カテゴリー「乗り物@飛行機」の222件の記事

2018年1月14日 (日)

上海から帰国 上海浦東(PVG)-関空(KIX) JL898

11月から隔週で日本と中国を往復してましたが、それもようやく終わり帰国の途へ。

上海市内から車で送ってもらい14:00前に浦東空港へ着いたはいいものの、まだ搭乗手続きが始まるまで30分ほどあるのでロビーで待つ。
17121301

時間前なので、まだカウンターにスタッフすら来てません。
17121302

チェックインが始まりスーツケースを預け、保安検査&イミグレへ。
17121303

いつものようにラウンジで搭乗時刻まで待っていると、JL898便は使用機到着遅れで搭乗と出発が遅れると案内があった。

flightradar24でチェックすると、使用機は定刻に浦東に着いてるんですがね。

結局、30分遅れの17:45に意味のない優先搭乗が始まり、建設中の第3ターミナルまでバスで移動。

到着が遅れたと言われているB737-800、JA305J。
17121304

以前はなかったんですが、今年からバス移動後タラップを上がる手前で搭乗券を再チェックされるように。
17121305

第3ターミナルの沖止めスポットですが、前進して誘導路に入れる場所だったのでトーイングカーはないかも。
17121306

Cクラスはガラガラで、私を含め乗客は6人。
17121307
3列目は私だけ。

ただ、3A席の背もたれがグラグラで、普通にもたれかかるとリクライニングしてるように見えてしまうほど。

背もたれをボタンを押さずに手で揺すってみると・・・

CAさんに背もたれを起こせと注意されたらムカつくなぁと思ったら、注意されなかった。

18:11にドアクローズして、やはり前進して誘導路へ。

18:28に離陸。
17121308

機内食はどうしようかと考えた結果・・・
17121309

和食をチョイス!
17121310
苦手な栗きんとんが入ってましたが、食べてみると・・・

まあ、食べられなくはないな(^_^;)

40分ほど遅れて出発したけど、神戸沖を回って関空には定刻に着陸。
17121311

関空では修学旅行生と思しき学生がイミグレに行列してたけど、私は自動化ゲートへ。

並んでいる修学旅行生に見られながら、さっさと通過。

早速、自動化ゲートの恩恵を受けられたけど、関空発21:26発のはるかにはギリ間に合わなさそうなので、最終のはるかをネットで予約してミスドで時間をつぶす。

ただ、この時は関空脱出に苦労するとは知る由もなく・・・

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

中国出張 関空(KIX)ー上海浦東(PVG) JL891

去年の年末になりますが、中国出張のため新大阪から特急はるかで関西空港へ。

梅田北ヤードがあった場所は再開発に向けての工事が行われており、車内から梅田のビル群が見えるのも今のうちかも。
17121101
17121102

関空に着いて、いつものようにビジネスクラスカウンターでチェックイン。

保安検査場から長い列が伸びていましたが、優先レーンから入る。

今回、今さらながら自動化ゲートの登録をしようとイミグレの端にある申請窓口へ行くと、係官から「自動化の登録ですか?」と声を掛けていただき、申請書をもらう。
17121103

申請書とパスポートを提出し、指紋を読み取って登録終了。
パスポートの最終ページに 『日本国自動化ゲート利用希望者登録済』のスタンプが押される。
17121104
今回、イミグレはそれほど混んでなかったので自動化ゲートを通ってもあまり時間の節約にはならなかったけど、練習がてら自動化ゲートを通っておく。

搭乗口は30番ゲートなので案内通りに行くと先端駅行きのウイングシャトルに乗ることになりますが、ただ、30番ゲート前にあるサクララウンジへ行こうとすると、先端駅から歩いて戻らなくてはなりません。

むしろ、30番ゲートへ行くには中間駅行きのシャトルに乗った方がいい。

そもそもそんなに広くない関空で、イキってウイングシャトルなんぞ走らせる意味ないだろ!

と思ふ今日この頃。

いつものようにサクララウンジのカレーにウインナーをトッピングして食べたんですが、やっぱり羽田のカレーの方がウマい。
17121105
搭乗券に印刷されてた会員種別が、知らない間にヒラJGCの「JGCM」からクリスタルの「JMXG」にランクアップしてた。

すでにJGCメンバーだし、プレミアに上がるほどは乗らないので、別にランクアップしても何も変わらないんだけどね。

B737-800、JA317J。
17121106

となりのスポットにはシンガポール航空のA380が止まってたんですが、やっぱり近くでみるとすんげーデカい!
17121107
B737-800と比べると、ガンダムとビグザムぐらいの差がある。

10:22にドアクローズして、タキシングからの離陸。


今回の機内食は・・・
17121108

ハンバーグにひかれて洋食をチョイス。
17121109

機内食で使うナイフは安全のため基本切れないので、ステーキよりハンバーグの方が切りやすく食べやすい。
17121110
そして、期待通り美味しい。

アペタイザーもウマかった。
17121111

そして、いつものハーゲンダッツとコーヒー。
17121112

窓の外の海が茶色くなって来たら、中国へ近づいたと感じる。
17121113

円形の陸地が見えてくると着陸態勢に。
17121114

工事中の第3ターミナル側スポットに沖止め。
17121115

今回乗ったJA317Jですが・・・
17121116

前回の中国出張の帰り、上海から乗った機材だった。
17120114

12月になると上海も寒くなります。

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

上海から帰国、機内食は前から順番。

今回、伊丹から羽田経由で広州に入った中国出張ですが、帰りは素直に上海から関空へ。

クルマで浦東空港まで送ってもらったのですが、今は空港に入る時にセキュリティチェックがあるので全ての出入口からはターミナルビルへ入ることが出来ず、入れる入口が決まってる。

JALに乗るなら7番入口がちょうどいいので、運転手に「停七号附近」と伝えると7番入口付近で止まってくれます。

14:00ぐらいに浦東空港に着いてしまい、チェックインが始まる14:30までベンチに座って待つ。

上海浦東17:45発 JL898便。
17120111
同じ便に2週間前にも乗ったで。

この日もイミグレと保安検査は混雑していましたが、イミグレを出たらラウンジで担々麺と小籠包をいただく。
17120112

搭乗券に書かれた搭乗時刻より5分経った17:20にバス搭乗口へ行ったんですが、やっぱりまだ搭乗は始まっていなかった。
17120113
優先搭乗が始まりますが、バスで飛行機まで移動するので、優先搭乗と言っても結局、バスに早く乗れるだけで、飛行機にはむしろ1台目のバスの遅めに乗った方が飛行機には早く乗れる。

機内で荷物の場所を確保したい時は、優先搭乗で乗らない方が得策。

こんな優先搭乗、する意味あるのかね?

帰りの飛行機はB737-800、JA317J。
17120114

幸い、私の隣は空席のまま離陸。
17120115
ビジネスクラスに乗ると、出発前に脱いだ上着を預かってくれるサービスがありますが、私は利用しません。

上着を預かってもらうのはいいけど、返却されるのが降りる時ではなく、着陸態勢に入りシートベルト着用サインが点灯した頃。

いやいや、そんなタイミングで返されても、降りるまでにまだ数十分乗ってるのに、その間上着どうすんの?

手で持っておくの?フックに掛けておくの?

そんな中途半端なタイミングで返されるのなら、初めからちゃんとたたんで荷物と一緒に収納しておいた方がいい。

しかも、預けた上着は狭いクローゼットに掛けられますが、他の客の上着と密着するので、染みついたタバコ臭や加齢臭や香水臭などのくっさいニオイが自分の服に移ってしまうことも。

この上着お預かりサービス、サービスとして成立してるのか甚だ疑問。

今回の機内食は・・・
17120116

洋食をチョイス!
17120117
和食に私の苦手な栗きんとんが入ってたので(^_^;)

ただ、今回もうひとつなんだかな~と思ったことが。

機内サービスは前方左側の席から順番に行なわれるので、ビジネスクラスなら1A、1C、1K、1H、2A、2C、2K、2H、3A・・・と機内食のリクエストを聞いて回ってくれます。

なので、1Aと3Hとでは機内食が配膳されるまで10分以上遅くなることもありますが、これは想定済みなので問題ありません。

今回、3A席の私は和食に苦手なものが入ってたので洋食をリクエストしたところ、CAさんから取って返して

洋食を希望されるお客様が想定よりも多かったので、和食にしていただけませんか?

と言われる。

リクエストがどちらかに偏って足りなくなること自体はあり得ることなので全然構わないのですが、それならリクエスト変更も順番通り1Aから聞かないの?と思ったり。

数が足りないから変更してもらえるかどうか順番に聞いてきますので、もしダメだったら協力してくださいね、ということならわかるんですが、何もかも前方席から順番にサービスしてるんならそうしなさいよ!と思ったり。

また聞いて回るのは面倒なのはわかるけど、なんか釈然としなくて。

和食に苦手な栗きんとんが入ってるので・・・

と言うと、2列目の人にリクエスト変更を聞いてましたが。

ま、結果的にリクエスト通りになったのでいいけど。

ちなみに、中国便は機内食の事前予約の対象路線ではないので。

食後のアイスを出された時に、スプーンを微妙な位置に置かれたので気が付いたんですが、中国発の便では黒いテーブルクロスは敷いてくれないのでしょうか?
17120118
もう数mmずれてたら、スプーンをテーブル直置きされてたぞ。

さすがはベテランCAさん、長年の経験で培った絶妙なコントロールで置いてくださった。

そんなこんなで定刻より少し早い21:00にスポットイン。

21:25発の特急はるかに乗れました。

| | コメント (2)

2017年12月21日 (木)

羽田から中国・広州へ ~その2~ 羽田から広州へ

羽田から中国・広州へ その1からのつづき


9:10頃に羽田空港RWY05から離陸し右旋回して西へ向かうと、羽田空港の全景がよく見える。
17122723_2

こうして俯瞰で見ると、さすが羽田空港は迫力がありますな。
17122724

朝日に照らされる東京都心や・・・
17122725

スカイツリーも肉眼で見えたり。
17122726

離陸後右旋回し首都高湾岸線に沿って大黒埠頭まで来ると、さらに右旋回して横浜上空から厚木方面へ。
17122727

東京都心を西から見ると、東京タワーもスカイツリーもレインボーブリッジもワンフレームに収まる。
17122728

離陸から横浜上空までの様子。


厚木を通り過ぎると宮ヶ瀬ダム&宮ヶ瀬湖へ。
17122729
さすが、空を飛ぶと離陸からここまで約8分。

富士山の北側から南アルプスを越え、沖島が浮かぶ琵琶湖へ出る。
17122730

ちょうど琵琶湖大橋の上空。
17122731

その後、中国地方沿岸を抜け、本州と九州の境目、関門海峡へ。
17122732

話は戻って、羽田を離陸しシートベルト着用サインが消えると、隣席とのパーティションを閉められるようになるので・・・
17122733

電動パーティションのボタンを押して・・・
17122734

相手から閉められる前に、こちらから閉めてやります。
17122716
隣席のモニターが横に見えるということは、隣の人のくっさい足が横に来てしまうし。

パーティションの手前のカバーを開けると、テーブルが収納されている。
17122735

大型テーブルはもちろん前後スライドOK。
17122736

機内サービスが始まると、まずはテーブルクロスを敷いてもらいます。
17122737
足を伸ばしたままテーブルが使えるのもうれしい。

初めにドリンクを聞かれ、モルツをオーダー。
17122738
機内サービスは前方から順番に回ってくるので、機内食が来るまでビールでも飲んでしのいどけ!みたいな。

実はそれも計算に入れてラウンジで食べたので、むしろ機内食は遅めの方がありがたい。

この日の機内食、和食と・・・
17122739

洋食を見比べた結果・・・
17122740

洋食をチョイス!
17122741
なんだか牛フィレ肉に目が行ってしまたのですが、安全のため切れないナイフだと肉も切りにくい。

食後はやっぱりハーゲンダッツのアイス。
17122747

機内エンタメは面白そうな映画がなかったので、東京タラレバ娘のマンガを読む。
17122742

以前、何気に読んでみたら面白くて。
17122743

メイン画面でマンガを見ながら、コントローラーの液晶画面にフライトマップを表示することもできるという。スゴ!
17122744

もちろんメインモニターにも表示でき、通常のフライトマップの他に・・・
17122745

コックピットビューで表示すると、前方の地形までリアルに再現されていて、ヘッドアップディスプレイ風に方角、対地速度、高度も表示されなかなか面白い。
17122746

もちろん旋回するとそれに合わせてマップも動きます。


機内Wi-Fiサービスもありますが、国内線と違い国際線は有料。
17122748
ま、そらそうですわな。

で、どんなもんか試してみたところ、機内Wi-Fiにはつながりましたが、『衛星接続無し』と表示されネットには接続できず。
17122749

ずっと海が広がっていましたが、なんだか見覚えのある街が見えてきたと思ったら、上海上空を通過中。
17122752

虹橋空港の真上あたりを通過。
17122753

しばらくして機窓に山が広がる頃、下を見るとずっと同じ方向へ飛ぶ旅客機がついてくる。
17122754
中国東方航空の飛行機かな?

お腹がいっぱいになると、眠たくなってくるのが人の性。
17122750
機内の照明も暗くなり、お昼寝タイム。

画面はずっとコックピットビューのまま。
17122751

目が覚めて窓の外を見ると雲海のような景色が広がっていて、なんだか水墨画みたいな。
17122755

雲が切れると、山に地割れみたいな跡がずーっと続いてたり。
17122756

照明が明るくなりベルトサインが点灯すると、着陸態勢に。

広州白雲空港を行き過ぎて、南側からアプローチします。
17122757

広州市内に差しかかると、広州タワーが眼下に。
17122758

珠江付近で旋回して空港へ向けて北上すると、今にも転がって行きそうな形のビルが見えたり。
17122759

近代的なビルが立ち並ぶ広州市内でしたが、空港のすぐ南側には窓ガラスのない建物が密集している地区も。
17122760

空港へのアプローチから着陸するまでの様子。

12:50に広州白雲空港に着陸し、広い空港を移動。

途中、滑走路を横切る際に離陸機を待ち、再び移動。


13:00にスポットイン。
17122762
羽田から約5時間の空の旅。

ビジネスクラスだとゆったり満喫できますね。

| | コメント (0)

2017年12月20日 (水)

羽田から中国・広州へ ~その1~ B787のビジネスクラス JAL SKY SUITE

今回の中国出張では、一旦、伊丹から羽田で乗り継いで広州へ向かいます。

伊丹から羽田へ飛び(記事)、翌日の朝7:30頃、羽田空港国際線カウンターでチェックイン。
17122701

ビジネスクラスは保安検査場の優先レーンが使えると案内されたので行ってみると、なんと1つしかない優先レーンから長蛇の列が伸びてるじゃないか!(;゜0゜)
17122702
空港スタッフが搭乗券をチェックして優先レーン適用外の人を一般レーンへ案内してましたが、優先レーンに残った人はやはりJGCのエコノミークラスの人が多い。

まあ自分もこれを求めてJGC修行をした訳ですが、そのうちヒラJGCと上位クラスの搭乗客と分けられたりして。

もちろん一般レーンも優先レーン以上の行列が出来ていたので、ここで黙って並ぶことに。

20分ほどで保安検査と出国審査を抜け、サクララウンジへ。
17122703

さすが羽田空港、ラウンジのフードメニューが充実していて、ついあれこれと取ってしまう。
17122704
カレーにはブロックの牛肉がしっかり入っていて、野菜の甘味でコク深く、関空のサクララウンジのカレーよりも美味しいじゃないか!

お腹いっぱいで搭乗口へ。
17122705
優先搭乗でも、ビジネスクラスはヒラJGCのエコノミーと同じ順番。

もはや優先になってるのかどうかわからないぐらい並んでる。

機材はB787-8、JA841J。
17122706

8:33に飛行機に乗り込むと、ビジネスクラスはJAL SKY SUITE仕様で、シートがパーティションで区切られていて窓側席でも直接通路へ出られる。
17122707

座席が半身分前後にずれていて、隣席の視線も気にならない。
17122708

座席に座ると、23インチモニターがデカい!そして遠い!!
17122709

壁に付いてるコントローラーにもタッチパネル式の液晶が付いていて、そしてデカい!
17122715

リクライニングのコントローラーは壁に埋め込み。
17122714

通路側、と言っても全席通路側なので、「窓側じゃない方」の席。
17122710

窓側席からのぞき込むとこんな感じに。
17122711

日本人の平均身長ぐらいならオットマンに届かなさそうなくらい広い。
17122712

窓側席からは、窓側じゃない隣席のモニターがかなり近くに見える。
17122713

ハイタワーな私はオットマンに足が届きますが、ベッドのようにシートをフルフラットにすると足がつっかえてしまうので、フルフラットより少し起こした方が寝やすい。
17122717
ちなみにフルフラットにしたら、エアウィーヴのマットレスと枕が使える。

もう説明書がないとわからない。
17122718
17122719

コントローラーも機能がいっぱい。
17122720

機内を見渡しても、他の乗客の顔が見えない。
17122722

窓3つ分のスペースがあるので、液晶を操作するのも大変。
17122721

8:50にドアクローズして、8:52プッシュバック。

タキシングに14分を要しRWY05から離陸。


羽田空港を回り込むようにして西へ向かいます。


その2へつづく

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

国際線乗り継ぎ便で伊丹から羽田へ

普段、中国出張では関空から上海へ飛んでますが、今回はまず伊丹から羽田へ飛び、羽田で乗り継いで広州へ向かいます。

伊丹空港から乗る時はほとんど荷物を預けることはなく保安検査場へ直行しますが、さすがに海外出張ではスーツケースを預けるのでチェックインカウンターへ。

伊丹→羽田便も国際線のeチケット控えの中に入っているので国際線のカウンターでチェックインするのだと思ったら、午後7時前に空港へ行ったらすでに国際線カウンターが閉まってた。

どこでチェックインすればいいのかわからなくなったまま、とりあえず開いてるカウンターに並ぶ。
17112602
国際線に乗るのは翌日で、羽田で一旦外へ出てホテルに泊まるので、伊丹→羽田便は国内線としてチェックインして、翌日、再び国際線のチェックインをすることに。

ちなみに伊丹空港の国際線カウンターは、成田便乗り継ぎの時間が終わると閉まるんだとか。

伊丹20:25発、JL138便。
17112601

保安検査を抜け搭乗口へ行くと、まだ出発の1時間以上前なので飛行機も到着していません。
17112603

普段、伊丹のサクララウンジではアルコールは飲まないけど、この日は東京に行って寝るだけなので、ゆっくりビールを堪能する。
17112604
ビールでほっこりしていたら、使用機到着遅れで出発が15分遅れになるとアナウンスがあったけど、ゆっくり行けばいいので問題なし!

B777-200、JA8978。
17112607

ドアクローズして、20:40にプッシュバック。
17112605

夜の伊丹空港を離陸。


上空で機内Wi-Fiに接続したら、自機の表示が伊丹発の138便ではなく、羽田から伊丹へ来た時の133便のままになってた。
17112606
これって手動で設定してるの?

羽田からホテルへ向かい、翌日、広州へ飛びます。


つづく

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

福岡空港の飛行機が見えるレストラン『YOSHIMI』@福岡空港

福岡空港第2ターミナルの3階にある『YOSHIMI』
Fkokapysmrs01
今は改装して外観が変わってるかもしれません。

ここで飛行機の時間まで軽くモーニング、という訳で、モーニングサラダをオーダー。930円也(8%税込)。
Fkokapysmrs02

この店では、スポットの飛行機を間近に見ることができるのがいい。
Fkokapysmrs03

ちょうどB777-200、JA742Aがプッシュバックされていくところ。
Fkokapysmrs04

しばらくするとB767-300、JA8669がスポットイン。
マーシャラーの動きとか、スポットインしてから作業の様子もよく見える。


別のスポットにB767-300、JA8322がやって来ましたが、誘導路からスポットのマーシャラーが見えないので、手前で別のマーシャラーが誘導している。


ここからならずっと見ていられそうですが、乗り遅れないようにしなければなりません。



YOSHIMI
福岡市博多区大字下臼井767-1
福岡空港第2ターミナル3F
営業時間: 7:00~21:00(LO.20:30、定休なし)
TEL: 092-622-6287

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

今回の東京出張はJALで羽田へ

今回の東京出張は東京ビッグサイトへ行くので、飛行機で羽田へ。
17112201
東京出張では東京に着いてからの行き先にもよりますが、飛行機で行った方が新幹線よりも家を1時間遅く出ても同じ時間に付けたりする。

でも、飛行機だとラウンジでコーヒーを飲むために、結局、家を早めに出ちゃうけど(^_^;)

保安検査場でもらうIC控えを見ると、出発が20分遅れるらしい。。。

18番スポットには、昨晩到着してるはずの飛行機がない。

JALのホームページをチェックすると、使用する飛行機の手配のため出発遅延 だって。
17112202

夜の整備でどこか不具合が見つかったんですかね?

ま、搭乗してエンジン掛けてからキャンセルになるよりはいいけど(記事)

20分遅れになった搭乗時刻に合わせて搭乗口へ行くと、恐らく機材変更になったB777-200がスポットインしてた。
17112203

レジ番はJA007D。 なんかかっちょええ。
17112204

7:35に優先搭乗が始まりましたが、すでに長蛇の列だったので加わらず。
17112205

今回は前日に予約したせいもあり窓側も通路側も空いておらず、中央列の中央席。
17112206

離陸後、無料の機内Wi-Fiで現在位置を確認。
17112207
ホントはflightradar24でチェックしようと思ったら、中央列だったのでGPSが受信できず、現在位置が見れなかったり。

やっぱりいつもの窓側じゃないと、やることがなくて・・・

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

上海から帰国

今回の台湾から中国本土へ渡った出張も終わり、帰国の途へ。

上海浦東17:45発 JL898便。
17111741
JL898便は出発が25分早くなってありがたい。

なんせ1時間遅れは日常な中国の航空事情、あまり遅くなると関空到着後の足がなくなってしまう。

搭乗券に書かれている時間に搭乗口へ行っても待たされるのはいつもの通り。
17111742
なので、優先搭乗を狙わない方がゆっくりできたり。

しかもバス搭乗なので、優先搭乗で早くゲートを通ったとしてもバスに早く乗れるだけ。

一般搭乗でも同じバスに乗るので、かえって飛行機に乗るのが後になるという。

こんな意味のない優先搭乗、やめたらいいのに。

と、そんなこんなで17:29に209番スポットへ。
17111743

B737-800、JA317。
17111744

搭乗ゲートでチェックを受けてバスでスポットまで運ばれて来たのに、タラップ車の下でまた搭乗半券をチェックしだしたので、小雨が降る中、階段下で待たされてしまう。
17111745
いつからこんなところで半券チェックするようになったんだ?

タラップの上から見下ろすとまだトラクターが来てないけど、また遅れるのか?
17111746
と思ったら、定刻で出発。

上海からの帰りのフライトはただでさえ飛行時間が短いうえ、雨が降っていて分厚い雲がたちこめ、離陸後も揺れが大きくベルト着用サインがなかなか消えない。

ようやくサインが消え、機内食の時間。
17111748
帰りも和食で。

食後のアイスとコーヒーは定番。
17111749
短い時間でさっさと食ったら、すぐにベルト着用サインが点灯。

ところで今回、隣席のおっさんがガサツ過ぎて残念な人だった。

席に座る前もバタバタとカバンから荷物を出し、座る時にもじたばたしてこっちのイスまで揺れとんねん!(-_-メ)

パソコンのエンターキーを力いっぱい押すからやかましいし。
17111747
パソコンは一応専用のセキュリティーソフトが入ってるようでしたが、画面保護してないので横から内容が丸見え。

このおっさん、某大手電器メーカーO社の人でしたが、情報漏れてますよ!

どうも初Cクラスだったのか、リクライニングをバタバタ下げたり上げたり、機内食の和食メニューのおかず単品だけ注文しようとしたり、とにかく落ち着きがない。

挙げ句の果てにはパソコンを忘れて降りてしまうし、すごく仕事できなさそうなおっさんだった。

20:55 関空にスポットイン。
17111750
定刻より早く着いたおかげで、関空21:25発、最終の1本前のはるかに乗れた。

まあ、そんなこんなで家に帰り、温かい便座に安らぎを覚えたのでした。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

台北松山空港から上海浦東空港へ

台湾での仕事を終え、台北松山空港から上海へ飛びます。

以前は台湾~中国本土間の旅客便はチャーター便しかなかったため外国人は乗れませんでしたが、定期便が就航してからは乗れるようになりました。

台北市内にある松山空港の第1ターミナルからはかつて、航空会社4社がドル箱路線の高雄への国内線を頻繁に飛ばしていて、私もよく5分後に出発する便に飛び乗りましたが、高鐵開業後は国内線が激減し、今では国際線ターミナルになってます。
17111527_2

国内線時代の第1ターミナルはかなり賑わっていましたが、国際線ターミナルになった今はかなり静かな雰囲気に。
17111531
こじんまりした空港なので、移動が楽なのがいい。

台湾は日本語の案内も多いけど、空港で『チエツクイン』の表記を見ると、文字の大きさで発音が変わる日本語の半音文字は、外国人には難しいのかも。
17111532

11:10、国際線に乗るにはいい塩梅の出発2時間半前に空港へ着き、チェックイン・・・
17111533
・・・しようとしたら、カウンター入口の係員に止められ、何時出発の便なのかを聞かれる。

13:40発のFM820と言うと、


チェックインは出発の1時間半前から


なんだとか。

松山空港は小さい空港なので、キャパの関係で乗客をさばくのが大変なのかも。

と言っても、この空港は発着便数も多くないので、繁忙期以外はそれほど混まないんじゃないかと。

ターミナルの2Fに飲食店が何件かありましたが、チェックインが始まるまで電源のあるテーブルに座ってメールを片付けておく。

1時間待って、ようやくチェックインが始まる。

上海航空FM820便 上海浦東行き。
17111542
上海航空は中国東方航空傘下の航空会社で日本ではあまり聞かないんですが、機内サービスがとても良くCAさんの気配りもいいのでお気に入り。

中国の3大航空会社や台湾の中華航空よりもいい。

チェックインしてすぐに保安検査へ。
17111534
台湾では、保安検査でモバイルバッテリーを出さなくてもいいみたい。

搭乗口前のロビーも天井が低く、なんだか伊丹空港のような雰囲気。
17111539

機材はB737-800。B-1512。
17111541

まだ搭乗時刻になってないので、ここで腹ごしらえをすることに(記事)。
17111540

13:10頃に搭乗が始まり13:40にドアクローズ。

離陸してベルト着用サインが消えると、なんと機内食が配られる。
17111543
ネットで予約した時には「機内食なし」になってたので出発前にお昼を食べたんですが、機内食があるんだったら食べなかったのに。

定番のパン&ライスの食事ですが、味を確かめる程度に軽く食べる。

定刻より少し早めに着陸し、広い空港をタキシングして15:20に沖止めの203番スポットへ。
17111544

タラップ車が付いてビジネスクラスの乗客が降りて行きますが、ふと階段の下の方を見ると・・・
17111547

ペットボトルが放置されてた!
17111548
空港で働く車でこれはアカンやろ。

ま、いくら経済発展していい格好しても、これが中国クオリティですわな。

タラップを下りてバス移動。
17111549

広い浦東空港、端っこのボーディングブリッジに付けられるんだったら、バスでイミグレに近いところに連れて行ってくれる方が楽といえば楽。
17111545
台湾も、香港、澳門と同じく国際線扱いなので、イミグレで入国手続きが必要です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧