« ご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べる 『八方招き』@愛知・瀬戸 | トップページ | 新幹線の車内で食べる 柿安ダイニングの『九条ねぎまみれ鶏唐揚げ』@大丸東京店 »

2015年7月25日 (土)

愛知環状鉄道に乗る

愛知県は瀬戸市のご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べたあと(記事)、帰路は瀬戸市駅から愛知環状鉄道に乗ってみた。
Aikan150601
愛知環状鉄道は、JR東海道線・岡崎駅と、JR中央本線・高蔵寺駅を結ぶ第三セクターで、以前、岡崎駅から八草駅まで乗りました(記事)。

愛知環状鉄道はICカードが使えないので、券売機で乗車券を買う。
Aikan150602

瀬戸市駅から高蔵寺駅まで280円也。
Aikan150603

改札を通り、ホーム上がる途中のトイレの前に、せともののタイルでできた衝立があるところは瀬戸市らしい。
Aikan150604
Aikan150605

ホームには運行情報が表示されたディスプレイがあるんですが、全線の上下線すべての列車が表示されているのは面白い。
Aikan150606

高蔵寺方面の2番ホームは10両編成分の長さがありますが、向かいの岡崎方面の1番ホームは4両分しかないという。
Aikan150608

高蔵寺行きの2両編成の普通列車が到着。
Aikan150609
この2000系はJR東海313系とそっくり。

313系と共通部品を多く使ってコストを抑えているんだとか。

学校帰りの学生を乗せ、瀬戸市を出発
Aikan150607

学生が多いと車内が騒がしくなりがちですが、みんな行儀よく他の乗客に迷惑にならない程度に楽しんでいる様子なのは、さすが都会の学生。

これが地方のローカル線になると、学生たちの傍若無人ぶりは目に余るものがあるし、何度もそんな光景を目にしてきた。

瀬戸市を出発して2駅8分で、終点の高蔵寺に到着。
Aikan150611
高蔵寺駅は中央本線名古屋方面と同じホームの向かい側に着くので、乗り換えが便利。

ただ、私は高蔵寺までしか乗車券を買ってなかったので、一旦改札を出る。

名古屋方面へ行くときは、連絡乗車券を買っておくのがいい。

|

« ご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べる 『八方招き』@愛知・瀬戸 | トップページ | 新幹線の車内で食べる 柿安ダイニングの『九条ねぎまみれ鶏唐揚げ』@大丸東京店 »

乗り物@鉄道(JR以外)」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご当地B級グルメ、瀬戸焼そばを食べる 『八方招き』@愛知・瀬戸 | トップページ | 新幹線の車内で食べる 柿安ダイニングの『九条ねぎまみれ鶏唐揚げ』@大丸東京店 »