« 伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅へ | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その2~ »

2016年6月19日 (日)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その1~

仕事のあと、神奈川県のパワースポット、大雄山最乗寺へ行ってみることに。

大雄山最乗寺は1394年に開山した曹洞宗のお寺で、創建に貢献した「道了」が天狗となって山に身を隠し寺を守護してると言われていることから、「道了尊」とも呼ばれています。

伊豆箱根鉄道大雄山駅からスロープを上がって、道了尊行きのバス停へ。
Dyzszjdrs01
時刻は15:23。次のバスまであと15分ほどあります。

ここでちと考える・・・

帰りの新幹線は小田原18:08発の下りの最終のひかりに乗るつもりで、これを逃すとこだましかありません。

道了尊からの帰りのバスは17:20発が最終で、これに乗ればギリギリ最終のひかりに乗れなくはない。

けど、せっかく小田原へ来たので海鮮丼は食べたいところ。

そうすると、道了尊から最終1本前、16:48発のバスに乗りたい。

バス停の手前にタクシー乗り場があるんですが、案内板を見ると道了尊まで1500円ぐらいで行けるらしい。

滞在時間を10分でも稼げるんだったらタクシーでもいいかなー、と熟考の結果・・・


タクシーで行くことに!
Dyzszjdrs02

運転手に「もし歩いて行ったらどれくらい掛かります?」と聞いたら、4kmぐらいなので1時間ぐらいかな~と言うけれど、道中、結構な上り坂がずっと続いてるし、1時間では行けないんじゃないかと思ったり。
Dyzszjdrs03

仁王門を過ぎたらさらに険しい坂になり、両側にあじさいが咲く中、道了尊バス停付近へ。
Dyzszjdrs04
ここで、「上まで行きますか?」と聞かれたので、ここまで来たなら一気に行ってしまおうということで、ご本堂の近くまでワープ!

大雄山駅から7分ほどで到着。料金1,450円也。
Dyzszjdrs05
バスを待ってたらまだ大雄山駅を出発してないよ。

このタクシー移動が、後々のスケジュールの成否に関わるとはつゆ知らず。

平日だからか、境内には人はほとんどいない。
Dyzszjdrs06

案内図を見たら、クルマで上がって来ると、バスで来て参道を上がってくるのと境内へ入る方向が違うみたい。
Dyzszjdrs07

ここで、バスで来た場合の道順を追ってみましょう!
(帰り道、振り返りながら撮りました)

道了尊バス停から坂を上がると入口がある。
Dyzszjdrs11
左は坂道、右は駐車場への車道になっているのですが、中央の階段を進みます。

杉林の中の階段を上がっていくと・・・
Dyzszjdrs12

建物が見えてきて・・・
Dyzszjdrs13

これが三門。バス停から境内へのほぼ中間地点。
Dyzszjdrs14

三門をくぐると、延々と階段が続き・・・
Dyzszjdrs15

石碑が立ち並ぶ中、階段を進み・・・
Dyzszjdrs16

案内板に従い、右手のちょっと広めの階段をさらに上がっていくと・・・
Dyzszjdrs17

ようやく境内への入口へ。
Dyzszjdrs18

『瑠璃門』というらしい。
Dyzszjdrs19

瑠璃門をくぐると、私がタクシーを降りた広場に出る。
Dyzszjdrs20
バス停から瑠璃門をくぐるまで約10分。

ここまで来るだけで結構な段数の階段を上ることになるので、これだけでもタクシーで来た甲斐があったってもんだ。

境内を見ながら、パワーを授かりに向かいます。


その2へつづく

|

« 伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅へ | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その2~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

高見澤様

拙い写真でよろしければ、お使いいただいて結構です。
写真をクリックすると、大きな画像が出てきます。
ささやかではありますが、お役に立てればなによりです。
わざわざ事前のご連絡をいただき、ありがとうございます。

投稿: おそくじ(管理人) | 2018年5月 2日 (水) 07:42

突然のコメントすみません。

当方、神奈川県の最乗寺のホームページをリニューアルしているものです。高見澤といいます。

自分の隣の市なのですが、なかなか新緑の最乗寺の画像がなく、こちらのサイトにたどり着きました。

大変申し訳ありません。
こちらの最乗寺の写真を5~6点、最乗寺のホームページに使わせて頂けませんか?
とても、門とかの画像がすばらしくて、紹介ページのスライドに使わせて頂けないかと思いまして、、

すみません。。。ご検討お願いします。。。

ホームページは5月頭にリニューアル予定です。
すみません。宜しくお願いします。

投稿: 高見澤 | 2018年4月30日 (月) 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅へ | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その2~ »