カテゴリー「出張@海外(中国)」の216件の記事

2017年7月 1日 (土)

中国で見たいろんなもの

今回の中国出張で、街で見たいろんなものをご紹介。

これは珠海市内の薬局。
Zhgmb170601
日本では、今でこそ大きな店舗のドラッグストアーがメインになってしまいましたが、昭和の頃は小さな薬局の前に数十円で上下に動く子どもの乗り物がありました。

ここ中国でも、同じようなものがあったんですが・・・


やっぱり中国だけに・・・



Zhgmb170602
ニセモノ感満点!

顔を殴られて目の周りに青タンができたようなキティーちゃんと、衣装チェンジしたようなミニオン。

変なドラえもんとかミッキーマウスもいる国だけに、さすがは安定のパチモン国。


で、これはよくあるアパート。
Zhgmb170603
どろぼう除けに窓には鉄格子付き。

中国では中レベルの集合住宅だそうですが、入口の荒れっぷりがアジアらしい。
Zhgmb170604
暗くて中がよく見えなかったんですが、実は中におっさんが立っていて、写真を撮ったらツカツカと寄ってきたのでそそくさと逃げる。


広州のホテルから見えた川に架かる橋ですが・・・
Zhgmb170605

橋脚ほっそ!
Zhgmb170606
思わずダレノガレか! ってツッコんだわ。

そのホテルの部屋のエアコンの操作盤、ホテルの人が気を利かせすぎたのか、冷蔵庫かと思うくらい冷房効かせすぎ!
Zhgmb170609
にしても、10℃で設定できるのがすごい。


中国でもアクセラが走ってましたが、てっきり海外では mazda3かと思ったら・・・
Zhgmb170607

AXELAのエンブレムが付いてた。
Zhgmb170608
つい、目が行ってしまうもんで(^_^;)

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

グローバルWiFiのVPNルーターは中国でかなりいい感じに使える

今回の中国出張では、iPhoneに中国・香港用のSIMカードを使いましたが(記事)、もし中国政府のネット規制に引っかかってしまった時のために、別途、グローバルWiFiのVPN対応ルーターをレンタルしてました。

このWi-Fiルーターも、中国に入ってから電源を入れるようにと注意されていたので、中国のホテルで初めて取り出してみると・・・

デカい!(;゜0゜)

iPhone6sと並べてみる。
Gwi170601
Wi-Fiルータなのに大きな液晶画面があり、さらに通話口のような穴があるので、もしかしてスマホ的なやつ?

でも、もんのすごく分厚い!!
Gwi170602

大きさはトランプの箱より少し大きいぐらい。
Gwi170603
もちろん、重たい。

これを見た上海人W氏は、テレビか!とツッコんでました(笑)

肝心のVPNですが、アカウントとパスワードを設定すると無事接続できました。
(実はパソコン、iPhoneとも1回目は接続できなかったんですが、もう一度設定すると接続できたという)

スピードも安定性も特に問題なく、ネット規制もなんのその、Gmailにも海外製SNSにもつながるし、ヤフーメールに入ってもアラートメールは送られてきません。

これ、かなーり使えるルーターですが、そのうち共産党政府が使えなくしてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

中国・香港用のSIMで4G高速通信&ネット規制を受けずにLINEも使える

今回の中国出張では、中国・香港用のSIMカードを使ってみることに。
Hksim1701
4G高速通信を7日間で2GB分利用できるSIMを、予め日本でアマゾンから買っておいた。

香港ではネット規制はないけれど、中国本国へ行くと政府が人民の言論を抑圧するためのネット規制があり、外国製SNSが一切使えません。

実はこのSIM、香港と中国で使えるだけでなく、中国政府のネット規制を受けないでネット接続ができるらしい。


iPhoneで現地のSIMに付け替えようとする時に、絶対に忘れてはならないものがあります。

それは・・・


SIMカードホルダーを外すためのピン!


これを忘れると、SIMホルダーを外すことはできません。

で、この私・・・


忘れました(ToT)


ピンを忘れたことに気付いたのは関空のキャセイラウンジにいてる時だったんですが、ラウンジの受付でゼムクリップを1ついただき、これを伸ばしてホルダーを外すことができた次第。
Hksim1703

アクティベートは必ず現地でするようにと注意書きがあったので、香港空港でSIMを交換。
Hksim1702

パッケージに書いてあるAPN設定をすると、問題なく接続完了。
Hksim1704
SIMを替えると、UNICOM HK の表示に変わる。

香港から高速船で中国・珠海へ渡りますが、香港空港を出発してすぐは、まだUNICOM HKのままで、Googleマップが使えてます。
17061162

海へ出てもまだ香港の電波を拾ったまま。
17061166

珠海に着くと、中国联通に変わる。
17061169

中国本国の電波に切り替わりましたが、一応、Googleマップが使えてる。
Hksim1705

Google以外にも、LINEも使えてLINE通話もできるし、外国製SNSにも問題なく接続できてます。

今回の出張で訪問した珠海、広東、済南、泰安、上海どこでも規制を外して接続できて、特に速度が遅いこともなく、日本にいるのと同じように使えました。

ただ、そのうちこういう抜け道は共産党政府によって封鎖されてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

関空から特急はるかで新大阪へ

上海から関空に着いた後、関空からはJR特急はるかで新大阪へ。

iPhoneのSIMカードはまだ香港SIMから差し替えてなかったので、Wi-Fiでe5489へつないで、チケットレス特急券を買う。
170615jr01
チケットレス特急券だと新大阪まで620円。

通常料金の半額以上安くなる。

入国手続きがスムーズに済んだおかげで、直後に出発するはるかに乗れた。
17061527

はるかは乗車時間が短いことを織り込んでるのか、特急列車にしては座席がしょぼめ。
17061528

背面テーブルはなく、肘掛けテーブルもテーブルとは呼べないくらい簡易的なやつで、しかも肘掛け収納ではなくむき出しのまま。
17061529

関空からの帰路、明るいうちに大阪・梅田のビル群を見るのは珍しいかも。
17061530

新大阪でラーメンを食べたい気分でしたが、ガマンして帰路へ。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

新しいターミナルを建設中の上海浦東空港から帰国の途に

今回の中国出張は、行きは関空から香港へ飛んで、珠海、広州、泰安、上海とまわり、帰りは上海から関空へ。

13:20発、JL894便。
17061501
今まで何回も浦東からJAL便に乗りましたが、今回初めて『出発時刻の30分前に搭乗口へ』のシールを貼られる。

この時は何も考えておらず、搭乗券に書かれた時間に行けばいいや、としか思ってなかったんですが・・・

せいぜい、搭乗口が210番という初めて3ケタなことにいつもと違うな、と思ったくらい。

そんないつもの感覚で国際線の出発口へ歩いて行ったら・・・


ない!(;゜0゜)


国際線出発口の場所が変わっててちょっと焦る。
17061502

この時、時刻は12:00前。

イミグレも保安検査もそれほど混雑しておらず、保安検査を抜けた後の通路が以前と変わっていた。

そーいえば、JALのサクララウンジの場所が変わってきれいになったと聞いてたっけ。

いままで、サクララウンジへは入口で搭乗券を見せたら入れましたが、今回初めてチェックインの時にラウンジクーポンをもらう。

あまりゆっくりする時間はないけど、新しくなったラウンジへ行ってみる。

と、その前に、売店でおみやげを調達することに。

免税範囲ぎりぎりの白酒と紹興酒を買い、保安検査を抜けたところにあるエスカレーターを上がってラウンジへ。

入口で搭乗券を見せたら、ラウンジクーポンを出してくれと言われる。

なるほど、入室チェックの方法が変わったんか

と思い、クーポンを手渡すと、日本語が饒舌な兄ちゃんが、まるで飲み屋の客引きみたいに新しいラウンジのおすすめフードやら飲み物やら、やたらと話しかけてくる。

すると突然、この兄ちゃんが

あー!お客さん!!


と、ビックリした声を上げる。

関空行き、もうファイナルコールかかってますよ!

・・・

なにー!!(;゜0゜)



買い物に時間が掛かってしまったのか、時計を見るとすでに12:55。

ラウンジへ入ることができず、慌てて搭乗口へ!

エスカレータを下り保安検査出口へ戻ったら、さらにそこからエスカレーターを下りていく。

エスカレータを乗り継いで1Fのロビーへ。
17061503
見たところ、バスロビーのような雰囲気。

エスカレーターを下りたところで、『関空』の紙をもった地上スタッフが捜索している。

搭乗口へ駆け足で行くと、どうやら最後の乗客になってしまったらしい・・・
17061504

予想通り、飛行機までバス移動。
17061505
それで、わざわざ30分前までに搭乗口へ来いというシールが貼られたのか。

ホンマ、スンマセンスンマセン。

私が乗ると扉が閉まり、バスが発車。
17061506
どこまで行くのか見てたら、どんどん進む進む。

結局、10分ほどかかって、ほとんど最果てのスポットまで連れて行かれる。
17061507

B737-800 JA317J
17061508

こんな遠いところに沖止めのスポットがあったなんて初めて知ったんですが、この場所、どうも新しいターミナルを造ってる様子。
17061515
それもかなりデカいターミナル。

ボーディングブリッジっぽい骨組みも。
17061512
現在、浦東空港は第1ターミナルと第2ターミナルがありますが、ここが第3ターミナルになるのか?

第1・第2ターミナルが遠くに見えるほど、遠い。
17061531

Googleの衛星写真で見ると、4本ある滑走路の海側のRWY34Rからさらに海側にもう1本滑走路が造られていて、RWY34Rと新滑走路の間に新ターミナルが造られている様子。
17061535
赤線がバス移動のルート(たぶん)。

新ターミナルが出来てさすがにバス移動はしんどいので、香港国際空港のスカイピアシャトルみたいに地下を鉄道で結ぶんでしょうか?

B737は通路1本で3×3列とかなり窮屈で、乗客の搭乗も時間が掛かる。
17061510
13:20にドアクローズしたはいいものの、離陸機が混んでいて管制からの指示によりそのまま待機 となる。

窓から見ると、新滑走路からの離陸機で誘導路が渋滞中。
17061511

13:42にようやくプッシュバックしたものの、エプロンから誘導路へ出るところでまた停止。

外を見ると、離陸機の渋滞が伸びてんじゃないか?!
17061514
結局、14:16に離陸できた。

エプロンから出て離陸するまでの様子。


中国大陸に近い海は茶色い。
17061516

海面の茶色がだんだん抜けてきたように見えても、船の航跡が茶色いという。
17061517

そうこうしてるうちに、機内食の時間。
17061518
前日の晩、北京ダックを食いすぎて朝食が食べられず、さらにラウンジで軽く食べるつもりが食べられず、さらに離陸まで待たされたこともあり腹ペコ状態。

機内でお笑い番組を見てるうちに着陸態勢に。

淡路島の東、紀伊水道を抜けて明石大橋が見えると大きく右旋回。
17061520
どうやら北側から着陸するみたい。

赤が鮮やかな神戸大橋が見えてくると・・・
17061521

神戸空港の脇を抜け・・・
17061522

赤が鮮やかな港大橋と大阪南港でまた右旋回。
17061523

17:05、定刻より25分遅れで関空RWY24Rに着陸。
17061524

翼がよく見える席なので、スポイラーが立ち上がるとメカニカルな部分がよく見えて楽しい♪
17061525

明石大橋を旋回してから関空へ着陸しスポットインするまでの様子。


17:12に29番スポットに到着。
17061526

関空はそんなに大きな空港でもないのにイキってターミナル連絡シャトルなんて走らせてるもんだから、客はシャトルのタイミングごとにまとめられてしまい、早く降りても意味ないという。

これじゃ、沖止めとバス移動と変わらんぞ。

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

上海リニアで浦東空港へ

今回も上海市内から浦東空港へは、リニアに乗ることに。

龍陽路駅から浦東空港まで貴賓席で80元
Smglv170601

乗車券はICカード。
Smglv170603

荷物検査をして改札を通り、ホームへ上がる。
Smglv170602
貴賓席は、改札から一番遠いホームの一番端。

リニアがやってきました。
Smglv170604

何度見ても、某二足歩行ロボットの顔みたい。
Smglv170605

ドアは一斉には開かなくて、乗務員が各ドア脇のボタンを押していく。
Smglv170608

貴賓席は浦東空港側先頭車の前半分のみ。
Smglv170606
対面ボックス席が6区画、24席のみ。

貴賓席の乗客は、私を含め4人。

龍陽路駅を出発し、すぐ左側に見える風景が様変わりしていてビックリ。
Smglv170611
大きな建物以外は雑草が生い茂っているだけですが・・・

数年前まで、ここには小汚いボロい家や畑が密集していて、時代に取り残された感がありました。
Smglv170615

たくさんあった民家は・・・
Smglv170616

今は跡形もなくなくなってます。
Smglv170612
ある意味これも共産国だから成せる技か?

営業速度が世界最速430km/hの上海リニアも、最近は時速300kmまでしか出さない。
Smglv170607
このスピードなら、わざわざリニアにする必要もないけどね。

これ以上スピードを出すと電気代が掛かるからケチってるんじゃないか?

龍陽路駅から8分ちょっとで浦東空港に到着。
Smglv170613

浦東空港でも、貴賓席は改札口まで一番遠い。
Smglv170614
普通席の倍の料金払っても、一番歩かされるという貴賓席の乗客です。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

上海を代表する観光スポット、外灘へ行く

上海で北京ダックを食べた後、上海を代表する観光スポット、外灘へ。
170614wit01
これぞ、ザ・上海という風景。

浦東地区のビル群は、ビル自体がディスプレイになってます。
170614wit03

動画で見ると、わかりやすい。


外灘から黄浦江の対岸を見る風景は現代のビル群が立ち並んでますが、元々外灘は19世紀後半のイギリス租界で、この頃に建てられた西洋建築が今でも当時の雰囲気を出している。
170614wit02
近代と現代の先端建築が川の両岸で向かい合っているという、独特な街。

もちろん観光客も多く、タクシー争奪戦も激しい。

ここ数年来、上海で流しのタクシーを捕まえるのが困難極まりなくなっているので、帰りは地下鉄やバスで一旦この場を離れたほうがいい。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

上海で美味しい北京ダックを食べる『全聚德』@上海・闸北区

上海で北京ダックを食べようということになり、天目西路にある北京ダックの有名店『全聚徳』へ。
Quzd170601

お目当ての北京ダックを注文すると、先に薬味が運ばれてくる。
Quzd170602

ほどなくしてやってきました、こんがり焼けた北京ダック。
Quzd170603

目の前でさばいてくれます。
Quzd170604
特に美味しい皮、普通に美味しい皮、次に身も流れるような包丁さばきで切り分けてくれる。

その様子は動画でどうぞ。

ホールスタッフの全聚徳と北京ダックの解説つき。

一見少なそうに見える北京ダックですが、4人で食べ切るにはちとキツイ。
Quzd170605

さばいた後の鶏ガラは、スープ、ぞうすい、唐揚げの3つのうちから1つを選ぶと、調理してくれます。
Quzd170606
今回はぞうすいにしてもらいましたが、これでもうお腹いっぱい。

もちろん北京ダックだけを食べる訳にはいかないので、他の料理も注文したところ、4人で食べ切れないほどに。
Quzd170608

ちなみに、焼き小籠包があったので、横浜の中華街で食べた美味しい焼き小籠包の味を想像しながら注文してみたところ・・・
Quzd170607
いまいちだった。。。

上海で美味しい北京ダックが食べられるお店ですが、4人で1羽の北京ダックを食べようとすると、他の料理を抑えないと食べ切れないということが、身に染みてわかった。



全聚德 大饭店
上海市闸北区天目西路547号
(上海火車站から徒歩5分)
TEL: 021-63538558

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

上海虹橋からタクシーで市内を移動

泰安から高鉄で上海虹橋駅に到着後(記事)、タクシーで上海市内のホテルへ向かいます。

高鉄上海虹橋駅にもタクシー乗り場がありますが、タクシーに乗る場所が2レーンしかないので(=2台ずつしか進まない)、長蛇の列に長い間並ばなければなりません。

ところが、上海虹橋駅に隣接した虹橋空港のタクシー乗り場は、長い列こそ出来てるものの、タクシーに乗る場所が7レーン×2もあるので行列が進むのも早く、列が長くても待ち時間は少なめ。

乗客の待ち時間が少ないということは、当然、タクシー側にとっても待ち時間が少なくて済むので、運転手の機嫌も良さげ。

なので、虹橋空港でタクシーに乗ります。

虹橋空港から空港内の周回路をぐるっと回り・・・
170614sht02

上海市内へ向かう高速道路へ。
170614sht01

上海は車が多すぎるのでいつもそこらじゅうで渋滞してる。
170614sht03
数年前に比べると走っている車の車種もずいぶん様変わりしていて、タクシーもサンタナからトゥーランが多くなってきた。

渋滞の高速道路の様子。


延安西路のホテルまで50元ほどでした。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る ~その3~ 時速300kmで上海へ

泰安から上海虹橋まで高速鉄道に乗る その2からのつづき


12:32発、G229列車に乗り込み泰安駅を出発。
170614gt12
泰安駅は、北京と上海を結ぶ「京沪高铁」の途中にあり、駅の規模としては隣の済南西駅の方が大きいため、速達列車は泰安駅を通過することが多い。

泰安駅の周辺はビルもたくさんありきれいでしたが、駅を発車してすぐに一面のテント街が広がる。
170614gt51_2

その後、人の気配もまばらな自然たっぷりの風景に。


車両両端に電光掲示板があり速度が表示されますが・・・
170614gt52

正しい速度を表示してるのかどうかiPhoneの速度計アプリで測ってみたら、だいたい合ってる。
170614gt53
速度計アプリはGPSで測ってるので、表示に振れがあります。

13:10に枣庄駅に停車した後、次の停車駅は徐州東駅。

徐州東駅に近づくと、線路に沿って別の高鉄の線路を建設中。
170614gt67

遠くの山に、大きな壁画のようなものが見える。
170614gt68

13:31 徐州東駅に到着。
170614gt69

徐州東駅の到着アナウンス~ホームに入るまでの様子。


5分停車し、13:36徐州東駅を発車。


発車してしばらくすると、在来線の車庫が見えてくる。
170614gt70
在来線はまだまだ客車を機関車が引っ張る列車が多い。

日本だけが特別に動力分散方式が多いとも言えますが。

その後、畑が一面に広がり、人の気配がなくなります。
170614gt71

広い長江を渡ると・・・
170614gt72

高層マンションも増えてきて、都会の様相が見えてくると・・・
170614gt73

14:51、南京南駅に到着。
170614gt74

南京南駅からは、郊外の街の雰囲気の中を進みます。
170614gt75
↑この写真だけ見たら、日本の新幹線からの車窓とよく似てたり。

蘇州北駅を発車してしばらくすると高鉄の車庫が現れますが、留置線が100線以上ありそうなくらい広い車庫。
170614gt76

こんなに広大な土地が使えるのも、ある意味共産国だからなのかも。
170614gt77

泰安駅を発ち3時間40分、16:12上海虹橋駅に到着。
170614gt78

このG229列車、始発の青島駅を9:15に出発し、1308kmを6時間57分で上海へ。
170614gt80
表定速度188km/h。

日本の新幹線の代表格、のぞみ、はやぶさ、みずほの表定速度は200km/hを超えています。

上海虹橋駅もとてつもなく広い。
170614gt79

隣のホームに、JR東日本E2系をベースにしたCRH2が止まってましたが・・・
170614gt81

なかなかの汚れっぷりで、くたびれ感すら感じる。
170614gt82

「和諧号」の和の字が取れてしまい・・・
170614gt83

車体の塗装の一部もはがれてたり・・・
170614gt84

このホームから次に発車する列車は、16:33発青島行きG234列車。
170614gt85
私が乗ってきた列車の折り返しなのか、別の編成が来るのかはわかりません。

ホームから出口へ向かい、改札機を通る。
170614gt86

今回、泰安から上海虹橋まで853kmの移動。
170614map
所要時間3時間40分だったので、泰安から上海までの表定速度は232km/hとなかなかの俊足ぶり。

今回、3年ぶりに高鉄に乗りましたが、発展と変化のスピードがえげつなく速い。

外国人でももっと乗りやすくなるとうれしいんですが、それは無理っぽいですな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧