カテゴリー「乗り物@鉄道(JR)」の210件の記事

2017年11月11日 (土)

FTR223でひとりツーリング ~北陸本線・南今庄駅~

FTR223でひとりツーリング。

旧北陸本線跡にある柳ヶ瀬トンネルへ行ったあと(記事)、国道365号線を北上し『南今庄休憩所』で休憩。
Ftr476fki41
ここへは休憩するために立ち寄ったのではなく・・・

休憩所の柱に直付けされている南今庄駅前のバス停があるとおり・・・
Ftr476fki42

南今庄駅に立ち寄るのが目的。
Ftr476fki43
駅舎はなく、ここが南今庄駅であることを示すものが一切ない。

手前の道路は旧北陸本線の線路があったところ。

階段を上がりホームへ行くと・・・
Ftr476fki44

ようやくここが南今庄駅であることがわかるという。
Ftr476fki48

南今庄駅は、北陸本線の輸送力増強のため北陸トンネルが造られ、新線への切り替え時に、旧線にあった大桐駅の代替駅として設けられた駅。

ホームにはずらーっと黒いマットが敷かれていて、これ何やろ?と思ったら・・・
Ftr476fki45

遠赤外線融雪マットだった。
Ftr476fki46
なるほど、吹きっさらしのホームに雪が積もらないように、これで溶かすんですね。

待合室はホームを進んだ先にありますが、待合室のだいぶ手前で融雪マットが終わってる。。。
Ftr476fki47
待合室のところまで雪溶かさへんのかーい!

へたすりゃ、命がけで待合室へ行かなあかんかも?

特急街道とも言われる北陸本線だけに、福井方面から683系サンダーバードが通過。
Ftr476fki49

非貫通の0番台だった。
Ftr476fki50

今度は敦賀方面から683系が通過。
Ftr476fki51

踏切から見ると、結構迫力がある。
Ftr476fki52

1日の乗車人数が20人に満たないだけに、滞在中他客の姿はなし。

休憩もできたし、次の目的地へ向かいます。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

FTR223でひとりツーリング ~北陸本線・新疋田駅~

もう1年ほど前になりますが、FTR223を買ってすぐの頃、遠出したくてひとりツーリングに行ってみた。

スマホとタンクバックにiPadも入れて出発。
Ftr476fki01

名神高速大津ICで降り、大津市内で給油。

燃料タンクが7.2Lしかないので、まだ行けそうでも早め&こまめに給油しなければなりません。

チョークの調子が悪いのか、チョークを全戻しするとエンストするので半開きにしており、アイドリングの回転が高く燃費が悪いため、信号待ちが多いとヘタすりゃ100km走らずにしてリザーブにしなくてはなりません。

大津市内から国道161号線へ入り、そのまま湖西道路で琵琶湖西岸を北上。

安曇川町で再度給油。

延々と国道161号線を北上して、最初の目的地、JR北陸本線新疋田駅に到着。
Ftr476fki03

無人駅ですが、駅舎はログハウス風・・・ではなく、ログハウス。
Ftr476fki02

駅舎に入ると、待合スペースには壁一面に鉄道写真がびっしりと貼られている。
Ftr476fki04

写真だけでなく方向幕やサボも。
Ftr476fki05

これを見ているだけでも十分楽しめる。
Ftr476fki06

名門、つばめがL特急として山陽本線を走っていた頃の方向幕。
Ftr476fki07

時刻表を見ると、日中の発着は毎時1本。
Ftr476fki08

ホームの方へ行ってみると、米原方向にはトンネルが口を開いている。
Ftr476fki09

かつて長編成の列車が発着していたので、カーブしながらすごく長いホームですが、電車向けに床上げしているのは4両分のみ。
Ftr476fki10

新疋田駅は、いつも大阪から北陸方面へ行く時、特急サンダーバードの中から通過する様子を見ていましたが、この辺りは急こう配の山越え区間なので、車窓から眺めていても面白い場所。
Ftr476fki11

すると、駅舎から上り(米原方面)ホームへ行く踏切の警報音が鳴り、下り線を特急サンダーバード683系が通過していく。
Ftr476fki12

カーブがあるせいか、スピードはそれほど速くない。
Ftr476fki13

その後、敦賀行きの新快速がやってきて・・・
Ftr476fki14

新疋田に停車すると、鉄の同志と思しき二人組が降りてきた。
Ftr476fki15
敦賀方面ホームはカーブの外側にあり、線路にカントが付いてるのか列車がカーブの内側に傾いて止まるので、列車とホームとのすき間が広め。

ここでずっと列車を眺めていてもいいのですが、まだツーリングの続きがあるのでこの辺で出発しましょかね。

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

大阪駅から寝台特急サンライズ出雲で東京へ

今回の東京出張では、大阪駅から寝台特急 サンライズ出雲で東京駅へ行くことに。

東京行きのサンライズ出雲&瀬戸は大阪駅を0:34に出発し、朝7:08に東京駅に着くのですが、始発の新幹線が朝6:00に新大阪を発ち8:23に東京駅に着くので、新幹線よりも早く東京駅に立てます。

朝早起きして眠い目をこすって始発の新幹線に乗って中途半端に寝るより、個室寝台で横になってぐっすり寝て行けて、東京でゆっくりモーニングしてから仕事ができるという魅力もある。

このブログでふり返ってみると、前回サンライズに乗ったのは15年前で(記事)、まだ寝台特急がブルートレインとして定着していて、ブルートレインの代表格、あさかぜがまだ走っていた頃でした。

月日が流れブルートレインが廃止され、今ではサンライズ出雲&サンライズ瀬戸は唯一生き残るJRの定期寝台列車であり、夜行列車であり、東海道線を走り通す列車に。

そんなサンライズの寝台券はネットでは買えないので、J-WESTカードの会員専用デスクに電話して、一人用個室のB寝台シングルを予約。

予約の時に個室のリクエストも可能な範囲で聞いてもらえるので、列車正面の写真を撮りやすいよう編成末端の14号車、13号車か1号車、2号車で、さらに2階の部屋を希望したところ、無事リクエスト通り1号車を予約できた。

さらに乗車券も一緒にお願いしたところ、サンライズが大阪駅を出発するのは日付が変わったばかりの10/31の0時34分。

ところが、乗車券も10/31にしてしまうと、改札に入れるのは日付が変わった午前0時以降になってしまうので、乗車券は10/30から使えるようにすれば前もって入ることができる、とオペレーターから気を遣っていただく。

事前に、乗車券と特急券・B寝台券をみどりの窓口で受け取る。
17103101
寝台券はみどりの窓口でしか受け取れないようで、みどりの券売機ではダメだった。

乗車券を10/30にしてもらったのですが、結局、改札を通ったのは日付が変わった後だったり・・・(^_^;)

大阪駅の11番線に上がると、ホームにはサンライズに乗る人が意外と多く、ざっと20~30人ぐらいが列車の到着を待っていた。
17103102

東京行きのサンライズは、先頭が14号車で最後尾が1号車。

他の乗客たちはホームの中ほど8号車あたりで待つ人が多いけれど、私は最後尾の1号車なのでホームを神戸方向にひたすら進む。

ホームの上には乗車口案内があり、ちょうど3号車の乗車口を過ぎたら、なんと

この先 関係者以外立入禁止

の柵があるじゃないか!(;゜0゜)
17103103

え、ここまだ3号車やんな?

まさか3号車から乗って車内を通って行かなあかんの?

ホームがあるのにドアカット?!


なんてビビりながら近づいてみると・・・
17103104
特急サンライズ号にご乗車のお客様はご通行ください。

と、小さめに書いてありホッとする(´Д`)

危険な撮り鉄除けなんでしょうかね?

大阪駅は改装され、11番線ホームもタイルが敷き詰められきれいに明るくなりましたが、立入禁止の柵の向こうは改装するのを忘れたかのように以前のままのホームが残る。
17103105

最果てのホームでサンライズの到着案内の自動放送を聞きながら駅の様子を眺めていると、最終電車が近い時間、新快速が京都行きだったり回送列車がホームを発ったり、日中とは違う光景が見られて面白い。


0:34、定刻の2分遅れで到着。


正面を撮りたいと思い1号車をリクエストしたけど、ホームの余分がなく撮れなかったという。
17103106

乗務員室側には乗降扉はないので、急いで向こう側の入口へ。
17103107

JR東海所有の285系3000番台。
17103143

最近はLEDが増えたけど、285系はまだ方向幕。17103108

車内に入ると案内図がありますが、パッと見てもようわからん。
17103109

階段を上がり2階へ。
17103110

木目調の内装と暖色系の照明が落ち着き感を演出。
17103111

寝台料金+1000円で乗れるB寝台シングルは、ベット幅70cmの個室。
17103112

カバンが置けるちょっとしたスペースもある。
17103113

足元側にはちょっとしたテーブルと鏡もあり、靴が脱げるスペースと車内用スリッパも完備。
17103115
列車だと必要十分なって感じですが、これが飛行機だと豪華なファーストクラス級になりますな。個人用モニターはないけど。

室内照明のスイッチ、アラーム付きの時計、ヒーターのコントローラーとNHK-FMのボリュームスイッチの操作盤。
17103116

大阪駅を発車するとすぐに車掌が検札に来る。
その後は乗る前に買った缶ビールとアテでひと息。
17103117

テーブルには”未使用”のシールで封印されたコップが置いてありますが、持った感じ紙コップかプラスチックのコップのよう。
171031171

100Vのコンセントもあり、スマホの充電にも困らない。
17103118

車内のご案内を見てから、少し車内を探検。
17103141

部屋を出る時は、自分で暗証番号を設定して鍵をかけられる。
17103119
設定する時は番号を確認しないと、入れなくなるかも。

車両の端にあるBシングルツイン。
17103140
2段ベッドのある・・・というか、2段ベッドしかない個室は、下段のベッドをたたんで座席にすることもできる。

上段のベッドへは、まるで棚みたいな段差のある階段を上がる。
17103120
脱いだ靴を置く場所も兼ねてる感じ。

寝台料金だけで乗れるB寝台ソロ。
17103129
一番安い個室寝台だけあって、荷物を置くスペースもない。

下段の部屋は小さいスーツケースなら、ドア付近の靴を脱ぐスペースに置けるかも。
17103131

上段の階段が室内に張り出しているので、中はベッド幅しかない。
17103130

上段の部屋はドアを開けてすぐに階段があり、スーツケースは置けない。
17103132

上段の方が圧迫感は少ないかも。
17103133

3号車には、海側、山側にそれぞれ4席ずつのミニラウンジ。
17103121

元々公衆電話があったところに、今はシャワーカードの自販機が。
17103122

壁には、
シャワーカードを販売してるけどタオルは売ってませんよー
カードを買った後にタオルがないと言っても払い戻しはしませんよー

みたいな注意書き。
17103123
なので、シャワーを使うにはタオル持参でなければなりません。

自販機の前にシャワー室。
17103124
よく見たら『使用中』になってるじゃないか!

中の人、タオル持ってるんか?!

4号車は通路が山側にあり、昔の寝台車みたいな雰囲気。
17103125

下段には、2人用のB寝台サンライズツイン。
17103126
その名の通り、ベッドが二つ並んでいるツインルーム。

上段がA寝台シングルデラックス。
17103127
85cmの幅広ベッドとテーブルや洗面台もある。

5号車にあるのがノビノビ座席。
17103128
座席と言ってもイスはなく、カーペット敷きのスペース。

ベッドはなく雑魚寝のようになりますが、寝台料金が不要なこともありすぐ予約で埋まってしまうほど人気。

寝台列車の車窓からは、ガラガラの道路、人のいない駅のホームや照明が消えているホームなど、普段とは違った街の様子が見られて面白い。

人のいない大津駅を通過。


その後もずっと車窓を流れる夜の街の明かりを眺めていましたが、午前1:41、米原駅に運転停車。
17103134
最後尾の1号車はホームに入りきらない。

1:43、米原駅を出発。
17103135
結局、岐阜駅を通過するまでずっと起きていて、ようやく眠くなる。

レールの音がしなくなったせいで目が覚めた時には、浜松駅で運転停車。
17103136
ホームでは、数人の作業員が作業中。

またウトウトして次に目が覚めると、ちょうど沼津駅。

5:27に沼津を発つと外は少し明るくなりましたが、太平洋を望む絶景ポイントでは日が出ず、小田原駅の手前で日の出。
17103137
まさに、サンライズから眺めるサンライズ。

午前6時頃に茅ヶ崎駅を通過すると、ホームにはすでに通勤客が並んでた。

その後も辻堂、藤沢とホームに並ぶ通勤客が多くなる。

首都圏の通勤ラッシュは凄まじいものがありますが、朝6時過ぎの電車に乗らなければならない程つらい”痛勤”なんでしょう。

7:08、定刻に東京駅に到着。
17103138
上野東京ラインが開業してからどこのホームに入るのかと思ったら、やはり東海道線の8番線へ入線。

大阪駅から6時間34分の寝台列車の旅も終わり、通勤ラッシュが始まっている在来線に乗り換え。
17103139

大阪を一番遅くに発ち朝7時過ぎに東京に着けることもあり、ビジネスマンの需要もある上りのサンライズですが、東京発の下りサンライズは大阪駅を通過してしまうため、大阪への移動には使えません。

個室寝台でゆっくり寝て行けると言いましたが、結局、この日はずっと起きていてあまり眠れず。

でも、楽しかったからOK!

大阪から乗ると列車旅があまり満喫できないので、できればサンライズ出雲の始発駅、出雲市から乗り通したいですな。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

JR相模線で茅ヶ崎駅へ

寒川神社へお参りのあとJRで帰るため、神社から徒歩6~7分でJR相模線の宮山駅へ。
Jrsgmlnmicg01

寒川神社下車駅とデカデカと書かれてますが、この駅は無人駅で簡易Suica改札機が2台と券売機が1台設置されているだけ。
Jrsgmlnmicg02
初詣シーズンは駅員が来るみたい。

単線1面1線のホームなので双方向の列車が発着しますが、やって来たのは八王子行きの205系。
Jrsgmlnmicg03
相模線用205系500番台は、他の205系とフェイスが違ってる。

八王子行きを見送り、ようやく来た茅ヶ崎行きに乗車。
Jrsgmlnmicg04
ちょうど通学時間と重なったせいか車内は学生が多いけれど、田舎の学生と違い、騒ぐことなく静かに乗っている。

この辺はさすが神奈川県って感じ。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

特急はるかの指定席で関空へ行く時は2号車がいい

3週間ほど前になりますが、まだまだ猛暑続きの8月末に中国へ出張してました。

例によって、まずは新大阪から特急はるかで関空へ。

e5489からeチケットレス特急券で予約すると、特急料金が910円に。
17082701
普通に切符で買うと1,690円(繁忙期)なので、かなりオトク。

シートマップで8号車を取ったんですが、これはちょっとミスったことに関空に着いてから気付く。

新大阪6:48発、はるか3号。
17082702
夏休みも終盤なせいか、旅行客は少ない。

日曜日の早朝だからか、梅田近辺の道路も空いてる。
17082703

関空連絡橋を渡りきると、24Lへの誘導灯の下をくぐる。
17082705

7:47、関西空港に到着。
17082706
関西空港駅のホームから改札へ上がるエスカレーターは、2号車付近と5号車付近にあります。

2号車側のエスカレータは1~3号車の乗客が流れてきて、1号車はグリーン車なので普通車より乗客が少ないこともありそれほど混まないのですが、5号車側は4号車から9号車までの乗客が集中するので、エスカレータから長蛇の列ができる。

今回、8号車を取ってしまったので、エスカレーターに乗るまでにかなり時間が掛かってしまう。

なので、関空行きはるかの指定席を取る時は2号車がいい。

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

福井からサンダーバードで新大阪へ

福井での仕事を終え、大阪へ戻ります。
170711s01

福井駅21:32発 大阪行き最終のサンダーバード48号。
170711s02

グリーン車は2×1列のシート配置。乗客は私を入れて5人。
170711s03

リニューアルされたシートですが、座面はリクライニング連動はしない。
170711s04

久しぶりの683系0番台、4000番台と内装のデザインがちょっと違う。
170711s05

福井駅を発ち敦賀駅に着く頃、雨が窓をたたく音がすごくなる。

なんかスゲー雨が降ってんなぁ

と思いながら雨雲レーダーを見てみると、ちょうど真っ赤なところに当たってるみたい。
170711s06

幸い、豪雨で電車が遅れることなく、23:23 新大阪駅に到着。
170711s07
福井で飲んで帰ってきたのでほとんど寝てましたが、無事返って来られてなによりです。

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

サンダーバードで武生へ

福井出張の折、本来は新大阪から福井まで行くんですが、今回は途中の武生で降りることに。
17071101

新大阪9:17発、サンダーバード11号。
17071102

最近は683系4000番台リニューアル編成ばかりに当たる。
17071103

ここだけ見ると、サンダーバード1号みたいな。
17071104

新大阪を発ち、約130km/hでひた走る。
17071106

湖西線に入り、琵琶湖を眺めながら飛ばします。
17071105

北陸本線の見どころのひとつ、新疋田を過ぎると敦賀へ。
17071107

敦賀を発ち、13.87kmの北陸トンネルを抜けると、ほどなくして武生に到着。
17071108

武生駅で下車して・・・
17071109
武生の地元B級グルメを食べに行くことに。

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

サンダーバードのグリーン車は改札から遠い

金沢からはサンダーバードで大阪へ戻ります。
17070571

金沢18:42発、サンダーバード44号。
17070572
富山から新幹線で金沢に着き乗り継ぎ9分でしたが、少々忙しい乗り継ぎ。

しかも、1号車はホームの一番端なので、余計に時間が掛かる。
17070573
ま、いざとなれば近くの車両に乗ってしまえばいいんですが、車内を移動するのも面倒だし。

21:21、定刻より2分遅れて新大阪に到着。
17070574
どこで遅れたのかようわかりませんが。。。

新大阪でも、1号車は改札へ上がる階段まで遠かったりする。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

最終のサンダーバードで金沢へ

大阪で夜まで会議の後、その足で富山へ出張。

大阪駅で最終のサンダーバードに飛び乗り(と言っても本当に飛び乗ってはいない)、まずは金沢へ。
17070416
頑張れば金沢で新幹線に乗り換えて当日中に富山へ着けるんですが、あまり無理するのもしんどいので、この日は金沢で泊まります。

大阪駅20:54発、サンダーバード47号。
17070402
この日は昼間、北陸地方での大雨の影響でサンダーバードは運休や遅れが続発しており、1本前のサンダーバードまで20分程度遅れてましたが、この列車は今のところ遅れのアナウンスはない。

定番の683系。
17070403

北陸新幹線開業後、サンダーバードは金沢まで運行が短縮される。
17070404

グリーン車はリニューアルされてました。
17070405
乗客は私の他に1人だけ。

1人掛けの座席と・・・
17070408

2人掛け座席の配置。
17070406

背面テーブルがないのは、JR西日本の特徴。
17070407

各席肘掛け前に100V電源が付くようになり、これはかなりうれしい設備。
17070409

定刻に大阪駅を発車し、新大阪、京都と停車。

その間ずっと、車両両端のデッキへの扉の上にある電光案内板が消えたまま。
17070410
京都の次の停車駅、堅田を発ってもまだ消えっぱなしなので、検札に来た車掌に案内板が大阪駅からずっと消えていることを伝えると・・・

調整します

と言って、戻っていく。

てか、大阪を出てから車内を何往復としてるのに、気づかんかったんか?!

私の申告が功を奏したのか、しばらくして 次は 敦賀 と表示されるように。
17070411
これでひと安心・・・

かと思いきや、敦賀に着いたらいきなり・・・
17070412
鯖江になってるし!

車掌もさすがにすぐ気づいたのか、車内放送で表示が間違っている旨をアナウンス。

車掌曰く、この日は昼間の大雨で運休が続き、実はこのサンダーバード47号は元々サンダーバード39号として運転される車両だったらしく、表示内容の設定ミスなんだとか。

なら、すぐに正しく設定しなおせばいいやんか!と思ったら、再び案内板が消えちゃった。


敦賀を出て北陸トンネルを抜けた頃、ようやく案内板が復活。
17070417

福井、金沢は正常に表示され・・・
17070418

23:29 遅れることなく金沢駅に到着。
17070413

金沢駅はホームが少し低いので、683系の台車の上側が近くで見られる。
17070414

リニューアル後のサンダーバードの側面ロゴ。
17070415

リニューアル前の側面ロゴはこんなんでした。
17070419

今日は金沢駅で途中下車して、翌朝、富山へ向かいます。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

関空から特急はるかで新大阪へ

上海から関空に着いた後、関空からはJR特急はるかで新大阪へ。

iPhoneのSIMカードはまだ香港SIMから差し替えてなかったので、Wi-Fiでe5489へつないで、チケットレス特急券を買う。
170615jr01
チケットレス特急券だと新大阪まで620円。

通常料金の半額以上安くなる。

入国手続きがスムーズに済んだおかげで、直後に出発するはるかに乗れた。
17061527

はるかは乗車時間が短いことを織り込んでるのか、特急列車にしては座席がしょぼめ。
17061528

背面テーブルはなく、肘掛けテーブルもテーブルとは呼べないくらい簡易的なやつで、しかも肘掛け収納ではなくむき出しのまま。
17061529

関空からの帰路、明るいうちに大阪・梅田のビル群を見るのは珍しいかも。
17061530

新大阪でラーメンを食べたい気分でしたが、ガマンして帰路へ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧