« 博多からみずほで新大阪へ | トップページ | ラウンジと機内で出張帰りの至福のひととき »

2017年4月21日 (金)

晴天の中羽田へフライト

今日も今日とて東京へ出張。

伊丹からANA16便で羽田へ飛びます。
17042001
8:00発でしたが、7:30前に保安検査場へ向かうとかなりの混雑。

行列の後ろに並びましたが、7:40頃にスタッフから「8:00までにご出発の方!」と声があり、手を挙げるとバーコードを表示したiPhoneを持っていかれ、保安検査証にチェックが入り返されました。

あと3~4人目だったからか優先されることはなく、そのままの列に並び続けることに。

B777-200 JA710A
17042002
搭乗口へ行くと、すでにダイヤモンドの優先搭乗が始まってた。

ANA名物?の「セットスライドバー」のアナウンスがあり、ほぼ定刻に出発。

ただ、34Rと34Lへの着陸機を2機待ったため、離陸まで時間がかかる。
17042003
この時点で8:10。

滑走路脇のMROの格納庫には、整備を受けるためバニラエアのA320が駐機。
17042004

今回はiPhoneの速度計アプリで離陸のスピードを測ってみた。

撮影してるデジカメが写り込んでしまってるのはご愛敬。

離陸したのは8:17でした。

この日は雲がほとんどない快晴で、巡航中も地上がよく見える。

伊勢湾上空で海を見ると、前日の雨のせいか、揖斐川、長良川、木曽川から流入してきた濁った水で海が茶色くなっており、川からの水がどのように海へ広がっているかがよくわかる。
17042005

この前利用したセントレアも眼下にくっきり。
17042007

飛行機雲がクロスしている様子も。
17042006

もちろん富士山もはっきり見える。
17042008

この日は房総半島へは回らず、浦賀水道からアクアラインを横切り、羽田空港34Lへ着陸。
17042009
このコースだと、レインボーブリッジやランドマークタワーなども見えます。

で、着陸のスピードも測ってみた。


大阪から東京まで快晴なフライトでした。

|

« 博多からみずほで新大阪へ | トップページ | ラウンジと機内で出張帰りの至福のひととき »

乗り物@飛行機」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 博多からみずほで新大阪へ | トップページ | ラウンジと機内で出張帰りの至福のひととき »