« 那覇タッチで東京出張 ~その1~ 伊丹から那覇へ | トップページ | 伊丹便に間に合わず、羽田から関空へ帰阪 »

2017年7月 5日 (水)

那覇タッチで東京出張 ~その2~ 那覇から羽田へ

那覇タッチで東京出張 その1からのつづき


東京出張の往路、那覇タッチして羽田へ。

那覇12:15発、ANA464便。
170629oh01
距離が長くフライト時間も長いので、プレミアムクラスで。

那覇空港のチェックインカウンターは3Fにありますが、保安検査場は2F。
170629oh02

保安検査場を抜け売店を覗くと、いかにも沖縄っぽいお弁当が!
170629oh03
買おうかどうしようか迷った結果、プレミアムクラスで機内食があるので今回はパス。

ラウンジへ行ってみたところ、那覇空港のANAラウンジは小さめなこともあってかなり混雑してたので、座ることなく出る。

途中の搭乗口には、沖縄っぽい行き先も。
170629oh04

11:49に35番搭乗口へ行くと、ちょうど464便になる飛行機が到着してお客さんが降りてきているところ。
170629oh05
お決まりのLCC並の言い訳、「使用機到着遅れ」で出発が10分遅れて12:25に。

でも、変更後の出発時刻まで30分しかないのに、12:25に出発でけんやろ?!

と、疑念を抱きながらも待っていると・・・
170629oh06

しれ~っと出発時刻がさらに遅れ、12:40発になった!
170629oh07

12:20頃に事前改札が始まり、優先搭乗で乗り込む。

機材はB777-200、JA715A
170629oh08

鼻先のレドームがえらいキズだらけなのが気になったり。
170629oh10

レジャー客が多いと搭乗にも時間が掛かるもんですが、すでに当初の出発時刻を過ぎてることもあり、搭乗完了まで意外と早かった。

浮かれ気分の女子2人組を除いては!


5分ほど待ったでしょうか、ようやくこの女子2人組が乗り込んでドアクローズ。

お前ら、定刻やったら置いてきぼりやぞ!


今回は窓際じゃないので離陸の様子を見ることはできず、ベルト着用サインが消えるといよいよお食事タイム。
170629oh11
お昼は和食、とうもろこしご飯がうまーい(^^)

機内食を食べつつ、せっかくなので前から気になっていた路線限定メニューも頼んでみた。
170629oh13

筍のエビチリ中華風雑炊。500円也(8%税込)
170629oh14

ちょっととんがった感じのピリ辛加減の雑炊。
170629oh15

沖縄路線だけに、オリオンビールをいただく。
170629oh12
コップに注いだビールが泡だらけですが・・・

キメの細かい泡がいい。
170629oh16

食後のデザートに、塩ミルクアイスが付いてた!
170629oh17

新幹線のアイスと違い、スプーンが刺さるくらいの柔らかさ。
170629oh18
塩とミルクの甘味がマッチして美味しい。

この機材では機内Wi-Fiが使えたので、アクセスしてみることに。
170629oh19

ANAアプリの国内線機内WiFiからサービスに入り・・・
170629oh21

ネット接続可能になる前にインターネット接続をしようとすると、まだ使えませーんという画面に。
170629oh22

そこで、機内エンターテインメントのビデオプログラムに関西ローカルの松本家の休日があったので、これを見ることに。
170629oh24

松本家の休日は初回放送から全部録画して見ていますが、この回を見た記憶がないな・・・
170629oh25

そのあと、インターネット接続してみる。
170629oh27

550マイル払って40分間ネットができる。
170629oh28

お決まりのflightradar24で自機を見てみると、周りの飛行機の様子が見えて面白い。
170629oh29

ただ、画面を縮小すると、訳わからんぐらい飛行機が出てきますが(笑)
170629oh30

で、今回もスピードテストをやってみる。
170629oh31
この前よりは速いけど、やっぱり動画は見れないな。

15:10 羽田に到着。
170629oh09

大阪から那覇タッチで羽田へ行くチョロQ作戦はなかなか実行できないので、いい経験になりました。
170629oh33
今回で最初で最後かも。

|

« 那覇タッチで東京出張 ~その1~ 伊丹から那覇へ | トップページ | 伊丹便に間に合わず、羽田から関空へ帰阪 »

乗り物@飛行機」カテゴリの記事

出張@国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那覇タッチで東京出張 ~その1~ 伊丹から那覇へ | トップページ | 伊丹便に間に合わず、羽田から関空へ帰阪 »