カテゴリー「乗り物@バス」の73件の記事

2017年5月23日 (火)

羽田空港から空港バスで東京駅八重洲口へ

羽田空港から東京駅へ行く時には、東京モノレールか京急に乗るのが普通ですが、今回は東京駅八重洲北口(鉄鋼ビル)行きの空港バスに乗ることに。
17051281
券売機で12:25発の乗車券を買う。930円也。

第2ターミナル、4番のりばへ。
17051282
発車25分前にのりばへ行くと、まだ3レーンにも東京駅行きは表示されていませんでしたが、どこかへ行くにしても中途半端なのでのりばで待つことに。

もちろんまだ他の客はおらず、一番乗り。

12:21 京急バスがやって来た。
17051283

今では珍しくなった折り戸のドア。
17051284

第2ターミナルからの乗客は8人。
17051285
第1ターミナルで5人乗り、一路東京駅へ。

羽田空港からは通常、首都高湾岸線を通るそうですが、この日は渋滞が激しく、空港西から1号羽田線に乗る迂回ルートになった。
17051286

高速に乗ったら眠たくなり・・・ 

目が覚めたらすでに八重洲通りを走っていて、すぐに八重洲北口にある鉄鋼ビル1Fのバス停に到着。

乗り換えなしで行けるのは楽ですね、ずっと寝てられるし(^_^;)

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

羽田空港からエアポートリムジンバスで東京ビッグサイトへ(東京空港交通)

羽田空港から東京ビッグサイトへ行くため、空港バスに乗ります。

羽田空港から東京ビッグサイトへのバスは、オレンジ色のエアポートリムジンと京急バスがあり、この前は京急バスに乗ったので(記事)、今回は東京空港交通のエアポートリムジンに。

9:25発の便が満席だったので、9:55発の乗車券を買う。
17040531

7番のりばへ行くと、9:55発に乗るための同志が並んでましたが、10人目ぐらいだったので窓際に着席できるでしょう。
17040532

9:50に7番のりばを発車する成田空港行きが出ると、すぐに東京ビッグサイト経由TCAT行きのバスが来る。
17040533
9:55に第2ターミナルを出発し、第1ターミナルでは4~5人乗せ10:00に出発。

空席が10席ほどありましたが、幸い私の隣も空席。

このバスは少し足元が広く、前席に膝が当たらない。
17040534
おかげでゆったり眠って行くことができました。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

羽田空港から京急リムジンバスで大船駅へ

羽田空港から大船駅へ向かうのですが、今回はリムジンバスに乗ることに。

予め、大船駅までの乗車券を購入。
17031721

第2ターミナルの11番のりばへ。
17031722
発車10分前に行ったんですが、誰も並んでおらず。

8:51に大船駅・藤沢駅行きの京急バスが到着。
17031723
最近数が減ってきたエアロクイーンなので、ちょっとうれしかったり。

しかも、ドアが折り戸という。
17031724

国際線からの乗客はなく、第2ターミナル、第1ターミナルを経て8名の乗客で羽田空港を出発。
17031725
運賃1,250円なので、ちょうど10,000円の売上。

渋滞がちな首都高もスムーズで、横浜横須賀道路から一般道へ入り、9:53、大船駅に到着。
17031726
リムジンバスの利点を十分享受できた旅路でした。

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

羽田空港から京急リムジンバスで東京ビッグサイトへ直行

羽田空港から東京ビッグサイトへ行くため、空港バスに乗ります。

羽田空港と東京ビッグサイトへのバスは、オレンジ色のエアポートリムジンと京急バスがありますが、すぐに出発するバスで空席のあった京急バスをチョイス。

予め券売機で、9:30発のバスの乗車券を買います。
17021631
ちなみに、エアポートリムジンの方は、9:35発が満席になってました。

第2ターミナル14番のりばから。
17021632
前から10人目ぐらいに並びましたが、この時すでに空席が△に。

9:30発の乗車券を持たずに並んだ人は、係員から紙をもらってた。

9:25にバスがやって来て、窓際と一部通路側も埋まって発車。

第1ターミナルで満席になりました。
17021633

この日は陽気も良くてぽかぽかしてたせいもあり、すぐに寝てしまう。

首都高が混んでたせいもあり、定刻より6分遅れの10:09に到着。
17021634

帰路、羽田空港へはちょうどエアポートリムジンが来ていたので乗ったんですが、モバイルsuicaで乗れました。

| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

郡山駅から空港リムジンバスで福島空港へ

福島での仕事を終え、福島空港から空路大阪へ帰るために福島駅から郡山駅まで移動したあと(記事)、空港リムジンバスに乗る。

一応、福島県にある福島空港ですが、福島や郡山の市街地からそこそこ遠い。
17021412

郡山駅北口(エスパル口)のバスターミナルへ行くと、あのルイルイと蛭子さんコンビのローカル路線バスの旅で見たことのある案内所があった!
17021431

テレビで見たことのある中の人に「福島空港までの乗車券はここで買った方がいいんですかね?」と聞くと買っておいてくださいとのことなので、リムジンバス乗車券を購入。1,100円也。
17021432

福島空港行きのバスが出る4番のりばは、他の行先の高速バスも多く出ており、方面別で並ぶところが違っていたので先頭で並んでおく。
17021433
17021434

15:20 福島空港行きのバスが来る。
17021435
約30年前の初代エアロバスがまだまだ現役なのにちょっとビックリ!

一応、Wi-Fiも使えるみたい。
17021436

15:25 郡山駅を発車。

先頭に並んだものの、郡山駅からの乗客は私を入れて4人だけ。

途中、中央工業団地停留所から1人乗車。

国道49号から県道141号、県道63号と進みますが、交通量は少なく単調で眠くなってくる。
17021437

16:07 定刻より3分早く福島空港に到着。
17021438
17021439

福島空港で降りた乗客のうち、2人は空港ターミナルビルには入らずそのまま駐車場へ。

飛行機の利用者は3人だけだったのか?

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

大雄山最乗寺 道了尊へ行く ~その6~

大雄山最乗寺 道了尊へ行く その5からのつづき


天狗様のパワーを授かりありがた~い気分でほっこりしたはいいけれど、帰りのバスの時間が迫っていることに気が付き、慌てて境内を出る。

案内板には、瑠璃門からバス停まで10分って書いてあるんですが、瑠璃門を出て階段を下りる時には、バスの時間まであと7分しかない。
Dyzszjdrs100_2

仕事のあとに訪問したので革靴で仕事カバンを持って石畳の階段を駆け下りるのは、足をひねる危険と隣り合わせ(汗)
Dyzszjdrs101
ただ、途中どうしても立ち寄りたいところがあるので行ってみる。

それがこの『座禅石』
Dyzszjdrs102

大雄山を開山した了庵慧明禅師が、この石の上で座禅したらしい。
Dyzszjdrs103
そして、この座禅石に手をかざすと、霊感のある人は手が赤くなるんだとか。

私は霊感が全くないことを自負してますが、やっぱり手は白いまま(^_^;)Dyzszjdrs104
時間がないので十数秒しかかざしてませんけど。

この時点でバスの発車時刻まで3分を切っているので、さっきよりもさらに本気で石段を駆け下ります。

バス停から上がって来た時の様子がわかるように、ところどころ立ち止まり、振り返って写真を撮りながら。
Dyzszjdrs13_2

もうこの辺では、まるでトレイルランしてるみたいに階段を飛ばして走っていく。
Dyzszjdrs12_2
すると、遠くでバスがやって来るのが見えたので、さらにペースアップ。

もし、誰かが杉林の中を駆けてる私の姿を見たら、天狗と間違えるんじゃないかと思うくらい。


天狗のパワーってこういうことか?!(笑)


そんな天狗様のパワーのおかげで、なんとかバスに間に合った!
Dyzszjdrs105
道了尊へ行く時には滞在時間を10分でもかせげるんだったらと大雄山駅からタクシーで境内まで行きましたが、最後の最後、これが効果があった訳で。

道了様、ありがとうございます!

大雄山駅行きの伊豆箱根バス。
Dyzszjdrs106

乗客は私の他におじさん一人。
Dyzszjdrs107
バスの中では持参の扇子をあおいで、汗を落ち着かせる。

わしゃ天狗か!

と自分で自分にツッコんでしまうくらい。

道了尊から10分で大雄山駅に到着。
Dyzszjdrs108

道了尊の御利益があって事がうまく進んでも、自分自身は天狗にならないように気を付けないといけませんね。

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

山陽道昼特急広島8号で大阪へ ~その2~

山陽道昼特急広島8号で大阪へ その1からのつづき


山陽道昼特急広島8号で大阪へ帰ります。

広島駅新幹線口を出たバスは、最初の停留所、広島バスセンターへ。

広島バスセンターからは旧広島市民球場に隣接していて、球場はほとんど解体され空地になってますが、ライトスタンドの一部が保存されている。
16022569

広島バスセンターから4人乗せ、その後、山陽道広島インターへ向かう途中、不動院、中筋駅を過ぎ、山陽道へ。

走行中の振動で壁のパネルからキシキシ音がするなーっと思ったら、パネルを固定しているタッピングネジが取れかかっていたという。
16022570
このネジが外れて頭に当たってケガしたら、ちゃんと補償してくれるんかね?と思ったり。

山陽道を走ってるうちに日も暮れ、18:25に福山SAで最初の休憩。

休憩時間20分で発車時刻が18:45。

この時間にバスに乗っていなければ、置いていかれてしまう。

一応、バスの助手席側に出発時刻を出してくれてる。
16022574

福山SAはLEDの装飾がきれい。
16022572
16022573
福山SAはマクドナルドもあっておいしそうなものもたくさんありましたが、まだお腹も空いてなかったし、出発時間に遅れてもいけないので、トイレを出て早々にバスに戻る。

と言っても、車内で待ってるのもヒマだし、バスをぐるっと1周見て回ってみたところ、長距離を走る高速バスだけに経年劣化による腐食がちらほら。
16022575

特にリアナンバー下部の錆が激しい。
16022576

幸い、一人の乗客も置き去りにすることなく福山SAを出発。

20:25、2回目の休憩は白鳥PA。
16022577

出発は20:35。
16022578

1回目の休憩ではまだお腹は空いてなかったけれど、2回目にはちょっと小腹が空いてきた。

トイレから出ると 白鳥コロッケ とおいしそうな看板があったんですが・・・
16022579

店はもう閉店していて、営業してるのは自販機のみ。
16022580
山陽道昼特急広島8号では、食料調達は福山SAでしておくのがいいでしょう。

その後も順調に進み、中国道池田インターへ。
16022581

ダブルデッカーの2階席でETCゲートをくぐると迫力がある。
16022582

阪神高速も順調で・・・
16022583

大阪駅JR高速バスターミナルへ。
16022584

21:57、定刻より2分遅れで大阪駅に到着。
16022585
ま、2分遅れぐらいはほぼ定刻ですな。

5時間12分のバス旅でした。

国産ダブルデッカーの雄、エアロキングも今や絶版車となり、今後は数が減っていくだけなので、気力と体力があれば乗りたいですな。

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

山陽道昼特急広島8号で大阪へ ~その1~

広島からの帰りは、久しぶりに高速バスに乗ることに。

行きにたっぷり新幹線に乗ったので。

広島駅新幹線口16:45発、山陽道昼特急広島8号で大阪へ。
16022561
バスの乗車券はネットで予約してコンビニ決済。

今、広島駅新幹線口周辺は工事中でややこしくなっていて、さらにこの日この時消防訓練もやってて余計にややこしいという。

16:36、西日本JRバスのエアロキングがやってきた。
16022562

ダブルデッカーの背中の大きさがカッコいい。
16022563

改札のあと2階席へ。
リクライニングすると座面が沈むクレイドルシート。

16022564

シート間隔もまあまあ広め。
16022565
身長185cmの私でも狭さは感じないのですが、前席の人が倒してくるとやはりきつい。

ま、幸い今回前席の人は全く倒さなくて助かった。

2階席は天井が低く、一応網棚はあるけど高さがないので仕事カバンが置けない。

なのでカバンは足元に置かなければならず、その分足元が狭くなり、前席下のフットレストを使うには脱いだ靴を壁際に並べなければなりません。

昼行便はいいけれど、夜行便となるとやっぱりきついだろうな。

座席に置いてた お客様へのご案内
16022566
途中の休憩で人数確認しないので、発車時刻までに戻らないと置いて行きますよ!ということらしい。

裏側は英語と韓国語と中国語で書いてありますが、英語は日本語を要約した内容なんですが、中国語は『各座席にカーテンを設置していて乗務員がカーテンを開けないのでくつろげる環境を保証しますよ』と書かれてるだけで、発車時刻になったら戻ってなくても出発するのでちゃんと戻って来るように!という内容が書かれていない。
16022567
韓国語の内容はわかりません(^_^;)

16:45、2階席に10人ほどの乗客で、定刻に広島駅を出発。
16022568

山陽道に乗る前に、広島バスセンター、不動院、中筋駅に立ち寄って行きます。


その2へつづく

| | コメント (1)

2015年7月13日 (月)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その10

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その9からのつづき


いよいよこの旅のラストスパート。

Kバスの農協前バス停から国道1号線を歩き、木曽川を渡って海南病院までやって来ました。

海南病院バス停からは、13:31発、きんちゃんバス東部ルート右回りに乗る。
Busosng429_2
きんちゃんバスは弥富市のコミュニティバスで、「きんちゃん」は弥富市名産の金魚から取った公式キャラクターなんだとか。

きんちゃんバスは日曜祝日は運休なので、平日か土曜日にしか使えない。
Busosng430

やって来たのは三菱ふそう・ローザ、まさにマイクロバス。
Busosng431
幼稚園の送迎バスみたいな。

乗客は2人だけ。
Busosng432

運賃は均一200円にも関わらず、液晶画面の運賃表が使われている。
Busosng433
ま、次の停留所を表示するのに役立ってるわな。

マイクロバスは道幅の狭い道路でも入って行けますが、そこは乗用車とは違うので、違法駐車のクルマがあるとたちまち立ち往生。
Busosng434
運転士のテクでギリギリ通ったけど、迷惑なヤツだ。

途中で乗って来たおばあちゃんたちの会話がなかなか面白く、あるパチンコ屋の前で信号待ちしたときにつぶやいた一言に笑ってしまった。

このパチンコ屋、DEL(出る)ゆっとるけど全然出んでかんわ
Busosng435

14:06、善太橋西に到着。200円也。
Busosng436
狭い路肩に寄せられてバスを降りる。

22本目、海南病院から善太橋西までの道のり。
522r

きんちゃんバスを降りて道路を渡ると、飛鳥バスのバス停に。
Busosng437
飛鳥バスは愛知県の飛島(とびしま)村の公共交通バスなので、「あすかバス」と誤読しがちですが「とびしまバス」でよろー。

14:11発、近鉄蟹江駅前行き。
Busosng438

三重県に入るとだんだんバスが小さくなる傾向にあり、さっきはマイクロバスだったので次はハイエースになったらどうしようと思ってたら、中型バスのエルガミオが来た。
Busosng439
半分ホッとしつつ、半分残念だったり(笑)

中扉から後側には空席がないくらいだったので、前側に座る。
Busosng440

乗車時間3分、14:14 河合橋で下車。運賃200円也。
Busosng441
そこは対向が出来ないくらいの道幅しかない日光川の堤防の道。

しかも左にきっちり寄せて止めるもんだから、バスのステップから一歩足を踏み出すと、堤防の一番上のコンクリート。

ヘタすりゃ堤防に落ちそうになるわ。

23本目、善太橋西から河合橋までの道のり。
523r

堤防の道を少し戻り県道70号線を東へ歩くと、いよいよ名古屋市へ!
Busosng442

7分ほど歩くと、名古屋市バスの河合小橋バス停が見えてくる。
Busosng443

バス停が急に都会風に。
Busosng444

河合橋から河合小橋までの徒歩ルート。
523ar

河合小橋は終端のバス停ということもあり、バスが転回して駐車できるスペースがある。
Busosng445

そこに、次に乗ると思しきバスが待機中。
Busosng447
マイクロバスから中型バスときて、大型の市バスになり・・・

さらに、運賃が均一料金になると、都会へ来たと実感する。
Busosng446

14:28発 [東海12]六番町行き。
Busosng448
河合小橋からの乗客は私だけでしたが、次の停留所から続々と乗ってくる。

AT車というのも、さすがは市バスって感じ。
Busosng450

ただ、名古屋市バスといえども経営状況は苦しいようで車内には収支状況が掲示してあり、バスの利用を促している。
Busosng449
今乗ってる東海12系統は、100円の収入を得るために108円掛かっている赤字路線。

運行1回あたりあと3人乗れば黒字化するらしい。

14:56、4分遅れで東海橋に到着。運賃210円也。
Busosng451

24本目、河合小橋から東海橋までの道のり。
524r

東海橋からはいよいよ名古屋駅行きのバスに乗り換えますが、中川運河を北へ入ったところにのりばがあるのでそちらへ急ぐ。
Busosng452

東海橋バス停の7番のりばから、14:57発、[幹名駅2]名古屋駅行きに。
Busosng454

しかし、東海橋へのバスが少し遅れたせいで、7番のりばへ行くと名古屋駅行きのバスがまさに発車しようとしているところ。
Busosng453
慌ててバスに乗り込む。

最後の乗り継ぎに、まさか自分が走ってラストスパートをかけるとは思わなかったよ。

乗客は10人でしたが、名古屋駅に着く頃には立ち客も出るほどに。
Busosng455

15:26、遂にゴールの名古屋駅に到着!運賃210円也。
Busosng456

25本目、東海橋から名古屋駅までの道のり。
525r

大阪駅から名古屋駅まで、5日かけてローカル路線バスだけを乗り継いでやって来た。
0255e

この旅の道のりを振り返ってみると、1日目、大阪・梅田からJR奈良駅へ。
081e_2
1)梅田 9:45 -(近鉄バス[17] 稲田車庫前行)→中茶屋 10:20、210円
   ・中茶屋 10:20 -(徒歩)→鴻池新田駅 10:41
2)鴻池新田駅 10:55 -(近鉄バス[15] 小阪駅前行)→荒本駅前 11:15、250円
3)荒本駅前 11:16 -(近鉄バス[43] JR住道行)→JR住道 11:32、310円
4)住道駅前 12:10 -(近鉄バス[16] 生駒登山口行)→生駒登山口 12:31、450円
   ・生駒登山口 12:31 -(徒歩)→田原町九丁目 13:00
5)田原町九丁目 13:38 -(奈良交通[96] 生駒駅南口行)→生駒駅南口 14:00、270円
6)生駒駅北口 14:21 -(奈良交通[189] 学研北生駒駅行)→学研北生駒駅 14:45、390円
7)学研北生駒駅 14:50 -(奈良交通[128] 学園前駅行)→学園前駅 15:14、290円
8)学園前駅 15:50 -(奈良交通[160] 高畑町行)→JR奈良駅 16:15、470円
(バスの発時刻は定刻、着時刻は遅延も含む実際の着時刻。以下同じ)


2日目、JR奈良駅から上野市駅へ。
0102e_3
9)JR奈良駅 14:02 -(奈良交通[82] 天理駅行)→天理駅 14:42、530円
10)天理駅 15:18 -(三重交通[60] 上野市駅行)→上野市駅 16:29、1,780円

3日目、上野市駅から津駅前へ。
0123e_2
11)上野市駅 12:20 -(三重交通[12] 汁付行)→汁付 13:10、830円
   ・汁付 13:20 -(徒歩)→平木 14:40
12)平木 14:51 -(三重交通[91] イオン津行)→津駅前 15:40、830円

4日目、津駅前から桑名駅前へ。
0194e_2
13)津駅前 13:06 -(三重交通[52] 椋本行)→椋本 13:36、640円
14)椋本 14:10 -(三重交通[55] 亀山駅前行)→亀山駅前 14:30、380円
15)亀山駅前 14:50 -(三重交通[30] 平田町駅行)→イオンモール鈴鹿欅通り 15:30、570円
16)イオンモール鈴鹿欅通り 16:42 -(三重交通[53] 近鉄四日市行)→近鉄四日市 17:29、720円
17)近鉄四日市 17:40 -(三岐バス 山城駅前行)→山城駅前 18:24、540円
18)山城駅前 18:30 -(三岐バス 東員駅行)→東員駅 18:52、200円
   ・東員駅 18:52 -(徒歩)→穴太 19:15
19)穴太 19:16 -(三重交通[28] 桑名駅前行)→桑名駅前 19:45、460円

5日目、桑名駅前から名古屋駅へ。
0255e
20)桑名駅前 11:45 -(三重交通[53] 長島温泉行)→伊曽島 12:02、310円
21)伊曽島 12:14 -(Kバス長島ルート循環B南回り)→農協前 12:44、100円
   ・農協前 12:44 -(徒歩)→海南病院 13:27
22)海南病院 13:31 -(きんちゃんバス東部ルート右回り)→善太橋西 14:06、200円
23)善太橋西 14:11 -(飛鳥バス蟹江線 近鉄蟹江駅前行)→河合橋 14:14、200円
   ・河合橋 14:14 -(徒歩)→河合小橋 14:21
24)河合小橋 14:28 -(名古屋市バス[東海12] 六番町行)→東海橋 14:56、210円
25)東海橋 14:57 -(名古屋市バス[幹名駅2] 名古屋駅行)→名古屋駅 15:26、210円

延べ5日、正味の所要時間22時間37分、運賃11,350円也!

バス25本を乗り継いで、徒歩も含めて道のりおよそ300kmのローカル路線バスの旅でした。

最後に、建て替え工事中の大名古屋ビルヂングを見て、すぐさま新幹線で大阪へ戻るんですが・・・
Busosng457
新幹線だと所要時間約45分、およそ6,000円で帰れます。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 ~その9~

大阪駅→名古屋駅 ローカル路線バスの旅 その8からのつづき


大阪から桑名まで路線バスを乗り継いできました。
0194e
5日目はいよいよラストスパート、名古屋を目指します。

桑名駅前2番のりばから。
Busosng401

11:45発、[53]長島温泉行き。
Busosng402
長島スパーランドへ行く外国人が多かったんですが、運転士が英語で案内してたのはさすが!

20人ほどの乗客で座席はほぼいっぱいに。
Busosng403

バスは国道23号線に入り、長良川を渡ると・・・
Busosng404

12:02、3分遅れで伊曽島に到着。運賃310円也。
Busosng405

20本目、桑名駅前から伊曽島への道のり。
520r

伊曽島からは、12:14発の桑名市コミュニティバス、『Kバス』に乗り換え。
Busosng406

やって来たのは日野・ポンチョ。
Busosng407
かわいいデザインのポンチョは、全国のコミュニティバスで活躍中。

小さい車体ながらも2扉あり、扉間はノンステのフラットな床面。
Busosng408
座席数は限られるものの、定員は30人を超えるらしい。

乗客5人で伊曽島を発つ。

小さな車体を生かして田んぼの脇の小道のような狭路も走る。
Busosng409
長島スパーランドの近くまで南下すると・・・

揖斐川の堤防に沿うように北へ向かう。
Busosng410

住宅地の狭い交差点もなんのその。
Busosng411
なばなの里を抜け、国道1号線を渡ると・・・

12:44、農協前で下車。運賃100円也。
Busosng412

21本目、伊曽島から農協前までの道のり。
521r

次のバス停までは徒歩移動。
農協前からJAのガソリンスタンド前の交差点を渡り、東の路地へ入っていく。
Busosng413

途中の交差点には、緑のシマシマが付いた信号機が!
Busosng414
そーいえば最近ほとんど見かけなくなった緑のシマシマ、すんごい懐かしい雰囲気。

今の子どもに見せたら「何これ?」ってなるんだろうな。

国道1号線に合流し、さらに東進。
Busosng415

木曽川にかかる尾張大橋にさしかかると、三重交通のバス停があったんですが・・・
Busosng416

時刻表を見ると、平日22時台の1便のみ。
Busosng417
このバスは名古屋駅を21:30に出る桑名駅行きのバスですが、どんな人が利用するんでしょう。

名古屋で仕事の後ちょっと飲んで帰る沿線住民とか?

その隣には、さっき乗ったKバスの停留所もある。
Busosng418
なんや、ここまでKバスで来れるやん!

と思ったら、今回の旅路じゃ時間的にちょっと合わないな。

桑名駅を朝9時台に発てば、ここまでバスで来れそう。

で、尾張大橋を渡ります。
Busosng419
さすが、広大な川幅の木曽川だけに、長さ878mある。

昭和8年に掛けられたそうで、すでに82年経ってるという。

トラスの下は道幅の狭い車道部分で、その外側に後付けされた感の強い歩道がある。
Busosng420

木曽川を歩いて渡ると、なかなかのスケールのデカさに圧倒されそう。
Busosng421

ただ、この歩道の路面は目で見ても気づかないほど微妙にうねっていて、歩いていると足が「ガッ!」と凸ってる部分に引っかかり、つまづきそうになることもしばしば。
Busosng422
しかも、柵の下には空間があるので、間違えてケータイでも落としてしまったら、コロコロ~、ピュ~、ドボーン!っと川へ落下してしまうかも。

2/3ぐらい渡ったところで、『愛知県 境』 の看板が伸びている。 
Busosng423
この看板、『愛知県境』ではなく、『愛知県 境』とスペースがあるので、「あいちけん、さかい」と読むんでしょうか?

そこで反対側を見てみると、やはり『三重県 境』(みえけん、さかい)となっていた。
Busosng424
微妙に関西弁風でおもろかったり。

みえけんやさかい!

橋を渡ったところにある交差点に、愛知県弥富市の標識が掲げられている。
Busosng425
いよいよ愛知県へ突入!

『尾張大橋東』の交差点を越え、次の横断歩道を渡ってすぐ右手にある階段を下りる。
Busosng426

細い階段は地元の人しか通らなさそう。
Busosng427
遠くに見える海南病院の建物をめざし、そのままひたすらまっすぐ歩く。

ひたすらまっすぐ歩くと言っても、男塾名物直進行軍ではないので、障害物は適宜避けても可。

海南病院を通り過ぎたところの交差点を左へ曲がり、少し進むと・・・
Busosng428

13:27、歩くこと43分できんちゃんバスの海南病院バス停に到着。
Busosng429
次に乗るバスは、海南病院に近い方(スギ薬局側)ではなく、道を渡った向かい側のバス停から出るので注意。

農協前から国道1号線を通り、海南病院バス停までの徒歩ルート。
521ar
ここからさらにバスを乗り継ぎ、ラストスパート!


その10へつづく

| | コメント (0)

より以前の記事一覧