« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

グローバルWiFiのVPNルーターは中国でかなりいい感じに使える

今回の中国出張では、iPhoneに中国・香港用のSIMカードを使いましたが(記事)、もし中国政府のネット規制に引っかかってしまった時のために、別途、グローバルWiFiのVPN対応ルーターをレンタルしてました。

このWi-Fiルーターも、中国に入ってから電源を入れるようにと注意されていたので、中国のホテルで初めて取り出してみると・・・

デカい!(;゜0゜)

iPhone6sと並べてみる。
Gwi170601
Wi-Fiルータなのに大きな液晶画面があり、さらに通話口のような穴があるので、もしかしてスマホ的なやつ?

でも、もんのすごく分厚い!!
Gwi170602

大きさはトランプの箱より少し大きいぐらい。
Gwi170603
もちろん、重たい。

これを見た上海人W氏は、テレビか!とツッコんでました(笑)

肝心のVPNですが、アカウントとパスワードを設定すると無事接続できました。
(実はパソコン、iPhoneとも1回目は接続できなかったんですが、もう一度設定すると接続できたという)

スピードも安定性も特に問題なく、ネット規制もなんのその、Gmailにも海外製SNSにもつながるし、ヤフーメールに入ってもアラートメールは送られてきません。

これ、かなーり使えるルーターですが、そのうち共産党政府が使えなくしてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

中国・香港用のSIMで4G高速通信&ネット規制を受けずにLINEも使える

今回の中国出張では、中国・香港用のSIMカードを使ってみることに。
Hksim1701
4G高速通信を7日間で2GB分利用できるSIMを、予め日本でアマゾンから買っておいた。

香港ではネット規制はないけれど、中国本国へ行くと政府が人民の言論を抑圧するためのネット規制があり、外国製SNSが一切使えません。

実はこのSIM、香港と中国で使えるだけでなく、中国政府のネット規制を受けないでネット接続ができるらしい。


iPhoneで現地のSIMに付け替えようとする時に、絶対に忘れてはならないものがあります。

それは・・・


SIMカードホルダーを外すためのピン!


これを忘れると、SIMホルダーを外すことはできません。

で、この私・・・


忘れました(ToT)


ピンを忘れたことに気付いたのは関空のキャセイラウンジにいてる時だったんですが、ラウンジの受付でゼムクリップを1ついただき、これを伸ばしてホルダーを外すことができた次第。
Hksim1703

アクティベートは必ず現地でするようにと注意書きがあったので、香港空港でSIMを交換。
Hksim1702

パッケージに書いてあるAPN設定をすると、問題なく接続完了。
Hksim1704
SIMを替えると、UNICOM HK の表示に変わる。

香港から高速船で中国・珠海へ渡りますが、香港空港を出発してすぐは、まだUNICOM HKのままで、Googleマップが使えてます。
17061162

海へ出てもまだ香港の電波を拾ったまま。
17061166

珠海に着くと、中国联通に変わる。
17061169

中国本国の電波に切り替わりましたが、一応、Googleマップが使えてる。
Hksim1705

Google以外にも、LINEも使えてLINE通話もできるし、外国製SNSにも問題なく接続できてます。

今回の出張で訪問した珠海、広東、済南、泰安、上海どこでも規制を外して接続できて、特に速度が遅いこともなく、日本にいるのと同じように使えました。

ただ、そのうちこういう抜け道は共産党政府によって封鎖されてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

関空から特急はるかで新大阪へ

上海から関空に着いた後、関空からはJR特急はるかで新大阪へ。

iPhoneのSIMカードはまだ香港SIMから差し替えてなかったので、Wi-Fiでe5489へつないで、チケットレス特急券を買う。
170615jr01
チケットレス特急券だと新大阪まで620円。

通常料金の半額以上安くなる。

入国手続きがスムーズに済んだおかげで、直後に出発するはるかに乗れた。
17061527

はるかは乗車時間が短いことを織り込んでるのか、特急列車にしては座席がしょぼめ。
17061528

背面テーブルはなく、肘掛けテーブルもテーブルとは呼べないくらい簡易的なやつで、しかも肘掛け収納ではなくむき出しのまま。
17061529

関空からの帰路、明るいうちに大阪・梅田のビル群を見るのは珍しいかも。
17061530

新大阪でラーメンを食べたい気分でしたが、ガマンして帰路へ。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

新しいターミナルを建設中の上海浦東空港から帰国の途に

今回の中国出張は、行きは関空から香港へ飛んで、珠海、広州、泰安、上海とまわり、帰りは上海から関空へ。

13:20発、JL894便。
17061501
今まで何回も浦東からJAL便に乗りましたが、今回初めて『出発時刻の30分前に搭乗口へ』のシールを貼られる。

この時は何も考えておらず、搭乗券に書かれた時間に行けばいいや、としか思ってなかったんですが・・・

せいぜい、搭乗口が210番という初めて3ケタなことにいつもと違うな、と思ったくらい。

そんないつもの感覚で国際線の出発口へ歩いて行ったら・・・


ない!(;゜0゜)


国際線出発口の場所が変わっててちょっと焦る。
17061502

この時、時刻は12:00前。

イミグレも保安検査もそれほど混雑しておらず、保安検査を抜けた後の通路が以前と変わっていた。

そーいえば、JALのサクララウンジの場所が変わってきれいになったと聞いてたっけ。

いままで、サクララウンジへは入口で搭乗券を見せたら入れましたが、今回初めてチェックインの時にラウンジクーポンをもらう。

あまりゆっくりする時間はないけど、新しくなったラウンジへ行ってみる。

と、その前に、売店でおみやげを調達することに。

免税範囲ぎりぎりの白酒と紹興酒を買い、保安検査を抜けたところにあるエスカレーターを上がってラウンジへ。

入口で搭乗券を見せたら、ラウンジクーポンを出してくれと言われる。

なるほど、入室チェックの方法が変わったんか

と思い、クーポンを手渡すと、日本語が饒舌な兄ちゃんが、まるで飲み屋の客引きみたいに新しいラウンジのおすすめフードやら飲み物やら、やたらと話しかけてくる。

すると突然、この兄ちゃんが

あー!お客さん!!


と、ビックリした声を上げる。

関空行き、もうファイナルコールかかってますよ!

・・・

なにー!!(;゜0゜)



買い物に時間が掛かってしまったのか、時計を見るとすでに12:55。

ラウンジへ入ることができず、慌てて搭乗口へ!

エスカレータを下り保安検査出口へ戻ったら、さらにそこからエスカレーターを下りていく。

エスカレータを乗り継いで1Fのロビーへ。
17061503
見たところ、バスロビーのような雰囲気。

エスカレーターを下りたところで、『関空』の紙をもった地上スタッフが捜索している。

搭乗口へ駆け足で行くと、どうやら最後の乗客になってしまったらしい・・・
17061504

予想通り、飛行機までバス移動。
17061505
それで、わざわざ30分前までに搭乗口へ来いというシールが貼られたのか。

ホンマ、スンマセンスンマセン。

私が乗ると扉が閉まり、バスが発車。
17061506
どこまで行くのか見てたら、どんどん進む進む。

結局、10分ほどかかって、ほとんど最果てのスポットまで連れて行かれる。
17061507

B737-800 JA317J
17061508

こんな遠いところに沖止めのスポットがあったなんて初めて知ったんですが、この場所、どうも新しいターミナルを造ってる様子。
17061515
それもかなりデカいターミナル。

ボーディングブリッジっぽい骨組みも。
17061512
現在、浦東空港は第1ターミナルと第2ターミナルがありますが、ここが第3ターミナルになるのか?

第1・第2ターミナルが遠くに見えるほど、遠い。
17061531

Googleの衛星写真で見ると、4本ある滑走路の海側のRWY34Rからさらに海側にもう1本滑走路が造られていて、RWY34Rと新滑走路の間に新ターミナルが造られている様子。
17061535
赤線がバス移動のルート(たぶん)。

新ターミナルが出来てさすがにバス移動はしんどいので、香港国際空港のスカイピアシャトルみたいに地下を鉄道で結ぶんでしょうか?

B737は通路1本で3×3列とかなり窮屈で、乗客の搭乗も時間が掛かる。
17061510
13:20にドアクローズしたはいいものの、離陸機が混んでいて管制からの指示によりそのまま待機 となる。

窓から見ると、新滑走路からの離陸機で誘導路が渋滞中。
17061511

13:42にようやくプッシュバックしたものの、エプロンから誘導路へ出るところでまた停止。

外を見ると、離陸機の渋滞が伸びてんじゃないか?!
17061514
結局、14:16に離陸できた。

エプロンから出て離陸するまでの様子。


中国大陸に近い海は茶色い。
17061516

海面の茶色がだんだん抜けてきたように見えても、船の航跡が茶色いという。
17061517

そうこうしてるうちに、機内食の時間。
17061518
前日の晩、北京ダックを食いすぎて朝食が食べられず、さらにラウンジで軽く食べるつもりが食べられず、さらに離陸まで待たされたこともあり腹ペコ状態。

機内でお笑い番組を見てるうちに着陸態勢に。

淡路島の東、紀伊水道を抜けて明石大橋が見えると大きく右旋回。
17061520
どうやら北側から着陸するみたい。

赤が鮮やかな神戸大橋が見えてくると・・・
17061521

神戸空港の脇を抜け・・・
17061522

赤が鮮やかな港大橋と大阪南港でまた右旋回。
17061523

17:05、定刻より25分遅れで関空RWY24Rに着陸。
17061524

翼がよく見える席なので、スポイラーが立ち上がるとメカニカルな部分がよく見えて楽しい♪
17061525

明石大橋を旋回してから関空へ着陸しスポットインするまでの様子。


17:12に29番スポットに到着。
17061526

関空はそんなに大きな空港でもないのにイキってターミナル連絡シャトルなんて走らせてるもんだから、客はシャトルのタイミングごとにまとめられてしまい、早く降りても意味ないという。

これじゃ、沖止めとバス移動と変わらんぞ。

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

上海リニアで浦東空港へ

今回も上海市内から浦東空港へは、リニアに乗ることに。

龍陽路駅から浦東空港まで貴賓席で80元
Smglv170601

乗車券はICカード。
Smglv170603

荷物検査をして改札を通り、ホームへ上がる。
Smglv170602
貴賓席は、改札から一番遠いホームの一番端。

リニアがやってきました。
Smglv170604

何度見ても、某二足歩行ロボットの顔みたい。
Smglv170605

ドアは一斉には開かなくて、乗務員が各ドア脇のボタンを押していく。
Smglv170608

貴賓席は浦東空港側先頭車の前半分のみ。
Smglv170606
対面ボックス席が6区画、24席のみ。

貴賓席の乗客は、私を含め4人。

龍陽路駅を出発し、すぐ左側に見える風景が様変わりしていてビックリ。
Smglv170611
大きな建物以外は雑草が生い茂っているだけですが・・・

数年前まで、ここには小汚いボロい家や畑が密集していて、時代に取り残された感がありました。
Smglv170615

たくさんあった民家は・・・
Smglv170616

今は跡形もなくなくなってます。
Smglv170612
ある意味これも共産国だから成せる技か?

営業速度が世界最速430km/hの上海リニアも、最近は時速300kmまでしか出さない。
Smglv170607
このスピードなら、わざわざリニアにする必要もないけどね。

これ以上スピードを出すと電気代が掛かるからケチってるんじゃないか?

龍陽路駅から8分ちょっとで浦東空港に到着。
Smglv170613

浦東空港でも、貴賓席は改札口まで一番遠い。
Smglv170614
普通席の倍の料金払っても、一番歩かされるという貴賓席の乗客です。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

上海を代表する観光スポット、外灘へ行く

上海で北京ダックを食べた後、上海を代表する観光スポット、外灘へ。
170614wit01
これぞ、ザ・上海という風景。

浦東地区のビル群は、ビル自体がディスプレイになってます。
170614wit03

動画で見ると、わかりやすい。


外灘から黄浦江の対岸を見る風景は現代のビル群が立ち並んでますが、元々外灘は19世紀後半のイギリス租界で、この頃に建てられた西洋建築が今でも当時の雰囲気を出している。
170614wit02
近代と現代の先端建築が川の両岸で向かい合っているという、独特な街。

もちろん観光客も多く、タクシー争奪戦も激しい。

ここ数年来、上海で流しのタクシーを捕まえるのが困難極まりなくなっているので、帰りは地下鉄やバスで一旦この場を離れたほうがいい。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

上海で美味しい北京ダックを食べる『全聚德』@上海・闸北区

上海で北京ダックを食べようということになり、天目西路にある北京ダックの有名店『全聚徳』へ。
Quzd170601

お目当ての北京ダックを注文すると、先に薬味が運ばれてくる。
Quzd170602

ほどなくしてやってきました、こんがり焼けた北京ダック。
Quzd170603

目の前でさばいてくれます。
Quzd170604
特に美味しい皮、普通に美味しい皮、次に身も流れるような包丁さばきで切り分けてくれる。

その様子は動画でどうぞ。

ホールスタッフの全聚徳と北京ダックの解説つき。

一見少なそうに見える北京ダックですが、4人で食べ切るにはちとキツイ。
Quzd170605

さばいた後の鶏ガラは、スープ、ぞうすい、唐揚げの3つのうちから1つを選ぶと、調理してくれます。
Quzd170606
今回はぞうすいにしてもらいましたが、これでもうお腹いっぱい。

もちろん北京ダックだけを食べる訳にはいかないので、他の料理も注文したところ、4人で食べ切れないほどに。
Quzd170608

ちなみに、焼き小籠包があったので、横浜の中華街で食べた美味しい焼き小籠包の味を想像しながら注文してみたところ・・・
Quzd170607
いまいちだった。。。

上海で美味しい北京ダックが食べられるお店ですが、4人で1羽の北京ダックを食べようとすると、他の料理を抑えないと食べ切れないということが、身に染みてわかった。



全聚德 大饭店
上海市闸北区天目西路547号
(上海火車站から徒歩5分)
TEL: 021-63538558

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

上海虹橋からタクシーで市内を移動

泰安から高鉄で上海虹橋駅に到着後(記事)、タクシーで上海市内のホテルへ向かいます。

高鉄上海虹橋駅にもタクシー乗り場がありますが、タクシーに乗る場所が2レーンしかないので(=2台ずつしか進まない)、長蛇の列に長い間並ばなければなりません。

ところが、上海虹橋駅に隣接した虹橋空港のタクシー乗り場は、長い列こそ出来てるものの、タクシーに乗る場所が7レーン×2もあるので行列が進むのも早く、列が長くても待ち時間は少なめ。

乗客の待ち時間が少ないということは、当然、タクシー側にとっても待ち時間が少なくて済むので、運転手の機嫌も良さげ。

なので、虹橋空港でタクシーに乗ります。

虹橋空港から空港内の周回路をぐるっと回り・・・
170614sht02

上海市内へ向かう高速道路へ。
170614sht01

上海は車が多すぎるのでいつもそこらじゅうで渋滞してる。
170614sht03
数年前に比べると走っている車の車種もずいぶん様変わりしていて、タクシーもサンタナからトゥーランが多くなってきた。

渋滞の高速道路の様子。


延安西路のホテルまで50元ほどでした。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る ~その3~ 時速300kmで上海へ

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る その2からのつづき


12:32発、G229列車に乗り込み泰安駅を出発。
170614gt12
泰安駅は、北京と上海を結ぶ「京沪高铁」の途中にあり、駅の規模としては隣の済南西駅の方が大きいため、速達列車は泰安駅を通過することが多い。

泰安駅の周辺はビルもたくさんありきれいでしたが、駅を発車してすぐに一面のテント街が広がる。
170614gt51_2

その後、人の気配もまばらな自然たっぷりの風景に。


車両両端に電光掲示板があり速度が表示されますが・・・
170614gt52

正しい速度を表示してるのかどうかiPhoneの速度計アプリで測ってみたら、だいたい合ってる。
170614gt53
速度計アプリはGPSで測ってるので、表示に振れがあります。

13:10に枣庄駅に停車した後、次の停車駅は徐州東駅。

徐州東駅に近づくと、線路に沿って別の高鉄の線路を建設中。
170614gt67

遠くの山に、大きな壁画のようなものが見える。
170614gt68

13:31 徐州東駅に到着。
170614gt69

徐州東駅の到着アナウンス~ホームに入るまでの様子。


5分停車し、13:36徐州東駅を発車。


発車してしばらくすると、在来線の車庫が見えてくる。
170614gt70
在来線はまだまだ客車を機関車が引っ張る列車が多い。

日本だけが特別に動力分散方式が多いとも言えますが。

その後、畑が一面に広がり、人の気配がなくなります。
170614gt71

広い長江を渡ると・・・
170614gt72

高層マンションも増えてきて、都会の様相が見えてくると・・・
170614gt73

14:51、南京南駅に到着。
170614gt74

南京南駅からは、郊外の街の雰囲気の中を進みます。
170614gt75
↑この写真だけ見たら、日本の新幹線からの車窓とよく似てたり。

蘇州北駅を発車してしばらくすると高鉄の車庫が現れますが、留置線が100線以上ありそうなくらい広い車庫。
170614gt76

こんなに広大な土地が使えるのも、ある意味共産国だからなのかも。
170614gt77

泰安駅を発ち3時間40分、16:12上海虹橋駅に到着。
170614gt78

このG229列車、始発の青島駅を9:15に出発し、1308kmを6時間57分で上海へ。
170614gt80
表定速度188km/h。

日本の新幹線の代表格、のぞみ、はやぶさ、みずほの表定速度は200km/hを超えています。

上海虹橋駅もとてつもなく広い。
170614gt79

隣のホームに、JR東日本E2系をベースにしたCRH2が止まってましたが・・・
170614gt81

なかなかの汚れっぷりで、くたびれ感すら感じる。
170614gt82

「和諧号」の和の字が取れてしまい・・・
170614gt83

車体の塗装の一部もはがれてたり・・・
170614gt84

このホームから次に発車する列車は、16:33発青島行きG234列車。
170614gt85
私が乗ってきた列車の折り返しなのか、別の編成が来るのかはわかりません。

ホームから出口へ向かい、改札機を通る。
170614gt86

今回、泰安から上海虹橋まで853kmの移動。
170614map
所要時間3時間40分だったので、泰安から上海までの表定速度は232km/hとなかなかの俊足ぶり。

今回、3年ぶりに高鉄に乗りましたが、発展と変化のスピードがえげつなく速い。

外国人でももっと乗りやすくなるとうれしいんですが、それは無理っぽいですな。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る ~その2~ 車内のお菓子とお弁当

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る その1からのつづき


12:32、定刻に泰安駅を発車。

泰安駅の周辺はビルもたくさんありきれいでしたが、駅を発車してすぐに一面のテント街が広がる。
170614gt51

女性車掌がやって来て車内検札を受けると、別の女性服務員がミネラルウォーターとお菓子が入った袋を配る。
170614gt54

このお菓子の詰め合わせの袋には・・・
170614gt55

4種類のお菓子が入ってます。
170614gt56

この米果巻は、うまい棒とほぼ同じサイズで・・・
170614gt57

中身もうまい棒みたいな揚げたお菓子。
170614gt58
味は薄めでパッサパサの食感ですが、マズくはないけど美味しくもない。

うまい棒の方がはるかに美味しい。

この山楂羹は・・・
170614gt59

文字通り、サンザシの薄いようかん。
170614gt60
これはまあまあイケる。

この亲亲小豆(親親小豆)は・・・
170614gt61

グリーンピースを揚げてスパイスをかけたみたいな。
170614gt62
これはマズくて食えん!

最後の猪肉脯は・・・
170614gt63

豚の干し肉。
170614gt64
ポークジャーキみたいな感じで、これはまあまあウマい。

お昼過ぎに泰安を出て、上海に着くのは夕方なので、お昼ご飯に車内販売のお弁当を食べることに。
170614gt65
1つ40元也。

ほんのりあったかい弁当のフィルムを剥がしますが、剥がし切る時に水滴が跳ねないよう要注意!
170614gt66
牛肉のしょうゆ煮込み、鶏の手羽煮、タマゴと野菜を煮たものと、パッサパサのご飯。

しかも、どれもお箸で食べるには小さすぎるので、お箸で食べにくいのなんの。

さらに、お箸でつまんだおかずから滴が落ちないよう注意しながら食べます。

せめてスプーンを付けてくれたらうれしいのに。

食べ終わったら、すぐさまゴミ箱へ。

置いとくにもべっちゃべちゃで邪魔やしね。



その3へつづく

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る ~その1~ 車両ウォッチ

泰安から中国版新幹線、高鉄に乗って上海へ向かいます。

泰安市内のホテルから高鉄泰安駅へ。
170614gt01
泰安駅は今、そこら中で改修工事をしていて歩きにくい。

11:40頃に泰安駅に着き、最初にすることは切符を買うこと。

上海までの高鉄の切符は事前にネット(高铁网 Gaotie.cn)で予約してたんですが、外国人は切符売り場で紙の切符を発券してもらわなくてはなりません。

中国の高鉄もネットで予約できるようになりましたが、今のところ中国語のページしかなく、さらに中国人民の名前とショートメールが受信できる携帯番号を要求されるので、協力してくれる中国人がいないと、外国人が自力で予約するのはかなり難易度が高いかと。

なので、協力してもらえる中国人がいなければ、旅行会社や代行してくれる業者にお願いするのがいい。

高鉄の切符は実名制で、予約する時に氏名と、中国人民と台湾人は身分証番号、その他の外国人はパスポート番号を登録しなければなりません。

大義には、ダフ屋対策で一つの身分証で同日同列車の切符は1枚しか買えないようになってますが、実は共産党政府が人の移動を把握するためだったり。

また、台湾人もパスポートを持たないと中国へ入国できないのでパスポート番号でもいいように思いますが、ネットの予約フォームで台湾人は台湾の身分証番号を求められ、パスポート番号は拒否されます。

もしかすると共産党政府が言う「一つの中国」に通じているのか、台湾も中国だ!と言っておきながらパスポート番号を使うのはどうなん?ということなのか?

改札のある駅舎とは別の建物にある切符売り場の窓口で、予約した時にもらう発券番号とパスポートを出し、切符を発券してもらう。
170614gt02
泰安12:32発、G229列車、上海虹橋行き。一等席で634元。

ネットで予約後クレジットカードで支払い済みなので(予約後30分以内に決済しないと取り消される)、窓口では特に何か言われることはありませんでしたが、窓口に並ぶときはできるだけ一人でスマホをいじってる人が多い列に並んだ方が、待ち時間が少なくなる傾向にあるようです。

切符を受け取ったら駅舎へ。

駅舎へ入る時には、お決まりの荷物検査と金属探知機の検査がある。

検査の後、再びパスポートを出してチェックイン的な登録をされると、ようやく待合ロビーへ。
170614gt04
改札口の上に大きなLEDの電光掲示板に列車の案内がありますが・・・

駅舎が広くて画面が遠いのと、LEDが粗く画面の解像度が低いので、文字が見えにくいという。
170614gt03
G229列車はまだ改札が始まっていないので、ロビーで待つことに。

発車15分前にG229列車の改札が始まりますが、天井が高く広いロビーだからかアナウンスの声が反響して聞き取りにくく、それ以前にボリュームも小さく、さらに肝心なことは改札の係員が肉声で言うもんだからほとんど聞こえないので、ドットの粗い掲示板を注視しておかなければなりません。

改札機に切符を通し、構内へ。
170614gt05

ホームへ行くと、向かいのホームからちょうどG352列車北京南行きが発車するところ。
170614gt06

その様子を動画で撮ってみた。


中国の鉄道の案内では終着駅を表示するのはいいとして、なぜか始発駅も表示されてるんですが、どこから来た列車なのかの情報もいるのかね?
170614gt07
泰安駅からの一等車の乗客は、全員15号車と16号車にまとめられてるみたい。

12:30、上海虹橋行きG229列車が到着。
170614gt08
ドイツ・シーメンスのICE3(ヴェラロ)をベースにしたCRH380BL。

サイドには、中国高鉄のCRHのロゴと・・・
170614gt09

和諧号のロゴがある。
170614gt10

8両編成×2編成連結の16両編成の最後尾に乗車。
170614gt11

一等車の座席は2×2列シートですが、隣席間の肘掛けの幅は二等車と同じで、狭くはないけど広くも感じない。
170614gt14

前席との間隔も狭くはないけど広くもない。
170614gt15
一応、フットレストが付いてますが、両面汚れてるので靴を脱ぐことはできません。

座席には赤いシートカバーが被せられており、このカバーがヨレヨレ。
170614gt17
人民たちはすぐ汚すのでその対策か、それともすでにボロボロのシートを隠してるのか?

シートカバーの端をちゃんと収納していないので、下端がビラビラした状態。
170614gt18

テーブルは肘掛け下に収納されてるので、シートカバーで被せても使える。
170614gt13

私がアサインされた5D番は、なんと窓がないというorz
170614gt16
車窓の景色を見るのが好きなのに窓がないのは可哀想に思ってくれたのか、同行の中国人C氏が窓のある席と変わってくれた(^^)

シートポケットに入ってた服務指南(サービスガイド)。
170614gt20

各列車形式ごとの案内と・・・
170614gt21

非常用設備の案内が書いてある。
170614gt22
緊急はしごや脱出用の渡り板、緊急脱出窓などが書かれてます。

各車両4箇所に緊急脱出用の窓があり、窓の横に備え付けのハンマーで緊急脱出用窓のガラスを割って、外へ逃げられるんだとか。
170614gt23
ただ、過去の教訓からすると、車両ごと地中に埋められてもいいように脱出用のスコップもあった方がいいんじゃない?

一等車の車内。
170614gt19

先頭車の出入り口のデッキには客室との間に仕切りもドアもなく、トイレも客室内にある。
170614gt24

トイレは個室が1つしかありませんが、木目調のトイレのドアを開けると臭いが客室へ漂ってくることも。
170614gt25

トイレは日本の新幹線よりも広く、洗面も個室内にあり、飛行機のトイレを少し広くした感じ。
170614gt26

手拭き用のペーパータオル入れはあるけど、ペーパータオルはない。
170614gt27

洗面の蛇口はてっきり自動かと思ったら、手動だった。
170614gt28

一等の客室からトイレの前を抜け出入り口のデッキへ行くと、車両後端に仕切られた部屋があり・・・
170614gt29

一等より豪華なビジネス席が4席ある。
170614gt30
車内探検はこれくらいにして、席へ戻りましょうか。



その2へつづく

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

泰安は空気汚染で肉眼で太陽が見える&コンクリートを積んでいくだけのマンション

中国の空気汚染はかなりひどいものの今や日常になってしまい、人民たちも慣れた様子。

泰安のホテルの部屋から外を見ると、数キロ先も見えないレベル。
170614ta01


天気予報によるとこの程度でも「軽度の汚染」らしく、降水確率が表示される場所に空気汚染情報が出てることにもビックリ。
170614ta02

部屋から見下ろすと、道路の向かい側に建設中のマンションがありましたが・・・
170614ta03

鉄骨や鉄筋はなく、コンクリートの外壁をどんどん積んでいく工法。
170614ta04
まあ地震がほとんどない大陸だからできるつくり方ですが、ジェンガみたいに下の方の壁をチョンとつついたら崩れそう。

そんなマンションが立ち並んでますが、建物がゆがんだりするのは当たり前らしい。
170614ta05

その隣でも何やら工事をしてましたが・・・
170614ta06

泰安金融商务区と書かれた金融センターのようで、玄関になる建物だけがポツンと建ってる状態。
170614ta07


泰安は中国の名峰「泰山」があることで有名で、高鉄の泰安駅から正面に泰山が見えてましたが、今は空気汚染で山は全く見えません。
170614ta08

日本にはPM2.5が飛来していますが、発生源ではもっと大きい粒子がたくさん飛んでるので、真っ昼間に太陽が肉眼で直接見えるという。
170614ta09

もはや空気汚染が日常すぎて、焦る様子もありません。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

済南空港から泰安市内のホテルへ

広州空港から済南空港へ着いた後、ホテルの送迎バスで泰安市内へ移動(記事)。

泰安万达嘉华酒店の送迎バスは、新車のトヨタ・コースターでした。
170613tamd04

済南空港から泰安のホテルまで約1時間半。
170613nh27
高速道路を走行中、午後7:45でもまだ明るいのにビックリしてましたが・・・

さすがに午後8時を過ぎると暗くなってくる。
170613tamd01

結局、ホテルに着いたのは午後9時前になってしまい、街中へ出るのもしんどいのでホテルのレストランで晩ごはん。
170613tamd02
泰安は豆腐が有名なので、当然のように豆腐メイン。

今まで中国で食べるラーメンはイマイチなのばかりでしたが、ここで食べたラーメンは日本のラーメンのように普通にウマかったり。

170613tamd03

さらに翌朝、ホテルの朝食バイキングでドーナツがあった。
170613tamd05
中国のドーナツなんてパッサパサでとても食えたもんじゃないけれど、自信満々に並べられているので、どんだけマズいのかネタにしてやろうと思い試しに1つ食べてみたら・・・


普通にウマかった(^_^;)


なかなかやるな、このホテル。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

広州空港から中国南方航空で済南空港へ

広州空港から、山東省の済南空港へ飛びます。

フライトはネットで予約したんですが、e-チケット控えを印刷してなかったのでチェックインして搭乗券を発券することができず、チェックインの前にe-チケット控え発行カウンターへ行ってパスポートを出し、e-チケット控えを発行してもらう。
170613nh01
中国南方航空CZ3711便のビジネスクラスで1710元、クレジットカードで決済済み。

しかし、チェックインするときもパスポートだけ出せば手続きできるので、結局e-チケット控えは要らなかったという。
170613nh02

搭乗時刻まで2時間ほどあったので、ラウンジで待つことに。
170613nh03

広いラウンジでしたが、一番奥以外は搭乗を待つ人民でいっぱい。
170613nh04
ひと昔前は人民が数人集まればすぐにトランプが始まりやかましかったもんですが、最近はみんなそれぞれスマホの画面を注視していて静かなのはありがたい。

ラウンジには、そこらのホテルの朝食バイキングよりたくさん料理が用意されているので・・・
170613nh05

軽くお昼を食べておこうと思っても、つい取り過ぎてしまう。
170613nh06
国内線で料理まで用意されているのはすごい。

搭乗予定時刻の10分前、13:40に搭乗口へ行くと、まだスタッフすらいないという。
170613nh07

中国南方航空のB737-800、レジ番B-5113。
170613nh08

荷物を貨物室へ積んでましたが、地上スタッフは誰もヘルメットを被らず素頭のまま。
170613nh12

搭乗予定時刻になりスタッフが出てきて、人民たちも並び始めましたが、なかなかゲートが開かず。

搭乗予定時刻から15分ほど経ってはじめて「航空管制の指示により出発が遅れます」とアナウンスがあり、しかもどれくらい遅れるのかは地上スタッフもわからないまま、ずーーと待たされることに。

ま、中国ではよくあることですが、この時間が結構しんどい。

結局、搭乗予定時刻から1時間半後の15:10に搭乗が始まる。
170613nh09

ビジネスクラスなので、並んでいる人民たちを横目に優先搭乗。
170613nh10

ビジネスクラスの座席。
170613nh11

ごくごく一般的な座席で、特に目新しいものはありません。
170613nh14

座席間隔もビジネスクラスではごく普通。
170613nh13

シートポケットに入ってる安全須知に・・・
170613nh16

救命胴衣の使い方が書いてありますが、幼児用の救命胴衣が赤ちゃんすぎて思わず「無理やろ!」とツッコんでしまう。
170613nh17

席につくと、CAさんがウェルカムドリンクを持ってきてくれるのですが、のどが渇いてたので水をいただく。
170613nh15

結局、1時間40分ほど遅れの16:02にプッシュバックが始まり、離陸。

ベルト着用サインが消えたら、テーブルクロスが敷かれ機内食の準備。
170613nh18
機内食はお弁当みたいなやつと、点心、麺、フルーツのセットがあったんですが、お弁当だと味が想像できたので、後者をリクエスト。

CAさんは英語ではなく、ゆっくり丁寧な中国語で話しかけてくれたおかげで意思疎通は問題なかった。

運ばれてきた機内食。
170613nh19

肉まんと小籠包、たまごとえびのタルト風。
170613nh20

ジャージャー麺(炸醤麺)は程よいピリ辛の味わいが美味しい。
170613nh21

ナッツはちゃんと皿に出さないと、偉い人に怒られるからね!
170613nh22
でも、なんか出し方が雑。

フルーツはスイカ、キウイ、哈密瓜とか。170613nh23

広州空港を発ち、約2時間15分後の18:17に済南空港に着陸。
flightradar24でCZ3711を検索すると、航路は出てこなかった。
170613nh26

済南空港で見かけた四川航空のA321、B-6839。
170613nh24

GXエアラインズのエンブラエルE190、B-3180。
170613nh25

降機後、到着ロビーまで長い道のりを10分ほど歩いた後、泰安市内のホテルの送迎バスにピックアップしてもらう。
170613nh27
午後7:45でもまだ明るいのにビックリ。

今回の移動ルート。
170611map03_2
飛行機で2時間以上かかるだけに、なかなかの移動距離。

日本列島がすっぽり収まりそう。

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

清遠市内から広州白雲空港へ

広東省清遠市から広州空港へ車で移動。

この日の清遠市中心部の主要道路ではほぼ全域で道路工事をしていて、片側4車線ある2車線の舗装がはがされてる。
170613gd01
道路工事をする時、普通の感覚では工事する場所をある程度の範囲で区切り順番に完成させていきますが、この街の役人は市内全域同じ工事を一斉にしているようで、どこもかしこも大渋滞。

また、渋滞に大人しく巻き込まれる国民性でもないので、工事で封鎖しているところを走ったりするのも当たり前。
170613gd02

しかも、交差点でもお構いなしに舗装をはがすので、否応なしに工事中の道路を横切らなければならないことも。
170613gd04
この舗装をはがした部分との段差が10センチ程度あるので、乗用車で乗り越えるとかなりの衝撃がありますが、幸い、ランドクルーザーでは問題なし。

別の道路では、まるで蒸気機関車のようにものすごく煙を吐き出しているトラックが走ってたんですが、よく見ると水を霧状に噴霧しているタンクローリーだった。
170613gd03
中国人C氏に、あれ何やってんの?と聞いてもわからないらしい。

道路の舗装を全部はがしちゃったので、砂埃が出ないように水を撒いてるんじゃないかとも思ったんですが、だったらわざわざ上にぶちまけなくてもいいし、ホント何やってんだか?

高速道路を空港へ向けて走ります。
170613gd05

高速道路を走っていると道路に標示があります。

日本にも、例えば「止まれ」という標示がありますが、文字の書き方が奥から「止まれ」と書かれています。
170613gd07
でも、車を運転していると、手前側から「れま止」と読めてしまう。

「止まれ」ぐらいならいいのですが、「急カーブ注意」だと「意注ブーカ急」になってしまう訳で。

そういう想いがあるのかどうかはわかりませんが、ここ中国の高速道路の道路標示は、運転手にやさしい書き方。

「広州」(广州)を手前側から書かれています。


空港に着いて駐車場へ入るとSUVだらけ。
17061218
そりゃ、街中の道路があんなボコボコじゃSUVでないとしんどいわな。

広州空港から山東省へ飛びます。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

美味しい湖南家庭料理 『东岸人家菜馆』@中国・珠海市

珠海から広州へ行く途中、お昼を食べることに。

珠海から出る高速道路『広澳高速珠海支線』の料金所の手前、珠海高尔夫俱乐部近くにある『東岸人家菜館』へ。
Donanrnjacg01
賑やかな外観ですが、同行の中国人いわく、湖南料理を広東人好みの味付けにした料理を出す店だとか。

店内の装飾も賑やかで、食器も中華風ではありますが一様ではありません。
さらに、私の紙ナプキンやお箸袋がなぜか Happy Birthday やし(笑)
Donanrnjacg02

料理は同行の珠海人C氏が頼んでくれたので詳しくはわかりませんが、どれも外れなしのウマさ。
Donanrnjacg03
特に、焼き春雨(一品粉丝煲)、片面だけ揚げた肉(冰烧三层肉)、でっかい茶碗蒸し(竹苼蒸水蛋)は特に美味しい。

ただ、ここへは公共交通機関はないし、タクシーも走ってないので、自力で来るのは無理だな。



东岸人家菜馆
珠海市唐家湾镇金鼎东岸村南堡西街3号房屋一栋

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

珠海から豪雨の中を広州へ

香港から高速船で中国・珠海まで来て一泊。
170611map01
翌日、車で広州へ移動します。

朝、ホテル(珠海粤海酒店)の29階にある回転展望レストランから街並みを見る。
17061201

マカオに近いので、マカオタワーも見えたり。
17061202

マカオにあるタイパ島とマカオ半島を結ぶ澳門友誼大橋も。
17061203

遠くの景色はいいけれど、視線を下げると屋上がぐちゃぐちゃのビルやアパートが立ち並ぶ。
17061204
目につくところはきれいだけど見えないところは汚いのは、中国ではよくある光景。

今回の足、ランドクルーザープラド。
17061205
最近、中国でもSUVが流行っていて、街を走る車もSUVが多い。

空港の駐車場もSUVだらけで、SUV以外視界に入らないようなことも。
17061218

助手席に乗って珠海を発ち、広州へ。
17061206
珠海は中国の南方にあり、街並みを見ると南へ来たな~と感じる。

香洲、広州、日本語で読むとどちらも「こうしゅう」
17061207

珠海の観光スポット、珠海漁女
17061208
遊歩道も海面すれすれで、満潮だと思いっきり濡れそう。

海岸線の道路も南国の雰囲気。
17061209

港には、漁船を横一列にぴったりくっつけて並べるというすんごい泊め方。
17061211
この漁船がサンゴを盗ったり某無人島へ行ったりしてないことを願うばかり。

中国の道路には、日本のNシステムのようなカメラが至るところに設置されていて、政府の監視が厳しそう。
17061210

ただ、中国のカメラは普通に白いストロボを光らせるので、ドライバーへの目くらまし効果もあるという。
17061212

ETC車載器は、アンテナ一体型の本体をフロントウインドウ上部に直接貼り付け、本体にカードを挿しこむ。
17061213

珠海を発った時はいい天気でしたが、高速道路の料金所に着く頃には雨が降り出す。
17061214

ちょうど台風2号が上陸したこともあり、前が見えなくなるほどの豪雨に。
17061215
10年以上前は霧で前が見えなくても無灯火で高速をぶっとばしていた人民たちも、最近は後続車に突っ込まれないよう点灯するように。

ただ、普通は尾灯やリアフォグを点灯させますが、こちらでは無灯火のままハザードを点けっぱなしにするのが習慣なようですが、でも、これってどうなん?

雨が止んだ隙に休憩。
17061216
ガソリンスタンドの値段表によると、92汽油が5.93元/L、95号汽油が6.74元/L、98号汽油が7.50元/L。

92汽油の「92」はオクタン価で汽油がガソリンのこと。

日本ではレギュラーとハイオク(ハイオクタン)の2種類が一般的ですが、中国では3種類のオクタン価のガソリンが売られていて、98汽油がハイオク相当。

でも、日本のハイオクガソリンはオクタン価100ですが、こちらでは98という。

休憩後もまたゲリラ豪雨的な大雨が降り続き、広州の北にある龙螗インターで高速を降りる。
17061217
高速を出る頃には止んでくれたので、結局、傘をささずに済んだのはラッキー。

一般道で清遠市まで行く。


珠海を出て、清遠市まで6時間ほど(昼食時間含む)。
170611map02_2
運転お疲れ様です。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

珠海でおいしい海鮮料理を食べる 『五月花海鮮大酒樓』@珠海・情侶中路

マカオと国境を接する中国の街、珠海での夕食は『五月花海鮮酒樓』へ。
Wuyuehuazhi01
海岸沿いの情侣中路の道路脇にあります。

夜、外観が見えなかったんですが、翌朝、クルマで前を通りかがった時に撮ってみた。
Wuyuehuazhi02
1Fは銀行で、店へはエレベーターで3Fへ。

料理は全てアテンドしてくれてる珠海人C氏がオーダーしてくれたので、詳しいメニュー名はわからず。
Wuyuehuazhi03

デカすぎる超巨大エビの刺身が出てきてビックリ!
Wuyuehuazhi04
オーストラリアのエビだそうですが、身が分厚くてコシがあってプリップリですんげーウマい!

中国で刺身を食べるのは少し勇気が要るけれど、珠海は漁港の街なので大丈夫かと。

実際、大丈夫でした(^_^;)



五月花海鮮大酒樓
珠海市香洲区情侶中路49號

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

香港空港スカイピアから中国・珠海九洲港へ高速船に乗る

中国出張のため関空から香港までやってきました(記事)。

香港空港からは高速船で中国・珠海へ向かいます。

香港から中国・珠海への高速船は、
 1)香港空港から乗る
 2)一旦空港を出て香港市内から乗る

の2つの方法があります。

香港空港(スカイピア)からマカオや中国へ向かう高速船に乗る場合、いくつか条件がありますが、香港への入国・出国手続きをせずに直接船に乗れます。

さらに提携航空会社の利用者は、航空会社に預けた荷物を船に積み替えてくれ、到着地で受け取れるようになってます。

13:00過ぎに香港空港に到着し、すぐに出発する珠海九洲港行きの船は14:15発がありますが、預けた荷物を積み替える時間が要るため、荷物を預けている場合は香港空港での高速船への乗り継ぎは1時間以上必要という制限がある。

14:15発の船に乗るには13:15までにチケットを買わなければならないので、間に合うかどうかはかなり微妙。

その次の船は17:00発なので、4時間弱空港の中で待たなければなりません。

スカイピアからの船は1日4便しかないけれど、香港市内からだと、日中は中港城碼頭上環・港澳碼頭から交互に1時間おきに船便があるので、香港へ入国して移動してチケットを買って出国手続きする時間を含めても、珠海九洲港へは1時間ぐらい早く着きそう。
17061175_2
本当は空港を出て観光がてら香港市内へ行きたかったんですが、なにぶん今回は同行者が多かったこともあり移動が面倒なので、結局、スカイピアから乗船することに。

香港空港から直接高速船に乗り継ぐには、他にも条件があるので、事前に調べておくことをおすすめします。

飛行機を降りて到着ロビーへ向かいますが、イミグレ(入境検査)ではなく、内地/澳門快船の看板を目指す。
17061131

入国検査へ行ってしまうと香港空港から高速船には乗れなくなってしまうので、内地/澳門快船へ。
17061132

ロビーの奥に高速船の待合場所があり・・・
17061133

壁際に高速船のチケット売り場がある。
17061134
この時すでに、チケット売り場のモニターには珠海九洲港行き14:15の表示はなく、17:15と20:10のみ。

ダメ元で14:15に乗れないかと、時刻を指定せずに「到珠海 下次船班」(次の珠海行き)と北京語で言って、パスポートと航空会社へ荷物を預けた時にもらう手荷物引換証を渡してチケットを購入。
17061135
残念ながら、17:00発 3A183便だった。

航空会社の手荷物引換証の代わりに、船会社の手荷物引換証がチケットの裏に貼られて渡される。

運賃は普通席で260香港ドル、クレジットカードで支払い。

乗船時刻の16:30まで約3時間待つことに・・・
17061136

案内モニターでは16:30改札開始になってましたが、16:20頃に改札口へ行くと改札が始まってる様子。
17061137
看板の登船の方へ行って・・・

チケットを渡し、無事改札してくれた。
17061138

改札を通ると、スカイピアまで一本道。
下りエスカレータに乗り・・・
17061139

地下ホームから、スカイピア行きのシャトルに乗る。
17061140
ホームへ着いた瞬間、シャトルのドアが閉まり出発してしまう。

数分後に来たシャトルに乗り込むと、車内はかなり混雑。
17061141
このシャトルは地下の線路を自動運転してますが、途中で信号待ちがあったりして前方を見ると楽しそう。

スカイピア駅で全員下車してから車内を見ると、イスは前方に3席しかありません。
17061142

シャトルのホームから長いエスカレーターに乗ると・・・
17061143

スカイピアの乗船ロビーに到着。
17061154

時間があったので、ロビーの外のバルコニーにある喫煙所から桟橋の様子を見てると、各桟橋に大きなクレーンが設置されている。
17061147
何のクレーンやろ?と思いながら見てると、珠海から来た高速船がやってきて・・・

華麗な操縦で接岸。
17061148

喫煙バルコニーから真下を見ると、デカくて平たい弁当箱のようなケースにスーツケースを入れてた。
17061146
ちょうど私のスーツケースも積み替えられてましたが、若干手粗い扱い。

ふたをして、クレーンのワイヤーを荷物ケースにつなげると・・・
17061149

クレーンを巻き上げ、船の甲板に積んでました。
17061152
このクレーン、荷物の積み下ろし用でした。

甲板にケースを降ろしたら、次は珠海で積んだケースを引き上げ。
17061151

これを何度か繰り返し、荷物の積載が完了。
17061153

その間に乗船が始まったので、乗船口で改札を受けて桟橋へ。
17061155

いよいよ乗船。
17061156

全席指定席なんですが、全体図が少なく座席の表示もわかりにくいので、自分の座席がどこだか見つけられない人でぐじゃぐちゃに。
17061157

私のチケットには G127と書いてあったんですが、座席のプレートには127と数字だけ書かれてる。
17061158
しかも、座席番号が背面テーブルに書かれてるもんだから、この番号が前側(プレートが付けられてるイス)なのか、後ろ側(数字が見えてるイス)なのかがはっきりしないので、1列間違える人民たちでさらにぐちゃぐちゃに。

幸い、私の127番は最前列だったので間違えることはなかったんですが、この番号は前側(プレートが付けられているイス)のものらしい。

壁には液晶モニターがあり、飛行機と同じような非常口の案内と・・・
17061159

救命胴衣の説明など、緊急脱出時のインフォメーションが流れてる。
17061160

17:10に桟橋を離れ、出港。
17061161

Google Mapでチェックすると、この辺り。
17061162

港を出るとスピードが上がり・・・
17061164

↑この辺りの風景。
17061163

陸地から離れても・・・
17061166

行き来する船は多い。
17061165

普通席の前方に売店がありますが、乗務員がしゃべったり飯食ったりしてるところが中国っぽい。
17061167
この売店のカウンター上に中国への入国カードが置いてありましたが、出国カードが切り取られていて入国カードしかありません。

再び防波堤が見えてくると・・・
17061168

スカイピアを発ち約75分後、珠海九洲港に到着。
17061169

船を降り、通路脇のスペースが荷物の受け取り場。
17061170

船からクレーンで荷物箱が降ろされますが、近くで見ると結構ボロボロ・・・
17061171
フタは固定されてはおらず中に詰められた荷物に被されてる状態なので、重ねられたケースの荷重は乗客の荷物に掛かってるんじゃないかと。。。

フタが開けられたら人民たちは一斉に荷物を取りに行く。
17061172
この箱の中から自分の荷物を探すという、少し宝探し的な要素もあったり。

ただ、地面には石が敷き詰められているので、スーツケースを転がすことはできません。

荷物を受け取ったら引換証を係員に渡し、到着ロビーで入国審査と荷物のX線検査を受けて、ようやく中国へ入境。

入国審査もスムーズで、空港よりもはるかに早く通過できました。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

中国出張の往路は、初キャセイで香港へ

今日から中国出張。

いつも中国出張では関空から上海へ入り国内移動するんですが、今回は中国南部、マカオと国境を接する珠海へ行くことになったので、まずは関空から香港へ飛びます。

今年はANAのスーパーフライヤーズを目指して修行中なので、今回もANAに乗れば効率いいのですが、いかんせんANAはまだブロンズ会員、ビジネスクラスカウンターでのチェックインやラウンジは使えません。

やはり国際線はJGCの恩恵が大きいのでJALに乗ります。

関空~香港便はJAL運航ではなくキャセイパシフィック運行のコードシェア便なので、チェックインカウンターも関空4Fのキャセイのカウンターへ。

10:00発 CX503便(JL7053便)
17061101

JGCメンバーはワンワールド・サファイアの資格があるので、チェックインした時にラウンジインビテーションをもらう。
17061102
2つあるキャセイのラウンジのうちPACIFIC LOUNGEへ行くように案内され、ASUKA LOUNGEの方にはボールペンで線が引かれます。

で、そのPACIFIC LOUNGEへ行ったところ・・・
17061103

満席なので、ASUKA LOUNGEへ行くように言われ・・・

結局、ASUKA LOUNGEへ。
17061104

ラウンジへ入って気が付いた。

JALのサクララウンジじゃないから、カレーがないやないか!
17042304
カレーが食べたい口になってたので、ちょっとショック。

ASUKAラウンジにはカレーはなく、しゃーないんでサラダとおそばを食べたところ、これはこれでなかなかイケる。
17061105

搭乗開始時刻の9:20に搭乗口へ行くと、ちょうど優先搭乗が始まるところ。
17061107

機材はB777-300 レジ番B-HNI
17061106

優先搭乗で乗り込むと、外国の会社っぽい座席。
17061108

座席幅は少しゆったりめ。
17061109

背もたれは元から少し傾き気味で、リクライニングさせると座面が前にスライドして後席のスペースを邪魔しないのがいい。
17061111

足元も少し広め。
17061112

シートベルトの片側に太巻きみたいなものが付いていて、なんかごっついなぁと思ったら・・・
17061113

なんとシートベルトにエアバッグが付いてるという(;゜0゜)
17061114

個人用モニターの下のテーブルを開けると・・・
17061110

各席に充電用のコンセントがあるのはうれしい。
17061115

定刻より10分過ぎた10:16にドアクローズしプッシュバック、安全ビデオが流れますが日本語はありません。
17061116

RWY06Rから離陸。


シートベルト着用サインが消えたら、とりあえずピーナッツが入った袋が配られる。
17061117
でも、飲み物は来ない。

とりあえずメシまでこれ食っとけ!

みたいな。

で、機内食はすきやき風と茶そば。
17061118
外国の機内食でありがちなパンとライス同時盛り。

デザートは食後のコーヒーと一緒に食べようと思い残しておいたんですが、結局、食器を片付けても食後のコーヒーは配給されず、デザートもおあずけに。。。

高度が下がってきてシートベルト着用サインが点灯した頃、機内モニターの表示には定刻よりも少し早めの12:40到着となっていましたが・・・
17061119

香港空港が混雑しており、しばらく旋回待機をさせられる。
17061120

眼下に香港の風景が見えてきて走っているクルマを見ると、日本と同じ左側通行。
17061121
香港はイギリス領だったので、その名残で左側通行なんですな。

結局、ほぼ定刻の13:00頃に着陸。


広い香港空港をスポットへ向けて移動中、動いているA380を初めて見た。
17061122

着陸から10分後にスポットインし、降機。
17061123
やっぱり香港は暑いわ!(;´Д`)

キャセイのエコノミークラスは、なんだかんだ言うても十分快適でした。

ここからジェット船で、中国・珠海へ向かいます。



つづく

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

今どきの「インスタ栄えする」ケーキ 『銀のぶどう』@東京・大丸東京

東京駅八重洲口、大丸東京店1Fにある『銀のぶどう』でケーキを買うことに。
Ginbdtkdm01
銀のぶどうといえばシュガバターの木が有名ですが、生菓子もたくさんありました。

今回チョイスしたのは、いちご・ルージュ。648円也(8%税込)
Ginbdtkdm02
彩り鮮やかな、今はやりの”インスタ栄え”するやつ。

中も凝りに凝っていて、いちご風味のチョコクランチの上にアーモンド生地が乗っかり、練乳クリームとベリーのジュレをいちごのムースで包み、さらに外側をベリーのグラサージュでコーティングするという、文字で書いたら訳わからんことになる。
Ginbdtkdm032

もうひとつ、プラネット・ショコラ。648円也(8%税込)
Ginbdtkdm04
名前の通り、惑星みたいな丸いチョコに、ホワイトチョコで流れ星まで付いてる。

チョコクランチとチョコスポンジ生地の上に、ムースショコラとチョコレートソースが層になっていて、外側をクラサージュシュコラでコーティングして艶々に。

Ginbdtkdm05
濃厚なチョコの味わいに思わず うめぇ~ と声が出てしまう。

さすが、有名店の”インスタ栄え”するスイーツです。



銀のぶどう 大丸東京店
東京都千代田区丸の内1-9-1
大丸東京店1F
営業時間: 大丸東京店に準ず
TEL: 03-3212-8011

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

仕事のあとのビールはウマい♪

東京での仕事を終え、大阪へ戻ります。

予定より少し早めに羽田空港に着いたので、搭乗開始時刻までラウンジでビールを飲みながら待つ。
17052941
やっぱり出張帰りのビールはウマいですね~ 特にタダだと。

18:40に搭乗口へ行くと、すでにダイヤモンドメンバーの優先搭乗が始まってた。
17052942

暗くなってしまうと羽田では搭乗口から飛行機の写真が撮れないので、flightradar24でチェックすると、B777-200 JA717Aでした。
17052943

ビールを飲んでいい具合のほろ酔い加減になったせいもあり、出発までに眠たくなってくる。

ガッツリ寝てしまうと機内食サービスがスルーされてしまうという心配はご無用。

B777のプレミアムクラスのシートには肘掛け部にこんなツマミがあり、普段は何も書いてないけれど・・・
17031709

ツマミを回すと、食事の時は起こしてください という意思表示をすることができるという、なんとも気の利いた仕掛けがある。
17031711
これを出しておけば、寝てしまっても食事の時に起こしてくれるので安心。

ただ、私も何度かこれを出して寝たことはあったけど、機内食が配られるときはガチャガチャと騒がしくなり目が覚めてしまうので、実際に起こされたことはまだない。

ちなみに、ゆっくり寝たいので起こすなという時は、機内サービスは希望しません を出しておけば、ガン無視してくれるでしょう。
17031710

で、きっちり機内食をいただく。スパークリングワインと一緒に♪
17052944
有名料亭プロデュースの機内食は美味しいのですが、バリエーションが数パターンしかないので、「あ、これ同じの食べたことあるわ!」ということもしばしば。

この日のメニューは、4/26に関空行き95便で食べたのと同じ。
17042156

ほどなくして着陸態勢に入り、明るい梅田の明かりと真っ暗な淀川とのコントラストの差が激しい。
17052945

やっぱり、出張帰りにラウンジでビールが飲めるのはいいですね。

早く修行を終わりたい・・・

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

急遽機種変更でプレミアムクラスがなくなる & 羽田空港の飛行機

朝から会議の後、急いで東京へ向かいます。

伊丹11:00発のANA22便に乗るため、10:20頃に空港に着き保安検査場へ行くと、保安検査場のうち半分が修学旅行生専用になっていたこともあり、一般客向けは久しぶりに超・長蛇の列。

検査場の職員もパニってたのか、荷物を置くカゴがないままだし・・・
17052902

機材はA320 JA8946
17052903
あれ?予約した時は321だったような気がする・・・

時刻表をチェックするとやっぱり機種はA321で、プレミアムクラスの食事マークもある。
17052905

今回、私は普通席だったので気にしてなかったんですが、なんだかしきりにプレミアムクラスのお客様は・・・と呼びかけるようなアナウンスが繰り返されてる。
17052901

搭乗が始まり乗ってみてビックリ!

急遽機種が変わったのか、プレミアムクラスがない普通席のモノクラスだった。
17052904
それでさっきアナウンスが繰り返されてたのかも。

シートもかなり使い込まれた感があり・・・
17052906

テーブルに貼ってある救命胴衣とベルト着用のシールのフォントが懐かしい。
17052907

11:00にプッシュバックが始まると、10番スポットのB777-300の脇に横断幕を持って並んでる人が見える。
17052909

何かのお見送りのようで。
17052910

伊丹空港内にある整備会社、MRO Japanの格納庫では、バニラエアのA320(JA03VA)が整備中。
17052911

RWY32Lへのタキシング中、モニターがないのでCAさんが緊急時デモを実演。
17052908
羽田便で実演デモとはなんか新鮮。

この日はすごくいい天気でしたが、富士山は頂だけが雲の上に出てました。
17052913

房総半島を回り高度が下がると、フラップとともに主翼前縁のスラットも展開。


羽田空港のRWY22にアプローチのため、東京ゲートブリッジ付近で旋回。
17052914

12:02 羽田空港に着陸。


第2ターミナルへタキシング中、RWY22にルフトハンザのB747が着陸してきましたが、やっぱり迫力ありますな~
17052915

展開してたフラップとスラットを格納。


ANA機置場?の前を通ると、B737-500とB777-300(JA753A)が並んでいて、大きさの違いがよくわかる。
17052916
このB737-500をよく見ると、ANA塗装なのにレジ番が N679UA になっていた。

後から調べてみると、元ANAウイングスのJA8195でしたが、5月25日に抹消、退役し、ユニカル・アビエーション向けに「N679UA」に改番のうえ、5/31にアメリカへ旅立って行った。

さらに、エンジンナセルが外されたB787-8もあり、結構萌える。
17052917

さすが羽田空港は他では見られない飛行機が見られて、楽しいですね。

| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

搭乗口変更であちこち歩かされる羽田のANA

午前中、東京都内で会議のあと、夕方から大阪で別の会合があるのですぐに帰阪の途に。

13:00発の伊丹行きに乗るためお昼前に羽田空港に着き、第2ターミナル、マーケットプレイス4Fにある飛行機が見える洋食レストラン『エアポートグリル&バール』でランチ(記事)

カツカレーを食べてると、目の前の62番スポットにB787-9がやってくる。
Apgphnd170507

ANAアプリでチェックすると、次に62番スポットから出発するのは、私が乗るANA25便。
Apgphnd170506

まだB787-9には乗ったことがなかったので、ようやく初B787-9が果たせると思い少々テンション高めで保安検査を通り、62番スポットへ行ってみると・・・


札幌行き!!
17052501

え、なんで??

どうやら急遽スポット変更があり、伊丹行き25便は59番に変更になってた!
17052502

うそー!と思い保安検査証を見てみると・・・
17052504
搭乗口59になってるやん。。。。

で、59番まで歩いて行くと、大阪行き。
17052503
しかも、使用機到着遅れで出発遅延になってるし。

機材を見に行くと、やっぱりB787-8。
17052505
B787-9に乗れると思ったら、ぬか喜びでしたorz

ドアクローズすると、隣は2席とも空席。
17052506

13:10にプッシュバックが始まり、南端のRWY05から離陸。


この前、試そうと思いうまくいかなかった(記事)機内Wi-Fiを再度試してみることに。
17052507

今回は前回の教訓をもとに(記事)接続も問題なくでき、料金をマイルで支払うと・・・
17052508

ネット接続できました。
17052509

flightradar24で自機の位置をチェックしてみる・・・
17052510

そーいえば羽田ではレジ番が見えなかったんですが、JA816Aでした。
17052511

ネット接続のスピードテストをやってみたんですが、実用に耐えうるレベルではありません。
17052512

伊丹空港へのアプローチ、自分の位置を追いかけながら、まわりの飛行機の様子もわかって面白い(^^)
17052513

14:20 伊丹空港に着陸。
17052514

今年からずっとANAに乗るようになり、5分10分レベルでも『使用機到着遅れ』というLCCみたいな理由で遅れることが多い。

コストダウンかもしれないが、そんなギリギリなスケジュールで頻繁に遅延すると、仕事では使いにくい。

また、羽田空港では、JALは搭乗口を方面別で分けてるので搭乗口変更があっても隣のスポットに移るぐらいで済むけど、ANAは方面別の搭乗口じゃないので、搭乗口変更があるとあちこちに歩かされるから、嫌い。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

飛行機を見ながらカツカレーを食べる 『エアポートグリル&バール』@東京・羽田空港

午前中、東京都内で会議のあと、夕方から大阪で別の会合があるのですぐに帰阪の途に。

13:00発の伊丹行きに乗るためお昼前に羽田空港に着き、ランチは第2ターミナル、マーケットプレイス4Fにある洋食レストラン『エアポートグリル&バール』へ。
Apgphnd170501
ハンバーグやイタリアンなどの洋食レストラン&カフェ。

デミソースのいい香りが漂ってますが、個人的に空港で一番食べたくなるのは・・・


カツカレー!


という訳で、ボリューム満点サクサクポークカツカレー 1,290円也(8%税込)と、サラダセット 411円也(8%税込)。
Apgphnd170502
野菜の甘味でコクが出て、美味しいカレー。

カツも名前の通りサクサクで分厚くてボリューム満点。

カウンター席からは、正面にスポットの飛行機がよく見えて楽しい。
Apgphnd170503

ちょうど私が席についた頃、目の前の62番スポットからB787-8がプッシュバックされていく。
Apgphnd170504

なので、食べてる間は目の前に飛行機がなく、ちょっと寂しい。
Apgphnd170505

次に62番スポットに入ってくる飛行機はなんだろうと思ったら、私が乗る予定のANA25便だった!
Apgphnd170506

しばらく待ってると、するすると62番スポットにB787がやって来る。
Apgphnd170507
あれ、予約した時は78Pだったような気がしたけど、スポットインした機体をよく見ると、これB787-9じゃない?

レジ番から調べてみると・・・
Apgphnd170508

JA833AはやっぱりB787-9。
Apgphnd170509

私はまだB787-9に乗ったことがなかったので、ちょっとテンション高めで店を出て、保安検査場へ向かったのですが、なんと・・・

次回へつづく



エアポートグリル&バール
東京都大田区羽田空港3-4-2
羽田空港第2ターミナル 4F
営業時間: 8:00~21:30(LO.21:00 定休なし)
TEL: 03-5756-0033

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

悪天候につきドリンクサービスは中止されたけど・・・

前乗りで東京出張することになり、伊丹18:00発 ANA36便で羽田へ。
17052401

スターアライアンス塗装のB777-200、JA711A
17052402
JA711Aに乗るのは今年4回目。

この日は東京へ移動するだけで降機に時間がかかっても構わないので、最後尾の席を取る。
17052403

3月には45Aに座りましたが、今回は反対側の45K。
17052404

分厚いクッションと四角いテーブルに少々時代を感じる。
17052406

ドアクローズまでの間にシートポケットの機内販売メニューを見ていると、なんだか美味しそうなものがあるじゃないか!
17052405
ドアクローズ後も隣席は空いてたので・・・

小樽麦酒ピルスナー(700円税込)と・・・
17052407

蟹と蓮根のすり流し風スープ(500円税込)を・・・
17052408
離陸前にCAさんへオーダーしておくことに!

定刻より少し早めにプッシュバックが始まり誘導路で止まると、RWY32Lに黄色い機体のスターウォーズジェットが着陸してきた。
17052409

そのままJA743Aをやり過ごす。
17052410
意外と機体の後方を真横から撮れる機会って少ないんですよね~

タキシングが始まり、RWY32Rを横切り32Lへ。
17052411

夕方、離着陸機の多い時間なので離陸機と着陸機が交互にRWY34Lに入っており、自機の離陸前も着陸機待ち。


で、ようやく離陸の順番が回ってくる。


この日はずっと雨が降っていて上空でも分厚い雲の間を飛行しますが、なかなか揺れが収まらずベルト着用サインが消えません。
17052412

ようやくベルト着用サインが消えたら、離陸前にお願いしておいたビールとスープが運ばれてきた( ゚∀゚)
17052413
ただ、揺れはずっと続いていてテーブルの上に置いたものが滑ってしまうので、滑り止め代わりにおしぼりを2枚敷いてくれ、

熱いので気をつけてお召し上がりください

と気を遣っていただく。

ただ、その後もずっと揺れは続いていて、突発的にガクン!と大きな揺れも。

そりあえずスープを早めに減らしてからビールを飲んでいると、機長からアナウンスが!


本日は悪天候のためこの先も大きな揺れが続く見込みなので、普通席のドリンクサービスは控えさせていただきます


飲み物がお預けになった乗客にはあめ玉が配られましたが、そんな中、私一人だけビールを飲む優越感 ( ´艸`)♪

商品代金以上の価値を見出したひとときでした。

とは言うものの、周りの乗客の視線も感じつつ揺れもあるので、あまりくつろいで飲むこともできず、早めのペースで飲み干して片付けていただく。

降下して再び雲を抜けると、工業地帯の夜景が広がる。
17052414

この揺れの中、プレミアムクラスではやっぱり食事も出たんでしょうかね?

みそ汁とか危険やわ~(;゚Д゚)

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

お手軽に美味しい一人すき焼き 『だし蔵 すき焼き』@大阪・千里中央

千里中央でランチをすることになり、前から気になっていた『だし蔵すき焼き』へ。
Daszskyksc01

食券を買ってカウンターへ座ったんですが、ちょうどお昼時とあって私の前に3組続けて入店したせいで、出てくるまでに少し時間が掛かる。

でも、カウンターにごぼうピクルスの壺が置いてあるので、これをつまんで待ってるといい。
Daszskyksc08
これがなかなか美味しくて、箸が止まりません。

具が入ったおひとりサイズのすき焼き鍋が目の前のIHヒーターに置かれたら、ふた代わりの綿菓子がデン!と乗せられる。
Daszskyksc04
鍋の大きさの比較用に、お茶の湯のみを置いてみる。

加熱して綿菓子が溶けたら具がこんにちは♪
Daszskyksc03

つけ汁は山芋かたまごを選べ、おかわり自由のごはんが付いただしすき焼きランチ。980円也(8%税込)
Daszskyksc05
だし屋のすき焼きだけに関東風の割り下で煮るタイプですが、だしの風味が効いていて醤油辛くもなく、味に深みが出て美味しい。

具が少なくなってきたら、備え付けのだしポットに入っている関西おだしを追加すると、味に変化が出てグレードアップするという。
Daszskyksc06
おだしで味を変えながら、全部飲めるくらい。

こちらはトマトだしすき焼きランチ。1,000円也(8%税込)
Daszskyksc07
トマトの酸味が加わると、すき焼きとは全く別物のだしの味わい。

トマトを少し多めに煮込んだ方が、よりイタリアンな味わいになる。

こちらも関西おだしを追加すると、味が変わってさらに美味しくなる。

普通のすき焼きでシメるか、トマトすき焼きでシメるか、かなり悩みました(笑)

店内はカウンターだけなので小さな子ども連れは不向きかもしれませんが、一人でもお手軽にすき焼きが食べられるのがいいですね。



だし蔵すき焼き せんちゅうパル店
大阪府豊中市新千里東町1-3-4
せんちゅうパルB1F
営業時間: 11:00~21:30(LO.21:00、定休なし)
TEL: 06-6831-0206

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

日本酒専門店で天ぷらランチ 『スギノタマ』@JR新大阪駅

JR新大阪駅でお昼に天ぷらが食べたくなり、行き着いたのが新大阪駅2F、JRと地下鉄改札の間にあるアルデ新大阪内の『スギノタマ』。
Sugntmsoa00

天ぷら定食の中から、にぎわい天定食をオーダー。950円也(税別)
Sugntmsoa01

天ぷらは、海老、鶏、キス、なす、いか、舞茸、蓮根、かき揚げの8品。
Sugntmsoa02
どれも肉厚でボリュームもあり、美味しくいただきました。

このお店、店先のPOPにあるようにぶり大根が名物らしい。

日本酒がたくさんあり、ぶり大根をアテに日本酒を楽しむのがいいみたい。



スギノタマ
大阪市淀川区西中島5-16-1
JR新大阪駅2F アルデ新大阪内
営業時間: 11:00~23:00(LO.22:30、定休なし)
TEL: 06-6309-5129

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

246回目の献血

台湾から帰国して4週間が過ぎ、今月また海外出張の予定があるので、その間に献血してきた。
17060101

今回はいつもの西梅田へ行きましたが、前回の東京での献血とは違い、大阪の人はみんなやさしいわ~

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

5月のSFC修行

5月のSFC修行は、9レグで10,022PP、合計36,902PPとなりました。
201705anapp_2


5月はプレミアムクラスを多用したので、少ない搭乗回数でもPPを稼げた次第。

実はまだ記事を投稿していないフライトもありますが、追々アップしていきます。

5月はブロンズへの昇格も果たせましたが、ゴールまでもうひと踏ん張り。

出張ベースで修行すると、なかなか旅割で長距離路線には乗れないので、東京~大阪を基本にきざんでいきます。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »