カテゴリー「出張@海外」の47件の記事

2017年12月 5日 (火)

台北松山空港から上海浦東空港へ

台湾での仕事を終え、台北松山空港から上海へ飛びます。

以前は台湾~中国本土間の旅客便はチャーター便しかなかったため外国人は乗れませんでしたが、定期便が就航してからは乗れるようになりました。

台北市内にある松山空港の第1ターミナルからはかつて、航空会社4社がドル箱路線の高雄への国内線を頻繁に飛ばしていて、私もよく5分後に出発する便に飛び乗りましたが、高鐵開業後は国内線が激減し、今では国際線ターミナルになってます。
17111527_2

国内線時代の第1ターミナルはかなり賑わっていましたが、国際線ターミナルになった今はかなり静かな雰囲気に。
17111531
こじんまりした空港なので、移動が楽なのがいい。

台湾は日本語の案内も多いけど、空港で『チエツクイン』の表記を見ると、文字の大きさで発音が変わる日本語の半音文字は、外国人には難しいのかも。
17111532

11:10、国際線に乗るにはいい塩梅の出発2時間半前に空港へ着き、チェックイン・・・
17111533
・・・しようとしたら、カウンター入口の係員に止められ、何時出発の便なのかを聞かれる。

13:40発のFM820と言うと、


チェックインは出発の1時間半前から


なんだとか。

松山空港は小さい空港なので、キャパの関係で乗客をさばくのが大変なのかも。

と言っても、この空港は発着便数も多くないので、繁忙期以外はそれほど混まないんじゃないかと。

ターミナルの2Fに飲食店が何件かありましたが、チェックインが始まるまで電源のあるテーブルに座ってメールを片付けておく。

1時間待って、ようやくチェックインが始まる。

上海航空FM820便 上海浦東行き。
17111542
上海航空は中国東方航空傘下の航空会社で日本ではあまり聞かないんですが、機内サービスがとても良くCAさんの気配りもいいのでお気に入り。

中国の3大航空会社や台湾の中華航空よりもいい。

チェックインしてすぐに保安検査へ。
17111534
台湾では、保安検査でモバイルバッテリーを出さなくてもいいみたい。

搭乗口前のロビーも天井が低く、なんだか伊丹空港のような雰囲気。
17111539

機材はB737-800。B-1512。
17111541

まだ搭乗時刻になってないので、ここで腹ごしらえをすることに(記事)。
17111540

13:10頃に搭乗が始まり13:40にドアクローズ。

離陸してベルト着用サインが消えると、なんと機内食が配られる。
17111543
ネットで予約した時には「機内食なし」になってたので出発前にお昼を食べたんですが、機内食があるんだったら食べなかったのに。

定番のパン&ライスの食事ですが、味を確かめる程度に軽く食べる。

定刻より少し早めに着陸し、広い空港をタキシングして15:20に沖止めの203番スポットへ。
17111544

タラップ車が付いてビジネスクラスの乗客が降りて行きますが、ふと階段の下の方を見ると・・・
17111547

ペットボトルが放置されてた!
17111548
空港で働く車でこれはアカンやろ。

ま、いくら経済発展していい格好しても、これが中国クオリティですわな。

タラップを下りてバス移動。
17111549

広い浦東空港、端っこのボーディングブリッジに付けられるんだったら、バスでイミグレに近いところに連れて行ってくれる方が楽といえば楽。
17111545
台湾も、香港、澳門と同じく国際線扱いなので、イミグレで入国手続きが必要です。

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

松山空港の売店で焢肉飯を食べる

松山空港で搭乗時間まで少し時間があったので、お昼を食べておくことに。

第1ターミナルの8番搭乗口前にある売店『homee』へ。
17111535

店頭の看板の丼が手軽で美味しそうだったので・・・
17111536

焢肉飯をチョイス。120NT$(約480円也)。
17111537

分厚い豚バラ肉のスライスがドンドン!と乗っかり、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、ウインナー、サラミ、ゆでたまごもトッピングされたなかなかボリューミーな丼。
17111538
具はまあまあイケるのですが、なぜかごはんとの相性が良くない味付けで、半分ぐらいごはんを残してしまいました・・・

が、ごはん残しておいてむしろ良かったということを、この時は知る由もなく。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

高鐵台北駅からMRTで松山機場へ

高雄から高鐵で台北駅に着いた後、MRTに乗り換えて松山空港へ向かいます。

高鐵を下車後ホームを南港方面に進み、『捷運板南線』を目指します。
17111511

高鐵の改札を出てからも、『板南線』の案内や・・・
17111512

『捷運台北車站』を目印に。
17111513

板南線台北車站に着いたら乗車券を買いますが、画面の下の方にある「日本語」のボタンを押せば日本語表示になるので安心。
17111514
台北駅から松山空港まで25NT$(約100円也)。

乗車券は紙の切符ではなくプラスチックのコイン。

南港展覧館方面のホームで待っていると、さすがは台湾のみなさん、ホームドアの片側に整然と並んで待っている。
17111515
どこかの大陸の赤い国とはレベルが違うわ!

台北車站から3駅目忠孝復興で下車。
17111516

ここで文湖線に乗り換え。
17111518

文湖線の案内に従って進むとホームがありますが、もし動物園方面行きホームなら向かい側の南港展示館方面行きホームへ渡ります。
17111519

エスカレーターを上がり跨線橋を渡っていると、南港展示館行きのMRTが近づいて来るのが見えたので、急いでホームへの階段を下る。
17111520

1月台(1番線)から乗車。
17111521

文湖線は新交通システムで、コンクリート軌道をタイヤで走行。
17111524

小さな車両なこともあり、結構混雑している。
17111522

2両1編成の車両を2編成連結した4両編成で運行。
17111523

松山空港が見えてきて地下へ入ると・・・
17111525

台北駅を発ち約20分で松山機場駅に到着。
17111526

松山機場駅から5分程度で第1ターミナルへ。
17111527
松山空港は古くてこじんまりとした空港で、かつては高雄への国内線が頻発していましたが、高鐵が開業してからは国内線は減便されたためかなり寂れた印象。

ただ、今では中国本土への国際線が多く飛んでるようです。

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

高雄から高鐵に乗って台北へ

台湾での仕事を終え、高雄からタクシーで左営駅へ行き、高鐵に乗って台北駅へ向かいます。

左営8:55発、112列車。
17111502

左営からの切符は、予め日本からインターネットで商務車を予約してクレジットカードで購入、行きの桃園駅の窓口で受け取ってました。
17111501
今回アサインされた3E席は・・・

非常口座席!
17111503
東海道新幹線が開業した頃の0系新幹線も車両の中ほどに非常口がありましたが、台湾高鐵でも緊急時は備え付けのハンマーで窓を割って脱出できるようになっている。

非常口の窓は、緊急時は割れやすくしなければなりませんが、通常時は割れないようフィルムが貼られているせいで見晴らしは少し悪くなるため、お詫びのメッセージが書いてある。
17111504

左営駅を発車すると、すぐに高鐵の車庫。
17111505

例によって、ドリンクサービスでコーヒーと、ねこレーヌのマドレーヌをいただく。
17111506

高鐵は市街地以外は山側を通っているので、車窓からの景色は日本とあまり変わらないような。
17111507

10:29 台北駅に到着。
17111508

台北駅でMRTに乗り換えます。

| | コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

高雄のミュージックパブへ行く『藍色狂想音楽派』

台中から高雄に到着後、日本人4人でちょっと一杯行こうということになり、ホテルの隣にあるミュージックパブ『藍色狂想音楽派』へ。
17111431
日本人ばかりのシチュエーションになると決まって私が通訳することになるので、あんまり日本人だけで行くのは好きじゃないんですがね。

この日はたまたま台湾のミュージシャン『卓義峰』のライブがあり「今日はチケットを買わないとダメ」と言われたんですが、ステージのない1Fの入口近くの席でライブが始まるまでならOKと言うので入れた次第。
17111432

軽くビールでも飲めればそれで良かったので台湾ビールを頼んだら、「3Lのサーバーにすれば?」と勧められオーダー。
17111434
結局、3Lサーバーをおかわりしたので、4人で6L飲んだ。

アテは、ピーナッツ、ポテト、エビフライ。
17111433

以前、この店に来た時には、やらたと中国語がうまい欧米人の店員がいて、国はどこかと聞いたらスペイン人だった。

スペイン人と日本人が中国語で会話するシチュエーションがなんか面白くて二人で笑ってたんですが、今回はそのスペインさんがいなくて残念。



藍色狂想音楽派
高雄市五福一路111號

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

雲林県斗六で有名な牛肉麺 『老謝牛肉麺』@台湾・雲林県斗六

台湾中部、雲林県は斗六で有名な牛肉麺のお店 『老謝牛肉麺』へ。
17111441
最近テレビでも取り上げられるくらい人気らしい。

今回注文したのが、紅燒牛肉麵。165NT$(約660円也)。
17111442
ざっくり言うと具が牛肉のラーメンですが、牛肉にもいわゆる赤身やモツなどいろんな種類があり、まず具の牛肉の種類を決めてから、麺を普通の麺にするか冬粉にするかを選ぶシステム。

今回は麺をチョイスしましたが、麺は切らずに延ばして作ったみたい。
17111443
一見辛そうなスープですが、辛さはほとんどありません。

正直、麺やスープにコク深さはなく特別美味しいという訳ではないけれど、これはこれでいい。



老謝牛肉麺
台湾雲林縣斗六市中山路424號

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

台湾の高速道路のサービスエリアで腹ごしらえ 『周氏蝦捲』@台湾・東山服務区

台湾は台中から福爾摩沙高速(国道3号線)で高雄へ戻る途中、東山服務区(サービスエリア)のフードコートで腹ごしらえをすることに。

5店舗ほどあるお店のうち、『周氏蝦捲』へ。
17111421

その名の通り蝦捲が人気のチェーン店ですが、今回は蝦捲ではなく定食メニューの中から・・・
17111422

排骨套餐にする。175NT$(約700円也)。
17111423
酥炸排骨(スペアリブのサクサク揚げ)
燙青葉(温かい青野菜)
魚鬆肉燥飯(魚のふりかけと肉煮込みをぶっかけたごはん)
紅茶
のセットメニュー。

このごはん、台湾の家庭ではごく一般的に食べられてるんだとか。

まあ特別ウマいって訳じゃないけどマズくもなく、至って普通の味わいでした。(悪い意味は微塵もありませんので念のため)。

| | コメント (0)

2017年11月28日 (火)

台湾の高速道路はとても合理的

台湾南部の高雄から、高速道路を北上して台中の仕事先まで移動します。

高雄からの足はVOLVO XC60。
Gosudolutw01

高雄から高速道路を4時間ほど走る。
17111401

台湾の高速道路は有料ですが、料金所がほぼ撤廃されました(まだ1か所だけ残っています)。

じゃあ料金はどうやって徴収するかというと、高速道路のインターチェンジ間の本線上にETCのアンテナがあり、フロントガラスに貼られたICチップで通過車の情報を読み取る。
17111402
読み取った情報を基に、後日銀行口座から引き落とされるそうです。

なので、原則高速を走る車はETC必須で、もしICチップなしに走ってもナンバープレートから請求されるんだとか。

これだと、利用者は普通に本線を走行するだけでよく、料金所渋滞は発生しない。

いくらETCで止まらなくてもいいとはいえ、やはり料金所のブースを通過する時にはスピードを落とさなくてはならず、通過車がETCレーンに集中することで渋滞も起こり得る。

車側にカードを挿す必要もなく、ETC車載器もいらないので、とても合理的な仕組みだと感心した。

おまけに、20kmまでの区間は無料なんだとか。

日本ではありえんな。

市街地を走っていると、本線上の路肩でヒッチハイクしている男女がいた。
17111403
台湾でもヒッチハイクの旅をするんだと思いながら、そこが高速の入口ではなく本線上ということに驚く。

高雄から1時間半ほど走ったところにある東山服務区(サービスエリア)で休憩。
17111404
このサービスエリアは、中央にサービスエリアの施設を囲うように車線と駐車スペースがあり、これもなんだか合理的。

日本以外ではあまり見ない自動販売機も設置されている。
17111405

よく見るとカルピスウォーターも!
17111406
カルピスを中国語で書くと『可丽必思』と、「カルピス」の発音に似た漢字を当てています。

仕事を終え再び高雄へ戻る道中、太陽にほえろみたいな夕日を眺める。
17111409

夜になって初めてわかったのが、車線を区切る白線の手前側に反射材があり、クルマのライトで照らされると反射するので、照明のない真っ暗な道路でも車線が非常にわかりやすい。
17111407
白線が光るよりも格段に判別しやすく、雨が降って路面全体が光っても反射材の光は強いのでよく見える。

しかも、反射材を踏むとゴツゴツと音がするので、線に凹凸をつけて踏んだら「ブーーン」と鳴るのと同じ効果も期待できたり。

動画で見るとわかりやすいかも。

これもとても合理的で、すごいなぁと感心した。

高雄に戻り給油。
17111408
ディーゼルでもレギュラーとハイグレードがあるらしい。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

台中から高鐵に乗って左営へ

桃園空港から台湾南部の高雄への道中、追分駅、彰化駅、成功駅のデルタ線へ寄り道し、再び高鐵台中駅から左営へ向かいます。
171113131

ちょうど20分後に発車する列車の商務車(日本のグリーン車)が取れた。
171113132

16:48発、657列車。
171113134

桃園から台中へは普通車の3列シートの真ん中でしたが、今回は商務車の窓側を取る。
171113135

商務車に乗ると、おしぼりの他にドリンクとお茶菓子がもらえるのですが、マドレーヌが日本語で「ねこレーヌ」と書かれてるのにはワロた。
171113136

そうこうしてるうちに日が沈む時間になると、画像エフェクトしたかのような夕陽も。
171113137

17:45 左営に到着。
171113139

誰もいなくなった商務車車内。
171113138

左営駅から、タクシーで30分ほどで高雄です。

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

新烏日駅の鉄道ショップ『台灣鐵道故事館』&段ボールのレストラン『紙箱王』

台鐵新烏日駅で高鐵に乗り換えるためにコンコースを歩いていると、何やら興味をそそられるお店が!

それが『台灣鐵道故事館』
171113117
いわば台湾鉄道のショップ。

台湾に鉄道グッツを扱う店があることすら知らなかったので入ってみると、なかなか面白い。

特に、昔の切符を分けて入れる箱に・・・
171113118

使用済みの硬券がたくさん入っていて・・・
171113119

入鋏済の硬券は10NT$、未入鋏の硬券は20NT$で販売されているのが素敵。
171113120
この見本の未入鋏の硬券、鋏が入ってるけど・・・

ただ、分類されて入ってる訳ではないので、自分が欲しい区間の切符を探すのは、もはや宝探しレベル。

なので、ここで硬券を買うのはやめた。

その代わり、ノベルティ的な切符がセットになったものがあったので、これを買う。
171113121
左は台鐵の車両が印刷された記念乗車票。
右は台鐵の縁起のいい駅の記念乗車票。

どちらも実際には使えません。

台紙の裏側はこんな感じ。
171113124

台鐵車両コレクションバージョンは、150NT$(約450円)。
171113123

縁起のいい駅バージョンは、100NT$(約400円)。
171113122
永康~保安は、ずっと健康を保つように。
十分~幸福は、たくさん幸福があるように。
追分~成功は、人生の分かれ道で成功に向かうように。
幸福~平安は、幸福が続きますように。

という縁起を担いだ切符。

ただ、このうち幸福駅は実在しないという。

なんじゃ、実在しない駅を勝手に作ったんか!

と思ったら、なんとこの実在しない駅を台鐵がオフィシャルに認めていて、平渓線の終着駅菁桐駅の先に存在していることにしている。

そして、幸福駅グッツを売りまくってるらしい。

なんという商魂!

そしてもうひとつ、『紙箱王』
171113111
この店はレストランなんですが、店の外装だけでなく、店内のテーブルやイスもダンボールでできているという。

店先にはダンボール製のトトロが!
171113112
トトロの隣の女の子はたぶんサツキか?

メイはおんぶされてない様子。

他にも、ダンボールでできた機関車も!
171113113

クオリティ高すぎる蒸気機関車に、見入ってしまう。
171113114

ダンボール製の木馬も。
171113115
紙なのに木馬とはこれ如何に。

正しくは”紙馬”と言った方がいいのかも。

ダンボールを重ねて作ってあり、じゅうぶん人が乗れる強度。
171113116
今回は店に入らなかったけれど、一度行ってみたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧