« 福島名物 日本三大まんじゅう 柏屋の『薄皮饅頭』@福島空港 | トップページ | 福島交通飯坂線に乗る ~その2~ »

2017年3月12日 (日)

福島交通飯坂線に乗る ~その1~

福島での仕事を終え少し時間があったので、福島交通飯坂線に乗ってみることに。
Fksmkizsn01
福島交通飯坂線は、福島駅~飯坂温泉駅の9.2kmを結ぶ単線の電化路線で、地元の足の他に飯坂温泉へのアクセス線でもある。

終点の飯坂温泉駅まで370円也。
Fksmkizsn02

ホームは1面2線の島式ホームで、福島交通飯坂線と阿武隈急行線でホームをシェアしてる。
Fksmkizsn03

なので、福島交通飯坂線の駅名標の裏は・・・
Fksmkizsn07

阿武隈急行線の駅名標。
Fksmkizsn08

ホームには、花ももラッピングされた2両編成の7000系が停車中。
Fksmkizsn04
元東急7000系の中間車を先頭車改造されており、妻面の肌感がツルツル。

ワンマンが多い地方ローカル線ですが、ここでは車掌が乗務しています。

運転台も2ハンドルのアナログ感満載で、懐かしい雰囲気。
Fksmkizsn11

車内はロングシートですが、シートのくたびれ度合に哀愁さえ感じる。
Fksmkizsn05

この編成は、後付けの冷房も設置。
Fksmkizsn15

福島駅を出発した時には座席が適度に埋まるくらいの乗客で、車掌が次駅の改札に近いドアに移動して、てきぱきと改札業務をこなします。

日中は福島駅~飯坂温泉駅間を23分で結び、折り返し時間2分でちょうど25分サイクルのダイヤになってますが、折り返し時間が2分では、たたでさえ遅れやすい単線の路線でちょっとでも遅れてしまうと、LCC並に遅れが積み重なってしまう可能性も。

途中、「ガタンゴトン」の音が急に軽くなったなぁと思いレールを見てみると、片側だけロングレールになっていて継ぎ目がなくなったという。
Fksmkizsn12

福島駅を発ち、2分遅れの25分で飯坂温泉駅に到着。
Fksmkizsn14

2面1線のホームですが、陽の当たる側のホームのみが使われています。
Fksmkizsn16

行き止まりの線路には、まだ雪が残る。
Fksmkizsn18

元々折り返し時間が2分しかないところ2分遅れてしまったので、車掌と運転士が走って入れ替わり、すぐに福島駅に向かって発車。
Fksmkizsn17

私は少し駅前を見て、次の電車で戻ることにします。



その2へつづく

|

« 福島名物 日本三大まんじゅう 柏屋の『薄皮饅頭』@福島空港 | トップページ | 福島交通飯坂線に乗る ~その2~ »

乗り物@鉄道(JR以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福島名物 日本三大まんじゅう 柏屋の『薄皮饅頭』@福島空港 | トップページ | 福島交通飯坂線に乗る ~その2~ »