« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

フードコートで自家製生パスタのカルボナーラ 『クレープドラゴン』@イオンモール伊丹テラス

イオンモール伊丹テラス3Fのフードコートにある『CREPE DRAGON』。
Crapedgnim01
基本、クレープ屋らしいのですが生パスタもあります。

ちょうどカルボナーラが食べたい口になってたんで、ここでパスタにすることに。

とろ~り卵のカルボナーラ。650円也。
Crapedgnim02_2
フードコートとあなどるなかれ、もっちり生パスタはちょうどいい加減にゆで上がっていて、カルボナーラソースもおいしい。

ブラックペッパーはお好みでふりかけます。

決して、

おいすぃーーーい!(゚∀゚)

という訳ではないけれど、650円でこのボリュームにこの味なら十分納得。

あと、プラス100円でドリンクが付けられるんですが、これがスタバのショートサイズぐらいの大きさなので、アイスコーヒーにしたらお得感アップ。

さすがにスタバのコーヒーと同じではないけれど、決してマズイコーヒーでもありません。

なかなかオススメの生パスタです。



クレープドラゴン イオンモール伊丹テラス
兵庫県伊丹市藤ノ木1-1-1
イオンモール伊丹テラス3F フードコート内
営業時間: 10:00~22:00(L.O21:30)
TEL: 072-771-7181

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

脂の乗った鯖がおいしい 越前たむらやの『焼き鯖寿し』

福井のおみやげにもらったこれ、越前田村屋の『焼き鯖寿し』。
Fkiyksbsi01
福井みやげといえば、羽二重餅とか水ようかんなどは食べたことあるけど、焼き鯖寿しは初めて。

福井県知事賞 受賞
と書かれた金帯を見ると、必要以上に期待しちゃうよ?!
Fkiyksbsi02

外箱の帯と同じく金色にこんがり焼かれた半身の鯖が鎮座。
Fkiyksbsi03
1本を6切れにカット。

香ばしく焼かれた肉厚の鯖には、しっかり脂が乗ってます。
Fkiyksbsi04
鯖と寿司飯との間には生姜としいたけが入ってますが、個人的にはこの生姜はいらんかな。

寿司飯の酸味が若干強めなのでそれだけで鯖の風味を中和してくれるんですが、そこに生姜が入るとあっさりしすぎる感じ。

食べた後の鯖の生臭さも楽しみたいので、あえて生姜を抜いて食べました。

ま、私が生姜自体あまり好きではないことの方が大きいかな。

ボリューム満点なので、これ1本で十分お腹いっぱいになります。

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

タレが自慢の名古屋の手場先 『風来坊』@名古屋

名古屋へ出張した時に取引先に連れて行っていただいた手場先唐揚げのお店、『風来坊』。
Fraibo01
激戦極める名古屋名物手場先専門店の中でも、世界の山ちゃんと並ぶ人気店。

前から行きたいな~と思ってたので、ジャストミート!

風来坊の手場先は、甘辛いタレで味付けされたのが特徴。
Fraibo02
取引先にごちそうになったので、いつものようにぎらりとデジカメで撮ることができず、iPhoneで遠くから狙うのが精一杯(^_^;)

もちろん手場先だけでなく他のメニューも多いので、家族で楽しめるお店です。

ただ、聞いたところによると店によって値段が違っていて、名古屋駅に近いところだとすんげー高いらしい。

でも、少し歩いたところだと、リーズナブルに食べられるそうです。



元祖手場先唐揚げ 風来坊 名駅南店
名古屋市中村区名駅南1-13-18
営業時間: 17:00~
TEL: 052-533-0078

| | コメント (2)

2012年8月28日 (火)

季節限定、まさに冷製パスタなラーメン 『麺家 五大力』@大阪・豊中

ラーメンとイタリアンが融合した新しいラーメンを作り続ける『麺家 五大力』。
Rmgdairkrm01
ここは普通のラーメンでもコンソメスープだったりして、とてもイタリアン。
また、夏場には冷たいラーメンも登場します。

今年もやはり季節限定の『冷たいらーめん2012』が出ていて、その中の『ボスカイオーラ(きこり風)』を試してみることに。
Rmgdairkrm03
名前だけ聞いたら、決してラーメンとは思わない。

運ばれてきたボスカイオーラ(きこり風)、880円也。
Rmgdairkrm02
もうどこから見ても冷製パスタ。
よく見ると麺が若干中華風、みたいな。

このジュレのダシが効いてておいしさを引き立ててますが、そこにつめたく冷やした枝豆のクリームソースをかけると体の中から涼しくなり、夏場にぴったりな『ラーメン』

ラーメン基準でいくとこれも冷麺になるのかもしれないけど、麺以外は完全にイタリアンな『ラーメン』です。

夏の間にもういちど食べておきたいなーと思ったり。



麺家 五大力(ごだいりき) 東豊中本店
大阪府豊中市東豊中町 5-30-25
営業時間: 11:00~24:00(月曜定休・平日15:00~17:00休み)
TEL: 06-6857-5559

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

夏休みの自由研究 ドライアイスに火を近づけるとどうなるかの実験

そろそろ夏休みも残りわずか。
中にはすでに2学期が始まっている学校もあるとか。

夏休みといえば大量の宿題が付きものですが、ウチの次男坊、今年は工作の宿題はなくて、理科の自由研究だけ。

父としては、またまたせんたくばさみ工作をするつもりだったので、ちょっと残念だったり。


自由研究はまずは何をするかのテーマが難しいところですが、息子はずっと前からやりたいことがあったらしい。

それは、

ドライアイスに火を近づけるとどうなるか?

なんでこの実験をしようと思ったのかと聞いてみると、以前、冷凍食品を買った時に付いてた保冷用のドライアイスを台所に捨てたら白いけむりが出てきたんですが、長男が、「このけむりの中に火を入れたらどうなると思う?」と聞いてきたらしい。

この時はなぜかライターに火がつかず確かめられなかったんですが、これ以来、ずっと気になってたらしく、迷わずしてテーマが決まった次第。

自由研究のテーマ選定の理由としては、バッチリ!

ということで、早速実験に取り掛かる。


その前に一応注意事項。

この実験をする時は必ず内容をよく理解し実験技術を習得した大人が付いて行なうこと!
酸欠の恐れがあるので換気を良くした上で行なうこと!
火災の恐れがあるので、火の取り扱いに注意すること!
万一、事故や損害等が発生しても当方へは一切責任を求めないこと!!




では、実験をする前に、予想しておくのを忘れぬよう。

息子に

「ドライアイスに火を近づけると、どうなると思う?」

と聞いてみたところ・・・


爆発する!


という回答!

ま、そういう予想だと実験のやりがいがあるってもんだ(笑)

でも、ホントに爆発するんだったら、絶対に実験なんかしないけど。


今回の実験で用意するものは次の通り。
  ・ドライアイス
  ・ライター(チャッカマン)
  ・ボウル(火を使うので一応ステンレス製)
  ・水
  ・氷


ドライアイスは、シャトレーゼでアイスを買うと保冷用に有料で付けてくれる塊状のドライアイスを使いました。

実は、はじめはスーパーにあるパウダー状のドライアイスを使ったんですが、すぐに融けてなくなってしまったので、塊状のドライアイスがオススメ。

まずはボウルにドライアイスを入れます。
Dryicrd01
ドライアイスを素手で触ってはならないことは、言うまでもありません。

そこへ水を入れると、白いけむりがあふれてくる。
Dryicrd02
この時、けむりがもくもくと立ちのぼらずに、下へ下へこぼれていく様子も観察しておくといいでしょう。

ライターに火をつけて、けむりに近づけてみると・・・
Dryicrd03

火が消えた!
Dryicrd04
何回繰り返しても、けむりの中に火を入れる前に消えてしまう。

ここで、なぜ火が消えたのかを考えさせます。

すると、

ドライアイスは冷たいから、火が冷やされて消えた

というので、次に氷水を用意して同じようにやってみることに。

ボウルに氷と水を入れて、キンキンに冷やします。
Dryicrd05

そこへ火を近づけてみると・・・
Dryicrd06

火は消えない!
Dryicrd07

火を氷に当てても消えません。
Dryicrd08
冷たいから火が消えたんじゃないみたいだね。

次に、

白いけむりが火を消したのではないか?

という予想を立てたので、ボウルにドライアイスを入れ、今度は水を入れずに白いけむりを立てないようにして、そこに火を近づけてみます。
Dryicrd13

すると、白いけむりがないのに火が消えた!
Dryicrd14

ここで、ドライアイスをボウルから出し、裏返したボウルの底にドライアイスを置いてみます。
Dryicrd15

このドライアイスに火を近づけてみるとどうなるか?
Dryicrd16

なんと、火は消えません!
Dryicrd17
ライターでドライアイスの上の方をさわっても、火はついたまま。

ところが、このまま火をつけたままのライターをドライアイスの下の方へ動かしていくと、火は消えてしまいます。

ドライアイスの上の方では消えずに下の方では消えるということから、ドライアイスから下へ向かって見えない何かが出ているのではないかという予想を立てました。

確かに、ドライアイスから出た白いけむりは、下へ下へ向かう。
Dryicrd09

そこで、空のコップにこの白いけむりを入れ、ドライアイスは無いけれどけむりだけ溜めた状態に。
Dryicrd10

このコップへ火を近づけてみると・・・
Dryicrd11

火が消えた!
Dryicrd12

以上のような実験をして、結果をまとめてみます。

・ドライアイスに水を入れると白いけむりが出る。
・白いけむりは上には行かず下へ向かう。
・白いけむりに火を近づけると、火が消える。

・白いけむりを立てなくても、ボウルに入れたドライアイスに火を近づけると、火が消える。
・ボウルの外にドライアイスを出すと、ドライアイスの上の方では火は消えず、下の方へ火を持って行くと火が消える。


自由研究レポートは結果だけ書いたのでは不十分で、なぜそのようなことが起こったのか、なぜドライアイスで火が消えたのか、そもそもドライアイスは何なのか、火が燃えるためには何が必要か、ということを調べて考察しなければなりません。

要点をまとめると以下の通り。

・ドライアイスは二酸化炭素が固まったもの。
・二酸化炭素は目には見えないもの。
・二酸化炭素は空気より重たいので、下へたまる。
・白いけむりは、ドライアイスで空気中の水分が冷やされて水や氷になったものが見えている。
・火が燃えるためには酸素が必要。
・ドライアイスのまわりは融けた二酸化炭素がたまっているので酸素が少なく、火が燃えることができない。


小学生レベルであれば、これくらいのことを考察できればだいたいいいんじゃないでしょうか?

今回は、自由研究レポートを四つ切サイズのパネルにしてみました。
Dryicrd18_3
スペースの都合で全ての実験を載せることはできませんでしたが、必要最低限の項目をシンプルにまとめられていると思います。

ま、小学生の自由研究だし、これくらいで許しといてやろ!

| | コメント (5)

2012年8月26日 (日)

ソフトボール秋季大会 2回戦

今日はソフトボール秋季大会の2回戦でした。
12082601

今日の相手は、トーナメントのシードで上がってきたチーム。

シードと言っても抽選でたまたま当たっただけなので、強くてシードされた訳ではありません。

1回表、相手の攻撃。

先頭打者を出してしまったのがきっかけで、1点取られる。

1回裏、今日も私は一番レフト。

第一打席目、相手のピッチャーは下投げのふんわり山ボール。

んー、かえってふんわりボールの方が打ちづらいねんけどなぁ・・・

なかなかストライクは入らんし、入れてきたボールは打ち頃で、ついつい手が出てしまいそうになる。

でもそこは一番バッター!

あえてバンドしてやりました。

結果は・・・


アウト orz


狙いは良かったんだけどね(^_^;

結局、1回裏は無得点。

全然楽勝な相手に見えて無得点だったんで、今日はちょっとやばいんちゃう? みたいな空気になりかけましたが、2回以降はホームランありーのヒットありーので、結局、13-6でコールド勝ち!

私は、4打数1安打、1フォワボール。

守備では逆ハンドのランニングキャッチありーので、なかなかええ動きでした。

次の相手は、毎回ベスト4まで行ってる強豪チーム。

勝つのは難しいのかもしれませんが、ガンバリマス!

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

脂が落ちたヘルシー寿司? 千代田吉野鮨の『鯵押寿し』@JR静岡駅

静岡の出張の帰り、JR静岡駅構内の駅弁屋で買った押し寿司、千代田吉野鮨の『鯵押寿し』。1,050円也。
Ysnoajzshi01

鯵の棒寿司を8切れにカットしてあります。
Ysnoajzshi02
出張帰りに新幹線の車内で飲むビールのアテのつもりで買ったので、脂の乗った鯵を期待してたんですが、身の脂が酢で置き換わってしまった感じ。

鯵の味はかなり抑えられてます。

ま、ある意味ヘルシー?

ホントはこれとは違う寿司が食べたかったんですが、残念ながらこの日はすでに売切れており、これしか残ってなかった。

どおりで売れ残ってた訳だ。。。

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

バニラの風味のあまーいプリン 8b DOLCEの『プリン王子』@大阪・北堀江

最近、ほとんど毎週買ってる8b DOLCEのスイーツ。

今回は『プリン王子』を買ってみました。1個294円也。
8bpnoj01

口解けがよくコクのあるプリンにバニラビーンズが入っていて、バニラの後味がさわやかなプリン。
8bpnoj02
苦味がなくやわらかい生地なので、お子さまでも大丈夫。

カラメルは少し苦いのですが一番底に入ってるので、カラメルのところまでは子どもでも食べられます。

大人は、カラメルとバニラの風味を堪能しましょう。



8b DOLCE (エイトビー ドルチェ) 北堀江本店
大阪市西区北堀江1-4-5
アクセス: 地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅6号出口すぐ
営業時間: 10:00~22:00
TEL: 06-6533-1230

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

東京出張&ドクターイエローに遭遇

昨日は東京出張でした。

スケジュール的に久しぶりに飛行機で行こうとも考えましたが、やはり車中に電源があるN700系に乗ることに。

車内で充電ができるというのは、移動手段を決める要素としては十分。
特にスマホが増えてくると、100V電源を備えた新幹線の優位性が増してくるように思う。

実は新大阪までの道中、御堂筋線・・・というか、北大阪急行で車両トラブルがあって数分遅れてしまい、危うく新幹線に乗り遅れそうになる。

朝からなんだか歯車がうまく噛み合わないような予感・・・

新大阪6:40発、のぞみ206号。
12082201

N700系 Z37編成。
12082202

EX早特でグリーン車を予約。
12082203
いつもは東京までですが、今回は大船へ向かうので新横浜まで。

グリーン車では客層もあってかポマード臭がクサイおっさんがいてることもあるんですが、なんとこの日はポマード臭に加え、ココナッツの臭いを放つヤツもいて、車内が異常にクサイ(>_<)


やっぱり今日はなんかおかしい?



そんなこんなで車中でウトウトしつつもあまり眠れず、ボケーっとしたままもうすぐ新横浜。

ところが、いつものクセ?で東京まで乗る気になっていて、新横浜で全く降りるつもりにしておらず、たまたまやって来た新幹線の下を走る横浜線を見て

「あ~やっぱ横浜線は混んどるなぁ」


なーんて呑気に考えてた瞬間、

あっ、今日は新横浜で降りるんやった!!(;゜0゜)

と我に返り、慌てて席を立った次第。


やっぱり今日はなんかおかしい?!


新横浜から横浜線へ乗り換え。

次にやって来たのは、東神奈川止まり。

東神奈川で横浜方面へ乗り換えなければなりませんが、到着したのが横浜線ホームなので、一度階段を上がって隣の京浜東北線ホームへ行かなければなりません。

時間に余裕があるので、大船まで京浜東北線で行ってもいいかな~ と思ってたけど、そこで待っていたのは桜木町行き。

結局、横浜で乗り換えなければならず。

横浜からは、横須賀線と東海道線のどちらに乗るか迷うところ。

駅の表示板を見ると、先に横須賀線が出て、3分後に東海道線が出る。

しかし、横須賀線は東海道線より駅が多いので、3分待って駅の少ない東海道線をチョイス。

その結果、大船の一駅前の戸塚のホームに差しかかる頃に、隣のホームから先出の横須賀線が発車して行った。

結局、横須賀線の方が早かったんか・・・

大船到着前に京浜東北線の線路が近づいてきますが、ちょうど横浜線から来た大船行きの電車と並走。
12082204
はじめっからこれに乗れれば良かったのになぁ。

大船に着くと、向かいのホームに185系の特急踊り子がやって来た。
12082205

昭和の雰囲気たっぷりなのがイイ感じ!
12082206_2

サボ式の号車札とか、方向幕のフォントが古めかしい。
12082207
この185系もいつまで運用されるか、時間の問題なのかも。

仕事を済ませ、大船からはこんな切符を買ってみました。
12082208
一見、ただの大船から大阪市内行きの乗車券ですが、ちょっと乗り鉄をするためにぐるっと大回りな乗車券。

青梅線方面へ足を伸ばすつもりですが、乗車券はできるだけ一筆書きの距離を長くした方が割安なので、乗り鉄ルートに帰りの新幹線の分も足して1枚の片道乗車券にしてみた。

ルートは、大船から横須賀線で武蔵小杉で南武線に乗り換えて、立川から中央線で東京へ。東京から新幹線で新大阪まで行くようにしてます。

このルートを地図に書いてみると、こんな感じ↓
12082232
赤い線が一筆書きの乗車券のルート、青い線が立川から青梅線へ行くため別途乗車券を買う区間。

赤い線が交わっていますが、これは横須賀線の武蔵小杉と新幹線なので、乗車区間は交差しません。

実はこの乗車券、はじめは大阪市内行きではなく尼崎までにしてました。

JRの乗車券は片道201km以上だと特定市内発着となるため、東京→新大阪なら『東京都区内→大阪市内』の乗車券となり、新大阪で下車すると乗車券が回収されてしまいます。

ところが、尼崎までの乗車券にすると、運賃は同じですが市内着ではなくなるので新大阪で途中下車ができ、その切符を持って帰ることもできます。

今回のルートで尼崎まで行くと、営業キロは663kmで9,560円となる訳ですが、事前に計算した時に何を間違えたのか8,510円のつもりでいました。

しかし、実際にみどりの窓口で乗車券を買ってみると9,560円だったので、慌てた私は新大阪までに変更してしまうミスをやらかしてしまい、結局、値段は9,560円で変わらないのに新大阪で途中下車の出来ない乗車券にしてしまった次第。

最初に買った大船→尼崎の乗車券、経由は

東海道・新川崎・南武・立川・中央東・東京・新幹線・新大阪・東海

と、かなり長く印刷され、最後の東海道の『道』の字が切れてしまう珍しい切符だったのに。


やっぱり何かおかしい・・・


大船から横須賀線に。
12082209_2
ちょうど湘南新宿ラインの快速が来たので、戸塚、横浜の次が武蔵小杉。

車中で時刻を調べると、武蔵小杉で乗り換える南武線の立川行きは、乗り継ぎ時間1分。

ま、1分あればホームが違ってもダッシュしたら行けるかなー、なんて思ってました。

なぜならこの時、

武蔵小杉駅の構造を知らなかったから!


電車が武蔵小杉駅のホームに滑りこみ、ドアが開いた瞬間にダッシュ。

階段を下りようとすると、ホームの案内板に南武線まで400何十メートルと書いてある文字が目に入る。


え、400m以上もあるの?!



400何十メートルを1分って、陸上選手並の健脚で走らなければならない。

そんなん無理やー

と思いつつ、もしかしたら南武線が少し遅れてたりする可能性も期待し、一応走りましたよ、400メートル+α。


しかし!



ようやく南武線のホームに付くと、乗ろうと思ってた電車はすでに出発した後。
出発信号が赤に変わる瞬間を見た・・・
12082212
南武線のホームには横須賀線ホームまで355mと書かれてますが、これは横須賀線ホームの一番近いところまでの距離。

上りの横須賀線だと先頭車両が一番乗り換え距離が短いのですが、不幸にも私は15両編成の後方に乗っていたので、さらに100m以上プラスされた訳で。

後で地図をみると、南武線と横須賀線はまるで「近くにある別の駅」みたいに離れてた。
12082233
そんなに離れてるのを知ってたら、はじめから淡い期待を持ってクソ暑い中ダッシュなんかしなかったのに・・・

電車が出発した直後でガラガラになったベンチに腰を下ろすと、汗が噴き出してくる。

次の立川行きは14分後ですが、その前に途中の登戸行きの電車がやって来た。
12082210
このまま暑い中待ってるより涼しい車内で途中まで行った方がいいので、この登戸行きに乗って空いてる車内で座って汗を抑える。

登戸行きの電車は、登戸で川崎方面へのホームに着いてしまったので、階段を上がって立川方面のホームへ移動。
12082211
ちょうどそこへ立川行きの205系が来ましたが、やはり着席叶わずしばらく立つことに。

武蔵小杉から乗っても座れる確率の方が低いだろうから、登戸まで座って来て正解だったと思う。

立川に着いて先頭車を見に行くと、元山手線の中間車に後から運転台をくっつけて先頭車にした205系1200番台だった。
12082213
12082214

反対側のホームからは、オリジナルの205系が出発するところ。
12082215

立川からは青梅線へ乗り換えますが、大船から新大阪までの片道乗車券の区間外になるので、一旦立川駅の改札を出て途中下車。
12082218

再びSuicaで入場して、青梅線ホームへ。
12082216
青梅線紀行は、また別の機会に記すことにします。

青梅線では結局、最果ての地、奥多摩まで行ってみた。
12082217
立川から先、新大阪までの乗車券のルートに戻るとき奥多摩からSuicaで入ってしまうと、もし再び立川で改札を通る時間がなかった場合Suicaの出場記録が入らない。

このSuicaの処理をしてもらうのもややこしいので、奥多摩から立川まで切符を購入。

ま、結果的には立川で改札を通る時間があったので、途中下車した乗車券で再入場できたんですけどね。

立川から中央特快で東京へ。
12082219

東京駅で一旦途中下車して、魚がし日本一でいつものにぎり寿司を買いに行く。

ところが、八重洲口の改札機に乗車券を通したところ、なんとチャイムが鳴って止められてしまいました。
ディスプレイにはたぶん『区間外乗車』って出てたように思うんですが、思いっきり区間内なので有人改札へ。

駅員に乗車券を見せ、「これで途中下車はできませんか?」と聞いたところ、すんなり下車できた。


ん~、やっぱり何かおかしい?


晩ごはんを調達し、今度はJR東海の新幹線改札を通ったところ、何の問題もなく通れた。

東京20:30発、のぞみ129号岡山行き。12082220

N700系Z52編成。
Jrn700_z5201
本来なら、乗り過ごすのが恐いので新大阪行きに乗るところですが、かなり混んでます。
むしろ岡山行きの方が若干空いてるぐらい。

新大阪で降りる人は、みんな乗り越し防止のために新大阪行きを選ぶのかも?

↑上の発車案内で18番線の向かい側が回送になってますが、ここにやって来たのはなんと700系923形 ドクターイエロー!
12082221
700系のドクターイエローは初めて見たよ!

0系のドクターイエローはオレンジっぽい黄色でしたが、それに比べると、より黄色味が増してレモン色みたいな感じ。

JR東海車のT4編成。
12082222

1号車は電気、通信関係の検測をします。
12082223
ホントは7号車まで見に行きたかったんですが、自分が乗る列車の発車時間が迫ってたのでそれも出来ず・・・

ドクターイエローが入ってきた途端、ホームではすぐに大撮影会がはじまりました。
12082224
後でネットを見てみたら、どうやらこの日は上りで各駅に止まるこだま検測だったらしい。


帰りの新幹線では、予め普通車の3列側の窓際席を予約してました。

2列側の窓際はすでに満席で通路側もちらほら埋まってたので、同じ通路側に人が来るんだったら3列側に座って真ん中を緩衝帯にした方がいい。

そんな思惑があるので、特急券の発券直前に携帯からEX予約の画面を見てみると、なんと私の列は通路側だけでなく真ん中も埋まってるではあーりませんか!

さすがに緩衝帯がなくなり、3列側の一番奥に押し込められるとかなり窮屈。

せっかくのおいしい特上にぎりとビールも、ゆっくり味わえないよ。

という訳で、携帯から急遽グリーンに変更して発券!
12082225
EX早特ではないグリーン券は滅多に買うことはありません。

おかげでゆっくりと出張帰りの至福のひとときを過ごせました(^^)
12082226


ところが!


名古屋を過ぎたあたりで、後ろの方から


んががごごがが・・・  ヒー



んがごごごがごががが ヒーー



けたたましい大いびきが車内に響き渡る


んがががごごがごがが ヒーーー



んが!


あ、今、息止まった!

みたいに気になって気になって、快適度ダウン。

大いびきを鳴らした列車は、新大阪に到着。
12082228
こののぞみ129号は、新大阪から岡山への最終列車でもあります。

向かいのホームは回送の案内だったんですが、もしやドクターイエローが追いかけてきた?(んな訳ない!)なんて思いつつ、列車がきます とアナウンスがあったので見てたら・・・
12082229

N700系Z25編成が回送でやって来た。
12082230
どうやら翌日の西明石発のぞみ100号の送り込み回送みたい。

そんで隣のホームには、『試運転』と表示されたN700系が止まってる。
12082231

まさか、N700A?!

にしては、報道公開から早すぎる。

よく見ると、以前にも乗ったことのあるZ71編成。

もしかして、検査あがりの試運転だったのかな?

そんなこんなで、なんかうまくいかないな~と思いつつ、珍しい車両も見られたりで、いろんなことがあった一日でした。(^^;)

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

ソフトボール秋季大会 1回戦

この前の日曜日、ソフトボールの秋季大会の1回戦がありました。12081903

まだまだ猛暑日が続いてるうちから秋季大会ってどうなん?!

ウチの試合は盆明けでしたが、秋季大会自体は8月5日から始まっており、まだ暦の上でも夏やっちゅーねん!

そんな炎天下での試合は、まずは倒れないようにせなあきません。

さて、この試合のオーダー、監督から

「なあ、今日一番行くか~?」

と言われ、半分冗談かと思い

「何番でもいいっすよ」


と言うたら、ホンマに一番バッターになってしもた!

一番なんてやったことないねんけどなぁ(大汗)

監督も暑さでオカシなったんか?無茶すんで。

と思ってたら、一応理由があるらしい。

今日はチームで1番&2番目に足の速いメンバーが来ることが出来ず、ベースランニングでチームNo.3の私が今日のメンバーでは一番速い。

それと選球眼と出塁率を買ってくれたらしい。


さて、1回裏の攻撃、チームで最初の打者が私。

一応、一番バッターなので、バントの構えをして内野の動きを見てみたり。


ところが・・・


相手のピッチャー、球は速いけど全くストライクが入らない。

ストレートのフォワボールで1塁へ。

次のバッターでもストライクが入らず、ワンバンの隙を盗んで盗塁。

で、結局フォワボール。

んで、次もストライクが入らない。

楽々ダブルスチールをするも、空いた1塁へフォアボール。

結局、バッターボックスに立ってるだけでどんどん点が入る。

2順目もまたフォワボールで出たところで、ようやくピッチャー交代。

ところが、替わったピッチャーは下投げのふんわりボール。

向こうのベンチには2チームできるくらいのメンバーがいてるのに、ピッチャーひとりしかおらんのか!

そんなこんなで、結局16-5でコールド勝ち。

しかも相手の攻撃の時、ノーアウト1、2塁でショートライナー、飛び出したセカンドランナーにタッチして1塁転送でアウト。

なんとチーム初のトリプルプレーをやりました!


私は5打席回ってきて、1打数1安打、4フォアボール、2打点、2盗塁。

初めての一番バッターでしたが、出塁率100%で一応仕事は出来たかな。

といっても、この試合は相手ピッチャーのノーコンぶりで全てが決まったので、守ってる方は大変やったやろなー。

次の試合も猛暑の中になりそうなので、倒れないように気をつけよ!

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

219回目の献血

219回目の献血をしてきました。
12081902

血小板6サイクル、処理量2790ml、血小板260g、血漿221g、所要82分。
12081901

前回は名古屋、前々回は岐阜でしましたが、どちらも過去の献血記録を見て

「6サイクルって初めて見た!」

と言って驚かれる。

そのことをここで言ってみたら、

「へぇ~そうなんですか」

と、逆に驚かれたりして!

ま、6サイクルでも全然構わないんですけどね。

ってか、他の県でやった時に話題になるので、むしろ良かったり(笑)

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

リニア宮崎実験線の写真

リニア・鉄道館に行く その1からのつづき


リニア・鉄道館では、山梨実験線を走行してたリニア実験車両MLX-01が展示されています。

リニアもようやく実用化に向けて動き出したところですが、実は約30年前、まだ宮崎に実験線があった頃にリニアを見に行ったことがあり、この時の写真があったのでアップすることにしました。

日豊本線東都農駅に隣接して、リニア実験センターがあります。
Maglevrailpk11
正しくは、
日本国有鉄道下関工事局 宮崎浮上式鉄道実験センター
というらしい。

実験センターの屋上はリニア展望台になっていて、リニア実験車ML-500が置いてあった。
Maglevrailpk12

このML-500は、走行実験で当時の鉄道最高速517km/hを記録。
Maglevrailpk15
屋上展望台に置かれたML-500ですが、中に入ることもできました。

実験センター内にある、宮崎実験線の説明が書かれたパネル。
Maglevrailpk14

ここを訪れた時、リニア実験車両MLU-001は車庫に入ってました。
Maglevrailpk17

展望台入口に実験走行の時間が掲示してあり、この時間に合わせて行けば走行している様子を見ることができた。
Maglevrailpk16

ところが、いつまで待っても走る気配がないので、仕方なくセンター内のパネルの写真を撮ったようで。
Maglevrailpk13
展望台に展示しているML-500は逆T字型のガイドにまたがるような軌道でしたが、このMLU-001からはU字型の軌道になりました。

軌道側面に推進用の電磁石、底面に浮上用の電磁石が並べられてます。

こんな風に走行するらしい。
Maglevrailpk18
パネルをカメラで撮ったので、ぼんやりとカメラを構える10歳の頃の私の姿も写ってたり(笑)

ちなみにカメラは、ヤシカエレクトロ35GSN(今も持ってます)。

私のメカ好きは親父の遺伝のようで(笑)

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

リニア・鉄道館に行く ~その8~ 車両以外の展示物

リニア・鉄道館に行く その7 気になる展示車両からのつづき


リニア・鉄道館には、車両以外の展示物もあります。

その中で私が一番懐かしかったのが、マルス端末。
Maglevrailpk151
国鉄の座席予約をコンピューター化するために生まれたマルスは、プロジェクトXにも取り上げられる程の大発明。
その後、指定席だけでなく乗車券をはじめあらゆる切符を発券できるようになりました。

日本全国の駅名を本のようにまとめた、アルミ製の操作盤に萌えた人は多いはず!

通称「パタパタ」と言うそうですが、そんな生易しいものではなく、実際には「バン!バン!」とみどりの窓口に鳴り響いてました。

私は子どもの頃このマルス端末が大好きで、よく某駅のみどりの窓口に半日張り付いて発券する様子を、カウンターの横から食い入るように見てたこともありました(笑)

モニターが備わったタイプより前のマルス端末では、ランプで空席の有無を表示しており、係員が指定列車を入力し発信ボタンを押すと通信中のランプが点滅、ひと呼吸間があって 空席があればYESランプ、満席ならNOランプが点灯するところが好きで好きでたまらなかった。

満席だったら代替列車を白紙にプリントアウトして、それを見ながらお客さんとどの列車にするか相談したり。

おかげでみどりの窓口の係員と顔見知りになったり(^_^;

ま、今になってみれば、

「あのクソガキ、また見に来てるわ」

てなもんだったんでしょうが、みなさんやさしい駅員さんだったのが幸いでした。


N700系のシミュレーター。
Maglevrailpk152

シミュレーターは抽選制で、入場券に付いてる抽選券を切り取って申し込みます。
Maglevrailpk153
ホントはやりたかったんですが、さすがにオッサン一人で申し込む度胸はなく・・・

日本最大級のHOゲージのジオラマ。
Maglevrailpk154
東京から大阪までの街の様子が再現されていますが、さすがJR東海だけに名古屋駅界隈が一番精巧で豪華。

所々に細かい演出もあって、夜になるとビルが火事になり、近くの消防署から救急車と消防車が駆けつけるというのも再現されてたり。
Maglevrailpk155

2階の展示スペースへ行くと、古い時刻表がありました。
Maglevrailpk156

小学生の時から愛読書が時刻表だった私にとっては、これは大変貴重なお宝。
Maglevrailpk157

この東海道新幹線のパンフレットは初めて見た。
Maglevrailpk158

開業当初の新幹線は、1枚に全列車が納まってしまうほど。
Maglevrailpk159


当時はひかりとこだまで料金が違っていて、ひかり号の東京~新大阪間は普通車で2,480円。
Maglevrailpk160
昭和39年の大卒初任給が約2万円と今のおよそ1/10だったので、その感覚で言えば25万円ぐらいか?

確かに夢の超特急だわ!

パンフレットに載ってる新幹線の写真、『ひかり23号新大阪行き』と『座席指定』がサボになってる!
Maglevrailpk161
乗務員室扉を見るとどうやらK1編成のようですが、開業当時の編成記号は用途別ではなく製造会社別になっていたので、これは汽車製造が造った編成です。

新幹線が開業した影響で、サラリーマンの出張から宿泊と宴会がなくなったらしい。
Maglevrailpk162
ま、今でも宿泊はあるけど、宴会はないな。


さて、8日間に渡りリニア・鉄道館の備忘録をアップしましたが、今回の訪問分はこれにておしまい。


が、番外編へつづく

| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

リニア・鉄道館に行く ~その7~ 気になる展示車輌

リニア・鉄道館に行く その6 モハ52形電車からのつづき


新幹線以外にも、私自身思い入れのあるお気に入りの車両が展示されてます。

ローカル線ファンなら押えておかねばならないでしょう、キハ48000形。
Maglevrailpk111
派生車種も数多く、後のキハ20へもこのスタイルが継承されてる。
キハ20より前面窓が小さいところがかわいらしい。

子どもの頃何度か乗った165系。
Maglevrailpk112
やっぱりこの『デカ目』の方がかっこいい。

オヤ31形 建築限界測定車。
Maglevrailpk113
車体に沿って生えてるような棒は、線路周囲の建築物が車両に接触しないかどうかを測定するためのもの。

矢が刺さりまくった落武者のようにも見えて不恰好とあなどるなかれ、建築限界を測定することだけに特化した超機能的なスタイルなのです!

非電化路線の特急用車両のキハ181系。
Maglevrailpk114

車体側面にある国鉄『JNR』マークは展示にあたり復元されたと思われ。
Maglevrailpk115

床下に搭載されたディーゼルエンジン。
Maglevrailpk116
排気量30,000cc、V型180度12気筒ディーゼルターボエンジンから590馬力を絞り出す。

小さい頃、たまに大阪駅に入線していて、発車の度に煙を撒き散らしていく無骨さにホレました。

今ではN700系新幹線にも用いられている車体傾斜を最初に採用した、381系特急用電車。
Maglevrailpk118
振り子で車体を内側へ傾けることで乗客にかかる遠心力を軽減し、カーブでも速度を落とさずに通過できるように。

昔持ってた学研の図鑑にもこの振り子電車が載ってたんですが、コロによる振り子システムの解説を読んでも、幼少の私には難しくて理解できなかった。

振り子を搭載した台車。
Maglevrailpk119
381系の振り子はカーブで生ずる遠心力を利用する自然振子式なので、乗ってるとなんか変な感覚があったっけ。

国鉄時代の名車、113系の基礎となった111系。
Maglevrailpk131

トップナンバーのクハ111-1。
Maglevrailpk132
知らない人が見たらⅢ-Ⅰに見えるかも?

展示用に?サボ受けにサボが入ってますが、実際に営業運転していた頃にサボが入っていた記憶はなく、いつも何もない状態で走っていたような。
Maglevrailpk133

113系ではドアの内側はステンレス無塗装のものが多いので、内装色に塗装してあるドアと黒じゃないパッキンに萌える(笑)
Maglevrailpk134

近郊型といえばこの配置と言われるようになりました。
Maglevrailpk135
灰皿が付いてるところに時代を感じる。

これは私自身思い入れはないのですが、C57蒸気機関車。
Maglevrailpk137

このC57を正面からじっーと見ている方がいたので声を掛けてみたところ、この139号機ではないけれど昔々にC57の機関士をなさってたそうで、当時のことを語ってくれました。
Maglevrailpk138

他にもいろいろと興味深い展示車両がありましたが、どれも当時の高速化に寄与した車両で、それが今のリニアへと通じてるんでしょうね。


その8へつづく

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

リニア・鉄道館に行く ~その6~ モハ52形電車

リニア・鉄道館へ行く その5 ドクターイエローからのつづき


ずっと新幹線を見てきましたが、もちろん他にも展示車両があります。

その中で、今回ここへ訪れて初めて見たモハ52形電車。
Maglevrailpk120
この流線型もさることながら、昭和11年の国鉄車両とは思えない茶色とベージュのツートンカラーに驚き。

宮崎アニメに出てくるんじゃないかと思うくらい美麗なスタイル。

正面から見ると、正面窓中央の支柱が鼻筋を際立たせて、すごく愛嬌のある表情に見える。
Maglevrailpk121

尾灯が、右側に1つだけ突き出ているところもいい!
Maglevrailpk123

今でも珍しいサイドスカート付きで、この当時の車両では当たり前だったリベットもなく、車体が非常に滑らか。
Maglevrailpk127

この車両は、私鉄とのスピード競争が激しかった(あえて過去形)京阪神間に、急行用(急電)として製造された電車。
Maglevrailpk122

右から読む『大阪行』のサボもいい雰囲気。
Maglevrailpk125

車内も綺麗に復元されたようで、ニスの効いた木の内装が素敵。
Maglevrailpk126
恐らく、このボックスシートも競合私鉄の装備を意識したもので、当時の特別料金不要の国鉄車両としては画期的だったように思う。

シンプル過ぎる運転台。
Maglevrailpk129
今どきのディスプレイを装備したワンハンドル運転台とは比べ物にならない。

この茶色とベージュのツートンカラーはその後も受け継がれ、この急電がルーツとされる新快速用117系でも採用されました。
Maglevrailpk130
この117系でも、競合私鉄を意識した車内装備になってます。

車両そのものの美しさだけでなく、その後の国鉄車両にも影響を及ぼしたモハ52形電車に惚れ惚れした次第です。


その7へつづく

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

リニア・鉄道館に行く ~その5~ ドクターイエロー

リニア・鉄道館に行く その4 0系新幹線からのつづき


新幹線は運行速度が速いため線路や架線が傷みやすく、細かな点検・保守が必要になります。

運行区間も長いので効率良く保守点検をしなければなりません。

これらを実際に走行しながら検査するのが922形、通称『ドクターイエロー』。

このドクターイエローも、リニア・鉄道館に展示されています。
Maglevrailpk101

真正面から見ると車体が黄色いからか、通常の青白塗装とはちょっと違った印象。
Maglevrailpk102

この展示車両はT3編成。
Maglevrailpk103

実はT3編成は、現役で活躍中に偶然見たことがあります。
Maglevrailpk104
2002年9月、出張帰りの新大阪駅で見た停車中のT3編成。
ドクターイエローの向こう側には、100系が停車中。
新大阪駅のホームに、まだ安全柵がなかった頃。

見つけた瞬間に発車してしまったので、ほとんど写真は撮れませんでした。
Maglevrailpk105
こうして写真を見比べると、編成記号の貼り方がちょっと違うな。

ドクターイエローも展示にあたり、貼り替えられたのかな?


その6へつづく

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

リニア・鉄道館に行く ~その4~ 0系新幹線

リニア・鉄道館に行く その3 100系新幹線からのつづき


新幹線といえばやはりこれ、0系。
Maglevrailpk62

展示車両は車両番号21-86のK17編成。
Maglevrailpk64
1971年12月より就役し約19年間活躍しましたが、最後までこだま専用でした。

このK17編成はこだま用16両編成で、その後こだまが12両化された時にS編成となったため、この編成記号は展示にあたり貼り替えられたんでしょうか?

この頃、というか、0系は生産終了までかなり多くの編成組み換えが行なわれたので、編成の変遷を追いかけるだけでもかなりおもしろい。

0系新幹線を正面から見た画は、少なくとも100系が登場するまでの間は新幹線を示すピクトグラムにもなってたのでなじみ深い。
Maglevrailpk61
スカート部分の両脇にフィンが取り付けられているのですが、これは浮き上がり脱線を防止するためのもの。
F1マシンのフロントウイングに当たる機能が、F1マシンよりもかなり前に新幹線で採用されていた訳で。

最近でも、F1マシンのエンジニアが日本の新幹線のロングノーズを研究してるとか?
目的や用途は違うにせよ、空力をとことん追求するというところではF1も新幹線も共通してるんですね。

最新の新幹線ではHID式の前照灯が使われていますが、この0系は東芝製のシールドビームが使われています。
Maglevrailpk63

尾灯は半円筒形の赤いフィルターがシールドビームの前に移動して赤く光らせるのですが、このフィルターが移動するためのレールが見えるところに萌える、マニアな私。
Maglevrailpk064

この頃の0系はまだ座席2列分が1枚のガラスになった大窓タイプ。
Maglevrailpk65
その後0系は、座席1列分の幅の小窓タイプとなります。

国鉄時代の方向幕ですが、この車両、ひかり号として走ったことあったっけ?
Maglevrailpk70

号車表示札は今ではシールですが、この当時は金属製のプレートが取り付けられていました。
Maglevrailpk66

開業当初、普通車(2等車)はリクライニングしない転換クロスシート。
Maglevrailpk67

転換クロスシートとはいえ、背もたれだけが動くのではなく、座面もシーソーのように動いて常に膝側が高くなるので、意外と座り心地は悪くなかったように思う。
Maglevrailpk68

通路側の肘掛下にはテーブルが収納されています。
Maglevrailpk69
なんかものすごく懐かしい。

窓際には小さなテーブルが備え付けられているだけ。
Maglevrailpk72
これではパソコンは置けないですね(笑)

この頃の0系には、車両中央部に非常口がありました。
Maglevrailpk71

非常口の壁際に、非常口を開けるためのハンドルがあります。
Maglevrailpk73
新幹線では非常口座席に座っても、緊急脱出の援助は求められなかったらしい。

外側から見ると、非常口になっている部分にすき間がある。
Maglevrailpk74
その後、非常口そのものが廃止となり、非常口のあった車両は埋められたりハンドルが撤去されたりしてその機能がなくなりました。

まだペットボトルに詰めた水が売り物になるとは微塵も思われてなかった昭和の時代、新幹線では飲料水が提供されてました。
Maglevrailpk75

0系ではデッキに冷水器が設置されていて、平たく畳まれた紙コップを広げて使います。
Maglevrailpk76

洗面台は水とお湯が出るようになってますが、レバーを手で押さえてなければならず、レバーを離した瞬間に止まってしまうので、せっけんで両手でゴシゴシという使い方は二人でなければできません。
Maglevrailpk77

この『便所』って表記も昭和な感じ。
Maglevrailpk78

デッキの広告枠に、現役時代の車内の案内がありました。
Maglevrailpk91
下の方に書いてある車内の案内図を見ると12両編成になっており、さらに9号車と10号車が2&2シートになっているところから、退役までこだま用S編成だったことがわかります。

にしても、これに写ってる女性の写真を見ると、時代を感じる。。。
Maglevrailpk92

今どきの中学生より子どもっぽいかも。
Maglevrailpk93

先頭車の後ろには、食堂車も展示されています。
Maglevrailpk79
このマーク、どことなく憧れがあったなぁ。

でも、食堂車の通路にあったこの間接照明、子どもだった私はちょっと恐かった。
Maglevrailpk80

横を向かないとすれ違えないほどの細い通路を行くと、食堂車入口を示す矢印。
Maglevrailpk82

0系の食堂車は通路のスペースがあるので、海側が2人席、山側は4人席のテーブル。
Maglevrailpk83

東京側が厨房スペース。
Maglevrailpk84

さすが食堂車には大型のウォータークーラーがある。
Maglevrailpk85
Maglevrailpk86

食堂車入口のレジスペースあたりに、食堂車のマークや満席表示灯などのスイッチがありました。
Maglevrailpk87
こんなスイッチがあることは、初めて知ったよ。

調理や食器洗浄で出た排水は一旦タンクに貯めておき、このボタンを操作してタンクから流していました。
Maglevrailpk88

食堂車が満席の場合は並んで順番を待つ訳ですが、この案内の通りに矢印の方向に並ぶと・・・
Maglevrailpk89

かなり通路が狭くなってしまうけど、当時はそれでも可だったんですね。
Maglevrailpk90
この通路を通るたびに嗅ぐおいしそうな臭いは、いまだに脳裏に焼きついてる(笑)

0系は昭和39年の開業から昭和61年の22年間も製造されていたため、各年代ごとにいろいろと違った箇所も数多くあり、0系を細かく見ているだけでかなりのボリュームになります。

まだまだ知らないこともいっぱいあるので、見るたびに楽しい0系です。


その5へつづく

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

リニア・鉄道館に行く ~その3~ 100系新幹線

リニア・鉄道館に行く その2 300系新幹線からのつづき


300系新幹線を見たあとは、100系新幹線。
Maglevrailpk41
0系の後継車として造られた100系は、切れ長の前面ライトが特徴。

新幹線を真正面から見ることはなかなかないので、こう見ると新鮮かも。
Maglevrailpk42

展示車両はX2編成。
Maglevrailpk44

山陽新幹線で晩年を迎えていた100系は2×2列シートだったので、オリジナルの3×2列のシートはなんだか新鮮に感じたり。
Maglevrailpk46

3列側のシート。
Maglevrailpk47

これは100系K55編成の偶数号車の2列シート。
100kret12
後年はこっちのシートの方がなじみがあったり。

まだペットボトルに詰めた水が売り物になるとは微塵も思われてなかった昭和の時代、新幹線では飲料水が提供されてました。
Maglevrailpk48

洗面台の横にあった『冷却飲料水』の蛇口と、折りたたみ式の紙コップの取り出し口。
Maglevrailpk49

8号車の2階建車輌は、X1編成のもの。
Maglevrailpk45

この方向幕はのぞみがデビューした以降の新しいタイプでなかったっけ?
Maglevrailpk57

ちなみに↓これは現在の700系のもの。
Maglevrailpk070

車内から8号車へ渡ると、こんなマークのシールが貼ってありました。
Maglevrailpk50

横を向かないとすれ違えない程の細い通路の階段を下り・・・
Maglevrailpk51

反対側の階段を上がると・・・
Maglevrailpk52

そこは食堂車の入口。
Maglevrailpk53
100系の食堂車は2階建構造を生かし通路は1階部分とし、2階部分は全て食堂車スペースとすることで4人掛けテーブルを両窓に配置。

ギャレスペースも飲料と配膳ができるようになっているだけ。
Maglevrailpk55

調理自体は1階で行ない、このエレベーターで2階へ運んでました。
Maglevrailpk54

1階の通路脇に料理室入口の扉があります。
Maglevrailpk56
食堂車があった頃、カレーとデミソースのいいにおいで満ちていて、子どもだった私はいつかここで食事をしたいと思ってたんですが、今はとっくに廃止されてしまい夢が叶わず。。。

会社に入ってから東京出張では100系に乗ってたし、2階席のグリーン車も何度か利用したことがあったんですが、その頃の写真がどこに紛れてしまったのか?


その4へつづく

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

リニア・鉄道館に行く ~その2~ 300系新幹線

リニア・鉄道館に行く その1 エントランス&リニアからのつづき


リニアを見たあとさらに奥へ進むと、300系、100系、0系新幹線が目に入る。
Maglevrailpk21

入口に近い方から300系が並んでますが、歴史の順番からいけば0系側から見たいかも。
Maglevrailpk22

300系の先頭車が2両展示されてますが、ひとつは量産車のJ21編成。
Maglevrailpk23

もうひとつは300系量産先行試作車、J1編成。
Maglevrailpk24

300系は量産車と試作車との違いが、外観からわかりやすい。
Maglevrailpk25
↑はJ21編成。

↓はJ1編成。
Maglevrailpk26
連結器カバーとスカートのラインや、運転席窓ガラス上の取っ手の取り付け方向などの違いがありますが、一番わかりやすいのは、前面ライトカバーの形状。

量産車の前面ライトカバーは角に丸みがあって、連結器カバー側が斜めになってますが・・・
Maglevrailpk27

量産試作車は四隅が角ばっていて、連結器カバーに沿ったライン。
Maglevrailpk28

さらに量産試作車には、台車近くの側面が膨らんでますが・・・
Maglevrailpk29

量産車にはこの膨らみがなく滑らかになってます。
Maglevrailpk30
運転台の窓ガラスの形状も違うんですが、写真に納めるのを忘れてしまった(>_<)

客用の乗降扉も量産車は引き戸ですが・・・
Maglevrailpk31

量産試作車は、ドアと車体との段差がないプレスドア。
Maglevrailpk32

J21編成の台車には、700系と同じダンパーが装着されてる。
Maglevrailpk33

J1編成では蛇腹状のダンパー。
Maglevrailpk34

実は300系の座席の開発に私も少しばかり携わったので、思い入れも強い。
Maglevrailpk39
従来の新幹線では国鉄の規定で、シートはナイロンとウールの混紡で最低目付重量が『普通車で600g/m2以上』と決められており、100系では目付700g/m2の生地が使われていて、座席1席あたり29kgでした。

しかし300系では、軽量化のために難燃性や耐磨耗性などの性能基準を満たせばシート素材の制約がなくなり、目付も逆に最高重量が『普通車で450g/m2以下』と決められ、座席1席あたり12kgになりました。

1席あたり17kg軽量化すると、編成全体で普通車だけで1,100席余りあるので、それだけで18t軽量化になるのです。

軽量化のため当初は難燃ポリエステルのモケット生地が使われていましたが、ポリエステルは熱で溶融するので、喫煙車のシートがタバコの火で穴が開くという問題が頻発することに。

その後、急遽熱で溶融せずに炭化する素材に変更されたので、このJ1編成のシート地と量産車中期以降の生地は違ってたり。

この素材変更にあたり、それこそ何百種類の生地を作ったことか。

そんな思い入れのある300系が引退して久しいですが、ここで展示されているのを見ると、ついうれしくなってしまったり(笑)


その3へつづく

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

リニア・鉄道館に行く ~その1~ エントランス&リニア

去年オープンした、JR東海の『リニア・鉄道館』。

やはり鉄分が多い私にとって、見ておかなくてはならないスポットのひとつ。

と、いう訳で行ってみました。
Maglevrailpk01

期待満々で行ったんですが、期待を上回る内容で大満足♪
Maglevrailpk02
備忘録としてまとめたいので、リニア・鉄道館シリーズは今日からしばらく続きます(笑)

大人1,000円のチケットを買って中に入ると、まずは日本が誇る高速鉄道の代表3車種がお出迎え。

まずはC62蒸気機関車。
Maglevrailpk03
C62はD52を改造して造られた旅客用機関車で、この17号機は1954年に狭軌蒸気機関車の最高速度、時速129kmを出した機関車。

その隣には新幹線。
試験車両の955系。
Maglevrailpk04
側面に300Xと書かれてる通り、300系に続く新幹線の技術開発のために造られた試験用の車輌。
1996年に鉄路の国内最高速、時速443kmを出した。

ちなみに編成記号はA0編成。
Maglevrailpk05

最後はやはりリニア。
山梨実験線で走行試験をしていたMLX01-1。
Maglevrailpk06
Maglevrailpk07

試験用車輌とはいえ客室も備えており、乗降扉が上にスライドする。
Maglevrailpk08
現実離れしたロジックに萌える(笑)
これで駆け込み乗車したら、まさにギロチン!

展示のためか、客室の座席は半列撤去されている。
Maglevrailpk09
座席は700系をベースに在来線用のモケットみたいな組み合わせ。

リニアは山梨実験線で技術開発が進められており、実用化に向けようやく工事が進められたところですが、実は30年前、私は宮崎実験線でリニアを見学したことがあるんです。

その頃から30年掛かってようやく超伝導リニアが実用化の目処が立ったとは、どれだけすごい技術なんでしょう。

家で古い写真を探したら、30年前に宮崎実験線で撮った写真が出てきたので、改めてアップします。


その2へつづく

| | コメント (0)

2012年8月11日 (土)

ドアロックアクチュエーターの動作不良モーターを分解してみた

CF6アコードワゴンのドアロックアクチュエーターが右リア、左リアと不調になり、交換した部品をバラしてみたところ、原因はどうもモーターそのものにあるようです。(記事

そこで、モーターを分解してみることに。

ドアロックアクチュエーターから取り出した作動用のモーター。
Acdwlrdra15

小型モーターの世界トップメーカー、天下のマブチモーター製。
Acdwlrdra17

ハウジングに刻まれた品番、YV259Y16をググってもヒットせず。
Acdwlrdra16

ハウジングからエンドキャップを外してみた。
Acdwlrdra18

き、きたない・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

この真っ黒なカスをみて、容易に想像がつく。

ブラシが磨耗してなくなってるということが。
Acdwlrdra19

コイル側のシャフトにも、ブラシの磨耗カスがたくさん付着。
Acdwlrdra20
とりあえずカスをすべて掃除。

ブレーキクリーナーのような低沸点溶剤を使ってやろうかと思ったんですが、油分もいっしょに落としちゃうのもマズいので、とりあえず古い歯ブラシで落とせる分だけ。

ブラシ側も掃除。
Acdwlrdra21

ブラシの部分を外してみる。
Acdwlrdra22
ブラシは端子との固定部分を除いて、ほとんど磨耗してなくなってる。

これはもう単純に、ブラシの磨耗が原因だろう。

そこで、たまたま手もとにあった(笑)模型用のマブチモーターをバラしてみる。
Acdwlrdra21_2
あわよくば、ここからブラシを移植できればモーター代の百数十円で修理できるかも?!

ハウジングからエンドキャップを外してみると・・・
Acdwlrdra22_2

ブラシが違う!orz
Acdwlrdra23
これは電極とブラシが一体になった銅製ブラシ。

パッと見、これをそのまま移植してもダメだろう。

という訳で、とりあえず手もとにあったモーターからの移植は諦める。

ネットで調べたら、どうやら『FC-280PC』という品番のモーターがオクに出品されていて、これを使えばほとんどの車種に使えるみたい。

ただ、シャフトが車種によってことなる場合があるので、その場合はひと加工必要かも。

CF6の場合はそのままでも使えそうですが、次に不調になった時に考えることにしよう。

リアドア2枚ともイカれたので、たぶんフロントが不調になるのも時間の問題かと・・・

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

アコードワゴンのドアロック修理 2回目

またアコードワゴンのドアロックが不調。

だいぶ前に、右リアのドアロックがキーレスで操作しても動かない症状が出て、ドアロックアクチュエーターを交換しました。
その時の記事


ところが!


今度は左リアのドアロックが全く同じ症状で動かなくなってしまう・・・

と、いう訳で、ディーラーで部品を注文。
アクチュエーターASSY L.リヤードア
品番: 72655-S84-A01。
Acdwlrdra01
ただ、部品代が値上げされたようで、右リアの時は5,775円でしたが、今回は確か8,000円ぐらいしたような。

「値段高くなってるやん」

と言うたら、

「古い部品ですから」

と一蹴されてしまった・・・

部品自体は右リアと対称になってるだけ。
Acdwlrdra02
Acdwlrdra03

右リアを交換したときは、取り外した古いアクチュエーターを分解して中身を見ましたが、新品の正常品を見てなかったのでどこが悪いのかがわからなかった。

そこで今回、交換する前に良品の中身を見てみることに。
Acdwlrdra04

問題のモーター。
Acdwlrdra05

動作不良品をバラしたらウォームのシャフトが抜けましたが、新品でも同じように抜けるので、これが不良の原因ではないみたい。
Acdwlrdra06

部品を元通りに組んで、交換します。
左リアの内装を外すと・・
Acdwlrdra07

アクチュエーターが見えるので、ピンロッドと配線、ビス2本を外すと交換できる。
Acdwlrdra08

取り外した古いアクチュエーター。
Acdwlrdra09

同じようにバラしてみる。
Acdwlrdra10

ウォームのシャフトを抜いてモーターだけにしてみる。
Acdwlrdra11

モーターだけにしたら再び配線しドアロックを作動させてみると、一応モーターは回ってる。
Acdwlrdra12

そこでもう一度組んで配線し作動させてみると、モーターは回らない。
Acdwlrdra13

ウォームホイールが悪いのかとバラしてみたけど、特に問題はなさそう。
Acdwlrdra14

よく観察すると、モーター単独では回るけどウォームギアに組んでしまうと回らない、というか、回ろうと頑張ってるけど力が足りてないみたいな動き。

モーターのトルクが落ちてるのか?

これはモーターをバラして見てみよう!

次回へつづく

| | コメント (4)

2012年8月 9日 (木)

牛骨ラーメンだけでなく坦々麺もウマい! ラーメン『まこと屋』@大阪・箕面

久しぶりに牛骨ラーメンが食べたくなり、足を運んだラーメン屋、『まこと屋』。
Maktyrm11

目当てはこの店の名物、牛骨ラーメン。
そして、もうひとつの名物が黄金チャーハン。

そんで、この二つがいっしょになった定食が黄金チャーハン定食。830円也。
Maktyrm12

牛骨ラーメン、細麺、麺かため、ねぎ多め。
Maktyrm13
とんこつみたいな臭みはなく、見た目よりもあっさりめ。
それでいてしっかりコクがあって、他にはない味。

やはり牛骨スープには細麺が合いますが、もうちょっと太いストレート麺も選べます。

黄金チャーハンも、タマゴとご飯がしっかり絡み一粒一粒がパラパラとしておいしい。
Maktyrm17
黄金チャーハンだけを食べに来る人もいるくらい。
このチャーハンを作るには、鍋振りの試験をパスになければならないとか。


店内のPOPを見ると、期間限定で台湾黒ゴマ坦々麺が390円になってる!
Maktyrm15

という訳で、頼んでみた。但し、ネギ抜き。
Maktyrm16
ほど程よい辛さでゴマのスープとよくマッチしておいしい。
「ちょっと辛いな~」と言いつつも、スープを飲む手が止まらない感じ。

坦々麺でも麺が選べますが、こちらは透明感のあるストレート麺が合う。

390円なのは8/19までなのでお早めに!



ラーメン まこと屋 箕面牧落店
箕面市牧落1-8-2
営業時間: 11:00~0:00 (無休)
TEL: 072-723-2870

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

iPhone4S 3キャリア並べてみた

私は今、普通のケータイ、いわゆるガラケーと、香港で調達したiPhone4Sにb-mobileのSIMを挿して使ってます。

姪っ子二人がそれぞれsoftbankとauの国内版iPhone4Sを使っており、これで国内3キャリアのiPhone4Sが揃ったので、面白がって並べてみた(笑)
Iphone4s3cur
私の黒いiPhoneはデータ通信専用SIMなので、アンテナ強度の表示がされてません。

通信速度を比べてみたところ、体感的にはdocomoだから速いとかsoftbankだから遅いということはありませんが、通信可能エリアはやっぱりdocomoに軍配が上がるかな。

高速道路で田舎を走ってるときとか、新幹線のトンネルの中の安定さはdocomoが一番いい。

ただ、b-mobileのデータ通信SIMでも電波強度を表示してくれないと、電波が通じてるのか通じてないのかがわからない。

実際に接続していつまで経ってもつながらなくてわかる、みたいな。

ま、ケータイ(docomo)の方をみたら、アンテナ表示されてるけどね。

今のところb-mobileで特に不満はありません。
ちょっと遅いかな、と思うことはあるにせよ、こんなもんかなと諦めてます(笑)

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

お手軽においしい回転寿司を召し上がれ! 『北海道』@千里中央

北海道へ行ってきた!

と言っても北の大地ではなく、大阪は千里中央、セルシー6階にある北海道の郷土料理の店。

その名もずばり、『北海道』。
Hokkaidosenc01
この店は居酒屋、焼肉、回転寿司に分かれてますが、今回は回転寿司へ。

1皿157円均一とリーズナブルではありますが、ネタはどれもウマい!

3貫500円のスペシャルセットもある。
Hokkaidosenc02

回転寿司とは言うものの、コンベアーにはほとんど寿司は回っておらず、テーブルにあるタブレットで注文したら作ってくれる。

同じネタを複数頼むと1皿ごとではなく、ゲタに乗ってまとめて出てくる。

子どもらがまぐろを5皿頼んだら、大きなゲタに10貫乗ってきた。
Hokkaidosenc03
そこで、私が大盛りわさびを2貫仕込み、子どもらが順番に食べていくことに(笑)

結果、1勝1敗でどちらも1個ずつ当たりよった!

最後に私が大盛りわさびを食べてみたところ・・・



びぇぇぇ~ ヾ(;´Д`A



そんなこともできる、楽しい回転寿司です。



北海道 千里中央店
大阪府豊中市新千里東町1-5-2
営業時間: 11:00~23:00(平日15:00~16:00休み、回転寿司は22:00まで)
TEL: 06-6155-0320

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

さすが駅弁、冷めてもうまい! 『あなごめし』@JR広島駅

始発の新幹線で広島へ出張して、午前中仕事の後お昼を食べる間もなく再び新幹線に飛び乗らなければならなくなった時に広島駅の売店で買った駅弁、『あなごめし』。
Anagmeshrsm01
あわよくば宮島口の『うえの』であなごめしを食って帰ろうと思ってたんですが、時間の都合でそれも叶わなかったので、せめて駅弁であなごめしを喰らうことに。

あなごが二本乗っかって1,050円也。
Anagmeshrsm02
さすがに駅弁ではほっくほくという訳にはいきませんが、冷めてから食べるのが前提の駅弁だけあって硬くならないように蒸してある感じ。

そのおかげであなごの柔らかな食感はそのまま。

お笑い好きな我が家では、このあなごを見るとつい言うてしまう。



商品番号1230 蒸しあなご
© 千鳥)
Chidori11_2
(引用元:http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=098



そんでもって、弁当と一緒に入ってるのが高菜と骨せんべい。
Anagmeshrsm03
カリッカリの骨せんべいはそのままでもおやつ感覚で食べられますが、塩をかけてビールのアテにして食べたいな!

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

今年も豊中まつりでポン菓子をする

今年もやってきました、豊中まつり。

日中は暑いので、日が暮れてから人出が増えてくる。
12080401

豊中まつりにポン菓子を出店して、今年で7回目。
12080405
平成17年度のPTA会長たちが中心になって買ったポン菓子機ですが、だんだんとくたびれ感も否めない。

たまに爆発の衝撃で網が飛んでってしまうことも(^_^;)


ポン菓子はもちろんウマいのですが、他にもおいしいお店がずらり。

今回特にハマったのが、沖縄ホルモン。
12080402
噛みごたえ満点のホルモンは脂が乗っててビールが進む!
思わず2舟頼んじゃったよ。

豊中まつりでイチオシなのが、これ。
12080403
うっふぷりんの マンゴーぷりん!

凍ってたやつがシャリシャリいわない程度に溶けかかった頃がいちばんウマい!
12080404
マンゴーの甘味と酸味がコラボして、絶妙な味わい。

ぷりんと言うけれど、シャーベットの要素も少し混ざってるみたいな。

私は毎年これを買って帰ります。

今年の豊中まつりは他用もあって少ししか出てませんでしたが、やっぱりまつりの雰囲気に混ざると楽しいですね!

| | コメント (2)

2012年8月 4日 (土)

『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』を見に行く

仮面ライダーシリーズも毎年夏と冬に劇場版をするのが恒例になってしまいましたが、今日封切りになった『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』を見に行ってきた。

今回もまたパンフが通常版(左)とDVD付(右)があり、両方買わなあかん。
12080431
しかもDVD付は値上げされてるし!

夏の劇場版ではスーパー戦隊と同時上映なので、反対側はゴーバスターズ。
12080432
ゴーバスターズを見てると、『パワーレンジャーS.P.D.』みたいにアメリカ輸出も考えてあるなーというのが、すごく伝わってくる。




以下、少しばかりネタを書くのでご注意。



仮面ライダーはディケイド以降昔のヒーローを出してきて、当時子どもだったおやじたちのハートをわしづかみにしてますが、今回のおやじホイホイアイテムは、宇宙鉄人キョーダイン

私は当時キョーダインが大好きで、友だちとキョーダインごっこなんかもして遊んでたので楽しみにしてたんですが、この映画で出て来たキョーダインはこんなん↓
12080433

えー これキョーダインと違う! (。>0<。)

と声を大にして言いたいところ、どうも現代風にデザインしなおしたらしい。

えー 前にキカイダーとか怪傑ズバットとかはそのまま出てきたやんかー

特に自分が好きだったキョーダインの見た目が変わっちゃって残念と思ったら、さらに残念なことが!

キョーダインは名前の通り兄弟なヒーローで、赤い方が兄貴のスカイゼル、青い方が弟のグランゼル。

当然、キョーダインごっこをするときは誰がスカイゼルになるかでもめる訳ですが、この映画では青い方が兄貴のグランダインで、赤い方はのスカイダインなんだとか。

いもうとはないやろ~

そんなんしたら、歌が合わへんで!

とーべとべー いもうとー スカイーダインー♪
はーしれー あーにーきー グラーンーダインー♪


原曲はこちら。


やっぱりキョーダインは↓これやっちゅーねん!
12080436_2

ん、もしかして、フォーゼがスカイゼルにそっくりだということを気づかせないためにデザインが変わったのか?!

キィーダインが悪役なのも、ちょっといじりすぎかなー


それともうひとつ、私が大好きだったヒーローが出てる!
12080434
要塞兵器エックスブイツー

はじめは全然わからなかったけど、映画を見てるうちに自我を持ったコンピューターとか、封印を解くとかのキーワードが出てきて、ついに『ワンセブンフォーメーション』と言って折り曲げたひざを伸ばしながら巨大ロボットへ変形するのを見て、

あっ、これ大鉄人17(ワンセブン)やん!


とわかった次第。

17をローマ数字でⅩⅦとなるからエックスブイツーなんか。

下半身のシルエットはワンセブンっぽいけど、でもやっぱりワンセブンじゃない・・・

やっぱり大鉄人17(ワンセブン)は↓これやんか!
12080437

子どもの頃あまりおもちゃを買ってもらえなかった私ですが、大鉄人17の超合金は持ってた!

もちろん、すでにその超合金は私の手もとにはありませんが、ネットで変形してる様子がよくわかる画像をひろってきた↓
12080438
ひざを折り曲げて腕先は腹部に収納された要塞ワンセブンから、足を伸ばし立ち上がって腕を出せば、巨大ロボット形態の戦闘ワンセブンに変形。

その変形ロジックたるや、後のサイコガンダムにもインスパイアされたとかされてないとか?

ただ、ロボット形態から折りたたんで要塞モードにするときに膝を折り曲げる必要がありますが、これが結構硬く、力をかけて「カクン!」と膝が曲がったと思った瞬間、手の肉を挟んでしまうという仕掛け。

当時、この超合金を持ってた子どもの95%以上は身を挟んだ経験があるはず!

今なら絶対に問題になってるぞ、これ。

また、ロボットへの変形の最後、頭部を上にスライドさせたら眼が出てきて変形が完了するのですが、この頭部のスライドが徐々に緩んできて、ついに眼を出しても頭が自然落下して眼が閉じてしまい、一向に変形が完了しないというイライラに悩まされたりも。


おっと、話が映画じゃなくなってしまいましたが、映画の度に買ってるクリアファイルも今回も当然のように買ってます。
12080435


まあ、いろいろと個人的には古い想いを呼びこすのにおもしろい映画でした。

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

クロレラが入った翡翠麺を使ったつけ麺 『天風堂』@千里中央

大阪モノレール千里中央駅からせんちゅうパルへ入ったところにあるラーメン屋、『天風堂』。
Tenpudorm01

ここのつけ麺は緑色の”翡翠面”が特徴。800円也。
Tenpudorm02
つけダレは、ごまダレとしょうゆダレが選べる。

ごまダレはごまの風味が強めのこってり系、しょうゆダレは魚介系の風味とゆずの香りがしたあっさり系。

私はゴマタレをチョイス。

この緑色の翡翠麺は、麺にクロレラが入ってるんだとか。
Tenpudorm03
ほのかにクロレラっぽい風味がするかな?
無料で麺大盛もできるので、十分食べ応えアリ。

ただ、厨房から食器の音がガチャガチャしたり、店頭では大きめの音楽が流れてたりしてやや騒がしいのが残念かな。



天風堂
大阪府豊中市新千里東町1-3 せんちゅうパル2F
アクセス: 大阪モノレール千里中央駅改札を出て、せんちゅうパル方向へ徒歩1分。
営業時間: 11:00~22:30(定休なし)
TEL: 06-6834-2220

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

抹茶をふんだんに使ったもみじまんじゅう 駿河園の 『抹茶もみじ饅頭』

ネット通販で大人気、駿河園の抹茶スイーツ。

以前注文した抹茶バターケーキは1ヶ月待ちでした(記事)。

そんな駿河園が、これまた抹茶をふんだんに使ったもみじまんじゅうを作りました。

駿河園謹製、抹茶もみじ饅頭。
Momjmnjmcha01
8個入り1,150円也。
JR広島駅のキヨスクで売ってました。

もみじまんじゅうにしては若干高めだけあって、個別包装も豪華。
Momjmnjmcha02
お茶請けに出しても大丈夫。

見た目は少し焼き色が濃い感じですが、中をあけてビックリ!
Momjmnjmcha03

抹茶のもみじまんじゅうといえば、普通はあんの部分が抹茶あんですが、なんとこれは生地の方に抹茶が使われていて、断面が緑色!
Momjmnjmcha04
思わず 「そっちが抹茶?!」 と言うてしまう。

もちろん味も抹茶の風味が口いっぱいに広がり、むしろあんの方が控えめな感じ。

なんか逆転の発想、コロンブスの卵的な抹茶の使い方に、さすが抹茶にこだわってるだけあるな、と思った次第。

駿河園が作ったらもみじまんじゅうもこうなる訳ですな!



抹茶スイーツの茶の環 駿河園のホームページ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/cha-no-wa/

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

在来線と新幹線を乗り継いで名古屋へ出張

今日は名古屋へ出張。

名古屋へ出張する度につい考えてしまうのが・・・

どうやって行って、どうやって帰ろうか

ということ(^^)

普通、仕事で行くんだったら新幹線に乗るのが一般的ですが、乗り鉄な私にはいかに楽しく移動するかというのも、出張先での仕事以上に重要なのです!(笑)

ちょうど今は青春18きっぷの期間中なので、また18きっぷで在来線紀行でもしようかと考えましたが、特に夏休みは18キッパーが大量発生するし、今のところ残った4回分を使うアテもないのでパス。

いろいろと考え、結局こんなルートで行くことに。

新大阪-[東海道線]→ 京都 -[新幹線] → 米原 -[東海道線] → 名古屋

新大阪から京都まで在来線、京都から米原まで新幹線、米原からはまたまた在来線という、鉄分が多くなければまずやらない新在折衷ルート。

基本は在来線で行くけど、京都から米原までは新幹線でワープする、みたいな。

今日のスケジュールは、まず朝一で会議があって、それから会社を出て新大阪駅に立てるのが10:45頃。
それから13時過ぎまでに名古屋に着いていなければならない。

新幹線で行けば何の問題もないスケジュールですが、この限られた移動時間を目一杯使って、できるだけ安く済ませる方法を考えてみました。

全て在来線で行くとなると、10:45以降に新大阪を出発するのは11:05発の新快速で、米原到着が12:23。

米原を12:30に発ち大垣着13:02。
13:11発の新快速に乗り換えて名古屋着が13:43となるので、今回は在来線で行くのは無理。

では、どこかで新幹線ワープを使うことになりますが、岐阜羽島では在来線に乗り換えができないので×。

新大阪から京都までワープするとなると、10:50発のぞみ224号で京都着が11:05。

ところが、米原へ行く新快速は京都を11:00に出発しており、次の米原へ行ける新快速は11:30発。

ところが、これに乗ってしまうと在来線onlyで行くのと同じ列車になってしまうので×。

京都から米原へワープする方法だと、10:49に新大阪を発って13:13に名古屋に着ける。

これだとなんとかその後のスケジュールも大丈夫。


まずは新大阪で乗車券を買います。
新大阪から名古屋まで3,260円。
12080101

実はこの切符、少し変わった券面表示になっとります。

新大阪~名古屋では、特に指定してなくても新幹線と東海道線のどちらでも乗ることができるんですが、あえて京都-米原間を新幹線経由で指定。

すると、経由が

東海道・京都・新幹線・米原・東海道


となります。

在来線だけで行く乗車券では、経由は 東海道 とだけ印字されます。

そして、新幹線経由なので、乗車券と書かれた後ろに新幹線を表す (幹) の文字が入る。

乗車券 の文字の下の 『 ・ ・ ・ ・ ■■■■ ・ ・ ・ ・ 』は、単なる模様ではなくて、新幹線か在来線かを示す記号になってます。

左の4つは東京~熱海間、真ん中の4つが米原~新大阪間、右4つが新下関~博多間で枠が決められていて、■■■■だと新幹線、□□□□だと在来線、・ ・ ・ ・ は該当区間なしという意味。

これが全て在来線だったら『 ・ ・ ・ ・ □□□□ ・ ・ ・ ・ 』に、新大阪から東京までの新幹線の乗車券では、『 ■■■■■■■■ ・ ・ ・ ・ 』になります。

これは新幹線と在来線で会社が異なる区間で、どちらの路線を選んだかがわかるようになってるらしい。

さらに、切符の下の方に『新大阪MV43発行』とありますが、もしみどりの窓口で駅係員から買えば MV のところが MR になります。

MVというのは客が自分で操作して発券するタイプの券売機のことで、この乗車券は私が自分でこのような経路を指定する操作をして発券した切符ということになります。


かなりマニアックな話になってしまいましたが、新大阪駅の東海道線ホーム。
12080102

ここでいきなり新快速が遅れているという・・・orz
12080103
幸い、遅れは5分ほどだったので、以降の乗り継ぎには影響せず。
10:54に新大阪を発車。

11:16京都に到着。
12080104
京都に着く頃には3分遅れにまで回復。

ここで新幹線に乗り換え。

京都駅の新幹線乗り換え口で米原までのワープ券、もとい、特急券を買う。
12080106
この特急券、『新幹線特定特急券』となってますが、これが意味アリ。

新幹線では、新幹線の隣駅まで自由席に乗る場合、特急料金が特別に安くなるという制度があり、京都~米原間は指定席だと2,190円(通常期)ですが自由席なら950円に。

この特別安い新幹線自由席特急券が特定特急券

特定特急券はなかなかオトクで、例えば京都~米原間は在来線特急の自由席でも1,150円するので、在来線よりも安く新幹線に乗れてしまう。

さらに、新大阪~米原間の自由席特急料金は2,410円ですが、新大阪~京都、京都~米原の特定特急券を組み合わせると1,790円なので、620円も安くなる。


そんでもって新幹線ホームへ。
12080108

11:29発 ひかり518号。
12080107

700系C32編成。
12080109

夏休みなので行楽客も多いけど、なんとか席を確保。
12080110

ではいよいよ、ワープ!
12080121_2

あっという間に米原駅に到着!
12080111
さすがワープ代950円を払っただけあるぜ!

乗車券には新幹線改札の入場と出場の記録が押されてる。
12080115

再び在来線ホーム。
12080112

11:59発の大垣行き。
12080113

米原-大垣間は関西エリアの新快速と東海エリアの新快速区間に挟まれた、本数が少なく編成も短いという鈍行旅行する上でボトルネックとなる区間。

ヘタすりゃ2両編成ですし詰めということもある区間ですが、今日は4両編成で運行されてた。
12080114
おかげで無事席を確保。

12:32 大垣着。
12080116

ここで駆け足で誇線橋を渡り、12:41発の新快速に乗り換え。
12080117
ぎりぎり席を確保できた。

大垣を出ると寝入ってしまい、気が着いたら名古屋の手前。

13:13 名古屋に到着。
12080118

乗車券3.260円+新幹線特定特急券950円の4,210円で名古屋へ。

でも今日のこのパターン、950円出した割には在来線onlyよりも30分しか短縮できていないので、費用対効果で言えば実は非効率。

今回のように、駅に行ける時間と着かなければならない時間が決まってるので成り立つ話で、4,210円も出すんだったら、いっそ新幹線に乗った方が良かったり。

ま、乗り継ぎを楽しむってのも入ってるということで!


実は帰りは久しぶりに高速バスに乗ろうかと思ってたんですが、仕事のあと取引先の方から夕食に誘われたのでご馳走になることに。

従って、帰りは新幹線。

名古屋駅まで送ってもらう道中、携帯で座席を確保。
12080120

1本前の広島行きに乗れたんですが、少々飲んでるので寝過ごさないように新大阪行きに!
12080119

N700系 N14編成。
12080122
結局、新幹線ではほとんど寝ることなく、新大阪に着いちゃいました(^_^;

やっぱ新幹線は速いわ!

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »