カテゴリー「スイーツ@関西」の68件の記事

2019年4月12日 (金)

京都祇園 京煎堂 の生せんべい 『菜宝楽』@京都

先日いただいたお茶菓子、『京都祇園 京煎堂』謹製、菜宝楽


黒糖、人参、胡麻味噌、茶の葉、三つ葉、木の芽の6種類の生せんべいの詰め合わせ。

木の芽は、生地に木の芽があしらわれており・・・

中は小倉あんが挟まってます。

三つ葉には生地に三つ葉がくっついていて・・・

中はゆずあん。

生地の種類によって、中のあんも違ってます。

どれもすんごい上品な味わいでした。

一応、生地は焼いてあるけどふにゃふにゃなので、生菓子なんですね。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

あのニワトリのひなの形をした有名銘菓とは似て非なり 『かいつぶり』@滋賀・名神草津PA

先日、名神高速の草津PAへ立ち寄った時に売店で見つけたこれ。

びわ湖銘菓 かいつぶり
Kaizbrsg19301

先に中身をお見せしますと、某有名銘菓っぽい形をしてますが似て非なり。
Kaizbrsg19307
これは滋賀県の県鳥である「かいつぶり」をモチーフにしたもので、決して、、、決してニワトリのひなではありません。

ほら、パッケージの裏に昔からなじみのある鳥ですよーという解説と、マーガリンとか入ってて原材料も違うし・・・
Kaizbrsg19308

実物の写真も載せて・・・
Kaizbrsg19302

箱の中にもかいつぶり形の紙なんて入ってるし・・・
Kaizbrsg19303

そしてなんといっても背中にって名前が入ってるやん!
Kaizbrsg19305

どこからどう見てもニワトリのひなではないでしょ!


と、アピールが必死過ぎて、面白半分に買ってしまった次第。。。

味も某有名銘菓とほぼ同じですが、少しこっちの方が皮はしっとりしていて、餡は軽めな食感。
Kaizbrsg19306

ちなみに、かいつぶりが置いてある隣の棚には、同じ形の「名古屋コーチン」が陳列してあり、パチモン ジェネリックが揃っていて笑ってしもた。

最高裁でひよ子の立体商標を認めない判決がありましたが、理由の一つに、既に類似の形状の和菓子が全国で製造販売されているという点も指摘されていた。

最高裁がひよ子の類似品の存在を認めるという面白い判決だった。


メーカーのサイト
http://www.ayuya.co.jp/

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

濃厚な抹茶プリン 『道の駅 みなみやましろ村』@京都・南山城村

京都と三重の県境近く、国道163号線の『道の駅みなみやましろ村』で買ってきた抹茶スイーツの二つ目、むらちゃプリン 抹茶。 400円也(8%税込)
Mnmymsrmr18915

もう見るからに濃厚な抹茶プリン。
Mnmymsrmr18916

上の方はしっかりした食感のプリンで抹茶の苦味も美味しい。
Mnmymsrmr18917

食べ進んで下の方へ行くと、まるで抹茶のカラメルを絡めたようにどろっとした食感に変わる。
Mnmymsrmr18918
食感や味の変化を堪能できる濃厚な抹茶プリンです。

そして三つ目の抹茶スイーツは、むらちゃどら焼き 抹茶。 360円也(8%税込)
Mnmymsrmr18919

どら焼きの間には深緑色の抹茶あんがはみ出さんばかり。
Mnmymsrmr18920
まるで、毒霧を吐く前に微笑んでるザ・グレート・カブキの口みたいな。

たっぷり入った抹茶あんは甘さ控えめで風味豊か。
Mnmymsrmr18921
他ではなかなか味わえない濃厚抹茶のどら焼きです。


道の駅 みなみやましろ村 村のもん市場
京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
営業時間: 9:00~18:00(定休なし)

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

抹茶の里のぼたもち 『道の駅 みなみやましろ村』@京都・南山城村

京都と三重の県境近く、国道163号線の『道の駅みなみやましろ村』で抹茶スイーツと茶そばを堪能したあと、おみやげを買って帰ることに。
Mnmymsrmr18901

3種類買って帰ったものの一つ目、南山城村ぼた。500円也(8%税込)
Mnmymsrmr18912

小豆、抹茶、焙茶の3種類のぼたもち。
Mnmymsrmr18913

ほどよい甘さで小豆も抹茶も美味しいのですが、個人的には焙茶がお気に入り。
Mnmymsrmr18914
お茶の苦味と風味とあんの甘さが絶妙なバランスです。


道の駅 みなみやましろ村 村のもん市場
京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
営業時間: 9:00~18:00(定休なし)

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

抹茶の産地で濃厚で美味しい抹茶スイーツ 『道の駅みなみやましろ村』@京都・南山城村

京都と三重の県境近く、国道163号線の『道の駅みなみやましろ村』へ。
Mnmymsrmr18901

ここは抹茶の産地なので、南山城村産の抹茶を贅沢に使ったものばかり。
Mnmymsrmr18902
どれも美味しそうなので、ひと通り食べてみることに。

と、その前に、やっぱり村抹茶グリーンティーを。Sサイズ200円也(8%税込)
Mnmymsrmr18903
よどんだ沼地の水みたいな(例えが悪い!)透明感ゼロの濃厚な緑色のグリーンティは味も濃厚で、こんなに濃いグリーンティーは飲んだことない。

お店のオススメ、むらまっちゃソフトクリーム。 400円也。
Mnmymsrmr18905
店内のポスターによると、南山城産の抹茶「オクミドリ」だけを使ったソフトクリーム。

ほのかな苦味すら感じる濃厚な抹茶ソフトはミルク感は抑えられ、さらに抹茶ソースがとどめを刺すほどにウマい!

えびを食べた時の表現が「ぷりぷり」であるように、この抹茶ソフトは「濃厚!」としか表現しようがない。

もうひとつ、ソフトクリーム系で新米 はまむらソフトも試してみた。 450円也。
Mnmymsrmr18906
バニラソフトにほうじ茶シロップがかかっていて、道の駅オリジナルの「はまむらせんべい」をトッピング。

お米感が残るはまむらせんべいとこのソフトが合う!

お茶は抹茶だけじゃないぞ!と言わんばかり。

ソフトクリームも美味しいのですが、一番気に入ったのは 茶タレ~団子 抹茶味。 1本150円也。
Mnmymsrmr18907
みたらし団子みたいに串刺しの団子を軽く焼いて、抹茶たれをたっぷりかけたというまるで「みちゃらし団子」

この抹茶たれが絶妙に美味しくて、容器に残ったたれをペロペロしたい衝動を懸命に抑える。

今度行く時はスプーンを持って行こう!


道の駅 みなみやましろ村 村茶屋
京都府相楽郡南山城村北大河原殿田102
営業時間: 9:30~17:00(定休なし)

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

先斗町で美味しいひと口わらび 『先斗町駿河屋』@京都・先斗町

京都からの帰り道、三条通りから先斗町の路地を下ったところにある『先斗町駿河屋』でおみやげを買うことに。
Pntcsrgy19101

ここで買うのは、名物のひと口わらび。
Pntcsrgy19102

今年も ひと口わらび 15個入りを2箱買う。1箱3,570円也(8%税込)
Pntcsrgy19103

その名の通り、ひと口サイズの小さめのわらびもち。
Pntcsrgy19104

とろっとろのわらび餅の中にはこしあんが入っており、あん甘さととわらび餅との甘さときな粉が絶妙にマッチしていて美味しい。
Pntcsrgy19105
最近、これも正月のルーティーンになってます。



先斗町駿河屋
京都市中京区先斗町三条下ル材木町187
営業時間: 10:00~18:00(火曜定休)
TEL: 075-221-5210

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

毎年食べる絶品わらび餅 『遊形 サロン・ド・テ』@京都・中京区

京都の吉田神社へ参拝した帰路、京都の老舗旅館、俵屋旅館プロデュースのカフェ 『遊形 サロン・ド・テ』へ。
Ykslndt19101

ここでいただくのは、今年も俵屋のわらび餅 抹茶と 2,260円也(8%税込)
Ykslndt19102

竹に入った黒蜜わらび餅は、箸で持ち上げるとちぎれてしまうくらいとろっとろ。
Ykslndt19103
粉塵爆発を起こせるんじゃないかと思うくらい微細なきな粉は、最近、加齢が進みおじいちゃん化している私はよくむせる。

わらび餅を食べた後は点てたての抹茶が出てきますが、苦味はほとんどなく粉感ゼロで飲みやすい。
Ykslndt19104

抹茶の後はお口直しの白湯にぶぶあられと甘納豆をいただく。
Ykslndt19105
さすが京都のぶぶあられ、美味すぎる!

初めて訪れた時、メニューを見て値段にビビりながら食べたわらび餅ですが、正月の景気付けに勢いで頼んで以来、何かいい一年が過ごせている気がするので、ゲン担ぎに伺ってます。

このわらび餅を食べて、こういうお店に気兼ねなく入れるようにガンバロ!と思いがむしゃらに働いた結果、おかげさまで気兼ねしなくても行けるように。

来年もここでわらび餅を食べられるようにがんばろう!



遊形 サロン・ド・テ (YUKEI SALON DE THE)
京都市中京区姉小路麩屋町東入ル中白山町288-14
営業時間: 11:00~18:00(火曜定休)
TEL: 075-212-8883

| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

濃厚な朝宮茶の香りと味わいが美味しいソフトクリーム 『朝宮茶ソフト』@滋賀・名神高速菩提寺PA

名神高速上り線、菩提寺PAにある『モテナス菩提寺』
Mtnsmcsft01

ここで休憩しようと立ち寄ると、このPA限定の美味しそうなソフトクリームがあったので・・・
Mtnsmcsft02

買ってみた! 朝宮茶ソフト 350円也(8%税込)。
Mtnsmcsft03
信楽の朝宮茶が入ったソフトクリームは、ミルク感よりお茶の味わいが濃厚だけれど後味がさわやかで、なかなか美味しい。

これはわざわざ立ち寄る価値があるソフトクリームだな。



モテナス菩提寺
滋賀県湖南市菩提寺329-5
名神高速上り線菩提寺PAショッピングコーナー
営業時間: 7:00~20:00
TEL: 0748-74-2528

| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

かわいいプリンの森のおいしいプリン 『まほろば大仏プリン本舗』@奈良

奈良にあるフォトジェニックなプリン屋へ行こうと誘われたのが『まほろば大仏プリン本舗』の本店。
Mhrbdibzpdn01

お店の敷地は「プリンの森」になっていて、小さなブランコもあったり。
Mhrbdibzpdn02

プリンの森の建物は全てプリンっぽい色をしていて、確かに写真映えする。
Mhrbdibzpdn04

店先に止まっているフォルクスワーゲン・ビートルもプリンカラー。
Mhrbdibzpdn03
以前、バレンタインデーに合わせて「チョコ」「ミルク」「ビター」の特別仕様車がありましたが、これはまさに「プリン」だな。

走ってたらかなり目立つ。
Mhrbdibzpdn08
プリンの柔らかなイメージにぴったりなビートルですが、来年、日本で販売終了になってしまうのは寂しい限り。

人気のお店だけにいつも並んでるということなので、開店30分前に着いたら一番乗り。

その後続々とお客さんが来店し写真を撮ってる間に、我々は先頭に並ぶことに。
Mhrbdibzpdn06

店の入口から伸びる通路には、待ち時間を知らせる看板も。
Mhrbdibzpdn05

開店時間の11:30になりドアが開くと、いきなり大仏様に迎えていただく。
Mhrbdibzpdn07

ショーケースにはいろんなプリンが並んでいて、どれにしようかかなり悩む。
Mhrbdibzpdn09

店員さんに欲しいプリンを伝え、お会計はトレイに置かれたプリンをレジ台に置くと・・・
Mhrbdibzpdn10

スキャナーが自動で読み取って金額が出されるという。
Mhrbdibzpdn11

さらに、お客さん自らレジ機に入金するセルフ会計システム。
Mhrbdibzpdn12

お店でも食べられるようになっており、プリン型の建物の一番上にあるテーブル席へ。
Mhrbdibzpdn13

カラメルっぽいイスもあったり。
Mhrbdibzpdn14

お店でしか食べられないプリンソフト プリン。380円也(税別)。
Mhrbdibzpdn15
プリンソフトには他にカラメルとカスタードがありますが、プリンはそれらを合わせたミックスソフト的な。

味はまさに”プリン味のソフトクリーム”といった感じで、なかなか美味しい。

プリンの味付けをしてるのではなく、本当にプリンを練り込んでるんだとか。

まほろば大仏プリンロールカット、350円也。
Mhrbdibzpdn18

ふんわり柔らかな生地に、プリンが入っているという。
Mhrbdibzpdn19
生地の甘さとプリンの甘さが合わさってもケンカしない味わい。

アイスティー、600円也。
Mhrbdibzpdn16
マヨネーズ瓶みたいな器に、穴の開いた蓋にストローを挿していただくスタイル。

容器ごと持って帰って、家で使えそう。

大仏さまのほほえみアイスもなか、プリンと大和茶、1個350円也。
Mhrbdibzpdn24

しっとりした皮で、御座候の回転焼より少し大きいぐらい。
Mhrbdibzpdn25

プリンもなかの中身は、まさにプリン。
Mhrbdibzpdn26
ただ、アイスもなかなのに持って帰ってしばらくの間冷蔵庫へ入れてしまい、気が付いた後に慌てて冷凍庫へ入れましたが、中身が溶けてしまい寄ってしまったかも。

大和茶は結構甘めの抹茶の味わい。
Mhrbdibzpdn27
次の機会には溶かさないようにお店で食べよう。

で、メインの人気No.1定番プリンが、まほろば大仏プリン カスタード。350円也。
Mhrbdibzpdn21
11個買って帰り並べると、”大仏イレブン”

ちょっとこわいかも?!

なめらかな食感にやさしい甘さで、思わずほっこりなごんでしまう美味しさ。
Mhrbdibzpdn20

カラメルも苦さ控えめで子どもでもOK
Mhrbdibzpdn22

鹿が描かれた方は、まほろば大仏プリン モンブラン。400円也。
Mhrbdibzpdn23
残念ながら私は栗が苦手なので、モンブランは食べておりませぬ(´Д`)

かわいいプリンの森に入ると、思わずみんな写真を撮りたくなるプリン屋さんです。



まほろば大仏プリン本舗 本店 プリンの森・カフェ
奈良県奈良市奈良阪町1073
営業時間: 11:30~17:30(LO.17:00)(定休なし)
TEL: 0742-23-7515

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

サービスし過ぎるご主人が作る口どけのいいバウムクーヘン 『チロリア』@京都・福知山

出石で皿そばを食べた帰り道、福知山でバウムクーヘンで有名な『チロリア』へ寄る。
Crafkcymbm012
3年ぶりの来訪。

店に入ると奥からご主人が出てきて、何も言わずに個包装された輪切りのバウムクーヘンの袋を開け、試食させてくれる。

さらにご主人、店の前に止めた車を見て「何人乗ってる?」と聞くと、人数分の袋を渡して「持って行って!」と全員試食させてくれる。

とにかくこのご主人、試食をやり過ぎるので有名。

私はもうこのバウムクーヘンの味を知ってるので、20袋を買う。1袋250円也(8%税込)。
Crafkcymbm011
20袋とさらに5袋おまけを付けてくれる。

このバウムクーヘンは外側をチョコレートでコーティングされていて、口どけのいい生地が特徴。

店を出るとご主人も出てきて見送ってくれるのですが、さらに3袋手渡してくれ、試食とおまけだけで10袋はいただいた(^_^;)

サービス精神旺盛なご主人です。



チロリア
京都府福知山市字内記4-61
TEL: 0773-23-5372

| | コメント (0)

より以前の記事一覧