« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

ピザとパスタでランチ 『ICHIRIN PIZZA&PASTA』@豊中・西緑丘

豊中・西緑丘のロマンチック街道沿いにある『ICHIRIN PIZZA&PASTA』
Ichirn1660
去年、この地に移転オープンした時に呼んでもらって以来の来訪。

お昼はランチメニューからしかオーダーできないんだとか。
Ichirn1661

コトコト煮込んだミートソースの半熟たまご添え 880円也(税別)
Ichirn1663
コク深いミートソースだけでもおいしいのですが、半熟たまごと絡めるとさらにウマい。

ただ、ミートソースのひき肉が塊になってたのは、ちと残念。

たらこスパゲティ 1,050円也(税別)
Ichirn1664
あれ?去年食べたたらこスパゲティとだいぶ変わってる。

去年食べたのはたらこが少なかったけど、今回のはたらこがいっぱい入ってる。

モッツァレラチーズをたっぷり使ったマルゲリータ 1,250円也(税別)
Ichirn1665
チーズとトマトソースの味わいがウマい!

単品価格に+400円でサラダセットを注文。
Ichirn1662
小ぶりのサラダですが、オニオンドレッシングがおいしい。

セットを頼むとドリンクバーも付いてくる。

ただ、ランチでもそれほどお得感はないので、夜に行った方がいいかも。



ICHIRIN PIZZA&PASTA ロマンチック街道店
大阪府豊中市西緑丘3-11-1
営業時間: ランチタイム11:00~15:00、カフェタイム15:00~17:30、ディナータイム17:30~22:30(L.O22:00、定休なし)
TEL: 06-4866-6800

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

名鉄7000系Nゲージの修理

この前、エキスポシティーへ行った時に、Nゲージ屋を見つけました。

鉄分多めの私、小学生の頃からいくつかNゲージを持っているのですが、なつかしいな~と思いながら店に並んでる車両を見てました。

すると、店内にジオラマがあり、自分の車両を持ち込んで走らせられるみたい。

そこで、ウチの次男坊が小さい時に壊した名鉄7000系のパンタグラフを修理すべく、パーツが廃番になる前に調達して付け替えることに。
Mtsprcng10

これ、私が小学生の時にお年玉で買ったんですが、大阪に住んでいながら名鉄7000系パノラマカーを1編成揃えるところは当時からマニアだったんだな、と思ったり。
Mtsprcng11

近いうちに走らせに行こう!

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

赤福のようかんバージョンのようなお餅 『ふく福餅』

信州みやげにいただいたこれ。

千曲製菓謹製、ふく福餅
Fukfukmcss01

赤福のような一口サイズのお餅。
Fukfukmcss02
てっきり味も赤福みたいなのかと思ったら、あんこがようかんっぽい味わいで、後味もあっさりとしているので、結構パクパクいけてしまう。

予想以上に美味しかったお餅でした。

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

華屋与兵衛で二八そばを食べる@神奈川・鎌倉

神奈川県は鎌倉市、湘南モノレール富士見町駅から徒歩4~5分のところにあるファミレス 『華屋与兵衛』でお昼にすることに。
Hnyhi01
店内からは、空飛ぶモノレールの姿も見られます。

江戸時代ににぎり寿司を考案したとされる寿司職人が「華屋与兵衛」さんだけあって、にぎり寿司のメニューもありますが、やっぱりファミレスでにぎり寿司という気分じゃないので・・・

二八そば 小いくら蟹丼セットにする。1,070円也(税別)
Hnyhi02
ファミレスにしては珍しい歯ごたえのある二八そばはボリュームもあり、なかなか美味しい。

全席禁煙でホットコーヒーはおかわりができて、時間をつぶさないといけないときにもちょうどいいお店です。



華屋与兵衛 鎌倉山崎店
神奈川県鎌倉市山崎1140
営業時間: 11:00~22:30(定休なし)
TEL: 0467-42-8780

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

新幹線に乗る前に食べに行ける海鮮丼 『魚河岸 でん』@神奈川・小田原

箱根への玄関口、小田原駅の東口から徒歩1分のところにある海鮮丼の店 『魚河岸 でん』
Ugsdn1661

以前、小田原どん海鮮親子丼を食べに来たことがありますが、せっかく小田原に来たので新幹線に乗る前に再訪することに。
Ugsdn1662

店頭のPOPのしらすを使った小田原三色丼も魅力的ですが、本日のおすすめ丼も捨てがたい。
Ugsdn1663

熟考の結果、本日のおすすめ丼5種丼をオーダー。2,080円也(8%税込)
Ugsdn1664
どんぶりに漁師汁と小鉢付き。

レギュラーメニューに比べおすすめ品の方が高いのですが、売上金の一部が熊本へ寄付されるというので、これにする。

5種丼は、まず生まぐろとブリが付いていて、あとの3品は金目鯛、イシモチ、アジ、生しらす、釜あげしらす、沖漬けしらすの中から選べるので、金目鯛、生しらす、沖漬けしらすをチョイス。
Ugsdn1665
あれ?

これ、生しらすじゃなくて釜あげしらすやんか!

ま、いいか。

まぐろも中トロにしてくれたし。

で、釜あげしらすの中から、モンスターが出てきた!
Ugsdn1666
たぶんイカの赤ちゃんかな?

具を食べるかよけながらでなければ、なかなかごはんまでたどり着かないくらい盛りだくさん。

切り身が分厚くて食べごたえもあり、特にしらすはご当地でないと食べられないくらい美味しい♪

三色しらす丼も食べてみたいですね。



魚河岸 でん
神奈川県小田原市栄町2-3-4
JR小田原駅東口から徒歩1分
営業時間: 11:00~22:00(LO.21:00、定休なし)
TEL: 0465-22-3341

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

伊豆箱根鉄道大雄山線で小田原へ

最乗寺道了尊からの帰路、伊豆箱根鉄道大雄山駅から小田原へ戻ります。

大雄山駅の隣には金太郎像がある。
Izhdyzr41
某携帯会社のCMの金太郎とは ”ちょっとだけ” 雰囲気違う(笑)

小田原行きの5000系。
Izhdyzr42

大雄山線開業90周年記念のヘッドマーク。
Izhdyzr43

この編成は昭和61年製造の第2編成。
Izhdyzr44

運転台は計器類の高さが抑えられたワンハンドルタイプ。
Izhdyzr45

ガラガラのまま大雄山駅を出発しましたが、次の富士フィルム前で立ち客が出るほど乗ってきた。
Izhdyzr46

小田原駅に到着。
Izhdyzr47
小田原方のヘッドマークはまた違う。

大雄山線の0キロポスト。
Izhdyzr48

ここで車掌さんに声を掛け、記念に車内券を発行してもらった。
Izhdyzr49
昔ながらのパンチで穴を開けるタイプの車内券。

よく見ると「社内」切符を書いてあるけど?!

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その6~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その5からのつづき


天狗様のパワーを授かりありがた~い気分でほっこりしたはいいけれど、帰りのバスの時間が迫っていることに気が付き、慌てて境内を出る。

案内板には、瑠璃門からバス停まで10分って書いてあるんですが、瑠璃門を出て階段を下りる時には、バスの時間まであと7分しかない。
Dyzszjdrs100_2

仕事のあとに訪問したので革靴で仕事カバンを持って石畳の階段を駆け下りるのは、足をひねる危険と隣り合わせ(汗)
Dyzszjdrs101
ただ、途中どうしても立ち寄りたいところがあるので行ってみる。

それがこの『座禅石』
Dyzszjdrs102

大雄山を開山した了庵慧明禅師が、この石の上で座禅したらしい。
Dyzszjdrs103
そして、この座禅石に手をかざすと、霊感のある人は手が赤くなるんだとか。

私は霊感が全くないことを自負してますが、やっぱり手は白いまま(^_^;)Dyzszjdrs104
時間がないので十数秒しかかざしてませんけど。

この時点でバスの発車時刻まで3分を切っているので、さっきよりもさらに本気で石段を駆け下ります。

バス停から上がって来た時の様子がわかるように、ところどころ立ち止まり、振り返って写真を撮りながら。
Dyzszjdrs13_2

もうこの辺では、まるでトレイルランしてるみたいに階段を飛ばして走っていく。
Dyzszjdrs12_2
すると、遠くでバスがやって来るのが見えたので、さらにペースアップ。

もし、誰かが杉林の中を駆けてる私の姿を見たら、天狗と間違えるんじゃないかと思うくらい。


天狗のパワーってこういうことか?!(笑)


そんな天狗様のパワーのおかげで、なんとかバスに間に合った!
Dyzszjdrs105
道了尊へ行く時には滞在時間を10分でもかせげるんだったらと大雄山駅からタクシーで境内まで行きましたが、最後の最後、これが効果があった訳で。

道了様、ありがとうございます!

大雄山駅行きの伊豆箱根バス。
Dyzszjdrs106

乗客は私の他におじさん一人。
Dyzszjdrs107
バスの中では持参の扇子をあおいで、汗を落ち着かせる。

わしゃ天狗か!

と自分で自分にツッコんでしまうくらい。

道了尊から10分で大雄山駅に到着。
Dyzszjdrs108

道了尊の御利益があって事がうまく進んでも、自分自身は天狗にならないように気を付けないといけませんね。

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その5~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その4からのつづき


奥の院から階段を下り、御真殿方向へ進むと、天狗の姿になった道了尊がいらっしゃる。
Dyzszjdrs78
最乗寺のサイトによると、

 『道了大薩埵は「以後山中にあって大雄山を護り多くの人々を利済する」と五大誓願文を唱えて姿を変え、火焔を背負い右手に拄杖左手に綱を持ち白狐の背に立って、天地鳴動して山中に身をかくされた。』

と記されているので、まさに山中に身をかくされた後のお姿でしょうか。

姿を隠してんのに像にしていいのかどうかは触れないでおこう。

その隣には『十一面観世音菩薩』
Dyzszjdrs79

名前の通り十一面なのかどうかは確認しませんでしたが、頭部の周囲に小さいお顔が並んでいます。
Dyzszjdrs80
アラウンドビューモニターみたいな360度の視界があるのかな?

世界最大の高下駄 『和合下駄』
Dyzszjdrs81
下駄は左右一対そろって役に立つところから、夫婦円満や縁結びの御利益もあるんだとか。

天狗といえば一本下駄のイメージですが、これは一本下駄じゃないんですね。
Dyzszjdrs82
鉄製で重さ3.8トン。
マッスル方面では最強の筋トレグッツとして垂涎の的と言われてたり、言われてなかったり。

世界一の高下駄の周りにも、たくさん下駄が並んでます。
Dyzszjdrs83

大きな下駄から小さな下駄まで。
Dyzszjdrs84

ピカピカのステンレス製の下駄もあったり。
Dyzszjdrs85

もし、玄関にこれだけの下駄が並んでたら、外から帰ってきたおかん、ビックリすんで。
Dyzszjdrs86

道了尊や大天狗、小天狗が祀られている『御真殿』
Dyzszjdrs87
朝昼晩のご祈祷をしたり、修行のための道場なんだとか。

御真殿の前にある77段の階段を下りていく。
Dyzszjdrs88
太ももがプルプルして重たい。

奥の院からこの階段の下まで、合わせて425段。
Dyzszjdrs89

階段の段数はこんな感じ。

奥の院 -(216段)- 黒い大天狗小天狗 -(17段)-(2段)- 道の真ん中に鎮座する岩 -(2段)-(40段)-(60段)-(11段)-御真殿と三面大黒殿との分かれ道 - 御真殿 -(77段)- 結界門

数え間違いがありましたらご勘弁。

団扇の紋が入っている結界門を出る。
Dyzszjdrs90

結界門から段下を見ると、中央に『御供橋』、両脇に『圓通橋』が掛かっています。
Dyzszjdrs91
御供橋は白装束を身にまとった修行僧が道了様へのお供えをする時にのみ渡れる橋で、普段は通れないようになっており、参拝者は両脇の圓通橋を渡らなければなりません。

くれぐれも、どこかの小坊主のように変なとんちを効かせて真ん中を渡ろうとしないように。

階段を下りて行くと、本堂方向へ行く道と右へそれる道があったので、右の方へ進んでみる。
Dyzszjdrs92

すると、なんだか生活感が漂うエリアに入ってしまうのですが、さらに進むと赤い下駄が見えてくる。
Dyzszjdrs93

初代の和合下駄で、重さは1.5トン。
Dyzszjdrs94
天狗も成長とともに下駄が小さくなっちゃったんでしょうかね?

初代の和合下駄から境内へ向かう階段を上がると、『碧落門』
Dyzszjdrs95

中は通路になってた。
Dyzszjdrs96

再びこの広場へ戻ってきた!
Dyzszjdrs97
試練を乗り越えパワーを授かったおかげで、最初に来た時よりレベルアップして戻ってきたような気分♪

来た時には本堂に目が行ってしまったけど、今戻って来ると、うしろに高々とそびえる杉林にも視線が行くように。
Dyzszjdrs98

まるでお寺を守護してるような。
Dyzszjdrs99
ありがたい気持ちになってホッコリしていると、時間を忘れてしまう。

。。。


ハッ!(;゜0゜)



しまった!
帰りのバスの時間のことを忘れてた!

そんなことすら忘れさせてくれる道了尊に感謝をしながら、帰路へ。

案内板には、瑠璃門からバス停まで10分って書いてあるんですが、瑠璃門を出て階段を下りる時には、バスの時間まであと7分しかない。
Dyzszjdrs100

やばい(;゚Д゚)

石畳の林道を駆け下りて行くことに。



その6へつづく

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その4~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その3からのつづき


ハァハァゼェゼェ言いながら体力を振り絞って階段を上がり、ようやくたどり着いた『奥の院』
Dyzszjdrs64_2

天狗の浄域のてっぺんにあるパワースポット。
Dyzszjdrs65

中には『十一面観世音菩薩』が祀られています。
Dyzszjdrs66
一応、ここでも野口氏を納めて合掌し、中へ。

パワーを授かるのにかなりパワーを使ってしまいましたが、ニカド電池も充電前に放電してリフレッシュするのと同じようなもんと思っておこう。

階段の最上段まで上がっても、景色は林の中。
Dyzszjdrs67

お堂をぐるっと1周しても、杉林しかありません。
Dyzszjdrs68

『百度石』と彫られた石碑があった。
Dyzszjdrs73
百度石の解説がなかったので詳しくはわかりませんが、百度参ったら願いが叶う的なものなのでしょうか?

確かに、この試練を100回したら願いのひとつでも叶えて欲しいもんですが、少なくとも100回通ったら間違いなく足腰は鍛えられるだろう。

お堂の隣には売店らしき小屋があり、お札やおみくじなどを売ってるようですが、この日はやってなかった。
Dyzszjdrs69

サッシの枠に「呼鈴」と書いた紙があったけど、肝心の呼鈴自体が見当たらず。
Dyzszjdrs71

特製お札スタンドのPOPが貼ってあったんですが、スマホが置けることを推すお札スタンドってどうなん?
Dyzszjdrs72
デジタル時代の波がこんなところにまで押し寄せてるみたい。

そのうち、スマホ充電機能が付いたり、お札アプリを立ち上げたスマホを置いとけば御利益あり!みたいなことになったりして。

各所の標高が書かれた紙が貼ってあったんですが、奥の院は標高429m、216段下が396mらしいので、最後の階段の高低差は33m。
Dyzszjdrs70
てか、やっぱり最後の階段は216段だったんじゃないか!

天狗のパワーを充分に授かり、さっき上ってきた階段を下りていきます。
Dyzszjdrs74
キツかった上りでしたが、下りは楽だろう・・・


しんどい!


上りで疲労があったのか、下っていくと足がガクガクプルプルしてるし!

足を踏み外さないように注意しながら、天狗のところまで戻ってきた。
Dyzszjdrs75

天狗の後姿も精巧な造形。
Dyzszjdrs76
Dyzszjdrs77

帰り道、世界一の下駄も見て行きます。



その5へつづく

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その3~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その2からのつづき


境内から階段を上がって、天狗になった道了様の浄域への入口、『結界門』までやって来た。
Dyzszjdrs36_2
門の両側には天狗が守っていて・・・

向かって左側には、烏のような容姿の『小天狗(烏天狗)』が右手に武器のようなものを持ち、今にも殴りかかろうとしてる!(◎_◎;)
Dyzszjdrs37

右側には『大天狗(鼻高天狗)』が巻物と団扇を持って立っている。
Dyzszjdrs38
どちらもかなりイカツイ 凛々しいお顔立ち。

結界門をくぐり、順路に従って歩いていくと、『三面大黒殿』へ。
Dyzszjdrs39
三面大黒殿の前にある狛犬が珍しく・・・

その名も 『有難い狛犬』
Dyzszjdrs40

何が有難いのかというと、向かって右側の狛犬には子犬がいて、お乳を飲ませているという。
Dyzszjdrs41
ありがたや~

左側の狛犬には子犬はおりません。
Dyzszjdrs42

三面大黒殿の手前にある、三角形に並んだ樹齢600年余りの三本杉がパワースポットらしいので・・・
Dyzszjdrs43

三本杉の真ん中に立ってパワー注入!
Dyzszjdrs44

パワーをいただき、いよいよ山登り。
はじめのうちは段差もゆるやかで、さながらステージ1といったところ。
Dyzszjdrs45

周りは木々が生い茂る、だけ。
Dyzszjdrs46

だんだんと階段が急になってくると、ステージ2へ。
Dyzszjdrs47
ステージ2への入口には、両側に狛犬と・・・

真ん中に賽銭箱が置いてあり、まるで通行料を納めよと言われてるような。
Dyzszjdrs48
一応、わずかではありますが納めるものは納めて、入らせていただくことに。

さすがはステージ2になると、いきなり角度がきつくなる(+_+)
Dyzszjdrs49
ひとまず目の前の階段を上がって行き・・・

上がりきる直前に、次の階段が見えてくるという。
Dyzszjdrs50

これを上がると、おっ、階段ないやん!と思いつつ歩いていくと・・・
Dyzszjdrs51

道の真ん中、行く手を阻むようにでっかい岩が鎮座。
Dyzszjdrs52

岩の脇をすり抜けると最終ステージ、ステージ3へ突入。
Dyzszjdrs53
ステージ3の入口も、大天狗と小天狗が守る。

いや、もしかしたら結界門にいらっしゃった大天狗と小天狗が颯爽と飛んできたのかもしれない。

結界門でお目にかかった時よりもお黒くなられたようで。
Dyzszjdrs55

小天狗はいよいよ剣を振り下ろしそうな勢い。
Dyzszjdrs54
目線に入るとやられそうなくらいの気迫。

ステージ2よりもさらに角度がきつくなったステージ3の階段。
Dyzszjdrs56

iPhoneを手すりに置いてみると、だいたい32度。
Dyzszjdrs57
こんな急階段ですが、一歩ずつ上って行きます。

黒い大天狗、小天狗を超えてから最後の階段は数えながら進む。

ちょうど100段目で振り返るとこのへん。
Dyzszjdrs58

階段の脇に奉納されている灯篭でいうと、オスカ電子さんのところ。
Dyzszjdrs59

でも、まだ先は長い。
Dyzszjdrs60

正直、階段には自信があったんですが、100段ぐらいまでは調子よく行けるも、100段を過ぎると急に汗が吹き出し、息があがって脈拍が速くなってくる。

ペースを落として200段目。
Dyzszjdrs61
だいぶ進んだ感じ。

灯篭でいうと、医療法人大雄会のところ。
Dyzszjdrs62

残りはあとちょっと!
Dyzszjdrs63

あれ?

この階段、300段とか350段とか聞いてたんですが、そんなにはないぞ!

心臓バクバク、息ぜいぜい、汗ブッシャーな状態で、ようやくたどり着いた頂上にある『奥の院』
Dyzszjdrs64
結局、黒い大天狗&小天狗からは216段。

進むにつれてペースは落ちましたが、途中で休むことなく、写真を撮りながら3~4分でステージ3をクリア。

ここまで上がってくると、少しは暑さはマシかな。

とりあえず心拍数と汗を落ち着かせます。



その4へつづく

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その2~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その1からのつづき


最乗寺境内を見て回ります。

瑠璃門の向かいにあるのが『書院』
Dyzszjdrs08

階段の脇に書院の解説が書かれた石碑があるので、これを読んでみる・・・
Dyzszjdrs09
ま、何かをするところだということは察した。

隣の小さな池にある『光明亭』
Dyzszjdrs10
中国の庭園にはたいてい池のほとりにこういう茶室がありますが、同じようなものなんですかね?

『亀にエサを与えないで下さい』
という立て看板があったんですが、水がちょろっと出てる岩にいてる亀はどうやら作り物。
Dyzszjdrs21

奥には『僧堂』があり、修行僧が坐禅をする道場なんだとか。
Dyzszjdrs22
僧堂の手前に、なぜか大きな時計がある。

最乗寺には大下駄が奉納されているのですが、これは道すがら見て行くことに。
Dyzszjdrs23

僧堂を過ぎると、本堂が見えてくる。
Dyzszjdrs24
普段は中を見ることもできるそうですが、この時ちょうど中からお経を唱えるの声がしてお勤めの最中だったみたいで、扉が全て閉じられていたので中を見ることはできなかった。

一応、修行の意味も込めて野口氏を納め、合掌。

本堂を過ぎると、『金剛水堂』へ。
Dyzszjdrs25

開創のとき、道了様が自ら井戸を掘り土中から鉄印(御金印(おかのいん))が出た跡から霊泉(金剛水)が湧出、以来600年、この霊泉を飲むものの諸病を癒している、と伝えられているんだとか。
Dyzszjdrs26

確か開創したのが1394年で、以来600年というと若干計算が合わない気もしますが、それくらいは誤差範囲ということで。

これだから理系のA型は嫌われる・・・

中をのぞくと湧水が流れていたので、私も諸病を癒してもらおうとちょこっといただく。
Dyzszjdrs27
でも、衛生的にゴクリと飲む勇気はなかったので、尺で手の平に受けて小さじ1杯ぐらいだけ。

トニオ・トラサルディーのイタリア料理のように一時的に体が壊れても完璧に治癒するならまだしも、ありがたいお水をいただいた結果OPPにはなりたくないし。

まだまだ階段は続く。
Dyzszjdrs29

現役稼働中の『鐘楼』
Dyzszjdrs30

さらに階段を上がると、『結界門』『御供橋』『圓通橋』が見えてくる。
Dyzszjdrs33

右側には、『多宝塔』
Dyzszjdrs34

その隣には、『洗心の滝』
Dyzszjdrs35
近くで滝の流れを見てると、その名の通り心が洗われるような気持ちになる。

さて、いよいよ『結界門』へ。
Dyzszjdrs36
この結界門から先は、天狗になった道了様の浄域とされ、門の両側には天狗が守っている。

ここまで来るのにかなり階段を上ってきましたが、ここまでは序章。

本当の試練はこの先に待っている。。。



その3へつづく

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その1~

仕事のあと、神奈川県のパワースポット、大雄山最乗寺へ行ってみることに。

大雄山最乗寺は1394年に開山した曹洞宗のお寺で、創建に貢献した「道了」が天狗となって山に身を隠し寺を守護してると言われていることから、「道了尊」とも呼ばれています。

伊豆箱根鉄道大雄山駅からスロープを上がって、道了尊行きのバス停へ。
Dyzszjdrs01
時刻は15:23。次のバスまであと15分ほどあります。

ここでちと考える・・・

帰りの新幹線は小田原18:08発の下りの最終のひかりに乗るつもりで、これを逃すとこだましかありません。

道了尊からの帰りのバスは17:20発が最終で、これに乗ればギリギリ最終のひかりに乗れなくはない。

けど、せっかく小田原へ来たので海鮮丼は食べたいところ。

そうすると、道了尊から最終1本前、16:48発のバスに乗りたい。

バス停の手前にタクシー乗り場があるんですが、案内板を見ると道了尊まで1500円ぐらいで行けるらしい。

滞在時間を10分でも稼げるんだったらタクシーでもいいかなー、と熟考の結果・・・


タクシーで行くことに!
Dyzszjdrs02

運転手に「もし歩いて行ったらどれくらい掛かります?」と聞いたら、4kmぐらいなので1時間ぐらいかな~と言うけれど、道中、結構な上り坂がずっと続いてるし、1時間では行けないんじゃないかと思ったり。
Dyzszjdrs03

仁王門を過ぎたらさらに険しい坂になり、両側にあじさいが咲く中、道了尊バス停付近へ。
Dyzszjdrs04
ここで、「上まで行きますか?」と聞かれたので、ここまで来たなら一気に行ってしまおうということで、ご本堂の近くまでワープ!

大雄山駅から7分ほどで到着。料金1,450円也。
Dyzszjdrs05
バスを待ってたらまだ大雄山駅を出発してないよ。

このタクシー移動が、後々のスケジュールの成否に関わるとはつゆ知らず。

平日だからか、境内には人はほとんどいない。
Dyzszjdrs06

案内図を見たら、クルマで上がって来ると、バスで来て参道を上がってくるのと境内へ入る方向が違うみたい。
Dyzszjdrs07

ここで、バスで来た場合の道順を追ってみましょう!
(帰り道、振り返りながら撮りました)

道了尊バス停から坂を上がると入口がある。
Dyzszjdrs11
左は坂道、右は駐車場への車道になっているのですが、中央の階段を進みます。

杉林の中の階段を上がっていくと・・・
Dyzszjdrs12

建物が見えてきて・・・
Dyzszjdrs13

これが三門。バス停から境内へのほぼ中間地点。
Dyzszjdrs14

三門をくぐると、延々と階段が続き・・・
Dyzszjdrs15

石碑が立ち並ぶ中、階段を進み・・・
Dyzszjdrs16

案内板に従い、右手のちょっと広めの階段をさらに上がっていくと・・・
Dyzszjdrs17

ようやく境内への入口へ。
Dyzszjdrs18

『瑠璃門』というらしい。
Dyzszjdrs19

瑠璃門をくぐると、私がタクシーで降りた広場に出る。
Dyzszjdrs20
バス停から瑠璃門をくぐるまで約10分。

ここまで来るだけで結構な段数の階段を上ることになるので、これだけでもタクシーで来た甲斐があったってもんだ。

境内を見ながら、パワーを授かりに向かいます。


その2へつづく

| | コメント (0)

2016年6月18日 (土)

伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅へ

小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線に乗ります。

大雄山線に乗るのは2012年以来4年ぶり(記事)。

改札口では、大雄山最乗寺 道了尊の天狗様がお出迎え。
Izhdyzr11

改札を通ると、『時表器故障中』書かれたホワイトボードに発車時刻が手書きされてましたが・・・
Izhdyzr13

ただいま、発車案内板が故障してるようで。
Izhdyzr12

正常の発車案内板はこれ。
Daiuznsen02
関西人にはわからない、『こんど』『つぎ』

発車時刻を書いて上下に並んでるので上が先に出るとわかりますが、普通の会話で「つぎの電車に乗ってください」 と言われて、それが2本目の電車を指していると思うんだろうか?


ま、それはさておき、ホームには大雄山線用の5000系。
Izhdyzr14
行き先は小田原と大雄山しかないので、行先表示は両方の駅を掲げておき、裏から照明を点けて表すというなかなか面白い仕組み。

「回送」とかもないんですね。

正面には、大雄山線開業90周年のヘッドマークが取り付けられていて、以前大雄山線で活躍してた車両の写真入り。
Izhdyzr15

7編成ある5000系のうち、この編成は平成元年製造の第4編成らしい。
Izhdyzr17

ロングシートがほぼ埋まるくらいの客を乗せ、小田原駅を出発。
Izhdyzr16
大雄山線は小田原駅からの盲腸線ですが、沿線は住宅や工場も多いせいか閑散としたローカル私鉄という雰囲気はなく、地元の足としての需要も多い。

車内の路線図を見ると、小田原駅から大雄山駅までの鉄道路線だけでなく、大雄山駅から道了尊までのバス路線まで書かれており、小田原駅改札の天狗もそうですが、道了尊へのアクセス路線でもあるみたい。
Izhdyzr18

小田原駅を発ち21分で大雄山駅に到着。
Izhdyzr19
大雄山駅には、今風の駅名票の他に・・・

昭和なフォントの駅名票もある。
Izhdyzr20

「ゆ」の字が取れちゃったのか、油性ペンで書かれているところがお茶目。
Izhdyzr21

名所案内でも、かなり大雄山最乗寺推し。
Izhdyzr22

大雄山駅は1面2線の終端駅。
Izhdyzr23

大雄山側の先頭車。
Izhdyzr24
折り返し小田原行きになるので、小田原側の行先表示の照明を点ける。

小田原側とは違うヘッドマーク。
Izhdyzr25
ヘッドマークは何種類かあるらしい。

大雄山駅の駅舎。
Izhdyzr26

大雄山最乗寺をかなり推していることもあり、それならばと行ってみることにしよう!

というか、実は最初から最乗寺に行くつもりでここまで来た訳です。

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

予想以上においしいかまぼこ 『ふんわり揚げ しそ』@神奈川・小田原

やっぱり小田原といえば、かまぼこだよね~♪

という訳で、小田原からの帰りの新幹線の中でビールのアテにするために、新幹線改札の前にある売店で買ったこれ。

小田原名産 ふんわり揚げ しそ 6個入り540円也(8%税込)
Fnwrkmb01

いつもならビールがセットなんですが、ビールを買う直前に電話が入り、訳あって急遽こんかるこーるちーる へ変更し、出張帰りの至福のひととき。
Fnwrkmb02

ふんわり揚げは、かまぼことはんぺんの中間のようなふんわり食感。
Fnwrkmb03

中に香ばしいしそが入っていて、予想以上に美味しい♪
Fnwrkmb04

家で食べる用に買ってもいいし、小田原からのビールのお供はこれに決定だな。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

小田原から新幹線で帰阪

神奈川での仕事を終え、その後ちょびっと寄り道したあと、小田原から新幹線に乗って帰ります。
16061612

小田原から乗るのは何年ぶりだろ?
16061614

小田原駅はゆるーくカーブしているのですが、通過線のカントがカッコいい。
16061615
カントで車体を傾けて通過する列車を見たいな~と思ってたんですが、結局通過列車は現れず・・・

上りのこだまがやって来た。
16061616

その後、下りホームにも18:08発 ひかり523号が到着。
16061611
小田原を出発するこの日最終の下りのひかり。

N700系 X42編成。
16061613

もちろん車内では出張帰りの至福のひとときをしましたが、その様子はまた明日。

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

久しぶりに関東へ出張

今日は関東へ出張。

サミットがあったのでここしばらく遠出の出張は自粛してたんですが、その間にずいぶんと暑くなってしまった。

新大阪6:57発 のぞみ294号。
16061501

のぞみ294号は、EX-ICを使って関東へ行く時には何かと都合がいい。
16061503
新大阪を6時台に出発する最後ののぞみなので、IC早特が使える最も遅いのぞみであることと、臨時のぞみなので比較的空いていて、新横浜を9:00以降に出発するので自由席券で指定席に座る特例客がいないってとこ。

N700系 X40編成。
16061502

狙い通り、私の席の前後は空席だったんですが、斜め後ろに座ってるおっさんが風邪ひいてんのか、咳をゲホゲホど派手にやらかしよる。

そんな激しい咳が止まらないんなら、家で大人しく療養してたがいいんじゃないかと思うくらい。

暑い中出張は大変ですが、雨降ってないのがまだマシか。

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

チーズタルトのPABLOとロッテのチョコパイがコラボ 『チョコパイ チーズケーキ』

群雄割拠なお菓子業界。

毎年、あまたのお菓子が生まれては消えていく中、何十年も人気のお菓子もあります。

そんなロングセラー商品のひとつ、ロッテのチョコパイ。

まあこの分野では森永エンゼルパイの方がだいぶ先輩のようですが、どちらも子どもの頃からおいしいですね♪

そんなチョコパイですが、なんとチーズタルトの有名店、PABLOとコラボしたチョコパイができたらしい。

チョコパイ チーズケーキ。
Pblckpe01
近所のイオンで、1個100円弱で売ってました。

チョコがコーティングされた生地の中に、PABLOのチーズタルトみたいなアプリコットジャムとチーズクリームがサンドされてます。
Pblckpe02
食べてみると、確かにチーズケーキ風な味わいがあっておいしいのですが、PABLOのチーズタルトの味を期待してしまうとちょっと物足りなさもあったり。

まあそれだけPABLOのチーズタルトがおいしいってことでしょうかね。

このチョコパイも十分おいしいので念のため。

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

クセになる美味しいカレー 『ブルーノガーデン』@大阪・箕面

キューズモール箕面の隣にあるカレーレストラン、『ブルーノガーデン』
Blngdncr601
久しく行ってなかったんですが、無性にここのカレーが食べたくなったのでランチしに行くことに。

店内は古き良きアメリカの雰囲気。
Blngdncr602

今回は、牛タンカレーをオーダー。1,350円也(税別)
Blngdncr603

思わず、ローリングストーンズか!とつっこんてしまうぐらいの立派な牛たんですが、ほろほろに煮込まれて口の中でとろけてしまう。
Blngdncr604

今回は少し遅めに行ったので待たずに入れましたが、やっぱり今でもランチ時はいつも混んでいて待ってる人もいるようです。



カレーレストランカフェ ブルーノガーデン箕面店
大阪府箕面市西宿1-5-43
営業時間: 11:30~21:00(土日祝は22:00まで)、ランチ11:30~15:00(定休なし)
TEL: 072-737-6273

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

ちょっと高級な老舗うどん店 『美々卯』@大阪・平野町

大阪にある老舗うどん店 『美々卯』

美々卯は、商標登録したにも関わらず普通名詞化されるほど世の中に広まったうどんすきを考案したお店ですが、今ではちょっとお高いうどん店として有名に。

ちょうど仕事で美々卯本店のすぐ近くまで行ってたので、ここでお昼を食べることに。

ビルと駐車場が立ち並ぶオフィス街にぽつんと、老舗の佇まいを放っている美々卯本店。
Mimiuhtn01

店に入ると、時代を遡ったかのように畳敷きの待合スペースと土間がある。
Mimiuhtn02

さすがに今の時期うどんすきの気分ではないので、今回はにぎわいそばをオーダー。2,100円也(税別)。
Mimiuhtn03
季節の和食と天ぷら、さらに食べ放題のうどんとおそばのセット。

うどんとおそばはわんこそば風に小さいお椀にひと口サイズに盛られており、オーダーの時に 「3枚3枚で」と頼むと、うどんとおそばをそれぞれ3枚ずつ持ってきてくれる。

その後、おそばを8枚追加しました(^_^;)



美々卯 本店
大阪市中央区平野町4-6-18
営業時間: 11:30~21:30(L.O.20:30)(12月は22:00(LO.21:00)まで)(日祝定休)
TEL: 06-6231-5770

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

父の日のプレゼントにいかが? うっふぷりんの『元祖うっふぷりん』@大阪・豊中

豊中市役所へ行った帰り、久しぶりに市役所の近くにある『うっふぷりん』へ寄ってみた。
Oufpdn16061

いろいろ美味しそうなプリンがあるんですが、やっぱり元祖うっふぷりんを買って帰る。290円也(税別)。

ブリュレしてもらうと、いい香りがただよってくる。
Oufpdn16065

ビターな焦がしカラメルの下には、やさしい甘さのプリン。
Oufpdn16064
苦みと甘みが合わさると、香り深くなって美味しい♪

カラメルが苦くて食べられないお子ちゃま中学生のために、カラメルが入ってないプリンをひとつ。

 250円也(税別)
Oufpdn16063
やさしい甘さ100%のプリン。

父の日の前だからでしょうか、元祖うっふぷりんのフタと止めてるシールが、普通はオレンジ色のうっふぷりんと書かれたものが、青いFather's Dayのシールに変わってる。
Oufpdn16062_2

父の日のプレゼントに、元祖うっふぷりんはいかが?

ってことですかね。



うっふぷりん 豊中店
大阪府豊中市北桜塚3-2-35
営業時間: 10:00~21:00(定休なし)
TEL: 06-6855-3861

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

アクセラがマイナーチェンジするというのでディーラーに呼ばれる

アクセラの自動格納ドアミラーの不具合を見てもらうためにディーラーへ行ったその日、実は担当さんから

新型アクセラの資料が届いたので見に来ませんか?

と連絡をいただいておりました。

図らずしてドアミラーを診てもらってる間、社内資料を見せてもらうことに。

その資料には複写、配布、撮影、インターネット等への書込み不可と書かれてたので、書かれてたこと全てを書くのはやめておきますが、すでにネット上で明らかになっている範囲で言うと、1.5Lディーゼルが追加され2Lガソリン車がなくなるのは微妙なところ。

2Lガソリンがなくなることで、自分の車のリセールバリューに影響するんでしょうかね?

新しいSKY技術のG-ベクタリング・コントロールは、試乗車が来たらぜひ体感してみたい。

安全装備や機能面がものすごく充実するのは、はなはだ悔しいところ(笑)

最初から付けておいて欲しかったよー( ノД`)

ヘッドライトがLEDになると同時にシグネチャーのデザインも変わるんですが、これは現行の方が好きだな(負け惜しみも含む)。

ひとつひとつの変更点は他所におまかせ、というか、発売になれば全部わかることですが、この資料で面白かったのは、新世代商品のオーナーはマツダのクルマづくりの最大の理解者だということ。

購入にあたり重視するのは、デザイン、走る楽しさ(以下略)ということで、ここには価格が入ってなかったのは興味深い。

これ、日経ビジネス系サイトのインタビュー記事にも載ってたっけ。

てかワタクシ、全部当てはまってるんですけど!(笑)

確かに最近のマツダのものづくりのポリシーにはおおいに共感するところですが、一昔前はこういうの、ホンダが得意だったような。

非常に面白い資料でしたが、来年の車検、どうしよっかな~

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

アクセラの自動格納ミラーの不具合 2回目

アクセラの自動格納ドアミラーの不具合が起こりました。

キーレスでドアロックしてもミラーが格納しないという。

これでドアミラーの不調は2回目(前回の様子)

ディーラーで診てもらったところ原因はわからなかったのですが、自動格納ミラーのシステム設定をやり直したらミラーは格納され正常に動くように。

一応、自動格納ミラーの説明書のコピーをもらう。
16060501

システム設定方法を見ると、今回の不具合の原因の察しが・・・
16060502

電源ポジションをACCにして、10秒以内に運転席のロックノブを解錠から施錠へ3回動かし、ドアミラーが格納したらロックノブを解錠にすると、自動格納がOFFになるという。
16060503

ハッ!(;゜0゜)


自動格納が作動しなくなった直前のこと。

トランクに荷物を入れてリアゲートを閉めてからエンジンを掛け、ドアロックしようと運転席のロックノブを施錠しようとしたところ、リアゲートが半ドアだったようでロックノブが施錠位置から解錠位置に勝手に戻ってしまう。

この時、半ドアに気付かなかった私は、またロックノブを施錠位置にするけれど、やはり半ドアなので車にロックを拒否されて解錠位置になる。

ここで半ドアなことに気付いたのですが、この間にどうも施錠-解錠を3回繰り返したようで、リアゲートを閉めるためにクルマから下りたときにドアミラーが格納されたのを見た。

リアゲートをちゃんと閉めて運転席に戻るとドアミラーは展開していたのですが、特に何も考えずに運転して帰宅すると、ドアミラーが閉まらなくなったという。

つまり、ドアロックしようとしても半ドアだとロックされませんが、この時のロックノブの動きが自動格納ミラーの設定モードへ入る時の動きと同じになってしまい、意図せずに設定モードになってしまったと思われ。

たぶん原因はこれでしょう。

これから気を付けなければなりませんが、この設定モードへするコマンドにも問題はないんですかね?

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

濃厚豚骨魚介つけ麺がウマい 『六三六』@大阪・箕面

みのおキューズモールの向かいにあるラーメン店、『六三六』。
636rm151001
相変わらず通ってます。

最近は専ら特製つけ麺をオーダー。910円也(8%税込)。
636160501
いつもつけ麺を頼むときはお腹が空いてることもあって、つい麺を増量してしまい、結果、食べ過ぎて後悔するパターンが多いのですが、今回は並盛で耐える。

でも、ここの並盛はボリュームがあるので、お腹いっぱい。

にぼしから取った魚介スープと豚骨スープを合わせた濃厚スープに浸けると、食べ応え満点。

最近は駐車場待ちの列もできるぐらい人気のラーメンです。



麺や 六三六 箕面店
大阪府箕面市西宿1-5-43
営業時間: 11:00~23:30(不定休、スープが無くなり次第終了)
TEL: 072-728-1136

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

千里中央で美味しい天ぷら定食 『てんぷら 瓢天』@千里中央

千里中央のセルシーでお昼を食べようと入ったのが 『てんぷら 瓢天』
Hyotenprsc01
ここんとこ、ずーっと天ぷら食べたいブームが続いてるし。

ちょっと高そうな店構えですが、ランチにはリーズナブルな定食があります。

天ぷら定食 1,000円也(税別)。
Hyotenprsc02
天ぷらはえび2尾と野菜7品で、揚がったものから順番に出来たてを出してくれます。

最初に来たのがえび2尾、なんきん、ナス。
Hyotenprsc03

続いて、紅ショウガ、れんこん、玉ねぎ、ブロッコリー。
Hyotenprsc04

最後にさつまいもが来て定食の天ぷらは終わり。
Hyotenprsc05
定食とは別に単品で、きす(320円税別)、もち磯部、ちくわ(各210円税別)をオーダー。

こんな感じで食べてたら、ごはんよりも日本酒が欲しくなってきたり。

実際、カウンターでコースの天ぷらをつまみながら日本酒を飲んでる年配の方もいて、優雅な雰囲気があふれていた。

あんな大人になりたいな~と思ったり。



てんぷら 瓢天 千里セルシー店
大阪府豊中市新千里東町1-5-2
千里セルシーB1F
営業時間: 月~金11:00~15:00、17:00~21:30、土日祝11:00~21:30
TEL: 06-6832-7504

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

予約必須 ファンの多い洋食屋さん 『サクラグリル』@大阪・豊中

豊中市・上新田の住宅街にある人気の洋食屋さん、『サクラグリル』。
Skrgrl160501
どの料理も美味しいのでちょくちょく行ってるんですが、毎度毎度つい食べ過ぎて満々腹になってしまいます。

ここで絶対外せないメニューといえば、名物の緑黄サラダ 林檎ドレッシング 980円也(税別)。
Skrgrl160502
季節の野菜をふんだんに取り入れたサラダで、林檎ドレッシングが美味しすぎる!

春はつくしも入ってました。
Skrgrl160503

毎回お決まりの料理だけでお腹がいっぱいになるので食べたことのないメニューも多いのですが、今回はできるだけ今まで食べてないものを注文することに。

寒締めほうれんそうとベーコンのスパニッシュオムレツ 480円也(税別)。
Skrgrl160504
スペイン風オムレツのトルティージャと同じく、カットケーキみたいに切って出てきます。

具がたっぷりで少しかための食感は、まさにトルティージャ。

種谷ファームのカリフラワーと白インゲンのポタージュスープ 480円也(税別)
Skrgrl160505_2
濃厚な味わいで少しざらざらっとした舌触りのあるスープ。

有頭大海老フライ 自家製タルタルソース 1,480円也(税別)
Skrgrl160506
サイズは名古屋の海老フライ専門店にはかないませんが、それでもお箸の長さぐらいのエビフライ。

エビフライと目と目が合うのも珍しい。
Skrgrl160507

やっぱり定番メニューも食べたいので、港町オムライスを。800円也(税別)
Skrgrl160508

ベーコンとマッシュルームの入ったチキンライスは洋食屋の味わい満点。
Skrgrl160509

なんだかんだ言っても、結局私はズワイガニクリームコロッケへ行ってしまう。1,000円也(税別)
Skrgrl160510

エビフライより、普通に、クリームコロッケが好きー♪Naganoswt

極端な話、サラダとクリームコロッケ2人前でも十分なくらいなんですが、やっぱりいろいろ食べたいもんな~



Sakura grill サクラグリル
大阪府豊中市上新田4-16-11
営業時間: ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~22:00(水曜定休+月1回不定休あり)
TEL: 06-6170-1170

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

新幹線鉄道開業50周年記念 百円クラッド貨幣セット(平成28年版)

去年、東海道新幹線開業50周年記念として、東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線の車両がデザインされた5種類の記念硬貨が発行されました(記事)。

去年に続き、今年も新幹線鉄道開業50周年記念百円硬貨が発売になり、抽選に申し込んでいたところ無事当選。

今年の記念硬貨は、山形新幹線、秋田新幹線、九州新幹線、北海道新幹線の4種類。
Skn100kkk2801
ケースには、各新幹線のラインカラーが入っている。

透明のプラスチックケースに、100円貨幣4枚入り。
Skn100kkk2802

貨幣には、各新幹線の車両がデザインされてます。(クリックで拡大)
Skn100kkk2803
ケースに入って送料、消費税込みで1,400円也(8%税込)

100円玉4枚に1,400円払う人は、普通、コレクターしかいないでしょうね(^_^;)

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

名物?チャーハン付きの焼飯 『チャーミングチャーハン』@京都

京都に行ったついでに、うわさに聞いた 『チャーミングチャーハン』でお昼を食べることに。
Cmgchn160501

チャーミングチャーハンという店名ですがチャーハン専門店ではなく、ラーメンも一品料理もある中華料理店。
Cmgchn160503
ただ、すべてのメニューに+250円でチャーハンが付けられるという。

ご飯ものにもチャーハンが付けられるのですが・・・Cmgchn160504

もちろん焼飯にもチャーハンが付けられる!
Cmgchn160502

一瞬、

え、どういうこと?

と理解するのに時間がかかったり(笑)

そんな訳で、焼飯のチャーハン付きをオーダー。700円也(8%税込)
Cmgchn160505
興味津々で頼んでみたら、普通に焼飯2人前(もしくはチャーハン2人前)が来た。

量も味も同じ!

たまに焼飯とチャーハンの違いを語りだすやつがいてますが、この店で焼飯とチャーハンの違いを語るのは無意味。

焼飯にチャーハンを付けたので、スープはひとつらしい。

ただ、焼飯(もしくはチャーハン)の味はちょっと薄めだったかな
(*個人の感想です)

二人で焼飯チャーハン付きを頼んで1皿ずつ分けてもOKなんですが、1杯のかけそばみたいになるのも悪いので、一品ものを頼んでおかずにして食べることに。

鶏肉のうま煮 800円也(8%税込)
Cmgchn160506
しょうゆ味のあんかけを絡めた鶏肉が柔らかくてウマい!

ちなみに、焼飯を単品で頼んで鶏肉のうま煮にチャーハンを付けると、合計金額は同じでスープは2つ付くので、注文の仕方もちょっと考えた方がいい(^_^;)

出前もやってるんですが、電話を取る時に「チャーハンですー」と言ってるのを聞くと、なんだか「タラちゃんです~」みたいに聞こえてじわ~っと面白くなってきたり。



チャーミングチャーハン 
京都市中京区丸太町通り油小路西入ル丸太町27
営業時間: 11:00~14:30、17:00~21:00(月曜定休)
TEL: 075-211-0229

| | コメント (1)

2016年6月 3日 (金)

注文してから切ってくれるバウムクーヘン 『クーヘンスタジオ治一郎』@京都マルイ

京都マルイの地下1Fにあるバウムクーヘンの店 『クーヘンスタジオ治一郎』
Jiichirobum01

ここで買うのは、やっぱり治一郎の切りたてバウムクーヘン。864円也(8%税込)。
Jiichirobum05

注文すると、でっかいちくわみたいな1本のバウムクーヘンから切り分けてくれます。
Jiichirobum02

切りたてなせいか袋は密封されていないので、早く食べなくてはなりません。
Jiichirobum04
しっとりした生地は甘さは控えめで、濃厚なたまごの味わい。

私はつい、切り分けた内側から年輪に沿って食べてしまいがちですが、これは周りのコーティングと一緒に食べた方が美味しい。

上品な味わいのバウムクーヘンです。



クーヘンスタジオ治一郎 京都マルイ店
京都市下京区四条通河原町東入真町68
京都マルイB1F
営業時間: 10:30~20:30(休みは京都マルイに準ずる)
TEL: 075-255-0373

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

コメダ珈琲でお腹いっぱい

最近、すごい勢いで出店しているコメダ珈琲

ちょっと大きいイオンにもあります。
Kmdcf01
イオン茨木店のコメダ珈琲でモーニングすることに。

朝11:00までなら無料でモーニングセットが付いてくる。
Kmdcf03
写真は3人前。

分厚い半トーストのモーニングが付いてお得~と思いきや、コーヒー自体が480円なので、他の店のモーニングセットの方が安い場合もある。

コメダのスイーツといえば、シロノワール!

ただ、普通のシロノワールはデカすぎるので、ミニの方で。
Kmdcf02
4人分けても十分な量。

別の日に行った時には、ミックストーストを食べてみた。
Kmdcf04
たまごサンドは中身がパンパンに入ってるので、こぼさずに食べるのは不可能じゃないかと思うくらい。

コメダ珈琲は口当たりが柔らかくて美味しいのですが、水も美味しいのはあまり知られていないかも?

ボリューム満点ではありますが、値段もやや高め。

それでも店でゆっくりできて、スタバみたいに追い出されないのが魅力的。

最近はチケット買って通ってます。



コメダ珈琲 イオンモール茨木店
大阪府茨木市松ヶ本町8-30
イオン茨木店1F
営業時間: 7:00~23:00(定休なし)
TEL: 072-646-8021

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

関西だし専門店でだし茶漬け 『だし蔵』@豊中・千里中央

千里中央に、関西だしの専門店ができました。

千里中央駅の改札沿いにある『だし蔵』
Ksodssc01
関西だしを売ってるお店ですが、店内でだし茶漬けも食べられるので試してみることに。

食券の券売機には9種類のだし茶漬けがありますが・・・
Ksodssc02

小海老・小柱・磯部のおだし天茶漬け。780円也(8%税込)
Ksodssc04

無料でごはん大盛りにもできるんですが普通盛りでオーダーしたところ、想定より若干少な目だったかな。
Ksodssc05
だしは昆布の風味が利いていて、味わい自体はあっさりですが、まったく物足りなさがない。

だしだけ飲んでも美味しいので、ポットのだし、全部飲んじゃいました(^_^;)



関西おだし専門店 だし蔵 せんちゅうパル店
大阪府豊中市新千里東町1-3-5
せんちゅうパルB1F
営業時間: 11:00~21:00(元旦休み)
TEL: 06-6831-0190

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »