« 放送大学の単位認定試験 | トップページ | 安くて美味しい天丼の店 『浪花天丼天喜』@大阪・豊中 »

2017年1月30日 (月)

Tシャツヤーンを自作して帽子を編んでみた

去年に続いて、『Tシャツヤーン』なるものが流行ってるらしい。

Tシャツヤーンと言っても「それTシャツや~ん!」みたいな関西弁ではなく、Tシャツの生地のようなポリエステルの編地を細長く切ったもので編み物を作るんだとか。

このTシャツヤーンが売り切れ続出らしく、なかなか手に入れられないと友人がボヤいていたんですが、現物を見せてもらったところ自分で作れそうだったので試作してみることに。

日本製のポリエステル原綿が ”なぜか” 手元にあるので、これをカードにかけてスライバーを作り、スライバーから練条→粗紡→精紡と紡績して糸を作って、この糸を綛に取ってワインダーでコーンに巻き返したあと丸編み機で5mぐらい編んでみる。
Tshtyarn02

編んだものを幅4cmぐらいに切ったら6本取れました。
Tshtyarn01
見た目は伊勢うどんみたいになってしまいましたが、市販のTシャツヤーンより度目を粗く編んだので通気性はいいかも。

これを使って赤ちゃん用の帽子を編んでみた。
Tshtyarn03

白のTシャツヤーンはあまりないらしく、ちょうどいい感じになりました。
Tshtyarn04

ただ、自前のヤーンは大量生産できないので、商売にはできませんな(笑)

|

« 放送大学の単位認定試験 | トップページ | 安くて美味しい天丼の店 『浪花天丼天喜』@大阪・豊中 »

日常雑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放送大学の単位認定試験 | トップページ | 安くて美味しい天丼の店 『浪花天丼天喜』@大阪・豊中 »