« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

オモロー山下のうどん屋 『山下本気うどん』@東京・目黒

元・ジャリズムの元・世界のナベアツ、現・桂三度の元・相方、元・山下しげのり、現・オモロー山下のうどん屋に行ってみた。
(コンビとも芸名の変遷が激しいのでこういう表現になった)

JR目黒駅から徒歩5分ぐらいのところにある、山下本気うどん
Yasthnkudn01
オモロー山下が香川県高松出身だけあって、讃岐うどんの店。

店に入ると、店主オモロー山下が一人で切り盛りしてた。

店内はカウンターとテーブル席があり、うどん屋にしては広い。
Yasthnkudn02
讃岐うどん屋ではありますが、セルフじゃない。

今回のオーダーはこれ。
鳥天うどん 780円也。
Yasthnkudn05
讃岐うどんにしてはちょっと細めでやや柔らかな食感のうどんですが、普通においしい。

麺の量は並以上はある。

つゆは讃岐っぽい甘い味わいではなく、やや塩っぽさが効いた感じ。

それでも東京の黒くて塩っ辛いダシに比べたら、ダシが効いてて透き通ってるだけでうれしい関西人な私。

ここ最近、鳥天にハマってる私ですが、サクサクの衣に柔らかく揚がったかしわ(関西弁)もいい。

セルフじゃない讃岐うどん屋は高松でもそこそこの値段は取られますが、ここ山下本気うどんはかけうどんが480円。

麺が多めで東京ってことを差し引いてもちょっと高いかな?という感じはあるけど、ま、こんなもんかな。

店内には、吉本興業100周年の記念写真が飾ってあった。
Yasthnkudn03

重鎮から若手まで吉本芸人が集まった写真は、お笑い好きな関西人にとってはすごく貴重で、しばらく見入ってしもた(^_^;
Yasthnkudn04

素なテンションの店主でしたが、会計の時に「おいしかったです」と言うと、ニッコリ笑って「ありがとうございますっ!」とテンション上げてくれました(笑)



さぬき麺 山下本気うどん
東京都品川区上大崎3-9-14
TOビルB1
営業時間: 平日11:30~14:30、17:30~24:00、土曜11:30~24:00、日曜11:30~23:00(月曜定休)
TEL: 03-3449-9234

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

東京モーターショーに行ってきた

仕事のあと、今開催中の東京モーターショーへ行ってきた。

新橋からゆりかもめに乗ろうとしたら、新橋駅の入口で東京モーターショーの入場券が売られてる。

そんなに並んでないし、現地へ行ってすっと入れた方がいいので、あらかじめここで買うことに。
Tms201301

そこで、往復ゆりかもめに乗るんだったら、入場券(1,500円)とゆりかもめ1日乗車券(500円)のセットを勧められ、2,000円でセット券を購入。
Tms201302
ホントに1日券の方が得なのか、どの程度得なのかを券売機の料金表でチェックしたところ、新橋~国際展示場正門まで片道370円。

往復740円なので、なかなかの割引率。

東京ビッグサイトへ行くと入場券を買う行列が結構出来ており、前もって買っといてヨカッタ。
Tms201310

一通り見て回ったんですが、まあこのブログでつらつらと写真を張り付けても仕方がないのでそれは他のサイトにおまかせするとして、このブログの本来の目的である私自身の備忘録程度に写真をアップします。

ホンダのNSXコンセプト。
Tms201303
次期NSXとして発売される予定。
実は今、仕事でこのクルマに関わっているので見たかった。

BMWの電気自動車、i3。
Tms201308
2014年に市販される予定のi3ですが、このクルマの特徴のひとつに、アルミのシャシーに炭素繊維複合材のフレームを乗せた車体構造がある。

その車体骨格のモデルも展示。
Tms201309
このクルマにも仕事で関わっているので、じっくり見させていただいた。

個人的にいつかは乗りたいAudi RS6。
Tms201304
ステーションワゴンでありながら、500馬力オーバーの実力を持つモンスターなワゴン。

このクルマに乗れるよう、これからも仕事ガンバロ!

カワサキのブースに展示されていた、電動三輪バイク「J」。
Tms201305
前輪2本、後輪1本の特異なバイク。

このタイヤどうやって回るの?とか、ハンドルどこ?などなど疑問に思うとところは多々ありますが、タイヤの数と並んで特徴なのが変形すること。
Tms201306
まるで、近未来を描いたアニメに出てきそうなロングホイールベースのバイクですが、なんと変形してホイールベースが縮まるんだとか。スゴ!

日産のIDx。
Tms201307
510ブルーバードか、はたまたアメ車にも似たスタイルのコンセプトカーですが、これ、市販したら欲しいかも。

あとは、ディーラーでクルマを比較検討するような感覚で見て回ってました。

それにしても平日でも人は多いし、歩き回って疲れたよ。

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

東京からの帰りは新幹線

今回の東京出張、行きは飛行機で飛びましたが、帰りは新幹線で地べたを走ることに。

東京発新大阪行き定期ひかりの最終、ひかり533号。
13112702

だんだん生存数が減りつつある700系、C42編成。
13112703

700系なのはわかってたので、IC早特でグリーンの最後列を予約。
13112701
C42編成は壁に電源があるので、無事確保。

N700系のクレイドルシートに慣れちゃうと、700系のシートは座り心地がイマイチに感じてしまう。
13112704

今回は、いつもの魚がし日本一で特上にぎりを買おうとしたら、うにが売り切れてしまったので上にぎりに。
その代わりと言うのもナンですが、アテを一品追加(^_^;
13112706

さっと食ってさっと寝るつもりでしたが、寝たり起きたりを繰り返しながら、結局30分ほどしか寝られず。

しゃーないんでぼんやり外の様子をうかがうと、どうもいつもよりスピードが出ていない。

速度計アプリで測ると、直線区間でも170km/hしか出してなかったり、速くなったと思ったら220km/h止まりとか。

比較的飛ばせる米原~京都間でも、255km/hぐらいまで。
13112705

後続ののぞみにうまく抜いてもらうために調整してるんだとは思うけど、このひかり533号は東京~新大阪間を3時間16分掛かる鈍足な奴。

通過駅より停車駅の方が多い「ひだま」の呼び名を持つひかり529号でも、停車駅はひかり533号より1つ多いのに所要時間は3時間10分。

ひかり533号の1本前、ひかり531号は停車駅が1駅少ないだけで所要時間は3時間を切り2時間53分。

そら、体感で「遅い!」ってわかるくらいだわさ。

ま、帰って寝るだけだからそれでもいいけどね。

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

成田山新勝寺へ参拝

仕事前に1時間ほど時間が空いたので、成田山の大本山、成田山新勝寺へお参りすることに。

JR成田駅を出て、駅前のロータリーをぐるっと歩くと、

←成田山近道

と、書かれた目立つ看板がある。
Nrtsnsnsj01

しかし、この看板が差す道の手前にも細い道があって、ホントに看板の方が近道なのかちょっと疑ってみる。
Nrtsnsnsj02

ははぁ~ん、これは参道で商売してる店が客を呼ぶために立てたんじゃないんかい?

これは実際に歩いてみて確かめてミタロ!

まずは看板が示す道を歩いてみる。

沿道には参拝客をあてこんだ店がずらり、と思ったら、全然それらしい店がない。
Nrtsnsnsj03
普通の民家の間に昭和の雰囲気のスナックがポツポツとある感じ。

ちょっと広い表参道に出ると、ようやく両側に商店がずらり。
Nrtsnsnsj04
せんべいなどのお菓子屋とか、民芸品屋とか、うなぎ屋とか。

でも、この表参道へは成田駅から看板じゃない方の道を通っても出てくる。

成田駅から10分ちょっと歩いて、成田山新勝寺の総門へ。
Nrtsnsnsj05

総門をくぐると、急な石階段の上に仁王門が見える。
Nrtsnsnsj06

「魚がし」と書かれた大提灯をくぐり、さらに石階段を登ると・・・
Nrtsnsnsj07

広場の先に大本堂。
Nrtsnsnsj08
雲ひとつない青空によく映える大本堂。
この透き通った空は、これは仕事がうまくいく暗示かも?!

大本堂のそばには三重塔。
Nrtsnsnsj09
ここからさらに奥へ進んで平和の大塔まで行こうかと思ったけど、そこまで行っちゃうと時間がヤバそうだったので断念。

ここで成田駅へ戻ることに。

再び表参道を戻り、薬師堂バス停の近くから細い路地へ入ってみる。
Nrtsnsnsj10

民家の軒先をかすめるように歩いていく。
Nrtsnsnsj11
見ず知らずの観光客が入り込んでもいいんだろうかと思うくらい。

すると、『水守不動通り』と書かれた通りに出る。
Nrtsnsnsj12

さらに進み、JRのアンダパスはくぐらずに坂を上がると、成田駅からの看板じゃない方の道へ出る。
Nrtsnsnsj13
この道を逆にたどって成田駅へ向かう。

どぎつい赤いビルまで進み、左に曲がると・・・
Nrtsnsnsj14
参道らしい店はなく、場末のスナックばっかり。

むしろ、なんでこんないスナックばかりなんだろうと思うほど。

結局、ラーメン屋が1軒あったくらいでJR成田駅に着いてしまった。

やはり、成田山近道の看板通りに行った方が良さそうだな。

最初に、

ははぁ~ん、これは参道で商売してる店が客を呼ぶために立てたんじゃないんかい?

と思ったこと、申し訳ございません!m(_ _)m

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

空から富士山がきれいに見えた

今日は東京へ出張。

気分的に飛行機に乗りたい感じだったので、空路羽田へ。
13112501
やっぱり朝はさくらラウンジが混んでましたが、オレンジジュースをいただいて、売店で買ったサンドイッチで腹ごしらえ。

今回のJAL102便はJA007D、B777-200。
13112502
かつてはJASのレインボーカラーを身にまとい、その後たまごっちジェットにもなった機体。

隣の17番スポットにはJA772J、ミッキー&ミニーが描かれたJALハピネスエクスプレスが。
13112503
うわー、こっちに乗りたかったなぁ。

ちなみにこの機体、ミッキーの前は新・嵐ジェットだった。

今日は雨上がりなせいか、雲が少なく視界良好。

中部空港セントレアとか・・・
13112504

富士山も稜線まではっきり見えた。
Mtfj131125
富士山を見るとテンションが上がるのは日本人の証かも?

伊豆半島を越えると、伊豆大島の上空へ。
13112505
土砂災害が起きたと思しきところは土の色が変わっていて、その爪跡が伺える。

房総半島を回りこんだらベルト着用サインが点灯。
13112506

羽田空港の14番スポットに入ったら、隣の15番スポットにはまたハピネスエクスプレスが!
13112507
JA8985 B777-200。
以前、怪物くんジェットにもなりました。

今日は羽田から千葉へ向かい、その後都内とみっちりスケジュールが入っておりやす。

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

叡山電鉄のパノラミックな車両 「きらら」に乗る

鞍馬山ケーブルで下山し(記事)、再び叡山電鉄で京都市内中心部へ戻ります。

まだ紅葉には少し早く、平日なこともあり観光客はまばらでしたが、鞍馬駅をよく見ると・・・
Eiztetd51

駅舎の横にロープで区切られた通路があり、ピーク時には電車に乗るためにこんだけ並ばなアカンってことですな(・_・;)
Eiztetd52

改札口は自動改札が1台だけで、改札が始まるまで乗客が並んでた。
Eiztetd53

出町柳行きの列車は、叡山電鉄が誇る900形「きらら」。
Eiztetd54

2両編成の各車両は側窓が大きく屋根の肩部もガラス張り。
乗務員室に向かって右側が側窓向きに2人掛けのシートが並んでいて、車窓を眺めるにもってこい。
Eiztetd55
反対側は、乗務員室向きに固定された一人掛けのシート。

進行方向後方の車両は常に後ろ向きになってしまう一人掛けシートですが、固定式としたおかげで背面に適度な湾曲が設けられ、リクライニングをしなくても座り心地がいい。
Eiztetd56
また、背面も膝元が前方へえぐられたようになるので、後席の足元が広い。

安易に転換クロスシートにしなかった効果が伺える。

あまりに心地よかったので車窓を楽しむ間もなく寝てしまい、気が付いたら終点出町柳駅に到着直前だったり。
Eiztetd57
これからの紅葉シーズンには、大勢の観光客でにぎわうという叡山電鉄でした。

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

鞍馬寺を参拝して鞍馬山ケーブルカーで下山

鞍馬山ケーブルカーに乗って鞍馬寺多宝塔までやって来た(記事)。

鞍馬寺へ来た目的はケーブルカーに乗ることでしたが、せっかく愛山費(参観料)を払ったので、本殿金堂までお参りすることに。

ケーブルのりばから、石畳の山道を歩く。
Krmdr32

木々がそびえ立つ林の中を歩く。
これなら天狗が出てきてもおかしくない。
Krmdr31




いや、やっぱりおかしい!




視界が開けると、ゴールへの試練とばかりに急勾配の階段が続く。

仕事の革靴で颯爽と山道を歩いてきただけに、この急階段はちょっと堪える。

しかし、そんな試練を乗り越え、うっすら汗をかく頃に本殿金堂に到着。
Krmdr33

聞くところによると、650万年前、ここ鞍馬山に金星から神が降り立ったという伝説があるらしく、山全体が山岳信仰の地とされている。

そして、本殿金堂の前には鞍馬山のパワーが最も集中するというパワースポット、『六芒星』がある。
Krmdr34

もちろんここへ立って、パワーを授かってきましたよ!
Krmdr35




パワーー!Nkymknkn_2



本殿金堂からは貴船神社へ抜けるのがハイキングの定番コースとなっているようですが、仕事帰りのリーマンのいでたちの私は、再びケーブルカーのりばへ。
Krmdr36
多宝塔駅は「多宝塔礼堂」が駅舎になっていて・・・

階段を下ると待合室と乗車口。
Krmdr37

壁には鞍馬寺の四季をパネルで展示。
Krmdr38

再び小柄の車両に乗って、下山。
Krmdr39

車両の麓側には、鞍馬山鋼索鉄道 牛若号ありがとう のメッセージとともに、かわいらしい牛若丸?が描かれている。
Krmdr40

日本で一番短いケーブルカーは、車両も小さいケーブルカーでした。

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

鞍馬山ケーブルカーに乗って鞍馬寺参拝

叡山電鉄で鞍馬駅までやって来て(記事)、ここから鞍馬寺へ向かいます。

鞍馬駅から徒歩2~3分で寺の入口につながる石段へ。
Krmdr01

階段を上がると仁王門。
Krmdr02
ここで愛山費200円を払って中に入る。

さらに階段を上がると、鞍馬山ケーブルのりばへの看板が。
Krmdr03

この普明殿の中がケーブルカーのりば。
Krmdr04
鞍馬山ケーブルは一応運賃は無料ということになってますが、諸堂維持の寄付金を100円払わなければ乗せてもらえないので、実質、運賃100円ってことに。

普明殿に入ってすぐのところで寄付金を払うと、花びらをかたどった参拝記念の片道乗車票がもらえる。
Krmdr05
鞍馬山内の諸堂や施設を維持するためにご協力いただきありがとうございました。そのお礼としてケーブルカーを片道ご利用いただきます

と書かれており、決して運賃ではないですよ!ということらしい。

裏には教訓が書かれており、寺が運営するケーブルカーっぽい。
Krmdr06

ケーブル乗車口で花びらを差し出すと、改札で乗車票が切り取られる。
Krmdr07

小型乗用車と同じくらい、車幅1m55cmの小さな車両。
Krmdr08
幅が狭い分、ゴンドラ感が強い。

麓側と山上側で勾配が変わらないのか、前につんのめってはいない。
Krmdr09

1996年製造の牛若号Ⅲ。
Krmdr11

車内は同じ間隔で階段状になっており、両側に一人掛けの座席が全席麓向きに設置。
Krmdr10

座席は脚がなく床に直付けで、階段に座いすを置いて座るみたいな。
Krmdr12

鞍馬山ケーブルは車両1両で、エレベーターのような重錘車(おもり)とのつるべ式。

途中で車両がすれ違うことはないので、麓から山上まで一直線の軌道。
Krmdr13

軌道800mmのタイヤ式で、軌道の間の溝をおもりが走る。
Krmdr15

軌道の最下部には、車両とおもりをつなげる滑車が縦に付いてる。
Krmdr14

麓の山門駅を発車。
Krmdr16

作業衣を着た女性の乗務員が乗り込む。
Krmdr17

計器類はなく、ワイパーや警笛、非常停止のスイッチ類が並ぶ。
Krmdr18

駅間約200m、高低差約90mを2分ほどかけて登っていく。
Krmdr19

山上側の多宝塔駅に到着。
Krmdr20

車番は1番ですが、1両しかないけどね。
Krmdr39

多宝塔駅の真ん前には多宝塔。
Krmdr21

鞍馬寺へ来たメインはケーブルカーでしたが、このまま帰るのもなんなんで、本殿金堂までお参りすることに。

と思ったら、勾配のキツイ石畳の山道を10分ほど歩かなければならないという。。。

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

叡山電鉄に乗って鞍馬へ行く

京都での仕事の後、鞍馬寺へ行ってみることに。

鞍馬寺といえば京都の紅葉スポットとしても有名ですが、シーズンになると大混雑することでも有名。

今回の目的は紅葉ではないので、シーズンインする前に行ってしまおう。

京都市内から鞍馬寺へのアクセスは、叡山電鉄が便利。

叡山電鉄はICカードが使えないので、出町柳から鞍馬へのきっぷを買う。
Eizdtkrm02
鞍馬からの帰路も叡山電鉄に乗るつもりなので、往復乗車券を買っておく。

出町柳~鞍馬間、片道410円、往復820円也。

単純に片道×2の値段。

ホームには、すでに鞍馬行きの電車が。
Eizdtkrm01
デオ800系810形。

2両固定編成で出町柳駅ではホーム長ギリギリ。
Eizdtkrm03

14:40 出町柳駅を出発。
Eizdtkrm04

電車は京都市内を北上していきますが、沿線は住宅地だけでなく高校や大学もありローカル色はそれほどでもないけれど、二軒茶屋を過ぎると勾配やカーブが多くなり、山岳路線の様相に。

市原駅を出ると、

「列車はこれよりもみじのトンネルを通過します」


と車内放送があり、列車は徐行。

すると、乗客たちは一斉にカメラやスマホを取り出して、車窓から見えるもみじを撮ろうとする。

しかし、まだ紅葉には早く、列車も止まっている訳ではないので窓のすぐ外の青い葉っぱを撮ろうにもうまく撮れるはずもないのに、右へ左へ前へ後ろへガチャガチャ動き回る様子を見ていると、そっちの方が面白くて撮ってしまったよ!
Eizdtkrm05

15:12 鞍馬駅に到着。
Eizdtkrm07

終着駅で閑散とする車内。
Eizdtkrm06

鞍馬駅は寺院風の木造の駅舎。
Eizdtkrm09
ハイシーズンの乗客をさばくためか、改札は入口と出口が別々になっている。

鞍馬といえば、鞍馬山の奥に住んでるといわれる鞍馬天狗。

駅前の小さな広場の脇には、巨大な天狗のオブジェも。
Eizdtkrm10
これぞまさに、天狗になる の状態。

おいオマエ、調子コイてんじゃねーぞ!

と言われたりして。

でも、その大きな鼻は鳥のフンだらけ。

ここから徒歩で鞍馬寺へ向かいます。

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

大阪から京都へ行くのに空港バスに乗る

この前、仕事へ京都へ行くことがあったんですが、つい

毎度毎度JRや阪急に乗るのも芸がないなぁ~

と、いつものクセが出てしまう。

以前、大阪駅から京都駅までローカル路線バスだけを乗り継いで行ったことがあり(記事)、この時は高速道路を通らないことを条件にしてたんですが、今回は高速道路を通ってもいいことにして、バスで京都駅まで行くことに。

そうすると候補になるのが空港バス

大阪駅から伊丹空港行きのバスに乗り、空港から京都駅まで行くという。

ところが今回は、スタート地点が大阪駅ではなかったので、伊丹空港までの行路は割愛。

伊丹空港の南ターミナルの端の端に、京都行きの空港リムジンバスのりばがある。

券売機で京都までの乗車券を購入。1,280円也。
13111501

乗車券を買ってから、ICカードが使えることに気付く。。。

伊丹空港から京都行きのバスは日中は20分間隔で出ており、時間を合わせなくてもそれほど待たずに乗れる。

発車3分前に京都行きのバスが到着。13111502
アクセントピラーが伸びてる日野・セレガ。

12:45の発車時刻寸前に、向こうの方から走ってくる客がいたので発車を待つ。

しかも、トランクルームに入れる荷物から車内に持ち込むものを取り出したりするもんだから、結局、12:47に南ターミナルを発車。

すぐに北ターミナルでも客を乗せ、12:51に出発。

あとは中国道豊中インターから高速道路へ。
13111503

吹田JCT手前で太陽の塔を撮ろうと思ったら、タイミング悪し。
13111504
名神高速も順調に進み、京都南インターから一般道へ。

13:39 京都駅に到着。
13111505

所要時間54分で運賃1,280円。

新幹線よりちょっと安い値段で、京阪電車並みの時間を掛ける。

ある意味、なんて贅沢な移動でしょう!

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

鳴門金時とりんごがベストマッチ! 8b DOLCEの『モチパイ』@大阪・北堀江

今回8b DOLCEで買ったスイーツ、ティッシュボックスに変身する8b スマイルセット記事)と同じ箱に入っているこれ。

モチパイ アップル&スイートポテト 1,575円也。
8b_mchipie01

パイ生地で鳴門金時を包んだスイートポテトで、生地にりんごのコンポートとごまが乗っかる。
8b_mchipie02
りんごの酸味とコンポートの甘さが芋のモサモサ感をなくし、軽い味わいに。

私はスイートポテトがあまりイケる口ではないんですが、これは全然大丈夫。

コーヒーと一緒に食べれば、あらおいし!


ところで、この前書いた8b スマイルセット記事)の空き箱をティッシュボックスにすると、ティッシュを引き出した時にちぎれてしまう件ですが、お店に言ってみた。

どうやら開けたてのティッシュだとうまく出ないのですが、ある程度使ったティッシュだとちぎれずにすんなり取り出せるようでした。

穴を少し楕円にしてもらえれば大丈夫じゃないかな?



8b DOLCE (エイトビー ドルチェ) 北堀江本店
大阪市西区北堀江1-4-5
アクセス: 地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅6号出口すぐ
営業時間: 10:00~22:00
TEL: 06-6533-1230

| | コメント (0)

2013年11月19日 (火)

まさにとろける食感のパン Victoireの『とろけるブリオッシュ』

近くのスーパーへ買い物に行った折、催事で売ってたパンがおいしそうだったので買ってみた。
Trklbos01

それがこれ、とろけるブリオッシュ。1袋2個入りで380円也。
Trklbos02

袋に書いてある通りにレンジで20秒温めると、ふわっふわな食感に。
Trklbos03
ただ、味がナチュラル過ぎる感があるので、個人的にはもう少し風味があった方がすきだな。



Victoire
http://www.toroburi.com/index.html

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

小学校で学習発表会

先日、次男坊の小学校で学習発表会があった。

6年生は最後の方なので出番の時間に合わせて行くつもりでしたが、児童会の役員をしてる息子が開会の挨拶をするというので発表会の最初から見に行くことに。

舞台に立って開会宣言をしてる様子をカメラに収めようとしたところ、ちょうど顔がスタンドマイクにカブってしまうという。

1年生から順番に進むので6年生までは暇かな?と思ってたら、3年生の劇が面白くて見入ってしまう。

13110001

日本むかし話を短編現代風にしたものでしたが、

鬼退治には行きたくないが犬、猿、雉に引っぱられ無理鬼胎児に連れて行かれる桃太郎

とか、

ケータイの電波が届かない月には帰るのを拒否するかぐや姫

とか、

ワシントン条約で保護されているカメの甲羅にまたがったので捕らわれてしまう浦島太郎

とか、小学校にしてはなかなか攻めた内容に、思わず笑ってもうた。


6年生は毎年合奏と合唱ですが、なんか例年以上にアッサリした内容。

え、もう終わったん?

みたいな。

これでまたひとつ、小学校の行事も終わっていくのでした。

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

門司港名物、ふぐの形のしっとりもなか 梅園の『河豚最中』@門司港レトロ

門司港レトロのお土産屋で売ってた、門司港名物、梅園の河豚最中
Mjkfgmnk01
名前の通り、ふぐを模した皮のもなか。

普通は箱で買うんですがバラでも売ってたので、試しに1コだけ買ってみた。

値段は130円+税ぐらいだったような。

コクがあってしっとりしたあんが特徴。
Mjkfgmnk02
熱いお茶が欲しくなる深い味わい。

もちろん、歯にはねっとりくっつくけどね。

和菓子工芸展で農林大臣賞を受賞してるんだとか。

どおりで上品な味わいなんだな。



梅園 門司港レトロ店
北九州市門司区港町5-1
門司港レトロ海峡プラザ西館1F お土産ブース内
営業時間: 10:00~20:00(定休なし)
TEL: 093-322-3020

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

門司港レトロカーミーティングを見る

門司港レトロで焼きカレーを食べたあと(記事)、なにやらイベントをやってることに気が付いた!

行ってみると、そこには旧車がずらり!

毎年10月に開催される門司港レトロカーミーティングをやってるところに、たまたま遭遇。

ちょうど一緒にいた21世紀生まれの次男坊にウンチク垂れながら、ぐるっと見て回ることに。

この辺にはトヨタ車がずらり。
Clscmjkib01
ウチのオヤジも乗ってたヨタハチ。

セリカGTV。ダルマセリカは今見てもすんげーカッチョエエ!
Clscmjkib02

向かい側には日産のグループ。
Clscmjkib06

ダットサンブルーバード510のエンジン。
Clscmjkib05

サニーのエンジンルーム、エアクリーナーも素敵。
Clscmjkib07

ホンダが誇る名車、S800。
Clscmjkib08

ナンバーは800。
Clscmjkib09

こちらは外車ゾーン。
Clscmjkib10

すんごい綺麗なパンサー Killasta。
Clscmjkib11
部品をイギリスから取り寄せて維持しているそうです。

鮮やかな赤&ペッタンコのMG
Clscmjkib12
まるで空飛ぶじゅうたんみたいな。
ギヤボックスの調子が悪く、ここまで自走してくるのが大変だったとか。

ぺったんこと言えば、やっぱりロータスヨーロッパは外せない!
Clscmjkib13

ミッドシップと空力を考えられたフォルムが美しい。
Clscmjkib14

機能的な雰囲気のコックピット。
Clscmjkib15

すごい、ポルシェ914!
Clscmjkib16
ワーゲンポルシェの実物を見たのは初めて。

ポルシェがフォルクスワーゲン・ビートルのパーツで作った車。
Clscmjkib17
VWとPORSCHEのエンブレムがレア。

今見るとむしろ新しい3眼メーター。
Clscmjkib18

再び国産車ゾーンに戻り、トヨタ2000GTが並ぶ一角へ。
Clscmjkib19

丸いシールドビームのようなヘッドライトは、間近で観察するとものすごい複雑な動きをする。
Clscmjkib20

ボディーラインは日本車とは思えない程に美しい。
Clscmjkib21

その隣には、メルセデス190SLが。
Clscmjkib22

なかなかいかついエンジン音をしてました。
Clscmjkib23

中嶋悟もこれで峠を飛ばしたというマツダ・サバンナRX-3。
Clscmjkib24
イニシャルDでRX-7は知ってる次男坊も、RX-3と聞いて驚いてた。

世界初のロータリーエンジンを積んだ量産車、マツダ・コスモスポーツ。
Clscmjkib25
ロータリーエンジンだから成せる、ぺったんこのボディー。

旧車といえば、やっぱりGT-Rは定番。
Clscmjkib26
ハコスカはもちろん・・・

ケンメリは珍しい。
Clscmjkib27

この丸テールには憧れたもんです。
Clscmjkib28

フェアレディZのナンバーはやっぱり「・240」が多い。
Clscmjkib29_2

まるでアメ車みたいな大型ボディのプリンス・グロリア。
Clscmjkib30

これもアメ車みたいにデカい、日産グロリア。
Clscmjkib31

そうこうしてるうちにイベントの時間も終わり、帰路につく参加車が会場を出て行くように。

その様子を見てたら、軽自動車を見るのを忘れてたことに気付く。

会場を出るホンダ・N360。
Clscmjkib32

今、ヒット中のN-ONEにもN360のデザインが盛り込まれていて、特にフロントとリアはそのまま進化したような。
Clscmjkib33

まさか門司港で旧車のイベントに遭遇するとは思わなかったけど、同じレトロつながりということでこれもOK。

かなり楽しいイベントでした。

|

2013年11月15日 (金)

門司港名物 焼きカレーを食べる 『門司港茶寮』@福岡・門司港

JR門司港駅から徒歩3分ほどのところにある門司港レトロ海峡プラザ。

観光客相手に地元グルメや土産物などを売るショッピングセンターみたいなもんですが、街を歩き回るのがしんどい時に手近に雰囲気を感じるにはいい場所。

ここで、門司港名物の焼きカレーを食べようということになり、入ったのがこのお店 『門司港茶寮』
Mjkcryc01
特に何か目当てがあった訳ではなく、たまたま目の前にあったので。

まずはこれ、ミニ焼きカレーセット 960円也。
Mjkcryc02
カレーの他に、スープ、サラダとヨーグルト付き。

カレーの上にゆで卵とチーズがトッピング。
Mjkcryc03
ほんのり甘さもあるくらい、かなりマイルドな味わいのカレー。

ごはんとカレーとのバランスも良く、ミニカレーとはいうものの、普通の1人前ぐらいありそうなボリューム。

嫁さんはミニカレーでちょうど良かったらしい。

私はこれ、大人の黒焼きカレー 1,020円也。
Mjkcryc04

名前の通り、黒いカレー。
ゆで卵とチーズのトッピングは普通の焼きカレーと同じ。
Mjkcryc05
口に入れた直後はそれほど辛さはないんですが、後からピリピリしてくる辛さ。

カレーを食べた感はこちらの方が得られるので、むしろ大人は黒焼きカレーの方が口に合うかも。

ライスの量もレギュラーサイズなので、結構お腹いっぱいになる。

門司港焼きカレーは初めて食べましたが、これは十分アリな逸品でした。



門司港茶寮
北九州市門司区港町5-1
門司港レトロ海峡プラザ東館1F
営業時間: 11:00~22:00(定休なし)
TEL: 093-332-7122

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

空き箱も楽しく変身! 8b DOLCEの『スマイルセット』@大阪・北堀江

この前、いつものように8b DOLCEに行って見つけた新商品、『8b スマイルセット』。1,260円也。
8b_smlsetbm01

大きさは、ティッシュの箱よりわずかに大きいぐらい。
8b_smlsetbm02

中身は、2種類のバウムクーヘンが入ってる。
8b_smlsetbm03

まずはメープルバウム。
8b_smlsetbm04
これは単品でも売ってて、メープルの風味が鉄板。

もうひとつがショコラバウム。
8b_smlsetbm05
チョコの風味は抑えめですが、甘ったるくないのがいい。

さて、このスマイルセット。

2種類のバウムを平らげた後、箱をつぶしてはいけません。

内箱の裏を見ると、なんとティッシュボックスに変身するという。
8b_smlsetbm06

外箱の真ん中にミシン目が入っていて、丸い穴が開くように。
8b_smlsetbm07

内箱にティッシュを箱ごと入れて外箱を通せば・・・
8b_smlsetbm08

かわいい8bスマイルのティッシュボックスに変身!
8b_smlsetbm09

こりゃええわ!

とティッシュを1枚取り出してみると・・・


ティッシュが破れる!


あれ?
もう1枚出してみる・・・


やっぱり破れる!


よ~く見ると、中に入れてるティッシュの箱は取り出し口が楕円形になっていますが、8bの箱は丸い穴なので、ティッシュの両サイドが絞られて引っ掛かってしまい破れてしまうという。


穴を楕円形にしないと使えませんで!


今度お店に行った時に言うてみよう。



8b DOLCE (エイトビー ドルチェ) 北堀江本店
大阪市西区北堀江1-4-5
アクセス: 地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅6号出口すぐ
営業時間: 10:00~22:00
TEL: 06-6533-1230

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

人気の博多みやげ 明月堂の『博多通りもん』

博多のお土産で大好評、『博多通りもん』
Hktrmn01

お土産に持っていくと

あ、これおいしいね!

と言われることしばしば。

6個入り630円也。
Hktrmn02

見た目以上にしっとりした焼き皮は、手に持つとはがれてしまいそうになるくらい。
Hktrmn03

中はさらにしっとりしたあん。
Hktrmn04
「博多西洋和菓子」と言うだけあって、一見、よくある白あん系の焼き菓子のようですが、皮がしっとり柔らかく、あんも白あんのようで白あんでなく、他にはない食感と味わい。

ただ、四十を過ぎると、ねと~っとして歯にまとわり付いちゃうのは仕方がないね。



メーカーのサイト:
http://www.meigetsudo.net/

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

acer Iconia W3-810をWindows8.1にすると、かなり動きが悪くなる

9月に買った8.1インチWindows8のタブレット、acer、Iconia W3-810
Aciw381003

この前、苦労の末にWindows8.1へアップデートしたんですが(記事)、その後、かなり動作がもっさりになり、スリープからうまく復帰しなくなる。

購入当初から動作にもっさり感はあったものの、Offce関係のファイルやpdfファイルのビュワーとして使うつもりだったので、大きさと重さにメリットがあり使ってました。

ところが、使い続けているうちにだんだんともっさり感が増幅。

そこへ来て、Windows8.1にしてからは普通に使うのにも支障が出るほどに。

特に、スリープ状態から側面の電源ボタンを押すと、以前はすぐにロック画面が表示されたけど、アップデートしてからは電源ボタンを押して3呼吸も4呼吸も経ってからロック画面に。

しかも、↓こんな画面が出て固まることもしばしば。
Acrw81dsp01

pdfやOfficeファイルが立ち上がるのにも時間が掛かるし、一気に使えないヤツに成り下がる。

ん~、安モンなのがあかんのか、acer製があかんのか?

やっぱり違うWindowsタブレットを考えようか・・・

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

甘さほんのりふわふわのパン パン・ナガタの『牛乳パン』@福岡・清川

福岡での朝、ホテルからちょっと散歩していて見つけたパン屋さん、『パン・ナガタ』
Pnngtfk01
クルマで買いに来る人も多く、店内で待っている人も見えたので、パンの香りにもつられてちょっとのぞいてみることに。

店先のPOPを見ると、イチオシは牛乳パン。
Pnngtfk02

店に入るとパンの香りに包まれ、この時点で

何かいいパンはないかな?

と、買うモードになっている(^_^;

そうすると、やはりイチオシの牛乳パンを買わなアカン!
110円也。
Pnngtfk03

ふわっふわの生地の牛乳パンはひと口食べるとほんのり甘く、やさしい味わい。
Pnngtfk04

ちょうど、ホテルの朝食が和食しかなかったこともあり、お腹は一杯だったけれど食べられたよ。

これを食べればお店のポテンシャルを感じることができるようなパンでした。



パン・ナガタ 清川店
福岡市中央区清川2-6-18
営業時間: 8:00~19:00(火曜定休)
TEL: 092-534-3820

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

福岡タワーの展望フロアーへ行く

福岡市内をブラブラしながら、夕方、福岡タワーへ行ってみることに。

西鉄バス303系統に乗るとなかなかの混雑ぶりで、ラッシュさながらの混みよう。

握り棒につかまって立っていると、バスは高速道路へ入るという、なかなか珍しい路線。

博物館前バス停で降りると、通りの先に福岡タワーがそびえる。
Fkotwr01
高さはそれほでもなく、特にランドマークとして活躍していそうではないけれど、何とかと煙は高いところが好きと言うだけに行ってみたくなった次第(笑)

真正面に福岡タワーが見える通りを歩いていると、そこはサザエさん通り。
Fkotwr02
故長谷川町子さんが、サザエさんの構想を練った地がこの辺にあるのが所以だとか。

魚をくわえた猫が走り抜けることもなく、言葉使いは丁寧だがクソ生意気な三輪車に乗ったカリアゲのガキんちょにも合わず、奇声を発しながら坊主頭の小学生を追いかけ回す異常に足首の細い女性にも出会わないまま歩いているうちに、福岡タワーに到着。
Fkotwr03
高さ234m、ハーフミラーで覆われたタワー。

中に入るとこじんまりとしたロビー。
Fkotwr04

展望フロアーへのチケットを買う。800円也。
Fkotwr05

若干宇宙感を醸し出している入口を進み、エレベーターに乗ると・・・
Fkotwr06
地上123mの展望フロアーへ。

曇り空ではありますが、福岡市内を一望するには十分な眺め。
Fkotwr07

海岸から浮島みたいな建物が見える。
Fkotwr08

どうやら結婚式場らしく、ちょうど式の真っ最中でした。
Fkotwr09
花嫁さんの白いドレスが高さ123mからでもよく目立つ。

今となっては真下を見ても、それほど恐さもない。
Fkotwr10

およそ40年ほど前、この風景の中に住んでたことがあるけれど、ほとんど覚えてないので懐かしさはない。
Fkotwr11

福岡市内の建物を眺めていると、なんだか茶系の色が多いような。
Fkotwr12

そうこうしてるうちに、ちょうど日入り前、雲の切れ間から夕日が顔をのぞかせる。
Fkotwr13

ヤフオクドームに隣接するホテルに、福岡タワーの影が映し出される。
Fkotwr14
展望フロアーから降りると日も沈む。

こじんまりとしたタワーでしたが、街ぶらしながら見るにはちょうどいいかもね。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

片手で手軽に食べられるスイーツ 『博多バームスティック』

JR博多駅のKIOSKで買ったこれ。

博多バームスティック プレーン 10本入525円也。
Hktbumstc01

その名の通り、スティック状のバームクーヘン。
Hktbumstc02

サックサクのスティックに砂糖がたっぷり。
Hktbumstc03
口に入れると玉子の風味が広がって、カステラみたいな味わいでおいしーい♪

お手軽に片手で食べられるので、おみやげにもバッチリです。



メーカーのサイト
二鶴堂
http://www.nikakudou.co.jp/commodity/index9.html

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

Iconia W3-810をWindows8.1にできない不具合

9月に買った8.1インチWindows8のタブレット、acer、Iconia W3-810
Aciw381003

これをWindows8.1にバーションアップしようとしたところ・・・



できない (ToT)



ってことがあったので、備忘録にメモしておきます。


ますはWindows Updateから、Windows8.1へアップデート。

ダウンロード、インストール 、再起動と、かなーり時間は掛かりましたが放置してるうちに進んでいく。

ところが、

「その他の処理を実行しています(41%)」

と表示されたまま進まなくなる

Aer81bu01

それでもそのまま放置してたら、知らん間に電源が落ちてた。

そこで再び立ち上げると、なんとWin8.0に戻されて立ち上がる。

しかも、インストールしてたソフトのほとんどが消えてしまっているという。

あいやー!

と思いつつ、復元ポイントから復元を試みたところ、何とかWin8.1へアップデートする直前の状態に戻る。

どうしたらいいか詳しい友人に相談したところ、スタート画面で

トラブルシューティング

と打ち込んで、『Windows Updateで問題を解決する』から修復してから、再びWindows8.1へアップデートすると、バッチリアップデート出来ました。

参考に教えてもらったサイトはここ。

http://iinamotto.com/2013/05/880.html

ありがとうございます m(_ _)m

| | コメント (0)

2013年11月 7日 (木)

駅の売店で風来坊の手場先を買ってみた

名古屋から近鉄特急で大阪へ帰るとき、近鉄名古屋駅のホームに手羽先の風来坊のお店を発見!
Fribtbskns01
なごやめし好きにはたまらない誘惑。

車中で食べようと思い、きっちり買ってしまいました。

手羽先 1人前480円也。
Fribtbskns02

中は手羽先7本入。
Fribtbskns03
風来坊の手羽先とあれば、味は間違いなし!

と、思ってたんですが、やっぱり温かくないと美味しくない。

冷めた手羽先は硬くなってしまい、前歯で「に~ん」と食べようとしても肉が骨から外れないし。

もし、名古屋の手羽先を食べたことがない人がこれを初手羽先として食べたなら、間違いなく「こんなもんか」と思われるかと。

せめて売店で温めてくれたらいいのにね。



風来坊 近鉄名駅店
名古屋市中村区名駅1-2-2
TEL: 052-562-9100

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

一番好きな福岡銘菓 二鶴堂の『博多の女』

福岡銘菓の中で、私が一番好きなのがこれ。

博多の女 20個入1,050円也。
Hktnhtbm01
博多の女と書いて「はかたのひと」と読む。

中は”博多の女”がいっぱい。
Hktnhtbm02

真ん中にようかんが入ったひと口サイズのバウムクーヘン。
Hktnhtbm03
バターと小豆ようかんの風味が相まって、すんごいおいすぃ~♪

個別包装のバウムは安くて数があって、箱を立ててもOKで、おみやげにもってこい。

自家用だけでなくお土産用にも買ったんですが、1コだけじゃ物足りないので一人2~3個配れるように買うと、とんでもない量になってしまうという。



メーカーのサイト
二鶴堂
http://www.nikakudou.co.jp/index.html

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

あっさりめの博多ラーメン 『俵ちゃん』@福岡・中洲

博多へ行ったら、やっぱりラーメンを食べとかなあきません。

とは言っても、中洲の屋台街は内外問わず観光客でいっぱい。

7人グループだったこともあり、あまりごちゃごちゃしたところでは食べられない。

そこで、メインな場所をちょこっと外れて昭和通りを歩いていると、良さげな屋台を発見!

それがここ、『俵ちゃん』
Hktrmtcn01
常連のおじさんと出張中のお兄さんしかいなかったので、詰めれば全員座れる。

ラーメン 500円也。
Hktrmtcn02
博多ラーメンにしては比較的あっさりめで食べやすい。

ドロドロさも豚骨のにおいも骨粉の沈殿も少なめ。

屋台のお母さんとの話も面白く、ついつい酒のアテも進んでしまう。

さすがにハシゴは出来なかったけど、楽しい博多の夜を楽しめました。



俵ちゃん
福岡市博多区中洲5-4-20
豊和銀行福岡支店前

| | コメント (0)

2013年11月 4日 (月)

孫がお稚児さんに参加する

今日、近くのお寺のお稚児行列に孫が参加しました。

孫と言っても実の孫ではなく姪孫になるんですが、すでに「じぃじぃ」と呼ばれてるので、私も孫扱い。

しかも♂と♀の二人。

慣れない格好で歩かされたせいか、参加した子どもたちは結構くたびれた様子。

お寺に戻ってからも住職から長ーいお話もあり、大人もしんどかったり。

最後に二班に分かれて記念撮影。
13110401

ご褒美にお菓子をもらってました。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

肉汁たっぷりのビッグな豚まん 『揚子江』@福岡・太宰府

筑紫庵でからあげを買って(記事)隣の太宰府館の無料休憩コーナーで食べていると、向かいにこれまたおいしそうな豚まんのお店が目に入る。

それがここ、『揚子江』
Yskbtmn01

あ、このお店テレビで見たことあるわ!


と思ったら、店頭・店内に有名人の写真やサインがずらり。

もちろん石ちゃんの「まいう~」な写真も!

これは買わずに帰ることなかれ、1つ買ってみることに。

揚子江の豚まん 240円也。
Yskbtmn02
出てきた豚まんをみてビックリ!

デカッ!

豚まんの食べ方指南まで添付。
Yskbtmn03
【お召し上がり方】
1: 豚まんの木の皮が付いている方を上にする。
2: 皮をゆっくりと剥ぎ、お好みにより酢醤油をかける
3: 丸い方を下にした状態〔さかさまの状態〕のまま召し上がれ


しかも

二つに割ると肉汁が流れ出ることがある 要注意!


なんて書いてあるし、期待度あがるやんか!

つい、いつものクセで寄せて撮ってしまったので大きさがわかりにくいけど、直径10cm以上、1パック1個しか入らない程の豚まん。
Yskbtmn04

指南の通り、まず木の皮の方を上にして・・・
Yskbtmn05

木の皮をゆっくりと剥ぎ・・・


アッ!


木の皮にくっついて、破れてしもた!(>_<)
Yskbtmn06
添付の酢醤油はあえてかけず、素の味を楽しむ。

中はたまねぎがたくさん入ったあんがぎっしり。
Yskbtmn07

肉汁プシャー!

とはならなかったけど、皮に肉汁が染みてうんまい。

かなりお腹も満たされたあとだったので、これ1コを3人で分けてちょうどよかった。



揚子江 太宰府店
福岡県太宰府市宰府3-1-18
営業時間: 9:00~19:00(不定休)

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

太宰府で有名なからあげ店 『筑紫庵』@福岡・太宰府

太宰府天満宮からいろんなお店をブラブラしてると、これまた美味しそうなからあげの店があった!

それがここ。『筑紫庵』
Cksankg01

名物 太宰府バーガー!
と書かれたPOPが目に入ったんですが、さすがにお茶漬けを食べた(記事)直後だったので、さすがにバーガーは無理。

でも、お店の方が

バーガーの中身はこのからあげですよ!


と勧めてくる。
Cksankg02

からあげだったら、みんなでつまんだらまだイケるか?!

ということで、注文!

まずはシンプルに、岩塩のからあげ。Mサイズ500円也。
Cksankg03
ほくほくに揚がったからあげは衣もサクっとして、お腹いっぱいでも美味しい。

さらに調子に乗って、梅南蛮のからあげ。同じく500円也。
Cksankg04
この自家製タルタルソースがうウマい!

梅肉を少し付けてサッパリさせれば、まだまだイケる。

結局、岩塩のからあげも、器にこぼれたこのタルタルソースを付けて食べたり。

ここも、太宰府へ来たら寄っておきたいお店ですな。



筑紫庵 本店
福岡県太宰府市宰府3-2-2
営業時間: 10:00~20:00(不定休)
TEL: 092-921-8781

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

明太子の元祖 『ふくや』の明太子茶漬け@福岡・太宰府

太宰府天満宮の門前に、明太子を考案したという 『ふくや』 があり、立ち寄ってみた。
Fkymntik01
店内には炊飯器が置いてあって、そのごはんをよそって明太子を自由に試食できるようになっている。

普通の明太子だけでなく、チューブ入りの明太子スプレッドみたいなのもあり、こちらの試食用のパンもあるという気の利かせよう。

大阪のオバハンなら、一食済ませてしまえるぐらい。

試しに明太子を食べてみたら、これまたすんげーウマい!

こりゃええわ!
と思ってたら、なんと店内で明太子茶漬けを食べられるようだったので、ここでお昼にすることに。
Fkymntik02

明太子茶漬け 840円也。
Fkymntik03
明太子はもちろん、紅たかな、いか明醤、本生わさび、のり、茶あられが付いてくる。

ごはんは大分のひとめぼれ、ほんのり風味のあるふくや特製だしをかけて食べる。

ごはんとだしはおかわり自由ですが、当然、ごはんは1杯で終わるはずもなく、具とごはんと腹具合のバランスを絶妙に取りながら食べすすめる。

明太子に熱いだしをかけると味が変わるので、明太子を先に乗せてだしをかけるか、だしをかけたところに明太子を乗せてサッと食べるかで味の変化を楽しめたり。

明太子はもちろんのこと、特に紅たかなが絶品。

店にあった紅たかなを全部買って帰りました。

まさかこんなところで大人買いをするとは思わんかったよ(^_^;)



ふくや 太宰府店
福岡県太宰府市宰府3-2-47 
営業時間: 9:00~17:30 (定休なし)
TEL: 092-929-2981

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »