« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

期間限定の夏メニュー 冷し油ソバ&トマトつけ麺 『九州らーめん亀王』@大阪・箕面

大阪・箕面の船場にある、ビバワールド1Fの九州ラーメンの店 『亀王』
Kourmn151701

何食べようか迷っていたところ、店内のポスターに良さげなメニューが!
Kourmn151705
もうかなり蒸し暑いので、熱いラーメンじゃなく冷たいラーメンがいい。

という訳で、冷し油ソバ。780円也(8%税込)。
Kourmn151702
パッと見はレギュラーメニューのあったかい油ソバとほとんど同じですが、オプションの味玉が冷し油ソバでは標準装備。

細いちぢれ麺と甘いタレも、レギュラー油ソバとよく似た感じ。
Kourmn151703
オリーブオイルが味に深みを出していて、ウマい。

そんでもうひとつ、トマトつけ麺。860円也(8%税込)。
Kourmn151704
油ソバより細い麺と、結構ニンニクの効いたトマトスープがいい。

シメにチーズとごはんでリゾット風にしてもおいしそう。

ちなみにトマトは熊本県産なんだとか。

どちらも期間限定のメニューです。



九州らーめん 亀王 箕面船場店
大阪府箕面市船場東3-13-11
ビバワールド1F
営業時間: 11:00~翌1:00(定休なし)
TEL: 072-726-6777

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

新しくオープンしたパティスリー 『La Fête』@豊中・桃山台

豊中市は二之切公園の近く、旧中央環状線沿いにオープンした『パティスリー ラ・フェット』
Lafate150701
どんな感じなのか様子をうかがいに入ってみた。

店入って一番目立つところに美味しそうなゼリーが並んでたんですが、これは季節的なもので、さすがにこの店はゼリー推しではないだろうという訳で他のケーキを物色。

みんな良さそうではありますが、これがこの店の名物!みたく推しの強いものはうかがえず。

ケーキもちょっと小ぶりなのにそこそこいい値段してるので、なんだか今回はケーキはパス。

一応、プリンを買ってみた。(名前と値段は忘れてしもた)
Lafate150702

ふたを開けると、なんだか真ん中がぼっこり膨らんでる。
Lafate150703

スプーンですくってみると、表面はかろうじて形を保っていてプリン感のある味はするけれど、中は白いミルクの味わいが強く、ものすごく柔らかい。
Lafate150704
柔らかすぎてとろとろと通り越し、離乳食のようなどろどろさが出てしまっていて、食感といい味といいなんだかプリンを食べてる感じがしない。

このプリンは私には合わないな。



Pâtisserie La Fête(パティスリー ラ・フェット)
大阪府豊中市新千里南町3-1-13
営業時間: 10:00~20:00(定休なし)
TEL: 06-6872-3399

| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

忍者の街でナチュラル系ランチ 『agatto』@三重・上野市

忍者の街として町おこしをしている三重県は上野市の中心部、上野市駅前でランチをしようと立ち寄ったお店。

ハイトピア伊賀の2Fにある 『agatto』
Agatto01

この店のホームページによると、agattoは伊賀の方言で「台所の入り口」という意味なんだとか。
Agatto02
「台所の入り口」にちゃんとした名前が付いていることにビックリ。

店頭のサンプルが美味しそうだったので、今週のagattoランチをオーダー。900円也(8%税込)。
Agatto03
地元の食材を中心としたランチ。

ごはんは七福穀米。
Agatto04

メインはとりもも肉のネギ塩レモン。
Agatto05

若竹煮と、新玉ねぎとそら豆のキッシュ。
Agatto06

あとは、デザートとお茶とみそ汁がプレートに乗っかったランチ。
Agatto07

ナチュラルなランチなので全体的に味は薄めですが、美味しくいただきました。

量も腹八分目以内には収まり、健康に良さそうです。



agatto (アガット)
三重県伊賀市上の丸之内500
ハイトピア伊賀2F
営業時間: 8:30~18:30(水曜定休)
TEL: 0595-51-5823

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

名古屋に行くと食べたくなるきしめん 『名代きしめん 住よし』@JR名古屋駅

JR名古屋駅、特に在来線ホームに降りるとつい立ち寄りたくなる、ホームの端っこにある立ち食いきしめん 『名代きしめん 住よし』
Ngyksm150601

毎度毎度のかきあげきしめん
Ngyksm150602
注文してから揚げてくれるかきあげはアツアツサクサクで、ダシを浸み込ませたらこれまたウマい。

関西人は苦手な黒いダシですが、なぜかきしめんならイケてしまうんですよね。



名代きしめん 住よし
JR名古屋駅ホーム
(新幹線&在来線のホームにあり)

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

7大アレルゲンが含まれていないもみじまんじゅう にしき堂の『すこやかもみじ』@JR広島駅

広島へ行ったらおみやげにもみじまんじゅうは外せないんですが、JR広島駅のにしき堂で、ちょっと変わったもみじまんじゅうがたくさん売られてた。
Nskdmjmj21

その中で今回チョイスしたのは、すこやかもみじ メープル小豆
1個130円也(8%税込)。
Nskdmjmj22
すこやかもみじは、卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生が含まれていないので、これらのアレルギーがあっても食べられるようになっているらしい。

気になる味ですが、生もみじのようなしっとりとした生地、あんは風味が少し違うかな?と思う程度で、ほとんど生もみじと変わらないような。

それでいて、小麦や卵を使っていないというのは、すごいと思う。

アレルギーがあっても安心して食べられるお菓子というのは非常に難しいでしょうが、これをやってのけるにしき堂はさすが。

にしき堂の努力もすごいのですが、しかしながら企業であるがゆえそれなりに売れる見込みがなければ開発できない訳で、それだけアレルギーを持ってる人も多いということでしょう。

こういった食品が増えてくれればいいですね。



にしき堂 広島新幹線名店街店
広島市南区松原町1-2
広島駅新幹線口名店街
営業時間: 8:30~20:00(定休なし)
TEL: 082-263-6355

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

新幹線の車内で食べる 柿安ダイニングの『九条ねぎまみれ鶏唐揚げ』@大丸東京店

東京駅から新幹線に乗る時には『魚河岸日本一』でにぎり寿司を買うんですが(記事)、たまに寿司以外のビールのアテも買いたくなることも。

そんな時には大丸東京店の地下をくるっと回って良さげなおかずを探すんですが、今回は柿安ダイニングで売ってたこれをチョイス。

林 種男さんが育てた京都産九条葱 ねぎまみれ鶏唐揚げ 100g351円也(8%税込)。
Ngmkag01
そう、みなさんもよくご存じ、あの林種男さんが作った九条ねぎ・・・


・・・


ま、私がどなたかは存じ上げませんけどね。

単に鶏からネギまみれが食べたかっただけなので、林氏が作ろうが誰が作ろうが購入動機はそこじゃなかったんですが、林種男氏をよくご存じの方なら、

どひゃー!林種男さんのネギを使った唐揚げなんて滅多に食べられるもんじゃないし、全部買うぞ!

となるかもしれない。

お惣菜コーナーなので量り売りなんですが、少し迷った結果200gを買って新幹線へ。
Ngmkag02
誰が作ったかは知らない唐揚げと、林さんが作った九条ねぎと、とろみのあるタレが美味しいんですが、やっぱりお惣菜コーナーで買ってそのままの冷めた状態よりも、レンジで温めた方が断然美味しいんだろうな。

それと、寿司を食べた後の鶏から200gは多かった。

次からは100gでいいや。



柿安ダイニング 大丸東京店
東京都千代田区丸の内1-9-1 B1F
営業時間: 大丸東京店に準ず。
TEL: 03-5288-8791

| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

愛知環状鉄道に乗る

愛知県は瀬戸市のご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べたあと(記事)、帰路は瀬戸市駅から愛知環状鉄道に乗ってみた。
Aikan150601
愛知環状鉄道は、JR東海道線・岡崎駅と、JR中央本線・高蔵寺駅を結ぶ第三セクターで、以前、岡崎駅から八草駅まで乗りました(記事)。

愛知環状鉄道はICカードが使えないので、券売機で乗車券を買う。
Aikan150602

瀬戸市駅から高蔵寺駅まで280円也。
Aikan150603

改札を通り、ホーム上がる途中のトイレの前に、せともののタイルでできた衝立があるところは瀬戸市らしい。
Aikan150604
Aikan150605

ホームには運行情報が表示されたディスプレイがあるんですが、全線の上下線すべての列車が表示されているのは面白い。
Aikan150606

高蔵寺方面の2番ホームは10両編成分の長さがありますが、向かいの岡崎方面の1番ホームは4両分しかないという。
Aikan150608

高蔵寺行きの2両編成の普通列車が到着。
Aikan150609
この2000系はJR東海313系とそっくり。

313系と共通部品を多く使ってコストを抑えているんだとか。

学校帰りの学生を乗せ、瀬戸市を出発
Aikan150607

学生が多いと車内が騒がしくなりがちですが、みんな行儀よく他の乗客に迷惑にならない程度に楽しんでいる様子なのは、さすが都会の学生。

これが地方のローカル線になると、学生たちの傍若無人ぶりは目に余るものがあるし、何度もそんな光景を目にしてきた。

瀬戸市を出発して2駅8分で、終点の高蔵寺に到着。
Aikan150611
高蔵寺駅は中央本線名古屋方面と同じホームの向かい側に着くので、乗り換えが便利。

ただ、私は高蔵寺までしか乗車券を買ってなかったので、一旦改札を出る。

名古屋方面へ行くときは、連絡乗車券を買っておくのがいい。

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

ご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べる 『八方招き』@愛知・瀬戸

愛知県瀬戸市には、ご当地B級グルメ 瀬戸焼そばがあります。

瀬戸焼そばを全国区にすべく活動している 瀬戸焼そばアカデミーによると、瀬戸焼そばとは・・・

1)麺は、蒸し麺を使用
2)味付けは、豚の煮汁や醤油ベースのタレを使用
3)具材は、豚肉とキャベツが主体
4)せともの(瀬戸焼)の器を使用


ということなんだとか。(出典)

器にせとものを使うというところは、いかにも瀬戸のグルメっぽい。

あと、「焼きそば」ではなく「焼そば」と書くところもこだわりなんでしょうか?

そんな瀬戸焼そばを食べようとやって来たのは、名鉄・尾張瀬戸駅前、パルティせと1Fにある『八方招き』へ。
Styksbhm01

瀬戸焼そば 中盛り、500円也(8%税込)。
Styksbhm02
瀬戸焼そばは醤油ベースのタレと決まっているのですが、しょうゆ感は全然強くなく、ほんのり甘いソースのような味わい。

極細のちぢれ麺はまるで柔らかいベビースターのようですが、細い割にはコシがある。

大阪人は焼きそばをおかずにご飯を食べるけど、これは甘めの味付けなのでご飯はムリやな。


八方招き
愛知県瀬戸市栄町45
パルティせと 1F
営業時間: 10:30~19:00(LO.18:45、不定休)
TEL: 0561-84-8844

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

名鉄瀬戸線に乗る

名古屋市の繁華街、栄から瀬戸焼で有名な瀬戸市を結ぶ名鉄瀬戸線に乗ってみた。

名古屋市側のターミナルは栄にありますが、駅名は栄町駅。
Mitstsn01

15:55発、急行 尾張瀬戸行きに。
Mitstsn02

地下駅の栄町駅に停車中の名鉄瀬戸線用4000系。
Mitstsn03
名鉄と言えば車体を赤い名鉄カラーをまとっている印象が強いんですが、やはりステンレス車は塗装しないこともありラインだけ赤に。

JR東日本の通勤車のような片持ちのロングシートや・・・
Mitstsn07

全ての乗降扉の上部に液晶画面を装備しているところは、関東の鉄道会社の車両の雰囲気。
Mitstsn04

ただ、名鉄らしく、客車内にある車掌スイッチは健在。
Mitstsn05

栄町を発つ時には学校帰りの学生が多く、座席はほとんど埋まり、立ち客もちらほら。

栄町から31分で、終点 尾張瀬戸に到着。
Mitstsn06

尾張瀬戸駅は島式1面2線の終端駅らしい造り。
Mitstsn08

夕方のこの時間、降車客は多いけど乗車客は少ない。
Mitstsn09

都市と郊外の住宅地を結ぶ、典型的な近距離通勤路線です。

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

洋食屋さんのあんかけスパ 『マメゾン』@JR名古屋駅

名古屋へ行ったらなごやめし!

という訳で、名古屋出張の折、JR名古屋駅新幹線側の地下街エスカにあるあんかけスパゲティーの店 『マメゾン』へ。
Uksmzn01

聞くところによると、名古屋の老舗洋食店『マ・メゾン』のあんかけスパ専門店なんだとか。
Uksmzn02

メニューを見ると、他の店では見かけないソースの辛さが選べるんだとか。
Uksmzn03
今回は初回ということもあり、ノーマルなええころかげんで。

ミラカン Mサイズ、900円也(8%税込)。
Uksmzn04
お皿にたっぷりかけられたあんかけソースは、他の店よりもややかため。

それゆえ、ソースが麺にたっぷり絡んでくる。
Uksmzn05
ヨコイやチャオとはまた違った味わいのウマさ。

ただ、あんかけスパはどの店でも量が多いので、Mサイズだと食べ過ぎた感があり、私はSサイズで十分ですな。

でも、オーダーする時はお腹が空いてるのでつい多い方を頼んでしまい、食べた後で悔んでしまうというパターンから抜け出せないんだな、これが(^_^;)



マメゾン エスカ店
名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
営業時間: 11:00~22:00(LO.21:30 定休なし)
TEL: 052-453-1227

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

並んでも食べたい鶏ダシの塩ラーメン 『ラーメン人生JET』@大阪・福島

友人から、大阪環状線福島駅の近くにいつも行列が出来てるラーメン屋に行こうと誘われたので、行ってみた。

福島駅から北へ1~2分歩くと、すぐに行列が出来てる店が目に入る。

そこが、『ラーメン人生 JET』。
Rmzejet01
先に入口横の券売機で食券を買って、行列に並ぶ。

並んでいる途中でスタッフのお兄さんが食券を回収し、30分ほどで店内へ。

煮干し塩チャーシュー 980円也(8%税込)。
Rmzejet02
黄金色のスープはダシの風味が豊かで、塩加減も丁度よくウマい。

もっちりした食感の中太麺は柔らかめですが、不思議とのど越しがいいのでこれはこれでアリかと。

私はあんまり並んでまでラーメンを食べたいと思わなかったんですが、最近は並んでも食べたいなぁと思う店が増えてきて、ここもそのひとつです。



ラーメン人生 JET
大阪市福島区福島7-12-2
営業時間: 昼11:00~15:00、夜18:00~23:30(定休なし)
TEL: 06-6345-7855

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

名古屋みやげの定番のお菓子 『ゆかり黄金缶』@JR名古屋駅

名古屋みやげの定番のお菓子のひとつ、『ゆかり』

ゆかりと聞いて、しそのふりかけを連想してしまう人もいるかもしれませんが、名古屋名物のゆかりといえば、えびせんべい。

JR名古屋駅のKIOSKでゆかりを買おうと思ったら、なんか黄金のゆかりがあったので買ってみた。

ゆかり黄金缶 910円也(8%税込)
Yukarigld01
包装紙が金色で、名古屋城と徳川家康の絵が入り、いかにも名古屋って感じ。

包装紙の中の缶も金色で、まさに黄金缶。
Yukarigld02

個包装も金色で普通のゆかりと一目で違うのはわかりましたが、やっぱり味も違うんだろう。
Yukarigld03
ひと口食べた瞬間、パリッとした歯ごたえに、えびの濃厚な風味がフワ~っと広がり、これぞゆかりといった美味しい味わい。

・・・

ん?

普通のゆかりもこんな感じじゃなかったっけ?

食べ比べてはいないので味の違いはわかりませんが、少なくとも見た目は豪華なゆかり黄金缶でした。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

人気の石釜ピザのカフェが移転OPEN 『ICHIRIN PIZZA&PASTA』@豊中・西緑丘

大阪は箕面市と豊中市との市境近くにあった人気のカフェ、『ICHIRIN COFFEE』豊中緑丘店(記事)が閉店し、新たにピザとパスタの店として豊中・西緑丘のロマンチック街道沿いに移転オープンしました。

『ICHIRIN PIZZA&PASTA』ロマンチック街道店。
Icrnpzp01
グランドオープンに先立ち、プレオープンに呼んでいただいた。

以前、TSUTAYAがあったところですが、音楽はもちろん映画でさえも今やオンラインコンテンツなご時世、レンタル屋は時代に合わないと言わんばかりな業態変更はさすが。

まずは 濃厚カルボナーラ 880円也(税抜)。
Icrnpzp02_3
玉子の味が濃厚なカルボナーラ、とろっとろのソースが麺に絡んで美味しい。

たらこスパゲティ 1,000円也(税抜)。
Icrnpzp03
たらこスパゲティと言う割にはたらこは控えめで、かいわれが山盛り。

メニューには青紫蘇って書いてあったけど、これ、青紫蘇じゃないよね?

京都の有名なシェフが監修したそうですが、もっとたらこ感があった方がいいんじゃないかと。

イタリア産水牛モッツァレラのマルゲリータ 1,389円也(税抜)。
Icrnpzp04_2
チーズとトマトソースの味わいを堪能でき、やっぱりなんといっても石釜のピザ風味豊かでウマイ!

他にも美味しそうなメニューがたくさんあったんですが、いかんせん一度には食べられないので、また来よう。

ただ、人気のお店が移転オープンしただけに、しばらくは混雑すること必至でしょう。



ICHIRIN PIZZA&PASTA ロマンチック街道店
大阪府豊中市西緑丘3-11-1
営業時間: ランチタイム11:00~15:00、カフェタイム15:00~17:30、ディナータイム17:30~22:30(L.O22:00、定休なし)
TEL: 06-4866-6800

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

233回目の献血

この前の日曜日、献血へ行って来た。
15071201
今回も西梅田献血ルームへ。

血小板3サイクル、処理量1553ml、血小板221g、血漿247g、所要48分で、今回も短め。
15071202

この日は夏の陽気だったので、この夏初めて上を羽織らず半袖だけにしたら、献血してるあいだ中寒いのなんの。

年齢とともに基礎代謝が下がってるのを実感する今日この頃です。

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

台風の中、午前中に唯一飛んでくれた飛行機で四国島脱出!

松山に出張で来たものの、台風11号の影響で帰れなくなってしまい1泊。

未明に台風は四国を通過しましたが、速度が遅いのでなかなか台風の勢力から抜けられない。

昨日、元々予約していたJAL便が欠航になったので16:00発のANA1646便に振り替えましたが、これもすぐに欠航に。
15071622

1646便の欠航が決まるとすぐに翌17日の便に振り替えたんですが、すでにJALの朝と昼の2便とANAの始発便の欠航が決まっており、ANAの2便目、9:05発の1634便を予約。

ところが、この1634便も朝5時過ぎに欠航が決まる。
15071701

すぐさま次の10:20発、ANA1638便に予約を振り替えたところ、どうやらこの便は飛んでくれるみたいで、運行予定となっている。

空港へ行くと1638便以外は夕方まで欠航になっていたけれど、1638便だけが搭乗手続中になっており、保安検査も通れた。
15071703

ただ、搭乗券に書かれたD搭乗口へ行くと、ANA1638便が表示されていない。
15071704

どうやら1638便は天候調査中で、しばらくすると条件便に。
15071702
大阪空港に着陸できなければ福岡空港へ向かうとか!

ま、新幹線は通常どおり動いているようだし、ラーメンでも食って帰ればいいか。

このANA1638便は、中部空港発のANA1821便が松山に着いた後に伊丹行きになる機材が使われるんですが、松山空港の天気が回復するのを待って着陸したので、出発が遅れることに。

20分遅れの10:40発になることが決まったら、ようやくD搭乗口に表示される。
15071705

よくぞやって来てくれたDHC-Q400。JA846A。
15071706
もし来てくれなかったら欠航になってたよ。

まだ雨が降ってるんですが、風もあるので傘のサービスはなし。
15071707

10:48に出発して滑走路を加速しはじめると、風の影響からか右へ左へ揺れる揺れる。

離陸して上から見ると、海の荒れっぷりがよくわかる。
15071708

台風の方向へ突っ込んでいくんですが、雲が厚い部分と薄い部分が目に見えてわかり、渦巻いている様子を感じることができる。
15071709

巡航中はずっと雲の中なので外は真っ白。
15071710

高度を下げて大阪の街が見えてくると、ギアダウンして着陸態勢に。
15071711

新大阪駅を越え、このまま着陸してくれそうな雰囲気。
15071712

阪急庄内駅を越えたのでまずこのまま着陸してくれると思うんですが、以前、ここまで来てダイバートされたこともあるので油断はできませぬ。
15071713

11:36、無事大阪空港にタッチダウン!
15071714

大阪は結構な雨量で、誘導路には大きくて深めの水たまりも。
15071715

なんとか大阪へ帰れたんですが、この1638便の前後は全て欠航。
15071716
もし1638便が欠航になってたら夕方まで四国島から脱出できなかったかも。

なんだかほうほうのていの気分で帰って来た松山出張でした。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

台風が来るなか松山へ出張。初めてエンブラエル170に乗る

台風11号が午後にも四国に上陸すること必至な中、今日は愛媛県・松山へ出張。

今回は往復ともJALを予約してたんですが、前日の夜にはすでに帰りの便が天候調査中に。

もし帰ってこれなくなった時のために、一応ホテルも予約しておくことに。

朝、大阪空港へはバスで向かったんですが、空港入口からそこじゅうに警官が立っていてすごい厳戒態勢。
15071603
空港に着くと制服警官だけでなく私服警官やSPもいて、誰か知らんけど要人でも来るんか?

ただ、ブッシュ大統領が来阪したときとは違い、ターミナルビルに入る時のセキュリティチェックはなく、普通に出入りできた。

空港に着くと、天候調査中だった帰りの便が欠航になったメールが届く。
15071600

大阪から松山へ向かうJAL2305便は一応飛ぶみたいですが、条件便に。
15071602
もう帰れないことがほぼ確定したので、いっそのこと大阪へ引き返してくれた方が踏ん切りがついていいかも。

とりあえずラウンジで待つ。
15071601

出発20分前に搭乗口へ行くと、どうやら機材が変わってる様子。
15071604
レジ番JA215Jは・・・

ブラジルの航空機メーカー『エンブラエル』の小型ジェット旅客機、エンブラエル170。
15071605
機会を見て乗りに行きたいと思ってたんですが、ひょんなことから初搭乗。

機内は2×2列ですが天井は低く、DHC-8-Q400みたいな。
15071606

座席は一見革のようでしたが、革にしては柔らかい触り心地。
15071607
シートの形状なのか硬さが影響してるのかわかりませんが、そんなに座り心地がいいとは思わなかったな。

2人掛けの真ん中の肘掛けは跳ね上がるものの、動きがユルユルなので途中で止めることができず、肘掛けを下げると「ダン!」と落ち切ってしまう。
15071608

前の座席との間隔もちょっときつめだった。
15071609

シートポケットの表皮が破れているのを見ると、これ本革じゃなく人工皮革ですな。
15071620

頭上にはスポットライトと送風口がある。
15071610

足元のカーペットに飲み物をこぼしたような跡があったんですが・・・
15071611

私のところだけでなく、隣も後ろもその他の場所にも同じようなシミがついていた。
15071612
過去にエアポケットにでもハマって一斉にドリンクがこぼれたとか?

E170は地上高が低めなので、トラクターが近くに見えて面白い。
15071614

手を振ってくれる地上スタッフの方とも近いので、親近感がより増したり。
15071615

タキシングの途中、誘導路の脇にも警官が立ってたぞ!
15071616

台風の影響で風が強く、離陸した瞬間に風で流されたように左へ傾きちょっとこわかった。
15071617
その後は強い揺れはなく、降下中に1回フワッっとなっただけ。

大阪へ引き返すこともなく松山空港に着陸。
15071619

到着ロビーを出たら、シャンパンタワーならぬみかんジュースタワーがあった!
15071621
さすがは愛媛!

さて、帰りのJAL便が欠航になってしまったのでANAの運行状況を見てみると、18:00以降の便は全て欠航になってたけれど、16:00発のANA1646便は欠航になっていなかったので、急いで予約してカードで決済。
15071623


ところが!


その後数分の間に、1646便が欠航になってしまうという。。。
15071622_2

JRも夕方には運休するので・・・


四国島から脱出する術がなくなった!


一応覚悟はしてたとはいえ、今日はできるだけ帰りたかったな。

| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅番外編 ~大阪市営地下鉄の新旧駅名案内板~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅、の番外編。


1日目、旅のスタートの大阪駅、近鉄バスの梅田バス停は、地下鉄東梅田駅から地上に上がった御堂筋沿いにあります。

バスを待っている間、何気にビルの入り口にある地下鉄谷町線東梅田駅入口の案内板を見てました。
Bstbng01
↑天井からぶら下がってるタイプは、谷町線のラインカラーである紫のトンネルの中に電車が走るようなデザイン。

↓歩道から見えるように設置されている案内板。
Bstbng02
最近のデザインの案内板は、ゴシックベースのフォントで駅番号も書かれている。

ふと、その隣のビルにある地下鉄入口の案内板を見ると、ヒゲが付いてる古いフォントのデザインだった。
Bstbng03

何て名前かは知らないけど、昭和の頃のフォントって独特の書体は味があって好きなんです。
Bstbng04
トンネルも電車もないけれど、大阪市の「O」と交通局の「コ」の字を重ねたマークが大きめに描かれる。

ビルは改装してきれいになってるけど、案内板だけが残った感じ。
Bstbng05
たぶん、今後は古いデザインのものは減っていくだろうから、何気に見ていた案内板も注意して見てみよう。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅番外編 ~住宅地の中のおうちカフェ 『Cafe 12』@四条畷・田原台~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅、の番外編。


旅の1日目、田原台九丁目のバス停でバスを待っているときに、ふと向かいの家を見ると、よさげな雰囲気のおうちカフェがあったので、バスを1本遅らせて休憩がてら入ってみることに。
Telvcf01

表札の横のPOPがなければ、カフェだとは気づかないかも。
Telvcf02
二世帯住宅みたく玄関が二つあるんですが、CAFEと書いてある方のドアをそぉ~っと開けて

あの・・・ いいですか?

と様子をうかがうと、「どうぞ!」と言っていただき中へ。

一歩中へ入ると、段差になっている普通の玄関風なので、

ここで靴脱ぐのかな?

と思ってたら、そのままどうぞということなので、靴のまま上がらせていただく。

思わず、おじゃましまーす と言うてしまいそう。

店内は手作り感があり、小さい時から家でカフェをするのが夢でした!というのが伝わってきそうな雰囲気(実際にカフェをするのが夢だったかどうかはわかりません)
Telvcf03
近所の奥さまたちの憩いの場にちょうどいい。

最近は自宅で勉強するよりカフェで勉強する学生も多いので、アイドルタイムに学生さんの勉強スペースとして利用できれば喜ばれるかも?!

ランチメニューもあったんですが、いかんせん30分後のバスに乗らなくてはならないので、今回はブレンドコーヒーフレンチトーストのいちごをオーダー。
コーヒー380円+フレンチトースト370円也(8%税込)。
Telvcf04
一応、バスの時刻を伝えて間に合うかどうかを確認しました。

しっとりトーストの甘味といちごの酸味が相まって、おいしい!

そこそこボリュームもあるので、コーヒー1杯じゃなりないかも。

無事時間内に食べ終え、バスの時刻の2分前に出る。

道路を渡るだけなので、もうちょっとねばっても大丈夫だったかも。

一軒家が並ぶ住宅地に溶け込んだカフェでした。



Cafe 12(twelve)
大阪府四条畷市田原台9-1-15
営業時間: 11:00~18:00(水曜定休)
TEL: 0743-79-1591

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その10

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その9からのつづき


いよいよこの旅のラストスパート。

Kバスの農協前バス停から国道1号線を歩き、木曽川を渡って海南病院までやって来ました。

海南病院バス停からは、13:31発、きんちゃんバス東部ルート右回りに乗る。
Busosng429_2
きんちゃんバスは弥富市のコミュニティバスで、「きんちゃん」は弥富市名産の金魚から取った公式キャラクターなんだとか。

きんちゃんバスは日曜祝日は運休なので、平日か土曜日にしか使えない。
Busosng430

やって来たのは三菱ふそう・ローザ、まさにマイクロバス。
Busosng431
幼稚園の送迎バスみたいな。

乗客は2人だけ。
Busosng432

運賃は均一200円にも関わらず、液晶画面の運賃表が使われている。
Busosng433
ま、次の停留所を表示するのに役立ってるわな。

マイクロバスは道幅の狭い道路でも入って行けますが、そこは乗用車とは違うので、違法駐車のクルマがあるとたちまち立ち往生。
Busosng434
運転士のテクでギリギリ通ったけど、迷惑なヤツだ。

途中で乗って来たおばあちゃんたちの会話がなかなか面白く、あるパチンコ屋の前で信号待ちしたときにつぶやいた一言に笑ってしまった。

このパチンコ屋、DEL(出る)ゆっとるけど全然出んでかんわ
Busosng435

14:06、善太橋西に到着。200円也。
Busosng436
狭い路肩に寄せられてバスを降りる。

22本目、海南病院から善太橋西までの道のり。
522r

きんちゃんバスを降りて道路を渡ると、飛鳥バスのバス停に。
Busosng437
飛鳥バスは愛知県の飛島(とびしま)村の公共交通バスなので、「あすかバス」と誤読しがちですが「とびしまバス」でよろー。

14:11発、近鉄蟹江駅前行き。
Busosng438

三重県に入るとだんだんバスが小さくなる傾向にあり、さっきはマイクロバスだったので次はハイエースになったらどうしようと思ってたら、中型バスのエルガミオが来た。
Busosng439
半分ホッとしつつ、半分残念だったり(笑)

中扉から後側には空席がないくらいだったので、前側に座る。
Busosng440

乗車時間3分、14:14 河合橋で下車。運賃200円也。
Busosng441
そこは対向が出来ないくらいの道幅しかない日光川の堤防の道。

しかも左にきっちり寄せて止めるもんだから、バスのステップから一歩足を踏み出すと、堤防の一番上のコンクリート。

ヘタすりゃ堤防に落ちそうになるわ。

23本目、善太橋西から河合橋までの道のり。
523r

堤防の道を少し戻り県道70号線を東へ歩くと、いよいよ名古屋市へ!
Busosng442

7分ほど歩くと、名古屋市バスの河合小橋バス停が見えてくる。
Busosng443

バス停が急に都会風に。
Busosng444

河合橋から河合小橋までの徒歩ルート。
523ar

河合小橋は終端のバス停ということもあり、バスが転回して駐車できるスペースがある。
Busosng445

そこに、次に乗ると思しきバスが待機中。
Busosng447
マイクロバスから中型バスときて、大型の市バスになり・・・

さらに、運賃が均一料金になると、都会へ来たと実感する。
Busosng446

14:28発 [東海12]六番町行き。
Busosng448
河合小橋からの乗客は私だけでしたが、次の停留所から続々と乗ってくる。

AT車というのも、さすがは市バスって感じ。
Busosng450

ただ、名古屋市バスといえども経営状況は苦しいようで車内には収支状況が掲示してあり、バスの利用を促している。
Busosng449
今乗ってる東海12系統は、100円の収入を得るために108円掛かっている赤字路線。

運行1回あたりあと3人乗れば黒字化するらしい。

14:56、4分遅れで東海橋に到着。運賃210円也。
Busosng451

24本目、河合小橋から東海橋までの道のり。
524r

東海橋からはいよいよ名古屋駅行きのバスに乗り換えますが、中川運河を北へ入ったところにのりばがあるのでそちらへ急ぐ。
Busosng452

東海橋バス停の7番のりばから、14:57発、[幹名駅2]名古屋駅行きに。
Busosng454

しかし、東海橋へのバスが少し遅れたせいで、7番のりばへ行くと名古屋駅行きのバスがまさに発車しようとしているところ。
Busosng453
慌ててバスに乗り込む。

最後の乗り継ぎに、まさか自分が走ってラストスパートをかけるとは思わなかったよ。

乗客は10人でしたが、名古屋駅に着く頃には立ち客も出るほどに。
Busosng455

15:26、遂にゴールの名古屋駅に到着!運賃210円也。
Busosng456

25本目、東海橋から名古屋駅までの道のり。
525r

大阪駅から名古屋駅まで、5日かけてローカル路線バスだけを乗り継いでやって来た。
0255e

この旅の道のりを振り返ってみると、1日目、大阪・梅田からJR奈良駅へ。
081e_2
1)梅田 9:45 -(近鉄バス[17] 稲田車庫前行)→中茶屋 10:20、210円
   ・中茶屋 10:20 -(徒歩)→鴻池新田駅 10:41
2)鴻池新田駅 10:55 -(近鉄バス[15] 小阪駅前行)→荒本駅前 11:15、250円
3)荒本駅前 11:16 -(近鉄バス[43] JR住道行)→JR住道 11:32、310円
4)住道駅前 12:10 -(近鉄バス[16] 生駒登山口行)→生駒登山口 12:31、450円
   ・生駒登山口 12:31 -(徒歩)→田原町九丁目 13:00
5)田原町九丁目 13:38 -(奈良交通[96] 生駒駅南口行)→生駒駅南口 14:00、270円
6)生駒駅北口 14:21 -(奈良交通[189] 学研北生駒駅行)→学研北生駒駅 14:45、390円
7)学研北生駒駅 14:50 -(奈良交通[128] 学園前駅行)→学園前駅 15:14、290円
8)学園前駅 15:50 -(奈良交通[160] 高畑町行)→JR奈良駅 16:15、470円
(バスの発時刻は定刻、着時刻は遅延も含む実際の着時刻。以下同じ)


2日目、JR奈良駅から上野市駅へ。
0102e_3
9)JR奈良駅 14:02 -(奈良交通[82] 天理駅行)→天理駅 14:42、530円
10)天理駅 15:18 -(三重交通[60] 上野市駅行)→上野市駅 16:29、1,780円

3日目、上野市駅から津駅前へ。
0123e_2
11)上野市駅 12:20 -(三重交通[12] 汁付行)→汁付 13:10、830円
   ・汁付 13:20 -(徒歩)→平木 14:40
12)平木 14:51 -(三重交通[91] イオン津行)→津駅前 15:40、830円

4日目、津駅前から桑名駅前へ。
0194e_2
13)津駅前 13:06 -(三重交通[52] 椋本行)→椋本 13:36、640円
14)椋本 14:10 -(三重交通[55] 亀山駅前行)→亀山駅前 14:30、380円
15)亀山駅前 14:50 -(三重交通[30] 平田町駅行)→イオンモール鈴鹿欅通り 15:30、570円
16)イオンモール鈴鹿欅通り 16:42 -(三重交通[53] 近鉄四日市行)→近鉄四日市 17:29、720円
17)近鉄四日市 17:40 -(三岐バス 山城駅前行)→山城駅前 18:24、540円
18)山城駅前 18:30 -(三岐バス 東員駅行)→東員駅 18:52、200円
   ・東員駅 18:52 -(徒歩)→穴太 19:15
19)穴太 19:16 -(三重交通[28] 桑名駅前行)→桑名駅前 19:45、460円

5日目、桑名駅前から名古屋駅へ。
0255e
20)桑名駅前 11:45 -(三重交通[53] 長島温泉行)→伊曽島 12:02、310円
21)伊曽島 12:14 -(Kバス長島ルート循環B南回り)→農協前 12:44、100円
   ・農協前 12:44 -(徒歩)→海南病院 13:27
22)海南病院 13:31 -(きんちゃんバス東部ルート右回り)→善太橋西 14:06、200円
23)善太橋西 14:11 -(飛鳥バス蟹江線 近鉄蟹江駅前行)→河合橋 14:14、200円
   ・河合橋 14:14 -(徒歩)→河合小橋 14:21
24)河合小橋 14:28 -(名古屋市バス[東海12] 六番町行)→東海橋 14:56、210円
25)東海橋 14:57 -(名古屋市バス[幹名駅2] 名古屋駅行)→名古屋駅 15:26、210円

延べ5日、正味の所要時間22時間37分、運賃11,350円也!

バス25本を乗り継いで、徒歩も含めて道のりおよそ300kmのローカル路線バスの旅でした。

最後に、建て替え工事中の大名古屋ビルヂングを見て、すぐさま新幹線で大阪へ戻るんですが・・・
Busosng457
新幹線だと所要時間約45分、およそ6,000円で帰れます。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その9~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その8からのつづき


大阪から桑名まで路線バスを乗り継いできました。
0194e
5日目はいよいよラストスパート、名古屋を目指します。

桑名駅前2番のりばから。
Busosng401

11:45発、[53]長島温泉行き。
Busosng402
長島スパーランドへ行く外国人が多かったんですが、運転士が英語で案内してたのはさすが!

20人ほどの乗客で座席はほぼいっぱいに。
Busosng403

バスは国道23号線に入り、長良川を渡ると・・・
Busosng404

12:02、3分遅れで伊曽島に到着。運賃310円也。
Busosng405

20本目、桑名駅前から伊曽島への道のり。
520r

伊曽島からは、12:14発の桑名市コミュニティバス、『Kバス』に乗り換え。
Busosng406

やって来たのは日野・ポンチョ。
Busosng407
かわいいデザインのポンチョは、全国のコミュニティバスで活躍中。

小さい車体ながらも2扉あり、扉間はノンステのフラットな床面。
Busosng408
座席数は限られるものの、定員は30人を超えるらしい。

乗客5人で伊曽島を発つ。

小さな車体を生かして田んぼの脇の小道のような狭路も走る。
Busosng409
長島スパーランドの近くまで南下すると・・・

揖斐川の堤防に沿うように北へ向かう。
Busosng410

住宅地の狭い交差点もなんのその。
Busosng411
なばなの里を抜け、国道1号線を渡ると・・・

12:44、農協前で下車。運賃100円也。
Busosng412

21本目、伊曽島から農協前までの道のり。
521r

次のバス停までは徒歩移動。
農協前からJAのガソリンスタンド前の交差点を渡り、東の路地へ入っていく。
Busosng413

途中の交差点には、緑のシマシマが付いた信号機が!
Busosng414
そーいえば最近ほとんど見かけなくなった緑のシマシマ、すんごい懐かしい雰囲気。

今の子どもに見せたら「何これ?」ってなるんだろうな。

国道1号線に合流し、さらに東進。
Busosng415

木曽川にかかる尾張大橋にさしかかると、三重交通のバス停があったんですが・・・
Busosng416

時刻表を見ると、平日22時台の1便のみ。
Busosng417
このバスは名古屋駅を21:30に出る桑名駅行きのバスですが、どんな人が利用するんでしょう。

名古屋で仕事の後ちょっと飲んで帰る沿線住民とか?

その隣には、さっき乗ったKバスの停留所もある。
Busosng418
なんや、ここまでKバスで来れるやん!

と思ったら、今回の旅路じゃ時間的にちょっと合わないな。

桑名駅を朝9時台に発てば、ここまでバスで来れそう。

で、尾張大橋を渡ります。
Busosng419
さすが、広大な川幅の木曽川だけに、長さ878mある。

昭和8年に掛けられたそうで、すでに82年経ってるという。

トラスの下は道幅の狭い車道部分で、その外側に後付けされた感の強い歩道がある。
Busosng420

木曽川を歩いて渡ると、なかなかのスケールのデカさに圧倒されそう。
Busosng421

ただ、この歩道の路面は目で見ても気づかないほど微妙にうねっていて、歩いていると足が「ガッ!」と凸ってる部分に引っかかり、つまづきそうになることもしばしば。
Busosng422
しかも、柵の下には空間があるので、間違えてケータイでも落としてしまったら、コロコロ~、ピュ~、ドボーン!っと川へ落下してしまうかも。

2/3ぐらい渡ったところで、『愛知県 境』 の看板が伸びている。 
Busosng423
この看板、『愛知県境』ではなく、『愛知県 境』とスペースがあるので、「あいちけん、さかい」と読むんでしょうか?

そこで反対側を見てみると、やはり『三重県 境』(みえけん、さかい)となっていた。
Busosng424
微妙に関西弁風でおもろかったり。

みえけんやさかい!

橋を渡ったところにある交差点に、愛知県弥富市の標識が掲げられている。
Busosng425
いよいよ愛知県へ突入!

『尾張大橋東』の交差点を越え、次の横断歩道を渡ってすぐ右手にある階段を下りる。
Busosng426

細い階段は地元の人しか通らなさそう。
Busosng427
遠くに見える海南病院の建物をめざし、そのままひたすらまっすぐ歩く。

ひたすらまっすぐ歩くと言っても、男塾名物直進行軍ではないので、障害物は適宜避けても可。

海南病院を通り過ぎたところの交差点を左へ曲がり、少し進むと・・・
Busosng428

13:27、歩くこと43分できんちゃんバスの海南病院バス停に到着。
Busosng429
次に乗るバスは、海南病院に近い方(スギ薬局側)ではなく、道を渡った向かい側のバス停から出るので注意。

農協前から国道1号線を通り、海南病院バス停までの徒歩ルート。
521ar
ここからさらにバスを乗り継ぎ、ラストスパート!


その10へつづく

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その8~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その7からのつづき


イオンモール鈴鹿で休憩したあと、イオンモール鈴鹿欅通りから次のバスに乗ります。
Busosng319_2

16:42発、[53]近鉄四日市行き。
Busosng323
平田町駅発のこのバス、始発から停留所2つ目にしてすでに6分遅れ。

同じ停留所から乗った乗客を合わせ10人。
Busosng324

長閑な車窓の鈴鹿市を抜け四日市市に入ると、一気に都会の様相に。

17:29、12分遅れで近鉄四日市に到着。720円也。
Busosng325

16本目、イオンモール鈴鹿欅通りから近鉄四日市までの道のり。
416r

近鉄四日市には複数のバスのりばがありますが、次に乗るバスは南バスのりばから。
Busosng326

4番のりば、17:40発 三岐バスの山城駅前行き。
Busosng327

路線図を見ると、三岐バスは系統番号がないみたい。
Busosng328

JR四日市からやって来た三岐バス。
Busosng329
日野・レインボーのノンステ車。

近鉄四日市を発つ時には乗客12人でしたが・・・
Busosng330

途中、点在する団地群を回りながら乗客の入れ替わりもある。
Busosng331
↑このスター型団地は、団地マニアの私が好きな形。

山城駅前に入る道は対向が出来ない道幅なので、無線でやりとりしている様子。
Busosng332

18:24、山城駅前に到着。540円也。
Busosng333

17本目、近鉄四日市から山城駅前までの道のり。
417r

三岐鉄道の山城駅。
Busosng334
この駅は、山城と書いて「やまじょう」と読む。

山城駅前からは、18:30発、東員駅行きに乗る。
Busosng335

このバスは、山城駅~イオンモール東員~東員駅を結んでいて、途中の停留所もないので、いわばイオンモール東員の送迎バスの様相が強い。
Busosng336

バスにもイオンモールのラッピングがしてあり、さらに運賃の支払いにWAONが使えるという、かなりイオンがお金をかけている様子も伺える。
Busosng337

しかし、山城駅前を出発する時には乗客は私だけ。
Busosng338

国道365号線をひた走り、山城駅前から10分ほどでイオンモール東員へ。
Busosng339
広い駐車場を抜けて、店の前のバス停に着くまで2分ぐらいかかる。

イオンモール東員からは8人乗車。

駐車場から出る車の渋滞にハマりながらイオン東員を発ち、18:52、東員駅に到着。運賃200円也。
Busosng340

18本目、山城駅前から東員駅までの道のり。
418r

東員駅でバスを降りた後、三岐鉄道の踏切を渡り、線路の北側に沿って田んぼの脇道を約2km徒歩移動。
Busosng341
ただ、次のバスまで23分しかないので、Googleマップで残りの距離を見ながらかなり急いで行く。

次のバス停に着くころにはすっかり日が暮れて、辺りは真っ暗。
Busosng342
あやうくバス停を見逃してしまうほど。

19:15、穴太バス停に到着。
Busosng343

東員駅から穴太バス停まで徒歩移動。
418ar

穴太からは19:16発、[28]桑名駅前行きのバスに乗りますが、バスが来たのは4分遅れの19:20。
Busosng344
バス停付近は明かりがなく真っ暗で、さらにこんなところからの乗客は皆無なのか、一瞬バスは通過しそうになり、慌てて左ウインカーをあげて停車。

東員駅から穴太までの徒歩移動は駆け足もしながらギリギリ着いたので、東員駅で休憩してからゆっくり歩き、1時間後の20:16発のバスでもいいかも。

先客2名+私で計3名の乗客。
Busosng345
途中のバス停でも乗客あり。

なかなか利益を出せない地方のバス路線を守ろうと、車内には利用促進キャンペーンのポスターも。
Busosng346
ひたすら路線バスを乗り継いでいる私は、なんて上客なんだろ(笑)

19:45、桑名駅前に到着。460円也。
Busosng347
LED式の行先表示は一瞬で変わっちゃう。

19本目、穴太から桑名駅前までの道のり。
419r

という訳で、バス7本を乗り継いだ4日目が終了。
0194e
かなり名古屋に近づいてきたゾ!

でも、あと一息がすんなり行かないんだよな~


その9へつづく

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その7~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その6からのつづき


3日目に上野市駅から津駅までやって来ました。
0123e
4日目は津駅前からスタート。

津駅前4番のりばから。
Busosng301

13:06発、[52]椋本行き。
Busosng302
いすゞ・エルガハイブリッド。

10人ほどの乗客を乗せ発車。
Busosng303

最後尾の座席部分にハイブリッド用のバッテリーが鎮座している。
Busosng304

13:36、椋本着。640円也。
Busosng305

13本目、津駅前から椋本までの道のり。
413r

椋本からは、14:10発 [55]亀山駅行きへ。
Busosng306
バス、みじかっ!

いすゞ・エルガミオの7m車で、中扉は引戸式ではなく折戸式。

椋本からの乗客は私だけ。。。
Busosng307

長閑な郊外の街と山の中を走る。
Busosng308

結局、途中の乗降客はゼロ、終点まで完全貸切状態で14:30 亀山駅前に到着。
Busosng309
運賃380円なので、この便の売上も380円。

乗って来たバスを横から見ると、リアのオーバーハングが極端に短く、まるで子どものおもちゃのバスのよう。
Busosng310

14本目、椋本から亀山駅前までの道のり。
414r

亀山駅前からは、14:50発 [30]平田町駅行きに乗り換え。
Busosng311

駅前の広場に平田町行きのバスが止まってましたが、この日野・リエッセ、ナンバーが「三重 22」ということは、少なくとも1998年5月以前に登録された車両ということなので、車齢17年以上。
Busosng312
乗り継ぐたびにバスが小さくなり、もはや幅がちょっと広いマイクロバス。

ウチの近所の学習塾の通学バスの方が大きい。

亀山は東海道の宿場町として栄えたけれど、最近では衰退ぶりも激しいようで、駅前に建つ旅館の寂れ感がハンパない。
Busosng313

バスの車内は、さすがにマイクロバスよりはちょっと広い。
Busosng314

ただ、座席はもちろん、エアコンやカーテンなどの内装に時代を感じる。
Busosng315
亀山駅前からの乗客は私だけでしたが、途中、数人の乗降があった。

対向ができない道幅しかない住宅地や・・・
Busosng316

眺めがいい川を渡ったりして、車窓の変化も楽しめる。
Busosng317

15:30、イオンモール鈴鹿欅通りで下車。運賃570円也。
Busosng318

15本目、亀山駅前からイオンモール鈴鹿欅通りまでの道のり。
415r

次に乗るバスは平田町駅発なので、別に終点の平田町駅まで行っても良かったんですが、乗り継ぎ時間が1時間以上あるので手前のイオンモール鈴鹿前のバス停で降りて、トイレ休憩がてらここで時間をつぶすことに。
Busosng321

店内に入るため駐車場を歩いていると、ある一角に水没注意 と書かれたデカい看板が立っていた。
Busosng322
おそらく大雨が降ったら水が溜まってしまうんでしょうが、店内にいる客がどうやって駐車場に止めてる車が水没しないように注意すればいいんだろう?

来店客に車の水没を注意させるより、水没しないような駐車場にすべきなんじゃないかと。

水没が懸念されるイオンへ行く前に、一応、次に乗るバスのバス停を確認しておきます。

イオンモール鈴鹿欅通りのバス停は交差点にまたがり4ヵ所あるので、事前に見ておいた方がいいでしょう。
Busosng320

バス停を確認したら、イオンモールで休憩。
Busosng319


その8へつづく

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その6~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その5からのつづき


2日目、JR奈良駅から上野市駅までやって来ました。
0102e_2
3日目は上野市駅からスタート。

この旅で一番の”ヤマ場”が待ってます。

次のバスは、上野市駅の3番のりばから。
Busosng201
伊賀市は忍者を観光のウリにしているだけに、バス停も日本の屋敷風なデザイン。

12:20発、[12]汁付行き。
Busosng202

乗客5人で上野市駅を発車。
Busosng204

市街地を抜け、国道163号線、通称「伊勢街道」を走ると遠くに山が見えてくるのですが、ちょうど新緑の時期の山々は濃淡が鮮やかで、さらに適度に白く霞んでいると、本物の山がまるで壁画のように見えてとても美しい。
Busosng205

大山田支所前で乗って来た中学生が川北で降りたら、乗客は私ひとりに。

国道から県道へ入り子延(ねのび)の集落を通ると、ちょっとした温泉施設『さるびの温泉』がありますが、ここでも新たな乗客はなし。
Busosng207
さるびの温泉で私がバスを降りなかったので、不審に思ったのかどうかはわかりませんが、運転士さんが

どこまで行きますか?

と聞いてくる。

終点まで行きます

と答えるとバスは再び伊勢街道へ戻り、13:10 汁付に到着。運賃830円也。

降りるときに運転士さんに

ここまで乗ってくる人っているんですか?

と聞いてみると、50を過ぎた運転士さん、

私が経験した中ではいないねぇ。
お客さん、もしかして温泉で乗り過ごしたんじゃないかと思って聞いてみたんだ。


そんな僻地まで来てしまった私(笑)

実は今、大阪から名古屋まで路線バスを乗り継いでるんですよ。

ええ!すごいことするねぇ。
天理から伊勢へバスで行く人はちらほらいるみたいだけど。
ここからどうするの?


伊勢街道を歩いて峠を越えます。

ひぇー!1時間以上かかるんじゃない?!

でも、バスが好きなのでこんな旅路も平気ですよ。

私も元々バスが好きで運転手になったんだけど、仕事になったら好きじゃなくなったね。休みの日に自分の車を運転するのも嫌だよ。

あこがれの職業でもそうなっちゃうんですかね?

ま、気を付けて行ってらっしゃい。がんばってね。


と、運転士さんにエールをいただいた。

汁付までやって来たバスは折り返し上野市駅へ戻るんですが、それまでの間、屋根付きの車庫に入る。
Busosng208

車庫にはもう1台バスが待機、というか、留置しているみたいな。
Busosng209

車庫の脇にバス停がある。
Busosng210

11本目、上野市駅から汁付まで。
311r

さて、ここからこの旅一番の”ヤマ場”、伊賀市と津市を隔てる長野峠越え。

伊勢街道の長野峠を越える路線バスがないので徒歩移動になるんですが、峠の向こう、津市側の平木バス停まで約5km、途中、2kmのトンネルを歩かなくてはなりません。

汁付バス停から東へ歩いていく。
Busosng211

大型ダンプも行き交う伊勢街道、途中、路肩に歩くスペースがなくなる箇所が多々あり、後ろから来る車に気を付けながら進む。
Busosng221

路肩を歩けないところでは車をやり過ごしたりしながら、歩き始めて約20分、トンネルが見えてくる。
Busosng212

全長1966mの新長野トンネル。
Busosng214

旧道にある長野トンネルは閉鎖されているので、約2kmのトンネルを歩いていくしかない。
Busosng213

トンネルに入るとすぐに冷気に包まれ、歩いて来て汗ばんだ体が一気に冷やされる。
Busosng215

出口の明かりが見えないままトンネルの中に入っていくと、コワい・・・
Busosng216

おばけ的な恐さはもちろん、直線のトンネルなので横を通るクルマは飛ばしてるし、特に大型車が通ったら体がふらついてしまう恐さもある。
Busosng217

トンネルを歩くこと約30分、もうすぐ出口!
Busosng218
出口の明かりがまぶしい!

30分もトンネルにいたら体が冷え切ってしまう。
Busosng219
そして何より、こわかった~ (ToT)

すぐに津市へ入る。
Busosng220

ただ、トンネルを出てからも歩くのはこわい。
Busosng222

山も近くで見ると、荒れている場所もあったり。
Busosng223

そんなこんなで汁付から歩くこと1時間20分・・・
Busosng224

平木バス停に到着。
Busosng225

汁付から平木までの徒歩ルート。
311ar

平木からは14:51発、[91]イオン津行きに乗る。
Busosng229

平木にも車庫のような小屋があり、すでにバスが待機していた。
Busosng226
おっ、またいすゞ・キュービック!

行先表示は回送になってましたが・・・
Busosng227

バスに近づいていくと、イオン津行きの表示になり・・・
Busosng228

ドアを開けてくれたので、車内で待つことに。
Busosng230
この運転士さんは若い方だったのでなんだか話しかけずらく、「ここから乗ってくる人いてますか?」とは聞けなかった。

定刻にバスは出発したけど、私の他に乗客はなし。
Busosng231

このバスの一人掛けシート、よく見ると普通のシートよりも幅が広く、1.5人掛けぐらいある。
Busosng232
津市街地へ入る頃には車内はにぎやかに。

この車両のシフトレバーはロッド式で、たまに「ガルルルル・・・・」とギア音を響かせて走る様子はなんだか懐かしい。

国道23号線に入り信号待ちをしていると、文字が裏返ったような看板の昭和な雰囲気のカフェが。
Busosng233
おもしろい看板だと行ってみたくなる。

15:40、津駅前に到着。830円也。
Busosng234

12本目、平木から津駅前までの道のり。
312r

ここで3日目は終了。
0123e
ようやく半分を過ぎたところ。ゴールはまだ遠い。


その7へつづく

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その5~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その4からのつづき


1日目、大阪駅から奈良駅までやって来ました。
081e
2日目はJR奈良駅からスタート。

JR奈良駅の東口へ。
Busosng101

今は観光案内所になった旧奈良駅舎の前の広場を通り・・・
Busosng103

東口1番のりばへ。
Busosng102

14:02発 [82]天理駅行き。
Busosng104
いすゞ・キュービックは、下側に丸みのある正面1枚窓にオーバーラップワイパー、正面窓の両サイドの三角窓とか、なかなかのカッコよさ。

後扉&2ステップの路線バスは、今や絶滅危惧種。
Busosng105

2ステップバスは車内に段差がないのがいい。
Busosng106
乗客7人を乗せ発車。

今はなき、アイケイコーチ時代の銘板。
Busosng108

降車ボタンを押すと緑色に点灯する つぎ とまります も味がある。
Busosng107

近鉄奈良駅から奈良ホテルの前を通り、国道169号線を南下していくと、コントラストの効いた山の濃淡がきれいに見える。
Busosng109

14:42、天理駅に到着。運賃530円也。
Busosng110

9本目、JR奈良駅から天理駅まで。
29r

天理駅は、高架上のJR天理駅の下に近鉄天理駅がある。
Busosng115

次のバスは2番のりばから。
Busosng111

名阪国道方面へ向かうバスが出る。
Busosng112

15:18発の[60]上野市駅行きに乗りますが・・・
Busosng113

このバスは平日はなく、土日祝に1日1便だけ。
Busosng114
なので、この1便のバスに合わせてスケジュールが決まってしまう。

奈良交通のバスが並ぶ中、上野市行きのバスは三重交通。
Busosng123

上野市からやって来て、天理駅で折り返すスジなんでしょうな。

Busosng124
いすゞ・エルガミオ。

名阪国道を走る路線だからなのか、座席にはシートベルトが装備されている。
Busosng125
Busosng126

このバスには私の他に、バスマニアの同志と思しき男子高校生風2人組も乗車。かぶりつき席から前をずっとビデオカメラで撮影してた。
Busosng127

バスは天理インターから名阪国道を走ります。
Busosng128

すぐに名阪国道名物?五ヶ谷付近の急勾配とΩカーブもなんのその、グイグイと登っていくとちょっと眺めがよくなる。
Busosng130
普段、クルマでしか走らない名阪国道をローカル路線バスで走るのは、ちょっと変わった気分。

針テラス内にもバス停があるので駐車場を通り抜けるんですが、枠に止めるクルマをいちいち待たなければならず、つっかえてしまう。
Busosng131

バスならオービスも気にしない。
Busosng132

山添インターで名阪国道を下り、非名阪の国道25号を進むと小さな集落や山の中にもバス停がありますが、当然のように乗降客はなし。
Busosng133

名張川にかかる五月橋は、橋の上では対向できない道幅しかない。
Busosng134

ただ、対向車も来ないので、ゆうゆうと川を渡ると・・・
Busosng135

三重県は伊賀市へ。
Busosng142

治田あたりの集落を抜けると「酷道25号線」に別れを告げ、バスは再び名阪国道へ。
Busosng136

メロディアンの工場の前を抜けると、名阪上野ドライブインへ。
Busosng137
もちろん休憩ではなく、バス停をスルー。

上野東インターで名阪国道ともお別れ。
Busosng138
旧上野市にあたる伊賀市中心部へ。

16:29、上野市駅に到着。
Busosng140
乗車時間は1時間10分ほどでしたが走行距離は40~50kmと、ローカル路線バスにしてはなかなかの速さ。

天理駅から上野市駅まで1,780円也。
Busosng139
車内の運賃表に4ケタを表示したり、整理券番号が28番まであったり、都会暮らしでは見られない光景。

大阪から近鉄バス、奈良交通ではずっとPiTaPaを使ってきましたが、三重交通は今のところ自社のICカードしか使えないので、運賃表の下に貼ってあるプリペイドのバスカード『エコ・バスカード』買うことに。
Busosng203
5000円で買って6000円分使えるので結構お得。

10本目 天理駅から上野市駅まで。
210r

これにて2日目は終了。
0102e_2
名古屋へはまだ半分も行ってないという。


その6へつづく

| | コメント (1)

2015年7月 7日 (火)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その4~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その3からのつづき


近鉄、学研北生駒駅までやって来た。
Busosng076

次は駅前のバスロータリー、1番のりばから学園前駅へ向かいます。
Busosng077

日中でも10分毎に出ていて本数は多い。
Busosng079

14:50発 [128]学園前駅行き。
Busosng078

ここからの乗客は私を含め2名だけでしたが、途中、住宅街を通る間に続々と乗ってくる。
Busosng080

15:14、学園前駅に到着。運賃290円也。
Busosng081

7本目、学研北生駒駅から学園前駅までのルート。
17r_2

学園前駅北側のバスターミナルは傾斜があるものの結構広い。
Busosng082

しかも、近鉄学園前駅の改札が目の前で、最短数秒で乗り換えられそう(駆け込み乗車はやめましょう)。
Busosng083

次に乗るバスは南口から出るので、自由通路で南側へ移動。

1番のりばからJR奈良駅へ向かいます。
Busosng084

15:50発 [160]高畑町行き。
Busosng085

学園前駅からの乗客はほとんどお年寄りでしたが、途中、乗客の入れ替わりがあると若い人が増えてくる。
Busosng086

バスは阪奈道路を走り、奈良方面へ。
Busosng087

国道308号線に入ると車窓にお寺が増えてきて、古都奈良を感じられる。
Busosng088

工事中の平城宮跡も。
Busosng089

国道から新大宮駅へ入る道にある『横断歩道あり』標示のひし形、異常に小さい気がする。
Busosng090

16:15 JR奈良駅に到着。運賃470円也。
Busosng091

8本目、学園前駅からJR奈良駅まで。
18r

JR奈良駅に着いた時には、夕日がまぶしい時間に。
Busosng092

JR奈良駅西口に到着しましたが、次のバスは東口から。
Busosng093
というところで、1日目は終了。

1日目、バス8本を乗り継いで大阪駅から奈良駅までやって来た。
081e
まだまだ先は長い。


その5へつづく

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その3~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その2からのつづき


住道駅前から阪奈道路の生駒登山口へ着くと、バスは回送車となって去っていく。
Busosng045_2
ここからは徒歩で次のバス停へ。

バスが行った方向に歩くとコンビニがあり、それを越えると信貴生駒スカイラインへの分岐へ。
Busosng046
ただ、この分岐の部分には歩道がなく、交通量の多い阪奈道路を通過するクルマの切れ目を探しながらササッと渡る。

分岐を渡ると再び歩道が出現。
Busosng047

すぐに四条畷市へ。
Busosng048

次の信号は渡らずに左折。
Busosng049
信号が青だったら渡ってから左へ行ってもいい。

少しわかりにくいけど、信号の次の丁字路(ゴルフ場の手前、府道701号線)を入る(矢印方向)。
Busosng050

狭い歩道を進むと、阪奈道路に並行して坂を下る。
Busosng051

阪奈道路を離れ山の中にひっそり建つホテルの前を過ぎると、住宅地が見えてくる。
Busosng052
『パークヒルズ田原』の看板の手前、レンガ敷きの歩道へ進む。

歩道を下っていくと住宅街へ。
Busosng053
しばらく進んで、道を間違えてることに気が付いた!(つД`) 

ホントは『パークヒルズ田原』の看板の向こう側の道を下りて行かなければならなかったのに、手前を下りてしまった。

スマホで地図を見ながら本来行こうとしてた道へ。

住宅と住宅の間にある階段を下り・・・
Busosng054

さらに進んで別の階段を下るんですが・・・
Busosng055
踏面の狭い階段で、足を踏み外しそうになったり。

本来行こうとしてた川沿いの坂道に復帰。
Busosng056
桜の木がずらっと並んでいて、春はたいそうきれいなんだろう。

川にかかる橋を渡ると、バス停が見えてくる。
Busosng057

生駒登山口でバスを降りてから約30分歩き、田原台九丁目バス停へ。
Busosng058

生駒登山口からの徒歩ルート(道を間違えた箇所も含んでます)
131r

奈良交通のバス停の隣に、四条畷市コミュニティバスのバス停が!
Busosng059

路線図を見ると四条畷駅から来れるようで、本数も毎時2本ある。
Busosng060
これだったら徒歩移動しなくても来れたかも。

ここからは奈良交通で生駒駅へ向かいます。
Busosng062

バス停で待っているとき、ふと向かいの家を見ると自宅カフェをやってるようで、なかなか良さげな雰囲気。
Busosng061
乗るつもりのバスを1本遅らせて、立ち寄ってみることに(記事)。

カフェで休憩をしたあと、バスの時間に合わせて再びバス停へ。

13:38発、[96]生駒駅南口行き。
Busosng063

すでに二人乗っていた。
Busosng064
ゆったりしたシート配置。

やっと奈良県生駒市へ。
Busosng065

14:00 生駒駅南口到着。270円也。
Busosng067

5本目、田原台九丁目から生駒駅南口までのルート。
15r

生駒駅の北口へ移動し、1番のりばで次のバスを待つ。
Busosng069
Busosng068

14:21発 [189]学研北生駒駅行き。
Busosng070

さすがに生駒駅からは乗客多め。
Busosng071

バス停の運賃表を見ると、この路線も運賃が上がっていくんですが・・・
Busosng075

バスの出口付近に運賃表がないという。
Busosng072

車窓の景色が長閑になってくると乗客も減っていき・・・
Busosng073

14:45、終点の学研北生駒駅に着いた時には乗客は私だけ。
Busosng074
運賃390円也。

ちなみに、生駒駅から学研北生駒駅まで近鉄電車に乗れば、2駅6分、270円で行ける。

6本目、生駒駅北口から学研北生駒駅までのルート。
16r

バス6本の乗り継いできたここまでの道のり。
07r
まだまだ先は長い。


その4へつづく

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その2~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その1からのつづき


大阪梅田からバスと徒歩でJR鴻池新田までやってきました。
Busosng022_2

ここからは10:55発、[15]小阪駅前行きに乗る。
Busosng023

鴻池新田駅からの乗客は私だけ。
Busosng024

ものづくりの街、東大阪の機械団地を抜け・・・
Busosng025

11:15、4分遅れで荒本駅前に到着。250円也。
Busosng026

2本目、鴻池新田駅から荒本駅前へのルート。
12r

荒本駅前からは11:16発、[43]JR住道行のバスに乗りますが、4分遅れで荒本駅前に着いたので、すでにJR住道行きのバスが来ておりダッシュで乗りかえ。
Busosng027
日野レインボー、私は中型ノンステの名車じゃないかと思う。

ここからの乗客も私だけ。
Busosng028
ただ、次の停留所から続々と乗ってくる。

三洋町のバス停を越えると大東市へ。
Busosng029

JR住道まで310円也。
Busosng031

11:32、JR住道に到着。
Busosng030

3本目、荒本駅前からJR住道までのルート。
121r

JR住道駅の南口側に到着するのですが、次のバスは北口側から出るので駅をくぐって移動。

ところが、北口側へ行ってもバス停が見当たらない。

そこで、北口側の橋上へ行くと広場があり・・・
Busosng032

大東市の市章をかたどった時計を抜けてさらに北側へ歩いていくと・・・
Busosng033

なんかバス停がありそうなロータリーが見えてくる。
Busosng034
バスも止まってるし、この辺にあるんじゃないかと思いスロープを下ると・・・

住道駅前バス停があった。
Busosng035

ここから、12:10発 [16]生駒登山口行きに乗る。
Busosng036
日野、ブルーリボンⅡ。いすゞエルガの兄弟車ですが、近鉄バスはやはり日野ですな。

住道駅前からの乗客はまあまあいてる。
Busosng037

大東市民会館の前を通り、外環を越えると生駒山を登っていく。
Busosng038

上下線が分かれると、本格的に阪奈道路の峠越え。
Busosng040

一気に生駒山を上がっていくので、大阪平野を見渡せる景色がきれい。
Busosng041

大きなハンドルを巧みに回し、右へ左へヘアピンカーブを抜けていく。
Busosng042

12:31 生駒登山口に到着。450円也。
Busosng044

4本目、住道駅前から生駒登山口までのルート。
14r
大阪と奈良を結ぶ生駒山越えの阪奈道路ですが、このバスでは奈良県までは行けず。

我々を降ろしたあと、バスは回送車となり阪奈道路へ。
Busosng045
反対車線へ渡り、折り返し住道へ行くんでしょうな。

ここまでのルートはこんな感じ。
04r
まだまだ先は長い。

ここからは徒歩で移動します。


その3へつづく

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その1~

これまで、大阪~名古屋間の移動に、いろんな公共交通機関を利用してきました。

新幹線、近鉄特急、名神ハイウェイバスはメジャー級。

特急じゃない近鉄(記事)とか、JRの在来線も特別料金のいらない列車で東海道本線、関西本線だけでなく、特急しなの(記事)や特急ひだを乗り継いで行ってみたり(記事)。

高速バスもJRバスの他にWILLER EXPRESS(記事)、直行便以外も伊賀上野で乗り継いだり(記事)、四日市で乗り継いだり(記事)。

はたまた鳥羽から伊良湖岬を経て河和へ伊勢湾を渡ってみたり(記事)、中部空港セントレアから高速船に乗る海上ルート(記事)も試してみました。

これだけでも普通の人ではやらないようなことをやってるんですが、他にどんなルートがあるかぼんやり考えてたところ、ちょうどテレビに蛭子さんが映った・・・


あ!ローカル路線バスを乗り継いで行けないかな?


以前、大阪駅から京都駅までローカル路線バスを乗り継ぐ旅をしましたが(記事)、こうなると単なる移動ではなく、もはや冒険レベル。

果たして大阪からローカル路線バスを乗り継いで名古屋まで行けるものなのかと調べてみると、やってやれないことはなさそう。

ただ、大阪から京都へ行くのとは違い1日では無理だし、はるかに難易度が上がる。

かなりの徒歩移動もしなければならないけど、思い立ったが吉日とばかり、決行することに。

今回 大阪駅→名古屋駅路線バスの旅をするにあたり決めたルールは、高速バスには乗らない ということだけ。

さてさて、大阪駅から阪急うめだ本店を抜け・・・
Busosng001

地下鉄東梅田駅方面へ歩いていくと、近鉄バスの梅田停留所に。
Busosng003

ここからは高速バスも出ています。
Busosng002
9:40発の福山行き高速バスが発車した後・・・

9:45発、[17]稲田車庫前行きの近鉄バスが到着。
Busosng004
日野、ブルーリボンシティがやってきましたが、なんか変じゃないかい?

よく見ると、ナンバープレートが下を向いてる。
Busosng005
決してヤンキー車がナンバープレートを隠すように下を向けてるのではなく、ドアコックがナンバープレートの裏にあるので何かのはずみでストッパーが外れて下向いちゃったと思われ。

7人のお客さんを乗せ梅田を出発。
Busosng006
途中のバス停でナンバープレートが下を向いてることに気が付いたらしく、運転士がバスを降りて戻していた。

御堂筋から国道1号に入り東進、大川を越える。
Busosng007

京橋を過ぎ・・・
Busosng009

バブル期の1990年に、国際花と緑の博覧会が開催された鶴見緑地を越えると・・・
Busosng011

10:20、中茶屋着。210円也。
Busosng012

下車して、乗って来たバスを見送る。
Busosng013

1本目、大阪梅田から中茶屋までの道のり。
11r
(道のりが間違っている可能性がないとは言えませんので悪しからず。以下同)

ここから鴻池新田まで徒歩移動。
降りたバスが去って行った方向に歩いていく。
Busosng014

しばらく歩くと東大阪市へ。
Busosng015

JRの高架に沿って歩き、中央環状線を渡ってさらに歩くと、10:41、JR鴻池新田駅に到着。
Busosng021

鴻池新田駅を南側に通り抜け、鴻池新田駅のバス停に到着。
Busosng022

中茶屋から鴻池新田までの徒歩移動ルート。
11ar

大阪駅から名古屋駅へ、ここまでの道のり。
01r
まだ旅は始まったばかり。

鴻池新田からさらに乗り継いでいきます。


その2へつづく

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

安定の岡山みやげ 廣榮堂武田の『元祖きびだんご』@岡山・JR倉敷駅

岡山みやげといえば、なにわともあれきびだんご

JR倉敷駅のKIOSKで買った元祖きびだんご
Gnskbdng01

12個入りのパックが2つ入った24個入り。
Gnskbdng02
シンプルなお餅とはいえ、物語にも出てくるくらい日本人にはなじみのお菓子。

動物と人間が命を懸けた契を結ぶのにも使われるくらい、一度食べたらクセになるやさしい味わいです。

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

新幹線の中で食べる特上にぎり寿司 『魚がし日本一』@東京駅

東京出張の帰路、東京駅から新幹線に乗る時には、たいていここでにぎり寿司を買います。

東京駅八重洲口地下、東京駅一番街の立ち食い寿司 『魚がし日本一』
Uogsnhic150601
築地直送のネタは安くてウマい!

ホームで缶ビールを買えば、出張帰りの至福のひとときセットの完成♪
15070111

寿司はいつも特上にぎり、1,620円也。
15070112
ネタは季節によって変わりますが、サーモン、はまち、えんがわ、中トロ、うに、いくら、出し巻はいつも入っている。

ただ、以前は12貫でしたが今は11貫になってしまったのが残念なところ。

でも、ビールのアテと晩ごはんも兼用できてちょうどいいので、最近の定番メニューになってます。



魚がし日本一 東京駅一番街店
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅八重洲口地下 東京駅一番街
営業時間: 平日10:30~23:00、土日祝10:30~21:30
TEL: 03-3213-8880

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

東京からの帰りはグリーンポイントを使って新幹線

東京からの帰りは新幹線。

17:20発、のぞみ245号。
15070101

EX予約のグリーンポイントプログラムの有効期限が6月末で切れてしまうので、6月中にポイントを使って予約。
15070102
普通車の料金でグリーンの座席指定をしてるからなのかどうかはわかりませんが、車内検札の時に「いつもご利用ありがとうございます」と言っていただく。

N700系 X8編成。
15070103

昨日、「事件」が起こったばかりでしょうか、車内アナウンスで「危険物の持ち込みは禁止しております」ということをいつもより強調して言ってたけど、本気で持ち込もうとしてるヤツに対して果たして効果あるんだか?

今日も何事もなく無事に新大阪に着きました。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »