カテゴリー「グルメ@九州」の12件の記事

2017年1月18日 (水)

やめられないとまらない!ひと口サイズの明太マヨかまぼこ『博多おりょりょ』

福岡空港の売店で売ってたこれ。

博多おりょりょ 18個入り1,080円也(8%税込)
Hktorr01

個包装されたひと口サイズのかまぼこ。
Hktorr02

明太子が練り込まれたかまぼこですが、さらに・・・
Hktorr03

中に明太マヨが入っていて、美味しーい!( ゚∀゚)
Hktorr04
試食で1個食べたら即買い(笑)

1個食べたら止まらなくなるくらい、パクパクいけます。

次、福岡へ行った時に買うお土産に追加されました。



メーカーのサイト
http://www.nakamuraya5588.com/

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

夕方6時から開いてる鉄板焼きの屋台 『お圭ちゃん』@福岡・天神

博多へ来たからには、いくら日帰りとはいえ屋台へ行かなくてはなりません!

ただ、屋台はたいてい夕方6時ぐらいからちらほら開店しはじめ、午後7時以降にならないと、どの店もオープンしてる状態にはなりませんが、帰りの飛行機の時間もあるのであまりゆっくりできません。

夕方6時前に天神駅から昭和通りを歩いていると、やはりまだ準備中の店が多かったけれど、そんな中、営業中だった『お圭ちゃん』へ入ることに。
Fkok161161

ここは鉄板焼きをメインに、おでんもある屋台。
Fkok161162
やきとりから始まりいろいろとオーダーしますが、いっぺんに注文しても順番に作るので焦りは禁物。

どの料理も美味しかったのですが、特に気に入った3品といえば・・・

明太子玉子焼。650円也(8%税込)
Fkok161163
大将の華麗なコテさばきで作る様子は、一見の価値あり!

しっかり明太子が玉子で包まれ、激ウマ!
Fkok161164

次に、焼ラーメン。650円也(8%税込)
Fkok161166
ラーメンスープの風味が効いた焼ラーメンは、個人的に一番好き。

麺かためでオーダーできます。

で、なんやかんや言ってもやっぱり外せない博多豚骨ラーメン。540円也(8%税込)
Fkok161167
本場博多のとんこつラーメンだけに、かなりのとんこつの香り。

でも、食べてみるとそれほどこってりしておらず、ウマーい!

屋台では知らない人同士でも仲良くなれるのもいいですね。



お圭ちゃん
福岡市中央区天神1-12
福岡中央区郵便局向かい
営業時間: 18:00頃~翌2:00(日曜定休)
TEL: 090-3194-7578

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

博多名物のごぼう天うどん 『博多ごろうどん』@福岡・天神

太宰府天満宮へ行く途中、天神で地下鉄から西鉄へ乗り換える間に、軽くお昼を食べておくことに。

天神駅に隣接したビームス福岡の裏手、新天町商店街にある『博多ごろうどん』へ。
Goroudon1601

博多へ来たらやっぱりごぼう天うどん 500円也(8%税込)
Goroudon1602

だしが浸みたシャキシャキの食感のごぼうが美味しい。
Goroudon1603

博多のうどんは太くて柔らかい。
Goroudon1604
コシが命の讃岐うどんとは真逆ですが、やさしい味わいでこれはこれで美味しいですね。



博多ごろうどん
福岡市中央区天神2-8-127
営業時間: 10:00~18:00(日は19:00まで)(定休なし)
TEL: 092-726-2121

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

沖縄のB級グルメ アントシモの『Bパン&Cパン』@阪神百貨店

昨日に続き、阪神百貨店梅田本店で開催中の沖縄物産展。
Oknwbst1601

お目当てのマウンテン・マンゴープリンを買うために並んでると(記事)、隣の『あげぱん工房アントシモ』で美味しそうなカレーパンが売ってたので、買ってみることに。
Oknwbst1617

アントシモの前で並んでいると、お店の方がやってきて・・・

調理が間に合わず只今販売を一時中止しています。揚げたてを用意するので出来上がるまで待っていただけませんか?

と言われる(;゜0゜)

どうやら買い求める人が多すぎて、パンの発酵が間に合わなくなってしまったとか。

様子を伺っていると、今揚げてる分で私の分は回ってきそうだったので、待つことに。
Oknwbst1616

5分ほど待ったら、出来上がった分だけ販売再開。

BパンCパンを1個ずつ買いました。各251円也(8%税込)。Oknwbst1611

まずはBパン。
Oknwbst1612

Bパンは、紅いもあんことお餅が入ったあんドーナツみたいな。
Oknwbst1613
香ばしい紅いもの風味とサクサクのパン生地が相まってウマい!

ただ、揚げたてホヤホヤのあんことお餅は注意して食べないと、やけど必至(笑)

次にCパン。
Oknwbst1614

ラフテーが入ったお肉たっぷりのカレーパン。
Oknwbst1615
揚げたてアツアツの状態で食べたら、急にパンが萎んでしまう(笑)

お肉のうまみがしっかり味わえて、これも美味しい。

こちらもお店のサイトでお取り寄せができるみたいなので、今度試してみよう。



あげパン工房アントシモ
http://antoshimo.jp/

| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

キンキンに冷やして食べる唐揚げ『努努鶏』@福岡

最近話題になっている福岡名物の唐揚げ 『努努鶏(ゆめゆめどり)』
Ymymdr01
手羽中・骨付 箱詰(大)375g。 1箱1,575円也。

通販サイトでは1~2ヶ月待ちらしく、実際に買ってから1ヶ月ちょっと掛かりましたが、ようやく届いた。

この唐揚げの特徴は、なんといってもキンキンに冷やして食べるってとこ。

中の注意書きにも、

決して温めないでください

と書いてあるくらい。
Ymymdr02

一見、名古屋の手羽先みたいなですが、手羽中の唐揚げにゴマの入った甘辛いタレがかかってる。
Ymymdr03

でも、冷たい!

冷やして食べる手羽ってどうなん?

と思いきや、一口食べたら「あっ、なるほどね!」と、単に奇をてらったものではないということがわかる。

手羽を持ってる自分の手は若干冷たいですが、食べてみるとアイスクリームのような冷たさは感じないし、骨と身の離れがよくて食べやすい。


甘辛いタレがピリっと効いていて、冷たいおかげか温かい唐揚げより油っぽくなく、思わず何個もイケてしまう。

ビールのアテにもってこいやわ!(^^)


通販では1ヶ月以上待たないといけませんが、店頭での販売もやってるので、早く食べたい時はお店へ買いに行こう。



努努鶏のサイト
http://www.e-yumeyume.co.jp/

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

門司港名物 焼きカレーを食べる 『門司港茶寮』@福岡・門司港

JR門司港駅から徒歩3分ほどのところにある門司港レトロ海峡プラザ。

観光客相手に地元グルメや土産物などを売るショッピングセンターみたいなもんですが、街を歩き回るのがしんどい時に手近に雰囲気を感じるにはいい場所。

ここで、門司港名物の焼きカレーを食べようということになり、入ったのがこのお店 『門司港茶寮』
Mjkcryc01
特に何か目当てがあった訳ではなく、たまたま目の前にあったので。

まずはこれ、ミニ焼きカレーセット 960円也。
Mjkcryc02
カレーの他に、スープ、サラダとヨーグルト付き。

カレーの上にゆで卵とチーズがトッピング。
Mjkcryc03
ほんのり甘さもあるくらい、かなりマイルドな味わいのカレー。

ごはんとカレーとのバランスも良く、ミニカレーとはいうものの、普通の1人前ぐらいありそうなボリューム。

嫁さんはミニカレーでちょうど良かったらしい。

私はこれ、大人の黒焼きカレー 1,020円也。
Mjkcryc04

名前の通り、黒いカレー。
ゆで卵とチーズのトッピングは普通の焼きカレーと同じ。
Mjkcryc05
口に入れた直後はそれほど辛さはないんですが、後からピリピリしてくる辛さ。

カレーを食べた感はこちらの方が得られるので、むしろ大人は黒焼きカレーの方が口に合うかも。

ライスの量もレギュラーサイズなので、結構お腹いっぱいになる。

門司港焼きカレーは初めて食べましたが、これは十分アリな逸品でした。



門司港茶寮
北九州市門司区港町5-1
門司港レトロ海峡プラザ東館1F
営業時間: 11:00~22:00(定休なし)
TEL: 093-332-7122

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

甘さほんのりふわふわのパン パン・ナガタの『牛乳パン』@福岡・清川

福岡での朝、ホテルからちょっと散歩していて見つけたパン屋さん、『パン・ナガタ』
Pnngtfk01
クルマで買いに来る人も多く、店内で待っている人も見えたので、パンの香りにもつられてちょっとのぞいてみることに。

店先のPOPを見ると、イチオシは牛乳パン。
Pnngtfk02

店に入るとパンの香りに包まれ、この時点で

何かいいパンはないかな?

と、買うモードになっている(^_^;

そうすると、やはりイチオシの牛乳パンを買わなアカン!
110円也。
Pnngtfk03

ふわっふわの生地の牛乳パンはひと口食べるとほんのり甘く、やさしい味わい。
Pnngtfk04

ちょうど、ホテルの朝食が和食しかなかったこともあり、お腹は一杯だったけれど食べられたよ。

これを食べればお店のポテンシャルを感じることができるようなパンでした。



パン・ナガタ 清川店
福岡市中央区清川2-6-18
営業時間: 8:00~19:00(火曜定休)
TEL: 092-534-3820

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

肉汁たっぷりのビッグな豚まん 『揚子江』@福岡・太宰府

筑紫庵でからあげを買って(記事)隣の太宰府館の無料休憩コーナーで食べていると、向かいにこれまたおいしそうな豚まんのお店が目に入る。

それがここ、『揚子江』
Yskbtmn01

あ、このお店テレビで見たことあるわ!


と思ったら、店頭・店内に有名人の写真やサインがずらり。

もちろん石ちゃんの「まいう~」な写真も!

これは買わずに帰ることなかれ、1つ買ってみることに。

揚子江の豚まん 240円也。
Yskbtmn02
出てきた豚まんをみてビックリ!

デカッ!

豚まんの食べ方指南まで添付。
Yskbtmn03
【お召し上がり方】
1: 豚まんの木の皮が付いている方を上にする。
2: 皮をゆっくりと剥ぎ、お好みにより酢醤油をかける
3: 丸い方を下にした状態〔さかさまの状態〕のまま召し上がれ


しかも

二つに割ると肉汁が流れ出ることがある 要注意!


なんて書いてあるし、期待度あがるやんか!

つい、いつものクセで寄せて撮ってしまったので大きさがわかりにくいけど、直径10cm以上、1パック1個しか入らない程の豚まん。
Yskbtmn04

指南の通り、まず木の皮の方を上にして・・・
Yskbtmn05

木の皮をゆっくりと剥ぎ・・・


アッ!


木の皮にくっついて、破れてしもた!(>_<)
Yskbtmn06
添付の酢醤油はあえてかけず、素の味を楽しむ。

中はたまねぎがたくさん入ったあんがぎっしり。
Yskbtmn07

肉汁プシャー!

とはならなかったけど、皮に肉汁が染みてうんまい。

かなりお腹も満たされたあとだったので、これ1コを3人で分けてちょうどよかった。



揚子江 太宰府店
福岡県太宰府市宰府3-1-18
営業時間: 9:00~19:00(不定休)

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

太宰府で有名なからあげ店 『筑紫庵』@福岡・太宰府

太宰府天満宮からいろんなお店をブラブラしてると、これまた美味しそうなからあげの店があった!

それがここ。『筑紫庵』
Cksankg01

名物 太宰府バーガー!
と書かれたPOPが目に入ったんですが、さすがにお茶漬けを食べた(記事)直後だったので、さすがにバーガーは無理。

でも、お店の方が

バーガーの中身はこのからあげですよ!


と勧めてくる。
Cksankg02

からあげだったら、みんなでつまんだらまだイケるか?!

ということで、注文!

まずはシンプルに、岩塩のからあげ。Mサイズ500円也。
Cksankg03
ほくほくに揚がったからあげは衣もサクっとして、お腹いっぱいでも美味しい。

さらに調子に乗って、梅南蛮のからあげ。同じく500円也。
Cksankg04
この自家製タルタルソースがうウマい!

梅肉を少し付けてサッパリさせれば、まだまだイケる。

結局、岩塩のからあげも、器にこぼれたこのタルタルソースを付けて食べたり。

ここも、太宰府へ来たら寄っておきたいお店ですな。



筑紫庵 本店
福岡県太宰府市宰府3-2-2
営業時間: 10:00~20:00(不定休)
TEL: 092-921-8781

| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

明太子の元祖 『ふくや』の明太子茶漬け@福岡・太宰府

太宰府天満宮の門前に、明太子を考案したという 『ふくや』 があり、立ち寄ってみた。
Fkymntik01
店内には炊飯器が置いてあって、そのごはんをよそって明太子を自由に試食できるようになっている。

普通の明太子だけでなく、チューブ入りの明太子スプレッドみたいなのもあり、こちらの試食用のパンもあるという気の利かせよう。

大阪のオバハンなら、一食済ませてしまえるぐらい。

試しに明太子を食べてみたら、これまたすんげーウマい!

こりゃええわ!
と思ってたら、なんと店内で明太子茶漬けを食べられるようだったので、ここでお昼にすることに。
Fkymntik02

明太子茶漬け 840円也。
Fkymntik03
明太子はもちろん、紅たかな、いか明醤、本生わさび、のり、茶あられが付いてくる。

ごはんは大分のひとめぼれ、ほんのり風味のあるふくや特製だしをかけて食べる。

ごはんとだしはおかわり自由ですが、当然、ごはんは1杯で終わるはずもなく、具とごはんと腹具合のバランスを絶妙に取りながら食べすすめる。

明太子に熱いだしをかけると味が変わるので、明太子を先に乗せてだしをかけるか、だしをかけたところに明太子を乗せてサッと食べるかで味の変化を楽しめたり。

明太子はもちろんのこと、特に紅たかなが絶品。

店にあった紅たかなを全部買って帰りました。

まさかこんなところで大人買いをするとは思わんかったよ(^_^;)



ふくや 太宰府店
福岡県太宰府市宰府3-2-47 
営業時間: 9:00~17:30 (定休なし)
TEL: 092-929-2981

| | コメント (0)