« 予想以上においしいかまぼこ 『ふんわり揚げ しそ』@神奈川・小田原 | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その1~ »

2016年6月18日 (土)

伊豆箱根鉄道大雄山線で大雄山駅へ

小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線に乗ります。

大雄山線に乗るのは2012年以来4年ぶり(記事)。

改札口では、大雄山最乗寺 道了尊の天狗様がお出迎え。
Izhdyzr11

改札を通ると、『時表器故障中』書かれたホワイトボードに発車時刻が手書きされてましたが・・・
Izhdyzr13

ただいま、発車案内板が故障してるようで。
Izhdyzr12

正常の発車案内板はこれ。
Daiuznsen02
関西人にはわからない、『こんど』『つぎ』

発車時刻を書いて上下に並んでるので上が先に出るとわかりますが、普通の会話で「つぎの電車に乗ってください」 と言われて、それが2本目の電車を指していると思うんだろうか?


ま、それはさておき、ホームには大雄山線用の5000系。
Izhdyzr14
行き先は小田原と大雄山しかないので、行先表示は両方の駅を掲げておき、裏から照明を点けて表すというなかなか面白い仕組み。

「回送」とかもないんですね。

正面には、大雄山線開業90周年のヘッドマークが取り付けられていて、以前大雄山線で活躍してた車両の写真入り。
Izhdyzr15

7編成ある5000系のうち、この編成は平成元年製造の第4編成らしい。
Izhdyzr17

ロングシートがほぼ埋まるくらいの客を乗せ、小田原駅を出発。
Izhdyzr16
大雄山線は小田原駅からの盲腸線ですが、沿線は住宅や工場も多いせいか閑散としたローカル私鉄という雰囲気はなく、地元の足としての需要も多い。

車内の路線図を見ると、小田原駅から大雄山駅までの鉄道路線だけでなく、大雄山駅から道了尊までのバス路線まで書かれており、小田原駅改札の天狗もそうですが、道了尊へのアクセス路線でもあるみたい。
Izhdyzr18

小田原駅を発ち21分で大雄山駅に到着。
Izhdyzr19
大雄山駅には、今風の駅名票の他に・・・

昭和なフォントの駅名票もある。
Izhdyzr20

「ゆ」の字が取れちゃったのか、油性ペンで書かれているところがお茶目。
Izhdyzr21

名所案内でも、かなり大雄山最乗寺推し。
Izhdyzr22

大雄山駅は1面2線の終端駅。
Izhdyzr23

大雄山側の先頭車。
Izhdyzr24
折り返し小田原行きになるので、小田原側の行先表示の照明を点ける。

小田原側とは違うヘッドマーク。
Izhdyzr25
ヘッドマークは何種類かあるらしい。

大雄山駅の駅舎。
Izhdyzr26

大雄山最乗寺をかなり推していることもあり、それならばと行ってみることにしよう!

というか、実は最初から最乗寺に行くつもりでここまで来た訳です。

|

« 予想以上においしいかまぼこ 『ふんわり揚げ しそ』@神奈川・小田原 | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その1~ »

乗り物@鉄道(JR以外)」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予想以上においしいかまぼこ 『ふんわり揚げ しそ』@神奈川・小田原 | トップページ | 大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その1~ »