カテゴリー「携帯・デジカメ」の62件の記事

2017年7月24日 (月)

『iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム』でバッテリー無償交換

去年の年末に、私のiPhone6sがバッテリー無償交換のサービスプログラムに該当してることがわかったんですが、その時は新しいバッテリーの入荷待ちやら修理の混雑やらで交換が出来ず、そのまま使い続けていました。
20155892

で、先日、ようやく新しいバッテリーに交換してもらうため、ルクアイーレの蔦屋書店内のカメラのキタムラへ。
201089876302

バッテリーの交換自体は15分ほどで終わったんですが、バッテリーの残量が3割ほどしかないというので、ちょうど次の予定まで時間が空いてたこともあり、時間つぶしがてら30分ほど充電してもらうことに。

iPhone6sは1年半ほど使ってますが、やっぱり新しいバッテリーはぜんぜん減り方が違う!

しかも、私のiPhoneのCPUはサムスン製のA9ですが、TSMC製のA9よりバッテリーの減りが早いというハズレCPUが乗っかってるので、バッテリーが新しくなるのはすごくありがたい。

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

グローバルWiFiのVPNルーターは中国でかなりいい感じに使える

今回の中国出張では、iPhoneに中国・香港用のSIMカードを使いましたが(記事)、もし中国政府のネット規制に引っかかってしまった時のために、別途、グローバルWiFiのVPN対応ルーターをレンタルしてました。

このWi-Fiルーターも、中国に入ってから電源を入れるようにと注意されていたので、中国のホテルで初めて取り出してみると・・・

デカい!(;゜0゜)

iPhone6sと並べてみる。
Gwi170601
Wi-Fiルータなのに大きな液晶画面があり、さらに通話口のような穴があるので、もしかしてスマホ的なやつ?

でも、もんのすごく分厚い!!
Gwi170602

大きさはトランプの箱より少し大きいぐらい。
Gwi170603
もちろん、重たい。

これを見た上海人W氏は、テレビか!とツッコんでました(笑)

肝心のVPNですが、アカウントとパスワードを設定すると無事接続できました。
(実はパソコン、iPhoneとも1回目は接続できなかったんですが、もう一度設定すると接続できたという)

スピードも安定性も特に問題なく、ネット規制もなんのその、Gmailにも海外製SNSにもつながるし、ヤフーメールに入ってもアラートメールは送られてきません。

これ、かなーり使えるルーターですが、そのうち共産党政府が使えなくしてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

中国・香港用のSIMで4G高速通信&ネット規制を受けずにLINEも使える

今回の中国出張では、中国・香港用のSIMカードを使ってみることに。
Hksim1701
4G高速通信を7日間で2GB分利用できるSIMを、予め日本でアマゾンから買っておいた。

香港ではネット規制はないけれど、中国本国へ行くと政府が人民の言論を抑圧するためのネット規制があり、外国製SNSが一切使えません。

実はこのSIM、香港と中国で使えるだけでなく、中国政府のネット規制を受けないでネット接続ができるらしい。


iPhoneで現地のSIMに付け替えようとする時に、絶対に忘れてはならないものがあります。

それは・・・


SIMカードホルダーを外すためのピン!


これを忘れると、SIMホルダーを外すことはできません。

で、この私・・・


忘れました(ToT)


ピンを忘れたことに気付いたのは関空のキャセイラウンジにいてる時だったんですが、ラウンジの受付でゼムクリップを1ついただき、これを伸ばしてホルダーを外すことができた次第。
Hksim1703

アクティベートは必ず現地でするようにと注意書きがあったので、香港空港でSIMを交換。
Hksim1702

パッケージに書いてあるAPN設定をすると、問題なく接続完了。
Hksim1704
SIMを替えると、UNICOM HK の表示に変わる。

香港から高速船で中国・珠海へ渡りますが、香港空港を出発してすぐは、まだUNICOM HKのままで、Googleマップが使えてます。
17061162

海へ出てもまだ香港の電波を拾ったまま。
17061166

珠海に着くと、中国联通に変わる。
17061169

中国本国の電波に切り替わりましたが、一応、Googleマップが使えてる。
Hksim1705

Google以外にも、LINEも使えてLINE通話もできるし、外国製SNSにも問題なく接続できてます。

今回の出張で訪問した珠海、広東、済南、泰安、上海どこでも規制を外して接続できて、特に速度が遅いこともなく、日本にいるのと同じように使えました。

ただ、そのうちこういう抜け道は共産党政府によって封鎖されてしまうかも。

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

台湾で中華電信のプリペイドSIMを使う

今回の出張で台湾滞在中、現地のプリペイドSIMカードを使ってみることに。

台湾、桃園空港で飛行機を降り、入国審査へ行くまでに・・・
17042336

中華電信のカウンターがあったので、ここでプリペイドSIMを買うことに。
17042341
5日間データ通信とWi-Fiが使えて、NT$300分の通話料が付いたSIMカードを買う。NT$500也。

カウンターのお兄さんに北京語で話したところ、一応やりとりできた。

台湾は捲舌音の”h”の発音が抜けるので私も合わせた方がいいのかな?と思ったけど、こちらは”h”入りで喋っても大丈夫。

ただ、向こうから返ってくる言葉は”h”抜きですが・・・


SIMを買うにはパスポートと、日本の運転免許証などの住所がわかる身分証が要るようで、しっかり要求されました。

クレジットカードで支払い、SIMカードはその場で交換してもらえます。

この時、日本のSIMカードはジップロックみたいな密封できる袋に入れてくれました。

電源を入れると、すぐに中華電信の電波を拾う。
17042342
イミグレの順番待ちで電源を入れた直後なので3Gになってますが・・・

ちゃんと4Gも拾いますので心配なし。
17042348


ただ、これですぐには通信できません。

設定 → モバイルデータ通信 → モバイルデータ通信ネットワーク の画面を見ると、日本で使ってたSIMの設定になったまま。

なので、下へスクロールしてリセットをしたあと、モバイルデータ通信のAPNに『internet』と入れたら使えるようになりました。
17042347

台湾で現地の電話番号をもらえるので、仕事でタクシーをチャーターしても運転手と電話番号の交換ができて、すごく便利。


ただ、現地でSIMを差し替えてiPhoneを使うにあたり、忘れてはいけないことがあります。


それは・・・


SIMを抜くためのピンを持っておくこと!


台湾ではSIMカードを買ったときに差し替えてもらいましたが、帰国してから再び日本のSIMに差し替えなくてはなりません。

この時、iPhoneではSIMのトレイを抜くために細い金具が必要ですが、これがないと空港から自宅まで通信できない状態になってしまう。

このことを現地滞在中に気が付いたので(行く前に気付けよ!)、台北市内のダイソーにでも行ってクリップでも買おうかと考えてました。


ところが!


帰国前日、台北市内で泊まったホテルの部屋になぜか文房具セットがあり、この中にクリップが入ってるじゃないか!
17042343
これは神ってるとしか思えない!

クリップを1ついただき、無事、帰りの飛行機の中でSIMカードを交換できた。
17042344

SIMトレイの穴にクリップを挿しこんで、取り出します。
17042345

中華電信のSIMとともに帰国。
17042346

マナーモードで写真を撮っても「カシャ!」とシャッター音が鳴らない以外で、はじめてSIMフリーiPhoneが役に立ちました(^^)

| | コメント (0)

2016年10月 5日 (水)

docomo F-07Fの電池交換

2年前に買ったガラケー、docomoのF-07Fですが、最近、勝手に電源が落ちて再起動する現象が起こるように。
Kt07dnckn601

経年でこの現象が起こることは、この10年来経験済みなので、ポイントを使って電池を交換することに。
Kt07dnckn602
これで一応”再起動病”はなくなりましたが、しばらく様子をみることにしよう。

今どきは新機種はスマホしかない状況が続いていますが、ビジネスにはやっぱりガラケーが一番使いやすく、メールの内容を確認しながら電話したり、ホームページを見ながら店の予約をしたり、スマホの画面を見ながら電話できるのはかなり便利。

電話しながらメモが必要な時も、スマホの画面に手書きできるし。

唯一不便なのは、”2台持つ”というところ。

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

iPhone4SにイオンモバイルのSIMカードを使ってみる

これまで、iPhone4S(SIMフリー)にはb-mobileの6ヶ月定額プランを使ってたんですが、使い始めた当時は安かったb-mobileも、今や同じようなコスパのMVNOが増えてきた。

すでに今ではiPhone6Sをメインに使っており、iPhone4SはiPod代わりに使っている程度ですが、やはり3G通信は確保しておきたい。

そこで、今話題のイオンモバイルを試してみることに。

イオンモバイルの詳しいことは公式サイトにおまかせするとして、通信速度が遅くてもいいから月額料金を安くしたい人にいいかも。

なにより、契約縛り期間がないのがいい。

イオンに買い物へ行ったついでに、1GBデータプランを申し込んでみた。

申し込んだ日は祝日だったので手続きに2時間ほど掛かると言われ、買い物しながら待っていると出来上がった。
Aonmblmd01
イオンモバイルはdocomoの電波を使っているのですが、SIMカードにdocomoのロゴはなく真っ白のカード。

iPhone4SにSIMカードを挿し、説明書の通りにプロファイルをインストールしたらすぐに使えた。

試しに通信速度を測ってみると、最高で2.98Mbps。
Aonmblmd02
ま、こんなもんか。

そのままWi-Fiにつないでみたところ、9.04Mbps。
Aonmblmd03
むしろWi-Fiおっそ!(笑)

ちなみに、iPhone6SのLTE(NifMo)で測ってみると、10.84Mbps。
Aonmblmd04

iPhone4SでYouTubeの動画を見てみると、サクサクという訳にはいかず、途切れはするけどまあまあ我慢して使えるレベル。

今はメイン機ではないし、これで十分かも。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

iPhone6sのCPUをチェックしたら・・・ orz

先日買ったiPhone6s。
Iphone6s01

iPhone6sと6s Plusに搭載されているCPU「Apple A9」は、サムスン製のものとTSMC製のものがあり、このCPUメーカーの違いでバッテリー持続時間が違うなどの性能差もあるらしい。

しかもその差、2時間も!
(リンク:2時間も違う!?TSMCのA9とSamsungのA9搭載iPhoneのバッテリー持続時間)

このリンク先の検証が正しいなら、TSMC製がアタリ、サムスン製がハズレということに。

そうなると、自分のiPhone6sはどちらのCPUが乗ってるのか気になるところ。

そこで、AppStoreで「Lirum Device Info Lite - System Monitor」というアプリを入れ、チェックしてみた。

このアプリは、iPhoneのシステム情報が見られるんですが、私のiPhone6sは・・・

Img_1617

Model欄がCPUのモデル名なんですが、ここにN71mAPと出てればTSMC製、N71APだとサムスン製。

私の場合は、N71AP


ハズレでした ( ノД`)

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

アメリカvarizon版 iPhone6S+NifMoに乗り換え

2011年に買って、4年間使ってるiPhone4S。
Iphone02

香港で買ったSIMフリー機でスクリーンショットやカメラを使ってもシャッター音は鳴らず、まだdocomoがiPhoneを扱う前からb-mobileのdocomoSIMカードをぶっこんで特に支障なく使えてたんですが、経年劣化なのかどうも最近バッテリーの減りが早く、4年の間にアプリも重たくなったせいかスムーズにスクロールせずカクカクした動きになってしまう。

今時のiPhoneは大きすぎるのが嫌なので、頑なにiPhone4Sを使い続けていましたが、やはり動作がおぼつかなくなるのは支障があるので新しく買うことに。

と言っても、スクリーンショットで音が鳴るのは嫌なので、海外SIMフリー品を買わなくてはなりません。

今回も香港で買ってもいいかな、と思ったんですが、最近は海外へ行く機会も増えてきたし、せっかくなのでGSMとCDMAの両方使える方がいい。

しかし香港品はGSMしか使えないので、今回は見送り。

結局、なんやかんやで(そのなんやかんやを言わんか~い!)日本と同じ品番(A1688)で技適マークがあって、GSMとCDMAの両方使えるアメリカvarizon版のSIMフリー iPhone6sを買った。
Iphone6s01
やっぱりデカいので、片手では使いにくい。

iPhone4sからの引っ越しですが、私はiCloudは使っていないので、専らパソコン経由でのデータ移行に。

iPhone4sはiOS7.1.1だったんですが、iOSのバージョンをiPhone6Sと合わせておかないとデータ移行がうまく行かないそうなので、まずは4sのバックアップをパソコンに取り、その後OSとアプリを最新にアップデートする。

ちょうどiTunesでつなぐパソコンも買えようと思ってたので、新しいPCにiTunesを入れて、こちらにアップデートした4sのバックアップを取る。

このバックアップからアクティベーションし終わったiPhone6sへデータを移そうとケーブルをつないだんですが、なぜかiTunesがiPhone6sをうまく認識してくれず、リカバリーモードになってしまう。
Iphone6s04

どうやってもここから先へは進めそうになかったので、『iPhoneを復元』ボタンを押して工場出荷状態に戻す。

その後、バックアップからデータを戻し、無事引っ越し完了。

結局、足かけ2日掛かった。

メールの設定やLINEもすべて移行されていて、特に不具合はなし。


そんで、SIMカードですが、4sではb-mobileを使ってましたが値段が高いので、6sではdocomo電波を使う他のMVNO業者にすることに。

データ量としては毎月1Gも使わないので初めはDMMの1GB・590/月のプランにしようと思ったんですが、結局NifMoの3GB・900円/月のプランにした。

なぜNifMoにしたかというと、今すでに@niftyと契約しており、改めて個人情報を渡す必要がなかったから。

申し込んでから4日でSIMカードが届く。
Iphone6s02

iPhone6sには、verizonのSIMカードが入っており、これと交換。
Iphone6s03

iPhone4sではずっと3Gでかなり遅かったこともあり、LTEだと超はやーい!

ストリートビューもYouTubeも実用に耐えうる速度。

ちなみに、スピードテストをしてみると、たいたい12~20Mbpsぐらい。

これだと、今使ってるEmobileのWi-Fiルーターも要らなくなるかも。

東海道新幹線ではほぼ全区間電波つながってるし。

ひとつ難点といえば、せっかくiPhone6sを買ったけれど、外見はiPhone6と全く変わらないことかな。

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

IOデータのWi-Fiストレージ『ポケドラ』を買ってみた

IOデータのWi-Fiストレージ、『ポケドラ』WFS-SR02を買ってみた。
Iowifsr0201
特に必要に迫られた訳じゃないけれど、iPhoneの写真をWi-Fiを通じてパソコンへ送ったり、録画したテレビをSDカードに入れてパソコンで見られたらいいな~と思ったので。

大きさは、USB付のエネループよりちょっと大きく、ちょこっと分厚い。
Iowifsr0202

SDカードを使えば、容量を増やせないiPhoneのファイルを逃がせる。
Iowifsr0203
iPhoneとのファイルのやり取りには専用アプリが要りますが、レビューを見てるとどうもiOS8以上にするとちゃんと動かないみたい。

私はまだiOS7.1.1ですが、今のところ問題なく動いている。

まだ全部の機能を試してないけど。

しかもこれ、Wi-Fiでデータを飛ばすだけでなくUSBで充電もできる。

今使ってるエネループよりもちょっと大きいけれど軽いので、持ち歩くにはどっちがいいか?

しばらく使ってみて様子を見よう。

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

ガラケーからガラケーに機種変 docomo F-07F

今やスマホ全盛期の中使い続けているガラケー docomo F-09Cですが、知らない間に電源が落ちて再起動するトラブルが続いてました(記事)。

電池を交換して様子を見てたんですが、しばらくするとやっぱり電源が落ち再起動する。

どうやら電池と本体の端子との接触が悪いようで、一旦電池を外して入れなおすと不具合は起こらないけど、しばらくするとやっぱりダメ。

F-09Cを買ってから2年10ヶ月経つし、そろそろ買い替え時かな~と思ってたところ、2014年夏モデルに全部盛りのガラケーが出たので、機種変しましたっ!

docomoの新ガラケー、F-07F。
F07f01
モバイルsuicaが使えるガラケーでないとダメだし、ワンセグとGPSもたまに使うので、結局フルスペック仕様のガラケーに。

これまで4台連続でスライド式を使っていたので、二つ折りのケータイはP505i以来10年ぶり。

広げて耳に当てると、なんだか懐かしい感触もあったり。

機種変の手続きをしてる時に「今どきガラケーに機種変するの珍しいでしょ?」って聞いてみたら、「いえ、今、ガラケーすごい多いですよ!」だって。

定額払えば電話がかけ放題になる料金プラン『カケホーダイ』が出たこともあって、ガラケーにカケホーダイとi-modeだけを付けて、メールとネットはスマホを使うビジネスマンが多いんだとか。

電池を気にしなくてもいいし、メールやネットを見ながら電話もできるので、スマホとガラケーの2台持ちをするケースが増えてるらしい。

私はずっとiPhoneと2台持ちだけどね。

結局、電話するのは二つ折りのガラケーが使いやすいってことですわな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧