« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

4月のSFC修行

4月のSFC修行は、11レグで10,872PP、合計26,880PPとなりました。
201704anapp1

予約情報が1ページでは収まらず、2ページ目へ。
201704anapp2

今月も東京~大阪を基本にしつつ、名古屋出張に絡めて大阪から羽田へ飛んだり、チョロQのように一旦福岡へバックして名古屋へ飛んだりして、少し変化をつけてみた。

出張ベースで修行しているので、SFC修行の定番の那覇線はなかなか利用できません。

それでも一応、5月にはブロンズへ昇格する予定。

今月でようやく折り返した訳ですが、まだまだ頑張ります。

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

休日のフライトはいつもと違った雰囲気

いよいよゴールデンウィークに突入しましたが、もはや恒例になってる埼玉の友人宅へ日帰りバーベキューをしにいくことに。

という訳で、修行を兼ねてANAで羽田へ飛びます。
17043001

B787-8 JA816A
17043002

連休は、飛行機に乗り慣れない家族連れが多いので空港は混んでると思いきや、GW前半はおとなしめなのか、保安検査は思ったほど混んでおらず10分ほどで通過。

平日は搭乗時刻に近くなると優先搭乗を待つ長ーい列ができますが、今日はそんな列もなく搭乗。

機内は隣席も真ん中の島も空いていて全体的にちらほら空席もあり、平日より乗客はだいぶ少ない。
17043003
ドリンクサービスでおかわりをする余裕も。

よく晴れていましたが、富士山は頂上だけがちょっと見えるだけ。
17043004
浦賀水道から横浜を左手に見て34Lへ着陸。

急いでモノレールに乗り換えると、平日ではありえないほどガラガラ。
17043005

埼玉でバーベキューを堪能した後、大阪への帰路も羽田から飛びます。
17043011
普段乗る最終便ではなく1便前の19:00発39便にしたら、結構ギリギリだった。

保安検査は15分待ちぐらいでしたが。

B777-200 JA716A
17043012

行きはガラガラだった機内も、帰りは満席。
17043013
連休らしく子どもを連れたファミリーも多く、動きがのろいので出発時刻になってもまだ搭乗が終わらない。

しかもドタキャン客がいたらしく、結局19:11にドアクローズ。

離陸の順番待ちもありましたが、伊丹へは20:25に着陸。

フライトの間、後列のファミリーがやかましいは、クソガキ お子様がずっと私の背もたれをお蹴りになり、うっとうしいのなんの(-゛-メ)

休日はほのぼのとした雰囲気ではありますが、やっぱり普段の殺伐としたビジネスマンの雰囲気の方がいい。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

湘南の地魚と生しらすの丼 『魚河岸 でん』@神奈川・小田原

箱根への玄関口、小田原駅の東口から徒歩1分のところにある海鮮丼の店 『魚河岸 でん』
Ugsdn1661
この日、小田原は通りすがりだったんですが、ここで丼を食べるために途中下車。

今回、生しらすを食べたいけれど他の魚も食べたい私にピッタリなメニュー、本日のおすすめ丼の中から湘南食い尽くし丼をオーダー。1,780円也(8%税込)
Denodwr170202

この日の3種類の地魚は、メダイ、ブリ、アコウダイ。
しらすはもちろん生しらすをチョイス。
Denodwr170201
分厚い切り身は食べごたえ満点、生しらすの食感も絶品。

おすすめ丼には漁師汁と小鉢も付いてます。

やっぱりここは何度来ても満足満腹なお店で、超お気に入り♪



魚河岸 でん
神奈川県小田原市栄町2-3-4
JR小田原駅東口から徒歩1分
営業時間: 11:00~22:00(LO.21:00、定休なし)
TEL: 0465-22-3341

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

百貨店のレストランで美味しいお弁当 『SENRIガーデンテラス』@大阪・豊中

大阪は千里中央にある百貨店、千里阪急5Fのレストラン『SENRIガーデンテラス』でお昼をすることに。
Snrgdntrc17201

小さいとはいえデパートのレストランだけに美味しそうなメニューが多いけど、結局、今回もおすすめのお弁当をチョイス。1,600円也(8%税込)。
Snrgdo170401
おすすめのお弁当は季節によって内容が変わるらしく、この春は海老のアーモンド揚げ、豚フィレカツと舌平目の変わり揚げ、イカのハーブ上げがメイン。

他の小鉢も春っぽい食材を中心に色とりどり。
Snrgdo170402
春野菜のゼリー寄せ、野菜の炊き合わせ、春雨サラダ シソ風味、蓮根ときのこのナムル、よもぎ新丈、だし巻き、酢レンコン、カリフラワー さよりと彩野菜の酢〆、菜の花と湯葉のお浸し、豆腐ローフの餡かけ。

汁物は白味噌のクリーム仕立て豆苗入りとデザート。

みんな美味しいのですが、特に春雨サラダ シソ風味と汁物は絶品でした。



SENRIガーデンテラス
大阪府豊中市新千里東町1-5-1
千里阪急5F
営業時間: 11:00~20:00(LO.19:30)(定休なし)
TEL: 06-6831-1221

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

週末の伊丹便は満席で関空へ

東京からの帰り、いつもは最終の伊丹便に乗りますが、週末の伊丹便はいつも混んでいてプレミアムクラスは満席に。

しゃーないんで、関空へ飛ぶことに。
17042152
ラウンジで1時間ほど過ごしたあと搭乗口へ。

さすがに72番搭乗口は遠いわ~
17042153

機材はB737-800 JA54AN。
17042151

初めてB737のプレミアムクラスに座りましたが、なんか前席との間隔が狭いような気が・・・
17042154

ホームページを見るとシート間隔は127cmと他の機種と変わらないのですが、朝、B787の144cmのシートに座ったから狭く感じてるだけですかね?
17042155

2日続けて、銀座うち山の機内食で晩ごはん。
17042156
基本的に昨日と同じおかずですが、南瓜が鰹角煮になったり、ひらすが赤魚になったり、筍ご飯が帆立ご飯になったりと、少し変化もあって毎日食べてもOK。

昨日も今日も、南蛮漬けが異常にウマい!

今日は空港までクルマで行ってるので、アルコールを飲めないのが残念。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

サックリふわとろの美味しいエッグタルト 『eggcellent BITES』@羽田空港第2ターミナル

羽田空港第2ターミナルB1F、ベンツが展示されている奥にあるお店 『eggcellent BITES(エッグセレント バイツ)』
Egclntbts01
ここで時間を調整しがてら、コーヒーと人気のエッグタルトをいただくことに。

エッグタルトセット 500円也(8%税込)
Egclntbts02
名物のエッグセレントタルトは、サックリした生地にほどよい甘さのふわとろのたまごが絶妙で美味しい。

毎朝農場から直送される濃厚な卵黄だけを使ったエッグタルトなんだとか。

変なバター臭さがなく、たまごの味を堪能できるのがステキ♪

おみやげにもちょうどいいかも。

名前がエクセレントとエッグタルトを掛け合わせ、若干オヤジギャグの香りがするところは目をつぶろう。



eggcellent BITES(エッグセレント バイツ)
東京都大田区羽田空港3-4-2
羽田空港第2ターミナル B1F
営業時間: 7:00~21:30(LO.21:00 定休なし)
TEL: 03-6428-9089

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

245回目の献血は東京で初献血

東京での仕事が早く終わり、帰りの飛行機まで時間があるので、東京で初めて献血することに。
Kenkt24501

有楽町駅前にある献血ルームへ行くと、広くてきれい。
Kenkt24502

ベッドも多めなんですが、成分献血は90分待ちとか・・・
Kenkt24504
それでもOKしたんですが、実際には1時間ほど待って呼ばれる。

今回初めて東京で献血しましたが、なんだか良くも悪くも東京っぽいというか、事務的でいちいち細かすぎる指示が多いこと。

血圧を自分で測るのはまだいいとして、問診の順番待ちのベンチでは先頭から順番に座って前が空いたらずれろとか(常に前の人の温もりを感じなければならない)、テーブルは2名以上で使えとか(テーブル席以外はすごく混雑してるのに)、針を抜いたら自分の手で押さえろとか(普通は看護婦さんがバンドで押さえてくれる)。

ただ、献血後のアイスクリームはうれしい♪
Kenkt24503

都内の献血ルームは新宿に集まっていて、特に山手線の東側には全然ないんですね。

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

飛行機のいろんなところに萌えるマニア

昨日の晩、最終の伊丹便で羽田から戻ってきたばかりですが、今朝、再び羽田へ。
17042101
本来なら泊まりの出張なのですが、なにぶんSFC修行中の身ゆえ日帰り×2にした次第。

今朝はプレミアムクラスを取ったんですが、ラウンジでゆっくりする時間はなかったので、オレンジジュース1杯だけいただいて搭乗口へ。
17042102

B787-8 JA810A
17042103

プレミアムクラスは個人用モニター付きのANA BUSINESS CRADLEでした。
17042104

プッシュバックで誘導路まで押されトーイングカーが外れたあと、整備士がオレンジ色の無線機(Radio Interphone System(RIS))のバッグをパイロットに見せるように上げて、反対の手で出発OKの合図を出すところに毎回萌える(笑)
17042105
飛行機が動き出すと地上から手を振って見送ってくれます。

私もできればありがとうの意味を込めて手を振りたいのですが、隣席の人に変なオッサンが手ぇ振っとる、キモ!と思われると、約1時間ほどのフライトではありますが居心地が悪くなりそうで・・・

そこで、スマホのLEDを点灯させて小さく振るとうまく伝わるようで、みなさん深々と頭を下げて見送ってくれるのがなんともうれしかったり(^^)

今回の隣席はアラサーと思しき女性なんですが、かばんを前の座席に置いてます。
17042106
普通席なら前の座席の下に潜り込ませればOKですが、プレミアムクラスではダメなはず。

しかし、出発前のチェックのため何度も通るCAさんは、何も注意することなくスルー。

これじゃ、離陸滑走したらカバンが転がるぞ!

と思ってみていると、案の定、手前に転がってた。

これで誰かに当たった日にゃ、いいネタになるかも?!

マニアな私は、プレミアムクラスに乗る時はできるだけプレミアムクラスの最後列を取り、主翼とエンジンの様子をじっくり眺めます。

今回、動画で撮ってみた。

ファンブレード中央のくるくるとか、離陸した瞬間に主翼がしなるところ、主翼前縁のスラットが格納されるところ、雲の中に入るとエンジンが空気を吸い込む様子が見えるところに毎回萌える(笑)

今日のPremium GOZENの朝食は洋食。
17042107
個人的に和食がいいんですけどね。

主食がパンケーキのかけらなのも物足りないし、スクランブルエッグは食べにくい。

桜海老とグリーンピースのスープは美味しいけど、パセリが歯に付いていないか毎回気にしなければなりません。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

ラウンジと機内で出張帰りの至福のひととき

東京での仕事が予想以上に早く終わってしまったんですが、帰りの伊丹便はプレミアム特割で最終便を予約してたので変更もできず、ANAラウンジで仕事しながら3時間ほど時間をつぶすことに。
17042021

航空会社のラウンジは、無料でビールが飲めるのがうれしい。
17042022
スーパードライと・・・

一番搾りがありましたが、1杯ずついただく。
17042023

すでに、出張帰りの至福のひとときモード。
17042024
時間がたっぷりあるのでついついおかわりが進んでしまいますが、搭乗時刻には出来上がってしまいそうなので、ラウンジでは2杯で自粛。

19:00頃、保安検査証に印字されている61番搭乗口へ行くと、なぜか福岡行きになっててちょっと焦る。
17042025

伊丹行きは63番へ変更になってたらしい。
17042026

急いで63番搭乗口へ行くと、すでに伊丹行きの優先搭乗が始まってた。
17042027

元々、63番は福岡行きだったらしく、伊丹行きと入れ替わった感じに。
17042028

機材はB777-200 JA713A
17042029

プレミアムクラスなので優先搭乗できますが、何回か乗ってるうちに、別に優先搭乗じゃなくても構わないということに気付く。

むしろ一般搭乗の時に乗って、続々と後方席へ向かう乗客の中、ひとりプレミアムクラスへ外れた方がちょっと気持ち良かったり。
17042030

今日の晩ごはんは、ミシュラン星の店、銀座うち山監修の機内食。
17042031
どれも美味しいのですが、特にカリフラワー甘酢漬けがウマい!

ビールと一緒に機内食をいただいたんですが、なんだかシメにシャンパンが飲みたくなるという(^_^;)
17042032

旅客機が水平飛行しているとき、機体は水平(0度)ではなく、約3度機種を上げた状態で飛行しています。

もし機内の座席のテーブルが水平だと、飲み物を置いた時に手前にこぼれやすくなってしまうので、テーブルは予め3度ほど前下がりに傾いていて、水平飛行中にテーブルが水平になるように工夫されています。

ところがこの日は3度も機首を上げていないのか、シャンパンを飲んでいると振動でボトルがスルスルと前へ滑って行ってしまう状態が続くので、太ももでテーブルを下から少し持ち上げなければならないという・・・


ビールもシャンパンも飲んで、あとは寝るだけzzz

寝過ごさないように気を付けよう。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

晴天の中羽田へフライト

今日も今日とて東京へ出張。

伊丹からANA16便で羽田へ飛びます。
17042001
8:00発でしたが、7:30前に保安検査場へ向かうとかなりの混雑。

行列の後ろに並びましたが、7:40頃にスタッフから「8:00までにご出発の方!」と声があり、手を挙げるとバーコードを表示したiPhoneを持っていかれ、保安検査証にチェックが入り返されました。

あと3~4人目だったからか優先されることはなく、そのままの列に並び続けることに。

B777-200 JA710A
17042002
搭乗口へ行くと、すでにダイヤモンドの優先搭乗が始まってた。

ANA名物?の「セットスライドバー」のアナウンスがあり、ほぼ定刻に出発。

ただ、34Rと34Lへの着陸機を2機待ったため、離陸まで時間がかかる。
17042003
この時点で8:10。

滑走路脇のMROの格納庫には、整備を受けるためバニラエアのA320が駐機。
17042004

今回はiPhoneの速度計アプリで離陸のスピードを測ってみた。

撮影してるデジカメが写り込んでしまってるのはご愛敬。

離陸したのは8:17でした。

この日は雲がほとんどない快晴で、巡航中も地上がよく見える。

伊勢湾上空で海を見ると、前日の雨のせいか、揖斐川、長良川、木曽川から流入してきた濁った水で海が茶色くなっており、川からの水がどのように海へ広がっているかがよくわかる。
17042005

この前利用したセントレアも眼下にくっきり。
17042007

飛行機雲がクロスしている様子も。
17042006

もちろん富士山もはっきり見える。
17042008

この日は房総半島へは回らず、浦賀水道からアクアラインを横切り、羽田空港34Lへ着陸。
17042009
このコースだと、レインボーブリッジやランドマークタワーなども見えます。

で、着陸のスピードも測ってみた。


大阪から東京まで快晴なフライトでした。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

博多からみずほで新大阪へ

名古屋へ出張した帰り道、福岡経由で大阪へ戻ります。

800系新幹線にちょい乗りしたあと、最終のみずほで新大阪へ。

N700系みずほと800系つばめが向かい合って停車。
170412c01

一旦改札を出て、EX-ICで乗車。
170412c02

博多21:09発 みずほ610号。
170412c03

N700系、S10編成。
170412c04

指定席は2×2列の広いシート。
170412c05

グリーン車とは違い窓際と壁際しか100V電源はありませんが、真ん中の肘掛けが跳ね上がるのはうれしい。
170412c06

博多を発つ時には空席もありましたが、広島、岡山でほぼ満席に。
170412c07
幸い、私の隣は空席でした。

今回、大阪から名古屋へ行くのに往復とも福岡を経由した訳ですが、これまで大阪~名古屋間でいろんな移動手段を取ったけど、さすがに真反対へ行くのは禁じてなのでレパートリーには入れません(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その2~ 筑後船小屋から博多へ

九州新幹線800系にちょい乗り紀行 その1からのつづき


博多から800系新幹線に乗るために筑後船小屋までやってきました。
170412b38

一旦改札を出て、駅前を見てみようと思ったら・・・
170412b33

ん~、ないな・・・
170412b32
博多へ戻るまで10分しかないので向こうに見える建物まで行く時間もなく、再び改札へ。

e5489で予約して、帰りの切符を受け取るのに時間が掛かったらマズいと思ったので博多駅で受け取ってましたが・・・
170412b31

駅には誰もいないので、余計な心配だったかも。
170412b34

JR九州の新幹線の自動改札は白くてオシャレベル高め。
170412b35

改札を抜けて上り線下り線とも一旦1フロアー上がり、そこでそれぞれのホームへ上がっていく構造。
170412b36

20:35発 つばめ346号。
170412b37

再び800系に乗り戻ります。
170412b39

0番台のU006編成は・・・
170412b50

ヘッドランプカバーが盛り上がっていないタイプ。
170412b49

ガラガラのホームから乗車すると・・・
170412b40

予約した5号車には他の乗客はおらず、貸し切り状態。
170412b41

U006編成の800系0番台には、窓枠の下にドリンクが置ける木製のテーブルはありません。
170412b46

前席背面のコートフックも少なく、荷物棚も木目ではありません。
170412b47

隣の6号車へ行くと、シートの色が違ってます。
170412b42

木の部分も落ち着いた濃いブラウン。
170412b43

電話室ののれんをくぐると、公衆電話は撤去されてました。
170412b44

デッキのゴミ箱。
170412b45
籠がポン置きされている状態なのは、新幹線としてはどうなの?と思ったり。

そうこうしてる間に、もうすぐ博多に到着。
170412b48

行って帰って慌ただしい800系のちょい乗り紀行でしたが、今度はゆっくり乗り通したいです。

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その1~ 博多から筑後船小屋へ

名古屋から大阪への帰路、福岡へ寄り道。

福岡からは新幹線で大阪へ戻りますが、博多21:09発の最終のみずほまで1時間ほどあるので、その間に九州新幹線800系にちょっと乗ることに。

博多から九州新幹線に乗り、最終のみずほに間に合うように戻ってくることができる一番遠い駅が筑後船小屋。
170412b01
e5489で指定席を取りました。

博多駅20:00発、つばめ345号。
170412b02

新幹線用の11番線は小倉方が行き止まりになっており、九州新幹線と博多南線専用ホームになっている。
170412b03

800系2000番台はヘッドライトの形状が変わり、表情がよりかわいくなった。
170412b04

ヘッドライトカバーがぽっこり膨らんだ形状。
170412b07

U008編成。
170412b05
車体下部の金赤のラインは、つばめが飛んだ跡のように描かれていて、JR九州らしいおしゃれ感があっていい。

800系のロゴとつばめのエンブレムが描かれる。
170412b06

JR九州の特急列車は、エンブレムがやたらと多く描かれているのも特徴。
170412b08
170412b23

5号車には、つばめがクルっと1回転したみたいになっていて面白い。
170412b09

車内は「和」を基調にしたデザインで、デッキの壁は柿渋色。
170412b10

洗面台の仕切りは縄のれん。
170412b11

客室とデッキとの壁はクスノキ。
170412b12
先頭車の乗務員室側に出入口がないのは、500系みたいな。

シート生地は西陣織という。
170412b13

リクライニングさせてみた。
170412b15

背面も木製で、テーブルはありません。
170412b14

テーブルは肘掛け下に収納されている。
170412b16
弁当を置くにはちょっと小さめ、パソコン置いてキーボードをたたくのはちょっとしんどい。

U007編成以降は窓枠下も木製になり、ドリンクが置けるくぼみがある。
170412b18

日よけも木製で、簾みたいな。
170412b20

窓枠下にペットボトルを置いても、日よけを一番下まで下げられる。
170412b21

荷物棚も木目ですが、強度的にここはさすがに木製ではないかも。
170412b19

通路の扉の上に車内表示器がありますが、後方席の視認性を上げるために車両の真ん中にも表示器があるのはうれしい。
170412b17

最前列と最後列の壁に100Vのコンセントがある。
170412b22

こんな具合に車内をあちこち見て回れるほど空いていてます。
博多を発って25分で筑後船小屋に到着。
170412b24
ここで降りたのは私を含めて5人ぐらい。

時刻表を見ると、13時台には列車はないみたい。
170412b25

ホームドアが閉まり、列車を見送ると・・・
170412b26

しーんと静まりかえってしまう新幹線の駅。
170412b27

ここで一旦改札を出て、すぐに引き返します。


その2へつづく

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

中部空港から福岡空港へ

名古屋から大阪への帰路、SFC修行のため福岡経由で戻ります。

17:40発 ANA441便。
170412a01

今回初めてセントレアから出発しますが、JR名古屋駅の賑わいぶりを考えると、かなーりガラガラで閑散としてる。
170412a02

空港にあるウザいもののひとつ、アメックスの勧誘。
170412a03
コンビニでTポイントカードの所有を聞かれるくらい恒例の邪魔臭さ!

ボールペンがどうしても必要な時は、少し話してもいいかもよ。

福岡行きの機材はB737-800 JA59AN。
170412a21

優先搭乗前に誰も並ぶことなく、淡々と搭乗が始まる。
ボーディングブリッジがカラス張りで、外が見えて明るくて開放的。
170412a06

座席はシートポケットが下にあるタイプの3列シート。
170412a07
170412a08

ドアクローズして、ANA特有の

セットスライドバー

のアナウンスが流れた頃に機内を見渡すと、ざっと搭乗率40%ぐらい。
170412a10

特に後方席はほとんどおらず、私の前列、横、後列とも空席で、独占状態。
170412a09

夕日に染まるセントレア。
170412a11

離陸の様子を撮ってみた。


タキシング中、B787のボーイングカラーのN787BAや・・・
170412a19

ドリームリフターなんかも見られて、セントレアっぽい。
170412a20

離陸後、まわりに他の乗客がいないので、機内販売の蟹と蓮根のすり流し風スープを頼んでみた。500円也(8%税込)
170412a12

風味豊かな具だくさんのスープ。
170412a13

一応、蟹の身も入ってます。
170412a14

さらに、缶ビールも頼んで・・・
170412a15

出張帰りの至福のひとときセット、ANA機内バージョン。
170412a16
普通席でしたがかなりくつろげました(笑)

19:05、本日2回目の福岡空港に着いた時には、すでに暗くなってます。
170412a17

福岡から大阪へ飛びたいところでしたが、すでに伊丹行きの最終便が出てしまったあとなので、博多駅まで出て新幹線で帰ります。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

名古屋駅からミュースカイで中部空港へ

名古屋市内での仕事を終え、大阪へ戻ります。

大阪からの行きはANAのSFC修行のため福岡空港を経由して中部空港へ降りましたが(記事)、帰りも再び福岡経由で戻ることに。

名古屋駅前のランドマークビルといえば、2015年に新しく建て替わった大名古屋ビルヂング
Dngybdg1704
現在の大名古屋ビルヂングは地上34階の今どきの立派なビルになってしまいましたが・・・

立て替わる前の大名古屋ビルヂングは、名古屋のランドマークとして有名でした。
Msk170431

なんといってもこの名前にインパクトがあり、一度見たら忘れないという。
Msk170432
なにがいいかってそりゃあんた、このネーミング!


大名古屋ビルヂング


名古屋の前に『大』がついていて、さらにビルディングじゃなくビルング、「チ」にてんてんなところに適度なダサさがあってステキ。

ところがこの大名古屋ビルヂング、竣工から約50年が経ち、老朽化のため建て替えられてしまいましたが、新しいビルも名前はそのまま、ビルの名前の「チ」にてんてんもそのまま引き継がれ、個人的にはすんごくうれしい。
Dngybdg17041jpg

そんな名古屋駅から中部空港へは、名鉄の空港アクセス特急、ミュースカイに乗って行くことに。
Msk170426
全車指定席なので、ミューチケットが必要です。

モニター式の発車案内は、古くから使われてます。
Msk170422

名鉄名古屋駅は上下各1線ずつしかなく、いろんな方向へ行く電車がひっきりなしに発着するのでホームの乗車位置も少しずつずれてるのですが、そうすると電車も同じように少しずつずらして停めなくてはなりません。

そこで、停止位置に表示灯があり、停止位置目標のところが光るようになっています。
Msk170423

ミュースカイ用の2000系。
Msk170424
正面中央の貫通扉のところにcentrairのロゴ入り。

ライト類を消すと、ライトの部分もブラックアウトしてカッコいい!
Msk170425

車内は新幹線N700の普通車とほとんど同じような座席。
Msk170427

背面テーブルの車内のご案内は、全車指定席だからか編成すべての案内が書かれている。
Msk170428

名古屋駅を発ち、金山、神宮前と停車したら一気に中部空港へ。
Msk170429

16:48、所要時間28分で中部空港に到着。
Msk170430

中部空港から福岡へ向かうため、ターミナルへ向かいます。

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

中部空港から名鉄特急で名古屋へ

大阪から名古屋へ出張の折、SFC修行のため福岡を経由し中部空港へ降りたあと(記事)、名鉄で名古屋駅へ向かいます。

名鉄中部空港駅からは、空港アクセス特急のミュースカイに乗ろうと思ったんですが、ちょうど出発してしまった後だったので、”普通の”特急に乗ることに。
Msk170402

乗車券だけで乗れる一般車もありますが、今回は窓口で特別車両券(360円)を買って特別車へ。
Msk170401

名鉄の特急用2200系。デザインかっこいいですね。
Msk170403

方向幕は、ある意味名鉄名物のオーロラビジョンR-STAYを装備。
Msk170408
LEDより高精細なディスプレイではありますが、いかんせん見にくいという短所もあり鉄道用ではほとんど普及しなかったという。

その名鉄も最近はLEDを使うようになったので、そのうちなくなってしまうかも。

特別車の座席は2+2列のシートですが、このシート、ほぼN700系新幹線と同じものじゃないかと。
Msk170404

背面テーブルとネットもそのまんま新幹線で、シート生地だけが違うような。
Msk170405

ただ、新幹線にはないチケットホルダーが付いてます。
Msk170406
ここにミューチケットを挟んでおくと、検札の時に車掌さんが勝手にチェックしていってくれます。

中部空港駅を出発すると、連絡橋を走り知多半島へ上陸。
Msk170407

中部空港から37分で名鉄名古屋に到着。
Msk170409
ウトウトとしてる間に着いてしまいました(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

大阪から名古屋へSFC修行 ~その2~ 福岡からスターフライヤーでセントレアへ

大阪から名古屋へSFC修行 その1からのつづき


伊丹空港から福岡空港へやってきました。

福岡からは10:05発、ANA3832便で中部空港へ。
17041231

この便はスターフライヤー運行のコードシェア便。
17041233

なので、黒い機体のエアバスA320。JA08MC
17041232

黒い革張りのシックなデザインのシート。
17041235
↑これは可動式のヘッドレストが背もたれから出っ張るようにくっついていて、ヘッドレストの左右も前に折れて包み込むようになるのですが、他の乗客と間接的に頬をくっつけ合うのはやや抵抗あったり(^_^;)

↓このシートはヘッドレストが背もたれとツライチになっているのですが、ヘッドレストの左右が起き上がるのかどうかはわかりません。
17041234

スターフライヤーは座席の間隔が広く、個人用モニターも装備されていたり豪華な座席が魅力的。
17041236

モニターはタッチパネルで、カップホルダーも便利。
17041237

USB端子があり充電もできますが、容量は小さいのでスマホの充電は時間が掛かる。
17041238

フットレストもありますが、これを使うとむしろ窮屈なので使わないかな。
17041245

シートベルトは使い込まれた感があり、表面がケバケバに毛羽立ってしまっている。
17041250

ドアクローズしましたが、私の前列、横、後列とも乗客はなく、後方は独占状態。
17041239

個人用モニターのスタート画面に、黒丸と白丸が出てくると・・・
17041241

黒丸を押すと黒い背景のメニュー画面になり・・・
17041242

白丸を押すと白い背景のメニュー画面に。
17041243
正直、選べなくてもいいような。

スターフライヤーは離陸前のビデオも独特。

今はジャズ感を出した内容。

福岡空港で搭乗を待ってる間、滑走路はRWY16で運用されていましたが、いざ自分が離陸する時には一旦滑走路を横切り、国際線ターミナル側の誘導路を進んで、逆向きのRWY34で離陸。
17041240

離陸の様子を撮ってみた。


機内サービスのコーヒーはTULLY'sで、チョコレートも美味しい。
17041244

伊勢湾上空を飛んでると、前日の雨の影響からか、川から流入してきた水で海の色が変わってる。
17041246

11:18 中部空港セントレアに着陸。
17041247

初めてセントレアに降りましたが、海上空港だからか空港施設以外には何も見えず、なんだか海外の空港のような感覚。
17041248

機内BGMは、PAX JAPONICA GROOVEの「Asterism」。
17041249
モニターの右下に曲名が表示されるのも面白い。

スターフライヤーには何回か乗ってますが、いつもわくわくしてます(^^)♪

今回、大阪から福岡経由で名古屋へ飛行機で移動しました。
17041251
大阪~名古屋の移動はいろいろ試しましたが、SFC修行中でなければ絶対やらないルートです(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

大阪から名古屋へSFC修行 ~その1~ 伊丹から福岡へ

今日は名古屋へ出張なんですが、時間に余裕があるので福岡経由でSFC修行をすることに。

今回の旅路はこんな感じ。

伊丹7:05-(ANA1671)→ 福岡8:20
福岡10:05-(ANA3832)→ 中部11:25


まずは伊丹から福岡へ。
17041201

朝6:20頃に保安検査場へ行くと、一般レーンが2つしか開いていないせいか、すでに行列ができている。

上級メンバーレーンはもちろんガラガラ。

早く修行を終えたい・・・

カゴにパソコンを取り出して並んでいると、スタッフがやってきて

隣の5番、6番レーンが開きますのでそちらへお並びくださーい!

と言って、そちらへ誘導される。



ところが!



開くと言われて並んだ5番レーンは、まだ開いてない!

誘導された面々から発せられる

あれ、どうなってんの?

という空気を察したのか、誘導したスタッフが

6時半から5番、6番レーンが開きますので、そちらへどうぞー!

と言う・・・

只今の時刻、6:28
17041202

ナメとんのかゴルァ!(#-_-)凸

結局、元の列の方が早いやんけー!


と、言いたい衝動をグッとこらえる。

これ、どこかの大陸の行儀の悪い国なら、ひと悶着起こるで。

という訳で、適切な誘導にガマン強く耐えながら保安検査を抜け、バス搭乗口の9Bへ向かいます。
17041203

バス搭乗だからかこの便だけたまたまなのかはわかりませんが、羽田便などでは搭乗口の前に優先搭乗を求める人たちの長い列がドバーっとできますが、この便では誰も並ぶことなく優先搭乗が始まると、ちらほら上級メンバーが入っていきます。
17041205
優先搭乗しても結局、みんな一緒にバスで行くので時間的には全く変わらず、せいぜいバスで座れるメリットしかありません。

むしろバスで座ると、バスを降りて機内に入るのが遅れてしまうので、荷物の収納スペースを取りたいのならむしろマイナス。

一般搭乗が始まり、私もバスへ。
17041206
バスには『福岡』の表示がありますが、もちろんこのバスが福岡へ行くわけではありませんので念のため。

DHC8-Q400 JA844A
17041207

バス搭乗だと、グランドレベルで飛行機が見られていいですね。
17041208

パワーのある6枚ブレードのターボプロップエンジン。
17041209
ターボプロップのQ400、「プロペラ機」とあなどるなかれ、エンジン自体はジェット機と同じガスタービンエンジンで、そのエンジンで回すのがファンかプロップかという違い。

ただ、燃費はすこぶる良くて、ものの本によるとジャンボジェット機がスポットから滑走路まで地上を走行する分の燃料で、Q400は伊丹から高知まで飛べるらしい。

シートも窮屈ではなく、むしろ少し広いくらい。
17041210

膝が前席に当たるのがデフォな私でも、Q400では少し隙間がある。
17041211
ただ、窓際席は機体の丸みがもろに室内まで入ってきてしまい、足の置き場はちょっと窮屈。

シートポケットの安全のしおりを見ると・・・
17041213

非常口は前方2カ所、後方2カ所にありますが、緊急着水時は後方の非常口は使えないらしい。
17041214

さらに右下の図を見ると、機体が傾いたら前方1カ所のドアしか使えないみたい。
17041215
果たしてこれで、全員脱出できるんでしょうか?コワー

Q400は高翼機なので、主翼に格納されている主脚がよく見えます。
17041212
今回、あえて主脚の横の席を取り、動く様子をまじまじと観察することに。

まずは離陸滑走の様子を撮ってみた。

離陸後に伸びた主脚のショックアブソーバーを見ると、意外とストロークは短いんですね。

福岡に近づき高度を下げていくと海の中道が見えてきたので写真に収めようとした瞬間、主脚庫の扉が開き・・・
17041216

主脚が出てきました。
17041217

という訳で、着陸の様子も。


福岡空港でも沖止めバス移動でしたが、途中、ヘリ軍団が駐機していてカッコええ!
17041218
次の便への乗り継ぎに少し時間があるので、一旦外へ出て待つことに。


その2へつづく

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

名古屋から新大阪まで爆睡

名古屋での仕事を終え、大阪へ戻ります。

仕事で会食後だったので、さすがにSFC修行はできず新幹線に乗る。
17041021

21:43発 のぞみ257号。
17041022

N700系 G6編成。
17041023

アルコールが入ってたこともあり、新幹線に乗りしばらくして入眠。

目が覚めた時には新大阪に着く頃でした(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

名古屋出張は東京経由で

大阪から名古屋へ行くのに、SFC修行をするために一旦羽田へ(記事)。

羽田空港から京急で品川まで出て、新幹線に飛び乗る。
17041011
「飛び乗る」と言っても本当に飛んで乗るのではなく、急いでいたという意味なので念のため。

品川13:07発、のぞみ229号。
17041012
ホームはスーツケースを転がした外国人でいっぱい!

N700系 X41編成。
17041013

空からは富士山は見えませんでしたが、新幹線からは見えました。
17041014
中腹に雲がかかっており、上空の雲を背景に山頂だけが浮かび上がってるように見え、まるで壁画のような幻想的な富士山でした。

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

羽田経由で名古屋出張 やっぱり遅れるANA

今日は名古屋へ出張なんですが、なにぶんSFC修行中の身、やはりここはANAで羽田経由でプレミアムポイントを稼ぐことに。

修行するならどこかを経由して中部空港へ下りるのがいいけれど、いかんせんそれをするための移動時間がないので、何とか時間内で行ける方法を取った次第。

朝一大阪で会議のあと急ぎ伊丹空港へ向かい、10:20にモノレールの大阪空港駅に着く。

モノレールの駅からANAの南ターミナルへ行く通路が、しばらくの間工事で封鎖されるらしい。
17041002

11:00発、ANA22便。
1704100a


保安検査を通り9番搭乗口へ行くとまだ飛行機が来ていませんでしたが、10:30になってスポットインしました。
17041003
どうやら札幌から来たらしい。

10:30に着いて乗客が降り、そこから出発準備しはじめるとなると、11:00に出発するのは無理だな。。。

羽田に着いてから京急で品川へ出て新幹線に乗り継ぐのも時間ギリギリなのに、この時点で遅れることがほぼ確定してしまうとは。

あくまで個人的な印象レベルの話ですが、今年から集中的にANAに乗るようになり、天候要因以外で機材到着遅れやら欠航などが頻発していて、JALよりも時間通りに飛んでくれない気がする。

特に機材の到着遅れって、LCCじゃあるまいし。。。

機材繰りがあるのは承知してますが、はっきり言ってそれは航空会社側の事情であって、そんなの知ったこっちゃない。

こちらは時刻表通りに目的地へ運んでくれることを期待しているので、そもそもそれが出来ないのならダイヤなり機材繰りを替えたらどおなの?

私が思うに、JALの幹線は割と同じ都市間の単純往復の運用が多いけれど、ANAは単純往復は少なくビジネス路線と観光路線がごちゃ混ぜの運用になっていて、慣れない客が多い観光路線での遅れが後のビジネス路線に影響してるんじゃないかと?

JA54AN B737-800
17041004

10:50過ぎに優先搭乗が始まり、後方席の私は11:00に機内へ。
17041006

B737は3列×3列で通路が1本なので、乗り降りに時間が掛かる。
17041007

B737では頭上にエアコンの吹き出し口があるのがうれしい。
17041008

11:10にドアクローズしてプッシュバック。
17041009

離陸の様子を撮ってみた。


上空ではずっと雲がたちこめていて富士山も見えず、12:21にスポットイン。
17041005
後方席なこともあり降機までに時間がかかり、さらに第2ターミナルは出口まで遠いので、結局、早足で12:41発の京急特快青砥行きに間に合う。

ホントは12:31発に乗るつもりだったのに・・・

いちいちいいところで遅れるなよ、ANA。

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

見た目のインパクト、味、値段ともに驚愕レベルのいちご大福 『松風庵かねすえ』@羽田空港第2ターミナル

羽田空港第2ターミナル2F出発ロビー、B保安検査場前にある『松風庵かねすえ』
Knseicgdfkbg01
香川県の和菓子屋みたいです(サイト

わらびもちの試食をしてたんですが、わらびもちより注目度満点なのがいちご大福!
Knseicgdfkbg02

こんなにいちごがデカい大福はみたことない!(;゜0゜)

という訳で買ってみた。

大きないちごがデン!と乗っかった驚愕のいちご大福は、もはやいちご入りの大福という概念を飛び出し、大福がいちご様の座布団のようになっている。
Knseicgdfkbg03
ただ、値段も驚愕の1個360円也(8%税込)!

初めて食べる時に必ずって言っていいくらい思うのが・・・


どうやって食べよ?


私はいちごの上半分をかじっていちごの味を堪能し、その後いちごと大福を一緒にいただくことに。

いちごも適度な酸味と濃厚な甘味でこれだけでも十分美味しいのですが、大福と一緒に食べると、これまたあんこの甘さといちごの甘さが相まって、驚愕レベルの美味しすぎる味わいに。

ほぼ間違いなく もう1個食べたーい! となります。

この驚愕レベルのいちご大福、いちごと大福に分解してみた。
Knseicgdfkbg04
大福の餅とあんにもいちごが練り込まれているようで、柔らかなお餅の食感はもちろん、なめらかできめの細かい食感のあんは優しい甘さ。

それぞれ単独でも美味しいのに、これを合わせてもいいところを打ち消し合うことなくさらに美味しさがアップするという絶品のいちご大福。

このいちご大福に巡り合ってから、羽田から飛行機に乗る前はほぼ毎回買って帰るのですが、お持ち帰り用に買うのとは別に、すぐ食べる用に1個買ってます(笑)



松風庵かねすえ 羽田空港店
東京都大田区羽田空港3-4-2
羽田空港第2ターミナル 2F出発ロビー
営業時間: 5:45~20:00(定休なし)
TEL: 0120-28-8883

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

再びC-3PO ANA JETに搭乗。

東京からの帰りは、伊丹最終便で。
17040551

羽田空港第2ターミナルにあるカフェねんりん家で時間をつぶし(記事)、出発15分前に搭乗口へ行くと、すでに優先搭乗が始まってた。
17040553

一般搭乗が始まり飛行機に乗ろうとしてビックリ、C-3PO ANA JETだった!
17040552
JA743A B777-200

前回これに乗った時はプレミアムクラスでしたが(記事)、今回は普通席。
17040554
ヘッドレストカバーもC-3PO仕様に。

ドリンクサービスの紙コップも、黄色いC-3PO仕様。
17040555
空いたコップも持って帰りたい衝動を抑えゴミとして渡しましたが、なんだかもったいないな。

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

おかず系のバームクーヘン、ホットバームクーヘンサンド 『カフェねんりん家』@羽田空港第2ターミナル

東京都内での仕事がかなり早く終わったので、予約してる伊丹行き最終便よりも早い便へ変更しようと思ったら、どうも3列席 or 4列席の真ん中しか空いてない様子。

そこで、最終便の予約はそのままで時間をつぶすことに。

と言っても、どこか行くあてもないので早めに空港へ行くと、保安検査がガラガラだったので空いてるうちに入っておくことに。

こういう時、ラウンジが使えたらさぞ便利ですが、今はまだ修行中の身。

そこで、51番・52番搭乗口前の広場に、バームクーヘンで有名なねんりん家のカフェ 『カフェねんりん家』があったので入ることに。
Nenrincfhnd01

メニューを見ると、他の店ではみたことがないバームクーヘンサンドがあったんですが、こりゃ珍しい!と思い試してみることに。

ホットバームクーヘンサンド ハンバーグ・カルボナーラ。ドリンクとセットで854円也(8%税込)。
Nenrincfhnd02
プラスチックの容器に入れられたまま出てきますが、むしろこの方が持ち運びしやすい。

バームクーヘンの上にチーズが乗っかって・・・
Nenrincfhnd03

ハンバーグとベーコン、カルボナーラソースをバームクーヘンでサンドするという。
Nenrincfhnd04

食べてみると、安い系っぽいハンバーグの味が強すぎる感があり、後味にほんのりバームクーヘンの甘い風味が残ります。

が、これなら別にバームクーヘンでサンドしなくても普通のパンでいいような。

口どけはパンよりもいいけれど、ハンバーグをしっかり咀嚼しなければならないので、口どけの良さは消えてしまう。

せっかくのバームクーヘン感が少なく、強いて言えば、指で持った時にバームクーヘンが崩れそうになるので、やさしく持たないといけないところかな。

でも、おかず系バームクーヘンとして改良する余地はあるにせよ、これはこれでアリです。



カフェねんりん家 羽田空港第2ターミナル店
東京都大田区羽田空港3-4-2
羽田空港第2ターミナル出発ゲート内
営業時間: 6:00~20:00(定休なし)
TEL: 03-6428-8710

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

羽田空港からエアポートリムジンバスで東京ビッグサイトへ(東京空港交通)

羽田空港から東京ビッグサイトへ行くため、空港バスに乗ります。

羽田空港から東京ビッグサイトへのバスは、オレンジ色のエアポートリムジンと京急バスがあり、この前は京急バスに乗ったので(記事)、今回は東京空港交通のエアポートリムジンに。

9:25発の便が満席だったので、9:55発の乗車券を買う。
17040531

7番のりばへ行くと、9:55発に乗るための同志が並んでましたが、10人目ぐらいだったので窓際に着席できるでしょう。
17040532

9:50に7番のりばを発車する成田空港行きが出ると、すぐに東京ビッグサイト経由TCAT行きのバスが来る。
17040533
9:55に第2ターミナルを出発し、第1ターミナルでは4~5人乗せ10:00に出発。

空席が10席ほどありましたが、幸い私の隣も空席。

このバスは少し足元が広く、前席に膝が当たらない。
17040534
おかげでゆったり眠って行くことができました。

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

B787のANA BUSINESS CRADLE&スペイン国王のA310

今日は、先週いきなり欠航になり乗れなかったANA14便で東京へ。
17040501

B787 JA810A。
17040502

初めてB787のプレミアムクラスに乗ってみると、ANA BUSINESS CRADLE仕様のシートだった。
17040503

大画面の個人用モニター付き。
17040504
シート間隔は、普通のプレミアムクラス(127cm)よりさらに広い144cmもあるので、画面までが遠い!

さすがにこれだけ広いと、トールサイズな私でも十分足が組める。

隣席との間にある肘掛けの前方に電動リクライニングのボタンと、ドリンクぐらいは置けるテーブルがある。
17040505
肘掛け下には個人用モニターのコントローラーも。

電動リクライニングは倒す方向と起こす方向のボタンしかなく、背もたれ、座面、フットレストが連動して動く。
17040509
定位置にある時はグリーンのランプが点灯しますが・・・

リクライニングさせるとランプが消えるので、CAさんがチェックしやすい。
17040510

テーブル下には110VのコンセントとUSBも。
17040506

B777のシートは隣席側にテーブルが収納されていますが、こちらは窓際の肘掛け下に2つ折りで収納されている。
17040508

B787では、個人用の吹き出し口があってうれしい。
17040507
ANAではB777には吹き出し口がないので、隣でくっさいおっさんが座るとたまりません。。。

離陸滑走が始まると、いつも外を見ながら「V1、VR、V2」と心の中でつぶやいてしまうのですが、ちょうど機首上げとぴったりタイミングが合うとうれくなるマニア魂。


朝食はサンドイッチと桜エビのスープ。
17040511
個人的には和食の方が好き。

富士山も引きで撮ると、雲と空の境目にポツンとニキビの様に出ていますが、富士山の雄大さを感じる。
17040512

B787は液晶ブラインドのせいか、海面がギラついているように見える。
17040513

RWY05を通り越し、34Rへ着陸。
17040514

スポットへタキシング中、なんだか見慣れない飛行機が止まってました。
17040515
あとで調べてみると、来日しているスペイン国王が乗ってきたスペイン空軍のA310らしい。

さすが羽田はすごいですね。

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

とにかく食事とワインが美味しいペンション 『夢野樹』@山梨・山中湖

小田原でレンタカーを借り、山中湖へ向かいます。

雨が降る中、Googleマップのナビの通りに国道246号から県道147号線に入る。

山道を進んでいくと雨がだんだんみぞれになり、三国峠に差しかかる頃には完全に雪になり、道路脇には雪がわんさと積もってるし!(;゜0゜)
170401oyuki4
ノーマルタイヤのレンタカーなので、宿までたどり着けるか不安に。

最近のクルマは標準でトラクションコントロールが付いていて、雪道で作動ランプがピカピカしてましたが、おかげで雪ドリをすることもなくなんとか進んでいく。

ちょうど峠のてっぺんに差しかかる頃、練馬ナンバーのレンタカーが立ち往生しており、おばさん4人組が傘をさして降りてきて、ポルシェ・マカンのドライバーと何やら話している。

追い抜ける道幅もないので、私はそのうしろで話が終わるのをじっと待つ。

どういう話になったのかわかりませんが、おばさんたちを置いてマカンが動き出したので、マカンのタイヤの跡をトレースするようについて行く。
170401oyuki5

ほうほうのていで、何とか宿にたどり着く。

写真を撮る余裕もなかったのですが、今回泊まるのは 『鉄板焼きとワインの旬宿 夢野樹』

宿の公式動画があったので、くわしくはこちらをご覧くださいませ。


チェックインしてすぐに貸し切り風呂でゆっくり温まると、ようやく復活。

夕食はコースになっていて、まずは前菜から。
Yumenoki17031

これ、ウマー!( ゚∀゚) 

オニオンスライスの下にトマトが入ってるんですが、トマトが苦手な私でも美味しいと思うくらい。

富士山の湧水で育ったニジマスのムニエル。
Yumenoki17032
鉄板で作るムニエルは身がホクホクですんげー美味しい!

焼き魚を食べない息子もきれいに食べてた。

魚だけでなく和えられてるサラダもすんげー美味しい。

メインの甲州ワインビーフ
Yumenoki17033

なぜワインビーフなのかは、メニューに書いてあったのでご参照くだされ。
Yumenoki17037

美味しすぎるのでもうちょっとお肉食べたいな~と思ってたら、本日、追加があるらしい!
Yumenoki17034
若い時なら懐具合で追加するかどうかが決まりますが、年いくと腹具合で止められてしまうという( ノД`)

もちろんワインもたくさんあるんですが、いろんなワインをちょっとずつ飲みたいのでグラスワインを頼む。
Yumenoki1703a
宿のご主人はソムリエの資格をお持ちで、リクエストに応えてくれます。

その中で特に気に入ったのは、赤ワインのライトボディ・軽め。
Yumenoki1703b
聞いてみたら、イケダワイナリー(サイト)のベリーAの赤ワインなんだとか。

赤ワインはあまり飲まないのですが、機会があれば買いに行きたいですな。

シメは、ゆずシャーベットとチョコ。
Yumenoki17035
これも他ではない美味しさ。

で、コーヒーも澄んだような軽い味わいで美味しい。
Yumenoki17036
美味しすぎて3杯飲んでしまいました(^_^;)

コーヒーだけでなくごはんも美味しいのですが、たぶん水が美味しいからなんでしょうね。

その間も雪が止むことがなく、一晩明けて外を見たら一面銀世界!(;゜0゜)
170401oyuki1
全室富士山が見えるらしいのですが、見えるのは白い雪ばかり。

バルコニーの手すりの上に積もってる雪を見ると、10cmはある。

ちなみにこの日は4月1日。
170401oyuki2
4月なのに一晩で10cmも雪が積もるとは思ってもみなかったよ。

ノーマルタイヤのレンタカーなので、少なくとも除雪が来るまでは動けそうにありません。

下手すると、このまま足止めされるかも?!

これだけウソであってほしいエイプリルフールはありません。

でも、冗談じゃないよ~(;´・ω・)

動けるようになるまで、名物のホットサンドの朝食をゆっくりいただきます。
Yumenoki17038
ふわっふわのパンにたっぷりのタマゴが入ったサンドと、野菜たっぷりの2種類のホットサンド。

ディナーに続き、モーニングプレートも美味しい。

フルーツをよく見ると、りんごとパイナップルが・・・

やっぱり んー! って合体させとかなくちゃいけませんな。
Yumenoki17039

宿のご主人が駐車場から県道までの道を除雪してくれたおかげでなんとか動くことができ、県道へ出れば雪もなく走れました。
170401oyuki3

雪にはビビらされましたが、美味しい食事はもちろん、なにより敷地内完全禁煙、喫煙者お断り なところがすんごくいいペンションでした!



鉄板焼きとワインの旬宿 夢野樹
山梨県南都留郡山中湖村平野548-47
http://www.yumenoki.in/index.html
TEL: 0555-65-7255

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

何十年ぶりにアスレチックへ行ったら楽しかった^^ 『フォレストアドベンチャー小田原』@神奈川・小田原

アスレチックへ行きたいという子どものリクエストで、フォレストアドベンチャー小田原へ行ってみた。

どうも有名なユーチューバーの動画を見て行きたいと思ったらしい。

ま、動機は別にいいとして、18歳未満は保護者と同伴でなければならないらしく、私もついて行くことに。

子どもの頃はアスレチック好きでしたが、年を取ってしまうとケガや筋肉痛なんかが気になってしまう。

受付したあと、スタッフに命を守るハーネスを装着してもらいます。

安全のため、スタッフ以外は調整や脱着はしてはいけないらしい。

ハーネスには色分けされている2本のロープが出ていて、赤はカラビナ、青はプーリーにつながっており、ブリーフィングで使い方の説明を受けます。

実際にはしごをのぼりロープを渡り、スライドを滑って正しく安全具が使えると認められて初めて森のコースへ入ることが許されます。
Frstsdycrodw01

基本的にはしごを上って空中を渡って、ジップスライドを滑り降りるというコースがいくつかある。
Frstsdycrodw02
ジップスライドは気持ちいいの一言。

うまく着地できれば言うことないんですが、ほぼ180度回転して後ろ向きに着地してしまう。

着地の仕方もブリーフィングで教えてくれるので安心。

ただ、ロープにつかまってネットへ飛び込むターザンスイングが怖い。

自分で飛び降りて自由落下状態になるので、足がすくんでしまう。

勇気が試されるアクティビティですね。

今回、買ってからしばらく放置していたGoProを持っていき、私目線で撮影してみた。


空中にぶら下がった丸太を渡ったり。

途中で雨が降ってきて、足元が滑るので怖さ倍増。

ジップスライドは気分爽快!

ただ、後ろ向きに着地すると、雨で濡れてるのでドロドロになります。

空中で泳ぐように手足を動かしたら、前から着地できた!


やる前はいろいろ心配してましたが、いざやってみるとすんごく面白い!

幸い筋肉痛もなかったので、またやりたいですね。



フォレストアドベンチャー小田原
http://fa-odawara.foret-aventure.jp/
神奈川県小田原市荻窪久野4391

| | コメント (1)

2017年4月 2日 (日)

新横浜から新幹線で帰阪

新横浜から新幹線で大阪へ戻ります。

普段と違い、EXファミリー早特で。
17040201

新横浜16:06発、のぞみ383号。
17040202

N700系 X69編成。
17040203

臨時のぞみを予約したんですが、春休みなせいか日曜に臨時が出るくらい混んでいて、普段、平日は殺伐としたサラリーマンが多いところ、休日は子ども連れのファミリーが多い。

なので当然、やかましい。

車内で弁当を食べてると、斜め前に座ってる子どもが じ~っと 私が弁当を食べてる様子を見てたり。

なかなか落ち着きませんなぁ。

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

3月のSFC修行

3月のSFC修行は羽田~伊丹ばかり10レグで10,300PP、合計16,008PPとなりました。
201703anapp

3月はプレミアムクラスにも乗ったり、「Zターン」をしたりしてPPを稼いだ。

過去にSFC修行を解脱した諸先輩のサイトを見ると必ずPP単価のことが出てきますが、主に出張でPPを稼ぐ”出張修行僧”なので旅割を積極的に使うことができず、PP単価は16円を下回ることはありません。

そのかわり、とにかく飛行機に乗る出張をバンバン入れるというのが私の修行スタイル。

ひとまず30,000PPまでためて、ブロンズの事前サービスを受けられるよう頑張ります。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »