« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

関空から南海ラピートで難波へ

羽田から関空に着いた後、大阪市内へ。

いつもはJRのはるかで新大阪まで行きますが、関空で飛行機を降りたのが22:24で、すでに最終のはるかが出てしまったあと。

という訳で、南海ラピートで難波まで出ることに。
17071352

関空22:35発 ラピートα12号。シーパーシートで1,480円也。
17071351
何も言わなくても割引切符にしてくれた。

ラピートといえば、なんといってもデザインが特徴。
17071353

客室の側面窓も大きな楕円形で、ヨーロピアンな雰囲気。
17071354

車内もFRPの内装で楕円形に。
17071355
座席は2列×1列の配置。

荷棚は旅客機みたいなカバー付きですが、ダンパー圧がちょっと強いのか、中央部にあるロックノブを開けるとカバーが”ビュン”と開くので、頭部をぶつける可能性も。
17071356

スーパーシートは幅の広いシート。
17071357

背面テーブルはありません。
17071358

肘掛け収納テーブルを引き出すと、小さすぎるテーブルにビビった(;゜0゜)
17071361

座席間隔も問題なし。
17071359

ただ、シート柄がヒョウ柄なのを見ると、ついツッコンでしまう・・・
17071360
大阪のオバハンか!

と、ツッコんでしまう。

23:13 南海難波駅に到着。
17071362
やっぱり関空からだと、家に帰るまで遠いわ。

羽田から関空に着いた後、大阪市内へ。

いつもはJRのはるかで新大阪まで行きますが、関空で飛行機を降りたのが22:24で、すでに最終のはるかが出てしまったあと。

という訳で、南海ラピートで難波まで出ることに。
17071352

関空22:35発 ラピートα12号。シーパーシートで1,480円也。
17071351
何も言わなくても割引切符にしてくれた。

ラピートといえば、なんといってもデザインが特徴。
17071353

客室の側面窓も大きな楕円形で、ヨーロピアンな雰囲気。
17071354

車内もFRPの内装で楕円形に。
17071355
座席は2列×1列の配置。

荷棚は旅客機みたいなカバー付きですが、ダンパー圧がちょっと強いのか、中央部にあるロックノブを開けるとカバーが”ビュン”と開くので、頭部をぶつける可能性も。
17071356

スーパーシートは幅の広いシート。
17071357

背面テーブルはありません。
17071358

肘掛け収納テーブルを引き出すと、小さすぎるテーブルにビビった(;゜0゜)
17071361

座席間隔も問題なし。
17071359

シート柄がヒョウ柄なのを見ると、ついツッコンでしまう・・・
17071360
大阪のオバハンか!

と、ツッコんでしまう。

23:13 南海難波駅に到着。
17071362
やっぱり関空からだと、家に帰るまで遠いわ。

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

急遽関空行きに変更し、機内でじゃがポックルを買う。

東京から大阪への帰路は最終の伊丹便の窓側席を予約してましたが、都内での仕事が長引いてしまい、急遽、ネットで関空便に予約変更。

羽田21:00発 ANA99便。
17071321

B777-200 JA704A
17071322

都内からモノレールで空港に着き、保安検査を抜けて遠い遠い52番搭乗口へ行くと、すでに優先搭乗が始まってた。
17071323

当日予約変更をしたこともあり通路側になってしまったけど・・・
17071324

島の最前列で、隣も空席だったので全然OK。
17071325

何気にシートポケットの機内販売のカタログを見ていると、じゃがポックルが売ってるじゃないか!
17071326

迷わずまとめ買い♪1箱3袋入りで300円也(8%税込)
17071327
6箱買いました♪

壁のモニター前の席なので、前面展望モニターがよく見える。

22:18 関西空港RWY06Rにタッチダウン!

関空から大阪市内へ出る電車に乗るために、少々急がねば!

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

初めて保安検査でカバンから鍵を出せと言われる

朝一で会議のあと、昼前に東京出張へ出発。

伊丹11:00発、ANA22便で。
17071301

伊丹~羽田便で唯一、この便だけがB737-800。JA52AN。
17071302

B737-800は座席の新旧のバラツキが大きいんですが、JA52ANは背面ポケットがテーブルの上にある新しいタイプ。
17071303

私はいつも窓側席を取りますが、この日は窓側が空いてなかったので通路側に。
17071304
でも、通路側はあきませんな。

通路を人が通るたびに何度も荷物はぶつけられるし、謝りもしないし、奥の席の客が後から来たら立たなあかんし、トイレに行くと言ってまた立たなあかんし、戻ってきてもまたまた立たなあかんし、その度に寝てても起こされるし、ドリンクサービスのカートも当たるし、目の前で奥の人とのドリンクのやり取りを見てなあかんし。

通路側席のメリットは勝手に席を立てることしかないけど、たかだか1時間のフライトでは席立たへんし。。。

ところで、この日伊丹空港の保安検査で、初めてカバンの中に入れていた鍵束を出せと言われた。
17071305
今まで、カバンの中に入れていても一度も言われたことないのに、ディスプレイを見てる係員によって違うんですかね?

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

福井からサンダーバードで新大阪へ

福井での仕事を終え、大阪へ戻ります。
170711s01

福井駅21:32発 大阪行き最終のサンダーバード48号。
170711s02

グリーン車は2×1列のシート配置。乗客は私を入れて5人。
170711s03

リニューアルされたシートですが、座面はリクライニング連動はしない。
170711s04

久しぶりの683系0番台、4000番台と内装のデザインがちょっと違う。
170711s05

福井駅を発ち敦賀駅に着く頃、雨が窓をたたく音がすごくなる。

なんかスゲー雨が降ってんなぁ

と思いながら雨雲レーダーを見てみると、ちょうど真っ赤なところに当たってるみたい。
170711s06

幸い、豪雨で電車が遅れることなく、23:23 新大阪駅に到着。
170711s07
福井で飲んで帰ってきたのでほとんど寝てましたが、無事返って来られてなによりです。

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

福井を走るローカル私鉄、福井鉄道福武線に乗る

武生のB級グルメ、ボルガライスを食べた後(記事)、福井駅まで福井鉄道福武線に乗ってみた。

JR武生駅から2~3分歩いたところにある越前武生駅へ。
Fktdnmd01

ローカル色の強い駅舎入口。
Fktdnmd02

福井駅までの切符を買う。運賃400円也。
Fktdnmd03

改札を抜けホームへ行くと、2番線と3番線に列車が止まってましたが・・・
Fktdnmd04

3番線の列車はホームで洗車中という。
Fktdnmd05

2番線の普通 田原町行きに乗車。
Fktdnmd06
この770形は、元名鉄モ770形の譲渡車両。

名鉄時代は、電車用の高さのあるホームと、路面電車用の低いホームの両方を走ってたので、低いホームの時はドア開閉に合わせてステップが上下するというメカ好きには面白い装備付き。
Fktdnmd14

ステップが格納される様子を見てると飽きない。


この車両、昭和62年(1987年)製の今年30歳。
Fktdnmd11
非常の場合のお知らせが銘板の上にあると、誰も存在に気付かないんじゃないの?と思ったり。

車番は名鉄時代のままのようで、名鉄フォント?もそのまま。
Fktdnmd15

770形は2両編成ですが、小回りの利く連接車なので・・・
Fktdnmd08

車内の渡り板も連接タイプ。
Fktdnmd10

運転台は中央にあり、JR西日本の前面記録カメラみたいなものも付いてる。
Fktdnmd12

11:25、越前武生駅を発車。
Fktdnmd13

車内の連結部分の壁が、鍵穴もしくは人生ゲームの人間ピンのような形なのが特徴的。
Fktdnmd09

乗車用扉の内側は、結構黄色く汚れてたり。
Fktdnmd16

乗車扉の脇にある補助席は出っ放し。
Fktdnmd18

今の名鉄2000系や2200系の特別車は両開き扉の窓が大きい1枚に見えるような形をしてますが、この770形の運転台側の降車用扉も3枚折り戸なのに大きな1枚窓に見えるようなデザイン。
Fktdnmd19

内側から見ると、3枚折り戸の窓の形がそれぞれ違うという凝りよう。
Fktdnmd20

この3枚折り戸の開き方も特徴があって面白い。


2枚折り戸+1枚片開きみたいな開き方。


途中、パチンコ好きが喜びそうな車番の770形とすれ違う。
Fktdnmd17

福井鉄道で一番新しいF1000形の第4編成(F1004)ともすれ違う。
Fktdnmd21

江端駅で対向列車と列車交換しますが、安全側線がないため対向列車と同時に駅へ入ることができず、こちら側が停止信号となり対向列車が構内へ入るのを待って、注意信号で場内へ。

列車交換のためのポイントは発条転轍機で、冬に雪が積もるのを防ぐためポイント上にシェルターがある。

江端駅を発車する時も、発条転轍機を開けて本線へ。


路面電車サイズの車両でありながら大半が普通の専用軌道の線路を走るんですが、結構スピードも出すのでよく揺れる。


次駅案内で『鳥羽中』と見て、てっきり鳥羽中学校があるのかと思ったら・・・
Fktdnmd22

『とばなか』って読むらしい。
Fktdnmd23
駅近くに鳥羽小学校はあるそうですが、中学校は関係なかった(笑)

新木田交差点の手前で信号待ち。
Fktdnmd24

ここまでは専用軌道の線路でしたが・・・
Fktdnmd25

新木田交差点から道路上を走る併用軌道の路面電車になるため、ここが境目。
Fktdnmd26

市役所前駅でスイッチバックして福井駅へのひげ線に入りますが、市役所前駅あたりは溝付きレールだった。
Fktdnmd27

12:19 福井駅に到着。
Fktdnmd28

福井駅で降りて、列車を見送ります。
Fktdnmd29

今回乗った770形以外にもいろんな車両が走っていて、まだまだ見どころありそうな路線。

また乗りに来ないとあきませんな。

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

武生の地元B級グルメ 『ボルガライス』@福井・武生駅前

サンダーバードで福井駅へ行く途中、武生駅で下車し立ち寄ったのが『大江戸本店』
Tkfoedbrgrc01
JR武生駅前にあります。

11:00の開店直後に店に入ると、壁にはサイン色紙が貼ってある。
Tkfoedbrgrc02
誰のサインかは見なかったけど。

ここでオーダーするのは武生のB級グルメ ボルガライス。900円也(8%税込)
Tkfoedbrgrc03

チキンライスに玉子焼きとトンカツが乗っかり、そこへデミグラスソースがたっぷりかけられる。
Tkfoedbrgrc04
これぞガッツリ系B級グルメの王道で、超ウマい!

加古川のデミカツ丼がオムライスになったような感じですが、武生ではずっと愛されている地元グルメです。



大江戸本店
福井県越前市府中1丁目12-5
営業時間: 昼11:00~14:00、夜17:00~21:00(LO.20:30)(月曜定休)
TEL: 0778-24-3181

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

サンダーバードで武生へ

福井出張の折、本来は新大阪から福井まで行くんですが、今回は途中の武生で降りることに。
17071101

新大阪9:17発、サンダーバード11号。
17071102

最近は683系4000番台リニューアル編成ばかりに当たる。
17071103

ここだけ見ると、サンダーバード1号みたいな。
17071104

新大阪を発ち、約130km/hでひた走る。
17071106

湖西線に入り、琵琶湖を眺めながら飛ばします。
17071105

北陸本線の見どころのひとつ、新疋田を過ぎると敦賀へ。
17071107

敦賀を発ち、13.87kmの北陸トンネルを抜けると、ほどなくして武生に到着。
17071108

武生駅で下車して・・・
17071109
武生の地元B級グルメを食べに行くことに。

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

『iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム』でバッテリー無償交換

去年の年末に、私のiPhone6sがバッテリー無償交換のサービスプログラムに該当してることがわかったんですが、その時は新しいバッテリーの入荷待ちやら修理の混雑やらで交換が出来ず、そのまま使い続けていました。
20155892

で、先日、ようやく新しいバッテリーに交換してもらうため、ルクアイーレの蔦屋書店内のカメラのキタムラへ。
201089876302

バッテリーの交換自体は15分ほどで終わったんですが、バッテリーの残量が3割ほどしかないというので、ちょうど次の予定まで時間が空いてたこともあり、時間つぶしがてら30分ほど充電してもらうことに。

iPhone6sは1年半ほど使ってますが、やっぱり新しいバッテリーはぜんぜん減り方が違う!

しかも、私のiPhoneのCPUはサムスン製のA9ですが、TSMC製のA9よりバッテリーの減りが早いというハズレCPUが乗っかってるので、バッテリーが新しくなるのはすごくありがたい。

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日)

白えびの味わいが美味しい 『白えびせんべい』@富山・JR富山駅

富山駅のとやマルシェにある『白えび亭』で白えび寿司を買ったあと(記事)、店頭に出てた白えびを使ったお菓子も買うことに。

富山吟撰堂謹製、白えびせんべい。15枚入り690円也(8%税込)
Ynmygysms771

薄くて丸いタイプのせんべいには、白えびがたっぷり練り込まれ、白えびの風味が美味しい。
Mtysdrtgl01
好みがわかれるところですが、私個人的にはえびせんタイプの方が好きだな。

なぜなら、これは1枚だけで止められるし(笑)

でも、どちらも美味しいのには間違いなので念のため。



白えび亭
富山市明輪町1-220
JR富山駅きときと市場 とやマルシェ内
営業時間: 10:00~21:30(定休なし)
TEL: 076-433-0355

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

やめられないとまらない クセになる白えびせん 『誉(ほまれ)』@富山・JR富山駅

富山駅のとやマルシェにある『白えび亭』で白えび寿司を買ったあと(記事)、店頭に出てた白えびを使ったお菓子も買うことに。

白えび屋謹製 誉(ほまれ) 大。 691円也(8%税込)
1707srebss02

白えびが練り込まれたえびせん。
1707srebss03
ひと口食べると、白えびの甘い風味がいっぱいに広がり、すげー美味しい!

一度食べると止まらなくなる、まさに やめられないとまらない ウマさ。

これは超おすすめなおみやげですな。



白えび亭
富山市明輪町1-220
JR富山駅きときと市場 とやマルシェ内
営業時間: 10:00~21:30(定休なし)
TEL: 076-433-0355

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

富山産の絶品白えびを使った棒寿司 白えび亭の『白えび寿司』@富山・JR富山駅

JR富山駅の「とやマルシェ」で何か買おうとウロウロしていて

やっぱり富山に来たから白えびが食べたいな~

と思い立ち寄ったのが、『白えび亭』
Sirebttym01

この店では富山湾の白えびを店内で食べられるんですが・・・
Sirebttym03

今回はテイクアウトコーナーでお持ち帰り。
Sirebttym02

で、今回買ったのが 白えび寿司。2,000円也(8%税込)
1707srebss01
棒寿司が2000円というかなり強気な価格設定ですが、受けて立ってみた。

笹を開けると、ラップされたお寿司が出てくる。チェケラッチョ
Sirebttym04

白えびの境目がわからないくらいに凝縮された棒寿司ですが、白えびは結構多め。
Sirebttym05

ひと口サイズに切ってみると、白えびがあまりに白いのでシャリとの境目がわからないくらい。
Sirebttym06
シャリの酢加減がちょうどよく、白えびのとろみのある甘味が引き立てられ、もう絶品!

強気の価格設定にも納得。

できれば白えびだけをむいて食べたかったんですが、シャリだけ余らせるのも難なんで自粛。

今度、富山へ白えびを食べに行こうっと。



白えび亭
富山市明輪町1-220
JR富山駅きときと市場 とやマルシェ内
営業時間: 10:00~21:30(定休なし)
TEL: 076-433-0355

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

美味しい富山の海の幸がいっぱい 『日本酒スローフード とやま方舟』@富山・JR富山駅

富山での仕事を終え、大阪へ帰る途中に同行のメンバーと一杯することになり、立ち寄ったのがここ。

JR富山駅「とやマルシェ」にある 『日本酒スローフード とやま方舟』へ。
Nhstymhn01

やっぱり富山へ来たら海の幸を食べとかなあきませんなぁ。
Nhstymhn02
フクラギの御造り、スズキの御造り、トビウオのたたき、するめ烏賊の黒造り。

ビールは富山の地ビール、オオヤブラッスリーの越中風雅
Nhstymhn03
すんごい甘くてフルーティーな味わい。

さらに富山に来たら、白海老のバラ天ぷらは食べておかねば!
Nhstymhn05

あと、幻魚(げんげ)の唐揚げも!
Nhstymhn04

富山といえば昆布シメ、という訳で、サス(梶木まぐろ)の昆布〆
Nhstymhn06

おかわりのビールは宇奈月の地ビール、その名も宇奈月ビール
Nhstymhn07
淡泊で軽い味わい。

店に入ったのは夕方4時過ぎで、普通の居酒屋だとまだオープン前の時間ですが、ここは駅にあるお店だけあって1日中飲めるのはさすが!

日本酒推しの店で全く日本酒を頼まなかったんですが、他にも美味しそうな料理があったので、また行きたいお店です。



日本酒スローフード とやま方舟
富山市明輪町1-220
JR富山駅きときと市場 とやマルシェ内
営業時間: 10:00~22:00(定休なし)
TEL: 076-471-8120

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

ちょうどいいハーフサイズのます寿司 『ます寿し はんぶんこ』@富山・JR富山駅

JR富山駅の「とやマルシェ」で何か買おうとウロウロしていて

やっぱり富山に来たからます寿司が食べたいな~

と思い立ち寄ったのが、いろんなます寿司が売ってる『富乃恵』へ。

富山市内のいろんな銘柄のます寿司が並んでる中、ちょうど電車の中で食べるのにちょうど良さげなものがあったのでこれを買う。

千歳謹製、ます寿し はんぶんこ。864円也(8%税込)
Msnsh17071
ます寿司といえば丸い形が特徴ですが、これはちょうど半分になったハーフサイズ。

まさに、丸います寿司を笹ごと半分に切った感じですが、丸いノーマルサイズと違い上下から締めてるわっぱもないし、電車の中で食べやすくちょうどいいサイズ。
Msnsh17072
やっぱり富山へ行ったらます寿司食べたくなりますわな~

帰りのサンダーバードの中で完食しました(^^)



越中鱒寿し 富乃恵
富山市明輪町1-220
JR富山駅 とやマルシェ内
営業時間: 8:30~20:30(定休なし)
TEL: 076-445-4555

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

サンダーバードのグリーン車は改札から遠い

金沢からはサンダーバードで大阪へ戻ります。
17070571

金沢18:42発、サンダーバード44号。
17070572
富山から新幹線で金沢に着き乗り継ぎ9分でしたが、少々忙しい乗り継ぎ。

しかも、1号車はホームの一番端なので、余計に時間が掛かる。
17070573
ま、いざとなれば近くの車両に乗ってしまえばいいんですが、車内を移動するのも面倒だし。

21:21、定刻より2分遅れて新大阪に到着。
17070574
どこで遅れたのかようわかりませんが。。。

新大阪でも、1号車は改札へ上がる階段まで遠かったりする。

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

北陸新幹線で富山から金沢へ

大阪への帰路、富山から金沢までは再び北陸新幹線。

乗車区間は短いですが2駅あるので、e5489で指定席を予約。
17070551
1駅だけなら特定特急券で自由席に乗りますが、2駅以上だとe5489だと自由席の料金で指定席に乗れるし。

富山18:11発、つるぎ725号。
17070552

E7系、F16編成。
17070553

実は富山駅で出張帰りの至福のひとときで一杯飲んだせいもあり、発車してすぐ寝てしまったのです(^_^;)

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

元北陸本線、あいの風とやま鉄道に乗る

滑川駅から富山駅への帰路は、あいの風とやま鉄道に乗る。

富山地方鉄道の滑川駅とは違い、こちらは有人駅。
Ainkztymrw01
北陸新幹線開業で、JR西日本北陸本線の並行区間が第三セクター化されただけに、本線級の立派な駅舎で、みどりの窓口もある。

2面3線の有効長の長いホームと、それを結ぶ跨線橋もJR時代のまま。
Ainkztymrw03

駅名標は、あいの風とやま鉄道仕様に変わってる。
Ainkztymrw02

列車接近案内があると・・・
Ainkztymrw04

16:03 高岡行き普通列車が到着。
Ainkztymrw05
あいの風とやま鉄道521系は、JR西日本時代にこの区間で運用されていた521系を譲り受けた車両。

車内もJR時代のまま。

16:19 乗車時間15分で富山駅に到着。

ここから新幹線に乗り換えます。

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

富山県民の足、富山地方鉄道に乗る

富山への出張の折、富山県を走るローカル私鉄、富山地方鉄道(通称:地鉄)に乗ってみた。

JR富山駅南口から一旦出て、電鉄富山駅へ。
Tymchtsd01
富山地方鉄道の『電鉄富山駅』とはややこしいですが、前身の富山電気鉄道時代の駅名がそのまま使われてるらしい。

列車の発車時刻に合わせて改札が始まるので、改札口の前で通学の学生たちが改札が始まるのを待っている。
Tymchtsd02
さらに、立山黒部アルペンルートへの玄関口にもなっていて、バックパックを背負った欧米系外国人と、スーツケースを転がす中国人もいっぱい。

電鉄富山駅から滑川駅までの切符を買う。610円也。
Tymchtsd03

改札口からは、元東急8090系の17480形が見える。
Tymchtsd04

地鉄生え抜きの14760形(左)と、元京阪初代3000系の10030形(右)がやって来た。
Tymchtsd06

京阪の名物、車内でテレビが見られる特急「テレビカー」として長年活躍してましたが、引退後は地鉄で活躍中。
Tymchtsd05

2階建ての中間車を連結した編成は『ダブルデッカーエキスプレス』として、京阪時代のカラーのまま運用される。
Tymchtsd07

時代祭絵巻のイラストも京阪時代のまま。
Tymchtsd28
Tymchtsd08

特急で運行されるときは「特急」の文字を隠してた板が外され、京阪特急の鳩のヘッドマークがよみがえる。
Tymchtsd09
Tymchtsd29

ダブルデッカー編成以外の元京阪初代3000系は、鳩のマークと前面のスカートがなくなり、さらに黄色とと緑の地鉄カラーに。
Tymchtsd10

車内は、乗務員室直後の座席がなくなり運賃箱が置かれワンマン化。
Tymchtsd11

製造年の銘板はそのまま設置されてますが・・・
Tymchtsd16

形式番号は付け替えられてる。
Tymchtsd19
2両編成の運転台付き電動車なので、国鉄式で言えば「クモハ」になりますが、基本2両編成の地鉄だからかなのか、運転台を表す「ク」は省略されてるんですかね?

座席は転換クロスシートですが、シート生地は張り替えられ、ヘッドレストカバーが2席一体タイプに。
Tymchtsd12

ただ、肘掛け部のモケットは京阪時代のまま。
Tymchtsd13
この京阪時代のエンジ色の座席は覚えてる。

補助席もそのまま残ってますが、使えません。
Tymchtsd15

ワンマン化改造された運転席。
Tymchtsd14

8:11発、宇奈月温泉行きの普通電車で電鉄富山駅を出発。
Tymchtsd17

バラストや枕木の感じが地方ローカル線っぽくていい。
Tymchtsd18

ホームに留置されている14760形が見えてくると・・・
Tymchtsd20

上市駅に到着。
Tymchtsd21
上市駅はスイッチバックになっていて、ここで進行方向が逆になり発車。

左手に本線級のあいの風とやま鉄道の立派な線路が見えてくると・・・
Tymchtsd23

滑川駅に到着。
Tymchtsd24

滑川駅で数人下車し、電車を見送る。
Tymchtsd25

滑川駅は1面1線の無人駅で、待合室がある。
Tymchtsd26

Tymchtsd27

富山駅から滑川駅へは、あいの風とやま鉄道の方が早くて安いのですが、今回は富山地方鉄道に乗りたかったので、あえて遠回りした次第。

元京阪の車両が活躍している姿はとてもよかったんですが、他にも面白そうな車両があるので、また機会があればゆっくり乗り鉄したいなぁ。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

金沢から富山へ新幹線に乗る

大阪から富山へ出張の道中金沢で一泊し(記事)、翌朝、金沢から新幹線で富山へ。
17070501
北陸新幹線の指定席券はe5489で予約。

金沢駅7:23発、はくたか554号。
17070502
JR西日本の新幹線ホームのLED案内板は、デジカメでは非常に撮りにくい。

列車はE7系、W11編成。
17070503
17070504

向かいのホームに止まっているかがやき504号は、E7系トップナンバーのF1編成だった。
17070505

朝早いせいか、指定席車はガラガラ。
17070506

E7系の普通車の座席のヘッドレストは可動式なのはいいけど、定位置が低すぎるのが難点で、いちいち枕を上げなあかんし。
17070507
17070508

ただ、普通車でも全席分のコンセントがあるのはいい!
17070509

東海道新幹線にはない、スーツケースが置ける荷物棚も。
17070511

前日の豪雨の名残か、雨は降ってないけれど低い雲がたちこめる。
17070510

7:46、富山駅に到着。
17070512
乗車時間23分。

富山駅で改札を出て、さらに電車を乗り継ぎます。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

最終のサンダーバードで金沢へ

大阪で夜まで会議の後、その足で富山へ出張。

大阪駅で最終のサンダーバードに飛び乗り(と言っても本当に飛び乗ってはいない)、まずは金沢へ。
17070416
頑張れば金沢で新幹線に乗り換えて当日中に富山へ着けるんですが、あまり無理するのもしんどいので、この日は金沢で泊まります。

大阪駅20:54発、サンダーバード47号。
17070402
この日は昼間、北陸地方での大雨の影響でサンダーバードは運休や遅れが続発しており、1本前のサンダーバードまで20分程度遅れてましたが、この列車は今のところ遅れのアナウンスはない。

定番の683系。
17070403

北陸新幹線開業後、サンダーバードは金沢まで運行が短縮される。
17070404

グリーン車はリニューアルされてました。
17070405
乗客は私の他に1人だけ。

1人掛けの座席と・・・
17070408

2人掛け座席の配置。
17070406

背面テーブルがないのは、JR西日本の特徴。
17070407

各席肘掛け前に100V電源が付くようになり、これはかなりうれしい設備。
17070409

定刻に大阪駅を発車し、新大阪、京都と停車。

その間ずっと、車両両端のデッキへの扉の上にある電光案内板が消えたまま。
17070410
京都の次の停車駅、堅田を発ってもまだ消えっぱなしなので、検札に来た車掌に案内板が大阪駅からずっと消えていることを伝えると・・・

調整します

と言って、戻っていく。

てか、大阪を出てから車内を何往復としてるのに、気づかんかったんか?!

私の申告が功を奏したのか、しばらくして 次は 敦賀 と表示されるように。
17070411
これでひと安心・・・

かと思いきや、敦賀に着いたらいきなり・・・
17070412
鯖江になってるし!

車掌もさすがにすぐ気づいたのか、車内放送で表示が間違っている旨をアナウンス。

車掌曰く、この日は昼間の大雨で運休が続き、実はこのサンダーバード47号は元々サンダーバード39号として運転される車両だったらしく、表示内容の設定ミスなんだとか。

なら、すぐに正しく設定しなおせばいいやんか!と思ったら、再び案内板が消えちゃった。


敦賀を出て北陸トンネルを抜けた頃、ようやく案内板が復活。
17070417

福井、金沢は正常に表示され・・・
17070418

23:29 遅れることなく金沢駅に到着。
17070413

金沢駅はホームが少し低いので、683系の台車の上側が近くで見られる。
17070414

リニューアル後のサンダーバードの側面ロゴ。
17070415

リニューアル前の側面ロゴはこんなんでした。
17070419

今日は金沢駅で途中下車して、翌朝、富山へ向かいます。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

お酒が美味しい鴨川納涼床 『仙鶴』@京都・下京区

5月に京都鴨川の納涼床に初めて行きましたが(記事)、再び機会があって川床へ行くことに。

今回行ったのは、阪急河原町駅から南へ下った木屋町松原上ルにある『仙鶴』
Senkkwyk01

この店の川床からは、松原橋が見える。
Senkkwyk02

7月の京都といえば暑くて暑くてたまらないのですが、さすがは川床に出ると心地いいぐらいに涼しい。
Senkkwyk03

四条通りから少し離れているので、周りも静か。
Senkkwyk04

今回オーダーした京会席は、禊川コース。8,856円也(8%税込)
Senkkwyk05
小鉢と先付から・・・

京水菜のみぞれ和え ローストビーフ胡麻酢かけの酢物など、全12品の豪華な会席。
Senkkwyk07
また、日本酒がすごく美味しくてメニューを順番に頼み、さらに2周してしまったり(^_^;)

この日は時間制限がなくゆっくり堪能することができた。
Senkkwyk06
川床へ行くと、ちょっと優雅な気分にもなれてクセになる。

店の方も和服で、みなさん親切丁寧に接客してくれました。



仙鶴
京都市下京区木屋町松原上ル美濃屋町177
営業時間: 17:00~22:00(LO.20:30、定休なし)
TEL: 075-341-7511

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

マンゴーの味わいを堪能できるプリン 『沖縄濃厚マンゴープリン』@沖縄・那覇空港

那覇空港の売店で買ったおみやげの最後は、やっぱり沖縄に来たらマンゴー欲しいよね~という訳で買った、『沖縄濃厚マンゴープリン』。6個入り800円也(税別)。
Oknwnkmgp01

カップ入りのマンゴープリン6個入ってます。
Oknwnkmgp02

早速食べようと思いフタをはがそうとしたら、熱融着が強すぎて全然めくれない!!
Oknwnkmgp03
まず子どもは開けられないくらい強力にくっついてるので、勝手に食べられる心配はありません(笑)

ただ、フィルムを破れば食べられちゃうけど。

頑張ってフィルムを外せば、濃厚なアップルマンゴーの味わいが堪能できる。
Oknwnkmgp04
マンゴー好きにはたまらない美味しいプリンです。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

軽い味わいのせんべい 『沖縄の海水塩と県産もずくを使ったこだわりの煎餅』@沖縄・那覇空港

那覇空港の売店で買ったこれ、『沖縄の海水塩と県産もずくを使ったこだわりの煎餅』。8袋入り1,000円也(税別)。
Okwksmzksb01
ひとえに商品名にひかれて買ってみた。

1袋2枚入りのおせんべい。
Okwksmzksb02

軽い食感の煎餅で、その名の通り塩だけで味付けしたんじゃないかと思うくらい(原材料を見ると塩以外の調味料も使ってますが)、うっすい味わい。
Okwksmzksb03
口の中の水分を持っていかれるので、ちょっと塩気の多いハイハイン(赤ちゃん用のせんべい)みたいな。

でも、美味しいですよ。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

沖縄みやげの定番 ポルシェの『紅いもタルト』@沖縄・那覇空港

那覇空港の売店でおみやげに買ったこれ、御菓子御殿の『元祖 紅いもタルト』。10個入り1,000円也(税別)。
Bnimtrtokn01

沖縄みやげの定番ですね。

ただ、私は食べられなかった(ありつけなかった)ので、味のほどはわかりませぬ。。。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

日本最西端の駅&最南端の駅がある『ゆいレール』に乗る

那覇空港経由で羽田へ向かう途中(記事)、羽田行きの飛行機への乗り継ぎに1時間半ほどあったので、沖縄県を走る唯一の鉄道、ゆいレールに乗ってみた。

ゆいレール那覇空港駅は、空港のターミナルビルに隣接する。
Yuirail17601

駅へ向かう通路にぶら下がってた広告ですが、位置がちょっと低め。
Yuirail17602

通路を渡ると那覇空港駅へ。
Yuirail17603

ゆいレール那覇空港駅は、日本最西端にある駅。
Yuirail17604
さらに、一駅先の赤嶺駅は日本最南端の駅なので、ちょっと行ってみることに。

ICが使える改札機ですが、Suicaなど沖縄県外のICカードは使えないんだとか。
Yuirail17607

なので、切符を買います。
Yuirail17605
関西人としては「おもろまち」が気になるところ。

どんなオモロい街なんでしょう?なんてね。

切符にはQRコードが印刷されていて、右半分が黒く塗りつぶされたようになっている。
Yuirail17606

改札機には切符の投入口がなく・・・
Yuirail17608

バーコードをかざして改札を通るスタイル。
Yuirail17609
さすが、21世紀になって開業しただけに、昭和のスタイルにこだわらないのがいい。

ホームへ上がると、1000形モノレールが停車中。
Yuirail17610

中間車がない2両固定編成。
Yuirail17611

先頭部の連結器は、新幹線のような角のない密着連結器。
Yuirail17613

ホームから軌道を見ると、なんとも沖縄っぽい景色。
Yuirail17615

座席は、側面窓が大きくて座席の背もたれが極端に小さく、一人ずつちょこっと生えてるみたいな。
Yuirail17612

那覇空港を発車。
Yuirail17614

運転台は右手のワンハンドル。
Yuirail17616

那覇空港駅を出ると、左手に陸上自衛隊の駐屯地が広がる。
Yuirail17617

その後、巨大なレンタカー屋のビルが並んでいるのも沖縄っぽい
Yuirail17618

とにかくレンタカー屋の規模がデカすぎる。
Yuirail17619

やたら注意書きの多いドアが開いたら・・・
Yuirail17620

赤嶺駅に到着。
Yuirail17621

ホームから階段を下り改札階へ行くと・・・
Yuirail17622

日本最南端の駅に来た証明ができる記念撮影スポットが。
Yuirail17623

日本最南端の駅を示す石碑は、駅の南側のロータリーを渡ったところに。
Yuirail17626

日本最西端駅と最南端駅が隣にあるので、行きやすい。
Yuirail17631

地図で、那覇空港駅と赤嶺駅の位置関係を見るとわかりやすい。
Yuirail17632
那覇空港駅から一旦南へ下り、赤嶺駅からは北東方向へ伸びる。

見るべきものは見たので、急ぎ那覇空港へ。

赤嶺駅の切符売り場にもシーサー。
Yuirail17627

赤嶺駅からの切符。
Yuirail17628

那覇空港駅を出て空港ターミナルへ向かう途中の案内板に「全日空」が残ってた!
Yuirail17629

全日空は中国語で「一日中ガラガラ」という意味になってしまうこともあり、今はほとんど「ANA」と表記するようになりましたが、那覇空港駅では全日空のまま。
Yuirail17630

日本最南端の駅のあるゆいレールは、もちろん日本で最南端を走るモノレールです。

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

6月のSFC修行

6月のSFC修行は、3レグで6,207PP、合計43,109PPとなりました。
201706anapp

6月は大阪から那覇タッチの羽田行きしか乗ってませんが、長距離路線なだけに3レグだけでも6,000PP以上稼げた次第。

目標の50,000PPまであと一息!

7月中には達成したいなぁ。

| | コメント (0)

2017年7月 6日 (木)

伊丹便に間に合わず、羽田から関空へ帰阪

那覇タッチで東京出張した帰り、都内での仕事が終わるのが遅くなり伊丹最終便に間に合わないので、関空へ帰阪。

少し時間があったので、ANAラウンジでビールをいただく。
170629hk01

20:35発 ANA97便。
170629hk02

機材はB777-200 JA717A
170629hk03

本日3食目の機内食は、穴子ごはん。ANAだけに。
170629hk04
ごはんの種類は何種類かありますが、ごはんの横の煮物はほぼ固定。

プレミアムクラスのメニューにある「軽いお食事」ってなんですか?と聞いてみたら・・・
170629hk05

ぞうすいが出てきた。
170629hk07
メニューには一応、飛行時間1時間20分以上の路線で提供しています と書いてあるんですが、この便は1時間15分。

ダメとは言わないサービス精神に感謝。

ただ、フランスのスパークリングワイン(ヴーヴ・オリヴィエ・ブリュット)を頼んだら切らしているらしく・・・
170629hk06

スペインのスパークリングワインで、出張帰りの至福のひとときセット。
170629hk08

Wi-Fiのある機材だったので、リアルには絶対読まないファッション誌の電子版を見てみると・・・
170629hk09

なかなか面白い内容だったので・・・
170629hk10

リアルに購入してしまう(笑)
170629hk11
私、ネイビー多いから、つい気になってしまい。。。(^_^;)

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

那覇タッチで東京出張 ~その2~ 那覇から羽田へ

那覇タッチで東京出張 その1からのつづき


東京出張の往路、那覇タッチして羽田へ。

那覇12:15発、ANA464便。
170629oh01
距離が長くフライト時間も長いので、プレミアムクラスで。

那覇空港のチェックインカウンターは3Fにありますが、保安検査場は2F。
170629oh02

保安検査場を抜け売店を覗くと、いかにも沖縄っぽいお弁当が!
170629oh03
買おうかどうしようか迷った結果、プレミアムクラスで機内食があるので今回はパス。

ラウンジへ行ってみたところ、那覇空港のANAラウンジは小さめなこともあってかなり混雑してたので、座ることなく出る。

途中の搭乗口には、沖縄っぽい行き先も。
170629oh04

11:49に35番搭乗口へ行くと、ちょうど464便になる飛行機が到着してお客さんが降りてきているところ。
170629oh05
お決まりのLCC並の言い訳、「使用機到着遅れ」で出発が10分遅れて12:25に。

でも、変更後の出発時刻まで30分しかないのに、12:25に出発でけんやろ?!

と、疑念を抱きながらも待っていると・・・
170629oh06

しれ~っと出発時刻がさらに遅れ、12:40発になった!
170629oh07

12:20頃に事前改札が始まり、優先搭乗で乗り込む。

機材はB777-200、JA715A
170629oh08

鼻先のレドームがえらいキズだらけなのが気になったり。
170629oh10

レジャー客が多いと搭乗にも時間が掛かるもんですが、すでに当初の出発時刻を過ぎてることもあり、搭乗完了まで意外と早かった。

浮かれ気分の女子2人組を除いては!


5分ほど待ったでしょうか、ようやくこの女子2人組が乗り込んでドアクローズ。

お前ら、定刻やったら置いてきぼりやぞ!


今回は窓際じゃないので離陸の様子を見ることはできず、ベルト着用サインが消えるといよいよお食事タイム。
170629oh11
お昼は和食、とうもろこしご飯がうまーい(^^)

機内食を食べつつ、せっかくなので前から気になっていた路線限定メニューも頼んでみた。
170629oh13

筍のエビチリ中華風雑炊。500円也(8%税込)
170629oh14

ちょっととんがった感じのピリ辛加減の雑炊。
170629oh15

沖縄路線だけに、オリオンビールをいただく。
170629oh12
コップに注いだビールが泡だらけですが・・・

キメの細かい泡がいい。
170629oh16

食後のデザートに、塩ミルクアイスが付いてた!
170629oh17

新幹線のアイスと違い、スプーンが刺さるくらいの柔らかさ。
170629oh18
塩とミルクの甘味がマッチして美味しい。

この機材では機内Wi-Fiが使えたので、アクセスしてみることに。
170629oh19

ANAアプリの国内線機内WiFiからサービスに入り・・・
170629oh21

ネット接続可能になる前にインターネット接続をしようとすると、まだ使えませーんという画面に。
170629oh22

そこで、機内エンターテインメントのビデオプログラムに関西ローカルの松本家の休日があったので、これを見ることに。
170629oh24

松本家の休日は初回放送から全部録画して見ていますが、この回を見た記憶がないな・・・
170629oh25

そのあと、インターネット接続してみる。
170629oh27

550マイル払って40分間ネットができる。
170629oh28

お決まりのflightradar24で自機を見てみると、周りの飛行機の様子が見えて面白い。
170629oh29

ただ、画面を縮小すると、訳わからんぐらい飛行機が出てきますが(笑)
170629oh30

で、今回もスピードテストをやってみる。
170629oh31
この前よりは速いけど、やっぱり動画は見れないな。

15:10 羽田に到着。
170629oh09

大阪から那覇タッチで羽田へ行くチョロQ作戦はなかなか実行できないので、いい経験になりました。
170629oh33
今回で最初で最後かも。

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

那覇タッチで東京出張 ~その1~ 伊丹から那覇へ

SFC修行僧がプレミアムポイントを効率よく稼ぐための定番コース、那覇タッチ。

那覇便は距離があるのでPPを稼ぐのにちょうどいいし、プレミアム特割を使うと安くPPを貯められる。

ただ、私は出張に絡めて修行してるのでスケジュールが直前に決まることが多く、なかなか割引率の高いチケットを買うことができません。

そんな中、今回の東京出張は珍しく3週間前に日程が決まり、さらに午後からの仕事。

ダメ元でANAのサイトを見たところ、うまい具合にプレミアム特割で予約が取れたので、那覇タッチで東京出張することに。

まずは伊丹8:20発、ANA763便で那覇へ。
16062901

8番搭乗口へ行くと、スターアライアンス塗装のB777-200。
16062902
JA711Aは今年5回目の搭乗。

8番搭乗口は羽田始発便でよく使いますが、その後に入るみたい。
16062903
羽田便と違ってビジネスマンの殺伐とした雰囲気はなく、優先搭乗の長蛇の列もなく、「沖縄」という字を見ただけで少しバカンス気分が出てくるのが不思議。

もちろん私のようなクールビズスタイルのおっさんはほとんどおらず、98%はホリデースタイル。

優先搭乗でプレミアムクラスに座っていると、後方席へ流れて行くお客さんのチラ見の視線を感じたり。

8:20にドアクローズしてプッシュバック。

RWY32L手前で着陸機を待っていると、JA78AN、B737-800が飛んできた。
16062905

で、すぐに離陸。


普段は離陸後に大きく左旋回して東へ向かうことが多いけど、西へ飛ぶ時はいつもと違う風景で楽しい。

ポートアイランドと神戸空港。
16062912
関空離着陸機も神戸空港沖を飛んでいくので、この空域の混みっぷりは相当なんでしょう。

ベルト着用サインが消えたら、機内食で朝食。
16062906
サンドイッチ系の洋食メニューと生姜風味の湯葉スープ。

さらに、プレミアムクラスメニューにあるきのこポタージュスープもいただく。
16062907
JA711AはWi-Fiサービスはないので、食べたら寝てしまう。

目が覚めると、窓の外には宝島!
16062913

「宝島」と聞いて、昔、ひらけポンキッキでやってた「お~ねしょの~ あ~とは~ たから~じま~」の歌を思い出したりして。


青々とした空と海に小さく背の低い島々が沖縄らしい風景。
16062915

那覇空港へ向けて、降下していきます。


10:25頃に那覇空港に着陸すると、空港でも沖縄っぽい風景が。
16062916
陸上自衛隊の格納庫を通り過ぎると・・・

航空自衛隊があり・・・
16062918

陸上自衛隊まで、陸海空そろって日本を守ってくれてます。
16062919

エプロンには、輸送ヘリ、CH-47J チヌーク。
16062920

UH-60J 救難ヘリ。
16062921

レイセオンU-125A、救難捜索機。
16062922

T-4 練習機。
16062924

F-15Jイーグル。
16062923

戦闘機がきれいに並んでいる姿はカッコエエ。
16062925

海上自衛隊のP-3C哨戒機。
16062926

日本トランスオーシャンエアのB737-800。
16062910
自衛隊機の後に民間旅客機を見ると、なんだかほっとする。

10:30 34番スポットに到着。
16062909

那覇空港に着陸してスポットインするまでの様子。


他ではあまり見ない飛行機も。
16062927
韓国のLCC、ジンエアー(左)とティーウェイ航空(右)。

スカイチーム塗装のチャイナエアラインのB747-400。
16062928
もう日本の航空会社ではB747に乗れなくなってしまったけど、また乗りたいですな。

到着ロビーを出ると、沖縄の雰囲気でいっぱい。
16062929

沖縄で観光することもなく、すぐに羽田へ向かいます。


その2へつづく

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

健康診断を受けてきた

先日、健康診断を受けてきた。

今回初めて首から上の検査をするため、PET-CTやMRIなど結構手厚い検診ができるクリニックへ。
Kensn17ccc
検診はトータル4時間ほど掛かったけど、ほとんど寝てたので無痛で終了。

今年は胃カメラはしなかったんですが、今日の検査に比べたら胃カメラは拷問やな。

検診専門の病院へ行くと食事券をもらえることが多いけど、まさかの千里阪急ホテルのコース食事券を頂いたので・・・
Kensn17ccd
その足でホテルランチを食べに行くことに。

この食事券で、千里阪急ホテルの中華料理かフランス料理のどちらかをチョイスできるのですが、今回はおフランス料理にする。

ホテル2Fの奥にある『ボナージュ』へ。
Kensn17ccd1

プールが見える席へ案内され・・・
Kensn17ccd2

食事券を渡すと、コース料理が出てくる。
Kensn17ccd3

冷菜、前菜に続いて・・・
Kensn17ccd4

魚料理(何の魚か説明されたけど、忘れた)
Kensn17ccd5

からの、肉料理。
Kensn17ccd6
ランチだからか、魚料理の後のグラニテはなし。

最後のデザートが出てきて、お腹いっぱい。
Kensn17ccd7
検診後とは思えないくらいのフランス料理のコースでおひとりランチ、美味しゅうございました(^^)♪

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

江坂で本場九州ラーメン 『一品香』@大阪・吹田

地下鉄御堂筋線江坂駅から国道479号線を西へ600mほど行ったところにある『九州ラーメン 一品香』。
Ippinxeskrm01
この店に来たの、20年ぶりぐらいかも。

博多の屋台より少ないメニューですが、ここはやっぱり・・・
Ippinxeskrm02

九州ラーメン。650円也(8%税込)
Ippinxeskrm03
とんこつ感もちゃんとあり、かといってスープはドロドロではなく、博多の屋台で食べたような味わい。

もちろん麺も細ストレート。
Ippinxeskrm04
ゆで加減をリクエストしなくてむ十分美味しい。

福岡出身の友人も、このラーメンは博多に近い味わい(博多と同じとは絶対言わない)と褒めてたぐらいなので、博多のラーメンが食べたくなったらここへ来るのもいいかも。



九州ラーメン 一品香
大阪府吹田市豊津町17-19
営業時間: 11:30~13:30、18:00~25:30(日祝定休)
TEL: 06-6386-4363

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

中国で見たいろんなもの

今回の中国出張で、街で見たいろんなものをご紹介。

これは珠海市内の薬局。
Zhgmb170601
日本では、今でこそ大きな店舗のドラッグストアーがメインになってしまいましたが、昭和の頃は小さな薬局の前に数十円で上下に動く子どもの乗り物がありました。

ここ中国でも、同じようなものがあったんですが・・・


やっぱり中国だけに・・・



Zhgmb170602
ニセモノ感満点!

顔を殴られて目の周りに青タンができたようなキティーちゃんと、衣装チェンジしたようなミニオン。

変なドラえもんとかミッキーマウスもいる国だけに、さすがは安定のパチモン国。


で、これはよくあるアパート。
Zhgmb170603
どろぼう除けに窓には鉄格子付き。

中国では中レベルの集合住宅だそうですが、入口の荒れっぷりがアジアらしい。
Zhgmb170604
暗くて中がよく見えなかったんですが、実は中におっさんが立っていて、写真を撮ったらツカツカと寄ってきたのでそそくさと逃げる。


広州のホテルから見えた川に架かる橋ですが・・・
Zhgmb170605

橋脚ほっそ!
Zhgmb170606
思わずダレノガレか! ってツッコんだわ。

そのホテルの部屋のエアコンの操作盤、ホテルの人が気を利かせすぎたのか、冷蔵庫かと思うくらい冷房効かせすぎ!
Zhgmb170609
にしても、10℃で設定できるのがすごい。


中国でもアクセラが走ってましたが、てっきり海外では mazda3かと思ったら・・・
Zhgmb170607

AXELAのエンブレムが付いてた。
Zhgmb170608
つい、目が行ってしまうもんで(^_^;)

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »