« 北陸の定番ラーメン 『8番らーめん』@福井・福井駅 | トップページ | フードコートで秋限定のハッシュドビーフおむらいす 『おむらいす亭』@大阪・イオン茨木 »

2016年10月18日 (火)

JR西日本1日乗り放題きっぷを使って福井から新大阪へ

福井から帰路は、JR越美北線を往復する時に使った『JR西日本一日乗り放題きっぷ』で大阪へ向かいます。
Qzrulne01_2
10月14日の鉄道の日に合わせて発売される期間限定のきっぷで、青春18きっぷと違い、1枚から買えるのがいい。

福井駅からは16:45発、普通敦賀行きに。
16101401

16:29に入線するのですが、8番らーめんで腹ごしらえ(記事)してる間に時間が過ぎてしまい、急いでホームへ。

すでに4両編成の521系3次車が入線しており、学校帰りの大学生と思しき乗客で席もほとんど埋まり立ち客もいましたが、なんとか大人しそうな学生さんの隣に座らせてもらう。
16101402
最新のJR西日本顔を踏襲してますが、シャープな顔つきでかっこいい。

16:45 福井駅を出発。
16101312_2

福井駅を発つと、鯖江駅、武生駅で降車する客が多いけれど、通勤時間帯なだけに乗車客も多く、車内はなかなか空かない。

王子保駅で隣のお兄さんが降りたので、窓側へ移動。

南今庄駅のホームには、ゴムマットのようなものが敷かれてますが、マットとマットとの間には配線のようなものでつながっており、これが何なのかが気になる・・・
16101403

全長13kmの北陸トンネルを抜けると、17:36 敦賀駅に到着。
16101404

ここで17:49発 4両編成の新快速 播州赤穂行きに乗り換え。
16101405
敦賀駅での乗り換えは大垣バトルのような椅子取り合戦はなく、余裕で座れる。

この列車は、福井県から滋賀、京都、大阪を抜け、兵庫県は播州赤穂駅まで約275kmを4時間6分で駆け抜ける昼行長距離列車。

しかも、200km以上の距離を表定速度67km/hというJR西日本が誇る爆速新快速にふさわしい俊足ぶり。

ただ、敦賀からの車両は姫路止まりで、播州赤穂へは途中で増結される車両に乗り換えなくてはならないので、全区間乗り通すには、1本の列車だけど乗り換えが必要ということに。

ただ、近い将来、新快速が姫路止まりとなり、播州赤穂への乗り入れが廃止されるという噂もあるみたいですが・・・

この列車は、米原経由-東海道線で京都方面へ向かいますが、気分的には湖西線で113系や117系に乗って帰りたいので、近江塩津で降りて湖西線(橙線)の乗り継ぎをスマホの時刻表でチェック。
16101409
近江塩津から近江今津で乗り換えて20時前には京都に着けそう・・・

と、言いながら、結局新快速を降りずに米原駅へ。
16101410
米原駅までは通路まで立ち客が来るほど混んでましたが、米原駅で前側に8両増結し12両編成になると立ち客はいなくなる。

敦賀駅からの4両は編成の最後尾に連結されたため、今まで1~4号車だったのが米原駅からは9~12号車に。

その後、新快速は爆速モードに突入し本領発揮。
16101406

20:08 新大阪駅に到着。
16101408
敦賀駅から2時間19分、それ以前に越美北線や福井駅からもずっと座ってたせいで、ケツが痛てぇ~(>_<)

敦賀駅を発つときは 米原経由姫路方面播州赤穂 の行先表示でしたが、敦賀駅からの車両は姫路で切り離されるので、行先表示も姫路になっていた。
16101407
もちろん、前方の車両は播州赤穂の表示です。

今回は、福井駅から乗り継いできて、駅や沿線をゆっくり見てみたいと思った紀行でした。

|

« 北陸の定番ラーメン 『8番らーめん』@福井・福井駅 | トップページ | フードコートで秋限定のハッシュドビーフおむらいす 『おむらいす亭』@大阪・イオン茨木 »

乗り物@鉄道(JR)」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北陸の定番ラーメン 『8番らーめん』@福井・福井駅 | トップページ | フードコートで秋限定のハッシュドビーフおむらいす 『おむらいす亭』@大阪・イオン茨木 »