カテゴリー「出張@国内」の536件の記事

2017年12月17日 (日)

新幹線で東京出張

今回の東京出張は新幹線で。
17120701

新大阪7:20発、のぞみ210号。
17120702

N700Aのトップナンバー、G1編成。
17120703

最近、雲に隠れて見えないことが多かった富士山ですが、この日は気持ちいいほどの晴天で、富士山がきれいに見えた。
17120708

仕事を終え東京駅まで戻ってきたんですが、ふと新宿駅の駅ナカで売ってるスイーツを買いに行こうと思い、中央線で新宿へ。

その後、新宿で改札を出ずに東京駅まで戻ってきたのでSuicaで改札を出られず、有人改札で精算。
17120706

大阪への帰路は東京19:13発、のぞみ411号。
17120705

19:10発のぞみ125号の直後に走る臨時のぞみなので、比較的空いている。
17120704

N700系 X5編成。
17120707
帰りの新幹線もえらい空いてました。

夕方にラーメンを食べに行ったので、車内で出張帰りの至福のひとときはなしでした。

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

福岡空港の飛行機が見えるレストラン『YOSHIMI』@福岡空港

福岡空港第2ターミナルの3階にある『YOSHIMI』
Fkokapysmrs01
今は改装して外観が変わってるかもしれません。

ここで飛行機の時間まで軽くモーニング、という訳で、モーニングサラダをオーダー。930円也(8%税込)。
Fkokapysmrs02

この店では、スポットの飛行機を間近に見ることができるのがいい。
Fkokapysmrs03

ちょうどB777-200、JA742Aがプッシュバックされていくところ。
Fkokapysmrs04

しばらくするとB767-300、JA8669がスポットイン。
マーシャラーの動きとか、スポットインしてから作業の様子もよく見える。


別のスポットにB767-300、JA8322がやって来ましたが、誘導路からスポットのマーシャラーが見えないので、手前で別のマーシャラーが誘導している。


ここからならずっと見ていられそうですが、乗り遅れないようにしなければなりません。



YOSHIMI
福岡市博多区大字下臼井767-1
福岡空港第2ターミナル3F
営業時間: 7:00~21:00(LO.20:30、定休なし)
TEL: 092-622-6287

| | コメント (0)

2017年12月15日 (金)

帰りの新幹線はガラガラの臨時のぞみ

東京からの帰りは新幹線で。

今回はEX-ICグリーンプログラムのポイントでアップグレード。
17112273

東京15:20発 のぞみ379号。
17112271

N700系 X3編成。
17112272

臨時のぞみは比較的空いてることが多いのですが、今回も9号車は超ガラガラ。

夜は今シーズン初の忘年会なので、出張帰りの至福のひとときは、じゃがりこ&コーヒーでがまん。
17112274

明るいうちに帰りの新幹線に乗れるのは、なんかうれしい♪

| | コメント (0)

2017年12月13日 (水)

羽田空港からエアポートリムジンバスで東京ビッグサイトへ

JALで羽田空港に着いた後、エアポートリムジンバス(東京空港交通)で東京ビッグサイトへ向かいます。

第1ターミナル9:20発のバスは残席数2になっていたので、まだ残席数が多かった次便の9:40発の乗車券を買う。
17112211

ところが、バスは第2ターミナルから出発して第1ターミナルへやってくるので、いい席は第2ターミナルで埋まってしまう可能性が高い。

リムジンバスのカウンターで聞いてみたら、第1ターミナル発の乗車券でも第2ターミナルから乗れるけど、発車時刻は5分早いので気を付けて、とのこと。

そこで、一旦無料巡回バスで第2ターミナルへ戻り、リムジンバスに乗ることに。
17112212

バスを待っていると、目の前を白ナンバーの路線バスがたくさん走っている。
17112214

よく見ると、東京オリンピックデザインのナンバープレートを 付けさせられて 付けていた。
17112215
関西ではまだ見たことがないけど、東京では多いようですね。

9:32頃、お台場方面行きのバスが到着。
17112213
これも東京オリンピックプレートだった。

新しいエアロエースは、室内も木目調の床に座席も新しいタイプ。
17112216

今どきの必須装備、100V電源コンセントもほぼ全席に。
17112217
17112218

1便前はほぼ満席だったのでこの便も混むかなぁと思いきや、第1ターミナルを出発しても空席がある。
17112219
私の隣席も空席だったのでヨカッタ。

首都高が渋滞してたので少し時間は掛かったようですが、道中ほとんど寝てたのでむしろ助かったかも。

| | コメント (0)

2017年12月12日 (火)

今回の東京出張はJALで羽田へ

今回の東京出張は東京ビッグサイトへ行くので、飛行機で羽田へ。
17112201
東京出張では東京に着いてからの行き先にもよりますが、飛行機で行った方が新幹線よりも家を1時間遅く出ても同じ時間に付けたりする。

でも、飛行機だとラウンジでコーヒーを飲むために、結局、家を早めに出ちゃうけど(^_^;)

保安検査場でもらうIC控えを見ると、出発が20分遅れるらしい。。。

18番スポットには、昨晩到着してるはずの飛行機がない。

JALのホームページをチェックすると、使用する飛行機の手配のため出発遅延 だって。
17112202

夜の整備でどこか不具合が見つかったんですかね?

ま、搭乗してエンジン掛けてからキャンセルになるよりはいいけど(記事)

20分遅れになった搭乗時刻に合わせて搭乗口へ行くと、恐らく機材変更になったB777-200がスポットインしてた。
17112203

レジ番はJA007D。 なんかかっちょええ。
17112204

7:35に優先搭乗が始まりましたが、すでに長蛇の列だったので加わらず。
17112205

今回は前日に予約したせいもあり窓側も通路側も空いておらず、中央列の中央席。
17112206

離陸後、無料の機内Wi-Fiで現在位置を確認。
17112207
ホントはflightradar24でチェックしようと思ったら、中央列だったのでGPSが受信できず、現在位置が見れなかったり。

やっぱりいつもの窓側じゃないと、やることがなくて・・・

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

ひかりのグリーン車は外国人旅行者が多い

東京からの帰路は新幹線で。

東京駅18:33発、ひかり527号。
17103182

EX早特にしたのでひかりにした次第。
17103181

N700系 X8編成。
17103183

隣の15番線に止まってたのはG編成のトップナンバー、G1編成だった。
Jrn700_g0102

グリーン車は隣席に他客が座ることはまずないので、カバンを置いてビールを開けて出張帰りの至福のひとときを満喫しようとしていたところ、なんと品川でインド人風の3人組旅行者がやって来て、隣に座るじゃないか!
17103184
ビールを開けた時にトイレに行きたくなったけど飲みきってから行こうと思ってたのに、これじゃ危なくてカバン置いたままトイレに行けないやんか!!

ひかりは外国人が使えるジャパンレールパスで乗れるからなぁ。。。

EX予約で空席をチェックすると前後の席は空いてるのに、なんで隣に来るねん!

外国人は得てして香水臭いのですが、隣席のインド人も同じ。

いつの頃か日本人が麺類を音を出してすするのを外国旅行者がハラスメントとほざいていたことがありましたが、おまえら外国人の臭いは十分スメハラなんだよ!

しゃーないからこっちが動いてやろうかとも思ったけど、すでに通路側をブロックされてしまい動けない。

寝るに眠れずトイレもガマンして、結局、隣のインド人は京都で下車。

京都ですぐトイレに行ったわ。

トイレに立った時に見ると、他の席にも外国人が多いこと。

これは要注意だな。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

東京モーターショー2017へ行く

今回も行ってきました、東京モーターショー。

平日の朝10:30頃に東京ビッグサイトに着くと、入場ゲートから長くて太い列がずらーっと出来ていてちょっとビビる。
2017tms01
チケットは新橋駅でゆりかもめ1日乗車券とセットで買ってたので助かった。

時節柄、入場ゲート手前のTMSの看板の下あたりで手荷物検査があり、それで混雑に拍車をかけているみたい。

手荷物検査と言っても、かばんの中身を見せるだけですが。

今回の東京モーターショーは今までとは違い、漠然と出展車を見に行くというよりは、次の車選びのための下見的な要素が多いので、見たい車を狙って行くという感じ。

個人的に一番気になっていたマツダ。
12月に発売されるCX-8はまだディーラーに入って来ていないのですが、展示されてる実車をチェック。
2017tms02

気になる3列目を見てみると、決して広々とはいかないまでも5ナンバーミニバンくらいそこそこ使える広さで、これはアリやな。
2017tms03

どの車に乗ってもたいてい狭くなる私が2列目に乗り、そのポジションのまま真後ろの3列目に座ってみても少しすき間がありシートを膝で押すこともないので、標準体型の人なら十分使えるかと。
2017tms04

深化した魂動デザインという”MAZDA VISION COUPE”
2017tms05

前回の東京モーターショーで出展されてたロータリークーペスタイルのRX-VISIONを4ドアクーペにして、レシプロエンジンを載せれるようなスタイルにしたみたいな。
2017tms06

ターンテーブルで回ってるのを見てるとカッコいい。


リアのデザインは、前回のRX-VISIONと同じくアメリカンマッチョな雰囲気がありますが、このハイマウントストップランプとウインカーの点灯の仕方がいい。
2017tms07

最近のアウディやレクサスでは、昔の大型車で流行った流れるウインカーみたいなセンスのない光り方をしてますが、このVISION COUPEのような「パッと点いてじわーっと消える」点き方はカッコいい。


コンセプトモデルの「魁」(KAI)。
2017tms08

これ、カッコ良すぎてこのまま次期アクセラになったら買ってしまうかも。
2017tms09

現行BMアクセラスポーツのリアは若干アルファロメオ・ジュリエッタのような雰囲気がありますが、この車のリアデザインは、ますますアルファロメオっぽくなったり。
2017tms10

こっちの方が、今の魂動デザインを深化させたような気もする。


次に狙って行ったのはメルセデス。
2017tms11
S560ロングの展示車に付いてた20インチのAMGホイールがいいなぁと。

これ、もしかして近々オプション設定されるAMGラインプラスに付くやつじゃないかい?

電気自動車ではBMWに先を行かれているメルセデスですが、EV専用ブランドEQのコンセプトモデル、EQAが展示されていた。
2017tms12
名前からするとAクラス相当になるのかな?

細いラインLEDを立体的にくるくると巻いたようなテールランプは、奥行きが出ていいですね。
2017tms13

メルセデスといえばやはりF1マシンも展示。
2017tms14

今どきのF1マシンのフロントウイングは、えげつないぐらい複雑な形をしてる。
2017tms15
ギャルソンのエアロか!とひとりでツッコむ。

最近、F1中継がなくなったこともあり全然見てなかったのですが、セナプロ時代のF1マシンとは隔世の感がありますな。
2017tms17

スリップストリームに入ったら、こんな感じで見えるのかな?
2017tms16

2016年コンストラクターズチャンピオンのトロフィーも。
2017tms18

こんなに近くで見たことはなかったのですが、年ごとのチャンピオンチームのエンブレムが埋め込まれてるんですね。
2017tms19
2017tms20

中は金色に光ってます。
2017tms21

もう1台、狙って見に行ったのが、BMW Z4。
2017tms22
触ってみたかったけど、触らせてもらえず見るだけ。

実は、電動ハードトップのオープンカーが欲しいなぁと思っていてZ4も候補に入ってるんですが、このボディーのデザインやフードの切り方を見るとハードトップではないかも。
2017tms23

エクステリアやインテリアのデザインがいかにもBMWっぽくていいんですが、これで幌はないよな~。
2017tms24

狙って見たかった車はこれくらいで、あとは適当に流し見ていく。

新型レクサスLS500に座ってみたら、クーペスタイルとか言って天井を低くしたせいなのか、座高が高い私は前でも後ろでも頭が天井に触れてしまう。
2017tms25
電気シェーバーみたいなレクサスグリルもいただけない。

ルノー傘下の日産はめぼしい発売予定の新型車はなかったんですが、ケチが付いている車よりも、AIを駆使して作られたというコンパニオンが気になってしょうがない。
2017tms26
これ、モロに不気味の谷にハマってるし。

AIなので「あい」という名前らしいけど、むしろ不気味の谷の谷さんにした方がいいんじゃないかと思ったり。


動画で見た方が違和感が伝わるかと。


ホンダのブースではレジェンドが展示されていましたが、テールランプがBMWかと思った。
2017tms27

ホンダは車よりバイクの方が盛り上がってるようで、日本製に戻ったカブや125ccになったモンキーはもちろん・・・
2017tms28

生産中止になったゴールドウイングが、新しくなって来年復活するらしい。

2017tms29
エンジンは変わらず1800cc水平対向6気筒。

トランクは若干小さくなったかも。
2017tms30

個人的には、トランクのないF6Bの後継車がいい。
2017tms31

来年春にアメリカで発売された後、日本でも出るんだとか

2017tms32
ホントに欲しかったのはF6Bじゃなく、パニアケースなしのF6Cだったんですが、F6Cの新型が出るという話はないらしい。

ヤマハも大型クルーザー”Star Venture”を出していた。
2017tms33
アメリカで発売されるのは決まってるけれど、日本は排ガス規制の関係でまだ発売予定がないんだとか。

4灯ライトとインテークがいい。
2017tms34

このクラスになると、バイクでもオーディオ付きだな。
2017tms35

トリシティみたいな前2輪の3輪バイク、NIKEN。
2017tms37
フロント2輪の間隔がそこそこ開いていて、フロントカウルのとんがったデザインと相まって、なんだかサンダーバード2号っぽく見えたりして。

これもアメリカのYAMAHAのサイトでは発表されていますが、”NIKEN”というのは「二剣」ということらしい。
2017tms45

引用元:https://www.yamahamotorsports.com/

トヨタへ行くと、発表されたばかりの新型クラウンも。
2017tms41
全長がすごく長くなってますが、クラウンは全幅1800mmを超えらえない呪縛からは抜けられない。

トヨタはクラウンユーザーの平均年齢が70歳を超えてるので若返りを図りたいと言うけれど、400万500万円出すんならクラウンではないよな。

若返りはゼロクラウンの時から言われてたのに未だ成し得ていないというのは、おそらく若返りを図ること自体無理なんじゃないかと。

クラウンの名前を残すために若い人に買わせる、というロジック自体が矛盾してるし。

同じ車でもクラウンという名前だけで年寄りくさいイメージがあるし、同じ車でも別の名前にしたらもっと売れたりして。

トヨタ、ひいては日本の自動車史におけるクラウンの功績はわかるけれど、名前を残すのが果たしていいのかどうか考えてみてもいい時期かもしれない。

コンセプトモデルのGR HV SPORTS

2017tms39
86のタルガトップモデルでも出すん?みたいな。

それにしても、最近のトヨタ車に多いデビルマンの目みたいな下へとんがるデザインってどうなん?
2017tms40

今回はスズキのブースが、えらい気合いが入ってた。
2017tms43
向かいのホンダより派手でしたが、鈴木社長の最期の花火にならなければいいけど。


モーターショーでは、完成車メーカー以外にも部品メーカーも出展しています。

華があるのはやはり電装品関係ですが、私が注目したのは足回り。

炭素繊維を使ったCFRPの自動車への展開が増えていますが、今はボンネットなどの外装パネルやフレームの補強に使われる用途が多い。

そんな中、CFRP製の板バネに目が留まる。
2017tms46

片手で持てるほど軽量な板バネ。
2017tms47

CFRP製のコイルスプリングも。
2017tms48

鉄製のバネの半分以下の重量は、足回りの軽量化に役立つでしょう。
2017tms49
CFRPの特性を生かすには外装パネルなんかに使うより、常に力が掛かっている部位に使うべきですが、特に日本の自動車メーカーはCFRP化は消極的。

このブースの人に「ヨーロッパのメーカーは積極的だけど、日本の自動車メーカーは採用してくれないでしょ?」と聞いてみたら「よくご存知で」だって。

もうひとつ面白かったのが、日本精工のフレックスコーナーモジュールコンセプト
2017tms44
ホイール内にモーターを備え、4本のシャフトが有機的に動いて操舵するシステムは見ていて飽きない。

動画で見た方がわかりやすいので。


毎度毎度見どころ満載の東京モーターショーでした。

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

大阪駅から寝台特急サンライズ出雲で東京へ

今回の東京出張では、大阪駅から寝台特急 サンライズ出雲で東京駅へ行くことに。

東京行きのサンライズ出雲&瀬戸は大阪駅を0:34に出発し、朝7:08に東京駅に着くのですが、始発の新幹線が朝6:00に新大阪を発ち8:23に東京駅に着くので、新幹線よりも早く東京駅に立てます。

朝早起きして眠い目をこすって始発の新幹線に乗って中途半端に寝るより、個室寝台で横になってぐっすり寝て行けて、東京でゆっくりモーニングしてから仕事ができるという魅力もある。

このブログでふり返ってみると、前回サンライズに乗ったのは15年前で(記事)、まだ寝台特急がブルートレインとして定着していて、ブルートレインの代表格、あさかぜがまだ走っていた頃でした。

月日が流れブルートレインが廃止され、今ではサンライズ出雲&サンライズ瀬戸は唯一生き残るJRの定期寝台列車であり、夜行列車であり、東海道線を走り通す列車に。

そんなサンライズの寝台券はネットでは買えないので、J-WESTカードの会員専用デスクに電話して、一人用個室のB寝台シングルを予約。

予約の時に個室のリクエストも可能な範囲で聞いてもらえるので、列車正面の写真を撮りやすいよう編成末端の14号車、13号車か1号車、2号車で、さらに2階の部屋を希望したところ、無事リクエスト通り1号車を予約できた。

さらに乗車券も一緒にお願いしたところ、サンライズが大阪駅を出発するのは日付が変わったばかりの10/31の0時34分。

ところが、乗車券も10/31にしてしまうと、改札に入れるのは日付が変わった午前0時以降になってしまうので、乗車券は10/30から使えるようにすれば前もって入ることができる、とオペレーターから気を遣っていただく。

事前に、乗車券と特急券・B寝台券をみどりの窓口で受け取る。
17103101
寝台券はみどりの窓口でしか受け取れないようで、みどりの券売機ではダメだった。

乗車券を10/30にしてもらったのですが、結局、改札を通ったのは日付が変わった後だったり・・・(^_^;)

大阪駅の11番線に上がると、ホームにはサンライズに乗る人が意外と多く、ざっと20~30人ぐらいが列車の到着を待っていた。
17103102

東京行きのサンライズは、先頭が14号車で最後尾が1号車。

他の乗客たちはホームの中ほど8号車あたりで待つ人が多いけれど、私は最後尾の1号車なのでホームを神戸方向にひたすら進む。

ホームの上には乗車口案内があり、ちょうど3号車の乗車口を過ぎたら、なんと

この先 関係者以外立入禁止

の柵があるじゃないか!(;゜0゜)
17103103

え、ここまだ3号車やんな?

まさか3号車から乗って車内を通って行かなあかんの?

ホームがあるのにドアカット?!


なんてビビりながら近づいてみると・・・
17103104
特急サンライズ号にご乗車のお客様はご通行ください。

と、小さめに書いてありホッとする(´Д`)

危険な撮り鉄除けなんでしょうかね?

大阪駅は改装され、11番線ホームもタイルが敷き詰められきれいに明るくなりましたが、立入禁止の柵の向こうは改装するのを忘れたかのように以前のままのホームが残る。
17103105

最果てのホームでサンライズの到着案内の自動放送を聞きながら駅の様子を眺めていると、最終電車が近い時間、新快速が京都行きだったり回送列車がホームを発ったり、日中とは違う光景が見られて面白い。


0:34、定刻の2分遅れで到着。


正面を撮りたいと思い1号車をリクエストしたけど、ホームの余分がなく撮れなかったという。
17103106

乗務員室側には乗降扉はないので、急いで向こう側の入口へ。
17103107

JR東海所有の285系3000番台。
17103143

最近はLEDが増えたけど、285系はまだ方向幕。17103108

車内に入ると案内図がありますが、パッと見てもようわからん。
17103109

階段を上がり2階へ。
17103110

木目調の内装と暖色系の照明が落ち着き感を演出。
17103111

寝台料金+1000円で乗れるB寝台シングルは、ベット幅70cmの個室。
17103112

カバンが置けるちょっとしたスペースもある。
17103113

足元側にはちょっとしたテーブルと鏡もあり、靴が脱げるスペースと車内用スリッパも完備。
17103115
列車だと必要十分なって感じですが、これが飛行機だと豪華なファーストクラス級になりますな。個人用モニターはないけど。

室内照明のスイッチ、アラーム付きの時計、ヒーターのコントローラーとNHK-FMのボリュームスイッチの操作盤。
17103116

大阪駅を発車するとすぐに車掌が検札に来る。
その後は乗る前に買った缶ビールとアテでひと息。
17103117

テーブルには”未使用”のシールで封印されたコップが置いてありますが、持った感じ紙コップかプラスチックのコップのよう。
171031171

100Vのコンセントもあり、スマホの充電にも困らない。
17103118

車内のご案内を見てから、少し車内を探検。
17103141

部屋を出る時は、自分で暗証番号を設定して鍵をかけられる。
17103119
設定する時は番号を確認しないと、入れなくなるかも。

車両の端にあるBシングルツイン。
17103140
2段ベッドのある・・・というか、2段ベッドしかない個室は、下段のベッドをたたんで座席にすることもできる。

上段のベッドへは、まるで棚みたいな段差のある階段を上がる。
17103120
脱いだ靴を置く場所も兼ねてる感じ。

寝台料金だけで乗れるB寝台ソロ。
17103129
一番安い個室寝台だけあって、荷物を置くスペースもない。

下段の部屋は小さいスーツケースなら、ドア付近の靴を脱ぐスペースに置けるかも。
17103131

上段の階段が室内に張り出しているので、中はベッド幅しかない。
17103130

上段の部屋はドアを開けてすぐに階段があり、スーツケースは置けない。
17103132

上段の方が圧迫感は少ないかも。
17103133

3号車には、海側、山側にそれぞれ4席ずつのミニラウンジ。
17103121

元々公衆電話があったところに、今はシャワーカードの自販機が。
17103122

壁には、
シャワーカードを販売してるけどタオルは売ってませんよー
カードを買った後にタオルがないと言っても払い戻しはしませんよー

みたいな注意書き。
17103123
なので、シャワーを使うにはタオル持参でなければなりません。

自販機の前にシャワー室。
17103124
よく見たら『使用中』になってるじゃないか!

中の人、タオル持ってるんか?!

4号車は通路が山側にあり、昔の寝台車みたいな雰囲気。
17103125

下段には、2人用のB寝台サンライズツイン。
17103126
その名の通り、ベッドが二つ並んでいるツインルーム。

上段がA寝台シングルデラックス。
17103127
85cmの幅広ベッドとテーブルや洗面台もある。

5号車にあるのがノビノビ座席。
17103128
座席と言ってもイスはなく、カーペット敷きのスペース。

ベッドはなく雑魚寝のようになりますが、寝台料金が不要なこともありすぐ予約で埋まってしまうほど人気。

寝台列車の車窓からは、ガラガラの道路、人のいない駅のホームや照明が消えているホームなど、普段とは違った街の様子が見られて面白い。

人のいない大津駅を通過。


その後もずっと車窓を流れる夜の街の明かりを眺めていましたが、午前1:41、米原駅に運転停車。
17103134
最後尾の1号車はホームに入りきらない。

1:43、米原駅を出発。
17103135
結局、岐阜駅を通過するまでずっと起きていて、ようやく眠くなる。

レールの音がしなくなったせいで目が覚めた時には、浜松駅で運転停車。
17103136
ホームでは、数人の作業員が作業中。

またウトウトして次に目が覚めると、ちょうど沼津駅。

5:27に沼津を発つと外は少し明るくなりましたが、太平洋を望む絶景ポイントでは日が出ず、小田原駅の手前で日の出。
17103137
まさに、サンライズから眺めるサンライズ。

午前6時頃に茅ヶ崎駅を通過すると、ホームにはすでに通勤客が並んでた。

その後も辻堂、藤沢とホームに並ぶ通勤客が多くなる。

首都圏の通勤ラッシュは凄まじいものがありますが、朝6時過ぎの電車に乗らなければならない程つらい”痛勤”なんでしょう。

7:08、定刻に東京駅に到着。
17103138
上野東京ラインが開業してからどこのホームに入るのかと思ったら、やはり東海道線の8番線へ入線。

大阪駅から6時間34分の寝台列車の旅も終わり、通勤ラッシュが始まっている在来線に乗り換え。
17103139

大阪を一番遅くに発ち朝7時過ぎに東京に着けることもあり、ビジネスマンの需要もある上りのサンライズですが、東京発の下りサンライズは大阪駅を通過してしまうため、大阪への移動には使えません。

個室寝台でゆっくり寝て行けると言いましたが、結局、この日はずっと起きていてあまり眠れず。

でも、楽しかったからOK!

大阪から乗ると列車旅があまり満喫できないので、できればサンライズ出雲の始発駅、出雲市から乗り通したいですな。

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

伊丹空港の滑走路がバードストライクで一時閉鎖

東京からの帰路は、羽田19:20発、最終の伊丹行き139便を予約してましたが、おともdeマイル割引を使ったので人数確認のため自動チェックイン機でチェックイン。

スマホの画面に2次元バーコードを表示させ、自動チェックイン機に読ませるとチェックイン完了。


ところが!


チェックインを済ませ保安検査場へ行こうとしたところ、搭乗予定の19:20発139便が遅れるらしい!
17101121
この19:20発の最終の伊丹便が遅れるとどうなるか。


伊丹空港の門限21:00に間に合わなくなる!


過去には門限にギリギリ間に合わず、関空へダイバートされたこともあったし記事)。

経験上、19:40発になると伊丹空港の門限に間に合わなく可能性が格段に上がるのですが、近くにいた地上スタッフの方にどれくらい遅れるか聞いてみると・・・

「今のところ19:35発です。但し、さらに遅れる可能性もあります」

これはかなり微妙なところ。。。

ただ、全ての運賃を対象に前便の19:00発137便への変更ができると言うので、本来、予約変更できないおともdeマイル割引でしたが、変更してもらう。
17101122
20分早い便に変えたのでラウンジでゆっくりする時間がなく、ビール1杯だけ飲んで退出。

B767-300 JA623J。
17101123

ほぼ満席でしたが、定刻より少し早く18:58にプッシュバック。
17101126

Wi-Fiが使える機材だったのでネットにつなぎ、本来乗る予定だった139便の様子を見てみると、19:32に出発はしたみたいですが・・・
17101127

flightradar24で139便を追いかけると、19:50でもまだ羽田を離陸してない。
17101124
しかも、まだ前に3機離陸待ちの飛行機があり、伊丹の門限に間に合うかかなり微妙なところ。

こちらは19:50頃に奈良県上空に差しかかり、そろそろベルト着用サインが点いて降下が始まるところ。

flightradar24で見ていると、自機の前に3機入りそう。


ところが!


ここで機内アナウンスがあり、

只今、伊丹空港で他の飛行機にバードストライクがあり、滑走路を閉鎖して安全確認をしております


なぬー!(;゜0゜)


遅れて羽田を出発した139便のことを気にしてましたが、へたすりゃ自分も伊丹に下りられないかもしれないじゃないか!

アナウンスから5分後、紀の川に沿って岩出市あたりまで迂回した頃に再びアナウンスがあり、伊丹空港が再開し、20:10着陸、スポットインは20:15の予定 とのこと。

結局20:15の定刻にスポットイン。

自分は無事伊丹に着きましたが、気になる139便を見てみると、20:54に着陸してなんとか門限に間に合ったみたい。
17101125

結果的には変更しなくても良かったけど、本来予約変更できない運賃で1本前の便に乗れて早く帰ってこれたのでヨシとしよう。

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

スカイライナーで成田空港から都内へ

おともdeマイル割引で成田空港へ下りたので(記事)、スカイライナーで都内へ向かいます。

空港第2ビル10:02発、スカイライナー8号。
17101111
成田空港ではRWY16Lに着陸してくれたおかげで、余裕で間に合う。

2台目AE型スカイライナーの座席は、デスクチェアーみたいな座り心地なのが好き。
17101112

スカイライナー券で指定されている3号車の自分の席へ行ってみると・・・


ガイジンサンガスワッテル!orz


一応、自分のチケットを見直して間違っていないことを確認してから声を掛ける。

見た目インド人ビジネスマンにチケットを見せてもらうと、彼の席は7号車(笑)


適当に乗るにもほどがある・・・


でも、周りを見たところ空いていて、別の席も空いてそうだったので、彼にはそのまま座ってもらい、我々が近くの空席へ座る。

だって、インド人のおっさんの温もりを感じて座るの嫌だし、コロン臭もクサかったし(>_<)

検札に来た車掌に事情を話したら、こういうことは日常茶飯事なのか何のリアクションもなく行っちゃった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧