« 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~荒木飛呂彦原画展~ | トップページ | 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~アニメ原画展&TRATTORIAトラサルディー~ »

2017年9月 4日 (月)

2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~JOJO Fes CAFE~

荒木飛呂彦原画展を見たあと(記事)、休憩がてら、別の会場でやってる『JOJO Fes CAFE』へ行くことに。

仙台フォーラスの8Fにある店へ行くためにエレベーターに乗ろうとしたところ、ドアにジョジョフェスのラッピング。
Jojofes1721

エレベーターに乗り、ドアを閉めてビックリ!

なんとハイウェイ・スターが臭いを嗅ぎつけて・・・
Jojofes1723

ドアをこじ開けようとしている!
Jojofes1722

8Fの床には、ハイウェイ・スターの足跡があり・・・
Jojofes1724

足跡をたどっていくと、JOJO Fes CAFEへ。
Jojofes1725
足跡はさらに中へ入っていく。

この壁の裏側にはソファーがあり、撮影スポットに。
Jojofes1727

店頭のメニューを見ると、午後2時過ぎですがすでに売り切れたものも。
Jojofes1726

店内と通路の仕切りに、主要人物のパネルが並べられている。
Jojofes1728
Jojofes1729

5組ほど待ってましたが、約20分ほどで店内へ。

壁には、アニメのシーンが飾られている。
Jojofes1730
Jojofes1731

私の真後ろは、露伴先生のだが断る!の顔。
Jojofes1732

で、今回オーダーしたのは、トラットリア・トラサルディーの娼婦風スパゲティーセット。1,400円也(税込)。
Jojofes1733
メニュに 『イタリア伝統のスパゲティー、アッラ・ブッタネスカ』と書いてありましたが、これを日本語にすると『娼婦風のパスタ』という意味なんだとか。

食べてみると・・・

結構からい!

トマトソースをベースに、唐辛子の辛さが際立つ。

聞くところによると、作り方は「赤唐辛子とニンニクをオリーブオイルで炒め、アンチョビ、ケッパー、黒オリーブを入れて風味をつける」らしい。

あと、トニオカフェセットの仗助ハートパン。1,000円也(税込)
Jojofes1734
メープルの風味が美味しいパンですが、高さがあり生地がしっかり詰まっているのでボリューム満点。

もうひとつ、承太郎帽子パン
Jojofes1735
クロワッサンのような生地を重ねて帽子のしわを再現。

「J」とハートはクッキーで。

帽子パンとは言うものの、帽子ではないので中に穴は開いてません。
Jojofes1736

これらのセットを頼むともらえる、ランチョンシート。
Jojofes1738
今回のジョジョフェス用デザイン。

さらに、コースターももらえるのですが、料理と一緒にお店のスタッフから手渡される時は裏向きなので、何がもらえたのかはわかりません。

一人ずつ見てみると・・・

まずは・・・ 億泰!
Jojofes1739
お~、いいじゃないか!

次は・・・ 岸辺露伴!
Jojofes1740
これもいいじゃないか!

その次は・・・ 山岸由花子!
Jojofes1741
ん~まあまあかな。でもOK。

最後に私がもらったのが・・・ トニオ・トラサルディ!
Jojofes1742
ズコー ミ(ノ;_ _)ノ

4人でもらったコースター。
Jojofes1743
やっぱりトニオ・トラサルディーだけ微妙。

人間的には一番いいかも。

店を出て、仙台フォーラスの1Fに東方仗助の等身大人形が置いてある。
Jojofes1744

やっぱりカッコいいじゃないか!
Jojofes1745

足元に立入禁止の看板がありますが、ザ・ハンドにガッサーとやられたみたい。
Jojofes1747

決してヘアースタイルを悪く言ってはいけません。
Jojofes1746
ボコボコにされてしまいます。

が、すぐに治してくれるかも。

|

« 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~荒木飛呂彦原画展~ | トップページ | 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~アニメ原画展&TRATTORIAトラサルディー~ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~荒木飛呂彦原画展~ | トップページ | 2017 ジョジョフェス in S市杜王町へ行く ~アニメ原画展&TRATTORIAトラサルディー~ »