« 新横浜から満員のこだまで品川へ | トップページ | あっさりローストビーフ丼を食べる『肉めしや』@大阪・千里中央 »

2017年3月27日 (月)

王将でも東京の天津飯はケチャップ味

東京の王将でお昼を食べることにしたんですが、最近、私がハマってる天津炒飯をオーダーすると、関西人が聞き慣れない質問を受ける。

タレはどうしますか?

え!タレ?

メニューを見ると、『タレを1~3からお選びください。1甘酢 2塩ダレ 3京風だれ』と書いてある。
Tkoshotshs01
天津飯を頼んでタレをチョイスなどしたことがないので、関西で食べるタレがどれなのかわからず、なんとなく甘酢でオーダー。



そしたら・・・



きっちり赤いあんかけで出てきたよ。
Tkoshotshs02
味は甘酢というより完全にケチャップ味。

関東の天津飯はケチャップ味なのは知ってましたが、せっかくの炒飯の味がケチャップで消えてしまったな。

|

« 新横浜から満員のこだまで品川へ | トップページ | あっさりローストビーフ丼を食べる『肉めしや』@大阪・千里中央 »

グルメ@東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新横浜から満員のこだまで品川へ | トップページ | あっさりローストビーフ丼を食べる『肉めしや』@大阪・千里中央 »