カテゴリー「ラーメン@東京」の36件の記事

2019年4月27日 (土)

七種類の天然だしを使ったまぜそば 『七だし屋』@東京・羽田空港第1ビル

羽田空港第1ターミナル北ウイング、17番スポットの手前にあるラーメン屋『七だし屋』

この日の朝、二択で迷って七だし塩そばを食べたところ出汁感がなかったのですが(記事)、出汁を売りにしている店でこんな出汁感ではないはず!

という訳で、帰りにも晩ごはんに立ち寄ることに。

カウンターで注文して、呼び出しアラームを渡される。

今度は「九」のシールはなく・・・

22番だった。

このアラーム、上面に金属の端子のような凸があり、下面はちょうど同じ位置に凹がある。

これ、レジで保管・充電するときにどんどん上に重ねられるので場所を取らないという優れもの。

注文品が出来上がったらアラームで教えてくれますが、とにかく振動がすごい。

今回注文したのは 特製和えそば。950円也(8%税込)。

今回はちゃんとお箸をつけてくれた。

塩そばにもありましたが、このチャーシューうまい!

麺はもちもちで縮れ気味の麺。

タレと麺と具をよく混ぜて食べてみると・・・

味、うすっ!
出汁感がほとんどないし。

やっぱり味は薄めですが、食べ進んでいくと少し出汁感が出てくる。

ここで、和えそばにも付いている山椒オイルをかけてみる。

あ、うま!

でも、やっぱりその後は山椒のピリピリの味が勝ってしまう。

食べる時は薄くても、ゲップをしたら味あるし・・・

出汁が好きなので出汁を感じようと1日2回行ったけど、結局、満足な出汁感は得られなかったな。

 

七だし屋
東京都大田区羽田空港3-3-2
羽田空港第1ターミナル2F北ウィング(保安区域内)
営業時間: 6:00~20:00(LO.19:45)(定休なし)

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

七種類の天然だしを使った塩ラーメン 『七だし屋』@東京・羽田空港第1ビル

朝、JALで伊丹から羽田に着いたあと少し時間があったので、朝ごはんに何かないかな~と思っていたところ、目に入ってきたのが『七だし屋』

第1ターミナルの北ウイング、17番搭乗口のだいぶ手前にある。

店の前のメニューを見ると、「だし」と言いながらラーメン屋だった。

醤油味の中華そばな気分じゃなく、塩そば和えそばだな、と思いながら入店。

カウンターで注文し、フードコートにあるような呼び出しアラームを渡される。

このアラーム、なんか斬新!

忍者が持ってそうな円盤状のアラームですが、一瞬、番かと思いきや実は番。

「七」は店名の七だし屋の「七」で、アラームの番号は円盤の横に表示されている。

テーブルに置いた時は「七」しか見えないから、「九」のシールが貼られたんですかね?

でも、実際に呼び出されるときは番号ではなく、強烈に震えて呼び出されるので、番号って関係あるっけ?

で、今回注文したのは七だし塩そば。880円也(8%税込)。

おぼんに箸が写ってませんが、ガッツリ忘れられてた。

透明感のあるスープはゆずの香り。

スープに沈んでますがチャーシュー、極太メンマ、のりと九条ねぎのトッピング。

”七つの贅沢な天然出汁に鶏がらスープを掛け合わせたコク深く風味豊かな味わい”と謳われていますが・・・

出汁の風味が少ない!

全体的に味が薄い。

味が薄くても出汁が美味しければいいのですが、その出汁の風味も少ないので、ただの薄いスープに感じてしまう。

これを「普段ジャンクばかり食ってるやつにはわからないだろうな、ププ( ´艸`) 」で片付けるのはナンセンス。

出汁を売りにしているお店でも、しっかり味が付いていてこのスープよりはるかに美味しい出汁はいくらでもある。

麺は透明感がありもちもちの食感ですが、なんか最近はやりのゼロカロリーのこんにゃく麺っぽい。

”こだわりの薬味”に、自家製山椒オイルとおろし生姜が付いているので、山椒オイルをかけてみると・・・

あ、うま!( °∀°)

山椒の香りが広がってアクセントになりますが、山椒のピリピリが強く残るので、余計に出汁の風味を感じなくなるかも。

二択で塩そばをチョイスして期待外れだったので、もう一つの和えそばも試してみようか?

 

七だし屋
東京都大田区羽田空港3-3-2
羽田空港第1ターミナル2F北ウィング(保安区域内)
営業時間: 6:00~20:00(LO.19:45)(定休なし)

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

もう病みつきになってる超極太ラーメン 『ぽっぽっ屋』@東京・晴海トリトンスクエア

東京で好きなラーメンのひとつ、極太ちぢれ麺のぽっぽっ屋のラーメン。

たまーに食べたくなるので、その度に小伝馬町のお店に通ってたんですが(記事)、この店が閉店してしまいました。。。

しばらくは何事もなく過ごしてましたが、先日、無性にあの極太ちぢれ麺が食べたくなってしまい、晴海トリトンスクエアにある『ぽっぽっ屋』へ。
Ppzpyrm18y01

食券を買って、野菜多め、味濃いめでオーダー。
Ppzpyrm18y02

ラーメン(8%税込850円也)+味付玉子(100円也)。Ppzpyrm18y05
野菜多め≒もやし多めで、なかなか麺にたどりつかず、もやしを掘って食べ進めるみたいな。

で、一番の特徴の超極太ちぢれ麺。
Ppzpyrm18y04
まるで小麦粉だけを練って茹でたようなコシのある、というか、コシしかない麺。

割り箸より太い超極太麺はもっちりさもなく、すいとんを食べてる感覚に。

でも、これが病みつきになってしまうんですよね~



ぽっぽっ屋 晴海トリトンスクエア店
東京都中央区晴海1-8-16
晴海トリトンスクエア 3F
営業時間: 平日11:00~23:00(LO.22:00)、土日祝11:00~22:(LO.21:00)(定休なし)
TEL: 03-5144-8259

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

美味しい油そばを食べる 『ラーメンがらがら』@東京・糀谷

東京都内で客先と飲んだ後、翌朝の便で大阪へ戻るので羽田空港近くのホテルを予約。

京急の羽田空港行きに乗っている時に「そーいえばシメをしてなかったなぁ」と思ったら無性にラーメンが食べたくなり、途中の糀谷駅で降りて環八通りを徒歩2分ほどのところにある『ラーメンがらがら』へ。
Grgrabrsbny01
店の名前はがらがらなのにお客さんはいっぱい!

と、恐らくこの店を語る上での鉄板フレーズをかましつつ、お一人様の私はカウンターに座る。

注文してからテーブルに備え付けの漬物を食べながら待っていると、なんとスネークキューブが置いてあった!
Grgrabrsbny02

なんだかすんごい懐かしくなり手に取ると、とりあえず球を作っておく。
Grgrabrsbny03

ちょうどそこへやって来たこの店の人気メニュー 油そば。650円也(8%税込)。
Grgrabrsbny04

味玉、わかめ、チャーシュー、なると、ねぎ、それと糸唐辛子がトッピングされています。
Grgrabrsbny05

油そばなので具材も含めてよーく混ぜなければなりませんが、味玉があると混ぜにくいので先に食べ、どんぶりの底のタレとよーく絡める。
Grgrabrsbny06
ひと口食べてみると・・・

ウマーい!( ゚∀゚)

コクとほんのり甘味もあるタレと、中太縮れ麺との相性抜群。

これは美味しい油そばに出会えたよ。

まるで炒飯に付いてくるスープのように、油そばにもスープが一緒に出てきた。
Grgrabrsbny07
油そばにスープって珍しいなぁ、と思いながら、もしかしてつけ麺みたいにして食べるのかな?と思い試してみたところ・・・


スープにつけない方が断然ウマい!


常にお客さんが絶えないのもわかる美味しい油そばです。



ラーメンがらがら
東京都大田区西糀谷4-27-4
営業時間: 18:00~翌1:00(日曜定休)
TEL: 03-5705-1230

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

クリーミーなスープの家系ラーメン 『壱角家』@東京・田町

東京はJR田町駅近くでラーメンが食べたくなり立ち寄ったのが、横浜家系ラーメンの『壱角家』
Ikkyiekrmtm01
場所柄なのか飲みのシメをするサラリーマンの他に、意外にもスーツ姿の女性のおひとりさまもちらほら。

メニューに”超オススメ”と書いてあった味玉ラーメン(並)をオーダー。853円也(8%税込)。
Ikkyiekrmtm02
家系ラーメンのゴリゴリのとんこつ感は抑えられマイルドなスープがクリーミーなのが特徴。

基本トッピングにうずら玉子が付いてるらしく、味玉ラーメンにするとさらにニワトリ製の玉子が追加され、2種類の玉子を食べ比べ!
Ikkyiekrmtm03

麺は太麺で食べごたえ満点!
Ikkyiekrmtm04
太麺だとゆで加減をリクエストできないことが多いけど、ここはスープや脂の量だけでなく麺のかたさもリクエストできる。

もちろんかためで!



壱角家 田町店
東京都港区芝浦3-7-15
営業時間 : 月~金:10:00~翌3:00、 土日祝:10:00~23:00(定休なし)
TEL: 03-5442-5343

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

中国で食べる蘭州ラーメンの味そのまんま 『馬子禄 牛肉麺』@東京・神田神保町

中国で有名な蘭州ラーメンの店が東京にオープンしたと聞いて、神田神保町の『馬子禄 牛肉麺』へ。
Lanzhlm01
この店のウリは"中国で食べるのと同じ味"らしいのですが、未だ日本で中国で食べる中華料理の味に出会えたことがないのでやや懐疑的でした。

ところが、店のドアを開けた瞬間から、まさに「中国の匂い」がする。

入口の券売機で食券を買う時に、麺を選びます。
Lanzhlm05

蘭州牛肉面 細麺。880円也(8%税込)。
Lanzhlm02

出てきたラーメンはラー油とパクチーがバサっと乗っかり、細い手延べの麺といい、脂感のない牛肉スライスといい、コクが控え目なスープといい、中国で食べるのと全く同じ味わい。
Lanzhlm03

麺の太さにムラがあるところも同じ。
Lanzhlm04

開店後すぐに満席になるほど人気の店で、私自身も初めて日本で中国の味を味わえた。

ただ、ラーメンの味としては、やっぱり日本のラーメンの方が格段にウマい。



蘭州拉麺 馬子禄牛肉麺
東京都千代田区神田神保町1-3-18
営業時間: 昼11:00~14:30、夜17:00~20:30(水曜定休)
TEL: 03-6811-7992

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

品川プリンスホテルの中のフードコートでラーメンを食べる『ひるがおEX』@東京・品川プリンスホテル

品川プリンスホテルのアネックスタワー2Fにあるフードコート『品川キッチン』で、お昼を食べることに。

このフードコート、よくあるショッピングセンターのそれとは違い、都内の人気店が入っているところがさすが品プリといったところ。

そんな中、今回は『ひるがおEX』のラーメンをチョイス。
Shnprhrgorm01

塩ラーメン 830円也(8%税込)
Shnprhrgorm02
塩ラーメンとは言うものの透明感はありませんが、コク深いスープがウマい。

細いストレート麺は注文する時に何もリクエストしなかったけど、やや硬めな食感に仕上がってた。

ホテルの中にフードコートがあるなんて知らなかったんですが、お昼ど真ん中でも結構空いていて、値段も普通だし、なかなかいい場所ですね。



ひるがおEX
東京都港区高輪4-10-30
品川プリンスホテル アネックスタワー2F 品川キッチン内
営業時間: 11:00~22:00(LO.21:50、定休なし)
TEL: 03-5421-1114

| | コメント (0)

2017年3月29日 (水)

中国で食べる担々麺のような味わい 『支那麺 はしご』@東京・溜池山王

東京メトロ溜池山王駅すぐのところにある『支那麺 はしご』
Hasgrm01
担々麺が美味しいと聞いて行ってみることに。

メニューによると担々麺は「たんたんめん」ではなく「だんだんめん」と書かれてますが、決して別物ではなく、中国語の発音をひらがなにすると「だんだん」と濁った方より適切なだけ。
Hasgrm04
でも、「だんだんみえん」とまで書かないところがステキ。

で、その担々麺(だんだんめん)普通辛をオーダー、900円也(8%税込)
Hasgrm02
店に入った時からにおいで想像してましたが、これ、中国で食べる担々麺みたいな味わい。

特に焼き豚に八角の風味が付けてあったり、スープに花椒が入っていて香りと刺すような辛さが美味しい。

麺はやや細めで、スープとよく合う。
Hasgrm03
これ、中国のいいレストランで食べる担々麺のような味で、ウマいを通り越し感動すら覚える。

たまに中国で食べる味わいの中華料理が食べたくなりますが、そんな時このだんだんめんはバッチリです。



支那麺 はしご 赤坂店
東京都港区赤坂2-2-21
営業時間: 11:00~翌1:00(土日祝は21:00)(定休なし)
TEL: 03-3583-5225

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

たまに食べたくなるゴツゴツ極太麺 『ぽっぽっ屋』@東京・小伝馬町

私が好きな東京のラーメン屋さんのひとつ、東京メトロ日比谷線小伝馬町駅すぐ上にある『ぽっぽっ屋』
Ptptyrm17031
最近行ってなかったので、久しぶりの訪問。

ら~めん野菜多め 750円也 +味付け玉子 100円也(8%税込)
Ptptyrm17032
ここの「野菜」はもやしのこと。てんこ盛りにトッピング。

久しぶりにすいとんのようなゴツゴツの極太ちぢれ麺を食べましたが、やっぱりクセになる味。
Ptptyrm170323jpg
スープは味に慣れたのか、初めて食べた時のような濃厚感は感じなくなってきましたが、これはこれでウマい。

たまに食べたくなるラーメンです。



らーめん ぽっぽっ屋 本店
東京都中央区日本橋小伝馬町3-6

営業時間: 11:00~22:30(土日:15:30まで)(年末年始定休)
TEL: 03-3666-2151

| | コメント (0)

2015年11月 7日 (土)

コシの強いもちもち麺の醤油豚骨ラーメン 『跳馬らーめん』@東京・小伝馬町

JR馬喰町駅から徒歩3分ほどのところにある『跳馬らーめん』
Hnumrmgkc01
馬喰町駅から小伝馬町駅の方向に国道6号線を歩いていると看板が目に入り、つい足が向いてしまった次第。

そーいえばこの店、移転する前のぽっぽっ屋があったとこじゃなかったっけ?(記事

ラーメンにしようかつけ麺にしようかちょっと迷って、もやし味玉ラーメンにする。790円也(8%税込)。
Hnumrmgkc02
背脂たっぷりの醤油豚骨スープと、シャキシャキの山盛りもやしにゴマ油が効いてウマい。

一見こってりしてそうですが、案外そうでもない。

コシがありもっちりした食感の太麺。
Hnumrmgkc03
飲んだあとのシメにもちょうどいいラーメンでした。



跳馬らーめん
東京都中央区日本橋小伝馬町16-12
営業時間: 昼:11:30~15:30、夜:17:00~23:00 (日曜定休)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧