カテゴリー「バイク」の49件の記事

2017年11月13日 (月)

FTR223でひとりツーリング ~分断された国道476号線~

FTR223でひとりツーリング。

乗り鉄の私はよく時刻表を見ながら脳内旅行をするのですが、時刻表だけでなく地図を見るのも好きなので、地図を見て脳内ドライブもよくやります。

この前、何気に福井県の地図を見ていると、国道476号線が途中で切れているのに気付く。
47601
なんでこんなことになってんだろ?と思いネットで調べてみると、国道476号線は池田町と南越前町の間が未開通で分断されているんだとか。

この分断区間の写真をネットに上げてる人もいらっしゃいますが、私も実際に見てみたいと思い、今回、バイクを買って以来のツーリングでこの分断区間へ行くことに。

南今庄駅から国道365号線を北へ。

燧(ひうち)交差点を右折し国道476号線馬上免を経て、分断区間の南側、南越前町からアプローチ。
Ftr476fki61

杣木俣に差しかかることには国道のセンターラインも消えてしまう。
Ftr476fki62

すると、道幅が同じ道が左へカーブし、狭い道が右へ分岐してのぼって行きますが・・・
Ftr476fki63

実は道幅が狭い方の右手の道が国道。
Ftr476fki64
左側は杣木俣の集落へ行く道。

分岐を進んでいくと、『この先、林道工事中につき通行出来ません』の看板がありますが、それは事前に承知済み。
Ftr476fki65

舗装がなくなり砂利道になると、文字が消えかかった通行止の看板がありますが、「徐行・走行注意」の看板もあるので、未舗装の砂利道をさらに進んでみる。
Ftr476fki66

すると、コンクリート舗装されている部分もちらほらあり、一応工事は進んでいる様子。
Ftr476fki67

途中、見晴らしがよくいい景色が見られる場所も。
Ftr476fki68

どこまで行けるのか期待してブラインドになったカーブを曲がった瞬間、工事用のダンプがバリケードしていて、これ以上進めなくなる。
Ftr476fki70

ダンプから先は、まさに木を切り落として道を造っている最中の様子で、物理的にこれ以上進めそうにない。
Ftr476fki71

この日は日曜日で工事も休みだったみたい。
Ftr476fki72

ただ、反対側からも工事が進んでいるみたいで、近いうちにつながるんじゃないかと。
Ftr476fki69

Google Earthでこの場所を見ると、まだ木が切り落とされていない部分もあり、衛星写真が撮られた時よりも工事が進んでいる様子。
Ftr476fki60
ただ、この反対側から伸びている道をたどっていくと、池田町側の分断された国道476号線ではなく、県道203号線とつながっているという。

南越前町側から行けるところまで行ったのでUターンして引き返す。
Ftr476fki74
帰りは砂利道の下り坂になりますが、注意しないとズリーって滑ってコケそうになる。

国道476号線を戻り、長沢を右折して、たくら街道を花はす公園方面へ。

さらに県道202号線から県道203号線へ。

集落を抜けるとセンターラインがなくなり、車1台がやっと通れるほどの道幅の林道に。
Ftr476fki75
轍を外すと落ち葉や苔で滑ってしまうかもしれないので、轍の部分を慎重に進む。

林を抜けると空が一気に開け、素晴らしい見晴らしに。
Ftr476fki76
ただ、この間1台の車とも出会わず、携帯も圏外で、ずっとひとり。

ちょっと寂しこわい雰囲気も。

再び林の中を走ると、所々に路肩が崩れているところもあって、自動車でこの道は行けなくはないけど困難かと。
Ftr476fki77

小一時間かけて分断区間北側の池田町側へ回ると、標識には行き止まりと書かれている。
Ftr476fki78

国道476号線の行き止まりと書かれた方向へ進むと、通行不能予告が出てきて・・・
Ftr476fki80

舗装路が途切れ、雑草が生い茂る。
Ftr476fki81

さらに奥へ進んでいくと、道は未舗装どころか柔らかい土の道で、両側からススキの穂が垂れてバリケードと化してましたが、一応ガードレールが設置されていたのは国道のプライドか?
Ftr476fki82

さらに進んでいくと、完全に森の中の枯れ葉が敷かれたけもの道になってしまい、これ以上はトレイルできるオフロード車と森を走るテクニックが必要になる。
Ftr476fki83
あいにく、両方とも持っていない私はここで断念。

という訳で、分断された国道476号線の両端を見てみましたが、当分、つながる様子はなさそう。

また、この辺り、楽しそうな林道がたくさんあるのですが、いかんせん223ccで高速を長距離走ってここまで来るのはかなりしんどい。

日が暮れると寒くて震えたりもしましたが、グリップヒーターに救われた次第。

当分、バイクで遠出はしない・・・ かな?

| | コメント (2)

2017年11月12日 (日)

FTR223でひとりツーリング ~明治時代の柳ヶ瀬トンネル~

FTR223でひとりツーリング。

新疋田駅へ行ったあと(記事)、次に目指すのは今は廃線になった旧北陸本線跡へ。

北陸本線の木ノ本~敦賀間は今では近江塩津から新疋田を経由したルートになり、敦賀からの上り線には北陸本線の見どころのひとつ、鳩原ループ線がありますが、明治時代に北陸本線が開通した時は、今とは違い柳ヶ瀬トンネルを経由するルートでした。

北陸本線が新ルートに切り替えられた後も柳ヶ瀬線として営業していましたが、昭和39年に廃線に。

廃線後の線路は、ほとんどが国道365号線や北陸自動車道の用地に転用されましたが、県道140号線として使われている区間では鉄道時代のトンネルが今でも使われており、そのうちのひとつが柳ヶ瀬トンネル。

柳ヶ瀬トンネルは、明治17年に建設された全長1,352mのトンネルで、開通当時は日本最長のトンネルでした。

そんな明治時代に造られた柳ヶ瀬トンネルですが、廃線後に道路用のトンネルとして転用され、今でも通ることができます。

そんな柳ヶ瀬トンネルへ行ってみることに。
Ftr476fki20

新疋田駅を発ち、国道161号線から国道8号線を経て県道140号線へ。

県道140号線を走っていると、道路脇の茂みにちらほらと旧北陸本線時代の遺構も見えますが、今でも利用されているトンネルのひとつが小刀根トンネル。
Ftr476fki21
県道からは外れている・・・ というか、県道の方がトンネルを避けるように迂回しているこのトンネルは明治14年に完成したもので、今でも通ることができます。、

明治初期の古い規格で造られたので開口部が小さいですが、鉄道用のトンネルの面影がうかがえる。
Ftr476fki22

小刀根トンネルからしばらく進むと、柳ケ瀬トンネルへ。
Ftr476fki23
明治初期の小さな機関車に合わせて造られた鉄道用の単線トンネルを今でもそのまま使っており、トンネル内ですれ違うことができないくらいに狭いため、信号で交互通行になっている。

ただ、全長1km以上もあるので、青信号が極端に短く、赤信号の待ち時間が6分30秒もあるという。

今では信号の横に待ち時間が表示されるようになり、ずいぶんイライラ感も減ったでしょうな。

待ち時間のバーが減ってきた頃、トンネルの中から車が出てくる。
Ftr476fki24

しばらく車が出てこなくなると・・・
Ftr476fki25

やっと信号が青に!
Ftr476fki26

こちら側から車がトンネルへ入って行きますが・・・
Ftr476fki27

3台目で黄色に変わり、再び赤。
Ftr476fki28
次の青まであと6分30秒。

1時間で9回しか入れないトンネル。

信号待ちの間に、脇にある柳ヶ瀬隧道の土木学会推奨土木遺産の碑を読み込める。
Ftr476fki29

6分30秒後、私も次の青でトンネルに入ると、中はほとんど照明はなく、暗くて狭くてひんやりした空気。

中でカーブしていて勾配もある。

さらに、このトンネル内で車輪が空転し立ち往生した蒸気機関車の乗務員が、機関車の煙に巻かれて窒息死する事故も起こっていて、一言で言うと・・・



不気味 (((((;゚Д゚))))



反対側の入口は、緑の茂みの中に吸い込まれていくみたいな。
Ftr476fki30

道路脇には 『萬世永頼』 の石碑と・・・
Ftr476fki31

柳ヶ瀬隧道の解説。
Ftr476fki32

明治に造られたトンネルがそのまま今でも触れられるのは、なかなか貴重。

今回は柳ヶ瀬トンネルを目指しましたが、敦賀~今庄間の旧線にも建設当時のトンネルがある。

ただ、今回は別の目的地があるので、そちらはまたの機会に。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

FTR223でひとりツーリング ~北陸本線・南今庄駅~

FTR223でひとりツーリング。

旧北陸本線跡にある柳ヶ瀬トンネルへ行ったあと(記事)、国道365号線を北上し『南今庄休憩所』で休憩。
Ftr476fki41
ここへは休憩するために立ち寄ったのではなく・・・

休憩所の柱に直付けされている南今庄駅前のバス停があるとおり・・・
Ftr476fki42

南今庄駅に立ち寄るのが目的。
Ftr476fki43
駅舎はなく、ここが南今庄駅であることを示すものが一切ない。

手前の道路は旧北陸本線の線路があったところ。

階段を上がりホームへ行くと・・・
Ftr476fki44

ようやくここが南今庄駅であることがわかるという。
Ftr476fki48

南今庄駅は、北陸本線の輸送力増強のため北陸トンネルが造られ、新線への切り替え時に、旧線にあった大桐駅の代替駅として設けられた駅。

ホームにはずらーっと黒いマットが敷かれていて、これ何やろ?と思ったら・・・
Ftr476fki45

遠赤外線融雪マットだった。
Ftr476fki46
なるほど、吹きっさらしのホームに雪が積もらないように、これで溶かすんですね。

待合室はホームを進んだ先にありますが、待合室のだいぶ手前で融雪マットが終わってる。。。
Ftr476fki47
待合室のところまで雪溶かさへんのかーい!

へたすりゃ、命がけで待合室へ行かなあかんかも?

特急街道とも言われる北陸本線だけに、福井方面から683系サンダーバードが通過。
Ftr476fki49

非貫通の0番台だった。
Ftr476fki50

今度は敦賀方面から683系が通過。
Ftr476fki51

踏切から見ると、結構迫力がある。
Ftr476fki52

1日の乗車人数が20人に満たないだけに、滞在中他客の姿はなし。

休憩もできたし、次の目的地へ向かいます。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

FTR223でひとりツーリング ~北陸本線・新疋田駅~

もう1年ほど前になりますが、FTR223を買ってすぐの頃、遠出したくてひとりツーリングに行ってみた。

スマホとタンクバックにiPadも入れて出発。
Ftr476fki01

名神高速大津ICで降り、大津市内で給油。

燃料タンクが7.2Lしかないので、まだ行けそうでも早め&こまめに給油しなければなりません。

チョークの調子が悪いのか、チョークを全戻しするとエンストするので半開きにしており、アイドリングの回転が高く燃費が悪いため、信号待ちが多いとヘタすりゃ100km走らずにしてリザーブにしなくてはなりません。

大津市内から国道161号線へ入り、そのまま湖西道路で琵琶湖西岸を北上。

安曇川町で再度給油。

延々と国道161号線を北上して、最初の目的地、JR北陸本線新疋田駅に到着。
Ftr476fki03

無人駅ですが、駅舎はログハウス風・・・ではなく、ログハウス。
Ftr476fki02

駅舎に入ると、待合スペースには壁一面に鉄道写真がびっしりと貼られている。
Ftr476fki04

写真だけでなく方向幕やサボも。
Ftr476fki05

これを見ているだけでも十分楽しめる。
Ftr476fki06

名門、つばめがL特急として山陽本線を走っていた頃の方向幕。
Ftr476fki07

時刻表を見ると、日中の発着は毎時1本。
Ftr476fki08

ホームの方へ行ってみると、米原方向にはトンネルが口を開いている。
Ftr476fki09

かつて長編成の列車が発着していたので、カーブしながらすごく長いホームですが、電車向けに床上げしているのは4両分のみ。
Ftr476fki10

新疋田駅は、いつも大阪から北陸方面へ行く時、特急サンダーバードの中から通過する様子を見ていましたが、この辺りは急こう配の山越え区間なので、車窓から眺めていても面白い場所。
Ftr476fki11

すると、駅舎から上り(米原方面)ホームへ行く踏切の警報音が鳴り、下り線を特急サンダーバード683系が通過していく。
Ftr476fki12

カーブがあるせいか、スピードはそれほど速くない。
Ftr476fki13

その後、敦賀行きの新快速がやってきて・・・
Ftr476fki14

新疋田に停車すると、鉄の同志と思しき二人組が降りてきた。
Ftr476fki15
敦賀方面ホームはカーブの外側にあり、線路にカントが付いてるのか列車がカーブの内側に傾いて止まるので、列車とホームとのすき間が広め。

ここでずっと列車を眺めていてもいいのですが、まだツーリングの続きがあるのでこの辺で出発しましょかね。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

FTR223の1年点検

FTR223を買って1年が経ち、バイク屋から案内が来たので1年点検を受ける。
Ftr171001
買ってからまだ1000kmも走ってないけど(笑)

買った時からアイドリングが不安定で、去年、パイロットスクリューを1/8戻して少しガソリンを濃くしてもらって様子を見てましたが、その後も症状は改善されず。

しゃーないんで、ずっとチョークを半開きで走ってたことを伝えると、再度調整してくれたり排ガスの成分まで調べてもらいましたが、結局原因がわからず。
(個人的にはバイスターターバルブの不調だと思ってるけど)
Ftr171002
オイル交換をしたらチョーク全戻しでもエンストすることなく安定してるので、これでまた様子を見るか。

最近のクルマは電子化が進み、何から何までコンピュータで制御されていますが、チョークやキャブを調整してクセのあるエンジンの様子を伺いながら走らせるというアナログ的な感覚は「機械を操っている」という楽しさがありますね。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

FTR223の1ヶ月点検

中古で買ったFTR223の1ヶ月点検に出してきた。

この1ヶ月で気になったところは・・・

・アイドリングが不安定
・ライトが若干上向き
・左レバーホルダーの取り付けが緩く、クラッチレバーとミラーごと動く

を伝え、調整してもらう。
Ftr161101

エンジンが暖まってもチョークを全戻しするとエンジンが止まる症状は、パイロットスクリューを1/8戻して少しガソリンを濃くしてもらって様子を見ることに。

チョーク自体も動きがとてもスムーズになり、バイスターターバルブに注油でもしてくれたん?と思うくらい。

一応これでアイドリングが安定するようになり、エンジンが暖まった後チョークを全戻ししてもエンストしなくなりました。

FTRの点検中、ショールームを見ていると、ゴールドウイングが置いてあった。
Ftr161102
やっぱり優雅に乗るなら、ゴールドウイングは最高。

1800cc/6気筒のエンジンにクルーズコントロールも付いて高速も楽ちんだし、バックもできるし。
Ftr161103
ただ、420kgの巨体を扱えるかどうかが問題だな。自信はあるけど。

あ、保管場所がないわ!(ノД`)

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

FTR223のプラグ交換

最近、急に寒くなってきたせいか、FTRのエンジンのアイドリングが安定しません。

エンジンが暖まってきた頃、信号待ちでアイドリングの回転が高すぎるのでチョークを戻すと、エンストしてしまう。

1時間以上走ってもチョークを全部戻すとエンストしてしまうので、少しずつチョークを戻してエンストするかしないかのギリギリのところにレバーを調整しなければならないという。

しかも一度回転が落ちて安定したかと思っても、しばらくするとエンジンが咳込んでエンストしそうになるので、再びチョークを引っ張って回転を上げなければならないという。

おかげで、燃費が悪いのなんの。
満タンから80kmちょっとでリザーブになってしまうという。

チョークと言っても実際にはバイスターターなので、キャブのパイロットスクリューを調整しようとしたけれど、ホンダ車はD型の専用ドライバーが要るので断念。

気休めかもしれないけれど、とりあえずプラグを変えることに。

ノーマルプラグを買おうとしたけど、つい癖(ヘキ)でイリジウムプラグをポチってしまう。
Ftrplg161001

熱価は変えずに、DPR8EIX-9。
Ftrplg161002

FTRはプラグコードが丸見えなので、交換するのも楽チン。
Ftrplg161003

プラグコードを抜いてノーマルプラグを見ると、根元のボルトの部分もシリンダーの冷却フィンと同じように白錆が出てるので、だいぶ交換されていないかも?
Ftrplg161004

12mmのプラグレンチは持ってないので、車載工具に入ってるプラグレンチを使うことに。
Ftrplg161005

プラグレンチを車載工具の17mmのレンチで回して外します。
Ftrplg161006

左:新品のイリジウムプラグ
右:取り外したノーマルプラグ
Ftrplg161008
外したプラグを見ると色は悪くないと思うんですが、若干黒いような気もする。

新しいプラグの取り付けにあたり、NGKのサイトに指定の締め付けトルクが書かれてますが・・・
Ftrplg161013

いかんせんトルクレンチを持ってないので、同じページに載ってるトルクレンチを使わない方法で取り付けます。
Ftrplg161014

プラグの座金が当たってからレンチで180度回せと書いてあるので、プラグレンチをセットして180度回そうとしたところ・・・
Ftrplg161009

あれ、これ以上回らないぞ!
Ftrplg161010
絞め過ぎて切ってしまうといけないので、これでヨシとしよう。

プラグコードを取り付けてエンジンを回してみても異常ないし。
Ftrplg161011

ただ、車載工具が汚すぎるのはなんで?
Ftrplg161012
ビニール手袋をしといてよかった。

さて、プラグを変えて乗ってみたところ・・・


なんということでしょう~♪

(ビフォーアフター風)


あれだけ安定しなかったアイドリングがかなり安定するように。

しかも、下の回転でも咳き込まずによく粘るようになり、振動自体は減らないけれど少し角が丸くなった感じで、乗りやすくなる。

正直ほとんど効果は期待してなかったのに、機構が単純だからなのか予想以上に良くなった。

ただ、まだチョークを全戻しするとエンジンが止まってしまうので、やはりキャブ調整はいるかも。

今度の点検で見てもらおう。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

FTR223を買う

大型二輪免許を取ってもうすぐ2年。

休みの日にちょっと出かけるのに車じゃたいそうな時や、駐車場がいっぱいだったり料金が高かったりする時に、下駄代わりにバイクが欲しいなぁと思うように。

初めは125ccのスクーターでいいや、と思いながらネットを見てると、やっぱり250ccぐらいがいいなぁと思うようになり、そのうち同じ値段だったら中古の大型でもいいかな、と思いつつ、いかんいかん置き場もないし125ccクラスにしておかないと・・・ の無限ループ。

これを何十ループも繰り返した頃、この前、ソフトボールの試合で縦目のBw's125に乗って来てる人がいて、うゎ、かっちょええ!ということで、ついに決め打ちにかかろうと・・・

したけれど、新車のBw's125は最近モデルチェンジしてしまい、縦目じゃなくなってしまったという。

そこで少し熱が冷めてしまい、やっぱりスクーターじゃ楽しくないなぁと思うように。

かといって、MT車では荷物が乗せられない。

そんなこんなで再びネットを見ていて、ある日目に留まったのが、中古のFTR223。
Ftr223160901
「バイク選びは店選び」とも言われますが、バイク屋を知らない私みたいな初心者は、ディーラーの認定中古車を買うのが安心。

ただ、認定中古車だと認定代で少し高くなってしまいがちですが、ネットで同じような条件のバイクと比べてもお買い得な値段。

早速連絡して実車を見せてもらう。
Ftr223160902
「四輪駐車場」という表現が、バイク屋っぽい。

2005年式で約8500kmと年式の割には走っておらず、オイル漏れもなくフロントフォークやマフラーもきれい。

ボルトの錆もほとんどなく、タンクに少し傷があるけれどかなりきれいでコンディションもいい。

前オーナーは女性で街乗りしかしてなかったらしく、リアタイヤも真ん中しか減ってない。

ということで、即決!
Ftr223160904

納車後、200kmほど走ってきた。
Ftr223160903_2
単気筒223ccエンジンは下のトルクが厚くて、重量も130kgしかないので街乗りしやすい。

もうええ年のおっさんなのでバイクをいじる元気もないし、ドノーマルでちょうどいい。
Ftr223160905

ただ、やはり実用性は欲しいので、グリップヒーターとトップケースを取り付け。
Ftr223160906
カッコ悪くなるけど、おっさんが乗るしええやろ。

ネットを見てると高速は走らんという声が多かったけど、80km/hまでは全然大丈夫。

それ以上だと、車体が軽い分風に持っていかれそうになるので危ない。

昔、車でラリーをやってたせいか、気が付けばつい細い道を選んでしまったり。
Ftr223160907
未舗装な林道でも、ブロックパターンのタイヤなので問題なく走れた。

右半身で加減速、左半身で変速操作、両手両足バラバラな動きで操るバイクは何とも楽しい。

まだ乗り始めですが、気が付いたことは・・・
・ガソリンタンクが小さい。100km前後でリザーブにせなあかん。
・ニュートラルからギアが入りにくい。(中古だし車体固有の問題かも)

ですかね。

マニュアルにはタンク容量は7.2L、メインは4.7Lと書いてあるんですが、エンジンがプスプスしてガス欠の症状が出ですぐに給油すると3.8L。

リザーブでずっと走るのはこわいので、思ってたよりも航続距離は短くなりそう。

遠出するには携行缶必携ですな。

これで車では行きにくいお店でもランチしに行けます♪

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

DUCATI スクランブラーを借りてツーリング

連休中、天気がいいので、バイクを借りてツーリング。

今回の足はDUCATI、スクランブラーアイコン!
Scrambler01

大型免許取って3回目のバイクは初の外車。
Scrambler05

イタリア車は日本車にはない雰囲気で、特にナンバープレートがリアアームに付いており、知らない人が見たら「いちびって変なところにナンバー移動させとるわ」と思われそう。
Scrambler04

オンロードとオフロードが融合したクラシカルなデザイン。Scrambler03

803cc空冷L型2気筒エンジンのカバーにはコンロッドのようなデザインが入り、排水トラップのようにねじまがった集合管もいい。
Scrambler06
原付以外の空冷エンジンに初めて乗ったけど、確かに熱い。

タペット音が大きくて、アクセルを戻すと「ヒューン」という音と、「ボンボン・・・ボン」と生ガスが燃えてる音がするところは、メカ好きには心地いい。
Scrambler02

ヘッドライトの周囲にはLEDのリングライトが付いてるんですが、エンジンONでヘッドライトが点灯するので、せっかくのLEDリングが目立たない。
Scrambler10

ハンドルの幅が広くグリップ位置が少し高め。
Scrambler07
スマホケースは自前。

液晶の単眼メーターは、キーをONにするとデジタルのスピードメーターがテケテケテケ・・・っと300km/hまで増えて、0km/hに戻る。
Scrambler09
メーターの下半分、半円状にタコメーターがゲージになってますが、これはちょっと見にくい。

ウインカースイッチも指示器を出した時の指ごたえがないので、ウインカーが出てるのか出てないのかがわかりにくく、いちいちメーターで確認せなあきません。

キルスイッチの下に隠れたセルボタンはかっこいい。
Scrambler08

ガソリンタンクに5分以上のアイドリングは厳禁と注意書きが貼られているのですが、空冷エンジンだからしょうがないとはいえ、渋滞にハマったらエンジン切らなあかんのかい?
Scrambler11

803ccのエンジンは2000回転より下はスカスカで全く使えないけれど、しっかり回してやればトルクが厚くなる。

1速と2速のギア比が少し遠いので、ちょっと広い交差点の右折でもシフトアップしなければならないくらい。

でも、2速で3000~6000回転まで使えるので、街中では2速で十分。

2速から上はギアが近く、6速100km/hで4200回転ぐらい。

エンジンからの振動が激しいので、半日乗ると結構疲れる。

バイク屋の方に聞いたら、この振動はイタリア車にありがちで、振動がひどすぎて1か月でボルトが外れたり、リアブレーキのリザーブタンクのキャップがなくなったんだとか。

800ccでありながら車重が186kgしかなく全長も短いので、取り回しはすごく楽チン。

コーナーリングも軽快で、ヘタっぴな私でもコーナーで振りやすい。

それに、DUCATIはやっぱり目立つのか、PAや道の駅でバイクを止めると結構視線を感じる。

ニュートラルから1速に入りにくいとか、高速で巡航中にいきなりギアが抜けたり、エンジンを掛けようとしたらセルが回らなかったり、バッテリーの容量が小さいのかセルを回しても力が弱くちょっとエンジンが掛かるまで重たかったり、日本車にはないクセが外車っぽい。
(セルが回らなかった時は一度キーをOFFにして、再度ONにするとセルは回ってくれた)

ただ、エンジンの振動とか、周囲の視線とか、特有のクセなどはむしろ面白く、こうして外車にハマっていくんだろうな、と思ったり。

今回、約250km走って9.88L。燃費は25km/h。

燃費が意外と良かったのにはビックリ。

バイクを返した時はもう乗らないと思ったけど、ちょっと時間が経つと、また乗りたくなってきたりして。

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

レンタルバイクでCB1300を借りて福知山へ

去年、四十過ぎで大型二輪免許を取り、今年の初めに雪が舞う中ナナハンで街乗りデビューを果たした訳ですが、この時は極寒で初心者が力んだせいか、1時間も走るとクラッチレバーが握れないほどに左手の間接が痛くなるという。

この時は暖かくなったらまた乗ろうと思いつつ、なかなか時間が取れずに春が過ぎ、気が付けば梅雨入り。

真夏になるとツラいかなと思い、梅雨の晴れ間の中、またレンタルバイクを借りて福知山へツーリングに行ってみた。

今回借りたのは、ホンダが世界に誇るツアラーバイク、CB1300 SUPER BOLD'OR。
Cb13tr5601

教習所の時からずっとNC750しか乗ったことがなかったんですが、免許取って初のリッターバイク。

バイク乗りの友人曰く、「NC750は実用車なのでツーリングはCBの方が楽しいよ」ということで、CB1300に。
Cb13tr5602
初のリッターバイクですが、さすがスタンド上げた瞬間、

デカッ! 重たっ!

と言うてしまう。

バックミラーがハンドルではなくカウルに付いてるのでミラーが遠く、まるでフェンダーミラーみたいな感覚。
Cb13tr5604
その代わり、視線移動が少なくて済むのがいい。

さすがの1300ccは下からのトルクもあって、街中をのろのろ走る分には2速で発進してギアチェンジせずに上まで回せば、スクーターみたいな走り方もできたり。
Cb13tr5605
前が空いた信号ダッシュでは、1速でちょっと回転を上げてクラッチつなげば気持ちいい加速で、すぐに制限速度の60km/hに。

高速でもすごく安定していて、80km/hなら原チャリの30km/hのような感覚。

100km/hでもカウルとスクリーンの効果もあるのか、風圧を感じることなく楽に走れる。

帰りは下道で峠越えもしましたが、大きさと重さをそれほど感じることなく振れるし、コーナーリング中も安定してる。
Cb13tr5606
免許取ってまだ2回しか大型に乗ってないのでこれ以上のインプレは出来ませんが、純粋によく回って、よく走って、よく曲がる。

さすが、完成されたバイクと言われるのもわかる。

ただ、やはり街乗りは750ccの方が乗りやすいかなと思うので、もし買うならナナハンクラスにするかな?

今回、バイクを借りるにあたり、スマホホルダーを買って取り付けてもらった。
Cb13tr5603
スマホ対応のグローブなら、一応ケースの上から操作もできる。

反応は鈍いけど。

返却時には外してくれて、また次回使うことに。

今回、大阪から福知山を往復して238.7km。
Cb13tr5607
ガソリンは15.25L入ったので、燃費は15.65km/L。

帰り道少し右肩がこってきたけど、前回のような疲労感はなかった。

次はもうちょっとクセのあるバイクに乗ってみたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧