« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

京阪特急プレミアムカーに乗り京都から大阪へ

先日、京都へ行った帰りに、京阪特急のプレミアムカーに乗ってみた。

プレミアムカーは8000系特急車の内装や座席を改造した全席指定席車で、関東のJRにあるグリーン車のようなアップグレードな車両。

指定席券は駅の窓口はもちろん、会員登録が必要ですがネットでも買うことができます。

今回、プレミアムカーへの乗車に際しては、ネットで予約してみました。
Khnpumcrw01
座席表を見て、自分の好きな席を予約することができます。

出町柳駅のホームには、プレミアムカー乗車口の案内が。
Khnpumcrw02

プレミアムカーの乗車口は1つしかないので、すぐにたどり着ける。
Khnpumcrw03

淀屋橋からの特急が到着すると、他の車両とは違うカラーリングの車両がプレミアムカー。
Khnpumcrw05

元々2扉車の8000系の大阪寄りのドアが埋められていて客席になっていますが、窓枠の配置が他の部分と異なっていて、かつてドアがあった面影を感じる。
Khnpumcrw06

京都寄りのドア周りは金色の市松模様になっていますが、ルイ・ヴィトンのチェック柄にも見えたりして。
Khnpumcrw04
出入口が1か所だと、指定席券を持たない乗客をチェックするのにも都合がいい。

出町柳駅で乗客が降りてドアが閉まると、座席が1列ずつ交互にわらわらと方向転換する。
Khnpumcrw07

再びドアが開いて乗車。
Khnpumcrw08
後ろから見ると白基調の座席ですが・・・

前から見ると黒基調に。
Khnpumcrw09

N700A新幹線みたいなヘッドレストの左右が深く包まれるようなデザインのシートは、京阪らしい洗練されたデザインでいい感じ。
Khnpumcrw10
南海ラピートの「大阪のオバハンか!」とツッコみたくなるくらいの下品なヒョウ柄とはえらい違い。

座席間隔は1020mmあって、長身の私でもゆったり。
Khnpumcrw11
足元のふかふかのカーペットは、枯山水のような柄。

プライバシーを配慮したかのようなヘッドレスト横の深いでっぱりには京阪特急の鳩のシンボルマークが埋められてますが、オリジナルポジションだと若干斜めになってます。
Khnpumcrw12
実はこれ、乗客が少しリクライニングさせたときにまっすぐになるよう、あえて斜めにしているらしい。

倒し過ぎると、逆に斜めになっちゃうけどね。

背面テーブルもN700系新幹線みたいな。
Khnpumcrw13

乗車時間はそれほど長くはないけれど、パソコンも置ける大きさ。
Khnpumcrw14

肘掛けに100V電源があり、スマホの充電も可。
Khnpumcrw15

nanoeも装備されています。
Khnpumcrw16

ブラインドも京都らしい和風なデザイン。
Khnpumcrw17

ただ、転換クロス車を改造した影響からか、座席配置と窓枠が必ずしも合っているとは言えず、特に、かつてドアがあった部分は太いフレームがあるため・・・
Khnpumcrw18

座って外の景色を眺めるには難があるところも。
Khnpumcrw19

窓枠の下の部分はやや広めで、ペットボトルも置ける。
Khnpumcrw20

シートポケットに入ってたプレミアムカー車内サービスのご案内を見ると・・・
Khnpumcrw21

オリジナルグッツが買えるだけ?!
Khnpumcrw22
もちろん、無料Wi-Fiとかのサービスがあります。

出町柳駅を出発する時には私を含め6人ほどの乗客でしたが、三条、祇園四条と乗客が増えていき、中書島を発つ頃には窓側席がほぼ埋まるほどに。
Khnpumcrw23
ど平日の昼間に乗車率50%程度とは、なかなかの人気。

休日は満席になることも多いらしい。

大阪~京都間の鉄道では、京阪はスピード、所要時間、ターミナルへのアクセスともにJRや阪急より劣りますが、これを逆手に取り質を高めたサービスを提供することで乗車時間が苦にならず、わざわざ乗ろうという気にもなる。

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

東京湾アクアラインの海ほたるへ行く

東京湾アクアラインを走ったついでに、海ほたるへ立ち寄ってみた。
Umhtr1701

この日は小雨が降り、風が強くてすんごく寒いせいか、外に出てる人はほとんどいない。
Umhtr1703

記念撮影スポットも誰もいないので撮り放題。
Umhtr1702

波が荒い東京湾に、アクアラインの地下部分の換気塔の「風の塔」が浮かぶ。
Umhtr1704

羽田空港へ着陸する飛行機が間近に見える。
Umhtr1705

とにかく風が強くて寒すぎるので、そそくさと屋内へ退散。

特に何する訳もなく、出発しました(^_^;)

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

ご当地海鮮グルメ、小田原どんが食べられる 『海舟』@神奈川・小田原

JR小田原駅東口から徒歩3分ほど、オシャレなお店が並び風船が浮いている通りにある・・・
Odwrzkndn01

海鮮丼のお店 『海舟』へ。
Odwrzkndn02
この店でも小田原ご当地グルメ、「小田原どん」が食べられるというので行ってみた。

という訳で、小田原海鮮丼。2,480円也(税別)
Odwrzkndn03
湘南しらすはもちろん、小田原かまぼこも入っているご当地の食材を使った海鮮丼。味は言うまでもなく、ウマい!

こちらは、本日の地魚 3種盛り丼。1,580円也(税別)
Odwrzkndn04
この日の地魚は、メジナ、カツオ、クロダイでした。

小田原漁港直送の海の幸は安定のウマさ。

小田原へ行くと食べて帰らずにはいられません。



海鮮丼屋 小田原 海舟
神奈川県小田原市栄町1-14-55
営業時間: 月~金11:00~17:00、土日祝11:00~20:00(定休なし)
TEL: 0465-24-2237

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

鉄道コレクション御堂筋線30000系をNゲージ化

去年の2月のことですが、鉄道コレクションの大阪市交通局30000系御堂筋線が発売になり、実車と同じ10両編成にするために3両セットを4セット購入。
Mdsjsbwng01

先頭車1両と中間車2両のセット。
Mdsjsbwng02

これを4セットそろえると先頭車4両と中間車8両になり、10両編成にすると先頭車が2両余るけど仕方がないね。
Mdsjsbwng05
先頭車の行先表示を2両を千里中央行き、2両をなかもず行きにしてみた。

Nゲージの線路を走らせるために、Nゲージ動力ユニットTM-12Rと走行用パーツセットTT-04Rを買ってNゲージ化することに。
Mdsjsbwng03

まずは動力なしの付随車から。
Mdsjsbwng07

車体と床を外して・・・
Mdsjsbwng08

ピンクの床と黒いフレーム部分を外し・・・
Mdsjsbwng09

台車の心皿部分を押し込むと台車が外れます。
Mdsjsbwng10

外した台車の樹脂製の車輪を車軸ごと外して・・・
Mdsjsbwng11

走行用パーツセットTT-04Rの金属製の車軸を取り付けます。
Mdsjsbwng12

台車を再びフレームに取り付け、走行用パーツセットTT-04Rに付属のおもりもフレームに取り付けます。
Mdsjsbwng13
このおもりがないと、車体が軽すぎてうまく走らないらしい。

この作業を中間車6両分やります。

動力車は、動力ユニットTM-12Rへフレームごと交換。
Mdsjsbwng04

台車のばねの部分がないので・・・
Mdsjsbwng24

付属の第三軌条の集電靴が付いたパーツを取り付け。
Mdsjsbwng14

元の台車から連結器部分を外し、動力車ユニットに取り付け。
Mdsjsbwng15

車両末端のスペーサーがS、M、Lの3サイズ付属してるので・・・
Mdsjsbwng16

Mサイズを両末端部に取り付け。
Mdsjsbwng17

このスペーサーは、車体の長さに合わせて選びます。
Mdsjsbwng18
動力車化は2両やりました。

車体のシールを貼って完成。
Mdsjsbwng19

近くのNゲージ屋のジオラマで走らせてみる。
Mdsjsbwng22

ジオラマなので実際にはありえない場所を走ってます。
Mdsjsbwng23

駅を発車して貨物列車とすれ違うという、模型ならではの光景。


むしろ、後ろで新幹線が走ってた高架の線路の方が良かったかもね。

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

そば屋で天丼を食べる 『尾張屋』@東京・小伝馬町

東京メトロ日比谷線小伝馬町駅から人形町駅に向かって徒歩3分ほどのところにあるそば屋『尾張屋』
Sbowryodmc01
ここでお昼を食べることに。

そば屋なのにこの日はなんだかそばな気分じゃなかったので、三色天丼をオーダー。880円也(8%税込)。
Sbowryodmc02
海老、キス、なす、ししとうの4つの天ぷらが乗っかった三色天丼。

この丼にしてこの天ぷらの量だとちょっと寂しいような。

みそ汁、漬物、小鉢付き。

漬け物はきゅうりと白菜、小鉢はハムときゅうりのマヨサラダ。

ランチは先にレジで注文してから席に着くスタイルのようです。



尾張屋
東京都中央区日本橋堀留町1-11-7
営業時間: 月~金:昼11:00~15:00、夜17:00~22:00、土:11:30~14:30(日曜定休)
TEL: 03-3661-4488

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

東京からの帰路も少し遅れる

東京からの帰りも新幹線。
17012532

20:20発、のぞみ259号(通称ジゴク号)。
17012531

午前中、東京発の新幹線は京都まで60分遅れと案内されてましたが、夜には遅れが少なくなってきている様子。

名古屋までは定刻ですが、名古屋~京都間はまだ雪の影響で速度を落として運転するため、10分程度遅れると告げられる。

N700系、X44編成。
17012533

事前の案内の通り名古屋までは定刻でしたが、名古屋から先は速度を落として走行。
17012534

京都には7分遅れの22:45に到着し、新大阪にも7分遅れの23:00に到着。
17012535
案内板は『約5分遅れ』になってるけど。

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

雪で遅れる新幹線で東京へ

今週は関東で大雪が降りこの冬一番の寒さですが、そんな中、東京へ出張。
17012500

幸い大阪では雪こそ降っていないものの、朝6時に家を出る時に温度計を見たら-3.5℃・・・



さっぶ!((+_+))



新大阪6:43発、のぞみ206号。
17012501

N700系 K1編成。
17012502
そーいえば、去年の年末に台車に亀裂が入ったまま走り名古屋駅で運転を打ち切ったのはJR西日本のK5編成だったな。。。

やはり関ヶ原あたりの雪の影響があるらしく、京都から速度を落として運転するため、とりあえず名古屋まで25分遅れが告げられる。
17012503
名古屋から先は状況次第なんだとか。

まあ、今日は東京入りする時間に余裕があるので少々遅れても構わないけど、長時間閉じ込められた時のことを考え、一応水を買って乗車。

席に座って早々にコンビニで買った朝食を食べてたら車掌がやって来て、

照明が故障しているのですが、交換ができないので席を移りますか?

と聞かれる。

ちょうど私の席のところの照明が点いてなかったのですが、少し暗いぐらい全然問題ないし、もうメシ食ってて今から移るのも面倒なのでそのまま座ることに。
17012504

定刻6:43に新大阪を発ち、京都に着く手前からすでに車窓は雪景色。
17012505

京都を出て、走行試験をするぐらいスピードの出る滋賀県内から220km/h程度に速度を落として走行。
17012507

関ヶ原あたりでは一層雪が深くなり、まるで色が抜かれたような景色に。
17012506

その影響で、130km/hまでスピードを落とす。
17012508
130km/hといえば在来線では新快速が爆速するスピードですが、新幹線だとのろのろ感がすごい。

その後、名古屋駅の手前で停車。

名古屋駅で前の列車が車両に付いた雪を落とす作業をしているので、それが終わるまで名古屋駅に入れないと案内がある。

8:04、33分遅れで名古屋駅に到着。

前走車が雪落とし作業をしたということは、当然、この車両も雪落とし作業をするとのことで、しばらく停車。

窓の外を見ると、高圧ノズルが置いてあった。
17012509
時折、高圧放水をした水けむりが見え、作業員が鋭意作業中。

停車中、少しでも乗客のイライラを抑えるためか、それまで男性車掌がアナウンスしていたのが、女性車掌のアナウンスに変わる。

ただ、話し方が

「ご案内いたしま~す。この電車は~遅れておりま~す のぞみ206号ぉ~東京行きで~す」

と、車掌らしくないクセが強めで面白かったり。


15分掛けて雪落とし作業が終わり、46分遅れの8:19に名古屋駅を発車。
17012510

名古屋を発ち三河安城までには雪景色もなくなり、少しでも遅れを取り戻そうと爆走。
17012511

富士山も麓の方まで白かった。
17012512

9:32、38分遅れで新横浜に到着。
17012513

新横浜まで行ってしまったらその先では時間短縮はできないようで、品川には38分遅れの9:44に到着。

東京にはホームが空くのを待っていた影響もあり、40分遅れの9:53に到着。
17012514
普段は18番線に入りますが、ダイヤが乱れているせいもあり15番線に到着。

のぞみ206号として東京駅に着いた列車は、折り返し9:30発ののぞみ21号博多行きになりますが、すでにのぞみ21号は定刻で発車した後。

この日ののぞみ206号は、10:10発ののぞみ23号博多行きとして折り返すことに。
17012515
東海道新幹線から500系を追い出して、700系とともに座席配置を全ての車両で統一したおかげで車両繰りがやりやすくなったというのがこれ!

乗客は編成が変わったことなんて気付かないもんね。

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

スタミナ満点の豚丼 『伝説のすた丼屋』@大阪・梅田

大阪梅田のヨドバシ梅田8Fレストラン街にある『伝説のすた丼屋』
Dsnsutdn01
関東で人気のソウルフードが大阪で食べられるというので行ってみた。

店名にもなっている看板メニュー、すた丼。
Dsnsutdn02
丼のサイズやセットメニューも充実していて迷ってしまいますが、今回は・・・

すた丼ミニ+油そばセット。.1,000円也(8%税込)
Dsnsutdn03

ミニなのに牛丼屋の並サイズよりボリュームがある!
Dsnsutdn04
ニンニクが効いた特製たれで炒めた豚肉がドーン!と乗っかって、こりゃスタミナ付きそう。

生たまごはセルフで割って投入。

ミニサイズの油そばも量があって、しかもウマい。
Dsnsutdn05
油そばだけ食べに来てもいい。

セットにプチサラダも付いてきますが、全然プチじゃないキャベツの量。
Dsnsutdn06
これがプチなら、そこらのカフェのセットサラダなんてナノレベルかも。

ボリューム満点の豚肉のすた丼も美味しいのですが、もうひとつ気になったのがこれ。
Dsnsutdn07

ローストビーフ丼。880円(8%税込)
Dsnsutdn08
これもニンニクが効いたタレで、スタミナ付きそう。

これも生たまごを乗っけていただきます。

すた丼もローストビーフ丼もとにかくガテン系な丼で、人気なのもわかります。



伝説のすた丼屋 ヨドバシ梅田店
大阪市北区大深町1-1
ヨドバシ梅田8F
営業時間: 11:00~23:00(LO.22:30、定休なし)
TEL: 06-6131-9922

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

伊丹空港の搭乗ロビーで美味しいカツカレー 『スカイパティオ(南)』@伊丹空港

伊丹空港、ANA側の南ターミナルの保安検査場を抜け、10番搭乗口と9番搭乗口の間にある軽食スタンド、『スカイパティオ』
Itmapcrystd01

なんか空港に行くとカレーが食べたくなるんですよね~

てな訳で、搭乗前にササっと食べられるカツカレー。820円也(8%税込)。
Itmapcrystd02
注文すると、ヒレカツをレンジで温めてカレーにトッピングして出てくる。

野菜の甘味がふんわり広がるカレーで美味しい。

内側にアルミが貼られた袋に入ったぺったんこに折りたたまれたおてふきが、なんだか昭和の頃を思い出して懐かしい。



スカイパティオ 南
大阪府豊中市蛍池西町3-555
伊丹空港南ターミナル2F
TEL: 06-6856-6684

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

普通のバナナ大のバナナカステラ 釣鐘屋本舗の『名代 芭蕉』@大阪・千里阪急

以前、千里中央にある千里阪急地下1Fのスイーツの催事場で見つけたこれ。

『釣鐘屋本舗』のバナナカステラ。
Bncstr1701
ここのバナナカステラ、とにかくデカい!

そして、私がバナナカステラ大好き!と来たら、買わない訳にはいきません。

という訳で1本購入。

名代 芭蕉。 324円也(8%税込)
Bncstr1702

緩やかな丸みのあるフォルムに「BANANA」とエンボスが刻まれたボディーこそ、バナナカステラ!
Bncstr1703
普通のバナナカステラと違うのは、これ、普通のバナナぐらいの大きさのバナナカステラ!

長さもさることながら、太い!

裏側には釣鐘屋本舗のエンポス入り。
Bncstr1704

太いボディーの中には、絶妙なしっとり加減のバナナ風味の白あんがぎっしり!
Bncstr1705
40年以上も愛され続けているバナナカステラ、スイーツ群雄割拠なこのご時世でありながらも安定のウマさ♪

これはバナナカステラ界のキングかも。

今回は百貨店の催事でしたが、お店にも行ってみたいです。



メーカーのサイト
釣鐘屋本舗
http://www.tsuriganeyahonpo.co.jp/

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

豊中で人気の美味しいイタリアン 『ROSSO』@大阪・豊中

久しぶりにイタメシを食べようということになり、豊中はロマンチック街道にある人気のイタリアン 『ROSSO』へ。
Rostynpz01
ここへ来たのは17年ぶり。

まずは、きまぐれサラダ。1,120円也(税別)
Rostynpz02
季節の野菜のグリーンサラダ、ドレッシングはすっぱめ。

人気No.1のミラノピッツァ、ROSSOミラノ 1,720円也(税別)。
Rostynpz03
100%水牛のモッツァレラチーズを使ったマルゲリータ。

軽い食感で思った以上に食べられる。

タリアテッレ ベーコンと溶きタマゴ。1,130円也。
Rostynpz04
もっちり食感の生パスタのクリーミーなカルボナーラ。

カルボナーラ好きにはたまりません。

海老と帆立のアーリオ・オーリオスパゲティ すだちの香り。1,320円也。
Rostynpz05
海鮮ペペロンチーノですが、すだちは絞らないでいただく。

半熟タマゴとハムのピッツァ。1,220円也。
Rostynpz06
とろっとろの半熟タマゴの黄身とハムとトマトソースが懐かしい味わい。

デザートは、半熟ショコラケーキ(2個セット240円也)と、濃厚チーズケーキ(2個セット300円也)。
Rostynpz07
どちらも濃厚なチョコとチーズの味わいで、これだけ食べに来てもいい。

ガトーショコラ。370円也。
Rostynpz08
ビターな味わいのベルギーチョコレートを使ったショコラケーキ。

デザートと一緒にコーヒを頼んだところ・・・
Rostynpz09
コーヒーカップの穴が小さすぎて指が入らないのは、おしゃレベル高めの店ではありがち!

エスプレッソじゃないのにね。

人気のイタリアンなので、予約するか早めに行かないと並んでしまいます。



ROSSO 豊中ロマンチック街道店
豊中市桜の町6-18-30
営業時間: 11:00~24:00(ランチ11:00~15:00、カフェ15:00~17:00、ディナー17:00~23:00(L.O))
TEL: 06-6850-8400

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

若桜鉄道の枕木オーナーになる

鳥取県を走る第3セクターのローカル鉄道、若桜鉄道。

2016年の夏に乗りに行き(記事)、冬に隼駅と若桜駅へ行きました(記事)。

そんな若桜鉄道も存続が危ぶまれておりいろいろと策が講じられていますが、今回、若桜鉄道を応援するため、枕木オーナーになりました。

枕木オーナーについてはこちらへ(若桜鉄道のサイト)

今回1口だけ申し込んだら、早速、オーナープレートが取り付けられた枕木の写真と、枕木オーナー会員証が送られてきた。
Macrgnrwkrw01

縁の下の力持ちならぬ「レールの下の力持ち」みたいな。

今は雪の下に埋まってるそうなので、春になったらマイ枕木を見に行こう!

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

さぬきうどんがパスタになった『さぬきぱすた』@愛媛・松山空港

松山空港の売店を見ていて、「お取り寄せパスタ全国1位」のPOPが目に入り、試しに買ってみたこれ。
Sankpst01

さぬきぱすた。540円也(8%税込)
Sankpst02
きしめんのような平たいさぬきうどん。

これを使って、和風パスタを作ってみた。
Sankpst03
さぬきうどんのもっちもちの食感はそのままに、パスタな食感。

カルボナーラでも美味しそうなので、今度作ってみよう。



いよてつショップ
愛媛県松山市南吉田町2731
松山空港ターミナルビル2F
TEL: 089-973-0226

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

まさにポンジュース味のお餅 『ポンジュースもち』@愛媛・松山空港

愛媛県は松山空港で見つけたこれ。

ポンジュースもち。216円也(8%税込)。
Ponjcmc01
愛媛といえばポンジュース、ポンジュースといえば愛媛!

という訳で、買ってみた。

ひと口サイズのやわらか~いお餅の中には・・・
Ponjcmc02

マシュマロに包まれたポンジュースゼリーが入り。
Ponjcmc03

ひと口食べると、そのまんまポンジュース!

さわやかなみかんの風味が美味しくて、食べだしたら止まりませぬ。



いよてつショップ
愛媛県松山市南吉田町2731
松山空港ターミナルビル2F
TEL: 089-973-0226

| | コメント (0)

2018年1月17日 (水)

老舗の茶処がつくるお茶のチョコレート 中村藤吉本店の『生ちゃこれーと』

先日知り合いから頂いたこれ。

京都・宇治の老舗茶処『中村藤吉本店』の生チョコレート、生ちゃこれーと・ほうじ茶
Sjchklat01
お茶のお店が出す生チョコレートなので、生ちゃこれーと」ですか?

ひと口食べると、ほうじ茶の風味と甘さ控えめのチョコの味わいが絶妙にマッチして、あっさりした口当たり。
Sjchklat03

生チョコレートの食感も気持ちよくて、つい止まらなくなってしまう。
Sjchklat04

人気のチョコなのもわかりますなぁ~

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

味わいはまさにチョコケーキ ねんりん家の『マウントバーム ブラウニー』@大阪・うめだ阪急

ねんりん家の期間限定バームクーヘン桜ざら芽が食べたくなり(記事)、大阪梅田の阪急百貨店地下1階の『ねんりん家』へ。

お店へ行くと、また別の期間限定バームクーヘンが売ってたので試しに買ってみた。

マウントバーム ブラウニー。1本1,080円也(8%税込)。
Muntbunry01
その名の通り、チョコレートバーム。

包装紙を開けようとすると、包装紙の表面が糊にくっついてチョコっぽくなったり。
Muntbunry02

外はカリっと、中はふっくらのマウントバームしっかり芽のチョコ味バージョン。
Muntbunry03

口に入れた直後はしっとり食感も味わいもブラウニーのケーキ!
Muntbunry04
ブラウニーの味が引いた後、バームクーヘンの風味がふわ~っと出てきます。



ねんりん家 阪急うめだ店
大阪市北区角田町8-7
阪急うめだ本店B1F
営業時間: 阪急うめだ本店に準ず
TEL: 06-6361-1381

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

JRが遅れて関空を脱出できず風邪をひく

上海から関空に着いた後、関空から新大阪へはいつもの通りJRで。

22:16関空発の最終はるか60号をネットで予約。
171213j01

少し時間があったので関空2Fのモスドで時間をつぶし、いい頃合いに駅へ向かうと、改札の前で大きいスーツケースを引いた外国人旅行者から声を掛けられる。

ベトナムから来た女性4人組だったんですが、訪日旅行者がよく使うJAPAN RAIL PASS(普通車用)を見せられ、このパスで京都へ行くにはどうすればいいかを聞かれる。

おっ、JAPAN RAIL PASSといえば、何年か前に間違えてこだまに乗ったスウェーデン人がいたことを思い出す記事)。

時間的にみどりの窓口で指定席を取る余裕もなかったので、改札にある発車案内板を指して、

あそこに書いてある22:16発のはるか60号に乗れば終点が京都だよ。

このパスを改札機に通せば、この列車のカーナンバー.4、.5、.6に乗れるよ。


と教えて、エスカレーターまで案内してあげる。

私は2号車なので前の方へ向かうエスカレーターへ。

22:10にホームへ下りると、いつもならすでに4番線に入線しているはるかがいない。

あれ?と思い案内板を見ると、さっき改札で見たのと違う表示が!
171213j02
4番線は当駅止まり、その次の4番線は22:11発関空快速天王寺行き。

この関空快速、普段は3番線から発車するのにおかしいな?

と思ったところ、

本日、阪和線内で人身事故があり列車が遅れております。

22:16発はるか60号に使用する列車は、現在、阪和線内を走行中です。

ご利用のお客様はホームでお待ちください。


とアナウンスが流れる・・・


改札付近では事故で遅延していることは一切アナウンスしてなかったやんけ!


でも、しばらく待つしかない。

定刻22:10発の関空快速が22:20頃に到着したので、いっそのことこれに乗って大阪まで出てしまおうかと思い、ネットで予約したはるかの指定席を変更しようとしたら、画面にこんな表示が。


発車時刻が過ぎたため変更できません


なぬー!
まだ来てもいないのに何言うとんねん!



すでに予約した指定席券が変更も取り消しもできなくなってしまったので、関空快速には乗らずにはるかが来るのを待つことに。

関空快速が発車した後ホームの案内板を見ると、回送列車の後にはるか60号が現れたので、少しホッとする。
171213j03

10:30に回送列車が出発すると、やっと次にはるかがやって来る!
171213j04


と、思いきや!


10分ほど経った10:40頃、なんと次に来ますよ~と案内されていた特急はるかの文字が消え、関空快速の表示に変わる。
171213j05

関西空港駅のホームには待合室がなく、寒風が吹くホームで30分も待ったら寒くて仕方がない。

改札へ戻り駅員に、はるかの案内が消えたけど、いつ来んねん?と聞いてみたところ、なんと改札横の駅員には遅延の情報がほとんど伝わっていないらしく、何もわからない。

どうも、ホームで流れている遅延案内は別のところから流しているみたい。

来ないなら来ないとはっきり言ってもらえればこちらも別の行動が取れるのに、あいまいにされたまま寒い中延々待たされている状況を理解されてます?


とだけ言って、再びホームへ。

案内表示は変わっていない。。。
171213j06

ここで、さっき案内したベトナム人が気になり自由席付近のホームへ行くと、彼女たちも訳わからん様子で待っていた。

列車が遅れていてさっき教えたことと違うけど、ごめんね。

と言うと、笑って理解してくれた。

22:28発の関空快速を見送ると、22:50発の関空快速の後に再びはるかの文字が点灯!
171213j07

ほぼ定刻に発車した関空快速を見送ると、今度こそ来るんやろうな!
171213j08

22:58にようやくはるかが到着するも、なんとこの場に及んで「車内清掃をするからもっと待っとけ!」とおっしゃるんです、JRさん。
171213j09

こっちは寒さで体の芯まで冷え切っとんねん!

掃除せんでええから早よ乗せい!


と言いたいのを我慢する。

23:04にようやく車内へ。
171213j10
23:08に関空を発車するも、日根野駅の手前で信号待ちで停車。

その後ものろのろと進み、新大阪に着いたのは日付が変わった0:03。
171213j11

最後の最後に辛い思いをした出張でした。

おかげでバッチリ風邪ひいた。。。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

上海から帰国 上海浦東(PVG)-関空(KIX) JL898

11月から隔週で日本と中国を往復してましたが、それもようやく終わり帰国の途へ。

上海市内から車で送ってもらい14:00前に浦東空港へ着いたはいいものの、まだ搭乗手続きが始まるまで30分ほどあるのでロビーで待つ。
17121301

時間前なので、まだカウンターにスタッフすら来てません。
17121302

チェックインが始まりスーツケースを預け、保安検査&イミグレへ。
17121303

いつものようにラウンジで搭乗時刻まで待っていると、JL898便は使用機到着遅れで搭乗と出発が遅れると案内があった。

flightradar24でチェックすると、使用機は定刻に浦東に着いてるんですがね。

結局、30分遅れの17:45に意味のない優先搭乗が始まり、建設中の第3ターミナルまでバスで移動。

到着が遅れたと言われているB737-800、JA305J。
17121304

以前はなかったんですが、今年からバス移動後タラップを上がる手前で搭乗券を再チェックされるように。
17121305

第3ターミナルの沖止めスポットですが、前進して誘導路に入れる場所だったのでトーイングカーはないかも。
17121306

Cクラスはガラガラで、私を含め乗客は6人。
17121307
3列目は私だけ。

ただ、3A席の背もたれがグラグラで、普通にもたれかかるとリクライニングしてるように見えてしまうほど。

背もたれをボタンを押さずに手で揺すってみると・・・

CAさんに背もたれを起こせと注意されたらムカつくなぁと思ったら、注意されなかった。

18:11にドアクローズして、やはり前進して誘導路へ。

18:28に離陸。
17121308

機内食はどうしようかと考えた結果・・・
17121309

和食をチョイス!
17121310
苦手な栗きんとんが入ってましたが、食べてみると・・・

まあ、食べられなくはないな(^_^;)

40分ほど遅れて出発したけど、神戸沖を回って関空には定刻に着陸。
17121311

関空では修学旅行生と思しき学生がイミグレに行列してたけど、私は自動化ゲートへ。

並んでいる修学旅行生に見られながら、さっさと通過。

早速、自動化ゲートの恩恵を受けられたけど、関空発21:26発のはるかにはギリ間に合わなさそうなので、最終のはるかをネットで予約してミスドで時間をつぶす。

ただ、この時は関空脱出に苦労するとは知る由もなく・・・

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

清の時代の庭園にあるレストラン 『申粤軒』上海・華山路

上海二日目の晩ごはんは、上海人W氏が予約してくれたお店へ。

華山路を歩いていると、何やらモダンな佇まいの洋館が見えてくる。
17121251

ここが、広東料理と上海料理の人気店 『申粤軒』
17121252

この店は清の時代の大物政治家、李鴻章が愛人の丁香のために造った庭園付き邸宅の中にあり、歴史建築物に指定されています。
17121253
17121254

門をくぐり、ライトアップされている庭園を奥に進むと・・・
17121255

レストランが現れる!
17121256
人気店なので予約した時は個室が取れなかったそうですが、店に行ってみるとドタキャンで部屋が空いたので個室へ。

広東料理も上海料理もやや甘めでやさしい味わい。
17121257
予約必須なくらい人気らしいのですが、味はまあまあかな。。。



申粤軒 丁香花园店
上海市华山路849号

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

エンジントラブルで車が止まる!

上海市内の静安寺から上海郊外の仕事先へ行くために現地の会社の車に乗ってたんですが、出発して20分ほど経った頃、運転手がいきなり一番右車線(中国は右側通行なので)に車を止め、エンジンを切りボンネットを開けてのぞき込む。
17121211
どうらやエンジントラブルみたいなんですが、運転手はよくわかってないらしく、ただのぞき込むだけ。

しばらくは車内で静観してましたが、だんだん「見てるだけで何がわかんねん!」とイラっときたので外へ出て一緒に見てみた。

できるだけ手を汚さずに済む順番で見ようと、まずは車を揺らしながらラジエターのリザーブタンクの水量をチェックすると・・・
17121212

水、入ってへん !┐(´д`)┌

17121213

どこからか水が漏れてはいないかと車の下をのぞき込んだら、エンジンの下ではなく、リアゲートの下辺りから漏れていた。
17121214

車を止めてからもかなり漏れていたようで・・・
17121215

流れ出た水が、路肩で水たまり状になるほど。
17121216
ほんのり赤く色が付いてるので、クーラント液でしょう。

通ってきた道にも、はっきり水漏れのラインが出来てるし。。。
17121217

なんで後ろから漏れるん?と思い下をのぞき込むと、エアコンの高圧側と低圧側っぽい配管が見える。
17121218
このビュイックGL8は3列シートのミニバンでリアシート用のエアコンが独立しており、もしかしたらリアシートの下に暖房用のヒーターコアがあって、ラジエター水を引っ張ってるのかも?

中華製のアメ車なので、ハンドルが取れるくらいのトラブルが起きても不思議ではないんですが、最近の日本製も人のこと笑ってられないのがツラくて憎らしいところ。

とりあえず応急処置として水を補充して走り、途中で別の車に乗り換え。
17121226
代車に来てもらえる場所だったのがまだ幸いでした。

気を取り直して、上海市街を抜けて長江(揚子江)を渡ります。
17121219
長江の河口付近の川幅はとにかく広いので、対岸は見えません。

上海市街側から高速道路に乗るとしばらくトンネルを走り、途中の長興島で地上へ出て、その後は橋を渡ります。
17121220

さらに川の途中にある崇明島へ渡ると陸路が続く。
17121221

途中の料金所に検問所があり、どういう基準で分けられてるのかわからないけど警官に誘導されていく。
17121222

幸い、私たちの車は検問所へ入れられることなくスルー。
17121223
17121224

再び橋を渡ると、ようやく対岸の启东市へ。
17121225
川を渡るのに約70kmほど高速道路を走り、なんだかんだで1時間ほど掛かる。

改めて中国のスケールのデカさを感じます。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

美味しい♂&♀上海蟹 『成隆行蟹王府』@上海・九江路

上海に着いた日の夜は、地下鉄2号線南京東路駅から1本南の通り、九江路にある『成隆行蟹王府』へ。
17121131
この前、金茂大厦にある成隆行蟹王府へ行ったばかりですが(記事)、やっぱり上海蟹のシーズン中は何度でも食べたいもんです。

店内は、木の内装で天井も低く、中国の古い建物の雰囲気。
17121132

訪問した12月、オスとメスと両方あったので、両方とも食ってやったさ!
17121133

オスとメスと1杯ずついただく。
17121134
こんな贅沢食いしたの、初めて。

思わず脳内で、松本明子のデビューシングル「♂×♀×Kiss」が流れてたりして。

カニみそもウマいけど、卵もウマい!

十分堪能できました。



成隆行蟹王府 九江路店
上海市黄浦区九江路216号

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

中国出張 関空(KIX)ー上海浦東(PVG) JL891

去年の年末になりますが、中国出張のため新大阪から特急はるかで関西空港へ。

梅田北ヤードがあった場所は再開発に向けての工事が行われており、車内から梅田のビル群が見えるのも今のうちかも。
17121101
17121102

関空に着いて、いつものようにビジネスクラスカウンターでチェックイン。

保安検査場から長い列が伸びていましたが、優先レーンから入る。

今回、今さらながら自動化ゲートの登録をしようとイミグレの端にある申請窓口へ行くと、係官から「自動化の登録ですか?」と声を掛けていただき、申請書をもらう。
17121103

申請書とパスポートを提出し、指紋を読み取って登録終了。
パスポートの最終ページに 『日本国自動化ゲート利用希望者登録済』のスタンプが押される。
17121104
今回、イミグレはそれほど混んでなかったので自動化ゲートを通ってもあまり時間の節約にはならなかったけど、練習がてら自動化ゲートを通っておく。

搭乗口は30番ゲートなので案内通りに行くと先端駅行きのウイングシャトルに乗ることになりますが、ただ、30番ゲート前にあるサクララウンジへ行こうとすると、先端駅から歩いて戻らなくてはなりません。

むしろ、30番ゲートへ行くには中間駅行きのシャトルに乗った方がいい。

そもそもそんなに広くない関空で、イキってウイングシャトルなんぞ走らせる意味ないだろ!

と思ふ今日この頃。

いつものようにサクララウンジのカレーにウインナーをトッピングして食べたんですが、やっぱり羽田のカレーの方がウマい。
17121105
搭乗券に印刷されてた会員種別が、知らない間にヒラJGCの「JGCM」からクリスタルの「JMXG」にランクアップしてた。

すでにJGCメンバーだし、プレミアに上がるほどは乗らないので、別にランクアップしても何も変わらないんだけどね。

B737-800、JA317J。
17121106

となりのスポットにはシンガポール航空のA380が止まってたんですが、やっぱり近くでみるとすんげーデカい!
17121107
B737-800と比べると、ガンダムとビグザムぐらいの差がある。

10:22にドアクローズして、タキシングからの離陸。


今回の機内食は・・・
17121108

ハンバーグにひかれて洋食をチョイス。
17121109

機内食で使うナイフは安全のため基本切れないので、ステーキよりハンバーグの方が切りやすく食べやすい。
17121110
そして、期待通り美味しい。

アペタイザーもウマかった。
17121111

そして、いつものハーゲンダッツとコーヒー。
17121112

窓の外の海が茶色くなって来たら、中国へ近づいたと感じる。
17121113

円形の陸地が見えてくると着陸態勢に。
17121114

工事中の第3ターミナル側スポットに沖止め。
17121115

今回乗ったJA317Jですが・・・
17121116

前回の中国出張の帰り、上海から乗った機材だった。
17120114

12月になると上海も寒くなります。

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

えびす祭りで福餅授け

今年もえびす祭りで、福餅授けをすることになりました。
18010901_2

紅白のお餅を参拝者に渡すんですが、福餅を授かろうとする人の行列がすごい!
18010902
開始から10分足らずで終了~

福餅を授かった人はもちろん、授けた方にも福がありますように。

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

ほんのり桜の香りとカリカリのザラメが美味しいバームクーヘン ねんりん家の『桜ざら芽』@大阪・うめだ阪急

大阪梅田の阪急百貨店地下1階にあるバームクーヘンの『ねんりん家』で見つけたこれ。

ストレートバーム 桜ざら芽。1,080円也(8%税込)
Nryskbm01

しっとりした生地を食べると桜の風味が広がり、外側のカリカリした部分にはザラメが散りばめられており食感のアクセントにもなっていて美味しい。
Nryskbm02
ほんのりした桜の風味と甘さで、普通のバームクーヘンよりも多めに食べられてしまう。

春までの限定らしいのですが、また買おう。



ねんりん家 阪急うめだ店
大阪市北区角田町8-7
阪急うめだ本店B1F
営業時間: 阪急うめだ本店に準ず
TEL: 06-6361-1381

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

消防出初式へ行く

今年も消防出初式の招待状をいただいたので行ってきた。
18010701
去年は雨降ってて凍えながら見てましたが、今年はまだマシだったかな。

訓練で化学防護服を着て歩いている姿は、なんだかモンスターズインクっぽく見えたりして。
18010702

市民の安心安全のため日々精進されてる消防のみなさんに感謝です。

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

ブレーキローターの赤サビを黒サビに変えて防錆処理

今、アクセラにWedsSport SA-10Rの10本スポークのホイールを装着しています。
Axlarear140406
黒のようで黒でなく、シルバーのようでシルバーに見えず、光沢感もあって気に入ってるんですが、ディスクローターも丸見えなデザインなので、ちょっと気になることが・・・

ディスクローターの錆が想像以上にひどく、外からサビサビローターが目立ってしまい、特にリアは雨で錆が流れてホイールの内側まで赤くなってしまうという。
Axahbsxx00

そこで、みすぼらしく憎き赤錆を人畜無害な黒錆に変えるべく、タンニン酸を水に溶かしてディスクローターに塗ってみた。

今回使ったのは試薬のタンニン酸。
Tansbdm01
江戸時代から漢方薬やお歯黒の主成分として用いられ、その後、皮なめし、顔料、インキや防錆剤としても使われています。

この試薬のタンニン酸を・・・
Tansbdm05

純水に溶かします。
Tansbdm02

この水溶液のpHをpH試験紙で測ってみたところ、だいたい5.0ぐらい。
Tansbdm06

ディスクローターに吹き出た赤錆に、タンニン酸の水溶液を平筆でぬりぬり。
Tansbdm03

しばらくすると、赤錆が黒錆に変身!
Tansbdm04

タンニンは植物に含まれる多価フェノールで、ベンゼン環に複数の水酸基を持つ化合物。

タンニン酸をアルカリで加水分解させると没食子酸が発生し、この没食子酸に強い還元性があるので、赤錆のFe2O3を黒錆のFeOとFe3O4に変化させます。

黒錆は鉄を侵食しないので赤錆の保護にもなる。


化学反応で赤錆が黒錆になって侵食もなくなり、見栄えがよくなりました(^^)

これが、どれくらいの耐久性があるかだな。

| | コメント (0)

2018年1月 5日 (金)

先斗町で美味しいひと口わらび 『先斗町駿河屋』@京都・先斗町

京都へお参りに行った帰り、三条通りから先斗町の路地を下っていて見つけた『先斗町駿河屋』
18010241
訪れたのは1/2の火曜日だったんですが、火曜定休なので休みかな~と思いつつ、お正月なのであいてないかな~という期待も持って行ってみたところ・・・


あいてた!( ゚∀゚)


去年、ひと口わらび15個入りを買って帰ったら、20個入りを買っとけばよかったー(>_<) というくらい美味しかったので、今年は・・・
18010242

ひと口わらび 15個入りを2箱購入~♪ 1箱3,570円也(8%税込)。
18010243
その名の通り、ひと口サイズの小さめのわらびもち。

とろっとろのわらび餅の中にはこしあんが入っていて、あん甘さととわらび餅との甘さが絶妙にマッチしていて美味しい。
18010244
一度食べたら忘れられなくなる味わいのわらび餅です。



先斗町駿河屋
京都市中京区先斗町三条下ル材木町187
営業時間: 10:00~18:00(火曜定休)
TEL: 075-221-5210

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

ゲンを担ぎの絶品わらび餅 『遊形 サロン・ド・テ』@京都・中京区

今年も吉田神社へお参りしたあと、『遊形 サロン・ド・テ』へわらび餅を食べに行く。
18010231
創業300年を越える老舗旅館、俵屋旅館プロデュースのカフェ。

初めて訪れた時、メニューを見て値段にビビりながら食べたわらび餅ですが、正月の景気付けに勢いで頼んで以来、そこから何かいい一年が過ごせている気がするので、ゲン担ぎに伺ってます。

実は、去年の正月に行った時は予約で満席で入れなかったけど、今年、恐る恐る行ってみたら無事入れた次第。

俵屋のわらび餅 抹茶と 2,260円也(8%税込)
18010232

黒糖が練りこまれたわらび餅は、箸で持ち上げようとすると切れてしまうぐらいにとろっとろ。
18010233

わらび餅を食べたら、碗に点てられた抹茶が出てくる。
18010234

濃厚な抹茶の味わいを堪能。
18010235

最後に、お口直しで白湯にぶぶあられと、黒豆の甘納豆。
18010236
あられを白湯に浮かべるのはもちろん、そのまま食べてもおいしい。

このわらび餅を食べて、こういうお店に気兼ねなく入れるようにガンバロ!と思ったんですが、おかげさまで気兼ねしなくても行けるように。

来年もここでわらび餅を食べられるようにがんばろう!



遊形 サロン・ド・テ (YUKEI SALON DE THE)
京都市中京区姉小路麩屋町東入ル中白山町288-14
営業時間: 11:00~18:00(火曜定休)
TEL: 075-212-8883

| | コメント (1)

2018年1月 3日 (水)

吉田神社へお参り

今年もまた京都の吉田神社へ祈祷を受けに行く。

5年前にここへ来はじめてから、なんだかいい感じに一年過ごせてるので、正月のルーティーンになってます。
18010221
京都市の比較的北の方にあり、メジャー級の初詣スポットや繁華街から離れていることもあってか、初詣でも空いてる。

ただ、空いてるとはいえ、ここへ来るようになってから一番人が多かった。

駐車場待ちの列ができてたし。

ご利益あるのが知られてしまったか?!

吉田神社は初詣より節分祭が一番賑わうそうです。

帰宅後、御祈祷でいただいた御神酒をいただく。
18010222
私、日本酒はあまり飲まないんですが、不思議と御神酒は美味しいですね。

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

新幹線で京都へ

1月2日は、今年も京都の神社へお参り。

ちょっと早めに行きたかったので、新大阪から新幹線に乗ることに。

新大阪12:20発、のぞみ126号。
18010201

N700系 G25編成。
18010203

京都までは1駅だけなので自由席
18010202

やっぱり帰省ラッシュで混雑しており、ざっと見たところ指定席はほぼ満席。

自由席もデッキまで立ってました。

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

2018年始まり

あけましておめでとうございます。

ここ数年来、コタツに喰われたまま転寝して年を越してばかりでしたが、今年はちゃんと起きたまま新年を迎えることができました。

個人的には今年も色々とやりたいことがあり、夢の中まで追い立てられるほど勇往邁進な一年になると思いますが、皆様におかれましては夢と希望に溢れた戊戌の春を迎えられますことを念願し、旧に倍しお引き立てを賜りますようお願い申し上げます<(_ _)>

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »