« 陸路、成田へ出張 | トップページ | 成田からJRで都内へ »

2015年9月 4日 (金)

日暮里から成田まで京成スカイライナーに乗る

東京駅から成田へは京成で行くことに。

山手線で日暮里駅へ向かい、京成線へ乗り換え。
15090311

京成本線で成田駅まで行くと1時間以上かかるし、せっかくの機会なので在来線最速のスカイライナーに乗ることに。

ただ、スカイライナーは日暮里を出ると空港第2ビルまで止まらないので、空港第2ビルで乗り換えて成田まで戻らなくてはなりませんが、乗り継ぎ時間を含めても京成本線経由よりも若干早く着く。

スカイライナーは全席指定なので券売機で乗車券とスカイライナー券を買いますが、券売機でもシートマップから好きな席を選べるので、車両の半分が空席だった4号車を指定。
15090312

10:05発 スカイライナー19号。
15090313
スカイライナーは専用ホームから乗る。

スカイライナーの前に、9:58発の京成本線経由の成田空港行き特急がやってくる。
15090315
これは特別料金なしで乗れる。

10:03、スカイライナー19号が到着。
15090316
スカイライナーは2代目AE型。

まるで、3代目Jなんとかといういかつい集団みたいなネーミングですが、山本寛斎デザインの車両はシャープな造形で洗練された顔つき。

新幹線の機能美とは違ったカッコよさがある。

やはり有名デザイナーのオリジナル作品は、こうでなければ。

側面窓はスモーク処理されていて、4号車のサービスコーナーは丸窓を配置。
15090317

座席はクッションではなくデスクチェアーのような伸縮性のある織物でできており、座り心地もデスクチェアーみたいですこぶるいい。
15090318

樹脂の部分はシルバーで、フレームのアルミ部分とともに機能的な印象。
15090319

前の座席の下に100Vコンセントが2つあって便利なんですが、シートピッチが1,050mmと広いので、充電しながら使うには長い充電ケーブルが必要。
15090324

天井はドーム型の間接照明で、開放感がある。
15090320

10:05、日暮里駅を発車。
15090314

客室扉の上のモニターでは前面展望も。
15090322

日暮里駅を出発してしばらくは、下町のカーブが多い区間をノロノロ走る。
15090321

京成高砂駅を過ぎ北総線区間に入ると、最高時速130kmにスピードアップ。
15090326

印旛日本医大駅を過ぎると、在来線最速の160km/h区間に。
15090327
ただ、一度も160km/hまで加速せず、だいたい157~158km/hで頭打ち。

JRとの並走区間に入っても高速でぶっ飛ばす。
15090328

すると、JRの快速エアポート成田を追い抜く。
15090329
並走しながら追い抜くのはかなり気分いい~♪

10:41、空港第2ビル駅到着。
15090330

向かいのホームにもスカイライナーが止まっていたので見に行ったら・・・
15090331

2代目AE型スカイライナー5周年記念ロゴが入ってた。
15090332

最近まで、改札を出て空港へ入る前に検問所がありましたが、今は検問所は廃止されていて身分証チェックは不要に。
15090333

再び改札を通り、京成本線ホームへ。
15090335

空港第2ビルは1面2線の島式ホームですが、スカイアクセス線ホームと京成本線ホームが同じホームにあり、柵で区切られている。
15090334
なので、ホーム自体はものすごく長い。

10:50発の特急に乗り、10:57、京成成田駅に到着。
15090336
とぼとぼ歩きながら改札への地下道をくぐると、日暮里駅で先に出発した京成本線経由の特急がやってきた。

京成成田駅を出て、JR成田駅へ向かいます。
15090337

すると、JR成田駅前は再開発されており、複合施設や高層マンションが建っていてちょっとビックリ。
15090338

JR成田駅に到着。
15090339

ここから成田線に乗り換えです。

|

« 陸路、成田へ出張 | トップページ | 成田からJRで都内へ »

乗り物@鉄道(JR以外)」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陸路、成田へ出張 | トップページ | 成田からJRで都内へ »