カテゴリー「ラーメン@九州」の4件の記事

2013年11月 5日 (火)

あっさりめの博多ラーメン 『俵ちゃん』@福岡・中洲

博多へ行ったら、やっぱりラーメンを食べとかなあきません。

とは言っても、中洲の屋台街は内外問わず観光客でいっぱい。

7人グループだったこともあり、あまりごちゃごちゃしたところでは食べられない。

そこで、メインな場所をちょこっと外れて昭和通りを歩いていると、良さげな屋台を発見!

それがここ、『俵ちゃん』
Hktrmtcn01
常連のおじさんと出張中のお兄さんしかいなかったので、詰めれば全員座れる。

ラーメン 500円也。
Hktrmtcn02
博多ラーメンにしては比較的あっさりめで食べやすい。

ドロドロさも豚骨のにおいも骨粉の沈殿も少なめ。

屋台のお母さんとの話も面白く、ついつい酒のアテも進んでしまう。

さすがにハシゴは出来なかったけど、楽しい博多の夜を楽しめました。



俵ちゃん
福岡市博多区中洲5-4-20
豊和銀行福岡支店前

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

これぞ骨粉たっぷり九州ラーメン 『でったんラーメン』@北九州・戸畑

戸畑駅前にあるSATYに立ち寄り飲食店街を歩いていると、うまそうなラーメン屋がありました。

『でったんラーメン』 戸畑サティ店。
06102609
「4回ダシを入れ替え丹念に作ったスープが自慢」
の貼り紙にそそられる。

店に入ると席はほとんど埋まってます。
並ぶのは嫌だけど、ほどよい混み具合だと期待しちゃいます。

そこへ運ばれてきたのが、でったんラーメン。
06102610
おお!これだよ、こってりまったり。
細麺にとんこつ臭のこってりスープ、これぞ九州ラーメンだ!

ありがたくスープまで全部いただくと、やはりありました。
骨粉の沈殿。
06102611
やはりこの沈殿がないといけません。
ようやくうまい九州ラーメンにありつけました。


でったんラーメン 戸畑サティ店
福岡県北九州市戸畑区汐井町2-2 戸畑サティ1F
TEL:093-871-2322

| | コメント (0)

九州とんこつラーメン発祥の店 『南京千両』@福岡・久留米

福岡県は久留米に来たので、久留米ラーメンを食べようと街をブラブラ。

九州ラーメンといえば福岡の長浜ラーメンが有名ですが、久留米ラーメンは長浜ラーメンよりもさらに濃厚らしい。

地元の取引先の方に久留米のおいしいラーメン屋を教えてもらったんですが、歩いて行くにはちょっと遠い。
仕方がないのでそこらをプラプラ歩いてたら、屋台のラーメン屋がありました。
「とんこつラーメン発祥の店」と書かれてるのれんにちょっと期待。
06102606

中に入ると客はおらず本当に大丈夫かな、と不安になりましたが、他へ行くのも面倒なので席につきます。

で、これが「元祖」とんこつラーメン。
06102607
どんぶりの下に皿が敷かれてますがこってり・ギトギトしている訳ではなく、むしろあっさり・シャバシャバなスープ。
麺も九州ラーメン定番の細麺ではなくちぢれ麺。

「あれ?」
と、予想とは違う味に戸惑いながらも一応全部平らげました。

私は、ラーメンはスープも全部いただいて、どんぶりの底の絵柄を出すのが"礼儀"だと思うので、スープを飲み干します。

長浜ラーメンはどんぶりの底に骨粉の沈殿が残るので、この沈殿こそが九州ラーメンの基本かと思っていたら、ここのラーメンに沈殿はありません。
06102608

ん~・・・
こってりな九州ラーメンを想像してただけに、ちょっと残念だったかな。

今どきの九州ラーメンとはかなり違ってます。
これが本来の九州ラーメンなんでしょうかね?



南京千両
福岡県久留米市東町の明治通り 熊本ファミリー銀行前
営業時間:19:00~翌4:00 (日曜定休、雨天休み)
TEL:0942-37-7279

| | コメント (0)

2006年7月26日 (水)

福岡に来たら、やっぱり中洲の屋台でラーメンだよね

全国的に長梅雨による大雨の影響が出ているようですが、ここ九州も雨ばかり。
太陽が出てると思ったら、急にバケツをひっくり返したような雨が降る。

夕方になってようやく傘を持たずに出歩けるようになりました。

雨も止んだことだし、中洲に繰り出してみました。
一杯引っ掛けたあと、川のほとりに並んでいる屋台でラーメンを食べることに。

しかし、どの屋台も満員。
なんとか1席だけ空いていた店に入ります。

2493

これが本場、長浜ラーメン。
Nagahama

日本中に長浜ラーメンはありますが、本場のラーメンはスープが全然違います。

「こってりだけどあっさり」
なんて中途半端なスープではなく、コッテリそのもの。
ドロドロさが違う。
なんか”漢”を感じます。

中洲の屋台は観光名所になっていて、観光客とおぼしき人たちで賑わっていました。
日本語以外の言葉も、あちこちから聞こえてきます。

不思議なもので屋台に座ると、どんぶりを並べている見ず知らずの客同士で会話が生まれます。
そして、ラーメンを食べ終わるとまた見ず知らずの人。

ラーメンも人情もおいしくいただき、大満足でした。

| | コメント (0)