれたのか2打数1安打で、久しぶりにいい当たりが出た。

でも、エラーしまくったケド・・・ orz

完全に練習不足です、ハイ。

秋の大会に向けて調整しなければ!

| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

ガンダムフロント東京へ行ってきた

先月、お台場にオープンしたダイバーシティ東京プラザにあるガンダムフロント東京へ行ってきた。

建物前の広場には、再びお台場に立った実物大ガンダムが。
Gundftko01
ガンダムが大地に立ったのは3回目。

最初にお台場の大地に立ったガンダム(記事)。
Gdm02

次に静岡の大地に立ったガンダム(記事)。
Gdms01

最初のお台場と2回目の静岡の時は、ガンダムの脚の間をくぐる”ガンダムウォーク”があったので、つま先とかかとの部分がよく見えなかったんですが、今回、ダイバーシティ東京に立つガンダムは脚の近くのサークル部分には入れないので、初めてつま先とかかとをまじまじと見ることができた。
Gundftko02

このサークルには、劇中に出てきた主要都市までの距離が書かれたプレートが埋められてる。
Gundftko03
ジャブローまで距離とか・・・

月のグラナダまでの距離も。
Gundftko20

実物大ガンダムを堪能したあと、いよいよガンダムフロントへ。

ダイバーシティ東京の7階にあります。
Gundftko04
14:00入場のチケットを買ってたんですが、すでに同じ時刻に入場する人で行列が出来ている。

ちょうど14:00に行ったらすでに第一陣の入場が締め切られてしまい、入口前で30分待たされることに。。。

ようやく中に入れてもらえると、チケットと引き換えにDOME-Gの入場券をもらう。
Gundftko05

通路を行くとDOME-Gの入口があり、さらにここで20分待たされることに。
Gundftko07
中では先陣の上映が始まっているのか、重低音が響いてくる。

いよいよDOME-Gの扉が開き、中へ。
Gundftko06
DOME-Gの中は撮影禁止なので、残念ながら写真はありません。

プラネタリウムのような360度のスクリーンがあり、ド迫力の映像が流れる。
あまりの迫力にフラついてしまうほど。

DOME-Gから出たところにあるExperience Fieldには、ガンダムのラストシーンを再現した実物大のコアファイターが。
Gundftko08

コクピットもリアルに再現。
Gundftko09

計器盤はちょっと違うような気がする・・・
Gundftko10

マチルダさんと撮った写真もある!
Gundftko11

ガンダムの取説も転がってたり。
Gundftko12
これを見れば操縦できるかも?!

1/7500で再現されたア・バオア・クー。
Gundftko19

ア・バオア・クーの表面では、星一号作戦の様子も再現。
ただ、縮尺からするとモビルスーツはものすごく小さくなってしまい、なかなかうまく撮れない。
モビルアーマーならまだいける、という訳で、ビグロを発見!
Gundftko15

一方、Sフィールドではホワイトベースを含むルザル艦隊が。
Gundftko16

ガンダムとジオングもここで戦闘中。
Gundftko17
と、そんな感じで細かく見てたらキリがない。
できれば双眼鏡があればなおいいかも。

場内のスタッフエリアの入口では民間人が入らないよう、赤鼻が警備してる。
Gundftko13

そこへカツ・レツ・キッカが紛れ込んだり。
Gundftko18

マニア心をくすぐるようなものがいっぱいあり、かなーりオモロい内容でした。

GW中とあってか、ガンダムフロント以外でもダイバーシティ東京全体がものすごい人ごみ。

今度は平日の空いてる時に行きたいなぁ。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・

湯河原から東京へ出てお台場で半日過ごしたあと、帰りは羽田から飛行機で。

JAL137便はJA771J、one world塗装のB777-200。
12050401

ちょうどそこへサマンサ・タバサ仕様のJA772J、B777-200がやってきた。
12050402
ちょうどGWの混雑が一段落したようで、乗客は少なめ。
今回はクラスJにしたんですが、真ん中の島は空席でした。


ところで、この春高校生になった長男。
中2のときクラブの試合中に左腕を骨折する怪我をしました。

しかも腕の骨2本とも。
診断書には『左橈尺骨骨幹部骨折』と書かれてます。

折れた骨を金属の板とボルトでつなぎ、1年掛かって骨はくっついたけど、高校受験を控えボルトを外す手術のタイミングがなく、未だ腕の中に金属が入ったまま。
Onudekz01
傷に沿って触ると、板が入ってるのがわかる。


さて、ここで素朴な疑問。

こんな状態で飛行機に乗るために金属探知機をくぐったら、どうなるんでしょう?

それを確かめるため、今回飛行機で帰るようにしたようなもんで。


時計とベルトも外して、いざ探知機のゲートをくぐります。




・・・・・・




無反応。。。



えぇぇぇぇー 鳴らへんのー

ビックリ半分、がっくりした感じ。

本人も鳴ってほしかったようで(笑)

ま、オモロい実験も出来たフライトでした。

| | コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

小田原城&湯河原温泉へ行く

去年、長男が受験生だったので、家族でどこかへ出かけることを控えていた我が家。

しかし、受験とは関係ない次男坊がそのとばっちりを喰ってしまい、どこにも連れて行ってもらえず、また、色々とガマンを強いられてきた一年でした。

普段、人が多い時期に旅行へ行くことはしないけど、一年ガマンしてきた次男坊のため、GW中に行きたいところへ連れて行ってやることに。

小学校では日記を書かなあかんので。

そんな次男坊がリクエストした行き先は・・・



小田原城 & 温泉



戦国武将が好きな次男坊らしい、なんとも渋いリクエスト。

まあ、本人が行きたいところなので、叶えてやろう。


ただでさえ長距離を運転するのは嫌になってしまった私、渋滞の中運転するなんてありえないので、もちろん電車で移動。

GW中はどこへ行くにも混んでるのは仕方がないけど、できるだけ快適に行きたい。

そこで、小学生の時から少年ジャンプよりも時刻表を毎月買って読み込んでいた私の持てる知識とテクニックを駆使し、そこらのツアーなんかよりも快適で、かつ安く済む旅程を組む。

新幹線で小田原まで行くんですが、ここは普段出張で使ってるエクスプレス予約で自由席料金で指定席を取る。

新大阪から名古屋でこだまに乗り換え、小田原まで。

エクスプレス予約の席番リクエストを使って、乗り換えで歩かなくてもいいようにきっちり号車も合わせる。

そんなこんなで予約したきっぷを券売機で受け取り。

発券中、券売機から「きっぷのお取り忘れのないよう・・・」みたいなアナウンスが流れ発券枚数がカウントされていきますが、いつまで経ってもきっぷが出てこない。

とうとう発券枚数が10枚を越え、15枚を越え、ようやく券売機から吐き出されたきっぷは18枚+クレジットカードの利用控えを合わせ19枚!
12050303
こんな数字、初めて見たよ(゚ロ゚屮)屮

ってか、19枚もいっぺんに吐き出せることにビックリ。

きっぷを並べてみると、なんか動きの悪いパソコンみたいな。
12050304

8:27新大阪発 のぞみ216号。
12050301
GW後半初日でしたが、思ってたより混んでない。
普段、平日にしか新幹線に乗りませんが、平日と違うところは乗客がカラフルなこと。

N700系、Z66編成。
12050302
新大阪ではちらほらあった空席も、京都ですべて埋まる。

名古屋でこだまに乗り換え。
9:28発こだま640号。
12050305

こだまでありながらN700系。Z18編成。
12050306
やはり電源があるのは便利。
電源があるかないかで列車を選ぶし、飛行機じゃなく新幹線を選ぶ動機にもなる。

小田原駅から徒歩10分ほどで、小田原城。
12050307
天守閣の中は展示物でいっぱい。
それをかぶり付くように見入る次男坊。
顔を近づけすぎて、ガラスに頭をぶつけるハプニングも(笑)

なんとか雨は止んだけど、天守閣からのオーシャンビューは無理。
12050308

戦国武将たちが城内を練り歩いてる。
12050309
この武将を見た次男坊、

あっ、さっき城の中にあった甲冑と同じやつや!


と気が付く。

さすが、好きなだけに感心するほどよう見とる。

小田原城も満喫したら、今日の宿泊地、湯河原へ。
12050310
よく考えると、次男坊はベタな温泉旅館に泊まったことなかったなー。

父も温泉に浸かってリフレッシュしよう!

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

パスタとケーキがおいしいおしゃれなカフェ 『giraffa』@大阪・箕面

大阪・箕面、小野原のカフェ激戦区にある人気のカフェ、『giraffa』。
Glffa01
カフェが並ぶ通りから1本入った住宅地にあるので、ボーッとしてると見逃すかも?

店内は白を基調にした落ち着いた雰囲気。
吹き抜けの天井もいい感じ。
Glffa02

ここでランチセット(1,380円)をオーダー。

ランチメニューはカレーかパスタをチョイスできますが、ここはやっぱりパスタで!

トマトソース、クリームソース、ペペロンチーノ、ジェノベーゼ、和風、それとスペシャルからパスタソースを選びます。

ソースの種類が多くて迷ってまうわ。。。

最初にランチセットのサラダ。
Glffa03
酸味が強めの自家製ドレッシング。

バケットトーストが出てきたあと、メインのパスタがやってくる。
これはトマトソース。
Glffa04
トマトの風味満点で、ナスとベーコンがアクセントになっておいしい。

こちらはクリームソース。半熟卵トッピング(+100円)。
Glffa05
クリームソースはまさに牛乳の味。
牛乳がダメな人は無理かも。

ただ、私も牛乳は飲めないんですが、ペッパーの効いたベーコンのおかげで大丈夫。
バケットでソースまできれいにいただきました。

食後のデザート、ひとくちドルチェ。
Glffa06
小ぶりのランチケーキですが、これがすこぶるウマい!

ケーキの味が引いたあと、ラムネみたいなサワーの風味がふわっと広がって、すごく爽やかな後味。

ドリンクにホットコーヒーを頼んだら、コーヒーカップの持ち手の穴が小さくて持てないというハプニング。
Glffa07

指を入れようとしても、入りませーーん!
Glffa08
カップスープみたいに両手で持って飲むことに。

コーヒーは少しコクのある感じ。
ただ、添えられてくる砂糖とミルクがちょっと安っぽい。
Glffa09

食後に2階席のソファー席へ案内してもらえるので、落ち着いてコーヒータイムを取るのもいいかも。

そんなおしゃれで雰囲気のいい店ですが、ホールスタッフが女子高生っぽい若いおねぇちゃんで、この店の雰囲気にしてはちょっと若過ぎる感じ。

ツケマとマスカラがクドいのかも。
やはり軽めの化粧の方がいい。

11時半を過ぎると席が埋まったので、早めのランチがいいかもね。



カフェ&バー giraffa(ジラッファ)
大阪府箕面市小野原西6-3-36
営業時間: 9:00~23:00(月曜定休)、モーニング:9:00~11:00、ランチ:11:00~15:00、ディナー:18:00~21:30
TEL: 072-786-8874

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

ホワイトチョコ&ミルクチョコで白樺の薪みたいなバウムクーヘン 北海道銘菓『三方六』

知り合いから、北海道銘菓をいただきました。
それがこれ、『三方六』(さんぽうろく)。
Sanporoc01

ホワイトチョコとミルクチョコで白樺の木みたいなバウムクーヘン。
Sanporoc02
なんともオサレすぎる!

同封の紙を読むと、北海道開拓時代に薪に使った木口のサイズ三方が六寸で「さんぽうろく(三方六)」と呼ばれており、その薪を模したのがこのバウムクーヘンだとか。

ダブルチョコのバウムでありながらクドくない甘さで、さらにはじめから10切にカットしてあるので、ついつい一気に食べ切ってしまう。

北海道のおみやげの中でもメジャー級ではないけれど、贈答用に喜ばれる逸品です。



メーカーのサイト 『柳月』(りゅうげつ) 
http://www.ryugetsu.co.jp/

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »