カテゴリー「おでかけ」の274件の記事

2019年3月18日 (月)

日本で二番目に短い鉄道 紀州鉄道 ~その3~

日本で二番目に短い鉄道 紀州鉄道 その2からのつづき


紀州鉄道の終端、西御坊駅。
Gobwrw18z34
今でこそ『西御坊驛』の看板が駅舎入口に掲げられてますが・・・

2012年に来訪した時には、そこに駅があることを示す表示はなかった。
Gobwrw18z71

駅舎を再塗装した際に、木製の看板が付いたそうで。
Gobwrw18z35

踏切からだと、車両の正面から見ることができる。
Gobwrw18z38

以前、ホームにあった簡易トイレは線路脇に移設。
Gobwrw18z39

今では西御坊駅が終端ですが・・・
Gobwrw18z14

線路はまだ続いており、日高港まで通じていた頃の名残り。
Gobwrw18z15

ただ、川を渡る橋は撤去されている。
Gobwrw18z16

レールの断面がかなり朽ちているところに哀愁を感じたり。
Gobwrw18z17

日中は30分以上アイドリングしたまま停車しているのですが、駅に隣接している民家から苦情は出ないんでしょうかね。
Gobwrw18z37

駅舎の外は塗装されましたが、中は天井がかなり傷んだまま。
Gobwrw18z40
Gobwrw18z41

待合室の壁には、昔の紀州鉄道の写真が展示されている。
Gobwrw18z42

芝山鉄道が開業するまでは日本で一番短い路線でした。
Gobwrw18z43

西御坊駅を離れ、学門駅へ行ってみる。
Gobwrw18z44

1線1面の無人駅でホーム幅も狭め。
Gobwrw18z45

1日の平均乗車人員が10人にも満たない駅ですが、自販機があるのは駅周辺に民家があるからでしょうか?
Gobwrw18z48

時刻表を見ると全日ダイヤで、御坊駅でJRの列車に接続している。
Gobwrw18z46

掲示板はちゃんと手入れされている様子。
Gobwrw18z47

踏切が鳴ると遮断機が下りますが・・・
Gobwrw18z49

遮断棒が長くてしなるせいか、遮断棒が下りる時に道路に当たり「ペシッ!」と音がしたり。


1両でも近くで見ると迫力がある。
Gobwrw18z50

次に、紀州鉄道唯一の有人駅、紀伊御坊駅へ。
Gobwrw18z51

駅舎の中は、紀州鉄道の前身、御坊臨港鉄道が設立されて90周年のデコレーションや、待合スペースにはソファーもあったり、さすが有人駅の温かみがある。
Gobwrw18z52

昔の写真も飾られていたり。
Gobwrw18z53
Gobwrw18z54

グッズも販売されています。
Gobwrw18z55

せっかくなので、記念入場券とクリアファイルを買う。
Gobwrw18z56

御坊~西御坊間の硬券の往復乗車券。
Gobwrw18z58
買う時に「この切符で往復した後は回収されるんですか?」と聞いたら「はい」と言われてしまい、まさか記念乗車券を回収するのか?!と驚きつつ、持って帰る用と合わせて2枚買ったところ、結局、回収はされなかったという。

ま、いいんだけどね。。。

学門駅の入場券もここで売ってます。
Gobwrw18z59
Gobwrw18z60

紀州鉄道90周年の記念硬券セット。
Gobwrw18z61
Gobwrw18z62

2枚組のクリアファイル、1枚はSR301が描かれていて・・・
Gobwrw18z63

もう1枚は紀州鉄道のキャラクター、紀道りんこ(のりみちりんこ)。
Gobwrw18z64
たぶん、州鉄と前身の御坊臨港鉄道から取ったんだと思いますが、初見でクリアファイルのローマ字名から漢字変換するのはできなかった。。。

「りんこ?」みたいな。

この2枚入りのクリアファイル、SR205の左右半身ずつの写真がプリントされていて・・・。
Gobwrw18z66

うまく合わせると、ほら完成!
Gobwrw18z65
中年オヤジゆえ、思わずキカイダーを想像してしまったり(仮面ライダーWはその後に思い出す)。

紀州鉄道は100円の営業収入を得るのに350円以上の営業経費が掛かるという赤字ローカル線ですが、紀州鉄道自体は不動産業が主力で、鉄道部門は「鉄道を持っている会社」という事実を得ることが目的らしく、今のところ赤字でも廃止の話は出ていないようです。

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

日本で二番目に短い鉄道 紀州鉄道 ~その2~

日本で二番目に短い鉄道 紀州鉄道 その1からのつづき


和歌山県御坊市を走るローカル私鉄、紀州鉄道の気動車、KR205
Gobwrw18z18

この車両、元は信楽高原鐡道で走っていたSKR205ですが、私も信楽時代に乗ってました。
Gobwrw18z20
形式名のSKRは信楽高原鐡道の”Shigaraki Kohgen Railway”から取ったようですが・・・

紀州鉄道へ譲渡され”Kishu Railway”からKR205となり、いらなくなった頭文字のSはというと、ボディー同色で塗り潰して消すという。
Gobwrw18z22
いまいち消えきれてないところが愛嬌があっていい。

車内の銘板は作り直されたようで。
Gobwrw18z19

信楽時代の検査表記は塗りつぶされ、ラベルライターで貼り付け。
Gobwrw18z23

2012年に来た時は、北条鉄道から譲渡されたバスっぽい見た目のキテツ-1が現役でしたが、今では廃車され有田川鉄道公園に展示されているという。
Gobwrw18z21

西御坊駅のホームは、キテツ1形の乗降口に合わせてかさ上げされ黄線が敷かれていますが、全長の長いKR205の乗降口には位置が合わなくなってしまったようで。
Gobwrw18z24

折戸の乗降口には広めのステップ。
Gobwrw18z26

車体には、和歌山県のキャラクター「きいちゃん」と「宮子姫」のイラストが描かれる。
Gobwrw18z25

運転台はツーハンドル式。
Gobwrw18z27

運転台の乗降扉にはタブレットホルダーが掛かっていた。
Gobwrw18z28
スタフ閉塞の紀州鉄道線は列車交換設備がないのでこんな大きなホルダーは要らないはずですが、入れ物としてわかりやすくていいのかも。

運転台には、1日分の行路表がささっている。
Gobwrw18z32

座席はロングシート。
Gobwrw18z29

訪問した日はちょうどクリスマスのイベントをやっていて・・・
Gobwrw18z30

車内にはクリスマスの飾りつけがたくさんしてあった。
Gobwrw18z31

西御坊駅を発ち、市役所前駅に到着する様子。


御坊駅に着くと、下車する時に運転士から精算済票をもらえる。
Gobwrw18z57
これでJRの改札を出られます。


その3へつづく

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

日本で二番目に短い鉄道 紀州鉄道 ~その1~

和歌山県は御坊市、JR紀勢本線御坊駅から日高港方向へ向かって走るローカル鉄道、紀州鉄道。
Kishurw28
御坊から西御坊まで2.7kmを結ぶ路線は日本で二番目に短い鉄道。

ちなみに日本で一番短いのが千葉県の芝山鉄道(記事)ですが、芝山鉄道が開業するまでは紀州鉄道が日本一短い鉄道でした。

紀州鉄道には2012年に乗ったことがありますが(記事)、久しぶりに乗ってみることに。

JR御坊駅、天王寺方面の1番線ホームに隣接した0番線の紀州鉄道線ホームに停車中のKR205。
Gobwrw18z01
前回来た時と車両が変わっていますが、それについてはまた後で。

終点の西御坊まで、運賃は180円也。
Gobwrw18z33
私を含め6名の乗客で、御坊駅を出発。

御坊駅を発つとしばらくはJR紀勢本線と並んで走りますが、ほどなくして15km/hの速度制限がかけられたカーブへ。
Gobwrw18z02

カーブを抜け速度制限が解除されると、一路日高港方向へ。
Gobwrw18z03

もちろん逆から見ると、制限15km/hの標識。
Gobwrw18z04

最初の停車駅、学門駅。
Gobwrw18z06
ここで1人下車。

学門駅を発ち、静態保存されているキハ603が見えてくると・・・
Gobwrw18z07

紀伊御坊駅に到着。
Gobwrw18z08
ここで2人下車。

紀伊御坊駅には車庫があり、側線にKR301が留置中。
Gobwrw18z05

屋根付きの車庫には、これぞまさにレールバス!という風貌のキテツ2号が顔をのぞかせる。
Gobwrw18z09

紀伊御坊駅を発つと、これらの車両がワンショットに見えます。
Gobwrw18z12

2017年に木製枕木の老朽化が原因で脱線事故が起こり、その対策としてPC枕木への交換が進められましたが、財政状況が良くないローカル私鉄だけに、一度に全部の枕木を取り換えることはできず、ひとまず1つおきに交換している区間がある程度。
Gobwrw18z10

直線の駅構内など負荷が少ない部分は、バラストも小さくなっていたり。
Gobwrw18z11

御坊駅を発って8分ほどで、終点、西御坊駅へ。
Gobwrw18z13_2
ここで3人下車しましたが、私を含め全員”鉄”だったようで、写真を撮ってました。


その2へつづく

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

遅延で500円の喫茶券をもらい伊丹空港へ

羽田空港からの帰路も再びおともdeマイルで乗るので、チェックインカウンターで搭乗券を発券してもらいます。
19020321
19:00発の137便だったんですが、チェックインの時点ですでに出発が30分遅れることが確定していたので、搭乗券の出発時刻が 遅延19:30 となっている。

遅延の原因は鹿児島の悪天候で、乗員繰りの都合だとか。


19020326

搭乗券を発券してもらったあと、30分遅延するということでターミナル内のお店で使える 喫茶券 500円分 もいただく。
19020322
30分遅れるけど、まあこれでお茶でも飲んで時間つぶしといてや!

みたいな。

喫茶店だけでなくターミナルの内の店舗でどこでも使えるというので、ちょっとお腹が空いていたこともあり、ターミナル1F到着ロビーにある『あずさ』でラーメンを食べることに(記事)。

お腹いっぱいになったあと、保安検査場を抜け搭乗口へ。

B767-300 JA613J
19020323
19:05頃に搭乗口へ行くとすでに一般搭乗が始まっていて、ロビーで待っている搭乗客もまばらに。

結局、19:30になる前に全員の搭乗が終わりドアクローズ。

離陸機渋滞はいつものことでしたが、離陸前に入眠。

ドリンクサービスも受けず目が覚め、現在地を確認するために機内Wi-Fiにつないでflightradar24を見ると伊丹空港の着陸機渋滞にはまっており、奈良県と三重県の県境の上空で旋回3周目に入っていた。
19020327
19:20の定刻で出発した後続の139便の方が前を飛んでる。

旋回コースを離れ一旦和歌山県橋本市付近まで迂回したあと、着陸コースへ。

伊丹空港へは20:55に無事着陸。

初めてリニューアル後の伊丹空港で預託荷物を受け取った。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

飛行機が遅延して喫茶券をいただきラーメンを食べる『レストランあずさ』@東京・羽田空港第1ビル

羽田空港からの帰路も再びおともdeマイルで乗るので、チェックインカウンターで搭乗券を発券してもらいます。

19:00発の137便だったんですが、チェックインの時点ですでに出発が30分遅れることが確定。
19020326
機材繰りというのはよくありますが、乗員繰りの都合なんだとか。

鹿児島の悪天候がこんなところにも影響するんですな。

搭乗券の出発時刻も 遅延19:30 となっている。
19020321
これはすごく大きくて、保安検査場の通過締め切り時刻も19:30の15分前になったり。

30分遅延するということで、ターミナル内のお店で使える 喫茶券 500円分 もいただく。
19020322
30分遅れるけど、まあこれでお茶でも飲んで時間つぶしといてや!

みたいな。

喫茶店だけでなくターミナルの内の店舗でどこでも使えるというので、ちょっとお腹が空いていたこともあり、ターミナル1F到着ロビーにある『あずさ』でラーメンを食べることに。
19020324

限定販売という こだわり醤油ラーメン をオーダー。950円也(8%税込)
19020325
あっさりした味わいの典型的な醤油ラーメンですが、安っぽさはない。

麺が大盛り?かと思うくらいボリューム満点。

サクサクっと食べたら、保安検査場へ向かいます。

きっちり 喫茶券を使わせていただき、足りない分は現金でOK!


レストランあずさ
東京都大田区羽田空港3-3-2
羽田空港第1ターミナル1F北ウィング到着ロビー
営業時間: 10:30~23:00(LO.22:30)土日祝は22:30(LO.22:00)(定休なし)

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

東京ディズニーランドホテルからバスで羽田空港へ

東京ディズニーリゾートで夢の国を満喫し、悲しいかな現実へ戻ります。

帰路は東京ディズニーランドホテルからバスで羽田空港へ。

ディズニーランドから羽田空港行きのバスに乗ろうとすると先着順ですが、ディズニーランドホテルからは予約して乗れるので、ホテルのベルデスクで予約してチケットを購入。
19020311
16:55発のバスを予約すると、16:40までにホテル3Fのエントランスを出たところにあるバスのりばに来るよう指定される。

バスのりばの列に並ぶと、ホテルのスタッフが乗車券の確認とトランクへ入れる荷物を預かってもらう。

16:55発の便は満席だったらしくバスが増便され、我々はこの増便のバスに乗るよう指定される。

16:50頃に定期便の東京ベイシティ交通のガーラがやってきましたが、まだ全ての乗客のチケット確認が出来ていないようで、発車時刻になってもあたふたしてる。
19020313

我々が乗る増便のバスもすでに後ろで待機してますが、その間、バスのりばの横にあるふしぎの国のアリスをテーマにしたアリスガーデンをぶらぶら。
19020312

17:00にようやく満席になった1便目が出発し増便のバスがきましたが、こちらは京成バスの新型エアロエース。
19020314
乗客は私たちだけですぐに出発。

新型エアロエースは8速AMTのトランスミッションで、ステアリングコラムのレバーにシフト操作系が集約されている。

この運転士は、頻繁にマニュアルでシフト操作してた。

最新のバスだけに自動ブレーキや、サイドモニターも装備。
19020315

東京ディズニーランドホテルを出発した時には7分遅れでしたが、その後ホテルオークラ、舞浜ホテルクラブリゾートへ寄り、東京ディズニーシーへ。

ディズニーシーでは先着順なのでバス待ちの長い列が出来ていましたが、若干殺気立ったバス停のスタッフが乗り込んできて空席を数えると、

「このバスは補助席を含め満席になりまーす!」

と叫び、運転士には

「ここは15で止めます。ランドの乗客があふれてるのでそっちで乗せてください」

と言い15人だけ乗ってきて、あとは積み残したまま発車。

ディズニーランドへ着くと、ディズニーシーの3倍ぐらい長い列が!

ここで補助席まで全て埋まり、ようやく羽田空港へ。

そんなこんなでディズニーランドを出たのが17:30を過ぎてしまい、空港にいつ着くのか不安になる。

羽田からは19:00発の便に乗るので、定刻の40分で行けばまだ間に合いますが、途中で混んだりしてさらに遅れるとヤバいことに。

そんな心配は杞憂に終わり、18:00過ぎに第1ターミナルに到着。

道が空いてて良かったよ。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

開園35周年の東京ディズニーリゾートへ ~その2~

開園35周年の東京ディズニーリゾートへ その1からのつづき


東京ディズニーリゾートの2日目、前日に続きポカポカ陽気でいい天気。
19020305

朝7:00過ぎにホテルを出て、東京ディズニーランドステーションからモノレールでディズニーシーへ向かいます。
19020301
現在、新しいエリアを含め改装工事中のディズニーランドですが、日曜日は工事はお休み。

この日は、ディズニーホテル宿泊者特典「ハッピー15エントリー」を使って、開園15分前に入場。
19020302

人気のトイ・ストーリーはファストパスを取る列が混むので、朝一は普通にスタンバイに並んだ方がファストパス組が来る前にどんどん流れ、結果的に早く乗れる。

そのトイ・ストーリーの結果・・・
19020303
もう体を動かすゲームは、子どもに勝てなくなってしまったようで。

子どもも大きくなり自分も年を重ねると、あれもこれもと走り回ってガッつかなくてもよくなり、子どもらとは離れてのんびりまったり。
19020304

11:00頃に一旦ホテルへ戻り、チェックアウトの手続き。

ベルボーイがとても親切で、荷物の発送、スーツケースの預かり、帰りのバスの手配まで丁寧にしていただいた。

子どもが小さい時は4dayでも全然足りなかったけど、今は2dayでも持て余すようになり、老いを感じる今日この頃です。

それでも楽しいのは、さすがはディズニー!

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

開園35周年の東京ディズニーリゾートへ ~その1~

開園35周年の東京ディズニーリゾートへ行ってきた。

今回も公式ホテル宿泊者特典の 2デーパスポート・スペシャルを買って、初日から両パークへ行く。
19020228

朝7:30にウェルカムセンターで手続きを済ませ、8:00の開園時間にディズニーランドへ。
19020215

エントランスではディズニーの仲間たちがお出迎え。
19020214

ワールドバザールには、35周年のデコレーションがあしらわれた高さ約10メートルのセレブレーションタワーが。
19020203
19020216

蒸気船マークトウェイン号も35周年記念の装飾がされているので、乗ってみることに。
19020202
19020206

ストロベリーカップデザートも、スーベニアカップ付き。
19020204
19020205

リニューアルしたイッツ・ア・スモールワールドへ。
19020207

アナ雪も登場しましたが、顔がちょっとかわいくないかも。、
19020208

パレードはトゥーンタウンで見ると、反対側は木なのでみんなこっちを見てくれる。
19020209

プリンセスは1つのフロートにまとめられがち。
19020210

ベイマックスは戦闘モード。
19020211

ピーターパンはワイヤーアクションで宙を舞う。
19020212

誕生日のワッペンを貼ってると、買い物をした時に気付いてくれたら「ハッピーバースデー 0円内税」もレシートに入ってたり。
19020213

夜になり、シンデレラ城にプロジェクションマッピングする「Celebrate! Tokyo Disneyland」を始めて見た。
19020217
シンデレラ城みたいな細くて凸凹だらけのスクリーンでも上手く投影し、周りのレーザーや花火と・・・

さらには西武警察も顔負けのシンデレラ城爆破まで演出に加わり、さすがはディズニー、お金を掛けてるなあーと感心するほど。 とても楽しいショーでした。
19020218

ショーの後は、一旦ディズニーランドを出て、モノレールに乗って・・・
19020222

ディズニーシーへ。
19020223

この段階で閉園まで2時間しかなかったのでアトラクションとポップコーンはあきらめ・・・
19020225

とりあえずダッフィーのお店へ。
19020224

ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルーの4名様が我が家の仲間入り。
19020227

その後、再びモノレールに乗って・・・
19020226

ディズニーランドへ戻り、ワールドバザールでお買物。
19020219
閉園時間となり1日目が終了。 最後の買い物が一番ばたついた。

で、この日の宿泊先はディズニーランドホテル。
19020220

部屋の中にもディズニーのキャラクター。
19020221

もう早朝から歩き回ってたので、もうくたくた。

風呂に入ったら勝手にまぶたが閉じました zzz...

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

羽田空港発新浦安方面行きのバスは増便するほどの混雑

伊丹からの最終便で羽田空港に着いた後、リムジンバスで新浦安駅へ向かいます。

週末の夜の羽田空港は予想以上に混雑していたので、慌ててバスの乗車券を買おうとしたら、すでに到着ロビーのカウンターや券売機には長蛇の列が。

まだ券売機より列が短かったカウンターに並び、何とか22:15発の乗車券を買う。
19020111

乗車券を購入後すぐに6番のりばへ行くと、22:00発、22:05発、22:10発の3便分の列が出来ていて、22:15発新浦安方面へ乗客は壁際に立って待っている。

22:00発のバスが出て、列が前方にスライドしたタイミングですぐに3番レーンに並ぶと前から4人目だったので、このポジションならなんとか窓際席に座れるかも?

22:10発のバスが出てすぐに新浦安方面のバスが到着。
19020112
通常、第1ターミナル発のバスはその前に第2ターミナルからの客を乗せていますが、なんとこのバスは空車で来たので、ちょっとラッキーと思ったり。

ただ、それはラッキーでもなんでもなく、第2ターミナルを発つ時点ですでに満席になったので、第1ターミナル始発の便が増発されただけのよう。

もちろん第1ターミナル始発のこのバスも満席になり、後ろに増便2台目のバスが待っていた。
19020113
新浦安方面はこの時間、増便されるくらいに乗客が多いんですかね。

道中、渋滞もなく順調に進み、新浦安駅では半分くらい下車してました。

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

伊丹発最終便で羽田へ

家族で東京へ行くため、JALの「おともdeマイル」を使うことに。

おともdeマイルは特典航空券を使うJMB会員と同行する必要があり、その確認のためにチェックインカウンターで搭乗券を発券。
19020101
伊丹空港20:25発、羽田行きの最終便のJL138便。

新しくなった14番搭乗口へ少し早めに着いてしまい、まだ138便の機材が到着していませんが、今、伊丹空港のサクララウンジは改装中で、マイルを払って追加で同行者を入室させることができないため、ロビーで待つことに。

19:40、羽田からの133便が14番スポットに到着すると乗客が降りてきましたが、その中にコシノヒロコもいたり。

まあ、一番に降りてきたのは地元豊中選出の衆議院議員でしたが。

機材はB777-200 JA8984
19020102

乗客全員が降機したのは19:55頃だったので、これで20:25に出発するのは無理ちゃうか?

と思いきや、20:10に事前改札、優先搭乗が始まり、20:25にはきっちりドアクローズしてました。

この日は金曜の最終便ということもあってかビジネスマンの姿も多かったので、あまりもたつくこともなかったのかも。

ただ、前列中央席の人は着席してから着陸するまでずっとパソコンを開けてましたが、後ろから画面が丸見え。
19020103
↑写真はぼかしてますが、内容が漏れてるよ。

パソコン開けてるビジネスマンでのぞき見防止フィルターを付けていない人があまりにも多いのでこの人もそうかと思いきや、ディスプレイを倒した時にのぞき見防止フィルターらしきものは付けてるようだった。
19020105
可視範囲の角度の中に入ってたんですかね?

自分も気を付けないと。。。

機内Wi-Fiでインターネットにつないで現在地確認も。
19020104
21:35頃に着陸してスポットへ。

この時間に羽田に降りることはほとんどないのですが、門限がある伊丹よりも遅い時間に混雑してるのはさすが羽田空港。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧